ボクらの時代[字] …の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ボクらの時代[字]

磯村勇斗×毎熊克哉×泉澤祐希

詳細情報
番組内容
『ボクらの時代』は、毎回さまざまなジャンルで活躍するゲストが集い、多彩な話題や事象を取り上げていくトーク番組。あえて司会者を置かないことにより、ゲストたちの普段の顔・会話が垣間見られるような構成となっている。今週は、俳優の磯村勇斗、毎熊克哉、泉澤祐希の3人。仕事について、そして子ども時代やプライベートについてなど、幅広いテーマで語り合う。
出演者
磯村勇斗 
毎熊克哉 
泉澤祐希
スタッフ
【プロデューサー】
西村朗 
松本彩夏(イースト・ファクトリー) 
【演出】
高野裕樹(イースト・ファクトリー) 
【制作著作】
フジテレビ情報企画開発部

ジャンル :
ドキュメンタリー/教養 – インタビュー・討論
バラエティ – トークバラエティ
趣味/教育 – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 結構
  2. 自分
  3. 仕事
  4. 俳優
  5. ホント
  6. マスク
  7. 現場
  8. 芝居
  9. 勇斗
  10. エロ
  11. カ月
  12. ゲーム
  13. 監督
  14. 結婚
  15. 今日
  16. 作品
  17. 世界
  18. 先輩
  19. 駄目
  20. 大丈夫

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



created by Rinker
¥1,483 (2022/08/18 14:22:02時点 Amazon調べ-詳細)

[今日の『ボクらの時代』は
公私共に交流のある

こちらの3人]
誰が回すとか分かんないもんね。

でもないでしょ 回すとかは。
2人は 普段どういう話を?

結構 ほぼ毎日…。
ほぼ毎日っすね。

一緒に
ゲームしたりしてるんですよ。

オンラインなんちゃらで。
ボイスチャットで。

ホント中身のない会話だよね。
基本的には。

事務所の同じ…
先輩後輩みたいな感じ?

先輩で後輩で
だいぶ後から入って。

嫌ですよ 先輩後輩で分けられんの
めっちゃ嫌なんですけど。

これがホント日本人
面倒くさいなって思うところで。

色々あるじゃないですか。
でも それよりかは

やっぱ共演が結構大きかった。
兄弟の役やって。

それはでかいわ。

何して… でもあれか。
ゲームでオンラインで。

もし寂しいときは
そうやって話す相手がいるから

外で あんま飲みに行かなくても
飲みに行った気分にはなれるから。

飲みに行くのもなくなって
この何年かで。

久しぶりに深い時間まで飲むと
楽しいけど

月に1回ぐらいでいっかなって
すごい疲れちゃう感じがして。

疲れますよね。
疲れる。

まだ20代前半の頃は
朝まで行ってても

元気だった自分があるんすけど
年を重ねるごとに

朝までが
つらくなってくるなって。

だいたい終電で帰るもん。
終電で帰ろうぜってなるし。

か 近場ですよね 近場で帰れる所。
健全ですけどね。

でも中にはいるじゃないですか
先輩でも

余裕で朝まで飲んでいける人も
すごい体力だなって思う。

尊敬します。
すごいよね。

でも演劇とか結構多くない?
そのイメージあります。

稽古終わったら
飲み行くみたいなパターン。

打ち上げとかも それこそ
なくなったじゃないですか。

今までは作品終わるごとに
みんなで集まって打ち上げして。

あんま
僕 そういう場 苦手なんです。

人が たくさん集まって。
たぶん みんな 苦手タイプ。

俺 打ち上げで話す一言みたいな
マジでやりたくないです。

分かる。 めちゃくちゃ分かる。
あれ 逆にしてほしいなと思って。

普段しゃべらないスタッフさんを
しゃべってもらって。

スピーチとか俳優が… 出てね
いらんのよ いらない。

しかも ちょっと飲んでるから
余計なこと言いそうに…。

たまにいるじゃないっすか。

打ち上げなのに あれのために
めっちゃ緊張してんの。

だから ちょっとね
無駄に飲んじゃったりとかしてね。

言えなかったことを考えて
後悔するし。

あれ 絶対やめた方がいいと
思うんだよ。

やめようよ。
あと もう一ついい?

