情熱大陸【マイムアーティスト/が~まるちょば▽泣けるパントマイムがあるなんて】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

情熱大陸【マイムアーティスト/が~まるちょば▽泣けるパントマイムがあるなんて】[字]

東京五輪開会式『動くピクトグラム』を創作。彼のパフォーマンスは言葉や文化を超え観客を驚かせ爆笑の渦に引き込む。何もないのに全てが見える…泣けるパントマイムって!?

番組内容
動かそうとしても動かないカバン、見えない壁、綱を使わない綱引き…言葉を使わずに観客を驚かせるサイレント・コメディー、パントマイム。国際的にも高い評価を受ける「が~まるちょば」は、3年前からHIRO-PONによるソロに。東京オリンピック『動くピクトグラム』で再注目され、目下バラエティ番組などからの出演オファーが殺到!だが、人気とは裏腹に“本当のパントマイム”が広まっていない現状に嘆くことも多い。
番組内容2
彼が目指すのは、笑いと感動で観る人の心を動かすパントマイム。『2時間15分の無言劇』。その作品作りは、地道で過酷な作業の連続だ。たったひとつの“動作”が、丸一日かけても決まらない。「一言だけでも、言葉で説明できたら…」ふと心の声が漏れ出す。だがHIRO-PONは、たったひとりの舞台に挑む!全公演ソールドアウトで迎えた初日、パフォーマンスを観る観客の目には何が映るのか?その瞬間に立ち会った。
プロフィール
【マイムアーティスト/が~まるちょば】 HIRO-PON 埼玉県出身。年齢非公開。 幼い頃から人見知りな性格。20代でパントマイムと出会い、“人前で喋らなくていい上に、一生追求できる職だ”と考え、弟子入り。元相方ケッチ!とコンビを組み、1999年にサイレントコメディーデュオ「が~まるちょば」を結成。 世界最大級の芸術祭「エジンバラ・フェスティバル・フリンジ」でダブルアクトアワードを受賞。
プロフィール2
2007年には、海外の有名誌が選ぶ「世界が尊敬する日本人100」に選ばれる。 2019年にケッチ!が脱退し、HIRO-PON一人で活動を続けることに。笑いと感動をもたらすパントマイムを追求している。 2020年、東京オリンピックの開会式で、“動くピクトグラム”の創作・出演・撮影を担当。YouTubeの再生回数は2000万回(1月17日時点)を超え人気を博す。
制作
【製作著作】MBS(毎日放送)
公式HP
【番組HP】 http://www.mbs.jp/jounetsu/
関連公式URL
【ツイッター】@jounetsu 番組の感想に#jounetsuをつけてください! http://twitter.com/jounetsu 【フェイスブック】 番組公式ページへの「いいね!」もぜひ! http://www.facebook.com/jounetsutairiku 【インスタグラム】 フォロー宜しくお願いします! https://www.instagram.com/jounetsu_tairiku/
おことわり
番組の内容と放送時間は、変更になる場合があります。

ジャンル :
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般
劇場/公演 – ダンス・バレエ
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. スタッフ
  2. パントマイム
  3. HIRO
  4. PON
  5. 拍手
  6. 友達
  7. サイズ
  8. 観客
  9. 舞台
  10. PC
  11. お願い
  12. 意味
  13. 演目
  14. 沈黙
  15. 表現
  16. 物語
  17. お客さん
  18. ガラス
  19. ストーリー
  20. デュオ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





<このヘアスタイルで 国際的な
評価を得てきた日本人は

彼くらいだろうか>

(HIRO-PON)モヒカン歴20年以上

20年以上
ここだけブリーチしてるから

何か 頭蓋骨 もう
溶けてんじゃねえかなと思って

ま… 真ん中だけ

<マイムアーティスト
HIRO-PON>

<ジョージア語で
「こんにちは」を
意味する

「が~まるちょば」
として知られている>

<言葉を使わず

体の動きだけで
全てを表現するパントマイム>

<だから 世界各国
文化の壁を軽々と超えて

観客の視線を
くぎづけにしてしまう>

<3年前まで
デュオだった
「が~まるちょば」は

本場と
いわれる
イギリスで

とりわけ
称賛されてきた>

<相棒が抜けて
ソロとなったものの

更なるパワーアップを己に課して
走り続けている>

<去年 東京オリンピックで
評判を呼んだ

あの人間ピクトグラムは
彼が創作したものだ>

<ついでに 本番のカメラまで
担当してしまった>

<一躍 注目を集め

2021年を彩った話題の人として
表彰される>

<だが 本人は…>

こう言うとあれかな 大丈夫かな

パントマイムって言う人も
いるかもしれないけれど…

<本来のパントマイムとは
違うところで褒められたことが

少々 不本意だったらしい>

<何もない所に 何かがあるように
見せるパントマイムは

思いの外 奥が深い>

<感動を誘うことさえ できるのだ>

(笑い)

