開運!なんでも鑑定団【驚異ゼンマイ玩具&人気沸騰イケメン芸術家の秘蔵お宝】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

開運!なんでも鑑定団【驚異ゼンマイ玩具&人気沸騰イケメン芸術家の秘蔵お宝】[字]

■戦後日本支えた…驚異の<ゼンマイ>玩具15点!懐かしお宝に衝撃値■いま話題のイケメン芸術家<杉ちゃん>秘蔵…<伝説巨匠作>に驚き鑑定額■山下清&人間国宝の宝■

詳細情報
番組内容
現代アーティストとして活躍中の杉ちゃんこと杉田陽平さんが登場。昨年、婚活サバイバル番組に出演したところ、恋愛下手ながら奮闘する姿に視聴者の応援が殺到。たちまち人気者となった。お宝は大学在学中、作品を買ってくれたお客さんから代金の一部として受け取ったもの。キュートでちょっぴりエロティックなところが気に入っている。
つづき
しかし実はアメリカンポップアートの巨匠の作品で、ニセモノも多いことが判明。以来心配でたまらないが、果たして鑑定やいかに!?
出演者
【MC】今田耕司、福澤朗
【ゲスト】杉浦太陽
【アシスタント】片渕茜(テレビ東京アナウンサー)
【出張鑑定】出張鑑定in三次(広島県)
【出張なんでも鑑定団レポーター】原口あきまさ
【ナレーター】銀河万丈、冨永みーな
鑑定士軍団
中島誠之助(古美術鑑定家)
北原照久(「ブリキのおもちゃ博物館」館長)
安河内眞美(「ギャラリーやすこうち」店主)
山村浩一(「永善堂画廊」代表取締役)
関連情報
【番組公式ホームページ】
www.tv-tokyo.co.jp/kantei/

ジャンル :
ドキュメンタリー/教養 – カルチャー・伝統文化
バラエティ – その他
趣味/教育 – 音楽・美術・工芸

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 万円
  2. 作品
  3. お宝
  4. 自分
  5. ウェッセルマン
  6. 結果
  7. ホント
  8. ジャカジャン
  9. 日本
  10. 片渕
  11. 本人評価額
  12. 本物
  13. オープン
  14. お願い
  15. キャンバス
  16. ブリキ
  17. 鑑定団
  18. 技法
  19. 高台
  20. 三次

