ボクらの時代[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ボクらの時代[字]

広瀬すず×松坂桃李×横浜流星

詳細情報
番組内容
毎回さまざまなジャンルで活躍するゲストが集まり、あえて司会は介さずに多彩な話題や事象を取り上げるトーク番組。今回は、まもなく公開の映画「流浪の月」で競演の3人が、本屋大賞受賞の繊細な物語の映画化にあたり、それぞれがどう演じ切ったのかなどの“貴重”トークを2週にわたりお送りする。
出演者
広瀬すず 
松坂桃李 
横浜流星
スタッフ
【プロデューサー】
西村朗 
松本彩夏(イースト・ファクトリー) 
【演出】
高野裕樹(イースト・ファクトリー) 
【制作著作】
フジテレビ情報企画開発部

ジャンル :
ドキュメンタリー/教養 – インタビュー・討論
バラエティ – トークバラエティ
趣味/教育 – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 自分
  2. ホント
  3. 作品
  4. 結構
  5. テレビ
  6. ヤバ
  7. 時間
  8. 全然
  9. 普通
  10. お互い
  11. 更紗
  12. 仕事
  13. 人見知
  14. 絶対
  15. 桃李
  16. リハーサル
  17. 広瀬
  18. 今日
  19. 全部
  20. 面白

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





どうやって始まるんですか?
もう始まってるんですか?

もう始まってるんですって。
(横浜)始まってますか。

こんな感じで。
まったくしゃべらない3人が

集まっちゃいましたけど。
これは…。

しゃべんなさそう。
流星君 しゃべんなさそう。

難しいっすよ これ。
だから こう… 何だろうね。

今回 思いっ切り 一つの作品に
出てる人たちが集まって。

だから 何か こう 役でいうと

すずちゃん的には
結構 変な空気になるよね。

すっごい気まずいです。
確かに。

急に 目が怖いから。

急に 目が怖くなるのやめて。

「いらっしゃいませ」
「ちょっと待って」

[3人が共演した映画…]

「うち 来る?」

[誘拐事件の
加害者と被害者という

レッテルを貼られた
青年と少女の

15年ぶりの再会を描いた
この作品]

[被害者として生きてきた女性
更紗を広瀬すずさん]

[加害者のレッテルを貼られた
青年 文を松坂 桃李さん]

[更紗の恋人 亮を
横浜 流星さんが演じました]

「やっと 文が手に入れた
幸せなのに!」

「離して! もうやめてくれ!」

「更紗は 更紗だけのものだ」

あれ? 初共演だっけ?

初めてです。
初です。

お二人 あるんですよね?
二人 ある。

『キセキ』っていう作品で。

そんとき 初めて会ったときの
流星君は

今 目つきがって話あったけど
急に パンって

あっ やられる…。

これ ちょっと やられっか?
みたいな。

ホントですか?
やられっかな… みたいな。

っていうのが 一瞬あったけど
でも すごいさ やっぱ

人当たりのいい笑顔もするじゃん。

でも 笑顔もするけど

笑ってるけど 目が笑ってない。
ホントですか?

怖い。 めっちゃ分かります。

初めて会ったときは
どんな感じだったの?

「あっ どうも 初めまして」
みたいな?

ヤバかったよね?
ヤバかった。

沈黙みたいな。

お互い 人見知りというか
何か ちょっと壁がある感じで。

ホントに お互い何も話さず…。
(広瀬・横浜)「お願いします」

リハーサル?
リハーサルというか

リハーサルにもならなかったっすけど
あのときは。

李さんが 「話してよ」みたいな
言われたときに

あっ どうも。
どうも…。

みたいな感じで。
まだ 私は

人見知りだけど
仕事を続けてたら

自分よりも
しゃべってくださる方が…。

話し掛けてくれる人が
いっぱいいて。

桃李さんと
しゃべるの早かった…。

普通に しゃべれた
記憶があるんです。

だけど
私超えの人見知りだったから

私 余計に
しゃべれなくなっちゃって。

いた! みたいな?
自分も だんだん 何か

人見知りが
すごい出てきちゃって

「何だよ これ」みたいなことを
ずっと 監督に言われてた。

確かに そんな感じでしたね。

それが解けたのは
どういうタイミングだったわけ?

