SWITCHインタビュー 達人達「ホラン千秋×リュウジ EP1」[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

SWITCHインタビュー 達人達「ホラン千秋×リュウジ EP1」[字]

総フォロワー数680万、SNSでバズりまくりる料理研究家リュウジ。常識破りなリュウジの料理とその人生に、“映えない弁当”で話題のホラン千秋が迫る。新レシピも!

番組内容
ブログで公開した手作り弁当が“映えない”と話題のホラン千秋。白いご飯に、ラップでくるんだおかずを詰めただけの弁当は「ヤバ弁」「雑弁当」とネットを沸かせた。そんなホランが指名したのは、総フォロワー数680万、SNSでバズりまくる料理研究家リュウジ。驚くほど簡単で常識破りなレシピは、料理嫌いな人からも圧倒的支持を受ける。数年前までサラリーマンだったリュウジの人生とは?ホランリスペクトの新メニューも!
出演者
【出演】タレント・キャスター…ホラン千秋,料理研究家・YouTuber…リュウジ,【語り】満島ひかり,岡田将生

ジャンル :
ドキュメンタリー/教養 – インタビュー・討論
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般
ドキュメンタリー/教養 – カルチャー・伝統文化

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 料理
  2. 本当
  3. リュウジ
  4. レシピ
  5. 動画
  6. ハハハハ
  7. 大丈夫
  8. 自分
  9. SNS
  10. 世界一
  11. 料理研究家
  12. バズ
  13. ホラン千秋
  14. 仕事
  15. 弁当
  16. お願い
  17. 結構
  18. 絶対
  19. 全部
  20. 調味料

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



NHK
created by Rinker
¥780 (2022/08/18 00:20:28時点 楽天市場調べ-詳細)

5月下旬。
東京 赤坂の民放テレビ局。

おはようございます。
お願いしま~す。

「岸田総理が 昨日 日本を訪れる
外国人観光客の受け入れを

来月10日から再開すると
表明したことについて…」。

タレント ホラン千秋。

5年前から 夕方のニュースの顔として

キャスターを務めている。

(英語で)

海外の要人とも
渡り合う才女。

シリアスな仕事を
クールにこなす一方で

バラエティー番組のゲストとしても
引っ張りだこ。

うちの父が
カメラとか機材とかが大好きで…。

あら!
よく 中継先で

ENGっていって
大きなカメラあるじゃないですか。

もう カメラクルーじゃない!
(柴田)娘 撮るの?

(山崎)ホラン千秋?
小さいときは

普通だと思ってるから それが。

そんなホランが ある画像を
ブログにアップし

話題となっている。

毎日 仕事に
持っていくという…

白いご飯に
ラップでくるんだおかず。

保存容器に詰め込んだだけの
シンプルな弁当は

ホラン自身のイメージとのギャップから

「ヤバ弁」「ホラー弁」と呼ばれ

ネットを沸かせた。

「雑すぎる」との声が上がる一方

「共感する」「勇気をもらった」などの
称賛も…。

捉え方は 人それぞれですね。

そんなホラン千秋が
会いたいと指名したのが…。

料理のおにいさん リュウジでございます。

今 SNSで
バズりまくっている…

動画の総再生数は4億を超え

SNSの総フォロワー数は
延べ680万人という

怪物YouTuberだ。

「リュウジのバズレシピ」!

リュウジの料理は どれも常識破り。

例えば ペペロンチーノ。

パスタをゆでて 味を付けるまで

すべて 一つのフライパンで完結させる。

ここで ちゃっちゃ ちゃっちゃ やって

乳化していきます。
で どうですか 皆さん。

この時点で ソースがほとんどないですね。

これが非常に重要なんです。

めんつゆなど手近な調味料も
積極的に使用。

驚くほど簡単な時短レシピで

酒のつまみからスイーツまで

毎日のように新メニューを紹介。

その どれもが絶品と評判だ。

料理というよりは…

だって…

弁当でバズったテレビタレント
ホランが

簡単料理のYouTuber
リュウジに突撃!

一体 どうなる?

分かる!

そのまんま…。
このまんまです。

♬~

(ノック)
お邪魔しま~す。

ああ どうも こんにちは。
こんにちは。 よろしくお願いします。

よろしくお願いします。
ホラン千秋と申します。

いつも ここで 動画 撮られてるんですね。
動画 撮ってますね。

大丈夫ですか?

