ボクらの時代[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ボクらの時代[字]

陣内貴美子×益子直美×伊達公子

詳細情報
番組内容
毎回さまざまなジャンルで活躍するゲストが集まり、あえて司会は介さずに多彩な話題や事象を取り上げるトーク番組。
今回は陣内貴美子、益子直美、伊達公子という3人のレジェンド・女性アスリートが、その世界での活躍と今、そしてこれからの生き方について語り合う。
出演者
伊達公子 
陣内貴美子 
益子直美
スタッフ
【プロデューサー】
西村朗 
松本彩夏(イースト・ファクトリー) 
【演出】
高野裕樹(イースト・ファクトリー) 
【制作著作】
フジテレビ

ジャンル :
ドキュメンタリー/教養 – インタビュー・討論
バラエティ – トークバラエティ
趣味/教育 – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. ホント
  2. 自分
  3. 子供
  4. 伊達
  5. 頑張
  6. 駄目
  7. 益子
  8. テニス
  9. 引退
  10. バドミントン
  11. 絶対
  12. エアメール
  13. オリンピック
  14. デート
  15. トップ
  16. 監督
  17. 気付
  18. 結構
  19. 今日
  20. 途端

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



created by Rinker
¥1,483 (2022/08/18 14:22:02時点 Amazon調べ-詳細)

(陣内)どうする? どうする?
仕切ってください。

(益子)結局さ 出会ったのって
陣内さん。

私 中心だもんね。
そうそう…。

まずは 私と益子っちだよね。

そう。 私が バルセロナオリンピックの
直前リポートで取材に。

一番最初に現役やめたのが
益子っち。

結局 何年に やめたんでしたっけ?
バルセロナの年。

その年に やめて
もう その年 仕事で?

そう。
だから 同じ年 出会ったのは。

ここは。 こうは なくても。
そっか バルセロナだ。

バルセロナで初めて会って。

[今日は 30年ほど前から
交流があるという

元スポーツ選手の3人]

[バルセロナオリンピックで

バドミントン女子ダブルス
ベスト16に入りました]

[そして…]

[26歳の若さで
一度 引退するも

11年後に現役復帰し

トッププレーヤーとして
再び活躍しました]

オリンピックに行くときにさ
私のスーツケースの中に

伊達さんのタオルとか ウエアとか
ユニホームとか

結構 持っていったんだよね。

ヨネックス製品を。
そう。

オリンピックに出る人が
オリンピック出る人のために持ってく。

社員と。
そうそうそう。

私は 社員でしょ。
で プロ契約してるじゃない。

これ持ってきましたって
言ったら…。

やっと会えましたねって言って。

バドミントンの貴美子さんですね。

テニスやってるときはさ
すっごい怖い顔してるじゃない。

なのに 会ったときに
めっちゃ かわいくさ 笑顔が…。

それこそ 今日の服みたいな
ビタミンカラーの笑顔よ。

レモンのかおりがしたような。
レモンのかおり。

えっ! っていう感じ。

一緒に合宿やったのよ 沖縄で。

沖縄だよね。
あ~! その話。

もうホント きつくて その練習で
私 2Kg痩せたんだよね。

午前中だけで。
午前中だけ。 腹筋やったりとか。

腹筋 やってるときに
監督が おなかに乗るわけ。

乗って ジャンプしたり…。

鬼! とか言いながらやってた。

当時は バレーも
きつかったから

バレー以上に すごい人
いないんじゃないかと思ってたら

ここに いたって思って。

想像と違ったでしょ。
≪そのまんま。

そのままだった?
≪うん。

でも カワイイ中に
ちょっと強い感じ。

そのまんまって感じでしたよ。
意外と弱いところもある。

私 弱いから。
強そうに見せてるから。

現役時代 泣いたことあります?

人の前は あんまりないと思う。

現役んときは
私たち そうじゃない。

絶対に笑わなかったりとかさ。
どんなに 負けそうなときとか

ちょっと ピンチでも
顔に出さないっていうのが

何か 勝負に勝つコツだったりとか
するじゃない。

両国のホテルで合宿しながら

オリンピック目指したりとか
色々 してたんだよね。

そしたらさ そのときに
キャプテンだったから

日本は 陣内の代になって

弱くなったって
言われたくなかったから

頑張んなきゃ頑張んなきゃ
っていうのがあって

ここらへんまで きちゃって。
両国の橋の高架の所って

電車が通るじゃない。
高架の下に行って ホテル近かったから。

うわ~って泣き叫んだこと
いっぱいある。

言えないから。

うわ~っていって
びっくりしたのが

そこにいた ホームレスさん。

(笑い声)
(益子)オチがあるのね。

♬~

伊達さんは 泣いたことあるの?
現役時代。

ないよ ほとんど。

何か 嫌なことがあっても
そこの その場にいるときは。

そうね。
平然としてた。

私の事件。
色々 事件あるけど。

どれ? どれ?
どれ? どれ? どれ…?

