情熱大陸【女優/広瀬すず・前編▽デビューから10年!輝き続ける23歳の胸の内】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

情熱大陸【女優/広瀬すず・前編▽デビューから10年!輝き続ける23歳の胸の内】[字]

台本は一度しか読まないし、書き込みも一切しない。演技プランを固めず、現場での直感を大事にする「お芝居で嘘をつきたくない―」真摯に“役”と向き合う女優としての信念

番組内容
主演作が相次ぎ、日本の映画・ドラマ界を代表する若手女優となった広瀬すず。23歳にして、日本アカデミー賞をはじめとする数々の賞を受賞した彼女の取材を開始したのは、昨年10月。吉永小百合が主演を務める映画『いのちの停車場』、ラップ好きな芸大生を演じたドラマ『あんのリリック』、そしてデビュー10年の節目で制作する写真集の撮影などの多忙な日々。だがそこに見えたのは、繕うことなく真摯に「役」に向き合う姿だ。
番組内容2
撮影前には演技プランを固めない。どんな注文にも応えられるように、いくつもの感情を持っていたい。役を自分に引き寄せるのは、「お芝居で嘘をつきたくない」からだ。新たなオファーで演じる“誘拐事件の被害女児”…生まれも育ちも異なる「役」をつかむため、広瀬は自分の中に「役の記憶」を植え付けようと、悩みもがく。4年前から続けるキックボクシングで邪念を断ち切り、考えるのはいつも「役」のこと。その輝きの源とは。
プロフィール
【女優/広瀬すず】 1998年静岡県生まれ。2012年にモデルとしてデビューし、翌年女優デビュー。 主な出演作に、映画『海街diary』(第39回日本アカデミー賞 新人俳優賞)、『ちはやふる』シリーズ、『怒り』、『三度目の殺人』(第41回日本アカデミー賞 最優秀助演女優賞)、『いのちの停車場』、ドラマ『学校のカイダン』、連続テレビ小説『なつぞら』、『anone』。
プロフィール2
2019年には『Q:A Night At The Kabuki』で初舞台を踏み、第54回紀伊國屋演劇賞 個人賞受賞。
制作
【製作著作】MBS(毎日放送)
公式HP
【番組HP】 http://www.mbs.jp/jounetsu/
関連公式URL
【ツイッター】@jounetsu 番組の感想に#jounetsuをつけてください! http://twitter.com/jounetsu 【フェイスブック】 番組公式ページへの「いいね!」もぜひ! http://www.facebook.com/jounetsutairiku 【インスタグラム】 フォロー宜しくお願いします! https://www.instagram.com/jounetsu_tairiku/
おことわり
番組の内容と放送時間は、変更になる場合があります。

ジャンル :
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般
ドキュメンタリー/教養 – インタビュー・討論
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 映画スタッフ
  2. マネージャー
  3. 広瀬
  4. 自分
  5. 子役
  6. 映画
  7. スタッフ
  8. トレーナー
  9. マスク
  10. ヤバ
  11. 店員
  12. 彼女
  13. カチンコ
  14. シーン
  15. セリフ
  16. タイマー音
  17. ホント
  18. 緊張
  19. 現場
  20. 最高

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



TBS
created by Rinker
ノーブランド品

(広瀬すず)おいしょ~

<いきなり 肩の力が抜けていた>

私 これ 大丈夫です

<広瀬すずには 気取りがない>

<だから
デビュー当時の話にも驚かされた>

してました

すごく
「NO」って言うことに対したり

何か こう
自分の意見を持って発言したり

そういうことをする
っていうことに

私は すごく勇気がいることで…

何か 一番怖いんですね

自分が否定をして発言をするとか
自分の意思を伝えるとか

すごい怖いなぁっていう
感じなんで

言えなかったですね

分かんないです…

<1年に及ぶ取材中

一体 何度
思いがけない姿に出会ったことか>

ハッハ!

