ボクらの時代[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ボクらの時代[字]

窪田正孝×八嶋智人×鈴木雅之監督

詳細情報
番組内容
毎回さまざまなジャンルで活躍するゲストが集まり、あえて司会は介さずに多彩な話題や事象を取り上げるトーク番組。今週は、いよいよ全国公開となる「劇場版ラジエーションハウス」で共演の2人と監督が、撮影秘話をたっぷり交えて“貴重”トークを繰り広げる!
出演者
窪田正孝 
八嶋智人 
鈴木雅之(『劇場版ラジエーションハウス』監督)
スタッフ
【プロデューサー】
西村朗 
松本彩夏(イースト・ファクトリー) 
【演出】
高野裕樹(イースト・ファクトリー) 
【制作著作】
フジテレビ情報企画開発部

ジャンル :
ドキュメンタリー/教養 – インタビュー・討論
バラエティ – トークバラエティ
趣味/教育 – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 自分
  2. ホント
  3. モテ
  4. 八嶋
  5. 監督
  6. 結構
  7. 芝居
  8. 仕事
  9. コロナ
  10. ベテラン
  11. マイク
  12. 一緒
  13. 窪田
  14. 窪田君
  15. 現場
  16. 時間
  17. 本当
  18. シーン
  19. 映画
  20. 今日

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





[今日の『ボクらの時代』は
こちらの3人]

当日まで…。
(マイクのノイズ)

(八嶋)もう始まってんですよ。
始まってんですね。

(鈴木)窪田はさ 顔見るとさ
ちょっとハードそうじゃない。

アウトローの役とかさ。

なるほど なるほど。
そういう印象があるじゃん。

とがった人なのかと思ったら
全然違ったから。

2人で最初… 衣装合わせのときに
初めて監督にお会いして。

で まあ 最初 2人というか
話をさせてもらったんです 奥で。

すごく こう 入ってきてくれて。
懐というか

心に入ってきてくれる感じが
すごい心地良くて。

何か すごい 親戚の方みたいな。
ハハッ 親戚の方ね。

前から知ってるおじさん
みたいな感じの…。

じゃあ いい関係が
続いてるんですね お二人はね。

まあ 2人はね いい関係。

いやまあ
そう言うだろうなと思って

餌を 今 まいてみたんですけど
まんまと引っ掛かりやがった。

監督と八嶋さんは?
これは ちょっとね…。

長いっすよね。
僕は…。

『古畑』 ねっ。
『古畑任三郎』

当時 そのときって
八嶋さん お幾つ?

三十代前半とかじゃないですかね。
子供のころに見てたと思います。

僕 あんま 監督と
そんな親しく飲みに行くとか…。

雅之さん以外に いないですね。
あ~。

一度 あの 京都でさ…。

夜 飲みに行くんだけど
説教すんのよ スタッフを。

違うよ!
何で そんな ぶっこんで…。

俺を おとしめようと
今日 来てんですか?

したよね? だって。
熱くなっちゃってね。

今回のラジエー…
劇場版 ラジオーションハウス…。

(マイクのノイズ)
何 何 何…?

ラジオーションハウス?
あっ いったん止めて 音声が。

(スタッフ)八嶋さんのマイクの調子が…。
(八嶋)調子が悪い? 私の。

(鈴木・窪田)アハハハハ!
(八嶋)あー だから。

俺 さっきから…。
一番しゃべってる人間のマイク。

何回も はっきり
『ラジエーションハウス』って言ってるのに

みんなが聞こえてないなと。
マイクのせいですね じゃあ。

「島の人たちを苦しめてる病気が
何なのか

それを探しだして見つけるのが

技師である僕の仕事ですから」

[窪田 正孝さんが
主演を務める…]

[放射線技師という
裏方の活躍に焦点を当てた

新たな
医療エンターテインメントです]

[この映画で窪田さんと共演する
八嶋 智人さん]

「いや だって…」

[2019年の連続ドラマでは
ナレーションを担当]

[去年の第2シリーズからは

同僚役として
キャストに加わりました]

[監督は 『古畑任三郎』『HERO』など
数々のヒット作を手掛けてきた

鈴木 雅之さんが務めています]

監督は 結構

心の距離の近い監督な部類に
僕は入る人だなって。

どういうとき思うの?
気持ちもそうだし。

何か気付いたら 横にひょんって
いることが多いなって。 お互いに。

うるさいから 横にいないとさ。
そうだね。

物理的に…。
群像劇だし 私語がうるさいので。

へとへとになっちゃうよ ホントに。
声 からしてましたもんね。

僕は いつも大事にしてるのは

主演っていうか
物語を引っ張る人がブレないと

遊べるんですよ われわれは。
だから それは

窪田君は すごく
入るときと入ってこないときを

ちゃんと見定めてるなっていう。

ああ そうね。
だから アリスとかが

わーってやってても
ちょっと引いたりしてるもんな。

僕も一緒に
はしゃぎたかったですけどね。

だいたい主演の人は
それぐらいがいいのよ。

テレビでMRIの画像みたいなの
出てくると

別にプロじゃないから
見れもしないのに

ん? どれ? どれだ?みたいな。
アハハ!