お芝居とかっていう
リハじゃなくて

2人の距離感を
まず 縮めるところから

始めようみたいなので

2人っきりにさせられて
お互いの話をし合ったりとか。

あとは 自分が
人見知りっていうのもあって

みんなの前で ジャングルポケットさんの
コントを披露させられたり。

マグロの解体ショーのコントを。

あっ ジャングルポケットさんのネタを
完コピしたってこと?

完コピしました。
しかも その場で

監督が 「コントでもやれば」
みたいなことを言い始めて

うちら 全員 廊下に出されて。

ずっと リハ室から 一人で
練習してる音だけ聞こえて。

「できました」って言って
入ってったら もう…。

ネタ 見たの?
ネタ 見ました。

マグロの解体ショー?
めっちゃ面白いんですよ しかも。

めっちゃ面白いんだ。
こんなに 流星君って

はじける人だったんだって。
いい時間だった。

よかった。
なるほどね。

でもさ よくさ
厳しいって言われてたじゃん。

何か 周りから… 聞いていました。

入り どうだった?
俺 めっちゃ緊張したのよ。

いや 緊張しましたよ。
するよね?

あっ 俺 終わったな… っていう。

それ 私と流星君で
ずっと しゃべってた。

あっ うちらは もう駄目だ…。

2人で
自信をなくしていくっていう。

リハーサルのとき?
はい。

撮影 始まってからも
「ヤバかったね…」みたいな。

ってこと でも 話せたから
より どんどん

関係性 近くなれた。
はい。 確かに。

共有するものが
時間しかなかったから。

ああ~。

何で盛り上がるの?
そういうときって。

2人でいるとき…
心理テスト やったよね?

テストとか 確かにした。
で 何か

結構 ヤバい人なのかなって
その場で思ったんだよね。

サイコパスじゃんみたいな?

全然 私と答えが 毎回 違うから。
確かに 全然 違かったですね。

余計 ムズッ…。
なるほどね。

♬~

どうしてる? ストレスっていうかさ。
仕事で行き詰まったときとかって。

『流浪』のときとか どうしてたの?

もう これは 落ちるしかないなって
思ってたんで。

もう
ふさぎ込んじゃうかなっていう。

だから もう ホントに
唯一の救いが

更紗だったんですけど。

だから 待ち受けにしてたり
してたんですよ 僕は。

そうそう。
私も 一時期してた。

お互いのね。
そうそう。

音楽を ずっと聞いてました。
amazarashiっていう

アーティストさんが好きで

すごく 心の救いに
なっているんですけど。

結構 もう…
哲学的で詩的な歌詞で。

それを ひたすら ずっと聞いて
こうやって家で過ごしてました。

ヤバい。
私 それこそ

リハで 2人きりの…
お芝居 関係なく

2人の時間 過ごせって言われて

ハウススタジオみたいなとこ
借りたんだよね。

そこで テレビ見たり
一緒に ご飯 食べてとか

作ってとか…。
日常だ。

そうです。
「昨日 寝れた?」みたいな。

「いや あんま寝れなかった」
って言って。

結構 朝方に寝てたから

「それまで何してたの?」
って言ったら

「えっ? 天井 見てたよ」
って言われて。

(笑い声)

おっと…。

「テレビでも つける!?」
みたいな感じ。

そうそう つけてくれて。
ヤバいぞ

天井 見ちゃってるぞって?

「テレビ 久々につけたかも」
とか言って。

「家にいるとき 何してるの?」
って言ったら

「壁の方 見てる」
ちょっと待って。

それは 嘘だよ!
それは 絶対 嘘だよ。 ホントに?

それこそ でも 音楽…
何か見るとかがないみたいな。

待って だってさ
普通に考えてさ

仕事 終わるじゃん
帰ってくるじゃん。

ただいまっつって ドア開けて
靴 脱いで 上着かなんか脱いで

座ります。 座って
壁 見んでしょ? こうやって。

そうです。 ずっと こうなって。

そう これらしいんですよ。
これなの?

これか これってこと?
そうです。 ないですか?

壁と天井でしょ…。

無の時間を過ごすと…。
座禅とか されたことありますか?

