インタビュー ここから「音楽家 小室哲哉」[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

インタビュー ここから「音楽家 小室哲哉」[字]

音楽活動を再開した小室哲哉さんがゲスト。原点となったシンセサイザーへの思い。そして、AIを活用した音楽制作に取り組む小室さんが見つめる音楽の「ここから」とは。

詳細情報
番組内容
去年10月、TM NETWORK6年ぶりの再始動とともに、自身の音楽活動を再開した小室哲哉さん。ミリオンセラーを20曲も生み出し、JPOPの歴史にその名を刻んできた小室さん。常に最新のテクノロジーを駆使して音楽を制作してきましたが、今年3月には理化学研究所の客員主管研究員に就任。AIを活用した音楽制作に取り組むなど、新たな挑戦に乗り出しています。そんな小室さんの原点と、音楽の「ここから」とは。
出演者
【ゲスト】音楽家…小室哲哉,【きき手】廣瀬智美

ジャンル :
ドキュメンタリー/教養 – インタビュー・討論

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. シンセサイザー
  2. 小室
  3. 音楽
  4. 万枚
  5. サステイン
  6. 作曲
  7. 作詞
  8. 時代
  9. 自分
  10. 小室哲哉
  11. 当時
  12. アーティスト
  13. サステナブル
  14. プロデューサー
  15. ミリオンセラー
  16. 印象
  17. 楽器
  18. 去年
  19. 原点
  20. 最初

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



NHK
created by Rinker
エンスカイ(ENSKY)
¥365 (2022/11/26 15:18:26時点 Amazon調べ-詳細)

♬~

♬~

<1984年
TM NETWORKのメンバーとしてデビュー。

シンセサイザーを
前面に打ち出したサウンドで

ブレークを果たした小室哲哉さん>

♬~

<90年代からは
多くのアーティストをプロデュース>

<売り上げ100万枚を超える
ミリオンセラーを 20曲も生み出し

J-POPの歴史を塗り替えたレジェンドです>

<小室さんは
2018年に 引退を表明しましたが

去年10月
復活を宣言。

音楽活動を本格的に再開させました>

<帰ってきた小室哲哉。

その音楽の ここからに迫ります>

いや 小室さん
ちょっと髪も明るくされて 伸ばされて

なんか すごく
柔らかい表情だなというのが第一印象で。

2018年から引退期間があって そこから
去年10月に復帰宣言をなさって

そこから 1年余りという時間が
流れましたけれども。

そうですね。
ですから 21年の10月1日に

ちょっと 「もう一回やりたいんだよ」って
言わせて頂いたんですけれども。

う~んと その間に えっと…

お前 自信あったじゃない? みたいのが…

でも う~んと…

その時に 何となく その時に

あっ みんな…

…と思ってたんですね。

へ~。

声掛けられたんですね 直接。

…言ってもらって。 はい。

<そんな小室さんの原体験は

小学生の頃に遡ります>

<1970年の大阪万博。

当時11歳だった小室さんは
ある音楽に出会います>

<冨田 勲さん。

電子音楽や
シンセサイザーの第一人者の音楽は

小室少年に 強烈な印象を残しました>

<シンセサイザーの音色に魅了された
10代の小室さん。

ついに その原点と言うべき楽器を
手に入れるのです>

う~んと… 何だろうな。

いろんな ちょっと家にある…

ちょっと待って下さい。

自分の家の。
ご自分のを?

ご家族のものを?
はい。

ご自宅のものが?
ハハハハハハ。

…ということで
小室さん 一緒に。 はい。

SH-1000。
1000というですね。

こちらが 小室さんにとって
初めてのシンセサイザーのモデル。

そうなんですね。

(シンセサイザーの音)

で こう これ
サステインっていうのとかで。

サステイン?
サステナブルのサステインですね。

サステナブルの?
「持続する」っていう意味です。

で こういうふうに。

(シンセサイザーの音)

手を離しても 音が?
そうですね こう伸びるように。

(シンセサイザーの音)

ところが…

(シンセサイザーの音)

