ボクらの時代[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ボクらの時代[字]

博多華丸・大吉×タカアンドトシ

詳細情報
番組内容
毎回さまざまなジャンルで活躍するゲストが集まり、あえて司会は介さずに多彩な話題や事象を取り上げるトーク番組。今回はベテランの人気コンビ芸人として博多華丸・大吉とタカアンドトシ、福岡と北海道出身の2組が、故郷話なども交えたっぷり語り合う。
出演者
博多華丸・大吉 
タカアンドトシ
スタッフ
【プロデューサー】
西村朗(フジテレビ) 
松本彩夏(イースト・ファクトリー) 
松本絵理(イースト・ファクトリー) 
【AP】
福田薫(イースト・ファクトリー) 
【演出】
高野裕樹(イースト・ファクトリー) 
【制作著作】
フジテレビ

ジャンル :
ドキュメンタリー/教養 – インタビュー・討論
バラエティ – トークバラエティ
趣味/教育 – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 一緒
  2. 東京
  3. 練習
  4. 福岡
  5. ウケ
  6. ネタ
  7. 漫才
  8. イメージ
  9. 華大
  10. 札幌
  11. ツッコミ
  12. ツテ
  13. ホント
  14. 仲良
  15. 彼女
  16. タモリ
  17. ヒロタ君
  18. 華丸
  19. 結構
  20. 最初

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



(4人)おはようございます。

吉本の地方事務所から
やって来た…。

そう。 北と南のね。

福岡の1期生と われわれは
札幌の1期生みたいな感じで。

5年先輩なんですけど
われわれは勝手に

親近感を すごく…
境遇が一緒という。

(タカ)境遇が やっぱり
地方事務所ということで。

やっぱり それぞれ こう…。

不遇なね。
不遇な時代を。

ホント もう 何か
どうすんの? これ。

譲り合ってるよね…。

誰が言いだす?
あの大阪での出来事。

札幌と福岡で離れてるから
名前は知ってるぐらいで

仕事も そんなやったことないし
仲良くなることはなかった。

交わることがなかった。
なかったんやけど 年に1回だけ

大阪の深夜生放送 吉本特番。
あれに かき集められるんですよ。

大阪の芸人さんがメインで

地方吉本から1組ずつかな
代表で呼ばれて。

友達がいない状況でね。
そうそう…。

大楽屋でね みんな。
で 僕ら 最初に来てるから

結構 いいポジションというか

このぐらいならいいかな
みたいなとこに 荷物 置いて。

あっ 札幌のタカアンドトシ君とか
言ってね。

「華丸・大吉さん」とか言って。
どうも どうも。

飛行機 早かった? とか。
俺たちは新幹線で来たよとか。

もう 雪 降りようと? とかね。
12月末だったからね。

降ってます。
だいぶ積もってますね 街中は。

そうやって待ってたら
本番が近づくにつれて

大阪の勢いのある芸人さんが
楽屋に入ってきて。

千原兄弟さんとか。
中川家とか ケンコバ君とか

たむけんとかが
もう 楽屋 入ってくるなり

ミニコントみたいなの始めて。

ものすごい 何か もう
うるさいなっていう。

パチンコ屋さんかなぐらいの。
分かる 分かる 分かる。

俺ら 完全に
みんな 目 合ってるけど

いないものとされてたじゃない。
誰? こいつらみたいな感じ。

どうせ… はいはい
地方から来てんのねみたいな。

だんだん だんだん
居たたまれなくなってきて

ちょっとずつ ちょっとずつ
荷物を ずらしていって

ちょっと 真ん中の方に
いすぎたなみたいな。

4人で 決めたわけじゃないけど
気が付いたら ホント

4人とも廊下で着替えてたもんね。
荷物 全部出して。

で みんな カジュアルな格好で
テレビ出てるのに 俺らだけね。

成人式のように。
(笑い声)

ねっ。 きっちりさ。

そのときのわれわれを
見てくれてた人が

アナウンサーになってて…。
お客さんでってこと?