現場 クランクインしたときにさ

「何々役の泉澤 祐希さんです」
みたいな あるじゃん。

いらないと思うのよ。
あれ いらないね。

いらないんだよ。

スムーズに「あっ」ってなるのは
いいじゃないっすか まだ。

でも たまに忘れてて
「あっ あっ えっと 何々役の…」

いや もういいっすよ。
ある ある ある。

名前とかも こうやって
「えーっと…」みたいな。

あの間 すごい嫌だよね。 分かる。

俺も名前 「勇斗」を
「ユウト」って間違えられて

「何々役の磯村ユウトさんです」

こうやって
クランクインしたときあるもん。

あれね なくていいのよ。
スタッフさんたち やってないじゃない。

僕らは同じだから 俳優部として
ただ参加しただけだから。

あれってね
いつからある風習なんだろうね。

昭和の映画とかでも
あったのかな?

そういう名残なんじゃないっすか?
「高倉 健さんです」みたいな。

「お~」
そうはやってないと思うけど。

なかったんじゃないかなって
知らないけど。

いつから あの風習があるのか。
俳優ファーストみたいなのが

いつからそういうふうに
なったのかっていうところ…。

でも昔の昭和の…。

スターだったわけじゃない
当時の人たちは。

だから やっぱり
「スターが来た」みたいな。

でもスターと呼ばれる人もいれば
名カメラマンとか

そういう感じ…
もう みんなケンカじゃん。

ケンカというか
みんな こうやっているから。

俳優ファーストじゃなかったのかも
しれない もしかしたら。

もうちょっと普通がいいよね。
フラットに。

普通がいいっすね。
「始めましょう」っつって。

♬~

[磯村 勇斗さんが
初主演を務めた…]

[無人島で共同生活を送る男女の
カルト宗教的な世界を描いた

この作品で毎熊 克哉さんと
初共演を果たしました]

ずっと無人島にいたから
野性的になったんだよね。

目つき違った。
違いました?

あんとき 確か初めましてで。

肌も焼けてるし痩せてるし
目がギラギラしてて。

何かね 飢えてた
いろんなものに対して。

ひげも生やしたりして。

途中 違う仕事があったんすよ
1日。

違う映画の舞台挨拶があって。

そんとき
切り替えなきゃいけないのに

全然切り替えられなくて

めちゃめちゃ
1人だけ浮いちゃったのよ。

この人 どっから来たの?
みたいな。

どう? 切り替えられる?
他の仕事があったり

あるいは終わってから
すぐ抜けるのか 役が。

戦争物とかやると
俺 結構きちゃうかな。

そういうときは家 帰っても
ずっと涙 止まんなかったりとか。

ずっと台本 読みながら
泣いてた時期もあったし。

戦争物 俺はやったことないから
あれだけど きそうだね 心に。

くるね。 そういう資料映像とかも
見たりするじゃん?

入ってきちゃうんだよね すごい。

実際に起きたことだからね
そうだよね。

例えば暴力的な役で
暴力とかしないから

ずっと暴力を追求してると
「怖いね」とかって言われたりとか。

それこそエロいやつとか
ずっとエロいこと考えてるから

電車でも ずっとエロい顔で
こうやって。

不審者ですよ。
駄目だよ それは駄目。

自分の中では
ただ目の前に座ってる女性を

見てるだけなんだけど。
それも駄目なのよ。

はたから見たら
変なやつなのかもしれない。

やっぱ研究をね
ずっと その期間してるから。

2人ともさ
俺から見た感じなんだけど

そんときで全然顔が変わるのよ。
そうっすか?

毎熊さんも目つきが
全然変わったときがあって

聞いたら やっぱ 今そういう役
やってるみたいなときとか

あった気がする。
勇斗もそうだけど。

でも確かに
自分では気付かないかも。

自分は自然と
その役に向き合ってるだけで

はたから見たら
何だろうね 出てくるもの?