<映画にドラマ CMと
華々しく活躍し

演技力も高く評価されている>

「亮君! 亮君…」

<2週連続の第1夜は

独自の存在感で
クリエーターたちを引き付ける

広瀬すず>

<その実像に迫ってみた>

♬~

(スタッフ)おはようございます
<去年10月

取材は
映画の撮影現場から始まった>

おはようございます

えっ? バ~ン!

<共演の子役と遊ぶ広瀬すずに
本番前の緊張は うかがえない>

バ~ン!

ねぇ… ガードしないと
バ~ン 撃たれてる

(子役)全然痛くない
全然痛くない?

(子役)でも 全然当たってない
ホント? 何で?

何で? バン!
(子役)シュイ~ン…

<在宅医療をテーマにした作品
「いのちの停車場」>

<主演の吉永小百合も

かねてから
広瀬には 注目していたそうだ>

(映画スタッフ)きんとん… せ~の!

きんとん
(子役)きんとん

<役どころは
吉永演じる医師を慕う看護師>

(映画スタッフ)本番
(映画スタッフ)はい 本番!

(映画スタッフ)用意… はい
(カチンコの音)

「じゃあ これは?」
(子役)「食べたことない」

「くりきんとんっていうんだよ
食べてみる?」

「おいしいわよ」
「んっ」

「はい 気を付けてね」

「う~ん」
「う~ん」

「あっ 野呂っち 仙川先生
乗せてくるって言ってました」

「ふ~ん… こうやって みんなで
お正月を迎えるなんてね」

「私 両親を早くに亡くして
姉と2人きりだったから

大勢で正月を迎えられるなんて
夢のようです

本当の家族みたい フフッ」

すずちゃんは 自分がなりたくて
女優さんになったんじゃない

…っていうことを
ちらっと言ってらしたんですね

お姉さんが
もう デビューしてらして

その事務所の方から やりなさい…
やりませんかって言われて

断ったら悪いんじゃないかなと
思ってやったって

それ聞いて
びっくりしたんですけどね

そういうところが ちょっとこう
奥ゆかしいっていうか

そんな 「わ~ 私が行きます」
っていう感じじゃなく

あの… 憂いを秘めた

…っていうとこまで言うと
言い過ぎですけど

ちょっと シャイな部分が
あるのかしらというふうには

勝手に思ってるんですけど

(映画スタッフ)はい!
(カチンコの音)

「先生! お父さんが…
ちょっと 失礼します」

<ところが このあと

広瀬の 新型コロナウイルス感染が
判明してしまった>

<撮影が中断されて2週間>

(映画スタッフ)
麻世ちゃんが来る時はですね

皆さん マスク… 文字が書いた
マスクをしてもらって

後ろ向いてます!

ここで
マイク直しますって やるから

ここで マイク… ここで ここ!
ここ ここが いい位置だから

<復帰の現場では スタッフが
サプライズを準備していた>

(映画スタッフたち)
おはようございます

<きっと 本人は肩身が狭いはず>

<まずは そんな不安を
吹き飛ばしてもらおうという

気遣いだった>

おはようございます
申し訳ありませんでした

(映画スタッフ)いえいえ とんでもない
すいませんでした

ちょっと… これ もらいますね

(映画スタッフ)はい じゃあ ちょっと
間もなく 段取りします

はい じゃあ 麻世さん こちら…
監督!

(成島)はい

わ~! 泣いちゃう 泣いちゃう

泣いちゃう 泣いちゃう

(拍手と歓声)

みんなのマスクを… マスク
ホントだ

(拍手)

すいません
ありがとうございます

(映画スタッフ)
すごい… メークが崩れちゃう

メークしたばっかり…

申し訳ありませんでした
すいません

(拍手)

すご… 何か ヤバいの…

大変な人たちがいるのかなと
思ったら

(映画スタッフ)大変な人たち
(映画スタッフ)ヤバい人たちがいる

何か 見ちゃいけない
人たちなのかと思っちゃった

(映画スタッフ)はい おかえり
すいません ホントに…

(成島)緊張した すっごい緊張
もう NG出すかと思った

ありがとうございます

(映画スタッフ)用意… はい!
(カチンコの音)