テレビで見てくださってたんです。
高校時代に見てたらしいんです。

その人がアナウンサーになって
その人のラジオに

たまたま出たときに 「大阪出身で
覚えてるんです タカアンドトシさん」って。

「『オールザッツ』って番組
出てましたよね」

出てました。 見てたんですか?
「高校時代 見てましたよ」って。

こんなつまんないやつ
いるのかって…。

こんなつまんないやついんの? で
覚えてたって。

分かる。 分かるというか
俺らも 絶対 そう思われてたし。

やっぱ地方は駄目だな
やっぱ吉本は大阪やでみたいな。

あのころ
お笑い鎖国の時代でしたもんね。

われわれ 防人と屯田兵はね
やっぱ無理だな。

無理ですよ。
引っ込んで 上京が遅れるのよね。

ビビりまくっちゃって。

でも それで タカトシとは
仲良くはなってないけど 当時は。

でも あの一緒の境遇 つらいのを
共にしたっていうので

ものすごい ぐっと…。

戦友。 戦ってこそないけど
戦友ですよね。

それから ああいう集まりがあると
やっぱ探しますもん 華大さん。

そう。 いないかな?
いないかな? って。

♬~

たまに吉本の本体のとこ行くと
全然通用しないんだってなるから

東京 行かないの? とか
みんなから言われるけど

行くに行けないみたいな感じで
僕らは 15年やったんです 福岡で。

タカトシ あんま聞いたことない。
僕ら 7年やって 行きました。

7年は どういう活動してたの?
札幌で。

最初のデビューは
北海道芸人 第1号という。

うちらと一緒ね。
それは それは 札幌のメディアも

レギュラー番組も
すぐ決まりますし

ばーって
売り出してくれるんですけど

やっぱ実力が すぐバレる。
やったことないんでね。

それで 3年ぐらいで
レギュラーもなくなり

自分らで
ライブやるしかないんすよね。

だから 毎日 チケット売り
自分らでやって

お客さん 来てもらってって
そのライブのチケット売りと

ネタを考えてることしか
やってなかったですから

それで 23~24ぐらいなんで

人生のことも
考えるじゃないですか。

将来 このまま
チケット売りする人生なのかみたいな。

そしたら 30までには決めようよ。

あのころ 結構 30歳が
ラインだったんすよね。

今でこそ 50歳になってますけど
長谷川のおかげで。

高齢化やね。
さんまさんが言ったんよね。

「今年で30 知っとるケのケ」
30は 目標になります。

そこまでに 知っとるケに
なれるのかっていうのが

一応 ボーダーライン。

まさか51の「こんにちはー!」が
基準になると思わなかった。

あいつも一緒にチケ売りしてた
われわれ 当時 一緒に。

同期やもんね。
そうです。 長谷川も一緒に

チケット売りしてました。
それ 2人で決めたの?

どっちかが行こうっつって
ちょっと待ってよとかなかった?

行こうって言ってたんすけど
なかなか行けなくて

当時の所長が
「まあ 行っても…」

『オンエアバトル』が 僕ら…。
もう行ってた?

行ってました。 札幌から行ってて
ちょっと結果が出てたんで

「行きたいんだったら
行ったらいいんじゃない?」って

言われて
そこだけですよね つながりは。

僕らは まだ仕事があったし。
そうですよね。

僕ら 福岡のスターっていう
イメージあったんすよ。

やっぱり 福岡に誰か大物来たら
それを対応するのは 華大さん。

音楽界のスター来ても
どのジャンルが来たって

全部 対応するのは
華大さんっていうイメージ。

ほんで その接待が
すごいっていう

噂 めちゃくちゃ聞くんですよ
北海道にいながら。

僕らも 実際 行ったら
僕らみたいな

北海道でしか活動してない
人間に対して

最後 帰り お土産までくれて

何ていい場所だみたいな。
優しかったよね。

いつか東京でやりたいという…。
まったくなかったよね もとはね。

正直 まったく。
まったくですか。

でも 全部 捨てて来るわけ…。
捨てないよ! 捨ててない これが。

捨てなきゃ無理でしょ
福岡と東京なんて。

ちゃんとレギュラー残して やってた。
あっ そうなんすか?