私 別のことで メディアから
質問されたりすることも

結構 多かったから

「テニス以外の質問になったら
会見は 打ち切ります」っていって

こうね MCの人が言って
それなのに 全然 違う話…。

「じゃあ 会見は
これにて終了いたします」って。

終わり? よかったと思って
こうやって ぱって…。

椅子が ばーんって倒れちゃった。
後ろに?

そう。 しーんって…
伊達が怒ったみたいな。

伊達が キレたみたいな。
そうそう…。

倒れた。 ヤバ!
って 心の中では 思って

どうしようと思って
戻そうかなって思ったけど

戻すのもカッコ悪いかなと思って。

そのまま 出てっちゃったんだ。
そう。

はい 伊達 怒りましたね。
そうそう…!

はい 伊達 怒りの…。
そう 怒って 椅子を倒したまま

出てったみたいな。
あったね。

伊達事件 結構 あるからね。
あるよね。

あと やっぱ 寝る部屋だよね。
寝る部屋だね。

それは もうね
毎回 言われるよね。

毎回。
たぶん ずっと 一生 言うと思う。

ロケ行ったじゃない。
引退したときだよね。

私が引退。
ファーストキャリアをね引退したときにね。

伊達 公子のルーツを探る。

探りながら 3人で旅をする。

夜 寝るときは
3人で 川の字になって

で 寝て いろんな話をして

修学旅行みたいな感じで
思い出してっていうのは

そういう話はしてないんだけど
そういうもんだって思ってたわけ。

寝るときに
3枚 布団がひいてあって

そろそろ 寝ようって
いったときにね

「じゃあ」って言って。

「じゃあ 私は おやすみなさい」
って 隣の部屋に。

荷物置き場になってるね
ちょっと 狭めのね。

それで 2人で えっ。
…なって 寝る?

(笑い声)

でも あれには ちゃんと私には
ストーリーがあって

テニスは やっぱり個人競技だから
ずーっと 18からプロになって

要するに 一人部屋でしか
寝たことが ほぼほぼない。

そっか。
うん。

人と寝るっていうことに
慣れてないから

すごい こう 圧迫感と

寝返り打ったら
人を起こすんじゃないかとか

これは無理ってなって
おやすみなさいって こう。

なったのね。
そう。

[今日の3人は
20代で 現役引退を決断]

[その後 伊達さんは
37歳で 復帰し

再び コートに立ちました]

[それぞれ どのような思いで
引退を決めたのでしょうか]

私は もう ずっと
引退したかったから。

向いてないなって ずっと思ってた
スポーツに。

もう 勝負事とかが つらくって
自分に自信がなかった。

何が きっかけじゃないの?

きっかけは ホントに
へだと思ってた 天井サーブ。

天井サーブって 分かる?
≪分かる 分かる。

ああいうのは もう チャンスだな
って思ってたのに ミスした。

はじいちゃったってこと?

ちょっと もう 引退だなって。
1球だけで それ思った?

うん。
私は もう サービスだった。

バドミントンって
スマッシュが はやいとか

コースが どうのこうのとか

攻撃してるところを
よく こう みんな 言うけど

一番大事なのって
ダブルスって サービスなわけ。

最初のサービス。
私は 今まで ずーっと

自分の狙った所に
寸分の狂いもなく

全部 奇麗に いってたわけ。
100%の確率で。

それは 自分の中で
ホントの自信だったわけ。

それが オリンピックの何カ月か前に

ん? ちょっと違うなってのが
あったわけ。

そこで 自分で オリンピックまで
頑張ろうと思ったの。

それ。 それが もう
やめようと思ったきっかけ。

そこは 何か原因…
思い当たる節はあったの?

自分で分かんないから。

分かれば 直せるんだけど
それが 分かんないから。

これが 精神的なものなのか
何なのか 分かんない。

みんな クリアなんだ。
そのきっかけっていうのがあるんだ。

あるよね 1回目。
う~ん ないね。

そういう意味では
2人みたいなのはない。

まったく違う種類。
どういう?

