BACKSTAGE[解][字]『飲食店ドクター』コロナ禍での挑戦!新規開業店をサポート!…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

BACKSTAGE[解][字]『飲食店ドクター』コロナ禍での挑戦!新規開業店をサポート!

開業を目指す人たちの大きな力となっているのが「飲食店ドクター」!物件探しから、厨房機器の調達、広告のサポートまで、飲食店経営者のあらゆる悩みを解決していきます!

番組内容
新型コロナウイルス感染拡大の影響で、大きな打撃を受けた飲食業界・・・ 廃業に追い込まれるお店が多い一方、物件に空きが出ている現状をチャンスと捉え、新規オープンに挑戦する人も増えているという・・・。 そんな開業を目指す人たちの大きな力となっているのが「飲食店ドクター」! 物件探しから、厨房機器の調達、さらには広告のサポートまで、飲食店経営者のありとあらゆる悩みを解決していきます!
番組内容2
▼「飲食店ドクター」に密着!新規オープンを目指す飲食店を徹底サポート! ▼コロナ禍で新規オープン店が増加!?激動の飲食業界 ▼「究極の炒飯を作りたい・・・」20歳の“夢追い人”に掛けた言葉とは? ▼おにぎり専門店に導入!全自動“ライスロボ”のお値段は・・・!?
番組内容3
▼2号店オープンを目指す寿司店にピンチが・・・「●●がない!」 ▼「飲食店ドクター」の意外な過去・・・“失敗”があるからこそ“現在”がある!
主な出演者
【MC】武井壮 【ゲスト】高田秋 【ナレーター】花澤香菜 ほか
みどころ
番組の主役は「仕事」を愛するすべての人たち! 世の中の最先端のお仕事から、ちょっと変わったニッチなお仕事まで、さまざまな“働く人”たちに密着! 働く人たちにさまざま企画に“挑戦”してもらい、その道のプロならではの「こだわり」や「仕事愛」を描き出す、“お仕事エンターテインメント”!
キーワード
仕事 挑戦 裏側 密着 バクステTV 舞台裏 仕事愛 こだわり ツイッター エンターテインメント 働く 応援 武井壮 花澤香菜 高田秋 飲食店ドクター テンポスバスターズ コロナ禍 飲食業界 寿司店 和食 中華 炒飯 おにぎり 専門店 デパ地下 ポスティング 物件 厨房機器 食器 ショパン サポート コールドテーブル
番組HP
https://hicbc.com/tv/backstage/
おことわり
番組内容や出演者、放送時間などは都合により変更となる場合があります。

ジャンル :
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般
ニュース/報道 – 特集・ドキュメント
福祉 – 音声解説

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 柳澤
  2. 飲食店ドクター
  3. お店
  4. 西谷
  5. 飲食店
  6. 仕事
  7. 必要
  8. 厨房機器
  9. 店舗
  10. 経営
  11. テンポスバスターズ
  12. 会社
  13. 仕入
  14. 冷蔵コールドテーブル
  15. オープン
  16. サポート
  17. ドクター
  18. マジ
  19. ライスロボ
  20. 価格

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



TBS
created by Rinker
ノーブランド品

<番組の主役は>

<その挑戦から>

<が見えてくる>

<こちらの>

<入り口が奥まった場所にあり>

<お客さんが 入りにくい状態でした>

<それが…>

<開放感あふれる>

<に変身!>

<多くのお客さんが 集まるようになったといいます>

<こうして 飲食店を再生するのが>

<コロナ禍で 苦境に立たされる飲食店の>

<様々な悩みを解決するのが>

<彼らの仕事!>

(柳澤)1店舗でも多く

<今回は そんな>

<新たにオープンする お店の物件探しから>

<食器探し さらに…>

<開業費用を少しでも抑えるため>

<厨房機器のオークションまで!>

<飲食店ドクターが>

(柳澤)いいですね
ハム ソーセージ作る人

売る人
売る人

<新規オープンを目指す 飲食店に対し>

<飲食店経営の 様々な相談に乗るのが>

<彼の仕事>

<その名も 飲食店ドクター>

<柳澤佳広さんです>

<でも 新規オープンした飲食店の7割が>

<3年以内に閉店してしまうって 知っていましたか?>

<しかも 今年は>

<ところが…>

そうですね はい
(スタッフ)何屋さんやるんですか?

