ボクらの時代[字] …の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ボクらの時代[字]

北村匠海×黒島結菜×マカロニえんぴつ・はっとり

詳細情報
番組内容
『ボクらの時代』は、毎回さまざまなジャンルで活躍するゲストが集い、多彩な話題や事象を取り上げていくトーク番組。あえて司会者を置かないことにより、ゲストたちの普段の顔・会話が垣間見られるような構成となっている。今週は、俳優でDISH//メンバーの北村匠海、女優の黒島結菜、マカロニえんぴつのはっとり。子ども時代や仕事について、プライベートについてなど幅広いテーマで語り合う。
出演者
北村匠海 
黒島結菜 
はっとり(マカロニえんぴつ)
スタッフ
【プロデューサー】
塩田千尋 
松本彩夏(イースト・ファクトリー) 
【演出】
高野裕樹(イースト・ファクトリー) 
【制作】
フジテレビ情報制作センター

ジャンル :
ドキュメンタリー/教養 – インタビュー・討論
バラエティ – トークバラエティ
趣味/教育 – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 自分
  2. 大人
  3. 音楽
  4. 時期
  5. バンド
  6. モテ
  7. 仕事
  8. 絶対
  9. タイプ
  10. 時代
  11. SNS
  12. プライベート
  13. レナ
  14. 気持
  15. 結構
  16. 役者
  17. CD
  18. エゴサ
  19. ボーカル
  20. ホント

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



created by Rinker
¥1,483 (2022/08/12 14:18:51時点 Amazon調べ-詳細)

[今日の『ボクらの時代』は
こちらの3人]

僕としては もう お互いと…。

黒島ちゃんとは
何度も共演してるし

はっとり君とは
一緒に曲作ったり 曲もらったり

ラジオで対談したりとか
プライベートでも

二十歳ぐらいのときに
初めて会って 飲んだりとか。

何か 不思議な感じがして。

ここが 初めましてなのが。

(黒島・はっとり)初めまして
よろしくお願いします。

これ 何だろうね。
仲人みたいになってるからさ。

「はなせ バカヤロー」

[また…]

[15歳から
芸能活動をスタートし

その翌年に スクリーンデビュー]

「浅井ケイは間違えません」

[多くの話題作に出演し…]

♬「いざ無駄を愛すのだ!」

「俺といたら きっと楽しいよ」

[北村さん 黒島さんが 出演し

はっとりさんが
主題歌を書き下ろした…]

「何だって いつかは終わるよ」

[20代のリアリティーあふれる
青春と恋

そして こんな大人になるはずじゃ
なかったという

葛藤が描かれます]

