情熱大陸【歌人/木下龍也▽31音に込める…あなたの心に寄り添う“言葉”】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

情熱大陸【歌人/木下龍也▽31音に込める…あなたの心に寄り添う“言葉”】[字]

「575・77」お題をもらい、つくる、『あなたのための短歌』…一歩先をそっと照らすような言葉は日常の中から生まれる。短歌の世界で生きると決めた、今注目の専業歌人

番組内容
「まっすぐ」の文字のどれもが持っているカーブが日々にあったっていい  木下龍也 “まっすぐ”生きたい願いとは裏腹に、そうできない…まっすぐに生きられる短歌をお願いします。との依頼から生まれたのが、この短歌だ。歌人・木下龍也、この5年で作った歌は800首にも及ぶ。いま熱い『短歌の世界』で注目される彼が紡ぐ「575・77」の31音。その短い調べはSNSとの相性もよく、じわじわと人気を博している。
番組内容2
その人に寄り添う歌を作り続けてきた木下は手応えを掴み、勤めていた会社を辞め、短歌一本で生きていく決意をした。「不安定…だけど実験的にやってみたかった」。専業歌人となった日常は、何時間も、時には何日もかけて言葉を選び抜く。「書くことは思い出すこと」と語る彼がこの夏、第三歌集の創作中に訪ねたのは、大先輩である谷川俊太郎の自宅。歌人としてどう生きていけばいいのか…詩の神様と語り合い、見つけたものとは。
プロフィール
【歌人/木下龍也】 1988年、山口県生まれ。 2011年から短歌を作り始め、新聞や雑誌、Twitterなどに投稿を始める。 2013年に第一歌集『つむじ風、ここにあります』、16年に第二歌集『きみを嫌いな奴はクズだよ』を刊行。
プロフィール2
18年に岡野大嗣との共著集『玄関の覗き穴から差してくる光のように生まれたはずだ』、19年に谷川俊太郎と岡野大嗣との詩と短歌の連詩による共著『今日は誰にも愛されたかった』、20年に短歌入門書類『天才による凡人のための短歌教室』を刊行した。 同じ池に2回落ちたことがある。ホラー映画が好きで、生魚としいたけが嫌い。
制作
【製作著作】MBS(毎日放送)
公式HP
【番組HP】 http://www.mbs.jp/jounetsu/
関連公式URL
【ツイッター】@jounetsu 番組の感想に#jounetsuをつけてください! http://twitter.com/jounetsu 【フェイスブック】 番組公式ページへの「いいね!」もぜひ! http://www.facebook.com/jounetsutairiku 【インスタグラム】 フォロー宜しくお願いします! https://www.instagram.com/jounetsu_tairiku/
おことわり
番組の内容と放送時間は、変更になる場合があります。

ジャンル :
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般
ドキュメンタリー/教養 – 文学・文芸
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 谷川
  2. 短歌
  3. 女性
  4. 自分
  5. 村井
  6. 木下
  7. お願い
  8. 世界
  9. 歌集
  10. 言葉
  11. スタッフ
  12. 緊張
  13. 元気
  14. 現代詩
  15. 作品
  16. 時間
  17. 出来
  18. 多様
  19. 短歌集
  20. 木下龍也

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



TBS
created by Rinker
エンスカイ(ENSKY)

<こう見えて
木下龍也は歌人である>

<静かな短歌ブームを
後押しするような

意外な手法で注目された>

(終了の音)

(木下)あ~ 一番長い30秒だった

ありがとな

<何しろ 依頼すれば

あなただけの
歌を詠んでくれるのだ>

これ カメラなかったら倒れてた

<例えば…>

<いとおしい犬との別れに備える

お守りの歌>

<1首 税込み1万1000円で

お題を送れば 歌が届く>

<5年間 延べ500人の依頼に応え

詠んできた歌から100首を選んで
去年 歌集が編まれた>

<2万部に迫る売れ行きは
短歌界でも異例なこと>

<追い風を受け

これまでに発表してきた
歌集などにも 光が届く>

<五七五七七…
三十一文字の世界は

SNSと相性がいい>

(スタッフ)実際 どうですか?