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



(3人)こんばんは。

さぁ 「鑑定団」始まりました。
今週もよろしくお願いします。

いやいや… 2月ですって。
早いな~。

そうですね。
なんか こう メリハリがないな。

忘年会もなきゃ 新年会もね。
そうなんですよ。

どうしたの? クリスマスとか…。
もう何もすることないんで。

でしょ?
でも ふるさと納税で

おせちだけ買いました。

<芸能界きってのおしどり夫婦>

<俳優の

<建設業を営んでいた
祖父に憧れ…>

<意外にも

成績優秀で
学級委員を務める優等生でした。

しかし 高2の夏休み

大阪で行われたイベントを
見に行った際

スカウトされ 芸能界入り。

ほどなく テレビドラマで デビューすると

二十歳のとき 『ウルトラマンコスモス』で
主役に抜擢され

一躍 人気者になりました。

共通の知人を介し

<辻さんの一方的な
一目ぼれだったそうです>

<2回目のデートで 母親に

3回目で 父親に紹介されました>

<辻さんが
二十歳になったばかりの

現役アイドルだったため
どうせ すぐ離婚するなど

意地悪な意見もありましたが…。

見事に裏切り 今年で 結婚14周年。

4人のお子さんにも恵まれ

イクメンオブザイヤーに
3度も選出されています。

また 食育に関心を抱き

きのこマイスターなどの資格も取得。

よき夫 パパとして奮闘中です>

依頼人の登場です。

東京都から お越しの

お願いします。
ようこそ 「鑑定団」へ。

よろしくどうぞお願いします。

いや ホント ごめんね 14年前は。
いやいや…。

すぐに別れると思ってたので。

僕らのこと ひよっ婚って
おっしゃった…。

そうですよ にわとりになる前の
ひよこの段階で結婚してる

ひよっ婚と
俺は名付けてたんですけどね。

見事な にわとりになりまして。
そうですね。

妻と話して ひよこは親鳥に
なるんだよって言いながら

ここまで来たんです。
ホントだ。

もう勉強させて
いただいております。

辻さんからの猛アタックがあった
って聞きましたけども。

僕の実家に来たときに
まず お仏壇の線香を

あげさせてもらってもいいですか
って言った瞬間に

先祖を大事にしてくれると思って。

今どきの子で ご仏壇にお線香
って言わないですよ。

まず お母さんに気遣うんですけど
その上の ご先祖様に

あいさつしたのが親の好感度
ガ~ン 上がりましたからね。

この子しかおらんと思いました。

参考にさせていただきます。

パクる気やん。

それでは お宝ですけども
拝見しましょう お宝オープン!

ありゃ。
こちら 鉢だと思うんですけども

実家が ちょうど
引っ越しをしてたら

祖父が遺してくれてた
骨董品がいっぱいあって

そんなかから チョイスして
持ってきたんですよ。

ホントに ピュアなおじいちゃんで
いい品があるよって

紹介されたら
すぐ それを買うみたいな。

結構な 羽振りの
いい方だったんですか?

瀬戸大橋を造った人です。
えっ?

建設業やってて。
やっぱ 骨董集めるいうたら

建設業やもん。
(片渕)そうなんですか?

初めて聞きました。
イメージ。

1個 20万する中国の壺が
7個 並んでたんですよ。

僕が 小学校のときに
えいって蹴ったら

ドミノみたいに カンカンカンカンって。

140万 割ってもうて。
え~っ!

おじいちゃん…。
めっちゃ笑ってました。

初孫がやったことだから
これは 価値があるって。

笑って済ませるくらい。
器でかいな。

かわいがられてた…。
それだ 愛されてたんだ。

これは もう 思い出の品ですね。
(杉浦)はい。

どう思いますか?
(杉浦)中のほうまで結構 絵が

火の鳥ですか? なんか
鳥が描いてある。

山水とか 結構 景色とか。
いいじゃないですか。

縁起はよさそうですけども。
実際 パッと見て どうですか?

イマイチやな。
マジっすか!

ご本人の評価額になりますが
いくらですか?

子どもが 4人いるんで
財産分与で 10 10 10 10で

40万かなと。
揉めないようにね。

揉めないように 40万。
わかりました。

まいりましょう オープン ザ プライス!

頼む!
40万は だいぶね いいやつですよ。

おじいちゃんの…!
おじいちゃんの思いが!

4万円!
1万 1万 1万 1万!

お年玉みたいになっちゃった。

値段は別として いい焼物ですよ。

明治時代の前期に焼かれた
伊万里焼ですね。

たいへん明るいコバルトの
発色をしておりますけどね

当時の人は 藍絵の鉢って言って

鮮やかなブルーに文明開化を
感じたって言われていますね。

鳳凰に牡丹 その間に
雲が描いてございますけど

これは 蝋抜き技法と言って
蝋で先に雲を描いて

そこに顔料を塗って
窯の中で焼くと 雲が現れる。

高台の中に丸い輪がある。

これは トチンっていって
窯道具の跡なんですけども

トチンの上に乗っけて焼くと
歪まないんですよね。

更に 高台に釉薬が付きますから
テーブルを傷めないんですよ。

高級食器なんですよね。

暮らしに生きる骨董っていって
たいへん人気あるんです。

サラダボウルに使ったら
いいんじゃないかな。

サラダボウル…
中島先生 サラダ食べるんだ!

そりゃ食べるでしょ。
でも ちゃんとした品で

よかったです。
ぜひ 使ってみてください。

ありがとうございます。
どうも ありがとうございました。

<続いては 奈良県奈良市から。

早速 ご自宅にお伺いしました。

次なる依頼人は
一心に炎を見つめ

作業している この方>

< いったい
何をされているんですか>

< とんぼ玉!
でも この模様はいったい?>

口を アーンと開けてる。

<完成したのは まさに…>

<聞けば川本さん
小学校教師をしていた

35年ほど前 とんぼ玉の
職人さんと仲よくなり…>

< もはや 腕前は玄人はだし。

しかも どれを見ても
すご~く個性的なものばかり。

最近では まち針の頭に

とんぼ玉の技を用いた
細工を施して

楽しんでいるそうです>

いちばんは 見た人が

< これからも頑張ってください。

ところで

これを使うもんなんです。

< えっ それは?>

今から5年前に

鑑定 よろしくお願いいたします。

<果たして おもろいお宝とは?

