ボクらの時代[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ボクらの時代[字]

若林正恭×クリーピーナッツR-指定&DJ松永

詳細情報
番組内容
『ボクらの時代』は、毎回さまざまなジャンルで活躍するゲストが集い、多彩な話題や事象を取り上げていくトーク番組。あえて司会者を置かないことにより、ゲストたちの普段の顔・会話が垣間見られるような構成となっている。今週は、オードリーの若林正恭と、Creepy NutsのR-指定、DJ松永の3人。公私ともに親交があるという若林とCreepy Nuts。それぞれの仕事について、そしてプライベートについてなど
番組内容2
幅広いテーマで語り合う。
出演者
若林正恭(オードリー) 
R-指定(Creepy Nuts) 
DJ松永(Creepy Nuts)
スタッフ
【プロデューサー】
塩田千尋 
松本彩夏(イースト・ファクトリー) 
【演出】
高野裕樹(イースト・ファクトリー) 
【制作】
フジテレビ情報制作センター

ジャンル :
ドキュメンタリー/教養 – インタビュー・討論
バラエティ – トークバラエティ
趣味/教育 – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 自分
  2. ラップ
  3. 松永
  4. 若林
  5. 年前
  6. ホント
  7. DJ
  8. ボク
  9. 芸人
  10. 時代
  11. アンケート
  12. 気持
  13. 若手
  14. 人間
  15. 成長
  16. 漫才
  17. オンステージ
  18. お前
  19. テレビ
  20. ヒップホップ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



[今日の『ボクらの時代』は
こちらの3人]

2年前ぐらいに朝井リョウと

若林さんの誕生日のときに
2人でケーキ作って

『ボクらの時代』イン何ちゃら
って書いて

若林さんの家に持ってくってこと
やったんだよ。

『ボクらの時代』っすよね俺ら
みたいな…。

『ボクらの時代』しようよ
みたいな感じでやったの覚えてる。

勝手に俺んちで
『ボクらの時代』やってた。

2回目だよね 俺らにとっては。
『ボクらの時代』 2回目なんです。

[日本一のMCと

世界一のDJからなる
ヒップホップユニット…]

[デビュー以来 確かな実力で
日本の音楽シーンを席巻し

現在は ラジオやバラエティー番組など
多方面で活躍しています]

[話題となりました]

[そんな…]

[2人が大ファンであった…]

[…へのリスペクトから生まれた
作品でした]

いわゆる ヒップホップって
言ったら失礼だけど…。

悪から ヒップホップとかとも
ちょっと違うじゃない 2人とも。

だから ロールモデルっぽくなってる。
見本だよ 若い子からしたら。

うれしいっすね。

でも 完全に たりないふたりの
おかげなんですけどね。

人見知りって後ろめたいこと
だったじゃないですか。

ネタにできなかったじゃないですか
昔って。

でも それやってんの見て
俺らもやろうってなったんですよ。

特に 俺は
MCバトルあがりやったんで。

のしてきた側なんで

そういうことを書かないと
あかんのかなと悩んでて。

ソロでも そうじゃないってことは
書いたんですけど

もっと分かりやすく 歌い方とかも
素の自分でやりたいってなって。

松永さんとやって
Creepy Nutsでつくるときに

「たりないふたりっていうので
曲つくってみるのどう?」

みたいなので あ~! みたいな。

届くと思ってないから
ありあり! みたいな感じで。

勝手にね。
何年前だっけ?

2016年ですよ。
よく覚えてんね。

マジで これ奇跡みたいな話だけど
まさか あの若林さんが

知り合いを3~4人とおして
俺の連絡先を聞いてくれて。

「松永の連絡先 知らない?」で
たどり着いて

飯に連れてってもらうっていう
奇跡の日が起きたんだよね。

ただタイトルかぶってるだけでしょ
と思って聴いたら ジャケットがさ…。

そうなんですよ。
そこもサンプリングっぽかった。

俺 15歳のときから
日本語ラップ好きで。

『たりないふたり』っていう曲を
つくってくれて 聴いて

めっちゃ良くて。
で うれしいじゃん。

だから 俺は お礼を言いたくて
たどってったのよ 松永の連絡先。

で 四谷でね。
四谷のとこで飯食って。

あそこから でも 5年でさ
目まぐるしく変わったね。

うれしいっすね。
だって オリンピックの閉会式

俺 知らなくて つけて
いいかげんにしろと思ったもん。

思いますよね。
いいかげんにしろ松永と思った。

♬~

今 もう大変でしょ スケジュール。
スケジュール そうですね。

だから Creepy Nutsが
世の中に注目されてさ

仕事の激流に
岩にしがみついて

ただ流されないように
耐えてんだなって思うと

すっごいうれしくなる。

若林さん そういうの見ると
うれしくなるんだよな。

気付いたら 一週間たってるからさ
仕事以外 何もしてない。

何もしてない。 若林さんなんか
より そうでしょ?

