情熱大陸【女優/広瀬すず・後編▽直面する壁、そして意地…長期取材で語った言葉】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

情熱大陸【女優/広瀬すず・後編▽直面する壁、そして意地…長期取材で語った言葉】[字]

演じる役は、かつて「誘拐事件の被害女児」だった女性。主演映画『流浪の月』の役作り…直面する大きな壁と撮影現場で見せた意地。“女優・広瀬すず”が今、思うこととは

番組内容
2020年の本屋大賞受賞作『流浪の月』。李相日監督が映画化する話題作…この作品で広瀬が演じるのは誘拐事件の“被害女児”となり、広く世間に名前を知られることになった女性・家内更紗(かないさらさ)。“更紗”という役を理解するために、過ごした環境に身を置く一方、李監督からは「役柄に合わせて儚げなシルエットに」という注文が。トレーナーによる徹底した食事制限と減量。大好きなラーメンもしばらくお預けなのだ…。
番組内容2
撮影が始まると、広瀬が纏う空気は一変する。カメラを前にした時の集中力――だが実はこの時、広瀬は女優として大きな壁に直面していた。ここ数年、広瀬のスケジュールは多忙を極め「役を“こなしている”自分がいるのでは」と感じることも…。現場では、生半可な気持ちで役を演じることは許されない。 映画『流浪の月』の撮影現場で見せた意地。そして、1年に渡る長期取材の果てに“女優・広瀬すず”が語った言葉とは…?
プロフィール
【女優/広瀬すず】 1998年静岡県生まれ。2012年にモデルとしてデビューし、翌年女優デビュー。 主な出演作に、映画『海街diary』(第39回日本アカデミー賞 新人俳優賞)、『ちはやふる』シリーズ、『怒り』、『三度目の殺人』(第41回日本アカデミー賞 最優秀助演女優賞)、『いのちの停車場』、ドラマ『学校のカイダン』、連続テレビ小説『なつぞら』、『anone』。
プロフィール2
2019年には『Q:A Night At The Kabuki』で初舞台を踏み、第54回紀伊國屋演劇賞 個人賞受賞。
制作
【製作著作】MBS(毎日放送)
公式HP
【番組HP】 http://www.mbs.jp/jounetsu/
関連公式URL
【ツイッター】@jounetsu 番組の感想に#jounetsuをつけてください! http://twitter.com/jounetsu 【フェイスブック】 番組公式ページへの「いいね!」もぜひ! http://www.facebook.com/jounetsutairiku 【インスタグラム】 フォロー宜しくお願いします! https://www.instagram.com/jounetsu_tairiku/
おことわり
番組の内容と放送時間は、変更になる場合があります。

ジャンル :
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般
ドキュメンタリー/教養 – インタビュー・討論
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 映画スタッフ
  2. 広瀬
  3. 本番
  4. 用意
  5. カット
  6. メイクスタッフ
  7. 主人公
  8. お疲れさ
  9. 映画
  10. 監督
  11. スタート
  12. リハーサル
  13. 俳優
  14. 彼女
  15. スタッフ
  16. OK
  17. お母さん
  18. 刑事
  19. 作品
  20. 余裕

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



TBS
created by Rinker
ノーブランド品

<1本の映画を作るには

さまざまな準備を
しなければならない>

(広瀬)こんな感じなんだ 坊主って

(メイクスタッフ)
いやいや だけじゃないです

<特殊メイクに必要な
どろどろの液体が

広瀬すずの首から上に
塗られていった>

<彼女には初めての経験だ>

<これが5分ほどで固まり
顔の型が出来上がる>

じゃ ゆっくり外していきます

(メイクスタッフ)体を
ちょっと前に倒してください

…で 頭を後ろに
ゆっくり引いてください

はい ありがとうございます
すご~い

(メイクスタッフ)ばっちり取れました
ありがとうございます

何か ちょっと寝ちゃった
(笑い)

(メイクスタッフ)余裕ですね ハハハハ

えっ すご~い
(メイクスタッフ)ありがとうございます

よく 東宝で見るやつ
(メイクスタッフ)そうです それです

型取り 全然 余裕
余裕

安心感?