スタジオで拝見しましょう>

依頼人の登場です。

(片渕)奈良県からお越しの

ようこそ 「鑑定団」へ。
お願いします。

よろしくどうぞ
お願いいたします。

いや~ あれ器用ですね~
とんぼ玉。

ああいうデザインは初めて見ました。
ありがとうございます。

ホントにおもしろいなっていう。

いちびらなアカンと。
いちびらなアカン。

相手が パッと喜んでくれたら
うれしい 作ったかいあったなと。

そして 今回のお宝ですけども

どういったものか
拝見しましょうか。

お宝 オープン。

(一同)お~。
うわ これは何でしょう。

(川本さん)ブリキの
ゼンマイ式のおもちゃです。

巻くんだ。
はい。

まさしく
おもろいもんですね これね。

見てるだけで
気持ちが華やぐな これ。

いつごろ作られたものなんですか。

(川本さん)1920年から
60年の間 違うかなと。

チャップリンなんか外国製違いますか?

あぁ ぽいですね~。

これ 猫なんかは
日本製ですかね たぶん。

はい そうです。
だいたい いくらくらいで

ネットオークション購入されたんですか?

数千円から数万円までです。

動きが みんな
それぞれ違うんですね。

あれ おもろそうですね
男の子 ケツ ガーン噛まれてんの。

動かせます?
全部 動きます。

ねじを回して 今噛まれた…。

うわ~!
あぁ おもしろいおもしろい…。

おもしろい!
おもしろい これ!

お尻の痛みが伝わってくる。
ねっ いいですね。

なんか ずっと見られるんですよね
いや おもしろいおもしろい。

戦車?
もっと見たい もっと見たいです。

これも おもしろいんですけど。

おっ。
(片渕)うわ~。

あっ あのスーパーマンが下から。

持ち上げてる 戦車を
うわ おもしろい。

いろいろ考えるな~。

うわ 重い重い…。

ナイスアイデアだな これ。
(片渕)へ~ おもしろい。

(川本さん)これは
新しいんですけど。

川本さん だんだん実演販売の

おじさんみたいに
なってきましたね。

お祭り来たみたい。

おっ あぁ かわいい!