こんなはずじゃなかったって

みんな たぶん 社会に出て
思うんだよ。

俺自身も 20歳とか21のとき

役者の比重が
すっごい多くなって

バンドとしては
まだまだ もがいてる時期。

っていう 何か
心も バランスも悪いときに

はっとり君と出会った時期も
そうなんだけど

あの時期って 自分の中でも
そういう時間だったなと思って。

どうりで。 目がギラついてた。

人を信用してない目を
してたんだよ。

もうね
みんな… みんな 嫌いだった。

自分の心を 鉛筆削りで

ゴリゴリに とがらせるみたいな
時代だったから

何か その とがった芯が

大人になって ポキッと折れる感じ
っていうのがあって。

でも 当時 はっとり君とかも
そうなんだけど

何か分かり合える人と
飲んだりとかして

泣ける歌
ハナレグミさんとか歌って

ぼろぼろ泣くみたいな。

そういう時期が ホント 20 21。

たぶん そのとき
一緒に芝居もしてるんだけど。

何か そんな経験ないですか?
こんなはずじゃなかった。

ちょっと違うなっていうね。

思い描いていたものと。
逆かも。

まったく想像してなかったから
自分の 今の状況を。

だから 逆の意味で

こんなはずじゃなかったのに
っていう驚きの方が

強いかもしれない 私は。

日々を生きるのに
精いっぱいなタイプだったから

あんまり 夢もない 欲もない。

う~ん… だから 意外。

今 自分が こういう仕事を
してたりすることが。

女優業を目指していたわけじゃ
ないんですか? もともと。

まあ きっかけがあって
事務所に所属することになって

地元 沖縄なんですけど 沖縄から
オーディションで 東京に通ってみたいな。

「あっ 東京に行ける。 ラッキー」
みたいな そういう感じで

東京に来て
オーディション受けて。

でも オーディションも それこそ
落ちまくって 全然 駄目で。

でも
悲しいとか悔しいとかもないし。

ホント 自分でも
よく分かんないまま

ここに来て
っていう感じがします。

幾つぐらいのときなんですか?
16とか 17ぐらい。

オーディションで会ったの
すごい覚えてる。

嘘!
すっごい覚えてて。

それ 16歳ぐらいのときにですか?
…ときに。

えっ マジ?
本人は覚えてないんだ。

俺も めちゃくちゃ
オーディション子だったから

もう 毎日のように
オーディション行って

落ちてっていう。
そういう世界なんだ。

だから 何か ちょっと
うらやましさもあるかも。

黒島ちゃんの
その 何か… 逆の感覚。

いや こっちからしたら
その 一生懸命さっていう

熱いものが あるじゃないですか。
ないから

大人になったときに
すごい薄い人間に

なるんじゃないかなって
思うっていうか。

ちょっと
癖なところもあると思うのよ。

自己陶酔
うまくいってない状況に。

あらがっているときって
何か 気持ちがいいじゃない。

気持ちがいい。
あっ そうなんですか?

そうなんですよ。
環境に言い訳をしたいみたいな。

ちょうど
俺らが インディーズデビューしたぐらいに

4つ打ちムーブメントが
あったでしょ?

ちょっと アップテンポで
結構 速いビートのロック。

ちょっと ダンスミュージック…。

そういう曲は あんまり
作るタイプじゃなかったというか。

いわゆる こう
聞かせたいから 歌を。

それで お客さんがとれない
みたいな時期に

「いや 何か シーンが
俺たちに追い付いてないわ」

みたいな 言い訳したり。

まだ はやらない名曲を
俺は歌ってるなっていう感じに

ある種 酔ってたところもある。
なるほどね。

だから とんとん拍子に
いきたいとも思わないというか。

順風満帆だったりすると

そういった 多幸感 幸福感から

自分から逃げたくなっちゃうような
性質なんですよ。

いろんなね… あるし
性格もあるし。

失敗したいとか思うんですか?
こけたいみたいな。

成長するための
例えば 失敗であれば

ちょっと挫折したいとか。

でも そういうふうに
事が うまくいき過ぎてたときに

ちょっと 自分を苦しめたいとか
思った時期あるんですけど

無駄じゃない?
って思ったんです。

だって 自分から わざわざ
苦しみにいって

本当に
どん底に落ちたりでもして

上に上がれなくなっちゃったとき
とかのことを考えたら

いや 今を もっと良くすれば
いいんじゃないかって

思ったんです。

そうです。 絶対 そうだと思う。
絶対に そう。

ネガティブなタイプは…。
自分たちの首を絞めることに

命を懸けてるみたいな。
絶対 でも その時代って

たぶん
われわれみたいなタイプは ある。

今 思えば
すごく 青春の時だったなって。

それこそ
人生のハッピーアワーですか?

ハッピーアワーじゃねえや。
マジックアワー。

ヤバい。
ハッピーアワーはね…。

飲み放題の時間じゃない?

♬~

今の道を たぶん 腹くくる瞬間…。
ここでいこうと決めた?

そう。 この道だっていうものを
決めたときって いつですか?

私は なくて 今まで。

ずっと 目の前の
頂いたお仕事っていうのを

一つ一つ やって 今だと思ってて。

だから この作品がとか

このタイミングがっていうのは
なくて。

たぶん 来年ぐらいかなって
思ってます 個人的に。

朝ドラをやって 終わって
そこで たぶん 変わる気がしてて。

自分は

19のときに 『君の膵臓をたべたい』
っていうので

アカデミー賞いって
新人賞 取ったときに

親孝行 初めてできたっていう
感覚があって。

ある種
そこで 一個 腹くくったというか。

自分は すごくいい仕事に
8歳のときから就いてたんだって。

そのときは 12年目か。

12年たって
初めて気付いたっていうか。

何か あります?
いや~。

どこで 腹くくったんだろう
っていうのが

考えても考えても
分からないっていうか。

俺は 憧れでもってやってるから。

ユニコーンっていうバンドを見て
「バンドやりたい」

その きっかけから 今も続いてて。

バンドやったら ちょっとぐらい
モテるかなと思って

俺 高校からやってたんだけど

スポーツ刈りのボーカルって
やっぱ モテないね。

ハハハ… そうだね 何か。
スポーツ刈り。

俺 美容院なんか
行ったことなかったから

近所の床屋で おっちゃんに
切ってもらってたから。

モテましたか?
モテましたよね?

中学校のときが
最大のモテ期だったかも。

中学校?