家とスタジオの
往復じゃないですか。

そうね。
特に 30代後半とかは そうだった。

今よりも もっとだから。

あのときよりは 仕事の取捨選択が
できるようになったってこと?

レギュラーじゃない番組も
いっぱい出るじゃん。

どこで入ってくるか分かんない。

そういうことね。
あとアンケートが減んのよ。

アンケート書きまくりでしょ 今。
書きまくり。

キャリア重ねていくと

当たり前の質問とか
されなくなってくるんですか?

アンケートがなくなるのよ
レギュラー番組だと

話 聞く方が多いから。
そっか 聞くからか。

だから これ ホントに
俺が出してる説なんだけど

俺とか山里さんとか 40越えて
結婚する芸人 多いじゃん。

アンケートなくなるからだと思う
俺。

仕事 1個終わるでしょ 一日の。
夜じゃん。

で 家帰ってアンケート。
そのアンケートのところが

女性と飯食う時間になったら
結婚できるから

絶対アンケートなくなったらね
結婚できる。

聞いてる人
意味分かんないと思うけど

たぶん そうっすよね。
うん 絶対。

今から1~2年前ぐらいの
松永のテレビの出方と

今の出方も変わったもんね。
だって 2年前ぐらいはさ

テレビ出演者 制作含め
全員 酔狂なやつらだって…。

言ってましたね。 人の人生の
ケツ持てんのか ふざけんなって。

雑誌のインタビューみたいに
構成 1回 送ってこいみたいな。

赤で直すからみたいな。
「1回 膝つき合わせて

飲んで泣いてからじゃないと
本音はしゃべらん」

編集するやつは
俺と差し飲みしてこいって。

でも 今は そこら辺も
大人になったってこと?

これね
チームプレーのカッコ良さとか

楽しさ 快感を
ちょっとずつ理解していった。

チームプレーの良さというか
価値に目覚めたんでしょ?