にじみ出るものってあるじゃん。
役やってるとさ。

そういうのが
自然と出ちゃうんでしょうね。

やっぱ でも『ビリーバーズ』のときは
別人だったかも。

やっぱ ちょっと怖かった。

怖かったですか?
怖かった。

おなかすいてる顔してた。
動物じゃないっすか。

でも それは間違いないかも。

ご飯 ほとんど食べないで
3人で暮らしてたんで 実際に。

そういうのは出るもんなんだね。
きっと出ちゃうんだよね。

でも それって役者にとっては
大事なことだから。

そうでなきゃいけないんだよね。

それが映像に伝わる お客さんに
画面越しに伝わると思うから。

役に対して向き合ってくってのは
やりたいよね。

そうだね。
なかなか でも ほら

重なってたりすると
できなかったりして悩むじゃない。

だから
ちゃんと期間欲しいなって思う。

でも まあ
全員思ってんだろうなと思って。

もう あんまり
言わないようにしようと思って。

思わないようにしようというか。
言わなきゃ駄目ですよ。

言わなきゃ できちゃう人たちが
いっぱい いすぎるから。

器用なんだよ。

だから たぶん ハリウッドとかだったら
一つの作品に向けて

3カ月とか半年 役に向けて
時間あるわけじゃないっすか。

それで筋トレしたりとか
職業体験したりとか。

でも日本の俳優さんは
1週間あったらラッキー。

3日ぐらいで でも やれるじゃん。

日本の俳優 スキル高いんじゃね?
って思う瞬間もあんのよ。

即戦力というか
瞬時に作り上げて

芝居するっていう力は
世界から見ても

どう見られてるんだろうってのは
気になる。

もしかしたらチープって
言われるのかもしれないし

「やっぱ浅いね
それぐらいしかやってないから」

って言われるかもしれないし
「その期間で それ作ったの?」

って言われるかもしれないし。

すごく どう思われるんだろうって
すごい気になるところではある。

1カ月でも
じゅうぶん多いと思うんだけど。

その1カ月の間は
絶対に他の仕事しないで

その期間も保証しますっていうのが
あれば やれると思うんだよ。

その 没入して。

でも今って入ってくるじゃん
空いてるときとかに。

そういうのがなくなってくと
そういうことができるんだろうね。

隙間産業だから 僕ら。
空いてたら とにかく入れて

仕事をするっていうのが
今の現代のスタイルじゃない。

そういうやり方じゃないようにね
もっと こう…。

それ やりたいね。

でも じゃあ 俺が監督して
祐希主演で

「じゃあ 祐希君
1カ月 空けてください」

「事務所にも話します」って
言ったとしても

「いやぁ 磯村監督ので この作品で
この予算で この規模で

1カ月空けます?」ってなるのよ。
だから そこの説得力だよね。

いい脚本と ちゃんと
1カ月分のギャランティーっていう

たぶん そこもプラスされてくるから
難しい。

お金だよね。
お金は難しい ホントに。

[今日の3人の経歴は三者三様]

[磯村 勇斗さんは
地元 静岡の劇団出身]

[上京後は様々な小劇場を
転々としていました]

[卒業後 再び
芝居の世界に戻ってきました]

[一方 毎熊 克哉さんが

世間に知られるようになったのは
30歳]

[それまでは アルバイトをしながら
下積み生活を送っていました]

役者って苦しくないっすか?

役者って 俺 入る前は
めちゃくちゃ華やかな世界だと

こういう芸能界含めてですけど
華やかだと思ってたけど

やっぱ全然違くて。

地味だよね。
地味。

土 どっちかというと。
毎日 弁当 食ってね。

ホントですよね。 冷や飯 食って。
みんなでね 冷や飯 食べて。

地味だよね ホントに。
地味。

結構 僕ら デビュー当時とか
若手の頃って

苦労するじゃないっすか。
現場の雰囲気も分かんないし。

俺 だから初めて映画の現場に
行ったときに

結構 監督から
「お前 役者 辞めろ!」って

怒鳴られたことがあって それがね
今でも すごい腹立ってんだけど。

すごくね苦しかったの そんとき。

でも そんときはね 負けたより
ムカつくというか

どっちかというと
もっとやってやるって気持ちに

なったんだけど。
でも辞めようと思ったことない?

あります あります あります。
いつごろ?

1年ぐらい前 最近ある。

ありましたね。
何で?

何で俳優やってんだろ?って
急に思ったんすよ。

急に?
仕事きっかけとかじゃなくて?

仕事が結構 重なりが
続いてたっていうのもあって。

ただアウトプットして
機械になってきてる 俺。

何を届けたいんだろ?俳優として
みたいなことを

すごい考える時期があった。

何か もうやってる意味ねえなって
思う瞬間ありましたね。

辞めなかったのは特に?