二日酔い?
結構 動画で いつも飲まれてますもんね。

そうですね。
でも 大丈夫。 だんだん上がってきます…。

だんだん上がる…?
よろしくお願いします。 お願いします。

ちょっと まず
こちらのいつものスタジオを

見学したいなというふうに
思うんですけれども。

見渡してみると… これ 調味料ラック!
そうですね。

ずらりと並ぶ調味料。

家庭で再現しやすいよう

スーパーなどで手に入りやすいものを
意識しているという。

何か こだわりとかっていうのは
あるんですか? この調理場で。

こだわりですか?
ああ でも そうですね…

でも 何か…

だから こういうのも…

しまっても 今日 どうせ また使うし…。
そうですね。

へえ~!
いや でも 分かります 何か。

その辺りが でも
うちも うちもっていう方

多いんじゃないですか?
かもしれないですね。

でも 一回…

そうなんですか?
はい。

ちょっと いいですか? 拝見しても。
大丈夫です。

炎上したっていうのを聞いたあとに
開けていいかっていうのは ちょっと…。

今は たぶん 大丈夫。
大丈夫ですか?
今は たぶん 大丈夫。

タダ~ン!

卵は落ちそうですけど…。

絶妙なバランスで
レモンがね 見て これ!

このレモンがなかったら
確実に この卵は落ちてるっていう。

でも…

これ 冷凍庫ですか?
冷凍庫です。
いいですか? 開けて。

ちょっとだけ…。
ジャジャ~ン!

ちゃんと でも…
いつ冷凍したかっていうの書いてある!

ここだけ几帳面っていう…。
確かに! これ まめですよね。

炊きたてを 全部 やってますね。

炊きたてで すぐ冷凍しちゃったほうが
いいっていうこと…?

そうです。 おいしいので。

ちゃんと これ
200グラムになってるんですか?

全部 200グラムです。
ここだけ めちゃくちゃ几帳面!

でも だんだん
元気になってきましたよね。

話してると元気になってきます。
さっきよりかは 目 開いてます。

モードに入ってくると
ちゃんと しゃべるようになる…。

いやいや… 最初から入れてください。
ハハハハ…!

本当ですよね。
本当に。

そうなんですよ!
そうそうそう。

スタジオにも来てくださいましたし
映像でもね 出てくださいましたし。

そうなんですよ。 で…

やっちまった やっちまったみたいな。
ふだんはね ふだんは もう 本当に

何だっていいだろう
みたいな感じなんですけど

ニュースは もう 見てる皆さんも
やっぱり

正しい情報を知りたい
っていう方が多いので。

でも そのイメージが
すごい強かったから

今日 どきどきして…。
ハハハハ…!

いや でも 俺…

「よくやってくれた」…。
いや 本当に 本当に…。

やっぱりね どうしても 家庭では…

ホランさんの あの弁当は たぶん…

いやいや 本当に。

僕が伝えたいことも同じで
着飾らないでもいいんだよということを

僕は 動画の中で
すごく言ってるんで

それを
ナチュラルに実践してる人が

ああ いたんだっていうふうに。
ハハハハ…!

そうなんですよ。 あれ でも…

そうなんですよ。 皆さん 聞きました?
ちゃんと作ってるんですよ 一つ一つ。

卵焼きがね 入ってて
炒め物が入っててっていうような。

ただ まあ 盛りつけが その…
きちっとしてないというか。

今 ここで もう
オブラート 包まなくていいです。

もう 言っちゃって大丈夫…!
盛りつけは まあ あの…

雑というかね…
すごい雑な感じなんですけども

でも 自分のものですから。
で 今は

自分で自分のお弁当を
作られる方って かなり多いんですよ。

かなり多いんだけど
ちゃんとね プチトマトとか

買ってるんですよね 入れて…。
ブロッコリー 別ゆでとか。

きれいに。
そうなんですよ。 でも それが

結局 苦痛になっちゃって続かない
みたいな感じがあると思うんで。

何か 例えば 私が その…
ショウガ焼きだけ弁とか

あとは 何ですかね いろんな
「だけ弁」があるんですけど。

自分が作ったもので
だけ弁を 例えば こう

SNSとかに載せると
「えっ それだけ?」とか

何か「そんなんで お弁当って呼べるの?」
とかって言われるんですけど

でも コンビニとかで
ソーセージだけ弁とか

ミートボールだけ弁とか
あれに対しては SNS

「待ってました!」とか
あるじゃないですか。 ありますね。

あれって 人の…

…って思ったりするんですよ。
ああ それはね ありますね。

作ってるだけで 皆さん
偉いと思いません? そう!

何だっていいのよ!
分かる!