あら かわいい。
横になるんだ。

(片渕)動きが読めないですね。
ホンマ猫みたい。

尻尾が
体をひっくり返されるんですね。

うまいことできてる いやいや…。

<ゼンマイとは 弾力性の高い素材を
渦巻状に巻き

それが元に戻ろうとする力を
動力に利用した

バネの一種である。

では その進化と興亡の物語を>

< そもそも15世紀 ヨーロッパで

時計に用いられたのが始まりで

日本でも 江戸時代には
クジラのヒゲを用いたゼンマイで

からくり人形が作られた。

ドイツで 初めてゼンマイ式の
ブリキのおもちゃが誕生したのは

19世紀半ばのこと。

そのあとを追うように 明治の
日本でも作られるようになり

少しずつ輸出量を伸ばしていった。

更に 1914年
第一次世界大戦が勃発すると

それまで 世界の玩具の半分を
生産していたドイツに代わり

日本に注文が殺到したのであった。

こちらは そんな時代のものだが

ゼンマイが螺旋の針金を回し

ボールを上へと運び
そのボールが転がると

鳩が餌をついばみ
少年が鐘を叩く。

精巧な造りに加え

まるで錦絵のごとく
鮮やかな色彩が

世界中の愛好家たちを驚かせた。

やがて ブリキに加え

軽くて加工しやすい
セルロイドが用いられるようになると

動きが より多彩になり

表情も豊かになった。

その日本も太平洋戦争で敗戦。

物資は困窮したが

玩具業者はめげることなく

進駐軍が放出した
空き缶を再利用し

更には アメリカ文化をモチーフにした
おもちゃを逆輸出することで

復興に繋がる外貨を
獲得したのであった。

戦後は 品質が
いっそう高まったものの

やがて ソフトビニールや

プラスチック製の電動式おもちゃが
作られるようになると

ブリキやセルロイドのゼンマイ式おもちゃは

徐々に姿を消していった。

それでは 依頼品を見ていこう。

まずは アメリカ製の 『チャールズ・チャップリン』。

肩を落とし
ひょこひょこ歩くようすが

哀愁たっぷりの喜劇王の特徴を
よく捉えている。

ドイツ製の 『ビリヤード』は

キューで球を弾いて穴に落とすと

その球が
自動的に戻ってくるという

すぐれものである。

ほかは すべて日本製で

『鶏』は 餌を
せわしなくついばむようすが

なんとも言えず クセになる。

『曲芸師』の素材はセルロイドで

軽さを生かし
アクロバティックな技を華麗に披露>

激しい。

< こちらの5点は オキュパイド ジャパン。

つまり 占領下時代の日本製。

『幸福時代』と名づけられた
こちらは

少女が 恍惚とした表情で
椅子を揺らし

アヒルは…>

(アヒルの鳴き声)

< なんと 鳴き声をあげる。

『鉄琴奏者』は
上半身を左右にひねり

音色を叩き分ける。

『カウボーイ』は
投げ縄を豪快に振り回し

荒馬を乗りこなす。

『ボクシング』は
バネが行きつ戻りつすることで

互いにパンチを応酬。

『戦車』は…。

後方一回転をきめるが

車体を持ち上げているのは

なんと スーパーマンである。

『猫』は… クセが強い。

『キリン』も… クセが強い。

いずれも ずっと眺めていても
見飽きることがない>

ご本人の評価額ですが
おいくらでしょう。

50万。
50万。 では まいりましょう。

オープン ザ プライス。

いった~! 大台 100万!

すごい!
100万!

すごい。

評価が高いのは やっぱり
チャップリンのおもちゃですね。

1910年代の後半くらいです。

キャラクターのおもちゃの
はしりですよね。

ブリキなんですけど
山高帽から顔の表情

ちょっと ダボダボのズボン

それから服のシワまで
表現されていますよね。

実はね これはね
僕は持ってないんですよ。

あら。
おお~!

『ビリヤード』ですね。 ギュンターマン
というところが作ったドイツ製で

やはり
1910年代の後半から20年代。

ホントに 凝った作りで

どちらも100年以上
経っているわけですよね。

あとは 日本製のおもちゃですね。

餌食い鶏ですか?
東洋堂というメーカーが作った

戦前のおもちゃです。

軽く巻いただけでも
長く動くんですよね。

人間と鶏のバランスが
すごくおもしろくて

やっぱり人気のある。

『幸福時代』と呼ばれた
おもちゃですね。

120パーツくらいで
作られているわけです。

アヒルが鳴くじゃないですか。

中に ふいごが入って

押しながら
音を出しているんです。

今でも動くというのが
すばらしいですよね。

職人技と
おっしゃってましたよね。

ホントにね 日本のおもちゃ職人って
すばらしいんですよ。

8割は輸出用に作られたわけです。

戦後復興して
経済大国になっていった立役者。

すばらしい
コレクションだと思います。

いや もうビックリしました。

ありがとうございました。
どうも ありがとうございました。

< お宝列島 日本縦断…>

<今回の舞台は
広島県三次市。

晩秋から春にかけての早朝

川霧が立ち込め
街全体が 白く包まれる。

そのようすは 霧の海と呼ばれ
実に幻想的である。

江戸時代より 三次は
もののけの町として知られるが

その理由が この 「稲生物怪録」。

地元の武士 稲生正令が体験した
怪奇現象を記したもので

稲生のもとに
夜ごと現れた妖怪の

奇想天外な実録が
全国に広まったのである。

2019年には
三次もののけミュージアムが開館。

日本屈指の妖怪コレクター
湯本豪一のコレクションを中心に

中世の貴重な史料を
展示するほか

自ら描いた妖怪が
スクリーンで動き出す

チームラボによるプロジェクションマッピングを
楽しむことができる>

<特産品はワイン。

昼夜の寒暖差が大きいことから
良質なぶどうが実り

1990年代から

三次産のぶどう100%のワイン造りが
始まった。

もともと米どころとしても
知られていただけに

日本酒 ワイン
両方が楽しめる町として

全国の酒好きから注目されている。

本日の鑑定士は
田中 森 そして山村。

会場は 三次市民ホール きりり。

早速 いってみよう>

「出張! なんでも鑑定団」IN三次!