それは まだない。
結構 すっきりするんですよね。

何か 心が浄化されるというか。

何かしてる方が
疲れちゃうんだね。

それと同じような
感覚なんですよね。

テレビとか見ないの?
あんまり見ないです。

バラエティー番組とかも?
はい。

ドラマとかも見ない?
作品とか役によって

変えようとしてます。

結構 明るかったりとかしたら
人と会ったりとかもして。

テレビとかも
たぶん 見ると思うし。

下手くそなんで
ぱっと切り替えられなくて。

なるほどね。
会うたんびに 毎朝 聞いてました。

「今日 寝れた?」
お母さんみたいな気持ちに…。

「今日 寝れた?」
「いや あんま…」みたいな。

「取りあえず
サプリメント のみなさい」

もらって。
健康を気遣って。

サプリ あげてました。
そうなんだ。 すげえな。

今は テレビ 見れてる?
今は 見れてます。

日本の連ドラ 見ます?

私 洋画… 作品を
ほぼ見ないので。

邦画しか見ない。
むしろ そうなんだ。

だから 見れるときは見たり。

作品 入っちゃって
追い付けなくてとかだと

諦めちゃったりしますけど。

でも その後
長めのお休みじゃないけど

時間があるときは
全部 見たりします。

おお~。
へぇ~。

ここ数年で
そういうの増えました。

自分も連ドラやって。
映画の方が多かったので

連ドラを知りたいなと思って。
見たんだ。

見ました。
面白かったやつ 何? ドラマ。

『最愛』が面白かったです。

見てた。
あっ 見てた?

あれは あたし もう
めっちゃ どハマりしてて。

ハマったんだ。
俺 それ見てないわ。

あっ ぜひ。
ぜひ。

出てませんけど。
出てませんけどね。 見る 見る。

ていうか 仕事って
自分で決めてますか?

全部は 決めてないです。
相談しながらですかね。

でも 好きなものも
何となく知ってるし

でも これはって思うものも
たぶん 分かってるから。

「でも…」って
プレゼンされるときも たまに。

でも 自分でやり過ぎると。
片寄るからね。

それは あんまり。
そうなりたいわけでもなく

って感じなので。
バランスよくね。

逆に どういうふうに
選んでますか?

完全に バランス。

重たい作品が続いたら
次は コメディーっすかねとか。

年に1回か2回ぐらい
チーフのマネジャーさんと

打ち合わせて
「今年は 結構 重たかったんで

来年は
ホームコメディーっすかね」みたいな。

「ホームコメディーで
テンポ感のある感じのやつを

やってみたいですね。
例えば この脚本家の方とか」とか。

「こういうテイストの作品とか」
っていうので

あったりとかするけど

もちろん マネジャーさんの
意向とかもあるから

ケンカとかもするし。
え~。

あるある。
どんな感じですか?

桃李さん 怒るとこ想像できない。
確かに。

「これ どうしても」
って言われても

全然 自分の中で ぴんとこない
とかっていうのって

あったりするじゃないですか。
そういうときに

そっちよりか 自分 今
こっちやってみたいんだよな

とかっていうときの
バチバチ感みたいな。

あとは スケジュール問題。

どうなりたいとかって
あるんですか?

月並みな質問ですけど。

ありません。
ありません。

さっぱり。
広瀬すずは ありませんよ。

すごいよな。
ないです。

ホント この質問
よく取材とかでありません?

ホント 申し訳ないんですけど
って言って

「ないです」って
ちっちゃい声で言います。

「ごめんなさい」

そもそも 続けるかどうかも
分からんしね。

そうですね。

このお仕事 ずっと
できること ありがたいですけど

何か 役の方が
いろんな経験をして

普通の学生を演じたり
普通の主婦 演じたり

サラリーマン 演じたり
するじゃないですか。

自分の人生経験が
何も間に合ってなくて

感情を知らないことだらけが

二十歳過ぎてから
めちゃくちゃ増えて。

ああ~。
ラブストーリー やりますっていっても

恋愛を基本的に 堂々と
できないみたいな思考が

10代からあるから。
中学生とかからあるから

知らない… 会えないとか
よく分かんないんだよなとか。

いつから やってたんだっけ?
14です。

だから 受験とか
部活のホントに最後の瞬間とか

社会人になったストレスだったり
不安とか 出会いとか

一つも経験することがないから
人生経験がないってなっちゃって。

それから どんどん お芝居が
フワフワしてっちゃって。

じゃあ もう
作品で経験するみたいなこと?