健康番組とかもやってると
出てくんのよ。

そうすると 今までは
そうなんですねって見てたのが

あー 確かに色が違いますねとか
言ってみたりとかして。

どうなの?
普段 入り込んだりしないの?

現場にもいらっしゃってたけど
実際の技師の先生だったり…。

話とかは もちろん
させてもらって

操作とか1回やってもらって。

意外に 操作してないとこの
しぐさとか動作とかの方が

結構 大事だったりするなって。

教えてもらっているところ
じゃないところっていうのは。

もちろん ここも大事なんだけど。
そうね。

八嶋さんは 役作りとかって

この際だから聞きたいんですけど
どうされてるんですか?

ホント 一緒一緒。
そうじゃないところとか

休憩中 何してんですか?とか
そういうやついますか?みたいな。

うーん。

「いる」って言われたら
まあ それでいいかってなる。

でも 役作りなんていったら
僕らは健康でいるしかないから。

心身共に準備する側としては
健康でいて…。

だから 誰かになれるし
病気の人にもなれるし。

続けていくと それしかないなって。
なるほど。

気を付けてる? 健康。
気を付けてるよね。

食べるものとかは 結構
気を付けるようになりましたね。

だって昔は ひどかったんでしょ?
うん 昔は ひどかったです。

昔 ひどかった?
昔は ファストフードばっかり食べてて。

食を変えて 本当に 何つうか
体力が持続するというか。

夜になっても疲れない。
撮影って過酷じゃないですか。

ずっと時間に追われて
ずっとスタジオで。

だから 窪田君の差し入れは
体にいいっていって すごい人気。

けど たまに駄菓子とか…。

でも 窪田君が差し入れてるから
あれは体にいいんですよ。

♬~

でも デビュー早いよね。

デビュー自体は
18… 高校3年生とか…。

高校生か うん。

母親きっかけで
雑誌のオーディション受けて。

で 18のときに初めて
フジテレビの深夜ドラマで

『チェケラッチョ!! in TOKYO』
っていうのでデビューさせてもらって。

そこから芝居というものが
分からないけど面白い。

で 何か こう
すごく責任を感じたんですよね。

自分が お芝居して
せりふをしゃべるということは

一生 ここに何かが…
映像とかDVDで残っていくし

この重みっていうものは
やった人にしか分からない

っていうことを
感じるようになってから

だんだん だんだん

未知の世界の楽しさ
っていうのが…。

そうだね 正解もなければね。

でもまあ 楽しかったんだね。
そうです。

興味が湧いたってことですよね。

八嶋さんは 子供のころから
演技は お好きでしたか?

僕は 子供のころから
人前に出るのが好きで。

すごい ちっちゃいとき
親戚の法事だったのかな。

大人が集まってる所で
扇子みたいなのがあって

扇子で踊ったらウケたわけ。
うんうん。

親戚一同
すごい楽しそうな顔してたから

そっから人前に
とにかく ずっと出るみたいな。

それが だんだん
思春期になってくると

モテたいとか
キャーキャー言われたいとか。

でも 運動もできるわけでもない
別に見てくれもいいわけでもない。

頭もいいわけでもないってなると
僕は関西だったから

面白く
とにかく出続けてれば

「あいつ面白くてええやん」って

言ってくれる女の子も
いたのかなみたいな。

っていうのと あと半分は
死んじゃうじゃん いずれ 俺たち。

僕は 三谷さんから聞いたのは
俳優っていうのは2回死ぬと。

実際 肉体が死んだ時と
みんなの記憶からいなくなった時。

どうやら
昔から言われてる言葉らしい。

肉体的に いなくなるってことは
決まってるらしいと。

だったら
覚えといてもらいたいっていう。

もう この世の生へのこだわり。
執着が 僕を俳優にしましたね。

あとは やっぱり
モテたかったから。 思春期。

だから
カッコイイ人を見ると

ホントに? ホントに
ちゃんと野心あります?みたいな。

だって モテてたでしょ?
モテなかったこと ないでしょ?