< まずは
三次観光協会役員の小田さん>

今のお気持ち
いかがでしょうか?

三次のいいところ。

うかいってご存じですか?

ほぉ。

< お宝は 山下清の色紙である。

描かれているのは…>

トンボ!? 僕…。

<20年ほど前
古民家を購入した際

ゴミとして放置されていた
古紙の中から発見。

子どもの落書きと思ったが
サインを見てビックリ>

<本人評価額は34万4千円。

そのわけは…>

いやっ!

<今日は 得意のダジャレで
三次をアピールできて大満足。

お宝も
すべり知らずといきたいが…。

果たして 結果は!?>

ジャカジャン こい!

あっ 70万円!

< やったぁ!>

本物ですね 間違いありません。
蜂ですね。

制作されたのが1940年頃。

旅に出ては アトリエに戻って
また絵を描く

というのを繰り返していて

その頃に描かれた作品だと
思います。

幼い頃 草花
あるいは飛んでくる虫たちと

戯れて遊んでいたんですね。
その時間というのが

すごくいい思い出だった
わけですよね。

ですから
こういった虫の絵っていうのを

数多く制作しているんですね。

互いが向き合って
対話をしているような構図。

おそらく
1匹は自分自身なのかなと。

今年が没後50年。

来年が
生誕100年を迎えるんですね。

大変 人気の山下清の作品ですから
ぜひ大切にしてあげてください。

<続いては 弁護士の三浦さん>

弁護士 目指そうと思った
きっかけとか あるんですか?

だから…。

すごい ありがたいです。

ニセモンでごめんね。

< お宝は
朝鮮の古い茶碗である>

50年前くらいに うちの実家に

韓国の偉い人が来られて
何泊かされて

そのお礼というところも兼ねて
いただいたっていうところです。

ちょっと待ってください。

いやいやいや…。

双子もいるので…。

<本人評価額は
これくらいはしてほしいと50万円。

売却したいとの思いは
まだ父に話していないが

かわいい孫のためなら
きっと許してくれるはず。

果たして 結果は!?>

ジャカジャン こい!

< う~ん 残念>

あぁ!
あぁ…。

それほど古い物では
なさそうですね。

これ
お持ちになった方っていうのは

日本人は こういうお茶碗が
好きだからっていうことで

プレゼントしてくださったんじゃ
ないかな?

室町の末から
江戸前期の頃ですけれども

朝鮮半島で作られて
日本にもたらされた

高麗茶碗というのがあるんですよ。

朝鮮半島では
日用の湯のみ茶碗だとか

飯碗だったものが
わびた風情っていうので

お茶人たちが とりたてて
大人気になった。

そういった系統にある物だと
思います。

これから育てて
いいお茶碗にしていく

っていうふうに
楽しんでいただくのが

いいんじゃないかなと思います。

<続いては
手品が趣味の大塚さん>

もう何年くらい?
25年くらいですかね。

<以前 看護師をしており
歓送迎会などで披露したいと

奇術クラブに通いはじめた。

もともとは
大所帯のクラブだったのだが…>

< それでは ショータイム スタート>

お花を取って はい。

お花を どんどん…。

お花をどんどん入れていって。

枝と葉っぱだけに…。

あら! うわぁ!

(拍手)

< お宝は 女流画家
上村松園の手紙である。

40年ほど前
なじみの古書店に行くと

店主が突然 これを差し出し…>

<松園の名は知らなかったが
安かったので

勧められるまま購入した。

しかし その後 美術好きの
病院長に見せたところ…>

<慌てて額装し
以来 大事に飾っている。

本人評価額は買った値段の10倍
2万円。

2, 000円で買ったものを
番組に出すなんて

我ながら ずうずうしかったかも。

恥ずかしくて
手品で自分を消し去りたい。

果たして 結果は!?>

ジャカジャン! こい! 5万円。

< やった~!>

やった!

