魂のタキ火(12)「幸せって何ですか?@青野原」[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

魂のタキ火(12)「幸せって何ですか?@青野原」[字]

揺れる炎、パチパチ薪がはぜる音。密かに、魂のタキ火。どうぞあなたも魂燃やしてください。今夜は、紅葉が美しいキャンプ場で。清流の側で火に薪をくべる癒しのひととき。

詳細情報
番組内容
主役は、炎とあなたです。心行くまで炎の揺らめきを眺め、日々抱えている憂い、不安から自由になってください。じっと炎を見つめると押し殺していた想いがほどけ始め、聞こえてくる、ふと気持ちを重ねたくなる言葉。あなたと一緒に今夜のタキ火を囲むのは、女優・鈴木杏、俳優・柄本時生、戦場カメラマン・渡部陽一。紅葉と、清流に抱かれて、今夜はまったく別の顔。火は人を素直にします。どうぞあなたも、魂、燃やしてください。
出演者
【出演】柄本時生,鈴木杏,渡部陽一

ジャンル :
ドキュメンタリー/教養 – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 本当
  2. 一緒
  3. 仕事
  4. 映画
  5. 演劇
  6. 感覚
  7. 再会
  8. 自分
  9. 生活
  10. オファー出
  11. ゲーム
  12. 一番
  13. 影響力
  14. 頑張
  15. 散歩
  16. 時間
  17. 自由
  18. 質問
  19. 職業
  20. 世界中

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



NHK
created by Rinker
エンスカイ(ENSKY)

(渡部)僕 世界中の戦場を回る時
いつも決まった質問をするんですね。

(鈴木)うんうん。

幸せって 何ですか?

映画とか ドラマとか 演劇とかって
心に触れる職業だと思ってたんですよ。

だけど 本当に 文字どおり
命懸けで来て下さる お客様の目を

一身に浴びた時に
あっ 何か 心じゃなくて

命に触れてるんだと思って。

(柄本)柄本の息子が
芝居やってるらしいぞ。

オファー出そう。

僕は あの お兄ちゃんが
できない仕事が僕に来たっていう。

え~!
そうです。

♬~

今年 すごい紅葉が入ってくるっていうか。

何か 自分が注目してるだけなのか
いつもより。

あんまり紅葉が いつからいつまでの
シーズンなのかとかって

全く分かってなくて 実は。

季節で言うと晩秋になるんですかね。

ですかね。 ねえ。

へえ~ そうなんだ。
ありがとうございます。

すごい ありがとう。

何か このくべるのが
何か ちょっと楽しくなってきそう。

大きいのいけるかな?
いいですねぇ。

崩しそう。
いける!

いける よし。 よし。 きたきた…。
きたきたきた。

もともとは
散歩とか好きだったんですけど

まあ こういうことになって 状況が。

自粛期間中とかも 朝早く起きてとか

こう 人が少ない時間に 木の多い

ちょっと大きめの公園とか行って
散歩をしてたりとかすると

やっぱり すごく気持ちがいいんだなと
思って。

散歩とかしなさそうだよね。

(笑い声)

しないでしょ? しないね~。
しないよね~。

最近 結婚したので あれなんですけど

一人の時は 家でゲーム…
テレビゲームをやるか

あと映画館に行って…。
あっ そうか。 そうだ そういうの…。

何か映画を見るか以外で
生活が ほぼほぼ…。

何か そういう生活習慣でしたね 僕は。
どちらかというと。

あ~ そうですか。
変わった? 結婚して それ。

まあ 一番最初に
まずやめたことがゲーム。

あ~ やめたんだ。
やめたというわけじゃないですけど

でも 一回 始めたら…。
ずっとやっちゃうの?

一日 それで潰せるぐらいだったのが

今は もうちゃんと 何か
時間決めて ちょっとだけとか そういう。

へえ~。

日常のリズム 変わりましたか?

変わりましたね。
ふ~ん。

あっちが 奥さん側が
すごいきっちりとしてる人で。

12時ぐらいには もう寝たい人なんですよ。

で 僕が もう ちょっと
朝5時に寝るみたいな

ちょっとだらしない生活をしてたので。

12時には寝るようになってきました
最近は。

健康になるね。
健康になりました。

じゃあ 立てますね。
はい。

もう… フフッ うれしそう!
ええ。

この時が一番…。
うれしそう。

何か 僕が ちっちゃい頃に
こういうところに来ても

ずっとゲームボーイ
触っちゃう子だったみたいで。

テントの中で ず~っと
こうやっちゃう子だったらしくて

連れて来がいがないって
うちの母ちゃんが ず~っと怒ってて。

言われて。
はい。

でも お母さんもゲーマーだったでしょう。

そうです そうです。

僕と兄ちゃんが勉強できなくて

うちの母ちゃんが
ゼルダとマリオから何を学んだんだと。

あんだけ難しいゲームを
あんたら頑張れるのに

なぜ勉強は頑張れれないって。
勉強は頑張れないんだ。

確かに。

やっぱり いいなぁ 火。
うん。

何か こういう時に どこ見ます?
火って。

え~。 あっちこっち…。
火を見たり 音を聞いたり。

あ~。

僕 何か 分からないですけど
この真ん中で 火が こう

こう曲がってるっていうのを
ず~っと見ちゃうんですよね

こういう時って。

あ~ でも本当だ。

火。 火。
火っていうの 今 書いてたね。

火って 本当なるんだよね。
あっ でも 今こうやって見てたら

こう「あっ なった!」と思って。
火の字だった?