<コロナ禍で 物件にも空きが出てきたため>

<新たに店を始めようという人が 増えているそうです>

今 増えてんだね~ 逆に
逆に!?

居抜きで使える店とか
増えてんじゃない?

ちょっと安く借りれたりとか

<そんな人達を支えるのが>

<飲食店ドクター>

<そこで 今回のチャレンジは…>

<飲食店ドクターの仕事は>

<経営に苦しむお店や>

<新しくお店を開きたい人達の 悩みや相談に乗り>

<手助けをすること>

<その仕事は 内装工事から 厨房機器の調達>

<広告のレクチャー 物件案内まで>

<多岐にわたります>

えっ? 物件も探してくれるの?
何でも屋さんじゃん!

マジで?

<そんな柳澤さんが この日 訪れたのが>

<開店の準備を進めている>

<おにぎり屋さんの店舗>

あ~ おにぎり屋さん
おにぎり屋さん

最近 多いよね

まあ 大変だからな

<オーナーの品川さんは43歳>

<デパ地下で 長く働いていましたが…>

<ピンチをチャンスと考えての>

<新規オープン!>

<住宅街にある立地で>

<家賃は12万円>

<光熱費や材料費なども含めて 考えると>

<絶対に必要な売り上げは…>

最低でも
300個は売らないといけない

<1日300個以上という 大量のおにぎりを>

<接客しながら 毎日 作らなければなりません>

一つ

<そこで 飲食店ドクター 柳澤さんがすすめたのが>

ライスロボ?
何? 何?

<これを使えば ここに お米を入れておくだけで>

<計量 洗米 水加減まで>

<全てお任せで>

<おいしいご飯を 炊いてくれるんです>

俺も欲しい お米炊くの ちょっと
おっくうになるときあるもんね

ちょっと面倒くさいですよね

<これなら 作るスピードが 大幅にアップ!>

<と ここでクイズ!>

おっ 何でしょう? クイズ きた

<おにぎり屋さんの仕事を 助けてくれる>

<とっても便利なライスロボ>

<お値段は いくらでしょうか?>

機械の?
なるほど はい

どう? あれ いくらよ?
結構 高いんじゃないですか?

コンピューターみたいに 何か
プログラミングみたいになってたもんね

100は…
そんなにしないですか

ドクターが
これから頑張ろうというお店に

仕入れるぐらいだから 俺は

え~ 安いですか?
高かったら

オファー来ないと思うんだよね

俺は

ええ~! 安すぎませんか?

そっか
うん 8万 俺 8万

秋ちゃん 100万?
100万

<ライスロボのお値段は?>

うわっ マジで?

半額で100万って
くるかと思った 今

でも 200万のものが
35万で買えるんだったらいいよね

それは いいですね

<でも 一体 なぜ こんなに安いんでしょうか?>

<その理由は 柳澤さんの職場にありました>

柳澤さん
ここで働いてるってこと?

<中に入ってみると…>

<厨房機器がたくさん!>

<たくさんのコンロ>

<さらには…>

<ホテルなどで使われる 高級>

あっ エスプレッソマシン
これ 欲しい

<様々な種類の プロ用厨房機器が>

<所狭しと 並んでいます>

あっ 食洗機とか
あ~ 食洗機ね

業務用のやつね
これバイトしてるときあった

<柳澤さんが働くのは>

<飲食店に必要な 様々なアイテムを販売する>

<テンポスバスターズ>

<特に ここは>

<厨房機器だけに特化した 専門店です>

<この会社では>

<廃業したお店などの機器を 買い取り>

<修理や清掃を行って 再生したのち>

<販売しています>

<熟練の職人の手にかかれば>

<ひどい油まみれの製品も…>

<こんなにきれいに!>

<この再生技術と 中古ならではの低価格が>

<人気の理由>

<ここで 柳澤さんは 厨房機器を販売しつつ>

<飲食店ドクターとして 働いています>

<特徴的なのは 接客のしかた>

(笑い声)

