COOL JAPAN「冬の風物詩~Winter Traditions~」[解][字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

COOL JAPAN「冬の風物詩~Winter Traditions~」[解][字]

こたつや鍋など日本の冬の風物詩は、外国人にも大人気。雪のかまくら再興活動など伝統的なのものから、新たに生み出されたものまで、日本の冬の風物詩の魅力を再発見する。

詳細情報
番組内容
「こたつ」や「鍋」など日本の「冬の風物詩」は、外国人にも大人気。なかでも、かつて母国に持って帰りたいものナンバーワンにもなった「こたつ」は、いま急速な進化を遂げている。さらに、絶滅の危機にあった茨城県奥久慈の「凍(し)みこんにゃく」の復活や、秋田県横手市の雪の「かまくら」再興活動などを外国人がリポート。伝統的なのものから、次々と生み出される新たな日本の「冬の風物詩」まで、その魅力を再発見する。
出演者
【司会】鴻上尚史,リサ・ステッグマイヤー,【ゲスト】神奈川大学教授…髙井典子,【語り】日髙のり子,中井和哉

ジャンル :
ドキュメンタリー/教養 – カルチャー・伝統文化
バラエティ – トークバラエティ
趣味/教育 – 旅・釣り・アウトドア

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 日本
  2. ディビッド
  3. 季節湯
  4. 本当
  5. 一人鍋
  6. 今年
  7. 拍手
  8. コロナ禍
  9. 韓国
  10. 江戸時代
  11. 高井
  12. 紹介
  13. 世界
  14. 大変
  15. 土地
  16. 風物詩
  17. VTR
  18. クール
  19. 愛星
  20. 海外

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



NHK
created by Rinker
エンスカイ(ENSKY)

さあ 始まりました「クールジャパン」。
今日も 日本の新たなクールが

見つかるといいですね!
はい。 さあ 本日のテーマは

日本の…

まあ 今年はね 雪がすごくてですね

豪雪地帯の皆さんもね
大変だったと思いますけども

さあ 日本の冬ですけども
これにクールはあるんでしょうか?

高井さん いかがですか?

大雪は本当 大変ですけどね

違う面から見ると
すごい観光資源なんですよね。

今はちょっとコロナで停滞してますけど

パウダースノーっていわれてる雪山が
たくさん日本にありますし

日本の冬ならではの
おいしいものもありますので

外国の皆さんが どんなふうに
楽しんで下さってるのか

楽しみにしています。
はい そうですね

気楽に行ける時が
早く来るといいんですけどね。

本当ですよね。
本当にね。

ちなみに 鴻上さんは好きですか?
日本の冬は。

冬は嫌いです!
えっ 嫌いですか!? (笑い声)

じゃあ早くね 暖かくなってほしいですね。
はい。

<冬の必需品を 紹介してくれました>

(チャイム)

ハロー。

コロナ禍でも
おうちで楽しめるグッズとは?

お~ やった 3階建て?
すごい。

外国人に人気の 「こたつ」ですが…。
懐かしいなあ。

…と SNSで話題になった こちら。

ファッション通販メーカーが開発した

こたつ布団とルームウエアの一体型。

これなら コロナ禍で欠かせない換気も
まめにできますね。

コロナ禍に適したこたつは ほかにも。

こちらは テレワークに最適な
イスに座って使える こたつ。

長時間のデスクワークに適した高さです。

続いて ディビッドさんの楽しみが…。

冬の定番 あったか~い お鍋。

寒くなると スーパーの一角を占める…

その数…

中でも 今年のトレンドは…

1人分でも本格的な味が楽しめるよう
工夫されています。

更に コロナ禍の今 増えているのが…。

「鍋は食べたいけど 一人では…」
という常識を打ち破りました。

家族でも それぞれ好きな鍋を
食べることができますね。

(3人)いただきます。

一家団らんの象徴。
鍋の新しいカタチです。

お風呂にも楽しみが…。

ゆずに豊富に含まれるビタミンCなどが

カゼ予防や保温
血流改善にいいといわれています。

ほかにも 江戸時代の浮世絵に
描かれているのは

端午の節句に入る「しょうぶ湯」。

こうした旬の植物を入れるお風呂は
「季節湯」と呼ばれます。

えっ 桃とか入れるの?