おもしれぇ。

僕 世界中の戦場を回る時

いつも決まった質問をするんですね。

うんうん。

幸せって 何ですか?

あ~ 何ですかね。

昔 パプアニューギニアに 何かの仕事で

部族に会いにいくみたいなのがあって。
え~ すごいですね。

そのカメラマンの方が
「幸せって 何ですかね?」って

似たようなことを言われたんですよ。
あっ はい。 へえ~。

で それで ちょうど
サツマイモのタネを埋める作業を

一緒に部族の人たちとやってて。

で 本当に
もうこれぐらいの子どもたちが

僕の周りに こう何人か
バ~ッて集まってたんですよ。

で 何か「ウェ~!」みたいなことやったら
笑って走ってったんですよ。

「あれじゃないっすか?」って言って。
うんうん。

何て言えばいいのか。

僕 感覚でしか
ものが言えないんですけど

それだけでいいというか。

今の笑って走ってったあれが
続けばいいこと…

幸せなのかなとかって
ちょっと思ったりとか。

あっ 何か 入ってきますね。
あっ 本当ですか?

あ~ そうですか。 うん いい話だな。
感覚…

何か肌感覚で
あれがいいなって思って 多分…。

まあ 自粛期間とかになって

木が多い 自然が多めのところを

よく歩いたりとかしてたんですけど。

今日の太陽は こうだなとか

風が こうだなとか
今も こう 火の動き見てたりとか

感じたりとか
キャッチするみたいなことって

すごく豊かだなって思ったんですよね。

それまでって
誰かと会って話をするとか

もっと頭を使って
生活してたんだなと思って。

世界中で
同じ その質問を いつもしていて

かなりの割合で返ってくる答えというのが
重なったんですね。

「やりたいことを自由にやれること」
という声が

地域問わず
かなり多い返答だったんですね。

僕もフリーのカメラマンとして
自由に動いてきたんですけれども

やっぱり自由に写真を
世界で撮れたことが

幸せだったと 今 日本に
ずっといるようになって

強烈に感じますね。 ええ。
う~ん。

だんだん日が落ちてきましたね。
ねえ だんだん。

何か こうやって やっぱ来るといいな…。
いいよね。

こうしてタキ火すると

今まで忙しすぎたのかなと。

(笑い声)
特に。

感じますね。 そうですよね。
はい。

約130か国ぐらいの国や地域を
回ったんですけれども

中東の方や アフリカの方では

戦争や 天災や 疫病で
閉じ込められてる環境が日常なんですね。

そういった時に
どんな暮らしをしてるのか

カメラ持って見ていると

家族とか 友人とか 親戚のいとことかが

みんな いつも
大体 一緒にいるんですね 近くに。

食べ物を分け合ったり
限られた薬を ちっちゃな子に渡したり。

みんなが いつも一緒にいるので

これから そういう環境が
広がってくかもしれない気がしてますね。

確かに。

♬~

火が より立ってきましたね 暗くなり…。
すごい。

色が やっぱり
日が落ちたことによって。

いい時間。

すてきですね。

自分の家の庭とかでできたら
毎日しちゃうかも。

あ~ いいですね。
ちょっと…

ちょっと悪くないなって思いますね。

♬~

初舞台が 15の時だったんですけど。

ヘレン・ケラーの役をやって
サリバン先生が大竹しのぶさんで。

初日のカーテンコールが

スタンディングオベーション
だったんですよね。

何か その光景とか 打ち込まれてるから

今も演劇やってるのかもしれないし。

う~ん はじめましてとか
再会のために続けてる感じも… ない?

はい 分かります 分かります。

もう十何年ぶりに
ご一緒する先輩がいたりとか。

その再会がうれしくて
続けちゃってるみたいなところも

あるかもしれないし

新しい自分を引き出してくれる
演出家の方とか 監督に

出会うために続けてるかもしれない
っていうのもあるし。

ねえ。
でも 分かりますね。

再会するっていう喜びは。
へえ~ 再会?

はい。

ふだんは 連絡取らないし
会わないしっていう人と

やっぱり仕事場で会えるっていう
その感覚は好きですね 僕も。

楽しいよね。
はい。

だから連絡先交換…
極力したくなかったりしない?