1回 その後 ちょっと休み頂いて
ちょっと回復期間を持ったら

自然と戻ってました。

やっぱ やりたかった?
やっぱ現場が好きなんだよね。

みんなで
一緒に作るっていうことが

俺 好きだなって気付いて
あらためて。

また続けてる感じ。

でも働き過ぎは良くないよね。
でも そうだと思いますね。

この業界に限らずね。
自分らだけで言っても

まっとうに
真面目に生きていくことと

ホントに
どうしようもなく生きることの

両方をやってる感じがするんすよ。
矛盾してるじゃないっすか。

すごい矛盾したものを
両方やってる感じが結構しんどい。

一番しんどいなって思う すごく。

だからメンタル的に
病んじゃったりするんでしょうね。

俳優ってね。
かもしれない。

祐希ある?
俺 でも それこそ子役んときは

俺も ずっと泣いてた。
怒られて?

毎日 リハ室行ってて
監督に怒鳴られてっていうのを

繰り返してって。

で リハーサル室入る前から
泣いてたの 俺 嫌で。

ずっと泣いてて
いざ芝居とかになるときに

やるはやるけど
怖くて萎縮しちゃうのよ。

で できないじゃん。
「何で お前 できねえんだよ」

「あいつはできるぞ!
あいつはできんのに

お前 できねえのか!」
比べるやつね。

うるせえよって思うわけ
こっちとしたら。

そいつはそいつだろ?って
思うんだけど。

昔の方が今に比べては
全然怖かったね 現場は。

そうだよね。
時代かね やっぱりそれは。

時代もあるでしょうね。

今 怒ったら
すぐ言われちゃいますからね。

でもホントに
怒っても意味ないよね。

萎縮したら だってそれこそ
いいパフォーマンスができないし。

監督 対 僕ら俳優ってのも
あるし

スタッフ間の上司と
先輩後輩みたいなところでも

怒鳴り合ってるの
まだ たまに聞いたりするけど

何か良くないなって。
こっちにも流れてくるじゃん。

流れてくるね 空気が。
重いのがね。

ちょっとげんなりするから
もう時代的に

そういうのじゃないんだなって
すごく思うし。

変わってきてるとは思うけどね。

どうなん? あんま変わんない?
それまでと。

でも どちらかっていうと
助かってるかな。

お~。 それはどういった面で?

すぐ話すことができるじゃん
誰かと。

悩み事とかね
面白いこととかも含めて。

相手もやってくれるし 芝居の。
相手をやってくれるし。

俺は どちらかというと
幸せになったかな。

この間 初めてお会いして。
奥さんに?

めっちゃできた奥さんで。
いやいや… あざっす。

たぶん2人が
こうやってゲームして

「そうなんだ」っつって 後ろで
何かやってくれてんだろうな。

俺 だからゲームして
ボイスチャットつなげてるから

奥さんとの会話とかも
結構聞こえてくるんだけど

もうね ニヤニヤしちゃう。

幸せなコミュニケーション
取ってんのよね。

楽しいっすよ。
どう? したいとかある?

結婚? 結婚は まあ…。

えっと 一夫多妻制にしたい。

気持ちは分かるよ 気持ちはね。

いろんな磯村の血を残したい。

すごい野性的…。
初めて聞いたかも。

『ビリーバーズ』引きずってるね。

やっぱ色々と自分の子孫を
幅広く広めていきたいなって

野望はあるよね。
渋沢 栄一タイプ。

いろんなとこに子孫いるから。

どうですか? 結婚は。
もう結婚してるから。

あっ そっか! そうだそうだ。
あんま言ってないですもんね。

「このたび」みたいなのはしてない。

でも子供がいないから
あんまり変わんないかな。

子供ね。
もうすぐ生まれますね。

そしたら
また変わってくるんじゃない?

どうなるのかって
自分でも楽しみですけど。

でも ちゃんと育てるパパ…
すごくかわいがりそう。

どんな親父になりたい?

ああ 僕はね
高田 純次さんみたいになりたい。

いいよね。
いいよね。

高田 純次さんみたいな
ちょっとエロい発言しても

許されるような
ダンディーに聞こえるみたいな

おじさん いいなって。
四六時中ふざけてるみたいな?

でも ほぼなってるから大丈夫よ。
大丈夫?

このままいけば
高田 純次二世になれる?