2月は大根の葉 7月は桃の葉など

12か月それぞれに季節湯があるのです。

ディビッドさんも 3月の季節湯
「よもぎ湯」を体験してみることに。

これで…

自然の恵みだけで作った入浴剤です。

伝統的なものから最新グッズまで
身近な冬の風物詩 いかがですか?

(拍手)
いやいや

まあ ディビッドもね 新居ができて
見せたくてしょうがなかったんだよね。

そうですよね すてき。
あの入浴姿もね すてきでしたね。

何か ふさわしくないものを
お見せしたような感じ。

(笑い声)
さあ ディビッドさん いかがでしたか?

なるほど。 まず順番にいきますけども…

フランキー どうですか?

なるほどね。
はい リア どうですか?

(笑い声)

なるほどね。

確かに 何で日本の家に
セントラルヒーティングが

広がらないのかっていうのは
専門家の方はご存じですかね?

イギリスとかは長い冬があるから

夏 冷房いらないから
セントラルヒーティングだけでいいけど

日本は ちょっと両方…。
そうだ!

君たちは だって
クーラーなくていいんだからさ!

(笑い声)
そういうことだよ!

なぜ こういうこたつが この
ディビッドが好きな

着るようなこたつとか
いろんなこたつが ありましたね。

あの USBが入るやつとか。
ありましたね テーブル用のね。

なるほどね。

なるほどね。 さあ 続きまして
鍋にいきますよ 鍋。

みんな好きですか。 ああ そうですか。

アンソニー どういうとこ好きですか?

うん。 何か そんな
崩れたパンクロッカーみたいなのに

鍋が好きだって言われると
何か楽しいね。 なるほどね。

韓国は 鍋って 種類っていっぱいあるの?

なるほど。 リア 好きですか?

あ そう。

一人で鍋を食べる方が好きですか?
それとも

みんなで わいわいといいながら
食べる方が好きですか?

おお~ 2人! あ 3人…。

そうか シェアの方が好きなんだ みんな。

なるほどね。

みんな 日本人になってきてない?
(笑い声)

何で じゃあ 一人鍋ってのが
出てきたんでしょうね?

VTRでも紹介してましたけど
一人鍋のデリバリーとか

一人鍋用の ダシのもとが出てくるとか…

ああ なるほどね。
遠慮しなくてもいいもんね。

エディ?

でもさ 鍋を昔 紹介した時に
みんなで こう お箸で

ちょっと 衛生的じゃないから嫌だ
みたいなのがあったんだけど

この個人鍋だったら 世界にいける?

おお~ いけますか。

それ全部食べちゃうの?

へえ~。

やったね!
番組をご覧のインベンターの方

個人鍋 いけるみたいですよ。
(笑い声)

さあ 皆さん…

おう 1 2 3…。

ジムで?
(笑い声)

ジムのあとですか すごいな。

リラックスね。

なるほどね。 中国は お風呂に
そういうの入れたりする?

ああ なるほど。 中国やるんだ。

韓国もやる? 韓国も同じことやる?

なるほど。 韓国も一応あるんだね。

さあ それでね
12月に全部それぞれ季節湯がある。

これ多分ね 日本人も知らなかったですよ。
本当 びっくりしました。

まあ ゆずとか しょうぶ湯ぐらいは
知ってましたけど…

なるほどね。

なるほど。 さあ いろいろ出ましたけど
高井さん いかがでしょうか?