本当に言いますけど。
ホントに みんな よく言うけど

僕 正直に
モテたのは 中学3年生だけです。

ほお~。 どのぐらいモテました?
中学3年で。

だってさ 中1中2も
モテなかったのに

急に中3でモテて 高1高2でも
モテなかったわけでしょ?

中学生って
中学校1~2年生の女子って

中学3年生のスポーツやってる先輩
キャーって見に行ったりしません?

そうね 女の子の方が
大人っぽくなるのが早いからね。

そこに ただ自分の年齢が上がって
下の子たちが…。

キャーって言ってくれた?
僕 バスケやってたんですけど

それだけです。
でも 絶対

俺みたいなやつも
バスケ部にいたと思うよ。

それ あれなんじゃない。
今と違うからモテたんじゃない?

そのころの性格が。
そんな変わってないと思います。

もうちょっと
やんちゃだったとは思います。

やんちゃだった?
何か やっぱり こう…。

やんちゃだった顔してるもんね。
それは 本当にあります。

何なの その
「やんちゃだった顔」って。

やんちゃだったっぽいじゃん
顔が。

この仕事してからですかね 途端に
どんどん静かになってった気がする。

何でなんだろう。
でも やっぱ

年上というか 大人の人たちと
一緒にいる時間が

すごく長かったからかも
しれないです。

要は 18くらいから…
高校生のときから

大人しかいない世界に
ずっといて。

すごい大先輩の人。

それこそ 松方さんとか
お芝居させてもらったり。

監督も 全然 年齢上だし。
ベテランの方がいっぱい。

父と同じくらいの人…
父としゃべってる感覚だったから。

何か こう 感情とか出したら
殴られるんじゃないかな。

(笑い声)

どういう家庭環境で
育ってきたの それ。

生意気なこと言ったら カーンって
やられんじゃないかなとかって。

結構 父親は厳しかったんですよ。
それ あるっぽいね。

3人兄弟の末っ子だった。

男 3人兄弟。
とにかく やんちゃだったんで。

でも 末っ子って
だいたい自由になるじゃん。

でも やっぱ
兄の失敗を見てたんですよ。

だから そっちの道
行っちゃいけないなみたいに

うまく やるじゃないですか。

でも 一緒に怒られること
すごく あったんですよ。

じゃあ 結構 お父さんが
ちゃんと ぼんっと こう…。

父親は めちゃくちゃ強かったです
本当に。

でも 意外と『ラジエーションハウス』の現場で
フレンドリーだよね ここ。

フレンドだからね。

だから 許してもらえる人と
許してもらえない人

たぶん 嗅ぎ分けてるのかも。
まあまあ。 それは なるよ。

誰もいないよ 「先輩!」みたいな。

「鈴木さん!」みたいな。
いない いない いない。

すごいベテランの女優さんとか
俳優さんと仕事すると

明らかに年下じゃないですか
監督の方が。

だけど 「先生 これは
これでよろしいかしら」って

「先生」って。

映画のベテランの人って
「先生」って言わないっすか?

あれ すごい好きなんです。
あと 舞台の人に

「演出家!」って言われたときに…。
(笑い声)