間違いありません。
(原口)すごい。

書き出しが 濃い墨で
だんだん薄くなって

流ちょうに書かれてて
非常に見やすい手紙。

宛先が藤田別邸内になってますね。

松園のパトロンの一人 藤田彦三郎
という人がいますけども

おそらく
代理人だと思うんですけども

その守山さんっていう方に宛てた。

お祝い事があってですね
『菊使い』という題の絵を

送りましたと。 追伸にですね

扇形の絵を
注文いただいてるんですけども

東京に行ってたりして

遅れておりますと。

ちょっとした言い訳をして

画家としての
松園の一面が垣間見える

おもしろい手紙だと
思いますので

封筒もぜひ一緒にして 飾って

大事にしていただければと
思います。

<続いては 番組出演を
待ちわびていた都田さん>

前から出たかったんですけども…。

< すると去年 友人が採用され
夫婦で出演。

しかも高額鑑定だったので
うらやましく思っていたところ

その数日後 なんと自分にも
出演依頼の電話が>

よかったです。

もう早速…。

< お宝は こちら>

<30年ほど前 ある美術館が
閉館することになり

売り出しが行われた。

いい絵があれば買いたいと思い
向かったが

めぼしいものは何もなく
帰ろうとしたところ

スタッフが奥から これを出してきた。

その瞬間…>

ツボにハマった! うまい。

<100万円でいかがですかと
勧められたが…>

確かに…。

<購入後 箱に書かれた
銘を調べたところ

たいへん有名な陶芸家とわかり
びっくり。

本人評価額は
買った値段と同じく 100万円。

一目ぼれで
こんなに高い買い物をしたのは

この一度きり。

自分の直感は正しかったのか?>

<30年ほど前 100万円で購入した
加藤卓男のラスター彩 壺。

果たして 結果は!?>

ジャカジャン! こい! 250万円!

< これはすごい!>

すばらしいものだと思います。

三彩で人間国宝に認定されて
いらっしゃる方ですけれども

その一方で生涯をかけたのが
ラスター彩。

9世紀にメソポタミアで始まりまして

14世紀以降に衰退してしまって

幻のペルシア陶器と
言われているものなんです。

加藤卓男さんが
1961年にイランに行ったときに

このラスター彩に出会って
再現しようって

ホントに何度も試作を繰り返して
20年ほどして成功するんですね。

この形 文様もですね
13世紀とかのイランの

それをそっくり
写していらっしゃるんです。

ごくごく薄い金属の膜が

光を複雑に反射して

玉虫の羽の色みたいな
虹色ですよね。

パーレビ国王に献上したものと
姉妹品ということで

1980年の前 卓男さんが
まさに ラスター彩の再現に

やっと成功した頃
卓男さんの思いというのが

込められた貴重な作品。

大切になさって
いただきたいと思います。

<続いては 17歳年下の
メキシコ人女性と結婚した高垣さん>

彼女が…。

あぁ そうなんだっていうことで
メールが始まって。

<実は ペルーとメキシコに
同じ名前の町があり

勘違いから メールが
始まったのだが 意気投合>

結婚式 3日前!?

<メキシコで挙式し
3日後 2人で帰国した。

こちらが

えっ!?

アイ ライク メニー シングス。
ヒー イズ ベリー ベリー グッドメン。

< お宝は アンディ・ウォーホルのデッサン
2点である。

描かれているのは
どちらもコカ・コーラの缶>

<2年前 こちらのデッサンを

ネットオークションで見つけ 1万円で落札。

夫婦で営む雑貨店に
飾っていたところ

それを見た友人が…>

<気になって
もう1枚も1万円で落札。

じっくり見比べてみた結果…>

これは2点とも…。

あっ そうなんですか!
もともと美術の先生。

はい。

<本人評価額は
このくらいはするはずと20万円。

将来 メキシコで日本料理店を
開くのが夢なので

もし本物なら そこに飾るつもり。

果たして 結果は!?>

ジャカジャン こい 1, 000円!