行くとしても1年と思ってた。

1年行って ちょっと様子見て。
『オンエアバトル』で 1回受かるやん。

そしたら 半年ぐらい
反響でやっていけるのよ。

東京で 漫才 ウケた…。

そうですよね。 華大さん
ずっと受かってるなって…。

俺ら 福岡でやってても
レギュラーあるとはいえ

バラエティーのレギュラーじゃなくて
グルメリポーターしかやってないから

漫才師とは思われてない。

ネタもウケてたけど
地元ネタばっかりやってた。

どうせ福岡でしかウケないんでしょ
っていう目で見られてて

NHKの『爆笑オンエアバトル』が
人生の転機で。

一緒っすね。
一緒。

だから この人たち
全国でもウケるんだっていう。

ただ 捨てるわけにはいかんと。
そりゃあ そうです。

15年 培ったキャリアが
あるんだから。

すごいですよね。
絶対 捨てない。

一応 一塁まで出て

たとえ けん制球が来たら

すぐ… ぐらいの距離で
東京 行った。

マジっすか。
もう 戻れないぐらいの距離で

リードするんじゃないんすか。
二塁しか狙ってないんじゃ…。

東京のテレビ局が
こう 投げようとして

ふっと けん制球…
戻れるように…。

全然 リードしてない。

2人 上京するときって
何かあったの? ツテというか。

何も決めずに来たの?
それとも… 家とかどうしたん?

それは もう だから

僕は たまたま 親友が
東京 住んでたんすよ そんとき。

だから そこの家に
転がり込ませてもらって。

それ どこやったん? 場所は。

それが しかも 僕 東京の土地勘
全然分かんないんですけど

南麻布に住んでて 南麻布がそんな
すごいとこだって分かんないから

とにかく早くバイト見つけなきゃ
いけないと思って

そこの近くのピザ屋で
働くんすけど。

でも 道とかも分かんないまま。

宅配の方で?
宅配なんすよ デリバリーで。

10代ぐらいのやつらから ホントに
嫌なこととか言われんのかな?

「おい じじい」とか「使えねえな」
めちゃくちゃいいやつらで

東京って 人 冷たいイメージが
あったんすけど

東京に昔から住んでる
しかも 南麻布に住んでる

10代のやつらって
たぶん 親 金持ちで

めちゃくちゃ裕福なんすよ。
偏見が すごい。

それ以外の人たちも優しいと思う。
めちゃくちゃ余裕あるんすよ。

みんな 優しいんすよ。
勝手にイメージしてるもんね。

東京は もう 太陽も…
日が出ない 真っ暗で。

ビルが高過ぎて。
そんなイメージはないっすよ。

イメージがね。
初めて住んだときに

東京の人が 隣のマンションの人が
いきなりですよ。

「こんにちは」って言ったんすよ。

がっかりよ。
何が…。

もっとさ 「フンッ!」「何?」で
あってほしかったの。

あ~ もう 東京 好かん。

で 福岡 帰ったときに
「東京 どうやった?」

もう 東京は よかばいって
言いたいのに

「こんにちは」
もう…。

いい人おるんだと思って。
じゃあ いいじゃないですか。

いいイメージですよ。
トシ君は どうやって来たん?

僕は 知り合いの作家さん
みたいなとこに居候です。

また転がり込んで。
はい。 僕は転々と。

しかも 札幌のもう1組 後輩と
一緒に出てきて

すごい狭いとこ住んでたよね。
そうです。 4畳半ぐらいの所で。

3人ぐらいで。
3~4人で住んだりして。

それは 何カ月かですけど 住んで。

でも 順調は順調なん?
そうですね。

2年後に M-1 決勝いけて

2005年で『オンバト』の
チャンピオンとかなったりして。

じゃあ わりに 東京 来て…。
結構 早めに結果が。

華大さんは 完全に あれですか?
R-1ですか?

いや 細かすぎて伝わらない…。
そうか。 そっちの方が先なんすか?

先。 4月に出てきて
いろんなオーディション受けて

全落ちして。
おおお… と思ったけど

どのオーディション会場でも
自己紹介で 児玉 清さん入れてた。

それだけは ドカンドカン ウケてたの
オーディションで…。

手応えはあったんすね。
その年の9月か。

それで優勝して その年末に
初めてチャンピオン大会ってのがあった。

そこでも優勝して
100万円もらって

その2カ月後 R-1。
すごいっすね。

児玉 清さんだけで
半年で3連覇した。

すごいっすね!
すげえな!

アタックチャンス
まさにチャンスだったんすね。

「獲得」っていう。
(笑い声)

お子さん時代を まったく
僕らは知らないんすけど

どんな子供だったんすか?
目立つような子供だったんすか?

やっぱ 一番ひょうきん者…。
クラスの人気者ってやつでしょ?