<HIRO-PONは
見る者の想像力に訴える>

<単なる情景の再現に
とどまらず

喜びや悲しみにまで届く
パフォーマンス>

<その舞台に
スタンディングオベーションは 珍しくない>

モヒカンのさ パンツ一丁で
走るようなおじさんがさ…

おじさんに泣かせられたら
ちょっと悔しいよね

(女性)シャツ
着替えない 着替えない! こっち

<果たして
目に見えるものだけが真実か>

<孤高のアーティストが作り出す
豊かな沈黙の世界に

ようこそ!>

♬~

<午前4時>

<「が~まるちょば」・HIRO-PONの
一日は トレーニングから始まる>

<体力作りは もちろんだが

つらさを我慢し続けて
メンタルを鍛えることも

目的の一つだと聞いた>

<舞台やテレビ出演が迫ると
いつも 稽古場を借りる>

昨日も 実は 稽古をしてて…
(スタッフ)はい

…で その続きみたいな感じですね
(スタッフ)あぁ…

まあ ダラダラやります

<この時 彼は

2か月後の公演にかける作品に
取り組んでいた>

一般的には ないものをあるように
見せるものが パントマイム…

こうやって 壁だったら
こう 何か ここに壁がある ねっ

…っていう
こういう技術のことを

パントマイムって
思われてたりとか

ここに壁がないのに
壁があるように見せる

…っていうことは
事実なんだけれど

あるように見せるんじゃなくて
あるんだよね

なきゃいけない
この人にとっては

<演出家や振付師はいない>

<自ら自分の動きを撮影し
確認しながら仕上げてゆく>

<どうやら
何かを担ぎ上げようとしていた>

<動作の意味が
正確に伝わるかどうか>

<観客の立場になって
映像をチェック>

<もう一度 同じ動き>

<完成までに
数百回 試行錯誤することもある>

あ~ できないね

難しいね
(スタッフ)難しい…

ちょっと 笹木さんさ

ちょっと 寝っ転がって…
あおむけに 寝てもらっていい?

手伝ってもらっていい?
(スタッフ)あぁ はい

<繰り返していたのは

気を失って倒れている人を
立ち上がらせる動きだった>

フフ ハハ…

見えてないものを
表現しなきゃいけないから

それを理解できるかできないか

理解できるところに
置かなきゃいけなくて

普通のお芝居だったら

何てことないシーンに
なるんだと思うんだけれど

マイムの場合だと

そんなことに 頭を使って
組み立てていかないと

ダメだっていう

そういうのが ごまんとある
(スタッフ)ごまんと…

フッフフフ
ストーリーを作っていくと

<オリンピック効果で
今 多忙を極めている>

(テレビスタッフ)3 2…
(男性)「が~まるちょば」さんです

<中でも バラエティー番組からの
出演オファーが急増>

<パントマイムの魅力を
伝えるためなら 労を惜しまない>

(男性)浮いてる!
ねっ

♬~

<スローモーションも お手のもの>

♬~

(拍手)

(スタッフ)おはようございます
おはようございます

<タレントに パントマイムを
伝授することもあった>

(女性)
「が~まるちょば」さん 入られます

おはようございます
(一同)おはようございます

<自作のショートストーリーを
2日間でマスターさせて

イベントの演目に仕立てる仕事>

はい
手羽先キミドリ 坂本遥奈です

ハルって呼んでください

<短期集中の指導だけに
HIRO-PONは真剣だった>

もしも 今日

え~ これ ちょっと
お客さんに見せるものじゃない

…って判断したら 演目 変えます

入ってきて ここに壁があって
ガラスを拭いて…

<まずは 目の前に
ガラス窓があるように見せる

定番の動きから>

ここが かゆいから
ここに手が行って ここをかくの

ここが かゆいのに
ここを かかないでしょ

そうやって 気持ちが体を動かすの
動きっていうのは 全部そう

<大切なのは アクションを促す
気持ちの流れだという>

ガラスに手をつくじゃなくて…

はい

<形をマネるだけでは
人の心は伝わらない>

<つまり
物語にはならないということだ>

<たとえ 一度限りの挑戦でも
それだけは分かってほしかった>

<特訓を経て迎えた本番>

♬~

<教えたのは
必要最低限のことだけ>

<それでも 一人一人が
予想を上回る力を発揮した>

♬~

♬~

<最後に
HIRO-PONがステージに上がり

物語を締めくくる>

♬~

♬~ (拍手)

(スタッフ)楽しかったですか?