それ 不登校の子が
部活始めて目覚めるのと…。

いいことだと思うよ。

すごく 今から
次元の低い話するんですけど

ずっと1人のつもりで
やってきたんですよ。 DJとか。

自分が成り上がるために。
だから 周りは全部しんどくて。

何とか自分が生きるために
のし上がるためにDJやってて。

うわ~って夢中でやってったら
ちょっと結果がついてきて

最高の相方に恵まれ。

DJの大会も オリンピックも
ラジオとかも テレビとかも

想像できるわけない
10代とか20代前半の自分が。

求めてる以上です
そんなもんみたいな。

想像することも おこがましい。
スケベな。

そんなようなことになって。
今年の春ぐらいに激落ちした。

成しちゃった感じ?
成しちゃった。

今 住んでる家も…。

渋谷のクラブでDJしたときに
クラブにいたくなさ過ぎて

それこそ
『オードリーのオールナイトニッポン』聴きながら

渋谷とか代官山の高級住宅街
ただただ散策してたんですけど

本当に別の世界というか

別の世界が すぐ横にあんだなとか
思ったりとかしてたけど

そういう家に住んでしまって。

何か 何したらいいんだっけ?
みたいな。

曲つくんのも楽しいし

楽しくないことなんて
何にもないんだけれども

新たに欲しいもんは何にもない。

そこに もう たどり着いたんだね。
そう 何にもなさ過ぎて

ホントに自律神経
ぶち壊れたんすよ。

で 次 何になったら
どうしようかってなったときに

31歳で やっと 「ヤバっ
いい人間になりたい」と思って。

おい 何だよ この話。

どうしよう 俺。
いいじゃん いい人間になれば。

いい人間になればいいじゃん。

もらった分 DJをやったことで
返していけばいいじゃない。

俺 横で
お前が そんな成長してるときに

今回のアルバムつくり終わって
俺も結構 浮き沈みあったんけど

俺は 最終的に
覇王になりたいって 今 思って。

真逆なんすけど。
カワイイな。

それこそ
松永さんが落ちてる時期があって。

そっから 松永さん持ち直して。

それが
何で分かったかっていうのは

めちゃくちゃ
ビートつくり出したんすよ。

めっちゃ曲をつくり出して。
へぇ~ そういうもんなんだ。

一日に 朝 ビート送ってきて
昼 仕事で会って

夜 家帰ったら
また送ってくるみたいな。

一方 そのころ俺は
自分で歌詞書くときに

自分の言ってきたこと

自分が
ラップしてきたことに対して

けりをつけなきゃって
俺 思っちゃったんですよ。

やっぱ ラップとかって
めちゃくちゃ言い切りなんです

パンチラインになる言葉とかって。
めっちゃ言い切ってきたし。

MCバトルでも
すごい極端なこと言ってきたし。

っていう
過去の自分の言葉とかが

自分が前に進んでいくにあたって
自分に また返って…。

なるほど 過去の自分の言葉が。

あのころ ああ言ってた言葉って
今の俺に刺さっとるがなとか。

Rのリリック聴いてて思うけど
ヒップホップだから

そのとき思ってることを
書くじゃない。

だから 10年前とかだったら
自分たちが 足りないとか

リアルが充実してる人に比べて
こうだとか書いてたのが

今度は 自分がスポットライト
浴びるようになってっていうのも

そのときに
すぐ書かなきゃいけないじゃん。

そこでしか書けないっすからね。
過ぎると駄目だから。

俺らは俺らで そういう経験…。

海外のラッパーとかも それこそ
めちゃくちゃゲットーで育ってきて

金ゲットしてやるっていう
ラップをしてて

お金持ちになって
歌うことなくなった

みたいな人って おるんすよね。
多いよね。 だから それはそれで

素晴らしいアルバムの
1枚なんだけど

持たざるものから つかむときの
瞬間のエネルギーすごいじゃん。

で そのアルバム1枚だけ
っていう人も いるもんね。

あと ラップバトルは
卒業したと思うけどさ

バトルって すぐ言われるじゃん。
バトル すぐ言われます。

芸人より早いなと思って。

お前
テレビ出るようになってとか。

ちょっと売れ始めてって
ネタとしてはいい 相手にとって。

不利なんだよね だから。

バトルなんかは
顔が売れりゃ売れるほど

むちゃくちゃ不利です。

それを あえて使って
攻撃することもできんすけど。

逆にいうと お客さんは
ジャイアントキリングを見たいわけですから。

名が売れりゃ売れるほど
そんなもん…。

だから Rの3連覇って
異常なんだよ やっぱり。

優勝した後に 下克上が見たいと
思われるジャンルで

3連覇ってのは
ちょっと異常なんすよね。

そんときも
俺 たぶん死にそうになってた。

全員が敵に見えてた。
そうか 客も含め。

当然 対戦相手も敵やし
主催してるやつも

俺を はめようとしてんじゃないか
こんなとこに引きずり出して。

みんなで俺に恥かかそうとしてる
みたいな感じで思っちゃうぐらい。

そこで 1個 思ったのが
やっぱ 小さい意見とか

世の中のいろんなのも
目に入っちゃうんすよね。

色々活躍しても
いろんなラッパーとか

同業者とか
ヒップホップ好きな人から言われる。

じゃあ どうしたらいいかっつうと
やっぱり

マジで 世界一 ラップうまなって
覇王になるしかないって思考に。

なるほどね。
なるほど。

じじいになる くたばる直前まで
ラップうまくなり続けてたら。

もう それしかないかな。

有無を言わさないような所まで
いくっていうね。

それって
海外のラッパーの方とかだとさ

ギャングスターで
持たざるものできてさ

急に教育的なことを
ラップし始める人もいるじゃん。

でも いるよね たまに50でも…。

エミネムって
まだガンガンやってるもんね。

今 たぶん49…。
ぐらいで 一番キレてない?

一番新しいラップが
一番早口で 一番長いんすよ。

で 一番たぶん怒ってんす。
エミネムって何に怒ってんの?