「咲和子先生…」

<吉永が 診療所を
一人 去っていくシーン>

「私 何だか嫌な予感がして…

もしかして 先生

まほろばを去ろうと
しているんじゃありませんか?」

「私 また
家族を失ってしまうんですね」

(吉永)
「そうじゃない 麻世ちゃんが

もっとすてきな家庭を
自分で つくっていくの

野呂君は きっと戻ってくる

みんなで
新しいまほろばを作るの」

<大作に恵まれる広瀬に
俳優の理想像を尋ねてみた>

え~… 全くないんですよね
ハハッ

全くなくて…

どうなっちゃうんだろうって
思うほうが大きいのと

すごく変な意味で受け取って
ほしくはないんですけど

何か いつでも…

何か こう やめてもいいくらいの
気持ちでいないと

何か…
自分 失いそうで怖いなぁって

ずっと
お仕事 始めてから思ってて

だから 何か…

でも やってるからには
負けたくないとか

ああしたい こうしたいとか
欲は出てくるんですけど

理想像は 全くないです

どうなっちゃうんだろうって感じ
逆に… はい

<上には 兄と姉がいる>

<バスケットボールに
のめり込んだ少女時代>

<スカウトされ
中学2年生で芸能事務所に入り

東京通いが増える>

<行きの高速バスでは
よく泣いていたそうだ>

本物? うそでしょう

(子供)こんにちは
あっ こんにちは

<ドラマのロケで江の島へ>

<仕事をやめたい…>

<ひそかに思っていた頃

同世代の仲間と
共演する機会があった>

<根っからの負けず嫌いも手伝って
仕事が楽しくなりだしたという>

<しかも この日は

現場のそばに
おいしそうな店を発見>

<次の出番まで 時間もある>

バレバレでしたけど… みんなに

え~ どうしよう…

ちょっと
その2つじゃないんですけど

え~!

(マネージャー)じゃあ ピンポンを

(店員)
こちら 濃厚クレームブリュレ…

はい ありがとうございます

(店員)ご注文の品
以上で おそろいですか?

こちら 伝票でございます

じゃあ いただきま~す フフッ

トロットロです

あっ もう半熟の感じなんですかね

では いただきます

中はトロトロ 外はカリカリの…

最高に おいしい
(スタッフ)あっ… スタッフさんが

あっ バレた ハハハ…

すごい

(マネージャー)えっ もう終わり?

(マネージャー)5分!
すいません

(映画スタッフ)
今 ちょっと移動してるんで

(マネージャー)5分なら? 5分!
うん 3分で食べます

(マネージャー)もちろん
だって 回ってるから

アハハハハ! ごめんなさい
もう食べたほうがいいですよ これ

いただきま~す
(女性)いただきま~す

(女性)いただきます

<約束どおり

濃厚クレームブリュレを
3分で平らげた>

フェースシールド…
無視しちゃってた

大丈夫?

<何だか 楽しい人だった>

<撮影終了後

せっかくだからと足を向けたのは
思い出の場所>

(マネージャー)ちょっと写真撮って
是枝さんに送ってあげたい

送ろう

(マネージャー)いきま~す
はい チーズ!

(シャッター音)
(マネージャー)はい!

<そこは 是枝裕和監督の映画

「海街diary」で使われた
食堂だった>

入れますか? 4人
はい

どうしよう

しらす丼…

枝豆…

(マネージャー)決まった?
決まりました

(マネージャー)どうぞ

(店員)
文佐ラーメンと あさりバター

(マネージャー)すぐ返事…

すぐ返事下さいって

たまたま 近くでロケしてたんで
7年ぶりに来ました

食べに来ましたって言いました

フフフ… 1文字で「あ」

(店員)文佐ラーメンです
ありがとうございます

え~ 最高

<どうやら
筋金入りのラーメン好き>

あぁ おいしい!