なれる。
なれるかもね。

『ビリーバーズ』で会ったとき
怖かったんだけど

次 会ったときは
そうじゃないんだって思って。

どっちかというと
四六時中タイプでしょ。

でも大人になっても
子供心 大事にしたいなって

すごく思う。
それがないと

クリエーティブ能力にも
つながらない気がしていて。

子供でいることが新たなものを
生む気がするんだよね。

いわゆる普通になっちゃうもんね。
ずーっと こうなってるのを

ばーんって上げてかないと。
思うね。

どんな子供時代でした?
ちっちゃい頃。

ちょっと
変態タイプだったかもしれない。

それはどういう変態ですか?
鏡を何個か用意して

家に鏡台があって
その鏡台を動かして

その先に別の鏡を置いて
その先に また

下の階に行けるぐらいの所に
こうやって。

で 妹がいて。
妹の部屋につなげて

ちょっと
これで会話しようぜみたいな。

え~!?
でも妹は全然構ってくれないから

「ちょっと あっち行って」みたいな
感じだったけど

それを試したくて。

どこまで鏡で屈折させて
しゃべれるかみたいなのを

ワンマンプレーで。
すげぇな 鏡はちょっとすごいな。

すごい遠く離れてるのに鏡だけで
目が合ったら うれしいみたいな。

変態だわ!
今の顔 すごい変態でした。

そうなんですよ。
その遊び やりたいかも俺も。

面白いかも。
意外と楽しかった。

どう? 勇斗。

小学校んときの話に
なっちゃうんだけど

小6んときに中1か中2の

すごくマドンナみたいな
カワイイ先輩いたのよ。

ある日 その中学の先輩が
グラウンドで遊んでたのよ。

俺も放課後グラウンドで遊んでて
「久しぶり」みたいになって

俺が ちょっかい出したら
追い掛けてきたのね。

やめろよみたいな。
それ すごいうれしかったんだけど。

で 俺 こけちゃったのよ。
追い掛けられて。

そしたら その先輩が
上にかぶさってきたのよ 背中に。

で 初めて俺は
女性の胸を意識した。

そこで!?
小6で。

ここの当たる瞬間に
あれ? 女性なんだっていう。

そこ!?
そこ。

そんときに
なぜか体が熱くなったの 急に。

燃えてきた?
燃えてきた。

これが性の目覚めか。

そんなの
今 急に思い出したんだけど。

ぬれ場とか結構 毎熊さん
やるじゃないっすか。

そうっすね。
ああいうときは緊張します?

しないといえばしないけど。

初めて ぬれ場をやる女優さんとか
緊張してるし

それこそ気ぃ使って

嫌じゃないように
してあげたいなというか。

それが芝居のためにもなるしと
思って すごい気ぃ使って

じゃあ 次 ありがとうございました
とか言って

スマートにやってたつもりが
終わってから ブツブツできて ホントに。

結構やっぱストレスというか
あったんだなと思って。

やっぱ男でも何だかんだ
自分のそういう行為を

人の前で見せるって
まあまあのことじゃないっすか。

そうっすよね。
普通に考えて 人間としては。

おかしいことやってますからね。

だから
意外と心は疲れてるんだなって。

男としては全然ウエルカムで

動じずにやっていきたいって
思うし

でも やっぱ どっかこう
そのシーン撮り終わって

ホテル帰ると
ハァ~ 今日すごい重たいな…。

どっか精神的に
疲れてんだなっていう。

疲れるよねぇ。

前貼りって
めちゃくちゃ恥ずかしくない?

恥ずかしい。
前貼り 恥ずかしいよね。

滑稽じゃない。
あれ 自分でつけるじゃん?

最初やり方分かんなかったもんね。
分かんないよね 俺もそうだった。

すっげぇ適当にやっちゃって
撮影中 剥がれそうになったりして。

ぬれたりするとね
ペロッて剥がれそうになったりして。

剥がれるんですよね あれはね。

松坂式っていう
松坂 桃李さんが生み出した

方式があって。
そんなのあんだ。

結構 芸能界の中で浸透してる。
靴下?

マスク。
あっ マスク?

マスク 今 普段 僕ら…。
あのマスクを貼って

テーピングで押さえるってのが
一番…。

すぐ かえられるし
しっかり おさまりがいい。

この間 初めてやった それ。
やりました?

どうでした? マスク式。
楽だった。

楽でした?
すごい楽。

剥がすときが楽で。
そうなんだ。

でもホールド感…。
ホールド感。

テープだけだと動くと
やっぱ あれするけど

マスクだと結構 安定感があって。
へぇ~。

これ大丈夫かな? 日曜の朝から。
そうだ 朝だ朝だ 大丈夫かな。

使われてたら面白いけどね。

これを機に またプライベートでも
3人で ちょっと集まったりして

酒 飲みたいっすね。
仕事で集まれるのがベストだけど。

3人でもないからね。
同じ作品やりたいし。

[それでは
今日も 素晴らしい一日を]