うそ すごいね

何か 初めてやる人とかね
結構びびったりなんかして ほら

何か
呼吸できないんじゃないかとか

(メイクスタッフ)そうそうそう 皆さんね
そう

えっ 何か
映画の人になった気分です

ホントだ すごい厚さだね

<デビューから10年の節目を
記念して

新たな写真集も出版される予定>

私 満面の笑みですよ だって

よいしょ

<演技力が
高く評価されている彼女に

直球の質問をぶつけてみた>

えっ 何だろう

こんなに何か…
ヘラヘラした回答でいいのかな

何だろう 役…
演じる感覚ですか?

う~ん…

何か 一番…

う~ん…

感想が単調 う~ん…

だから 何か…

<虚像と実像の間を行き来する
俳優という仕事>

<主演映画の現場には
私たちの知らない広瀬すずがいた>

♬~

<主演作のクランクインまで
ひと月>

<広瀬すずは 共演者の一人
横浜流星と 初めて顔を合わせた>

<監督は「フラガール」や
「悪人」などで知られる 李相日>

<広瀬と組むのは
今回が2度目になる>

(横浜)はい

(李)横浜に対するイメージ

作品とか
まぁ それ以外の見え方

まぁ
中で出てるものからのイメージ

(李)まつ毛が長い

何か 作品見てても

何かすごい 似てる目の人が
いないなと思うので 何か…

(李)バサッて感じ
うん

思うだけじゃなくて

分かんない 勝手に感じたりして

ないですかね? あれ?

勝手に

何か 下手に座ってやるより…

<ここから先は
監督と俳優2人のリハーサル>

<立ち会うことは許されなかった>

<李監督は 俳優に求めるレベルが
極めて高いと聞く>

<リハーサルは4時間に及んだ>

(スタッフ)お疲れさまです
お疲れさまでした

すいません
ご迷惑をおかけしまして

全然 こちらこそ
またお願いします

またお願いします
お疲れさまでした

ねぇ 夜になっちゃいましたね
(スタッフ)なっちゃいましたね

どんな
リハーサルだったんですか?

何かもう
ずっと エチュードというか

同じシーンを 何十回やったか
分かんないんですけど

やっぱ エチュードなので
考えながら

次 こういう会話に進んだら
いいのかなとか

次の この話題に持ってくのに
ここを埋める…

こことここの ここを埋める会話を
どうすればいいかなとか

やっぱ
考えながらやるじゃないですか

何か その 考えるっていうのは

役よりも自分が前に出ちゃってる
瞬間… だから

やっぱ それが もうちょっと
なくなるといいよねっていう

だから まだまだ リハーサルにも
なってないよねって言ってました

今日はリハーサルにも
なってないよねって言ってて

<映画の原作は

去年 本屋大賞を受賞した小説
「流浪の月」>

<9歳で
誘拐事件の被害者と騒がれ

屈折を抱え続けてきた主人公を
広瀬が演じる>

<事件当時 まだ少女の主人公が

一人の大学生から
声をかけられるのが この公園…

という設定だった>

<彼女自身が この場で
カメラの前に立つことはない>

<けれど ここは
主人公の未来を変えた場所>

<見ておこうと考えたのは
役作りの一環だった>

井上さん ブランコ苦手ですよね?

こぎ方 もう忘れちゃって

でね 更紗は
今 僕がこいでるところですね

実はですね
実は 逆のほうがいいんですね

ここ 面白いんですよ
文が見えるんです

そう それで 目線がチラチラ…

ちょっと 僕 こいじゃったから
これ…

ありがとうございます
これに座ってもらって

座って ちょっと ゆっくり
こいでみてもらっていいですか?

これぐらいか

<少女は
このブランコに乗っている時

大学生の存在に気付くらしい>

<広瀬は 体を絞るトレーニングに
取り組み

食事制限で減量に励んだ>

<監督が思い描く主人公は

どこか はかなげなシルエットの
女性だという>

キャ~!
大丈夫

<李監督の作品には 6年前
17歳の時にも出演している>

<演じる意味と
心構えをたたき込まれた>

えっ?