とにかく もう疲れてた。

ホントに テニスが
それこそ嫌いだった もう最後は。

トップ10入ってから
それまでは 毎週 テニスって

ランキングに追われるし

プロ入ったときに
ランキング表で

どんどん上がっていくのが やっぱり
うれしかったし 楽しかったし

目標としてた
トップ10を目指してたけど

トップ10に入った途端に
ランキング表 一切 見なくなった。

もう 嫌で 嫌で。

強くなりたいとか

グランドスラム優勝したい以上に
もう疲れてたから

もう そこから
解放されるんであれば

やめたいと思って
今年いっぱいでやめようと思って。

伊達 公子であることが
疲れてたよね。

それは もう
強い自分でいなきゃいけない。

強い伊達 公子っていうのに
疲れてたのは 確かだよね。

とにかく もう メディアに追われる。
私生活も追われてたから

もう カーチェイスも
いっぱいしたし。

フフフ…。
ホント でも そうそうそう。

習い事 めっちゃ やったもんね。

お茶 ペン習字 料理 着付け
あと 何やったっけな。

ぬか漬けも漬けた。
いいね いいね。

家にいなきゃできないことって。

あと 美白ね。

美白も 一時期 やった。
目覚めたとき あった。

また 黒いけどね。

女性がやるものっていうか

今まで できなかったこと
全部 やったような感じだったね。

全部 やった。
じゃあ 復帰したのは 何で?

もう マイクよ。

最初は…。

子供いらないっていってて

子供 そろそろ つくろうか
っていったら できなくて。

子供ほしいと思ったら
できると思ってたのに

できないってことに 初めて…。

気付くよね。
気付いて。

あれ? こんなはずじゃ
ないんだけどみたいなことから

「ちょっと運動控えなさい」とか
言われたりとかもあって

でも 自分の体が変わってくるのが
耐えられなくて

マイクが 「運動したら
駄目だからね」とか言われて

分かった分かったって言って
いってくるねって言って

仕事行って 行った途端
腹筋 始めたりとかして。

忘れ物して… 来たら
何やってんだ?

子づくりに励んでたけど

あまりにも 私が
ストレスを抱えてる姿 見かねて

エキジビションの話もあったところに
マイクが…。

「やりたいんじゃん やれば」
「やれば」って言ったのかな。

それに 何か こう 自分が無意識に
楽しんでることに気付かされた。

でも まさか 世界に もう一回
行くとは思ってなかったから

ちょこっと大会をね。

日本で 全日本選手権
出るぐらいのはずが

ランキングが また
ついてきちゃったから。

そしたら 何か 海外行き始めたら
もう スイッチ入っちゃった。

復帰したのって 何歳?
37。

お~ すごいね。

[伊達さんは 現役引退後
ジュニア選手育成プロジェクトを立ち上げ

グランドスラム ジュニア出場を
目指しています]

[益子さんは
監督が怒ってはいけない大会を

主催]

[監督は 絶対に怒らないという
ルールのもと

のびのびと選手がプレーできる
環境をつくっています]

(益子)いいプレー。

教えてるもんね。
今ね 育成。 始めて 3年目。

益子さんもね。
怒らない大会やってるし。

昔と今と違って

こういうこと気を付けてるとか
っていうのはある?

今のジュニアの子たちとかって
すぐ泣くのよね。

ハハハ…。
顔見た途端 泣く。

私 何も まだ言ってないのに

顔見た途端 ぼろぼろぼろぼろって
泣く子がいるんだけど。

あんまり 私の昔のコーチみたいに
がーって言っても

やっぱり 子供たちには
ついてこれないところもあるし

まず 彼女たちに
話してもらうようにするように

気を付けてるかな。

私たちの時代って 負けたら
何やってんだって

まず いきなり あれが駄目だった
これが駄目だったって

言われちゃうから
自分で 何が悪かったとか

考えたことない。

でも よかったことも 必ずあるのに
そこを気付かせてもらえずに

駄目なとこばっかり
やってきてたから

自分は どういうとこ意識して
どうだったかって

まず聞くっていうのは
それ すごい いいと思う。

ホント? よかった。

楽なんだよね 逆に。
こうだ ああだって言われた方が

それをやればいいだけだから
昔って。

でも 逆に 今の子は
できてきてると思う。

各競技で こんな子が向いてる
とかっていう

競技性みたいのある?