でも もう それって感情の方向性
何となく 本で読む…。

台本に書かれてるから
ホントに こうなのかなっていう

疑問すら もはやないっていうか。
ああ~。

「こうなんだ…」みたいな。
そこで知るみたいな。

バイトは?
ないんです。

ああ~。

ない?
ないです。

そっか。
何歳から やられて…。

俺は 小学6年生に
スカウトされて

今の事務所には入ったんですけど
空手少年だったので

何か ホント
最初は興味本位でやって。

オーディション 行ってこいって
言われたら行って

って感じだったんですけど。

学生生活は 送ってきたけど
バイトもしてなければ

高校も その時点で
事務所には入っていたので

恋愛とかもコソコソというか
堂々とはできないような。

自分の中でも
植え付けられてたから。

そっか そうだよね。
10代から やってたらね。

いつですか?
俺は 19のときに

モデルのオーディションに
受かって。

そこまでは 普通に
アルバイトとかもしてたし。

高校 卒業されてる…。
大学2年のときだったかな。

深夜のコンビニのバイト
やったりとか。

居酒屋とか あとは
ファミレスのキッチンとか。

コールセンターとか。
コールセンター?

結構 やられてますね。

[人気俳優として活躍する
今日の3人]

[コンプレックスは
あるのでしょうか]

コンプレックス あります?

ありすぎて これってなる。

全部ってね。
これってなります。

初めて 映像の…
『シンケンジャー』

戦隊の作品に出させてもらったとき
お芝居 1発目で。

初めて オンエアで見たときに
自分のせりふ しゃべって

テレビから聞こえる
自分の声を聞いたときに

「うわ 何これ 気持ち悪っ」って
思っちゃったの。

なる。
そこから 自分の声に対して

自信が持てなくなっちゃって。

待って この声って
どうやって聞こえてたんだろう。

えっ? 学生のとき 友達と
こういうふうにしゃべってたけど

あいつ 俺の声 気持ち悪って
思ってたのかなとか。

ちょっと待って もう
しゃべれなくなってきたみたいな。

そういう感じ。
分かります。 声は 分かります。

1発目の自分の声を
客観的に聞いたときの衝撃。

私 4時間 一人カラオケ行って
喉 つぶしにいったことあります。

(笑い声)

どういうこと?
ずっと高くて。

キーが?
これが ホントに

めちゃくちゃ低く意識して
しゃべってる。

…ようになってから
癖づいてきたからいいですけど。

じゃあ 一生懸命
低い声 低い声って思って…。

低い声って意識してます。

すごい しゃべらなきゃいけない
役のときとか

キンキン聞こえちゃって。
1話を見たら。

あ~ 自分の声が?
うん。

やっぱ
キンキンしてんだなと思って。

でも 不思議なのが
僕は お二方の声が

魅力的だなっていうのは
思ってたから

客観的にっていうか
その 人たちは

たぶん そうは思っていない
と思います。

ある? そういう…。
コンプレックスは たくさんあります。

口下手とか。

(松坂・広瀬)ああ…。

ああ~。
(笑い声)

だから まあ
上がってるまつげとか。

皆さんは いいって
言ってくれるけど 男として…。

ああ こう くっと上がってる?

これが 女性っぽく
見えちゃうんじゃないかとか。

でも 俺は
男だしとかっていって

ずっと こういうふうに
こうやってやってた時期とか

ありました。
あるんだ?

ありました ありました。

ようやく
受け入れられるようには

なってきたんすけど。
ずっと こうやって

水とか こうやって
こういうのやったりとか

ドライヤーとかで こうやって
やったりとかはしました。

あたし でも
第一印象で言っちゃった。

いやいや でも うれしかったよ。

ホントですか?
まつげ カワイイって?

「どんな印象?」って言われて

女性的な目…
言っちゃったじゃん。

全然。
その後も ずっと

まつげ 上がってていいねとか
言っちゃって。

きょうだい いるんだっけ?
弟がいます。

弟さんは 幾つ離れてるの?
年子です。 1個下。

そうなんだ。
どうなの? 弟から見たら。

でも 作品とかは
見てくれたりとかはしてるんで。

うれしいね それね。
絶対 見てくれないわ。

ホントですか?
絶対 うちも そうだと思う。

見ないんだ?
うん。

それは すずちゃんも見ないの?
いや 私は 興味ある…。

ていうか 自分の好みとか
見れるタイミングとかもありますけど。

こんなのやるんだって 姉とも
お互いの情報解禁で

ネットニュースで知りますもん。

そういうの… 仕事に関しては

お互い そういうことは
言わないんだ。

いや たぶん やり方とか感覚が
結構 違うんですよね。

なるほどね。 同時期だっけ?
始めたのとかって。

全然。 それこそ 姉 私の4つ上で
小6にスカウトされてるんです。

姉も。 だから大先輩です。
たぶん 5~7年くらい先輩です。

そうなんだ。
じゃあ 後から入って…。

後からですね。

すごいね。 見ないんだって。
見ないんですね。

見てくれないのよ。
それよりかは

「誰々のサイン 頂戴」とか。

(笑い声)