えっ? みたいな

何か そのあと
「ちょっと来い」って言われて

すごい 現場離れて
誰もいない所に呼ばれて

すごい冷静なトーンで

「この映画 壊す気?」って
言われて

確かに 何か 台本上でも
私が演じてた役が

映画の
ラストシーンだったんですよ

だから…

それ言われて…

<その作品 「怒り」>

<痛ましい事件に巻き込まれた
高校生が

ラストシーンで感情を爆発させる>

(叫び声)

(叫び声)

(叫び声)

(映画スタッフ)
はい じゃ 携帯お願いします

<「流浪の月」の
撮影がスタートすると

広瀬は 再び
監督の厳しさと向き合った>

(映画スタッフ)
はい じゃ本番いきます

(李)はい 用意…

はい!
(映画スタッフ)スタート!

<警察で取り調べを受ける主人公>

「私は
梨花ちゃんのお母さんに頼まれて」

(刑事)「分かってますよ」
(ノック)

(刑事)「はい どうぞ」

(李)カット

(映画スタッフ)はい 続けていきます

(李)う~ん 何ていうの?

(李)はい いきます
(映画スタッフ)本番

(李)はい 用意…
(映画スタッフ)用意…

(李)はい!
(映画スタッフ)スタート

「何も やましいことありません」

「私は
梨花ちゃんのお母さんに頼まれて」

(刑事)
「うん えぇ 分かってますよ」

(李)はい カット

はい いきますよ
(映画スタッフ)…いきます

(映画スタッフ)はい ちょっと直します

(映画スタッフ)はい 携帯お願いします
扉 閉めてください

じゃ 本番いきます
カメラ回るよ

(李)はい いきます
(映画スタッフ)本番

(李)用意…
(映画スタッフ)用意…

(李)はい!
(映画スタッフ)スタート

「何も やましいことありません!」

(李)何ていうのかな…

(李)もうちょっと こう…
何ていうのかな

(李)ふててるというかさ…

(鐘の音)

<テイクは もう20回を超えていた>

(映画スタッフ)
はい じゃ本番いきます

本番
(李)はい 用意…

はい!
(映画スタッフ)スタート

「何も…

やましいことはありません」

「私は
梨花ちゃんのお母さんに頼まれて」

<俳優の務めは 監督に応えること>

<広瀬は 最後まで もがき続けた>

お疲れさまでした

<自分は 与えられた役を
生きているか…>

<苦しくて果てしない自問自答を

しかし彼女は どこか
楽しんでいるように見えた>

<雨の長野…>

<ロケ現場には
水中カメラが用意されていた>

<湖に身を沈め
声にならない叫びを上げる主人公>

<重要なカットになりそうだ>

<夏というのに冷たい雨>

<カメラは
水中で叫ぶ主人公の顔を狙う>

(映画スタッフ)
はい じゃあこれで本番いきます

はい では 本番 用意…

(李)本番
(映画スタッフ)本番

(李)用意 はい!

(映画スタッフ)
はい カット カット カット

<彼女は 自らリテイクを申し出た>

<監督が かすかにうなずく>

(映画スタッフ)はい回します 本番!

(李)用意 はい!

(李)はい カット!
(映画スタッフ)はい カット!

はい OK OK OK!
じゃあ 上がっていただきましょう

頭 使わなかったよな?
ハハハハハ!

(李)お疲れさまでした
お疲れさまでした

(男性)…いります?
使いません お疲れさまでした

(スタッフ)すごかったです

(スタッフ)面白かった?

あっ そうなんですね

ありがとうございます
はい

イトウさんに ラーメンだけ
ダメって言われてるんですよ

<2か月半の撮影が終わった
3日後>

<町中華にやって来た広瀬は

早くも興奮していた>

へぇ~

ヤバい ちょっと待って
1回 気合い入れる

いただきます

<大好物のラーメンにありつくのは
4か月ぶり>

<映画に取り組んだ日々が
どれほど彼女を追い詰め

悩ませていたか>

<その表情が教えてくれた>

んふふふ…

涙が出そう

涙が出る んふふふ…

別に…

分かりやすく言うと

<頼もしい言葉だった>

はぁ~! うまし!

<俳優・広瀬すずは
まだまだ化けるに違いない>

失礼します

<それにしても
豪快な食べっぷりではないか>

う~ん

はぁ~

このお風呂…
このお風呂 欲しいです

入りたい

塩分 最高!

塩分 おいしい!

<シャイで
口数少ない男がつぶやいた

孤高の人生観>