情熱大陸【プロサッカー選手/大久保嘉人▽日本人最高のストライカーが貫いた挑戦】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

情熱大陸【プロサッカー選手/大久保嘉人▽日本人最高のストライカーが貫いた挑戦】[字]

2021年11月22日。日本中が驚いた引退会見と流した涙…前人未到J1リーグ200ゴールへ!父として家族ために走り続けた日々と新たな一歩。大久保嘉人という生き方

詳細情報
番組内容
「最高のサッカー人生だった」そう語る男の目には涙が…J1リーグ最多191ゴール記録を持つ大久保嘉人、日本サッカー史上最高のストライカーがピッチに別れを告げる。日本中が驚いた電撃発表は、1年間悩み抜いた末の決断だった。現役20年目、39歳の時に古巣・セレッソ大阪に復帰。Jリーガーの平均年齢25歳の中、周囲からは一度は終わったと言われながらも開幕戦でゴールをあげ、5試合で5ゴールの活躍で健在を証明。
番組内容2
家族と離れ、小学4年生の三男と共に大阪へ。家事未経験だった男は息子のために朝食を作ってから練習場へ向かい、帰宅すると洗濯や夕食の準備。プロサッカー選手だけでなく父親としても日々奮闘。だが、大記録達成まで10ゴールに迫るなかで、左太ももに怪我を負ってしまう。目標が見失いかけた中、妻からの手紙を読み返し、亡き父の言葉を胸に200ゴールに再び挑む!最後まで貫いた“大久保嘉人という生き方”と“新たな一歩”
プロフィール
【プロサッカー選手/大久保嘉人】 1982年生まれ。A型。 2000年国見高校時代で高校三冠を達成し全国サッカー選手権大会で得点王に輝く。 2001年セレッソ大阪に加入すると1年目に初ゴールをあげ中心選手として活躍する。 2005年からはスペインリーグ1部のRCDマジョルカへ期限付き移籍。開幕戦で決勝ゴールをあげクラブの救世主として歴史に名を残す。
プロフィール2
2010年日本代表としてワールドカップ南アフリカ大会に出場するとベスト16に貢献。 2013年に川崎フロンターレへ移籍するとJリーグ史上初の3年連続得点王を獲得しストライカーとしての才能が開花する。 2020年までにJ1リーグ通算185ゴールをあげ日本人最多記録を持つ。 2021年古巣のセレッソ大阪へ移籍。現在は4人の息子を持つ父親。
制作
【製作著作】MBS(毎日放送)
公式HP
【番組HP】 http://www.mbs.jp/jounetsu/
関連公式URL
【ツイッター】@jounetsu 番組の感想に#jounetsuをつけてください! http://twitter.com/jounetsu 【フェイスブック】 番組公式ページへの「いいね!」もぜひ! http://www.facebook.com/jounetsutairiku 【インスタグラム】 フォロー宜しくお願いします! https://www.instagram.com/jounetsu_tairiku/
おことわり
番組の内容と放送時間は、変更になる場合があります。

ジャンル :
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般
スポーツ – サッカー
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 橙利
  2. ゴール
  3. 大久保
  4. 自分
  5. 拍手
  6. スタッフ
  7. 家族
  8. 息子
  9. 莉瑛
  10. ホント
  11. 三男
  12. 紫由
  13. 大久保嘉人
  14. 父親
  15. セレッソ大阪
  16. バイバイ
  17. プロ
  18. 言葉
  19. 試合
  20. 時間

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



TBS
created by Rinker
¥1,980 (2022/08/12 09:01:40時点 楽天市場調べ-詳細)

<11月22日
記者会見は 刻々と迫っていた>

(大久保嘉人)全く…

≪(男性)大久保嘉人選手
壇上に お上がりください

<20年の現役生活に
自ら 終止符を打つ>

<名門・国見高校を卒業後
セレッソ大阪で プロデビュー>

<その年の新人王に輝いた>

<2015年 Jリーグ史上初の
3年連続得点王となり

年間最多ゴールの記録を
打ち立てている>

<アグレッシブなプレースタイル>

<イエローカードの数も
歴代最多だった>

<ゴールへの あくなき執念>

<中学時代に知り合った
妻との間には

4人の息子がいる>

<闘う父を見せたかった>

<今年は 三男と人生初の自炊生活>

いいよ

<なぜなら

どうしても
果たしたい夢があったから>

<前人未到の
J1リーグ 200ゴール>

はい 上げろ 上げろ 上げろ!
ラスト! ほら

上げれるとこまで上げろ!