<とにかく よく笑う>

めっちゃ笑うじゃん
さっきから楽しそうなんですよね

(笑い声)

<この笑顔で 全国トップレベルの売り上げを>

<誇るといいます>

<上司である 店長の評価は…>

ありがとうございます

そんな人 見たことないもん

<そんな飲食店ドクター 柳澤さんのもとに>

<新たな相談者がやって来ました>

<二十歳の佐久間さんです>

範囲は どんな感じなんですか?
埼玉県ですか?

<東京の高級中華料理店で>

<2年間 修業した佐久間さん>

<目指すお店は…>

ちょっと 一回

(柳澤)かっこいい

<を提供する 今までにない中華料理店!>

<でも そんな店を>

<実際にどうやって オープンすればいいのか分からず>

<相談にやって来たんです>

<夢を追い始めた 佐久間さんのために>

<柳澤さんは まず 絵を描き始めました>

<目指すお店を具体的に イメージしてもらうのが目的です>

チャーハン見える厨房を
見える化するってことね

お~ 作ってる姿が

確かに こう 振ってたら
ちょっと 見るもんね

何? 何? おいしそうってなる

<さらに ある場所へ案内します>

<店の倉庫の一番奥です>

<そこにあったのが…>

<イタメドラゴン!>

<お値段 70万円>

<おいしいチャーハンには 欠かせない>

<強い火力を持つコンロです>

そうだよ
中華 絶対 必要だもんね

<ただし 目的は売ることではありません>

<実際に必要な機器と その価格を知らせることで>

<お店を開くのにかかる 費用について>

<考えてもらうんです>

結構 助かりました

<お客さんの夢をサポートしながら ビジネスとして成立させる>

<それが 飲食店ドクターの神髄です>

<続いて やって来たのは…>

<寿司店を経営する西谷さん>

<2号店をつくるため>

<3カ月前から やりとりを続けています>

<この日は 納品する機器の最終確認>

これですね
これですか?

(西谷)じゃあ これで大丈夫です
分かりました

<西谷さんのお店は 最寄り駅から10分ほど離れた>

<マンションの1階>

わあ いいお店じゃん

<開業したのは2年半前です>

<生まれ故郷の函館から仕入れる 魚が人気で 業績もよいため>

<新店舗オープンを決意しました>

<と好立地>

こちらです

<今度のお店は寿司だけでなく>

<和食で勝負するそうです>

へえ~ すごいな~

そうですね

<新店舗の>

<決して安くはない金額に 夢が詰まっています>

<そんな西谷さんを サポートするため>

<柳澤さんは ある場所へ連れていきました>

お疲れさまです

<ここは テンポスバスターズの食器専門店>

<様々な飲食店で使える およそ数万の食器類を>

<手ごろな価格で 買うことができます>

<開業に必要な品々を>

<予算の範囲内で 漏れなく揃えるのも>

<飲食店ドクターの仕事なんです>

<買い物に欠かせないのが>

っていうのがですね

へえ~ そんなに必要なの?

<様々な業種や 店舗の大きさに合わせ>

<飲食店ドクターは>

<必要な道具リストを 作成しています>

<漏れがないよう チェックしながら>

<買い物につきあうんです>

西谷さん あれですか?