こたつも 鍋もね 深掘りしたら

いろいろ
日本人の気質 出てきそうなんですけど

ちょっと季節湯の話をしたいと
思うんですけど

もともと古くは 弘法大師が始めた
薬草風呂っていうのが

始まりらしいんですけど 今の形の
果実 果物も入れちゃうっていうのは

江戸時代の銭湯が
客寄せのために ゆず湯を始めた

っていうふうに いわれてるんですよね。

で 冬至の日に入ると 一年中カゼひかない
とかっていわれてますけど

実は 実際 科学的な根拠がありまして

江戸時代の人たちとかは
そんなこと知ってたわけじゃなく

やっぱり その実際の体験して

ゆずって体にいいみたい みたいな
何か そういうところがあったと。

で 私たち現代人って ネットとかで
すぐに知識は得られるけど

ちょっと
フェイクだったりするじゃないですか。

そうすると やっぱり
この体験の中から 生活の中から

知を生み出す 紡ぎ出す力って
多分弱くなってる。

そう考えると その季節湯の中には

体で知識を引っ張り出す力がある
っていうかな

そういうものを大事にしたいな
っていうふうに思いました。

なるほどね。
さあ 続いては

世界に広がるかもしれない
伝統食を見てきました。

茨城県常陸太田市。

ここの冬の風物詩とは…。

一面真っ白!
でも 雪 …ではないようです。

おはようございます。

田んぼの持ち主
中嶋 利さんが教えてくれました。

正体は 薄く切った こんにゃく。

これが一面に敷き詰められ
乾いて白く見えていたんです。

「凍る」と書いて…

素材は あのプルプルの
こんにゃくなんです。

と言って見せてくれたのは 製造が…。

なんと昭和23年。

70年以上たっていますが
今でも おいしく食べられるそうです。

まさに…

生産者の利さん。 お年は…。

重さ40kgほどある
こんにゃくのケースを軽々と運びます。

すごいなあ。

凍みこんにゃくの作り方は…?

12月半ば 生のこんにゃく芋を
するところからスタート!

すりおろして凝固剤と混ぜ
ひと晩かけて固めます。

そして2~3時間ゆで こんにゃくが完成。

利さんお手製の こちらの器具に入れて
押すと…。

厚さ5mmにスライスされて出てきます。

すごい!

これを1週間 石灰水に浸して アク抜き。

気温が氷点下で
雪が降っていない日を待って

田んぼに敷いたワラに並べます。

極寒の中 一枚一枚 手作業です。

これが気が遠くなるなあ。
すごいね~。

この地で 凍みこんにゃく作りが
始まったのは 江戸時代。

探検家の木村謙次が
丹波の製法を伝えたといわれます。

う~ん。

農閑期の副業として
昭和初期には50軒ほどが。

しかし 手間がかかると 次第に減少。

こんにゃく農家だった利さんは

50歳を過ぎてから
凍みこんにゃく作りを開始。

4年前に他界した妻と 二人三脚で
この伝統食を守ってきました。

埼玉に暮らす 息子の良一さんと
近所の方が手伝って

10日間で およそ5万枚の
こんにゃくを並べます。

更に 表面だけが乾かないよう…

夜 気温が下がると 水をかけた
こんにゃくは ゆっくりと凍り…。

日が昇ると 再び溶けます。

この繰り返しがポイント。

生のこんにゃくは…

水分は ゆっくり凍ると
大きなかたまりになり

周りの分子を押しのけます。

押しのけられた分子は…

凍って溶けてを繰り返し

すっかり乾燥した頃には
細かい穴がいっぱい!

1週間後 すべてを裏返し
同じことを繰り返します。

並べ始めて およそ1か月。

風で こんにゃくが
ひらひら飛んでいます。

この凍みこんにゃく…

息子 良一さんの妻が教えてくれました。

まるでスポンジのようです。

これを根菜と一緒に だしに入れ…

完成です。

たっぷり吸い込まれた煮汁が
ジュワッと口の中にしみ出す。

その食感がたまりません。

更に。

おいしそう これは。

こんにゃく自体に味はないので
料理はアイデア次第。

海外の方たちが
あるいは ベジタリアンの方が

食べられるんじゃないかとかですね
いろいろ問い合わせが来て

英語でも「凍みこんにゃく」って
海外にもいければいいなって思ってます。

現在 凍みこんにゃくの生産者は
全国で僅か数軒。

先人の知恵が詰まった 冬の風物詩
凍みこんにゃく いかがですか?