< やっぱり!>

残念ですけど 偽物ですね。

アンディ・ウォーホル
アメリカポップアートの先駆者ですし

身の回りにあるものを
作品のモチーフに取り上げる。

最も有名なのが
キャンベルスープですけれども

コカ・コーラの作品は
制作はしています。

ただ そのほとんどが
瓶のコーラなんですね。

おそらく これ同じ人物が
描いてると思うんですよ。

デッサン力も低い。
構図も何のひねりもないと。

やっぱり全然違うんですよね。

<最後は
熱烈なカープファンの中村さん>

ユニフォームが気になるんですよ。

カープが 25年ぶりに優勝しました。

なるほど!
よろしくお願いします。

< お宝は こちら>

<手に入れたのは
おととしのこと>

奥さんに内緒で!
そうなんです。

<実は この番組の大ファンで

我が家にも
家宝といえる品が欲しくなり

古伊万里に狙いを定め
ネットオークションを探すこと数年。

ようやく これぞというものに
めぐりあえた>

おいくらで?

< あまりに安いので
偽物かと心配したが

実物を見た瞬間
不安は一気に吹き飛んだ>

それと この…。

江戸後期のですね
高台… 大きくてですね。

<今回 いい結果が出たら…>

なるほど。

<本人評価額は 28万円。

そのわけは もちろん…>

(笑い声)

<妻にバレるや 汚い皿と罵られ
倉庫にしまいっぱなし。

名品なら床の間に飾りたい。

果たして 結果は!?>

ジャカジャン 3, 000円!

< う~ん 残念!>

新しい お皿ですね。

表だけ見ていると
非常にすばらしい。

例えば金の唐草模様が
あるんですが

それが江戸の中期の頃の
古いタイプの描き方をしています。

それがですね 裏を拝見しますと

合成コバルトという
近現代になってからの

青い色をしているのと
非常に 拙い花。

ちょっと雑なものですね。

更に その高台ですけれども
外側を削り込んで

内側をえぐっただけに
なってますけれども

伊万里の高台に
そういった形はないです。

<出張鑑定 IN 三次は
これにて無事閉幕>

<絵の具の塊だ。

カラフルな犬がいる。

どろりとした液体が 止まってる!

なんだ? こりゃ>

これら 全部
自分の作品です。

< この方が 次なる

<武蔵野美術大学在学中
腕試しにと

数々のコンペに出品すると
賞を総なめ。

以来 オーソドックスな油絵から

絵の具の皮と称した
半立体の作品まで

さまざまな作風に
挑戦しています>

現代アートのおもしろいところって
最初は 何? これ!

っていうような表現だったり
見栄えでも

だんだん見てて
いろんな人が あれこれ

議論だったりとか
いいね だめだね… とかって

言い合うことによって
だんだん それが

美しく見えてくるんですね。
次第に。

それが すごい
やりがいがあるというか

いちばん
楽しいところなんですよね。

< しかし 制作活動に
没頭するあまり

恋愛には めっぽう弱く…>

でも…。

< そこで一大決心のすえ
婚活サバイバル番組

『バチェロレッテ・ジャパン』に参加。

才色兼備の独身女性1人を

17人の男性が奪い合うという

恋愛リアリティショーで

最初は 他の参加者に圧倒され

話しかけることすら
できませんでした>

< しかし なんとか得意の絵で
話の糸口を見つけると

自信を回復>

ローズを受け取っていただけますか?

<勝ち進むことができました。

すると…>

杉ちゃん 大好き!
というような

反応を すごく
たくさん いただくようになって。

<誰かさんも
頑張ってください!>

いやいや 俺
参加資格ないよ 54歳。

< ところで お宝ですが

まさか 自分の作品
ってことはないですよね?>

< それは 大学在学中

ひょんなことから
手に入れたものだそうで>

鑑定 どうぞ
よろしくおねがいします。

< ノリにのっている

依頼人の登場です。

東京都から お越しの

ようこそ 「鑑定団」へ
よろしくどうぞ お願いします!

杉ちゃん。
でも よく飛び込みましたね

あそこに。
自信 全然 なかったんですけど

自分なりに頑張って ええ。
見てたん? 茜ちゃん。

私は 全部 見たんですけど
杉ちゃん 最初は

しっかり!
って思ってたんですけど

徐々に
芸術家さんならではの感性で

その女性を どんどん
魅力を染めていくというか。

絵を描いて
渡すだけじゃなくて?