みんな
おんなじ所に呼び出すんですよ。

また ここ? みたいな。
また ここ?

かっけえ。 めっちゃカッコイイ。

俺の中で
イメージ ベランダなんだけど。

何か ちょっと 学校の角みたいな。

あんまり人通りがない 角…。
学校の角?

断るんですか? 断り方とか。
全然 しゃべったこともない人で

全然 その人のことも
よく知らなかったので

「すいません」とか言って。
うわ…。

僕は…。
あなたもでしょ? だって。

僕はね モテてない。

中学生のとき バレンタインで
チョコをもらえない

ノンチョコ部っていう…
いたんですよ。

バスケ部内であったの。
バスケ部だったんだけど。

そこに 僕は まあ
当時 所属してまして。

でね
怖がられてたんだよ ずっと。

北村 匠海は 人を寄せ付けない
オーラがあって

目も怖いし
何か 一生 机に 絵 描いてるし。

でも 自分的には
話し掛けてほしいし

いっぱい話したい 人と話したい…。
来るの待ちなんだね。

そう。 でも 当時は そういう
ちょっと 陰な感じだったから

しゃべんのも苦手だったし
ちょっと すかして生きてたら

マジ モテなかった。

後悔してるの? ちょっと。
後悔してる。

高校なんか 役者も音楽も
ばんばん やってたから

早退も多かったし。
だから ちゃんとした学校生活は

実は あんまり送れてない
っていうのは あるかな。

好きな人…。
あっ いました いました。

それこそ 中学のときは

3年間 片思いの子がいて。
お~ 3年間。

レナちゃんっていうんですけど。
聞いてねえか。

レイナちゃん?
レナちゃん。

見てるかもしんないからね。
見てるかもしんないよ。

目が合った回数を数えてた 俺。
気持ち悪いでしょ?

いや でも そうだよね。
そんなもんだよな。

で 絶対 結構
レナちゃんも 俺のこと見てた。

なるほどね。
見てたのよ。

あっ あっちも気にしてんのかな?
みたいな。

錯覚です。
俺が ずっと見てるからなんだけど。

レナちゃんと仲いい女の子
2人組で よく いたんだけど

すごい こう こそこそ話してて。
俺の噂してんな。

たぶん ずっと見られて
気持ち悪いって…。

相談してたんだよ。
「あの人 ずっと見てくんだけど」

伝えれたの? それは。
俺 卒業のときに…。

これ 相当キモいよ?
いいよ。

自作のCD。
宅録してたから もう そのときは。

音楽 作ってたのよ。
初めて作った自作

15秒の曲を CDに入れて

手紙と一緒に…
直接 渡すじゃん? 普通。

レナちゃんの実家のポストに
入れたからね。

鳥肌 立つわ。
直接 渡してほしかった。

親父が
たぶん 先に破り捨てるよな。

こうよ CD。

でも その15秒の歌は
めちゃくちゃ ミスチルの

『Tomorrow never knows』のサビと
一緒なの メロディーが。

いや もう 名曲…
名曲から 最初は盗みますよね。

で リアクションが来ないから

「ポストに入れた 手紙とCD
あれ 見てくれたかな?」みたいな。

「あっ うん 見たよ。 すてき。
ありがとう」みたいな。

「頑張って」って言われて。

響いてねえの。

そうやって終わった
俺の3年間は。

青かったね。
まあ 青いよね。

青さは なくなってくるね
大人になると。

大人になると
なくなってくるよね。

恋愛にしてもさ
始まりも終わりも

へったくれも
あったもんじゃないね。

いつ始まったか分かんねえんだ
もうな。

いつ始まったんだっけ。
これが なくなってくる。

「お願いします!」がね。
これ 欲しいよね。

大人になって これがあったら

ドキッてしません?
する。 したいよね。

「これって
付き合ってるんだよね?」って

一番 嫌じゃない?
すげえ嫌だ。

終わりだけ はっきりしてくるね
大人になってくるとね。

人間付き合いにしてもね。
さみしいもんですよ。

大人になるって
意外と さみしいもんですよね。

暗いな 何か。 全体的に。

すっげえ盛り上がったと
思ったのに。

今は 漠然としたものでも
こうなりたいなとか

女優としてじゃなくても

こういう おばあちゃんに
なってたいなとかは ある?

動物に囲まれて暮らしたい。

動物が好きなんですね。
動物が好きで。

犬と猫に囲まれて
過ごしたいなって。

そういうのがいいよね。
俺も 漠然と

カレー屋さん 開きたいなとか。

カレー スパイスから
調合してるんでしょ?