分かんないんすよね。
俺 和訳見んの怖くて。

和訳見んの怖いよね!
だって

今 一番イケイケの若手を
2人誘って自分もラップするとき

あんぐらいのキャリアの先輩って
自分が 先 ラップして

若手のキレキレのやつに
あと お前ら かまして

俺 食ってくれよぐらいの感じかな
と思ったら 若手に先ラップさせて

最後 一番長尺で
一番早口でラップする。

まだ終わらん まだ終わらん
まだ終わらん。

ドゥルル… ブワ~って

一番自分のカッコイイとこで
バチンって終わって。

パッて終わるんだよね。
若手 フリにしてるやん…。

コントでイケイケの若手2人
フリにして 最後 自分で落とす。

俺 ホント日本語のラップ好きで。

なかなか好きな人も
当時 いなくて。

そうっすよね。
びっくりしたのが…。

俺は 置きかえて考えてたんです
若林さんは。

むしろ ヒップホップとは別世界の人が
やってる表現を

自分たちでできるじゃんと思って
やってたんですけど。

ラジオ聴いたら 途中で

ちょっと待って 若林さんって
ヒップホップ好きなの? って。

たまに 『サマージャム』かけた瞬間
あったりとか

MC差し歯の話を
若干 し始めたときがあって。

俺 びっくりしたんすよ あのとき。

若林さん そういう話
全然しないじゃないっすか。

そうだね。
ホントに。

だから 何かね…。
20年前ぐらいはね

自分がいた事務所も
ちっちゃいからなのか

日本語ラップ聴いてる
みたいなことを言うと

いじられてたんだよね
先輩に 芸人の。

何だったんだろう。

太いブラックジーンズに

エアフォース1とか履いて
漫才やってたら

「お前 何なの? その格好」
みたいな。

「カッコつけたいの?」みたいな。
いじられてて。

芸人 私服で出るの駄目なんだ
って思って。

そんとき 俺 アフロで
「お前 何なの?」みたいに。

で その先輩は 細い革のパンツに
ラバーソール履いて

チェーン垂らして
ハットかぶってんのよ。

茶髪 金髪ばっかりでしたよね
あんとき。

それは いいんだって思って。
ホントっすよね。

一時期の芸人さん
全員 あれでしたよね。

あと 芸人の悪い癖で
日本語ラップ好きだって言うと

その人に すぐ
フリースタイル振る癖あんのよ。

俺 フリースタイル
もし振られたら

俺みたいなキャラだと たぶん
スベんないと終わんないから

大好きなもので
スベりたくないんだよね。

(R-指定・松永)あ~。
うわっ ホントっすね。

次 フリースタイル振られたら
これかとか思ってるから

だから 全部ジョイマンで
ごまかしてんだけど。

助かりますね ジョイマン。
うん。

でも Rのリリックで言うと…
ああいう人もいるじゃん。

一定の巨額を手に入れたら
プロデュース側まわるとか。

アパレルブランドを
プロデュースするとか。

そういうの もちろん
ありな世界じゃない。

Rは やっぱラッパーとして
とにかく何歳までとか考えずに

落語家さんみたいにやってくって
感じなの?

僕は そうしたいのかなって
思いますね。

始めたきっかけが
根の根のところで言うと…。

これもカッコつけてるみたいな
感じなんですけど

ただ ホンマ
ラップしたかったんですよ。

とにかくね。
そう 抜け出したいとか…。

まあ 自己を肯定するものにも
なったし

自分の生活を変えてくれた
人生 変えてくれたけど

人生 変わってなくても
たぶんラップしたかったと思う。

で ラップやりたくて
ラップやってるから

お金持ちになったとしても
生活 変わっても

ラップ たぶん
やりたいんすよね。

ラップを まず したいっていう
衝動が来るっていうのは

自分の中に言いたいこととかが
あふれてて

すること自体が
楽しいってことなの?