もう 作ってりゃ それだけで
みんな 超偉いっていう…。

料理研究家 リュウジも うなった
ホラン千秋の「映えない弁当」。

ここで リュウジが
リスペクトを込めて

新しい弁当レシピを披露してくれた。

材料は たったこれだけ。

まずは ご飯を
レンジでチンしてスタート。

はい じゃあ もう これ 熱々なんですよ。

本当だ! ここに…

そのまま?
お豆腐を。

水は切らなくていい?
水ぐらい 切ろうかな。

水ぐらい 切ろうかな。
水は切りましょう。 水分がね。

水分がね はい。
それを… ええ~!

バターは 切るの面倒なんで
こうやって ちょっと 削って。

これは もう ご飯の熱で
溶けていきますから。

でも そういうことなんです。
洗うのが面倒くさいから…。

そうです そうです そうです。
合理性でいったら はい。

あとは もう
好きなだけ かけてください。

好きなだけ。 お好みで。
さけフレーク。

最後に 醤油を こういう感じで。

私のお弁当みたいなことですよ。

「何だろう? これ」っていうレシピです。
そういう料理です。

ハハハハ…!

調理時間は 僅か3分。

そのお味は?

いただきますね。 いただきま~す!
ふ~ふ~しなくて もう いいんだ。

はい そのままで大丈夫です。

一口目から うまい!
ハハハハ…!

いや おいしい!
そう うまいんですよ。

おいしいですね!
うまいんですよ。

いい! 何だろう お豆腐がね
ちょっとクリーミーになってるの。

ああ~ そうですね。
ご飯とご飯をつなげて。

あとね ささっと食べられるのが 結構…。

うん! 皆さん 忙しいですからね。
仕事の合間とか。

でも 何か こういうのでも

おなか満たそうよっていうような
感じですね 忙しいときはね。

これも 一つの正解なんですよ。
うん! いや おいしいですよ。

本当に おいしい!

はい ということでですね…

リュウジの動画の中でも
高い人気を誇るのが

寝起き姿の
低いテンションで登場する

この「虚無シリーズ」。

カニカマだけで作る虚無中華丼。
え~… やっていきたいと思います。

カニカマだけを材料に
中華丼を作るレシピ。

けだるいキャラクターで

極限までシンプルにしたメニューを
紹介することで

料理嫌いの人にも見てもらうのが
ねらいだ。

ほかにも 卵もパン粉も使わない
ひき肉だけのハンバーグ。

ソースも おろしにんにくと
調味料だけという徹底ぶり。

さらに こちらは
油揚げだけで作る すき焼き。

誰でも 簡単に
そして 楽に料理を楽しんでほしいと

ファンの裾野を広げてきた。

いただきます。

虚無シリーズ おいしそうなんですよ。
ああ~…。

何の そっけもないですよね。
野菜も入れないし。

カルボナーラとかベーコンも入ってなくて
チーズと卵だけだけど

シンプルにおいしいっていう。
そうですね。

あれは 何か もう
家の冷蔵庫にあるので

適当に作るみたいな
シリーズなんで

料理 あんま しない人たちも
あれは作ってみたいっていう人が

いっぱい いるみたいなんで。

…が多いんですね。

だから そこで すごく
温度差が生まれるんですよね。

だから 自分自身は…

嫌いな人の目線に立って
どんなことが分かんないかなとか

面倒くさいかなみたいな…。
そうです。

全部 面倒くさがるようにしてますね。
そうすると ここ 省略したほうが

絶対 みんな 作ってくれる
とかっていうふうになるんで

それは すごく大事な目線なのかな
っていうふうには思ってますね。

これだけで出来るんだっていう
その手軽さ 気軽さがいい?

そうです そうです。
あっ じゃあ 作ろうみたいな。

何が出来るんだろう? みたいな
わくわく感もあるじゃないですか。

超大変ですね。 いろんなこと
計算しますもんね だってね。

計算しますね。
めちゃめちゃ考えてはいますけど

あんまり考えてる感じを
見せないようにしてます。

面白おかしい僕を見てもらって
よかったら料理してねっていうのを

みんな見てくれればいいな
っていうふうには思ってますね。

種明かししちゃったから みんな 次から
「すごい考えてるんだろうな これ」って

思いながら見るかもしれないですね。
この番組見たら そうかもしれないですね。

それも ちょっと恥ずかしいですけどね。
ハハハハ…!

小さいころから
極度の引っ込み思案だったリュウジ。

食には 特に
こだわりがなく…

高校に入ると 家族とも しっくりいかず
半ば 引きこもりの生活に。

リュウジさんは ちなみに 何で
お料理 好きになったんですか?

…っていうので やったんですけど。
いくつぐらいのときからですか?