あっ
(スタッフ)それは内緒…

<勤めを辞めて
歌一本で生きる道を選んだ>

<物静かな横顔に秘めた その覚悟>

…自分として

<だからこそ
言葉の力を信じたい>

♬~

<歌人・木下龍也は
東京 西荻窪に暮らしている>

<地元の書店で
3日間のイベントが開かれた>

おはようございま~す

<売れ行き好調の
「あなたのための短歌集」>

<そのライブ版とも言える試みだ>

<依頼主と じかに会い
お題を聞いて

2時間以内に 1首詠む>

ありがとうございます
(女性)こんにちは

すいません
暑い中 来ていただいて

よろしくお願いします

えっと 考えてきたのは
私 夏に生まれたので

夏に関するもので
短歌をお願いできたらなと思って

昨日 誕生日だったんですよ
へぇ~

…で 「あっ 誕生日プレゼントに
もらおう」って思って

それを詠んだ時に
「あっ 夏っていいな」って

思えるような感じですか?
(女性)そうですね

「夏 やっぱ楽しいな」って
「夏 やっぱ楽しい」

では 作ります
よろしくお願いします

対局みたい
(村井さん)対局… そうですね

持ち時間 2時間です

<歌を作る時は
ノートパソコンで横書き>

<まず 夏を想起させる言葉を並べ
依頼主の希望との接点を探す>

難しいですね

範囲が広いので

あと まぁ 短歌って 結構
暗いところ…

暗いところを詠んだりするのが
向いてるような気がして

何か
1首で 楽しいなみたいなのって

なかなか 自分の歌にも
そんなにないっていうか

(村井さん)暑くないですか?
ちょっと閉めましょうか?

