ドキュメント72時間 選「旭川・宝くじ売り場 吹雪の中で見る夢は」[解][字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ドキュメント72時間 選「旭川・宝くじ売り場 吹雪の中で見る夢は」[解][字]

北海道・旭川にある、高額当選がよく出る「伝説の宝くじ売り場」。気温氷点下でも続々とやってくる人。どんな夢を宝くじに託すのか。※2019年3月に放送したものです。

番組内容
北海道・旭川にある宝くじ売り場。気温氷点下にもかかわらず、続々と人がやってくる。ここは、高額当選がよく出る「伝説の売り場」。およそ70年の歴史で生まれた億万長者は38人。当選総額100億円を超えるという。過去には、ハズレくじの中に5000万円の当選くじが入っていたり、倒産寸前で1000万円を当てた中小企業の経営者もいた。みんな、どんな夢を宝くじに託すのか。※2019年3月に放送したものです。
出演者
【語り】吹石一恵

ジャンル :
ドキュメンタリー/教養 – 社会・時事
ドキュメンタリー/教養 – 歴史・紀行
情報/ワイドショー – 暮らし・住まい

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 旭川
  2. 男性
  3. 家族
  4. 高額当
  5. 最近
  6. 年前
  7. 病院
  8. お店
  9. バラ
  10. 気温
  11. 今日
  12. 仕事
  13. 時間
  14. 出来
  15. 天気
  16. 伝説
  17. 日目
  18. 夫婦
  19. 勉強
  20. 母親

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



NHK
created by Rinker
エンスカイ(ENSKY)

寄付は このように役立てられています。

(取材者)1, 000万!? 1, 000万!?

北海道 旭川。

2月の気温は…

…にもかかわらず
客の絶えない宝くじ売り場がある。

ありがとうございます。

お客さんは みんな強気。

実は ここ 開店以来
30人以上の億万長者を生み出してきた…

えっ!? すごい。

みんな どんな夢を託すのか。

極寒の小さな宝くじ売り場に
3日間 密着した。

深い雪に覆われた北海道 旭川。

駅から車で10分。

町外れにたたずむ この売り場が
今回の舞台。

2月2日 土曜日。

午前中から撮影を始めた。

ずらりと並んだ 高額当せんの看板。

これ全部
この小さな売り場から出たんだって。

あっ おはようございます こんにちは。

あっ 1億以上だけ?

売り場を始めて68年。

当せん額の合計は
なんと 100億円以上になるという。

12時 若い男性がやって来た。

いらっしゃいませ どうぞ。

こんにちは。

開催中のジャンボくじ 30枚
9, 000円分を購入。

どんな人なんだろう。

留萌?

フォークリフトなど
特殊車両の整備をしている22歳。

結構 常連さんらしい。

10万!? すごいじゃないですか!

早速 当せん者。 さすが 伝説の売り場。

一度当たると より大きな夢を見る。

そういうものなのかも。

はい ありがとうございます。
どうも~。

こんにちは。

100枚 3万円分を買った女性。

こちらも 隣町から
車を1時間走らせてきたんだって。

2人の子どもは 7年前に独立。

今は 夫婦2人。

宝くじが当たった時のことを想像するのが
楽しみみたい。

別に3億円じゃなくてもいいわ。

こんにちは。 よく来られるんですか?
来ます。

こんにちは~。
こんにちは。

お母さんに見てもらおうと思って。

これね 当たったら
チョコ買いに行きますから。

チョコ プレゼントしま~す。

暗くなった頃 1人の男性がやって来た。

下水処理場の施設管理をしている男性。

転勤が多く 20年以上 道内を転々とし

最近 地元 旭川に戻ってきたという。

ちなみに もし1等が…

久しぶりに戻ってきた旭川で
趣味の仲間も出来た。

できることなら
このまま家族で暮らしたいそう。

男性が買った20枚の宝くじ。

当たるといいですね。
2人の夢が…。

家族の将来を思う気持ちが
込められていた。

18時 お店はシャッターを下ろす。

2日目 気温は 氷点下10度。

あれ? 開店前から並んでいる人。

なんと 車で3時間かけて
やって来たという2人組。

混雑を避けるため
朝一番に出発したそう。

伝説の売り場の当たる女神
一体 どんな人なんだろう。

はじめまして NHKの新保と申します。
よろしくお願いします。

堂前輝子さん 89歳。

21歳の時 実家のたばこ屋で
宝くじを売り始めた。

最初は売れなかったけど
ひとたび高額当せんが出ると状況は一変。

最盛期には 5, 000人が
店の前にあふれたんだとか。

午前10時 お店が にぎわってきた。

毎週末
千葉から来るという男性。

奥さんが
旭川の病院に入院中で

お見舞いに通っているそう。

10年前 脳の病気にかかった奥さん。

名医がいると聞いて 旭川の病院へ。

何度も手術を繰り返しては
意識が戻るのを待つ

そんな生活を10年間続けてきた。

空港から病院へ向かう途中

旦那さんが いつも立ち寄るのが
この 宝くじ売り場。

ず~っと 来る度に買ってるから。

願うのは 一獲千金だけじゃない。

誰かを思って宝くじを買う人もいるんだ。

♬~

お昼過ぎ
スーパーの袋を持った男性がやって来た。

買い物帰りかなあ?

こんにちは 買われたんですか?
はい。

市役所で働く 52歳。

家族そろって
恵方巻きを食べるのが

ここ数年の
習慣なんだって。

じゃあ 念願の…。
そうですね。

夫婦ともに40代
つらい不妊治療を乗り越えての妊娠。

出産の その日まで
ずっと不安が続いていたという。

やっと会えた我が子。

お父さんの夢は 3年前にかなっていた。

こんにちは
今日 買いに来られたんですか? はい。

去年 旭川にある
自動車の整備会社に就職した30歳。

最近 資格の勉強を
始めたんだそう。

中学を卒業して15年。

働きながら面倒を見ていた母親も
おととし亡くなった。

新たな土地で
一人生きていく決断を後押ししたのは

かつての母親の口癖だった。

一流の整備士を目指して 勉強を続ける彼。

最近 夢が出来た。

夢に向かって ひたすら走り続ける。

宝くじが当たっても当たらなくても。

「24時間に降る雪の量は

日本海側の多い所で
40センチと予想されています。

気象台は
見通しの まったくきかない猛吹雪や…」。

3日目 北海道内の天気は大きく荒れた。

えっ 1, 000万円?

え~! すごい。 初めて会いました。

どういう感じだったんですか?

この 1時間後。

えっ!? すごい。

えっ 冷蔵庫に入れてたんですか?

吹雪の中 立て続けに高額当せん者。

こんな日こそ 当たりやすいのかな?

午後 親子連れがやって来た。

市内に住む とび職の男性。

今日は あいにくの天気で
仕事が休みになったんだって。

高校卒業後 進学を諦め
今の仕事に就いたという彼。

つらいことがある度 ふと考える。

ほかの道があったのではないかと。

もし 宝くじが当たったら

人生は 全く違うものになるのだろうか。

宝くじで つかの間の夢を見る。

夢から覚めても いとおしい日々が
そこにはある。

♬~

ずっと そば屋を
手打ちのそば屋をやってたんだけど…。

頑張ります! 当てます!

どうも。

♬~

バラ20。

ハワイ もう一回行きたいね。
海外旅行に行きたい。

バラが10枚です。 当たりますように。
ありがとうございます。

♬~

♬~