それ
高校 入るか入らないかぐらいですね。

そのときに やっぱり…

うれしいですよね。
うれしいんです あれって。

なので…

だから 好きになりましたね。

初めて作ったのはチキンソテー。

鳥の むね肉を焼いただけだったが
母親は大喜びしてくれた。

その後 さまざまな職を経て…

しかし…。

ああ そうなんですね。
あまりにも きつすぎて。

本当に 12時間以上
働いてる日のほうが多かったんで。

そうすると
僕 料理が趣味だったので

レストランで作ってる料理だけに
なっちゃうなあと思って…

へとへとに疲れちゃって
家で料理できなくなっちゃったんで

あっ これは もう
料理 嫌いになるから もう…

料理 嫌いになったら終わりだと
思って。 へえ~!

そこからは 趣味だと思って

本当に もう 細々と
ブログやるぐらいでやってて。

そこで…

…をやらないか
っていうような話になって

「僕 料理 好きだから
やりたいです」って言って…

おお~! 何 作ったんですか?
そのとき ちなみに。

それこそ もう 普通に
焼きそばとか おでんとか

あとは 洋食とかでいうと
ナポリタンとか

本当に 何か 皆さんの
なじみのあるような

これ 食べたことあるっていうのを
選んで やってたんですけど

ここの食堂の
何万倍も うまいみたいな。

まあ それも どうかと思うんですけど
言われて。

で そこで ああ やっぱ 料理って
いいよなあみたいな。

喜んでもらって。
そうそう そうそう。

それを…

僕も うれしくなるじゃないですか。

へえ~…!

また 料理に戻ってくるっていう…。
名乗っちゃおうか! みたいな。

で 名乗ったら お仕事が
来るようになったっていう感じです。

そうなんですね。

SNSの投稿をきっかけに始まった
料理研究家としての道。

32歳でレシピ本が発行されると

働いていた介護施設を退職。

YouTubeに動画を投稿し始めた。

どうも~!

現在 投稿している動画は 900近く。

総再生数は4億を超え

一気に時代の申し子となった。

時代ですよね 本当に。 みんなが
SNSというツールを使って

何でも発信できるわけじゃないですか。
そうですね。

それこそ リュウジさんも
YouTuberとなって

YouTubeで ご自身のレシピを
発信するっていう。

その場が あるのと ないのとだと
全然 違いますよね。 違いますね。

ただ… だから この
時代が もう 20年 違えば

絶対に なれてなかったんで。

僕 自分のチャンネル
「バズレシピ」って言ってるんですけども

文字どおり 僕のレシピが 一回

どこかでバズったから
注目されるようになって

料理研究家っていうところは
認められたっていうのがあったんで。

バズらせるのって 話題になる…
すごい難しいことじゃないですか。

今 みんながみんな たぶん
どうやったらバズるのかって こう

考えてると思うんですけど…

ああ なるほど。

ちょっと盛ってるなぐらいの?
盛ってるなぐらいな。

人から見たら おい… そんなわけ
ねえだろぐらい盛るというか。

例えば どういうキャッチコピーが
ついてるといいですかね…。

何ですかね… もう…

「革命的なうまさ」とか。
「革命的な」…。

本当 言っていいですか?

そういう 何か
あおりがあったほうが…。

だって 僕のこと
知らない人も多いわけなんで

そういう人たちに じゃあ どうやって
作ってもらえるかなっていったら

やっぱり…

「どれだけ自信があるか」?

確かに。 それが 実際
世界一おいしいかどうかの事実って

ある意味 どうでもいいんですよね。
そうですね。

それは人によるんで。
本当に そうですよね。

味 薄いのが好きな人もいれば
濃いのも 好きな人もいるし

みんなにとって世界一って
ありえないですもんね。 ありえないです。

でも それが世界一おいしいって
僕が思って

世に出すっていうことが
すごく大事で。

「これが僕の世界一です」
っていうふうに言って

皆さんに食べていただく。

やっぱり 自分の この…

僕 レシピのこと
自分の作品だと思ってるんですけども。

確かに「世界一」って書いてあったら
もう まんまと押しちゃいますもん。

見ちゃいますもん。
そうそうそう。 だから

どうぞ 僕の世界一を食べてください
っていうような感じですね 僕は。

「5個以上使わない」?
はい…。 何か

レシピ見るときに…

確かに。
たまに こうね レシピ本あって

ここ全部 材料みたいなとき
ありますもんね。 あります あります。

調味料も もう 長ったらしいと

こんなに買わなきゃいけないのかよ
っていうふうに思って

ハードル めちゃくちゃ上がるんで。

ハードルを下げながらやっていくと
こう みんな… 何ていうんですかね

料理に もうちょっと
触れてくれるんじゃないかなというのを

考えながらやるのが
料理研究家だと思ってるんで。

確かに レシピ本 見て
これどおりに やらなきゃいけないとか

お弁当は美しくなきゃいけないとか
結構 皆さん

思ってる方 多いと思うんですけど…

そうですね。 やっぱり

日本における食に関してっていうと…

「だし 顆粒の使ってるの?」みたいな。
そうなんですよ!