(拍手)
う~ん すごいな。

これ えっ これ 雨降ったら どうなんの?
そのまんま。

そのまんまでいいんだ。 はあ~ すげえ。

すごいね 5万枚。 手で。
気が遠くなりましたね。

はぁ… 大変な作業ですよね。
はい。

さあ 今日はスタジオにも
この凍みこんにゃくをご用意しました!

おっ やりましたねえ。

<用意したのは だしがたっぷりしみ込んだ…>

<外はサクサク 中はジュワッとジューシーな…>

どうぞ。

<全員
凍みこんにゃくを食べるのは初めて。

いかがですか?>

あ こういう食感なんだなっていう

ちょっと食べたことがない
食感だったな 俺は。

さあ いかがでした?

なるほど なるほど。

(笑い声)

う~ん 確かにそうだね。

そもそも…

1 2 3 4… お~ 4。

(笑い声)

ああ そうですか。 シンは好き?

さあ で あの人は だから
消えそうになったから

50歳になってから 後を継いだっていうか
始めたわけですね。

この消えそうになった…

なるほどね。

(笑い声)

なるほど なるほど。
ディビッド どうですか?

なるほど。
レット イット ゴーなわけですね。

なるほどね。 じゃあ…

こんにゃくの方がはやる?

しみがはやる?

おお しみの方がはやる?

あ ほんと? マジで?

ああ そう。

ということは 待って
こんにゃくのテキスチャーよりも

凍みこんにゃくのテキスチャーの方が
この ビーガンには すごいいいってこと?

そうか 確かに あのグレーのあれは
食い物かって言われたら…

そういうことだ。
見た目がね あと においも

ちょっとこんにゃくありますよね 独特な。
ああ なるほどね。

さあ いろいろ出ましたけど
高井さん いかがですか?

凍みこんにゃくって もともと 祝いの席の
ハレの食べ物だったってことでね

VTRでも 昭和初期が
最盛期だったっていうことですけど

今 本当に全国に数軒で 手作りは…

中嶋さんのとこは手作りされてる
っていうことなんですが

食用以外に こちら
これ コスメ用品なんですね。

お湯とか含まして お肌をこう…
ツルツルするっていう

天然のね 原材料なんで
お肌に優しいっていうことで

非常に高機能な商品なんですよ。

こういうふうに用途を広げるとか
あと ビーガンの方向けだったり

いろいろ用途を変え
ターゲットを増やしていく

海外に輸出するっていう手も
あると思うんですよね。

やっぱり その 地域の食文化って
土地の記憶だと思うんですよ。

だから まあ 必要ないから もうなくす
しょうがないっていう

考え方もあると思うけど 一度なくすと
元に戻すのは大変難しいので

今風のマーケットに合わせて
いろいろ違う当たり方をすることで

もともとの食文化も
継承するっていうことを

考えていければなというふうに
思いました。

秋田県横手市。

日本有数の豪雪地帯。

特に今年は記録的な大雪となりました。

そんな中 冬になると
街で見かける光景が…。

オー! オーマイゴッシュ…!
ソー マッチ ファン。

こんにちは。
(2人)こんにちは。

楽しそう。

小学6年生と5年生の姉妹です。

遊んでいたのは…

よく見ると
2階の窓の高さまで積まれています。

これ おじいちゃんのお手製。

毎年作ってくれてて
お姉ちゃんと遊んでます。

今年は いつもより大きいのができました。

そんなおじいちゃんも加わって
始めたのは…。

これは今 何を作ってるんですか?

こんな大きいのは久しぶりですけど

結構 バケツに雪をやって

ミニかまくらだったり

それで ろうそくをつけて 夜になると
すごい光って きれいなんですけど

そういうのは 結構ちょくちょく作ります。

掘ること2時間…。

大きなかまくら!