そうですね で たぶん

言いたいことが
極論 なくなっても

ラップという行為が
現象的に気持ちいいんすよ。

口を動かして
ああいうリズムを刻んで。

だから
言いたいことなくなったときの

俺のラップ どんなんなるんやろ
ってのもあるし。

ラップすること自体が

そのものが 自分にとって
魂へのご褒美というか。

楽しい 気持ちいい行為でも
快楽でもあるし。

気付いたらやっちゃう
生理現象でもあるし。

自傷行為でもあるんすよ 時に。

作詞のね。
そう。

昔の自分と向き合う
作詞っていうことは。

でも ラップを吐き出すって行為は
気持ち良かったり。

でも 吐き出すことによって
癒やされたりとか。

自分で傷つけて 自分で癒やして
自分で気持ち良くなってみたいな。

全部を支えてくれる。

武道館のライブで言ってたもんね
合間のMCのとこで。

「武道館っていう場所
ホントうれしいし

すごい場所だなって
立ってみて思うけど

場所が どこであれ
僕はラップしたくて」

「これから先も どこでも

たとえ また見てくれる人が
減ったとて 増えたとて

やっていきたい」って
言ってたもんね。

その横で 松永
「武道館まで たどり着いて」って

ずっと泣いてたもんね。

武道館で「場所は どこであれ」って
かっけえ。 俺も言いてえなって。

若林さんが
こっから どうなってくのか

むちゃくちゃ興味深いんすよね。

漫才も めちゃくちゃ
変化してるじゃないですか。

あのね だから困るのが

相方がね ここへきてね
成長してんのよ。

めんどくせえ
成長すんなよと思って。

対応してかないといけない。
漫才が変わるから。

そうっすよね。
タイプが違うんだよな。

考えて考えて 実験して
身につけていくタイプ 俺は。

でも あの人 悟空みたいな
戦えば強くなるタイプだから

12年前に比べると
はるかに成長したのよ。

したら 漫才も こっからこの幅で
つくんなきゃいけないから

成長すんなや!

忙しいのに 他に色々…
やることが増えた。

そうそう そうそう。

でも 自分のトラックとかさ
リリック フローもさ

40になってよ ドンと増えるって
想像つかなくない?

俺 この前 Rがさっき言った

曲 大量につくる時期
そこで ドンがあったんすよね。

あっ 広がった?
広がったんすよ。

じゃあ まだまだあるね。

そんとき 一番でかかったのは
カッコイイなって思える曲が広がった。

俺の価値観が。
なるほど。

これも おもしれえじゃん。
これも かっけえじゃん。

じゃあ こういうの
つくってみようってなって

俺のトラックの引き出しと能力は
上がったんすよ。

前まで ここら辺までしか
カッコイイと思ってなかった。

そしたら
それしか つくんないし

マンネリで
つまんなくなってたところ

広がって あっ こっから
何でも つくりたくなるかもって。

マンネリして スクラップ 壊して
また たてての繰り返しなのかね。

オードリーの漫才も
前より手数は少なく…。

少なくなった。 よく気付くね。

かつ
シンプルでベタなツッコミとか

ボケが入ってきてますよね
昔より。

だから 俺も これは
知らなかったことなんだけど

何つーんだろうね
おじさんってキャラなんだよね。

ずっと人見知りっていう
イメージでやってきて

そういう企画に
すごい呼ばれてて。

30代前半は 闇キャラというか。
ひたすら。

でも 毎日 あき竹城とか
松本 明子とロケしたら

なおんのよ 人見知りって。

芸能界とか
こういう表現の世界って

もまれて
なおってくとこありますよね。

なおってく。
だから まっちゃんもさ

それこそ
今 飯行くっていっても

5~6年前か…
初めて食ったときと違うもんね。

あと あれだよね

人間としゃべる一日の時間が
明らかに増えるじゃん。

それが 連日だから
社会になじんでくよな。

本当にそう。
だから 怖いのが

めちゃくちゃ松永さんが
テレビ出てるじゃないですか。

その前って どっちかっていうと
社交的なことって

結構 俺がしゃべってたりとか。
そうだね。

初対面の人とかと会うと。

でも 対人の場になったときに

めちゃくちゃ
松永さん しゃべってくれるから

逆に 俺がコミュニケーション
下手くそになってるみたいな。

急成長だ じゃあ。
テレビの影響 でかい。

テレビのスタッフさんって
しっかりしてるじゃないですか。

しっかりしてる人 多い。
だから

しっかりするのが
スタンダードだと思って。

で そっちに
追いつかなきゃと思ったし。

あと 裏方の人と接する時間が
長くなったってのがあって。

そっちの想像力が
全然 足りてないけど

前より分かるようになった。

俺 ちゃんと聞けてないですし
全然できてないけど 例えば

メイクさんがメイクしてるとき
俺ら オフじゃん。

本番前の作業だけど メイクさんは
今 オンステージなんすよね。

俺は まだオンステージの前だけど
衣装さんは着させるオンステージ。

だから 俺らがオフのときでも

周りにはオンステージの人が
いっぱいいるから

オーディエンスとしての
責務を果たさないとなって思った。

結構 ないがしろなことしてたな
俺らって。

今までね。

それが 社会に参加すると
分かったっていうか。

でも 外にいるときは
爪はじきにされてるように思う。

思うんすよ。
だから関係ない人間だと思う。

でも 俺 6年前ぐらいから

要所 要所で まっちゃんと
しゃべっては きてるから

他のスタッフさんに対する
心配りまでの話を聞けるなんて

ホントに 保護観察のおじさん
みたいな気持ちだ 今。

今日で終わり。
何で 俺 非行少年なんすか。

[それでは
今日も 素晴らしい一日を]