バドミントンには
こういう子が向いてるとか

テニスは
こういうタイプがいいとか。

自分のことでいうと
私は 一瞬で決まる競技。

…は 私は向いてないと思った。
例えば 100m走とか。

4年間 頑張ってきて
オリンピック出て

スタート ちょっと遅れたとかで
フライングとかっていったら

すごい やだなって思うし。

でも バドミントンとかだったら
たとえ 緊張してたりしてても

最終的に 相手を利用しながら
できるから

バドミントンに向いてたかな
っていうのはあったりとかする。

でも 基本的に負けず嫌いってのは
あったかもね。

ここは 比較的 ワンバウンド
させるか させないかっていう。

サイズの違いはあれども。

そういう意味では似た感じかも。

私なんか すっごい負けず嫌い
っていわれるけど

世界のトップん中に入ったら
こんなカワイイ負けず嫌い。

相手にはされないぐらいの
カワイイ負けず嫌いだから。

自分で思ってるだけじゃなくて?

いや 私も たいてい
負けず嫌いだと思うよ。

でも すいません かないません
っていうような人たちばっかり。

セレスにしろ サンチェスにしろ
あの辺は。

だから ホントに
上り詰めたいんだったら

それぐらいの負けず嫌いでないと
って思ってしまう やっぱり。

でも 錦織君は…
ひょうひょうとしてんだよね。

あれで いけちゃうのよね。

彼も彼なりに オンコートとオフコートの
切り替えはあるけど

そこまで 負けず嫌いじゃないのに
いけちゃうタイプ。

特別だと思う。

バレーは 逆に 6人。

あと リベロとか ポジションが
それぞれ あるから

いいところを
それぞれ出せば いいから

私 ブロック ざるだったから。
そうなの?

もう 全然 ブロック止めらんなくて。

ブロックは 得意な人に
ちょっと お任せして

その人の分まで
レシーブ頑張るからっていう

補えるところがあるから。

だから 例えば
おっきい人もいても

ちっちゃい選手も大丈夫だし

性格が きつくても 弱くても

どんな性格の子供でも
バレーは 大丈夫。

受け入れられると思う。

よく言われるのは
ゴールデンエイジの間に

いろんなものをした方がいい
っていうのも 一つだし

何に向いてるかっていうの
親の思いだけで 子供にね

テニスが好きだから
テニスプレーヤーにさせたいって

それで うまくいく場合も
あるけれども

ホントに その性格によって
何が向いてるかっていうのは

ホント 分かんないから

子供に選択肢を与えてあげる
っていうのは

やっぱ 絶対 大事だと思う。
私らの中で 子供がいたら

どんな子育てしてたんだろうな
って思うもんね。

どうなってたんだろうね
子供がいたら。

何か でも やっぱ
違う競技の方がいいかな。

口出ししちゃいそうだもん。
何かね。

何か 人の子だったら
冷静に アドバイスとかできるけど。

そうかな。
そこばっかりは分かんないけど。

見守っててくださいよとかさ
言うけど 自分の子供だったら

そういうわけには
いかなくなっちゃうかもしんない。

一緒に走るからとか
言うんじゃない?

それは あるかもな。

勝っちゃうんでしょ 子供に。

最後 ゴールで えいっ!

絶対 やるよね。
やりそう。

スポーツやってるときに彼氏いた?
いたいた。

私は ずっと いた。
ハハハ…。

そんな おかしい?
いやいや… 何歳から?

高校生から。 高1。 高1?
高1から ずっと。

デートすんの?

デート。
ハハハ…!

デートする…。
危ない。 今 吹きそうになった。

「デートすんの?」って。
付き合ってるって言って。

練習してるじゃない。
そんな時間 そんなにないし。

ないでしょ?
うん。 ホント 携帯もなきゃ

エアメールだったから。
エアメール。 手紙?

そう。

でも 日本にいなかったから。
日本人だよ 日本人で。

また みんなに… 思われる。

高校んときから外国人かって
思われるから。

日本人よ 日本人。

私は 郵便局に エアメールを出しに
ポストじゃ駄目だから 国際郵便は。

同級生の友達に 学校帰る前に
授業中 お手紙書いて

出しといてって 友達に。

頼んで。
うん。 で 帰ってくると

エアメールが届いてるみたい。

それは 競技と両立できる?

あわないもん どっちみち。
そっか。

頑張ろうっていう感じなんでしょ。
うん。 お互いね。

付き合ってるっていっても
お互い 意識を高め合うぐらいで。

ただ 恋愛してて 恋愛してるから
駄目になったって

言われないために頑張ってた。
それはあった 絶対に。

だから ファーストキャリアのときも
オフシーズンとかに

スキーとか 私 行ってて。
ホント?