はい。
ではないよね。

かといって暗くはないし
ノーマルやね 俺は。

大吉さんは どうなんすか?

世代が そんな変わんないから
一緒だと思うけど

ずーっと お笑いブームやった
物心ついたときから。

どこでやろうって思ったんすか?
何歳ぐらいのとき?

正直 とんねるずさんに
めちゃめちゃ憧れてて。

楽しそうやん。
衝撃的でしたもんね。

『みなさんのおかげです。』
始まったとき。

あんな歌って踊ってコントして
アイドルたちと仲良くして

めっちゃ楽しそうやんと思って
なりたいなぁと思ったけど

なり方が分かんないし
なれるわけないと思ってたから

決まり切った大学行って
華丸と出会って

お笑いのサークルって
落語研究会しかなかったんよ。

探すかぎり。 で これしかないし
でも みんな 楽しそうやから

落語研究会のぞいてみようと思って
のぞいたらいたのよ。

何日か先に。
俺も おんなじ理由。

気が合って すぐ仲良くなって
テレビとか見て

それこそ とんねるずさん
ダウンタウンさん さんまさん

たけしさん みんな 見てて
いいな なりたいなとか

やっぱ言うやん 学生時代。

そしたら
「なろっかな~」って言いだした。

「なろっかな~」
ライトな感じで。

「いや 俺 なろうと思えば
なれるっちゃんね」

ツテがあったからね。
ツテがあった?

えっ? 何なん? 何なん?
何? ツテって何?

タモリさんの中学 一緒なの。

弟の友達のお父さんが
タモリさんと同級生っちゃんって。

いや 「ちゃん」じゃないんですよ。
そのツテ。

そのツテで。
でも… ねっ。

超有名な方が つながってるっちゃ
つながってるから。

え~っ!? っつって。
なる。 ほら。

そんなに近いの!? と。

はるか向こうの世界やと思うけど
「やけん 俺

いつでもタモリの運転手に
なれるっちゃん」って言うた。

マジか! と思って。
あのタモリの!? と。

いいなぁ…。
連れてってっていう感じ。

そうなんすか。
でも 俺 全然ない。

弟の同級生のお父さん。
ほとんど会ったこともないけど

ただ 言いだしたものの
引けんよね。

「なれるっちゃん」って
言ったんですからね。

今度ねみたいな。
嘘つきのやつの口調ですよ それ。

いましたよ 学生時代。
「今度 見せるわ」みたいな…。

それから 17年ぐらいかかってる
タモリさんに会うの。

僕らも 中学ぐらいから
お笑いやりたいと思ってたんで。

中学で転校してきたんやったっけ?
そうです。 僕の中学校に

中2のときに転校してきて
僕は 小学校から

コンビ組んでたんすよ。

仲いいヒロタ君って子と
アンバランスってコンビ組んでて。

コンビ名もあったん?
あったんすよ。

そのときもヒロタ君と一緒に
将来やろうと思ってたんですけど

学祭とかで練習するじゃないですか
学祭のために。

ヒロタ君は 熱心じゃなかったんです
練習 サボったりとか。

お前 プロになる気あんのか?
って言ったら

「ないです」って…。
まあまあ それはないよね。

ないの? っつって
じゃあ 何のために学祭出んだよ。

学祭で お前 首だからなっつって。
ヒロタ君も聞いてないと思う。

プロになるために
今回 学祭やるなんて

聞いてないはずなんすよ。
めちゃめちゃ意識高いね。

首にして。
でも 1人じゃできないから

相方 探してたときに こいつが
隣のクラスに転校してきて

様子をうかがってたら
あっ 面白いな。

様子 うかがうじゃないだろ。

お前が 先に「漫才やろうぜ」って
言って 次の日からだよ。

違う違う。 いきなり言ってない。
言ったよ!

お前 めちゃくちゃだな 記憶。
いきなり言った?