マジで 何も思いつかない
やべっ

むずいな…

<映像的で叙情豊かな木下の歌>

<おぼろげなイメージに
輪郭を与え 仕上げるのに

2時間は短すぎる>

<それでも いくつかのパターンを
推敲しながら

納得のゆく一首に
たどりつくことができた>

<ぬくもりが伝わるようにと
自筆した歌は

封をして本人に…>

出来ました

すいません
お待たせしてしまいました

夏にまつわるものです

(女性)ありがとうございます

ここで読まれても大丈夫ですし
ご帰宅されてからでも…

(女性)これ 後で じっくり見ます

<2日目>

<やって来た女性は

亡くなった家族への伝言を
求めていた>

<8年前に弟が自死>

<その1年半後には母親が病没>

<今は亡き2人に
「私は元気でいるよ」と伝えたい>

<弟が使っていたカメラも
詠み込んでほしいという>

<思い悩むのは
いつものことだが

とりわけ 喪失の奥に踏み込む時は
慎重になる>

出来ました
すいません お待たせしました

(女性)ありがとうございます

(女性)え~ すごい

(女性)ありがとうございました
ありがとうございます

<3日間で5首を詠み
イベント終了>

<パソコンに残る作品や
試行錯誤の跡を

木下は全て消去した>

ありがとうございました

<誰かのために作った歌を
自分のものとは考えていない>

<だから
「あなたのための短歌集」は

印税も受け取っていない>

<無論 日々の大半は
自身の歌作りに費やされていた>

<毎朝6時に起きて 掃除 洗濯>

<8時にはもう パソコンに向かう>

<1人暮らしの自宅に

友人が訪ねてくることも
めったにない>

<日常に向ける まなざしや
妄想から 歌は生まれる>

<昼食を済ませ
午後には いつも ボクシングジムへ>

<座りっぱなしの毎日が
たたったか

ぎっくり腰を患い
思い立ったそうだ>

<言葉の力に魅せられたのは
まだ幼い頃のこと>

で その時 思ったのが…

<1988年 山口の生まれ>

<22歳の時
コピーライター養成講座で

物語か詩のほうが向いている
と言われ 挫折した>

鶏と野菜の香味黒酢あえって…

<働きながら短歌を作り始めて
9年>

<だが…>

そこで何か…

あぁ~ まぁ 何か 不安…

<歌人専業となった時 32歳>

<先達の多くが
他に職業を持つ中で

大きな決断だった>

<これまでに 自身の歌集2冊を
発表してきたが

木下は
次なる歌集を準備していた>

おじゃましま~す
(村井さん)お疲れさまで~す

<版元は

「あなたのための短歌集」を出した
出版社>

<担当も同じ編集者だった>

<書きためてきた 300首余りから
作品を絞り込む>

<ところが この日

もう少し作ってくれと求められた>

大丈夫です
分かりました

<最新歌集に向けて

詩人・谷川俊太郎との
対談企画があるらしい>

<以前 谷川との共著を出した時

緊張のあまり 打ち合わせでは
目を合わせられなかったそうだ>

目の前にいるんですよ 谷川さん…

(スタッフ)しゃべりたいけど
何か こ~れって感じですか…

(村井さん)
ずっと こんな感じでしたね

(村井さん)そうですね
終わってからのほうが

話 盛り上がりましたもんね
3人でね

そう そのあと たこ焼き屋
行きましたもんね 3人で

そこのほうが元気でした
(村井さん)元気でしたね ハハハハ

<谷川との対談まで あと10日ほど>

<それまでに
残り20首は 容易ではない>

<しかも 木下は今

自分の現在地を
見極めかねていた>

のと あとは…

一個の本当に…

ちょっと まだ…

<その日 あえぐようにして詠んだ
歌を携え

詩人の家に向かった>

よろしくお願いします
木下と申します

最初から いらっしゃる…

よろしくお願いします
よろしく どうぞ

<90歳になっても

谷川俊太郎の
創作意欲は衰えていない>

<木下にとって
神様にも似た存在だ>

ああ 分かりました 分かりました

何か 緊張してるって言われるとさ
俺も緊張するからさ

すいません

(村井さん)
短歌と詩の 36作品ですね

…をつないだものでございます

3か月かけて…
今 汗だくになってます

ごめんなさい ちょっと…

(谷川)どうぞ ごゆっくり
すいません

<焦れば焦るほど 汗…>

(男性)いや~…
ちょっと落ち着かせてもらって

そうですね…

(谷川)
今の登場のしかた いいじゃん

扇風機 こう やりながら
歩いてきたとこ

<新作20首を 神様は どう見たか>

(谷川)
僕 今度 頂いたものの中でね

好きなのがあったんですよ

…っていうのが好きです
やった~

(谷川)それから もう一つはね
2つ あんだけど…

(谷川)こういう何か
一種 即物的なものと

一種の哲学的なものがね
結び付いてんのはね

短歌の情と ちょっと違うでしょ

だから 情がないところが
僕 どうも好きみたいね

いい詩がありました
よかった

これ お見せするのが
ホントに怖くて

(谷川)アハッ どういう人間だと
思われてんだよ 俺

あの 今後 僕は
どうしたらいいと思いますか?

<思いもよらぬ言葉が
口をついてしまった>

<世界には 数万人に一人しか
かからない病がある>

<患者数が少ないと 研究は後手に回る>

<人類の難問>

<タケダは挑む>

<京都大学iPS細胞研究所と共に

iPS細胞技術による治療法を世界に届ける>

<この先
自分は どうしたらいいか…>

<谷川に ふと尋ねてしまった>

短歌を とにかく
作り続けるっていうことは

してほしいなと思いますね
はい

僕は今まで そんなこと
若い頃は 全然 考えなくてね

俺は 何か
工業デザイナーになりたいとかさ

気が多かったんだけど

10年 過ぎてから
やっぱり 自分には

詩を書くしか能がないって
いうふうに思うようになったのね

だから 能がないっていうことを
中心にしてもいいから

一つのことだけに
生きていくのは

どんな人にとっても

必要じゃないかなと
思うんですよね

今 いくらでも 何か
広がるわけじゃないですか もう

ネットの世界でも
何でもあってね

だから みんな 自分は
何やりたいんだろうとかが

分からなくなってる人も
多いと思うのね

で また
その分かんなくなった状態で

何か いろいろ書いたりして
成り立っちゃうことも

あると思うから

もっと
ただ 雑文 書くだけじゃなくて

何か短歌なら短歌って
一つの形を

中心にしたほうがいいと
思ってるんで

僕は 現代詩 書けとは
人に言えないんだけどね

でも 現代詩なら現代詩を

ずっと
こう書いていくっていうのも

一つの道としてはあるよな
っていうふうには思うよね

ありがとうございます

アハハ
そんな恐ろしいこと言わないで

お前のせいで こうなったんだ…
いやいや!

おお~! わあ~!
こちらが表紙のサンプル…

<第三歌集の表紙見本が
出来てきた>

<タイトルは
「オール アラウンド ユー」>

<123首を収めて
木下龍也の今が問われる>

<ちなみに 書名は 中の一首から>

<短歌の未来に期待しよう>

<眠りを誘う 魔法のおふとん>

<世界には 複雑で多様な病が存在する>

<多様な病に対抗する画期的な薬は

多様な視点を持つ組織からしか生まれない>

<タケダのニューロサイエンスチーム>

<国籍 経歴 立場の壁をなくし

創薬のイノベーションを起こす>

<布団職人 日本一の親子…>

<秋の夜長は
ぐっすり眠れるお布団で>