<「引退」の二文字を背負いつつ

挑戦を忘れなかった男の
ラストイヤー>

ここまで来たら やっぱ…

いかないと 後々…

いや~ もうちょっと
やっとけば よかったなぁとか

思うかもしれないし

♬~

<今年のJリーグ開幕戦>

<大久保嘉人は 燃えていた>

<これが 186ゴール>

<2戦目以降も 勢いは止まらず

初戦から5試合5ゴールで
記録は 190に達する>

起きて 橙利

<セレッソ大阪に移籍した
大久保は

父親についてきた10歳の三男と
2人で暮らしていた>

ん?

<朝 食欲のない息子には
お握りを1つ>

<学校に送り出す時間が
迫っている>

ねぇ?

いってきま~す

(橙利くん)いってきます

あっ 持った? OK

(橙利くん)あっ…

これで いい?
(橙利くん)うん

(橙利くん)バイバイ

<息子を見送ったあとは

今季から再び戻ってきた

古巣・セレッソ大阪の
グラウンドへ>

<Jリーガーの平均年齢は 25歳>

<39歳は チーム最年長だ>

<海外を含め いくつものクラブを
転々としてきた>

<自分には もっとできる
まだできる>

<そんな20年だった>

<200ゴールを目標に定めた
大久保は

シュート練習を繰り返す>

そういうの試しながら
やってましたし

今日のシュートなんかも
いつもと全然違う蹴り方をして…

それが どう上手くいくかなとか…
全然上手くいかなかったんで

あれは やめようっていう感じで

何だろう…

<練習を終えて家に戻ると
やがて 三男が帰ってきた>

何て言うの?

何て言うの?
(橙利くん)こんにちは

<学校の連絡ノートに目を通す>

どれぐらいの大根?

危ない

<妻から息子へのメッセージには

家族のぬくもりが うかがえた>

<大久保は パパと離れたくない
という三男を

それも いい経験だろうと
受け入れた>

<背番号は 父親と同じ20番>

<この時期に自分が教えたら
本人のためにはならないと

今は ただ見守るだけ>

フフフフ

<そろって帰宅したのは
夜7時>

<掃除・洗濯は もちろん
料理にも気は抜かない>

<それは 妻との約束でもあった>

<この夜は
カニカマ入りの たまご丼>

<バランスを考えて
サラダや刺身も添えている>

いらない?

これ うめえんだよ

こらこら…
何やねん もう

<気が付けば 腕は上がり

こんな弁当も お手のもの>

橙利
(橙利くん)ん?

一回 やめて テレビ電話
よいしょ

<そして 大切にしている時間が
やって来る>

ヘイ 紫由

ちょっと待って
何で?