ちょうど おととしじゃない
コロナが始まったのね。

何か やたら酒飲んでるとか
なくなったもんね。 あんまりね。

そうです。

芝居のときに 特に そう思うの。
舞台って 特に僕ら劇団…。

劇団カムカムミニキーナ
っていうのを…。

カメラ目線。
カメラ目線 入った。

本番終わって
お客さんとも飲みに行って

ギャーギャー騒いで。

次の日 うっすら二日酔いの
お酒を抜くために

1ステージやるみたいな。

で 飲み屋でギャーギャーやってるから
ちょっと喉もヤベえみたいな。

それも いいとこだったけどね。
そういうことが なくなったんです。

より いいお芝居を作るってことに
集中できたりするから

あれ? 本来 それが
大事だったんじゃねえのかって。

でも あれはあれでね。

公演中は祭りだ
っていうのもあるけど。

より 面白いお芝居をすることの
純度っていうんですかね。

そういうのは 僕は コロナ禍になって
高くなった気がする。

確かにな。
まあ でも

コロナを知らなかったときには
戻れないじゃん。

うん。
そうだけど

なるべく戻したいよね。 距離を。
戻すっていうか

だんだん僕らも
知恵がついてるし

医療関係の方の努力も
いっぱいあるから

コミュニケーションを
もっと前のようにもできて

コロナとも
ちゃんと対策もできて

僕は豊かになるっていうふうに…。
楽天家なんで思ってますけど。

確かに。 みんな
仕事が止まったじゃないですか。

そんときに
家族といるというか

自分と向き合う時間というのを
もらったときに

今まで がむしゃらに
やらしてもらう仕事を

ずっと頑張りたいって思ってて。

来る球は 全部いい球で打ち返す
って決めて頑張ってたんだけど

何か ずっと それって

打ち続けるだけだったな
っていうのを

すごく感じたのが
あの時期で。

常に 仕事というか

お芝居をしていなきゃいけない
環境の中で

自分が今
疲れてることは分かるんだけど

喜怒哀楽も 現場に…
芝居で出しちゃうと

一時期 家 帰ったときに
自分が今 うれしいのか

楽しいのか 悲しいのか
分かんない状態というか。

空っぽの状態になってた時期が
すごくあって。

体は きっと どこかで
サインを出してたんですよね。

もう苦しいよっていう。

そういうことに
向き合うっていうことよりも

今やらなきゃいけないことを
精いっぱいやっていた

っていうのは あったから。
自分の体とか

身体と向き合う時間をつくったり。

そのためには
ちょっと自然に行ったり。

土に触れたり
森に… 木に触れたりとか。

それこそ 畑を ちょっと
やったりしてるんですけど

そういうことをやると
すごく 何か

違うエネルギーをもらえる。

人からだけではなくて

自然界にあるものからの
エネルギーをもらうことって

ものすごく
尊いことなんだなってことを

すごい感じられたのが
『ラジハ』のドラマ…。

コロナあって…
去年なんですよね。

すごく強く感じられたから。

だから ドラマとか
その現場

湾岸スタジオも
何か 違う目線で見れたのが

ありましたね。
うん。

「うん」って。
何か分かったような「うん」だけど。

やっぱり こう自然の…。
(笑い声)

いやいや。 そういうふうに
変化していっている窪田君が

お話もしてたのもあるけど。
いや そうですね。

よく そういう話をしてたから。

だから 穏やかだもんね 日常。
穏やか。

フフッ 「穏やか」
何よ。

「おらぁ!」みたいなの
ないじゃん。

「もう! プンッ!」みたいなの
ないじゃん。

いや でも ありますよ。
全然あります 全然あります。

ああ そう。
むしろ ケンカというか。

ケンカすんの?
します します。

自分が駄目だからなんですけど。

そうなんだよね
役者ってさ

自分がうまくいってないときに
人に当たるわけよ。

アハハハハ…!
うわ~ めっちゃ分かるかも。

いや そうなんすよね。
そうなの?

よく見ていると
大変なシーンの前だと

やっぱり 結構
ピリピリしている人がいて

ピリピリしてることを…
何だろうね

外に向かって当てたくなっちゃう人が
たまに いらっしゃるんですよ。

そうすると 何か
抱き締めたくなる時があるんです。

そういう人をね。
かわいそう! 違うよ。

今 あの人のことを
「おらぁ!」って言ってるけど

あの人は ちっとも悪くなくて
あなたの中の問題だから

落ち着いてって
思うときがあるんだけど。

それが すごいベテランの方だと
おかしいじゃないですか 僕が。

ベテランの人そんなしたら…。
分かんないけど。

僕が あんまり 責任感ある瞬間が
少ないから そうなだけで。

でも 確かにそうだね。
何か こう

うまくいかないだろうなって
思ってる人の方が

ちょっとピリッとしてて

逆に 偉そうに見えちゃう
みたいなときあるよね。

だから 不安なだけだから。

それが表に出るっていうのが
人間らしくて いいんですけど。

1個の防御ですけどね。
やっぱり 役者は

あまり そんなにリンクしてても
しょうがないじゃないか

って思うときもあるから。

『ラジエーションハウス』の人たちは

さっき監督が言ったみたいに
みんなで真剣に こうやって…。

っていう ところの前まで
「やー!」「何とか!」「何とか!」

「はい 用意スタート」

みたいなこともできるぐらい
ちょっと おかしな人たちの方が。

本田 翼ちゃんとか
広瀬アリスちゃん。

集中力が高い分
ギリギリまで ふざけきっちゃう。

切り替えられる
まだ若い感覚があるんだね。

広瀬とか すごいよね。
でも 芝居 ぱっとやるもんね。

だから
自分に引き寄せ過ぎると

お前じゃないじゃん
っていう気もするんだよね。

田中じゃんみたいな。
八嶋じゃないじゃん。

役の方に近づいていってるな
って感じがする。

窪田とか見てると。
自分に役を近づけんじゃなくて

役に 自分が近づいてってる感じが
すごいする。

でも その手掛かりは
自分の中で起こったこと…。

まあ そうですね。
一番正直な作り方でいいと。

現場で怒られたことある?