皿です

<柳澤さんが 一番気になっていたのは>

<こだわりのお寿司を出す皿>

これ重要 マジで重要

お寿司の見え方 変わりますもんね
変わる うん

<ところが…>

<最初に話しかけてから 何もしゃべらなくなりました>

<ただ 買い物を じっと見ているだけ>

どうする? ドクター

<すると 突然 西谷さんのもとを離れ>

<走りだしました>

<黙って見ていたのは>

<西谷さんの好みを 正確に把握するため>

<そして イメージに合う皿を 先回りして探しだし>

<提案するんです>

リストアップしてくれるんだね

<和食を出すことも意識して>

<今まで使っていたものよりも 少し小さめのお皿を提案します>

<気に入ってくれたようです さすがドクター>

<その他の備品も>

<合計156品目にもなりました>

<金額は およそ60万円>

<最後に もう一度 漏れがないか>

<リストと照らし合わせて 確認です>

≪西谷さん さすが

<あとは店舗の内装工事が 終わるのを待つだけ>

<でも 柳澤さん 実は ある問題を抱えていました>

何? どうした?

まだですね あの…

<準備できていないのは>

<作業台の下に冷蔵庫が付いている 冷蔵コールドテーブル>

<西谷さんが必要な 横幅150センチのものが>

<中古で見つかっていないんです>

やべえじゃん
えっ? どうすんの?

<その日 インターネットなどで>

<お目当てのテーブルを 夜遅くまで探したものの>

<見つかりませんでした>

<柳澤さんが この仕事を始めたのは6年前>

<実は20代のとき>

<地元の長野で飲食店を 3店舗 経営していましたが>

<経営が悪化 店は全て潰れてしまいました>

<33歳のとき 今の会社に就職>

だと思います

<飲食店経営の難しさを 痛感しているからこそ>

<細かなサポートができる>

<そんな柳澤さんの自宅は 会社から およそ1時間>

<いつも決まった音楽を聴きながら 帰っているそうで…>

ショパン!?

♬~

<通勤時間も>

<自らの成長のために 使う>

<柳澤さん 毎日が一生懸命です>

<でも 2号店で使う 中古の冷蔵コールドテーブル>

<手に入れられるんでしょうか?>

<翌日 柳澤さんが動きました>

<テンポスバスターズの店が 品物を仕入れる方法の一つが>

<各店舗は 独立採算制で>

<それぞれのお店が 一つの会社のように>

<経営を行っています>

<競りにかけられる品は>

<修理部門が 中古品を整備したもの>

<それを日本全国の店舗が>

<責任者の判断で 競り落とすんです>

<いい品を安く仕入れれば 売り上げも上がるし>

<お客さんにも喜ばれる という仕組み>

<夕方4時 競りが始まりました>

<探しているものは 出品されるんでしょうか?>

<店長のテンションが上がった品>

<が勝負>

<ネットで市場価格を調べながら 競います>

<そのあとも競りが続き…>

よし!

<価格は言えませんが 見事 落札>

<そして 柳澤さんが探していた>

<が出品されました>

来たぜ おい
来た来た

ちょうどいいサイズじゃん
言ってたやつ

<でも なぜか頭を抱えています>

はい 8万2000 横浜

<予算より だいぶ高くなってしまい>

<落札できなかったんです>

頑張ります

<依頼者が望む予算内に おさめることも>

<飲食店ドクターの大切な仕事>

<一体 どうやって 手に入れるんでしょうか?>

<柳澤さんは 西谷さんの新店舗を訪れました>

<冷蔵コールドテーブルは>

<手に入ったんでしょうか?>

<すると トラックから…>

<冷蔵コールドテーブルです>

<実は これ テンポスバスターズの他の店に>

<在庫として保管されていたもの>

<競りで手に入らなかったので 頼み込んで譲ってもらったんです>

<この方法だと送料もかかり>

<自分の店の品よりは 高くなってしまうため>

<できれば避けたかった手段>

<オープンに合わせるための 苦渋の決断でした>

<2時間後 運び込まれた厨房機器を全て設置>

<最後に 柳澤さん自ら磨いて終了です>

作業スピードを早くしてですね

一人のお客さんにかける時間を
もっと作れるようになれば

いいかなっていうふうに
思っております

<飲食店を救う力に>

<名ドクターの頼れる笑顔>