「舞台挨拶 この人 出るらしいから
あたしも行きたいんだけど」

姉と妹がいて。
女に挟まれて育ったんで

こういう感じに
仕上がってるんですけど。

何だろうね。
基本 子供のときとかは

もう 言いなり。

下僕みたいな感じで
扱われてきたから。

「桃李 牛乳 買ってきて」とか

「冷蔵庫にあるプリン
食べたの誰!?」みたいな。

「すいません 僕です…」

カワイイ。
でも 優しいですね 桃李さん。

「食べちゃいました…」つって。
「牛乳 買ってきます」みたいな。

う~ん
仲がいいってわけでもないけど

仲悪いってわけでもないし。

弟の恋愛事情とかに
お兄ちゃんは 首突っ込むの?

僕 ちょっと
突っ込んじゃうとこあります。

突っ込むんだね。
へぇ~。

カワイイから。

「大丈夫なの? その女性」
みたいな。

「ちょっと 俺 会いに…」

そうそう 「会おっか?」みたいな。
それ 会って

「大丈夫?」って聞くの?
それとも 話だけ聞いてて…。

話だけ聞くときもあるし。
一回だけ 弟が

会わせてくれたりとかしたから
そのときは

「うん うん…」って こう見てて。

「大丈夫か?」みたいな。

ああ お兄ちゃん的には
そこは 心配なんだ。

恋愛事情ね… そういう話って
するの? 姉妹で。

私は 基本的に 自分のこと
家族に 何もしゃべらないので。

しゃべらなさそうだもんね。
ホント そう思う。

はい。

絶対に しゃべらなさそう。

お母さんとかにも あんまり。

やっと ホント 去年くらいから
ちょっとずつ

「最近 高校の友達とかと
飲んだんだよね」とか

っていうことも やっと
しゃべれるようになったくらい。

別に 秘密にしてる
とかでもないけど

話さないのが普通だったんですね。
でも 聞かれるでしょ?

聞かれないんです。 たぶん
しゃべらないの分かってる。

なるほどね。
じゃあ 誰にも言わないんだ。

だから ホント
全部 二十歳過ぎてから

自分の中で 感覚的に変わって

マネジャーさんとか事務所の方には
話すようになりました。

そうだよね。
話さざるを得ない瞬間くるよね。

そうです そうです。
お仕事に対しても

プライベートに対しても
わりと言います。

恋愛相談ね… きょうだいでなんか
恥ずかしくて できなくない?

しないですか?
しないね。

したことないし。
だって 弟に言う?

僕も言わないですね。
僕も… 言わないです。

言わないよね。

「お兄ちゃん 最近さ
こういう子が好きなんだよね」

絶対 言わないじゃん。
気持ち悪いじゃん。

確かに。
家族での男って

恋愛話ってしたくないよね。

ホントですか?
お姉さんと妹さんは してくる?

うちの家族のルールとして

恋人ができたら
家に一回 連れてくるっていう

ルールがあったんだけど
うちの姉と妹は

それを守ってたんだけど
俺は やだったから

「全然 誰とも 付き合ったこと
今んとこないです」っていう

嘘をつきながら
登下校とかしてたんだけど

うちの姉に目撃されて。
目撃されたんすね。

チクられたりとかして

怒られたこととか
あったりしたけど

基本的には しゃべらないね。
プライベートは。

しゃべりづらいじゃん。
しゃべりづらいっすよね。

[今週の『ボクらの時代』は
ここまで]

結婚とかさ。

[来週も 3人の本音の語らいは
続きます]

基本 父に殴られてたんで。
「お前!」

お父ちゃんに?
お父ちゃんに。

ぬれた髪で 洗面所から
出てほしくない。

[それでは
今日も 素晴らしい一日を]