最高に おいしい…

<是枝監督の演出は
独特だったという>

そのセリフが 口伝えで…

リハーサルが始まるじゃないですか
今日みたいに

自分の番が来たら 監督が
耳元でセリフを言ってくれて

それ リピートして それ言って

皆さんのセリフが また続いて
自分の番が来たら

また 耳元で言ってくれて
言うみたいな

…っていうのを やってたから

何か 終わる時か何かに
耳がいいねって言われて

お芝居に耳がいいとかあるんだ
みたいな… 思いました

でも そこから 何か
すごい意識するようになりました

声… 何だろう? 気配感じるとか
お芝居あるじゃないですか

目から行くのか
耳から行くのかとか

ちょっと あとは
あんま覚えてない

でも 何か…

「すげえ田舎っつったの」

<「海街diary」の公開は 6年前>

「香田さんですか?

私 浅野すずです」

「あっ トンネルだ!」
(前田)「だろ?」

「おっきい!
いっぱい咲いてるじゃん

わぁ すご~い!」

<作品は 広瀬に

日本アカデミー賞
新人賞をもたらした>

彼女がいることで
そのシーンが成立するとか

彼女が そのシーンを すごく
豊かなものに変えてしまうとか

何か そういう 祝福されてる感じ
っていうんですか

まぁ
映画に祝福されていると言うと

ちょっと 大げさな言い方に
なるかもしれないけれども

その日の その場所だったり

風だったり 光だったり
花びらだったりっていうものが

何か 全てが 彼女を

祝福してるような感じって
いうんですか

そういうものを
受け取ってました 僕は

<彼女を求める映画監督は
少なくない>

おはようございます
おはようございます

お久しぶりです
お久しぶりです

<「フラガール」や「悪人」などの
李相日>

<5年ぶりに
2人で組む大作が動きだす>

<広瀬すずは かつて

李相日監督の作品で
鍛えられた>

<今回は主演 その顔合わせ>

何か あの~…

(李)相手が見えにくい?
何ですかね? 何か…

ずっと それが 何か
抜けなくなって

舞台とか ずっと
あと…

何か ちょっと…

見え? うん…

フワフワ… してますね

アハハハッ 私の人生…
ハハハハ…

いいのか これ?

そうですよね
(李)うん そうだね

思いっ切り そうだね

(李)そうだね
アピール…

(李)そうだね

期待ですよね やっぱり

まだまだ どうなっていくのか

どう進化していくのか
っていうことを

ものすごく
期待させてくれる人なんで

まぁ いろいろ表に出る顔はね
すごく無邪気そうですけど

う~ん… そうじゃない一面も

ちゃんと持ってる人だと
思うので

何かこう 簡単には言えないもの

言いたくないものを持ってる
っていう感じはしますよね はい

まぁ それが何なのかは
僕も分からないですけど… はい

<4年前から
通い続けてきた場所がある>

暑ぃ~!

ふぅ~

はい

<迷いや不安を忘れる時間は

想像を超えて熱かった>

<少しでも
演技の幅を広げようと

4年前から通い始めた
キックボクシングジム>

あ~!

ムカつく!
(タイマー音)

(トレーナー)どうする? どうする?

休む? 終わる?
30秒 休んで

(トレーナー)いいよ
ラストいく

だって…

もう最後だって言ってるのに
気に入らないと

自分が 思うようにいかないと

よいしょ

<映画の現場に入れば

フワフワとした自分では
いられない>

(タイマー音)
(トレーナー)OKで~す

ヤバい

ヤバい…

本当の最後だからね

<緩んだネジを締め直すように

トレーニングは
たっぷり 45分に及んだ>

痛い!

(タイマー音)
(トレーナー)OK!

疲れた! もう… もう無理だ!

もう無理だ…

<控えている新作では
シリアスな演技が求められる>

<チューニングを急がなければ…>

<次回の「情熱大陸」は

大作映画の主演に挑む
広瀬すず>

<撮影が終わるまで

ラーメンは お預けだ>