今日 サッカーどうやった?
うん

楽しかった?
うん

(橙利くん)はい

橙利
(橙利くん)うん さっきも見せたよ

フッ

ニッコリして

(莉瑛さん)かわいい

は~い… また かける

(莉瑛さん)は~い バイバイ
バイバイ 紫由

<8歳でサッカーを始めると
めきめき頭角を現し

中学時代から長崎にサッカー留学>

<名門・国見高校に進むと
高校三冠の立て役者となった>

<休日を利用して
ふるさとで墓参り>

<7年前に
父・克博さんを亡くしている>

<裕福な家庭ではなかったが

息子の挑戦には
出費を惜しまなかった人>

ホント プロになっても

…って
ただ プロになっただけで

これから
稼がないといけないのに

稼げない人も やっぱ いる中で

その ひと握りに入るためには
天狗になるなと言われていて

それが こう あったから…
まぁ 退場とかはしてましたけど

何だろう…

…っていう気持ちは
やっぱ ありましたよね はい

<父親の言葉を胸に
プロの世界に飛び込んだ>

<ゴールへの貪欲さは
ぬきんでていた>

<たとえ 日本最高のストライカー
と呼ばれても

はにかんで受け流す>

<そんな男だった>

<意外な言葉を聞かされたのは

少年時代
父親と よく来ていたという

カレーの店に立ち寄った時>

うまい

そうすると
何か知らないですけど…

…っていう気持ちに やっぱ

持っていかれてんですよね 勝手に

まぁ それで…

<だが どんなアスリートも
年齢には勝てない>

<5月

J1通算 200ゴールを目指す
大久保を

アクシデントが襲った>

<左太ももの肉離れ>

<全治1か月と診断される>

<ところが 回復には
思いの外 時間がかかった>

<結局 大久保は
3か月を棒に振ってしまう>

<グラウンドに戻れたのは
8月の終わり>

<夢が 次第に遠のいてゆく>

<俺は
あと何回 ピッチに立てるのか>

ホントに この年になると
どこに目標を持っていって…

そこに向かって
頑張ってたんすけど

それ ちょっと ふと自分でも
夜とか 寝る前とか

ちょっと 考えることがあって
俺は今 何に…

<ふと 弱気になった時…>

結構ねぇ 長いんすよ…

<いつも読み返してきた手紙には

妻の思いが つづられていた>

<大阪に移る前
妻が夫に渡した手紙>

「大久保莉瑛」

(スタッフ)いい文章ですね
いい文章ですね

こんな感じの あれなんすよ
こんな感じの人なんすよ

<10月24日 対 横浜F・マリノス戦>

<大久保は 200ゴールまで
あと9つに迫っていた>

<今シーズン 残るは6試合>

(掛け声と拍手)

<1点リードの後半 途中から出場>

(場内アナウンス)大久保嘉人!

<しかし チームは
既に 守りに入っている>

<シュートチャンスさえ
巡ってこないまま 試合終了>

<悔しさが爆発した>

打ち続けないと もっと…

お疲れさまでした

(スタッフ)お疲れっす

いや~…

(拍手)

<話がある…>

<この日から3週間ほど過ぎた頃

私たちは 大久保に呼ばれた>

<大阪湾を見下ろす ホテルの一室>

こんちは お願いします
(スタッフ)お願いします

はい おいしょ

(スタッフ)決めたんですか?
はい もうホント 2日前ぐらい

まだ元気で まだやれるやんって
言われる時に

辞めたいなっていうふうに
思ってたんで

(スタッフ)200ゴール 諦めるって
思われちゃうかも

分かんないですよ
まぁ そうですね

まぁ 諦め… う~ん

やっぱり 自分 チャレンジを…

だから 移籍を
バ~ッと繰り返しますけど

あっ ここは いいんだとか
駄目なんだとかいうの分かるし

もう それと一緒で
サッカー辞めますけど

また違ったかたちでっていうのが
また ワクワクっていうかね

まぁ 苦しいこともあるし…

<3日後には記者会見だと
教えられた>

<無論 家族にも…>

はい!

はい!

何で? 何で?

♬~(紫由くんの歌声)

えっ?

あ~ それは 俺 知ってる
いや 知らないでしょ

横浜帰るって知ってたもん 5年に
あ~ 最初にね

えっ?

(紫由くん)今?

(2人)で?

どうしたの?

明日?

うん…

はい!
は~い!

えっ?
(莉瑛さん)お~ 全員 あげた

OK?
(碧人くん 橙利くん)はい

(拍手)

ユニフォームを脱ぎます

<引退会見5日後>

<ホームでの リーグ最終戦>

<スタンドでは

「頑張って」を封印してきた
妻 莉瑛さんと

子供たちが見つめていた>

<ホームでの最終戦>

<7試合ぶりのスタメン出場となった
大久保嘉人は

懸命にシュートを放ち続けた>

<自分の姿を
まぶたに焼き付けてほしかった>

<ファンに…

そして 何よりも 家族に…>

(拍手)

え~ 久しぶりに
豪快にシュート外しましたけど

まぁ これが…

まぁ そして最後に 家族

え~ 自分がサッカー選手で
本当に自分勝手で

いろいろなとこに
相談もせず 行ってしまい

振り回したと思いますけど…

ホントに 支えてもらって
ここまで来れたので

感謝しても しきれないですけど
ありがとうございました

(拍手)

(拍手と歓声)

<この時 莉瑛さんが かけた言葉>

<J1リーグ通算
191ゴールは

さん然と輝く金字塔>

<それもまた
家族というサポーターなしには

成し遂げられなかった偉業だろう>

<人生の第二章を どう生きるか…>

<本人にも まだ分からない>

<まずは
子供たちのコーチからだ>

<夢の大舞台で
初めて生の歌声を観客に>

<1年にわたる2人の軌跡>