そうだよ! 俺が 保健だよりを
保健室の前で見てたんすよ。

こいつが
「おい 三浦 俺と漫才やろうぜ」

俺は 何も考えてない。
いいよって すぐ言ったんすよ。

そしたら 次の日から
弟子っ子のように

毎日 迎えに来て
帰りも僕の教室まで来て

僕を家まで送り届けたら
帰るみたいな。

弟子みたいな感じになって。

仲良くなろうとしたんでしょうね
急激に。

ヒロタ君との穴を
埋めるわけじゃないですけど。

高校も一緒?
高校 別々になるんすよ。

僕も 引っ越しちゃって
違う区域になって

高校も別々になるんすけど
土日は集まって

どっちかの家 泊まりに行って
練習しようぜみたいな感じで

書いてたネタみたいなのを
2人でやってんのを

8mmが撮って 撮った後に
自分らで見るみたいな。

漫才ごっこですよね。
撮って笑うみたいな。

ずーっと 仲 良かったんや。
そうですね。

しかも 俺 後々 聞いたんすけど
こいつの奥さんが

こいつ 高2のとき出会って
付き合ってるんすよ 今の奥さんと。

で 彼女が 急にできたから
あれ? って思うじゃないですか。

でも 練習は絶対来るんすよ。
練習だから。

それは 彼女にとってはね。
思うじゃないですか。

こいつの今の奥さんから
後に聞くんすけど

「最初 付き合って 初めてのデート
誘ったら断られたんだよ」って

それは
俺と約束してたからとかいって。

何て真面目ないいやつなんだって
俺は思ったんすよ。

だって 俺 まず 彼女できたら
たぶん練習なしねっつって

彼女 いくじゃないですか。
だけど こいつは

俺の練習の方 取ったんですよ
彼女より。

すごいね。 2人の仲の良さ。

いや でも それこそ
華大さんこそ…。

めちゃくちゃ仲良くないっすか?
一緒に飲んだりしますもんね。

飲むっていうか 練習ね。

練習? 何の練習?
何の練習ですか?

新ネタの練習。
新ネタの練習?

ノンアルじゃ無理。

練習にならないでしょ それ。
ならない。

何で飲んじゃうんすか。

逆に無理よね コーヒーじゃ。
ファミレスとかで できない。

もともと してなかった。
何回かチャレンジしたけど

2人とも むずむずして。
何か 照れくさいみたいな。

昔から飲みながらやってたんすか?
若いころからですか?

行きつけのおじさんがやってる
スナックに行って

スナックのマスターの前で
ずっとネタ書いて

こんなやりとりして
マスターが笑ったら

よし。 これやろう。
すごいな そのやり方。

若い人にウケるわけない。
マスター基準ですもんね。

だから 今でも 仲いいと思うけど
2人では飲まんよ さすがに。

でも ここに誰か1人おったら
全然平気。

それは そうやろ?
そうっすね。

2人でも行ける?

いや 2人では…。
2人は行かないっすね 僕らは。

こういう場合は どう?

田舎の前乗りで
周り もう 旅館 泊まり。

で マネジャーもいない。
旅館の飯も終わってる。

スタッフさんも もう寝てる。
ちょっと おなかすいたなって。

軽くビールでも飲んで
あしたも 早いし

寝ようかなって思って
コンビニが1軒…。

そのコンビニの酒コーナーで
出会ったら どうする?

一緒にね。 お前も飲むの?
いやいや…。

缶詰を取ろうと…
「やきとり」って書いてある缶詰。

手と手が触れて あっ…
「あっ」じゃないんですよ。

これは いくでしょ。
これは いったね?

一緒に飲んだね。
いきました?

それは どっちの部屋にする?
っつって。

なるほどね。
それは仲いいっすよ。

「わが羽世保造船 和太鼓部は
どげんしたっちゃ栄えある

第1回 羽世保市民グランドフェスティバルに
出場せんといかん」

[10月23日から公演予定の
博多 華丸さん主演の舞台…]

[明治座での主演舞台は
2度目となる華丸さんが

本格的な和太鼓と
タップダンスに挑戦する

新感覚の舞台となっています]

芸人がっていうのも あれやけど

相方が舞台? って
最初は思ったけど

やっぱ見に行ったら…
何時間? 2時間半? 3時間?

約3時間。
やっぱ変わるんすか?

尊敬するというか すごいな
こいつ やっぱりみたいな…。

しびれたね 相方ながら
最初 見たとき。

やっぱ 漫才と違うこと
やってるから。

でも そんなこと言いながら
1人でやるって言ったけど

逆にいうと ツッコミなのに

『IPPONグランプリ』
優勝するんばい。

俺 嫌になっちゃうよね。

「嫌になっちゃうよね」
ボケ勢としては。

それをやられると。
かといって お前やってみろ。

できません!
先輩… 松本さん できません!