2人は これを楽しみにしていました。

雪の断熱効果と
外の冷たい空気が入らない構造で

中は案外暖かいんです。

愛星ちゃんの後ろには
かまくらの中に必ず作られる神棚が。

横手のかまくらの…

雪が積もると 井戸のそばに穴を作り
水神様をまつりました。

雪解け水が豊かな作物を届けてくれる。

人々は…

…と祈ったのです。

その風習が受け継がれ
かまくら作りは 450年の歴史を誇る

小正月の伝統行事となりました。

♬~

祭り用の大きなかまくらを作るのは

「かまくら職人」と呼ばれる達人たち。

おお すごいな。

壁に 水神様をまつる
神棚をくりぬいたら完成。

雪祭りには 高さ3mのかまくらを
80基ほど作るそうです。

夏妃ちゃんと愛星ちゃん 毎年 かまくらで
人をもてなしているそうです。

祭りでは 子どもたちが
や甘酒などを振る舞うのが習わし。

これが 多分 豆腐かすてら…。

子どもがもてなすのは 「無垢で
神に近い存在だから」といわれています。

かまくらで たくさんの人に出会った
夏妃ちゃんと愛星ちゃんは…。

かまくらに入るのは
年に一度で たったの2日しかないから

いろんな人と たくさん話せて うれしい。

雪の中にいるから 楽しい。

毎年 かまくらを作ってくれる
おじいちゃんは…。

子どもたちが結婚して もし
まず私の孫が生まれても

ずっと続けていってほしいなって
思います。

雪国の暮らしの中で生まれた かまくら。
いかがですか?

(拍手)
いいですね。

しみじみしますね。 さあ そもそも…

ルカ ホワイ?

ああ 同じなんだね。 あるんだね。

あれ フランキー
アニメに出てこなかった? かまくらは。

なるほどね。 このVTRで
紹介してましたけど 何か…

水の神様を守るものが
あんなふうに だんだんでかくなって

子どもが中に入って
おを焼くようになったっていう。

何で こんなふうに
変わってきたんだと思いますか?

なるほどね。

あ~ そうか そうか。
賢いな 賢いな。 そうか。

なるほどね。

なるほど。

うん なるほどね。

今年は 本当に ものすごい豪雪で

雪が多かった地帯がすごく多かった
大変だったんですけども

そこでも ずっと離れずに
その土地に住み続けるっていう…

(笑い声)

なるほどね。 さあ いろいろ出ましたけど
高井さん いかがですか?

私 南魚沼に住んでましたことが
ありまして あの豪雪地帯の。

とにかく お米も お酒も
何でもおいしいんですよ。

でも それは 雪深い土地のメリットが
そこに実はあらわれていて

あの水神様の話もそうですけど

雪が解けると
恵みの水がもたらされますし

低温が安定して続くと
発酵食品を作りやすくなるんですよね。

バクテリア…
微生物をコントロールできるんで。

だから お酒も おみそも
寒いところの すごくおいしいですし

雪国ならではの食文化も出てくると。

先祖が守ってきた土地の良さを生かして
どうやって暮らしていくかっていうのが

この雪国の暮らしから
教えられるんじゃないかと思います。

なるほど。

さあ 今日は「冬の風物詩」という
テーマで見てまいりました。
はい。

<この中から 世界に発信したい
新たなジャパニーズクールを

鴻上尚二が選びます>

タカタンタン ダンダンダンダン…

一人鍋!

(拍手)

<ベスト オブ クールに選ばれたのは
新しい鍋のカタチ

自分専用の「一人鍋」でした!>

凍みこんにゃくも考えましたけど

受けとしては やっぱり一人鍋の方が
先に世界にいくんではないかと。

ラーメンに続いて
何て名前を付けるんでしょうかね?

「インディビジュアルポット」なんですかね
「ヒトリナベ」ですかね?

とにかく 鍋がですね ラーメンに続いて
いきそうな感じがすごいしました!

さあ 皆さん
納得して頂けましたでしょうか?

ワンパーソン ナベ。
なるほどね ワンパーソン ナベね。

皆さん ありがとうございました。

それでは
次回の「クールジャパン」をお楽しみに。

バイバイ。
バイバイ。

(拍手)