本格派だよね。

俺の特性として

趣味を 確実に
仕事につなげたいっていう

ハングリーな気持ちがあって。
欲が…。

雑誌のカメラマン
たまに やるとか

カレーとかサウナも
番組 呼んでもらったりとか。

私は 仕事は仕事

プライベートはプライベートって
分けたくて。

ごっちゃにすると
分かんなくなるっていうか

何なら プライベートの方を大事に
今後も過ごしたいタイプで。

でも すごい職人肌なんだろうな。

俺は 今 役者と音楽って
両方あって。

こうなってくると
仕事とプライベートの分別って

ゼロになってくるんだよね。

何でも 全部
材料になっちゃうっていうか。

全部が
じゃあ 絡み合ってるんだね。

すごい疲れるんだよね。
働くね~。

でも どうやって休むんですか?
そう。 思う。

俺も教えてほしいんだよね。
気が休まる瞬間って 最近あった?

自分の中では やっぱ
お酒に頼っちゃったりとか。

1人で 家で…。
1人で 家で飲んで。

そっか。
自分は だから こう

くっきり分けれる人たちって…
だから 役者だけで生きてる人と

音楽だけで生きてる人
っていうのが

ものすごく カッコ良く思えてて。

自分は こうやって
歩いてる感じっていうか。

どうしても足取りは遅くなるし。
でも そこを

自分が切り開いていきたい感覚も
あったりして。

役者の方が 音楽やるとか

音楽の方が
芝居するっていうのは

世間的に見たら
多いかもしんないけど

両方のイメージを
100%で持ってる人っていうのが

続いてくれたらいいなとか
思ったりとかしてるかな。

そういうのは
ちょっと 夢でもあるし。

まあ 表現をしてると
受け手からの いろんな

リアクションなり
声が あるじゃないですか。

SNSとか?
そう SNSで。

見に行くことが
できるじゃないですか。

僕は 中毒なんですけど わりと
エゴサーチは。

私は たまにします。
たまにする?

リアルタイム検索。
うんうん…。

番組 出た日とか 見て…。
あ~。

名前検索?
名前検索して

あっ こういうふうに
思ってるんだって思うぐらい。

そこに ショックを受けたりとか

一個一個
真に受けてたりとかしたら

大変だから

見はするけど ちゃんと
整理はできるっていうか 自分で。

強いっすね。
強いっすね。

僕は 一時期
中毒的に見てたんですよ。

結構 何だろう… もろいというか。

全部 パンチくらうみたいな。

真に受けちゃ駄目だよ
そういうのは。

でも 人生の中で…。

中学校のとき 一回 裏掲示板で
どうのこうのみたいな

時代は あったんだけど。
いじめられ… みたいな。

でも 何か その…
こんな言われる人間なんだって

思ってた時代が…。
真っすぐ過ぎんか?

そっから
何か ぱ~んって もう やめて。

たまに目に入る そういう言葉も
何 言われても

暇だな~って。
何があった? 急に強くなった。

メンタルが。
どうやって乗り越えたの?

何か乗り越えたんだ。
乗り越えたんだよね。 悟った。

悟っちゃったんだよ。

そういう人たちも許すっていうか。
許すって言うと偉そうだけど。

例えば 満員電車で 疲れて

人に寄り掛かっちゃう
サラリーマンさんとか

疲れてんねえって。
そのときは 何か もう

いいよ 俺の肩で寝て。
はけ口にしてくれと。

そういうのを SNSとか
匿名だからって 書く人たちも

会社では こうなのかなとか

すごい
そういう方に回ったというか。

ドラマがあって…。
ドラマがあって 何か。

まあ ある種 そういうところで

しょうがなさもあるのか
みたいな。

アンチがいるうちが花だなとは
思うけどね。

何か まあ ホント その当時は
理解してなかったけど

好きの反対は 無関心…。
そうそう そうそう。

興味が 多少あるってことだと
踏んでるね そういう言葉はね。

でも いい意見も
あるわけじゃない?

参考になったり。
自分で撮った写真とかは

SNSに上げ…
インスタとかやってるから。

そういうときって
受験の時期だったら

受験生に向けてとか。

そこで コメントとかで 結構

今 すごく思い悩んでたけど
救われましたとか

そういう言葉は
自分のガソリンにはなりますよね。

活力。
活力。 自分も救われるし。

っていう ウィンウィンな感じ。

例えば ワンマンの後より

サーキットとかフェスの後の方が
エゴサしたくなるんですよ。

あの いろんな
カッコイイ バンドがいた中で

自分たちが出て
その中で どう映ったんだろう?