こっそりね。
コーチには言ってるけど

あんまり おおっぴらに
オフシーズンに スキー行きますって

ケガしたら
「そんなことしてるからだ」とか

言われるから
反対に言わせないために

すごい頑張ってた。

でも 当時は 電話代も高かったな。

そうだよ。
だって 海外 多かったもんね。

今みたいに タダで
電話できる時代じゃなかったから。

いつでも 連絡できてね。
一番高かったときって 幾ら?

三桁は いってる。

三桁って? ウッソ~! えっ?

一週間よ 一週間。
一週間ね。

にしても すごいよね。

ホテルの部屋からしか もう
かける手段が… ないでしょ。

国際?
国際電話だもん。

そりゃ高いよね。
だって 国内電話みたいに

百円玉持っていくってわけに
いかないじゃない。

そら 稼がないと!

でも 今の時代より低いからね
賞金は。

それで 頑張って。
それで 頑張って。 嘘 嘘…。

私は 彼氏ができたのは
二十歳過ぎてからだよ。

え~!?
「え~!?」って ホント ホント。

もう 恋愛 男ができると
駄目になるみたいな。

「男と口を利いたら
子供ができると思え」って

言われたし 監督に。 ホントに。

好きな人ができたら

すごい 女らしくなりたいって
思っちゃったのか

プレーも 今まで 大股開きで
がってやってたのが

ちょこちょこちょこみたいな。

何か ホント そんな感じの
意識になっちゃって。

へえ。

これが 恋愛したら駄目なのか
っていう。

私も 高校んときに
高3のときかな。

インターハイも
それぞれが 優勝して。

今度 国体があります。

あの 公衆電話だ。

「国体で 俺 キスするから」
って言われたの。

私 国体に試合しにいくのに
って思って。

いや でも 私が好きになった人って
こんな人だったっけなって思いつつ。

で 思いつつ 国体行ったのよ。

そしたらさ その人が
旗手してました。

旗手か! そんなオチ?
そのオチ。

現役やめて…。
12年?

全然 衰えを見せないっていうか
感じさせない。

テニスやって 筋トレして 走って。
好きなのよね。

今も 股関節とか 膝とか
すごい痛くなってきて。

益子っち 結構 故障がね。

でも 基礎体力はつけとかないと。
そうそう…。

で 雅道に勧められて
サイクリング。

自転車 始めたら すごい成長が
自分の中で あって。

初めて スポーツって楽しい。

こうじゃなきゃいけないんだ
っていう

自分で決めた距離を練習して
積み重ねてっていう。

何かね あ~ これだな。

こうやって バレーボールが できてたら
よかったのになって すごく思って。

でも 今は
電動アシストに乗ってます。

心臓 手術して そこからは。

それまでは アシストなんて
邪道だと思ってたんだけど

やっぱ ケガしたり
病気したりすると

何かに 支えられて
サポートしてもらって続けられる。

そういう手助けをもらって
続けていけるのが ベストだなと。

無理せずに。

トレーニングじゃなくて
リハビリレベルじゃないと駄目。

リハビリで いいかもよ。

元アスリートって
ホント 強くてさ

健康なんて心配してないんだろ
って思ってる方

いっぱい いるかもしれないし。

着実に 年をとってるっていうね。
弱くなってるっていうね。

だんだん だんだん 会話が
自分の体のことから ねえ。

年金の話とかさ。

話題が そっちに いくよね。
いっちゃう。

ねえ 確かにね。

そういう年になったね。
うん。

私らはさ みんな
子供も いないし。

さあ どうしますかって話。
だから 貯金してても

しょうがないしっていう
こともあるし。

こないだも 入った。
入った? 保険に?

主人… うん 入った。 そうね。

老後 2, 000万って言われても

たぶん 2, 000万じゃ
足りないだろうな。

安心できないし。

やっぱり 60過ぎて
いくら 終わって おりてくる。

で 65になって
また くるみたいな。

そういう設定を ちょっと して。

もう ホント そういうの…
それこそ 私 苦手。

やろう。
どうやって?

だから
どういうふうになりたいか。

自分がいなくなったときに
お金をどうしますかとか。

そう それもね 言われてる。

いらないんだったら
入院のときとかさ

病気になったときに
どんとくるやつにしといた方が

治療が 完璧にできるとかさ。
そっちにしたりとか。

こんなの 今 話す話?

老後の。

でも 今回 ホントに
これが実現して うれしかった。

ねえ。 また 次 続けないと
何かを。

この後 反省会だね。
反省会。

[それでは
今日も 素晴らしい一日を]