怒られるって
われわれの感覚も難しいけどね。

とても強く指導されたり。
あります あります。

でも そういう人もいるよね。
います います。

意外と 打って 打って
打ってくみたいなさ。

あれは
本当に僕が悪いんですけど…。

何? 何したの。
何しちゃったのよ 珍しい。

ちょっと 目線なのに
ふざけちゃったんですよ。

えっ?
カメラ 僕…。

役所 広司さん。
…を撮ってるカメラがあって。

カメラの後ろで お芝居を…。
僕らは やってて。

山田 孝之さんと2人で。
『十三人の刺客』って映画のときに。

時代劇ですね。
はい。

僕が初めて人を殺しましたって
シーンを撮って。

で 「お前 人を斬ったの初めてか」
って言われて「はい!」っていう

すごい 命を断つっていうのは…
っていうシーンを撮ってて。

こっちのシーンが
終わったんですよ。

で そのとき 孝之君と
いろんな話で盛り上がっちゃって

向こうの声が
まったく聞こえてなくて。

で 役所さんに 「おい!
目線なんだから ちゃんとやれよ」

って言われて。 2人とも
「ホントに すいませんでした…」

役所さんじゃ しょうがないな。
それは別に役所さんじゃなくても。

盛り上がってたんでしょ?
こっちで始まっちゃってたのに。

そうなんです。
ギャーギャー ギャーギャー

うるさいですよっていう
注意をね。

ホントに すいませんでした。
ホントに すいませんでした。

もう ホントに すいませんでした。
よっぽど盛り上がってたんだね。

窪田君って
私生活も分かってそうで

分かんないじゃん。 普段
どうしてる人なのかなとか。

気付いたら こんなおにぎり
3つぐらい食いながら

せりふ ウワ~
覚えてるときもあれば

何か 指先一つで

セットで ものすごい
懸垂してるときもあれば。

サウナ男でしょ? だって。
ああ サウナもね。

家族揃ってサウナ行っちゃう。

だから… えっ 普段ってさ
何してんの?

いやいや コロナになったから
家にいることも多いじゃない。

そうですね。
もともと家にいるの好きなの?

もともと家にいるのは
結構 好きですね。

1人だと あんまり
外 出ないタイプで。

結婚してから 割とアクティブに
外に出るようには なりましたね。

たまに 俺の家の近所の
ベーグル屋さんに来るもんね。

でも 結婚してからは
結構 色々 何か

自然を見に行ったりとか

おいしいもの ちょっと
時間内に食べに行ったりとか。

割と みんなしてる生活を
普通にしている感じですけどね。

じゃあ ウィズコロナだから
っていうのも

あまり言い過ぎるのも
あれだけど

家族の時間っていうのも
実際 増えてるじゃん。

めちゃめちゃ。
はい そうですね。

今ね。
そうです そうです。

だから すごく… 全部が
ネガティブに思いたくないから

それはそれで
すごい よかったのかなと。

だから 一緒に
映画 見に行ったりとか

家で Netflixとか見たりとか。
仲いいよね。

森カンナがさ 「今日 ちょっと
ご飯行きましょう」ってさ

「どこどこの店です」
店 指定してきてさ。

はいはい なんつって。
ガシャンって開けたらさ

みんなが 「60」っていうの…。

あら 還暦パーティー。

サプライズ還暦パーティーですね。
「おめでとう!」なんつって。

そんとき 初めて
妻とも会ったんだけどさ

基本的に 妻が仕切ってる感じ。
初めて会ったのに。

仕切ってそう。
妻が最高だもん だって。

そりゃ知ってますよ。
いやいや ありがとうございます。

僕の妻も最高ですけど。

一度 舞台で
ご挨拶させてもらいました。

ホント?
はい そうなんです。

じゃあ 最高なんだね。

この緊急事態が 2年前に…
1年前? あったじゃないですか。

あれのときに 私生活で
どれだけインプットしたり…。

お酒を一緒に飲んだりっていうのは
難しいかもしれないけど

そういうことをして 何げない
会話の中で得たものとかが

すごく身になって それが
芝居に反映したりってことが

当たり前だったんだけど
すごく そこに気づけたのが

その時期としては
大きかったかもしれないです。

だから
シーズン1やってたときと

2やってたときと ちょっと
心の持ちようというか

余裕みたいなものが
決定的に違ったなっていうのは

ありましたね。

それでは ブースの
小林 聡美さんにお返しします。

[それでは
今日も 素晴らしい一日を]