何か…

ないんですけどね 何にも

自分が見えてないと
お客さんにも伝えられないし

器の場所とかが変わっても
意味がないから …っていうのが

み… 見えたんですよ
これ 何て伝えたらいいんだろう

パントマイム自体が
うまくできたかどうか

ちょっと分かんないんですけど…

何か いいですね

(スタッフ)こんばんは
よろしくお願いします

<1人暮らしの自宅>

<観客に
余計な先入観を与えないよう

年齢は秘密にしている>

<けれど
自慢の趣味を公開することには

ためらいが なかった>

大体 このルイスレザーズと…

<ひと部屋が
まるで 革ジャンの専門店>

これ 違う… サイズが違う

これ 38・40でしょ

(スタッフ)サイズが違うだけで
他は 全部一緒ですもんね

違う サイズが違うんだよ

何を言ってんだ!?
サイズが違うんだ

[PC]♬~

<音楽にも こだわりがある>

でも…

みんなね 分かんないよね
(スタッフ)そうですね

[PC]♬~

[PC]♬~(歌声)

何か 生意気なこと
言ってるから

そういう反骨精神みたいに
聞こえるのかもしれないけれど

でも それは純粋にパントマイムを
知ってもらいたいっていう

でも パントマイム知らない人って
ホント 少ないんだよ

でも
その知ってるパントマイムが

俺の思ってる
パントマイムと違うから

もっと知ってよ
っていうふうになるっていう

<生まれは埼玉>

<幼い頃から
極度の人見知りだった>

<その屈折が
彼をパントマイムに向かわせる>

<なぜなら
人前で話す必要がないから>

<20代で修業を始め
やがて 相棒と巡り合う>

<「が~まるちょば」のデュオは
日本より先に 海外で認められた>

(ホイッスル)

(拍手と歓声)

<受賞歴は華々しい>

<ステップを一段上がる度

欠かさずに
報告してきた人がいる>

<修業時代 何かと世話になった

豊永雄雅さん>

社長です 豊永さん
よろしくお願いします

<HIRO-PONにとっては
人生の恩人と言っていい>

LINEの… 重いね

<これまで手にしてきた
トロフィーなどは

全て ここに預けている>

<おかげで
記念館を思わせる一角が

生まれていた>

<豊永さんは
筋金入りの応援団なのだ>

その時から…

…って言われた

すごい… すごいっすよ
覚えてない

そうそう そうそう
覚えてないんですよ

その頃から
すごく手助けしてくれて

<無名の頃から

HIRO-PONは 才能の片鱗を
のぞかせていたという>

何でも その…

…んじゃないかと思うんですよね

<たった一人で
2時間を演じきる舞台が

ひと月後に迫っていた>

<この日は 音響や照明の
スタッフなどを集めて

初めての通し稽古>

<仙台を皮切りに

東京・大阪での公演が
決まっていた>

<準備した演目の中で

50分にも及ぶ渾身の大作が
目玉になる>

♬~

<運命のいたずらから

赤ちゃんを育てることになった
男の物語>

<喜びや悲しみを後押しする上で

音楽と照明のタイミングは
極めて重要だ>

<一切 セリフがないだけに
絶えず 体の動きで

状況を表現し続けなければ
ならない>

<身につけてきた技を駆使して
ストーリーを展開させてゆく>

♬~

♬~

<沈黙の50分は 恐るべき長丁場>

<だが 観客は
必ず 心を震わせてくれるはず>

<そう信じている>

短かったね ヘヘッ

もうちょっとね
演技は長くなると思いますけど

で… そっか

<今月7日>

<3日間の東京公演が
初日を迎えた>

<いつの頃からか
何事も お手軽に説明することが

世の風潮になってしまった>

<そんな時流に逆行する
HIRO-PONの舞台が

いよいよ 幕を開ける>

(拍手)

<人生に絶望した
孤独な男が

ふとしたことから
小さな命と出会ってしまう>

(赤ちゃんの泣き声)

(赤ちゃんの泣き声)

♬~

<男には 生きる希望が湧いてくる>

♬~

<そして 月日は流れた>

♬~

♬~ (笑い)

♬~

<だが 唐突に訪れる別れの日>

(着信音)

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~ (拍手)

また 会いに来てください
よろしくお願いします

ありがとうございました
(拍手)

♬~ (拍手)

<本来なら 最後まで
沈黙を貫くはずだったのに

つい 言葉を発してしまった>

<鳴りやまない拍手に

大きな手応えを感じていたに
違いない>

(スタッフ)とりあえず 東京は
やりきったっていう感じですか?

そう… やりきったって
やりきったなんて言えないけれど

やりきったは言えないよね

やりきっちゃったら
終わっちゃうからね

<実は
ディープな趣味が もう一つ>

<凝り性のHIRO-PONは
バイクにも うるさい>

<なじみのショップで
仲間と語らう時間が

数少ない息抜きだ>

何か メールの
やり取りかなんかで

僕は 友達が少ないから
って言ったら

友達が少ない… 友達いないから
みたいなメールをしたら

俺は友達じゃねえのかよっていう

(笑い)

友達はいらない
彼には 友達はいらない

違う 違う 違う… あんね…
家庭もいらない

(笑い)
ねっ?

あっ… ハハハハハ!

<孤高のマイムアーティストは

お気に入りのハーレーで
風を切り

これからも 我が道を走り続ける>

<撮るだけじゃない
切り取り 組み合わせて

初めて見える世界がある>