分かります 分かります 分かります。

会えるだろうって。

僕は あの お兄ちゃんが
できない仕事が僕に来たっていう。

え~!
そうです。

そうなんです。

柄本の息子が芝居やってるらしいぞ。
オファー出そうって言ったら

オファー出した役柄が 年が合わなくて
お兄ちゃんが。

で 弟いるらしいってなって
始まりました 僕は。

で 何か 職業として
やらなきゃいけないなっていった時の

一番の理由は
大学受験失敗が一番でかかったですね。

えっ 大学は 何科に行こうとしてたの?
監督学科。

あっ でも やっぱり映画なんだね。
あっ やっぱ その道で? そうなんです。

じゃあ もし大学に受かってたら

でも 映画監督に
なってたかもしれないんだね。

なんですかね?

本当に情けない理由で 職業欄に
「学生」ってまだ書いてたかったんですよ。

あ~。
何か 学生っていう逃げ道を

ずっとつくってたくて。
だから大学行こうとしてて。

で 大学受験に失敗して

あっ 職業欄に「俳優」って
書かなきゃいけないんだとか

って思った時に ちゃんと
意識するようにはなりました 僕は。

あっ スイッチ 入りましたね。
ふ~ん 面白いね。

私 7月に 一人芝居をしてたんですよ。

劇場が やっぱり そのコロナの影響で
ストップして

再開の第1発目を 一人芝居で
その劇場は開けたんですけど

生の演劇を求めて来て下さるお客さんって
しっかりいらっしゃるんだよね。

で 何か 今までは

映画とか ドラマとか 演劇とかって

心に触れる職業だと思ってたんですよ。

だけど 本当に 文字どおり
命懸けで来て下さる お客様の目を

一身に浴びた時に
あっ 何か 心じゃなくて

命に触れてるんだと思って。

その… リスクを負ってでも
お芝居を見たいっていう人が

こんなにいるんだっていう。

ああ やっぱり エンターテインメントに
触れることで

命を紡いで生きている人たちも
たくさんいるんだなって その時に感じて。

あっ 何か ちゃんとしなきゃって思った。

(笑い声)
ちゃんとしなきゃっていうのは

それだけ やっぱり 何か 影響力がある
仕事をしてるんだなっていう。

その影響力って 社会的にとかじゃなくて
エネルギーとして

影響力がある仕事をしてるんだな
っていうのを感じて。

なるべく やっぱり こう
心身ともに健やかな状態で

舞台に立たなきゃなって
すごく思った夏でした。

(笑い声)

渡部さんって 怒ったりするんですか?

ないですね。
(笑い声)

やっぱり なさそう。
ですよね~。

逆に怒れる力というものに

ちょっと憧れがありますね。
あ~。

あんまり 私も こう…。

変な言い方だけど
けんか上手ではないですね。

だから そうなった時の こう
グワ~ッていうのを

どうしていいのか 私も やっぱり
分かんなくなる時がある。

まさに そうです。
どうしたらいいのか…。

僕も下手くそだから
本当 気を付けないとなとは思う。

でも その 夫婦だったりとか
長く一緒に まあ生きて

生活をしていくと そういうのを
繰り返していくしかないじゃない。

だから… コツが
必要になってくるんだろうなって

思ったりするんだよね。
落としどころは

見つけなきゃいけないなっていう…。
ねっ そうだよね。

僕の場合は 奥さんが
見つけてきてくれますかね。

落としどころを?
落としどころというか 何と言うか…。

1回 ほんの ちょっと前に
けんかがあって

あの 穴開けちゃったんですよ 僕 家に。
家に穴を開けた?

当たってしまって 物に。
うんうん。

で 穴が 結構 大きめな穴
開けてしまったんですね。

で 何となく収まって 寝て起きたら

僕より先に 奥さんの方が先に起きてて
起こされて

で「ちょっと来て」って言って
で パッて見たら

その穴に 点と… 点々 顔を作って

ニコちゃんマークにしてたんです。
へえ~ ほう。

美術が出来上がったみたいなことを
言ってくれて 何か…

何か そういうので 何か
何て言うんですか?

落としどころを用意してくれたというか。

うん… そういうことをしてくれたり…。

いい人だね。
いい人ですね。

いい人だね それは。 はい。
へえ~。

何か やっぱり そういうところがないと

何か 僕は どう終わらせたらいいのかが
分からなかったりとかするんですけど

あっちが うまいこと
何か 見つけてきてくれるというか。

なるほど。

何か 自分の 今 時間の感覚も
忘れていいですね 何か。

ねえ。
そうですね。

いいな~。

何か ストレス発散になるっていう理由が
本当に ちょっと分かったかもしれない。

う~ん。

単純作業の繰り返しだからいいのかも。
ああ!

火をくべる 整える 火をくべる。
くべる 整える。

整えるっていう 何か…
ただ こう やることは

それだけなんだけど 炎の形が こう…。

変わってくっていう…。
変わっていくっていうのが…。

いや~ 楽しい。

(笑い声)

♬~

「キレイなバラには トゲがある」。