で ここに こう こういう…

あっ なるほど。

そう。 こう動くという。
へえ~。

単音なんですけど あの~ こう…

今…

あっ 今 そうですね。 両手で今 押され…。
両手で こう弾いても。

ほんとだ。

まあ すごく…

そういう単音っていうのは

まず 耳に飛び込んでくる音っていう
強さがあると思うんですね。 うん。

だから…。

♬~

「Get Wild」ですけど。
これも まあ…。

ほんとは え~と…

もしかしたら それがヒット曲みたいな

一つのヒントなのかも
しれないんですけれども。

今日は ちょっと2台持ってきてます。

<現在 小室さんが使っている
シンセサイザーも

スタジオに用意して頂きました>

先ほど 僕が中学の時に
驚いた音なんですけど

だんだん音が出てくる
っていうのも こう 今…

これも古い楽器なんですけど。

(シンセサイザーの音)

こういうふうに こう…

(シンセサイザーの音)

そうですね。 それから この…。

(シンセサイザーの音)

あっ つなぎの…。

(シンセサイザーの音)

こういうような。

(シンセサイザーの音)

あっ 離しても。

(シンセサイザーの音)

アハハハハハッ。

延長線上に こういうのがあるという。

こちらは…

♬~

もっと…

♬~

♬~

♬~

…みたいに。

当時… 当時は…

<1994年
TMNの活動を終了した小室さんは

プロデューサーとして
多くの楽曲を生み出していきます>

♬「恋しさと せつなさと 心強さと」

<小室さんは
作詞 作曲 編曲 その全てを手がけ

それぞれの分野での
歴代売り上げトップ5に名を連ねる

唯一のアーティストになりました>

<また 20曲のミリオンセラーの中には

売り上げ200万枚を超える曲が4曲も。

印象に残っている曲を聞いてみると…>

4曲の中では 最初に200万枚
自分の人生の中でも

最初に 200万枚
超えそうですっていうのは

篠原涼子さんの
「恋しさと せつなさと 心強さと」。

…っていうので…

えっ!?

え!?

そこまで。 今でいうと
マネージャーさんがするような お仕事も…。

…もそうですし あとは…。

それで 一回見てて…

「with t.」でね
お出になってましたもんね。

それで…

小室さん お願いだから

TRFさんの「寒い夜だから…」って曲
あるじゃないですか。

「寒い夜だから…」みたいに
ドーン 「寒い~」っていう感じで

もう…

え~。
で ドドン ドンドンドンって入って…

その時…

…っていう そのオーダーがあったんで…

ちょっと待って。
のぞかせてもらっていいですか?

そうです。 哲哉くんと…

てっちゃん… 3人で。

やっぱり…

ほ~。
なので

「恋しさ」も
あれ ほんとは「恋」なので

「いとしさ」って言えないじゃないですか。

それも 作詞と作曲の僕が あの~

作曲家の小室哲哉みたいなのが…

あっ なるほど。

問い合わせてる。

でも…

はあ~。

一つ 象徴的なフレーズだということ
なんですね そのお三方が話し合った。

そうですね。 そうです。 ほんとそうです。

筒美京平さんが 「時代が

曲を 音楽を選んでくれた」
というような表現してたんですけど

小室さんは でも そうすると
プロデューサーというところにも

もう ほんとに幅広く
関わっておられたということでは

時代を こう
つくりにいったというか。 そうですね。

<2015年ごろから 私たちと音楽の関係が
大きく変化してきました。

CDを買わなくても
サブスクリプションやSNSで

数え切れない曲を
楽しめる時代になっています>

<こうした中 小室さんは 今年3月

音楽家として初めて
理化学研究所の客員主管研究員に就任。

AIによる
作曲支援の研究に携わっています>

<最新のテクノロジーを常に取り入れてきた
小室さんが見つめる 今の音楽です>

今の指標…。

なるほど。
…っていうこともあったり。

あと…

なるほど~。

それでも 僕は…

ああ~ なるほど。

それは でも ほんとに…

そうですね。

なるほど。

僕の本質ですかね。 どうですかね。

やっぱり…

作曲 作詞 編曲も…

そういう境地に
今 お立ちになってる小室さんが…

う~ん そうですね…。

とにかく…

う~ん まあ…

かっこよく言えば…

原点にある あの音。

あ 伸びてる ず~っと押してるかぎり。

へ~。

いいまとめですよね。
(笑い声)