うまく歌おうとしてた
つもりなんだけど

エゴサしたときに

いろんな うまい 今日は
ボーカルの人がいた中で

マカロニえんぴつのボーカルは
一番 声が でかかったっつって。

それが良かったって書かれてて。

「うまい」より こっちの方が
うれしいなって思ったの。

自分の魅力に 一個
気付かされるっていうのは…。

あっ 声のでかさなのか。
じゃあ うまくなくていいや。

誰よりも でかい声で歌おう
みたいな。

SNSはね…。
いい側面もあるよね。

いい側面もあるし。
だから エゴサは

褒められてる書き込みなり
つぶやきを

探すために
やってるところがあるんで。

この放送 終わった後も
エゴサするんじゃないですか?

「はっとり
いいこと言ってたな」とか。

「口が立つボーカルだな」
ハハハ!

映画とか 家族は 感想くれたり
するんですか? 公開されたら。

いや しないですね。
「見たよ」みたいなのもない?

「見たよ」ぐらい。
でも きっと お父さんは

私以上に
エゴサーチをしてると思います。

お父さんは。

家族は 沖縄に 今…。
沖縄にいる。

お母さんが この仕事してるの
応援してくれてるけど

うれしいとか 頑張ってねとかじゃ
ないんですよ。

「あなたは 見られる立場に
いる人なんだから ちゃんとして」

「変なことしないでね」って。

子役のときは 言われてましたよ
でも 俺も。

8歳ですよ。
全然 家で 鼻くそ ほじってる。

「外で鼻ほじんないでね 絶対」って
そんな感じでした。

それは…。
そんな感じだった。

鼻ぐらい ほじらして。
鼻ぐらい ほじらして…。

それは
衝動じゃないっすかっつって。

打って変わって 俺の親父
もともと 音楽 趣味でやってて

すごい 大好きなのよ
俺の活躍 活動が。

うれしくてしょうがなくて。

Twitterとかでも

バンドのファンに
自ら 絡みに行ってて。

やめてほしいんだよね。

有名人でもないのに
自撮り あげたりして。

ファニーな お父さんじゃん。

活躍を
喜んでるんじゃないですか?

両親は。
喜んでるな~。

映画が公開されましたとか
ライブとか

舞台挨拶とか 絶対いるしね 2人。
しかも 何も言わず いる。

だから ステージ立って
顔 上げたら

2人 寡黙に… 寡黙 装って
見てる こうやって。

ライブも… ライブは いるし。

DISH//なんかも ずっと
心配してくれてたっていうか。

自分が うまくいかない時期も
見てるから

やっと 大人なバンドに
なってきたねとか 父とかさ。

変化を見てくれてるのが
一番 うれしいよね。

僕 北村家みたいな家族を
つくりたい。

そうやって言えるの 素晴らしい。

父が 結構 変に凝り性っていうか。

料理にしても
スパイスから作りますとか

肉 縛って 自家製ローストビーフとか。
すごっ。

とにかく 一点集中なタイプで。

「お前は 『ゴッドファーザー』見ろ」
って言われたりとか。

『ゴッドファーザー』の…。

「ダブルのスーツなんだよ 男は」
みたいな。

めっちゃ好きだし
『ゴッドファーザー』 ダブルのスーツ。

片や 母は
フランス映画 好きだったり。

そりゃあ まあ こう

趣味の偏った人間に
なるよねっていう。

すごい すてきなご両親ですね。

自分の家族 子供にも

好きなこと
やらせてあげたい半面

もう ゼロ歳のときに

今の時代でいうと
チャイルディッシュ・ガンビーノとか聞かせて。

いい音楽とか おなかにいるうちに
聞かせて。

ベース音がいいんだよな
みたいな。

俺が スパイスカレーを作ってさ

子供も そういう
凝り性になっちゃったりして

お前も 俺に似てんなとか言って。
いいね。

今の話 聞いて 何が うれしいって
親父さんが うれしいよね。

そうやって 父親みたい…。

憧れて なりたいって
息子が言ってるっていうのは。

面白かったです。 どうですか?
初めましての2人は。

楽しかったですよ。

絶対 モテ期のピークが中学生は
嘘だと思ってるんですけど。

年々 モテてると思うんですけど。
ちょっとね。

私 人見知りだから ホントに

最初に言っとけば
よかったなと思って。

もっと… もっと
おしゃべりしたかったです。

お酒でもね いずれ 飲みながら。
そうですね。

[それでは
今日も 素晴らしい一日を]