すごいんです。 それはね
そっちやられたら こっちは

台本どおりの方で やらせて…
アドリブは こちらに任せます。

私は 本どおり… 一生懸命。
いや バランスが…。

何か やりたいっすけどね
新しいこととか やっぱり。

だって ずーっと漫才やん。
まだ新ネタをね。

いや 漫才しかないんですよ
ホントに やれることが。

年 取ると 漫才が
違う意味で難しくなるというか

もうネタがないのよ。
作れるけど。

例えば 分かりやすく
バイトが きついとかさ ないやん。

結婚したいとか。
彼女とデートとか

そういう話ができない。
将来 何になりたいとか。

量産はできないから。
そうですね。 年に…。

年に作れて 2~3本やない?
そうですよね。 頑張って。

いや 1やない?
1かな?

次の年も次の年も作れる…
使えるってなったらね。

それで立派なもんやわ。
そうっすね。

こっちは マジで衰える一方。

ご了承くださいね。
(笑い声)

ホントよ。
急に何?

いや こっからの成長はない
ボケの方は。

ツッコミの方も
いくかもしれんけど。

ただ もうちょっといくと
結構 ツッコミの方が

しっかりしてなきゃいけないから
ホントに

ぼけてきちゃうんじゃ
ないかってのもあります。

年齢的なもので。
どっちが?

ツッコミの方も。
ちゃんと言わなきゃいけないとか

滑舌が悪くなってきてとかの問題
出てきますよね。

特に 僕ら バシバシ たたく。
たたき合いなんで

1回 たたいただけで
バンッて しゃべらなく…。

こんなんなって…。
何だっけな? みたいな。

そのまま すいませんっつって
はける可能性だって

ないことはないですから。

空振りはないの? まだ。
空振りは…。

「まだ」って あるんすか?
空振りって。

俺らは 空振りじゃないけど
マイクに 手 ぶつける。

「それがですね」 ボンッ。

距離感が。 遠近感がね。

タケ小山さんって
プロゴルファーの方に聞いたんやけど

距離感が合わなくなって…。
何の話ですか? 急に。

アプローチの話ですか?

ゴルフも。
距離感 年とともに合わなくなる。

でも ツッコミで
こいつ 結構 体 硬くて

四十肩みたくなったんすよ。
上がんないみたいな。

そのときは 背中 たたいてたよね
俺の。

そうですね。 上がんないんすよ。

瞬時に… 痛い! ってなるから。

なってるやん じゃあ。
俺が ボケて こいつの肩の所に

頭 持ってって たたくとか。
もうウケねえだろ そんなやつ。

もう一回 五十肩 くる。
俺 五十肩なった 去年。

華大さんは バンッてやる方じゃ…。
僕は ツッコミでたたかないけど

華丸さんが 身ぶり手ぶりが…。

万歳のネタが…。
万歳三唱のネタがあって。

いっとき 気に入ってて
最近 万歳のネタ ウケると思って

出番前に 今日万歳やるって言って
普通「はーい」やけど

「ちょっといいかな」って言われて。
わざわざ。

「実は 万歳のネタなんやけど」
って言うから

何か不満でもあんのかなと思ったら
「痛くて上がらない」

「日に1回にして…」

伸ばした方がいいっていうのも
あるやん。

だから3回公演の1回ぐらい…。
1回ぐらいは伸ばしておきたいと。

伸ばしておきたい。
いや 裏で伸ばしときなさいよ。

何 ネタ上で伸ばして。
そっからヒアリングして

どういう動きはできるの?

診察ですよ もう これ。
問診ですよ もう。

舞台を 去年 やったんやけど

最後 えいえいおー!
みたいなやつが

もう こうができないから。

でも 俺が手を上げないと
後ろの皆さんが 手 上げられない。

結局 ジャンボ鶴田…。

実際は ここしか上がってないけど
体を曲げることによって。

(笑い声)

しょうがない。
ジャンボ鶴田も

そんな上げ方してない。
ジャンボは こうやってましたよ。

あっ そう?
ジャンボ こんなんじゃないですよ。

ここまでしか上がらんのんじゃ…。
四十肩じゃないっすよ ジャンボ。

[それでは
今日も 素晴らしい一日を]