顆粒もいいし もちろん
ちゃんと取ったのもおいしいし

どっちも いいじゃないっていう。
そうなんですよ。

僕は 何か 作る料理が

結構 簡単に寄ったもののほうが
多いんで。

市販の めんつゆとか

白だしであったりとかで
やることが多いんですよ。

そうすると「いやいや これで
料理研究家って…」みたいなのは

かなり言われますね。

言われたとき どう思うんですか?

うるせえ! って思いますね。
ハハハハ…!

ハハハハ…!

わりと言われたりしますね。

でも それを言う人たちの気持ちって
すごくよく分かるんですよ。

僕は もともと そうだったんで。

「めんつゆ使ったら もう 料理の意味
なくない?」とかって言う…

ちょっと 意識 高かったんですよ 昔。
もともと? ええ~!

それこそ
缶の粉チーズ あるじゃないですか。

「あれを使うのは もう 邪道」とか

「カルボナーラは もう 絶対
ペコリーノとパルミジャーノ

一緒に混ぜないと駄目だろう」
とかって言うやつだったんですよ 俺。

今や 動画の中で
「そんな味の違いなんか

分からないっすから」と言っている人とは
思えない! 本当に。

でも 僕が 一回
ちゃんとした料理をやるためには

やっぱ 現場
見とかなきゃいけないと思って。

だから それこそ…

そういったとこだったんですね。

1日 もう 多いときは もう
100人以上 入るとこで。

みんな「めちゃくちゃうまい!」
って言って帰ってって。

もう それこそ ランチで
毎日 来る人もいるんですよね。

それって 何か
ここが おいしいからだよなと。

そこから じゃあ ちょっと
使ってみようかなっていうふうに

なったんですね。
そのお店の味で やってみようかな。

そしたら… でも 確かに
うまいよなっていうような…。

どのみち…

僕なんかは 朝 食べないから
2食なんですけども。

その2食が…

なので…

それって
料理に携わる人間が言わないと

やっぱ 届かないんですよね。
そうなんです…。

無理をしないっていうのが
一番 大事ですよね。

無理をしないのは もう 絶対ですし

無理をすると やっぱり
嫌いになってしまうので。

今日は…

簡単料理で一世を風靡したリュウジ。

もう一つ 力を入れているのが

正統派こだわりレシピを紹介する
「至高シリーズ」だ。

虚無シリーズとは一変。

丁寧に工程を重ねることで
レストランさながらの味わいを再現する。

うまそうでしょう?

形にとらわれず さまざまなレシピで
人を魅了するリュウジ。

彼は こう断言している。

「料理に正解はない」。

ここまで
いろんなことを伝えてきて

料理 ふだん 好きじゃない人にも
好きって思ってもらえるように

工夫もしてきて
今後 リュウジさんとしては

何を やりたいとか 伝えていきたい
っていうのはあるんですか?

料理研究家としては…

なので 終わりなき戦いではあるかな
っていうふうには

思ってるんですけども でも 僕が…

…っていうふうには
本気で思ってます 僕は。

「作ってくれて おいしかった」
って言われると うれしいですもんね。

うれしいですね。
それが もう すべての救いなので

作ってくださいっていう感じですね。
ハハハハ…!

何かね いろんな動画 拝見して
大胆に料理されてたりとか

ちょっと 口が悪いときも
あったりすると思うんですけど…。

まあ すごい めちゃくちゃあります。
あると思うんですけど

でも 例えば「これって邪道じゃない?」
みたいなふうに言われそうなところは

「いや こういう調理法あるんで」とか
ちゃんと ちょいちょい

プロの顔が出るんで。
そう だから 何か…。

よく見てますね。
本当 親近感もあるんだけども

何か 見てて勉強にもなるし

いろんな料理好きが見て
楽しめるなっていうのはね

個人的に すごい思いました。
ありがとうございます 本当に。

すごい丁寧に お仕事されてますよね
そう考えると。

一応 それは… そこは丁寧ですね。

でも やっぱり
みんなに作ってもらいたいから

そこの努力は
惜しまないっていうとこですね。