はい 言葉 一つ一つが魅力的で。

ほれてるやん!
やぁ よかったですね。

でも あれですね
メガネ外して 髪の毛 短くして

イメージ ずいぶん変わりますね。

あぁ うん そうなんですよね。

それでは お宝を
拝見しましょう。

お宝 オープン。

ああ。
なに? これ。

(片渕)これ 女性ですよね?
(杉田さん)はい。

はぁはぁ はぁはぁ!

一瞬 わからんけど
よく見ればみたいな。

トム・ウェッセルマン っていう
1960年代に活躍された

アメリカの
現代アーティストなんですけども。

ウォーホルさんと並ぶ ポップアートの
大巨匠みたいな。

大学のときに
この作品と出会った?

自分の作品が売れて
その代金の一部として

30万円分くらいの
っていう感じで…。

杉ちゃんが作った作品は

だいたい いくらくらいで
その方 買ってくれたんですか?

100万円くらいの
だったんですけど。

学生で?
はい 有名なコレクターさんで。

コレクションの 1つ
選んでいいよって言われて

いっぱいあるなかで
これが すごいすてきだったんで。

なぜ これを選んだんですか?

(杉田さん)構図が
すごい すてきで

わざと 顔を描かないとか
思い切りがいいし。

単純化してるからこそ
想像できるっていうか。

突先と唇っていう重要なものが
ちゃんと詰まってますもんね。

(杉田さん)自分の部屋に
飾りたいじゃないですけど。

確かに。
おしゃれ。

本物だというのは
間違いないんですか?

サインもないんですね。

証明するもの なんもないの?

大巨匠なので
精巧な偽物とかも多いみたいで。

この型 作っちゃって流し込めば
作れちゃいそうじゃないですか。

< その目が
じっとこちらを見ている。

キャンバスが 奇妙な形に
切り取られているが…。

あっ ヌード。

作者は

独自に編み出した技法で

女性の官能美を作り上げた

アメリカン・ポップアートの巨匠である>

<少年時代は 特に美術に
関心はなく…>

<時折りしも
朝鮮戦争の真っただ中で

陸軍の召集により
学業の中断を余儀なくされた。

厳しい軍隊生活に
不満を抱いたウェッセルマンは

手慰みに
風刺漫画を描き始めると

表現することに
おもしろみを見いだし

除隊後 ニューヨークの
名門美術学校に入学した。

当時 美術界は
デ・クーニングをはじめとする

抽象表現主義の全盛期だったが

亜流で終わりたくないとの
思いから

あえて

< しかし それは
従来の具象とは

まったくかけ離れたものであった。

『肖像画のコラージュ』は
初期の作品である。

自ら描いているのは
少女の顔だけで

髪を飾るバラは 写真の切り抜き

壁の絵は タバコの包装紙

窓の外に見える大きな木は

本物の葉っぱを彩色し
ホチキスで止めて表現している。

当初 デッサンに自信がなかった
ウェッセルマンは

マティスの切り絵に着想を得
大いにアレンジしたのである。

自分にしかできない表現を
模索するなか

モチーフに選んだのは

<絵画の世界では
古典的なテーマだが

ウェッセルマンが描こうとしたのは
肉体の美しさや神聖さではなく

妻との実生活で
気づいた

< あるときは
便座やタオル掛けなど

既製品をキャンバスに貼りつけ

浴室という親密な場を
効果的に演出し

また あるときは テレビをはめ込み

実際に映像と音を流した。

丸みを持った
半立体の この作品は

プラスチックを切り抜いて 彩色し

真空作用で
レリーフ状に成型したものだが

あっけらかんとしており
卑猥さは みじんもない。

やがて デッサン力が向上すると
コラージュをやめ

全てを描くことを決意。

体の一部を巨大にクローズアップし

その輪郭に沿って
キャンバスを切り抜く シェイプト・キャンバス。

更に 切り抜いた跡が
人体の輪郭をかたどる

ドロップ・アウトなど
新たな技法を次々に考案した。

なかでも ウェッセルマンの真骨頂が

この 金属カット・アウトである。

ドローイングの線を金属板に転写し

描線だけを切り抜いて
彩色したもので

それは あたかも キャンバスから
つまみあげられた線が

宙に解き放たれたかのようである。

ヌードという伝統的なテーマで

まったく新たな絵画表現を
切り開いた ウェッセルマンは

アメリカを代表するアーティストとして

今なお 世界中で
高い人気を誇っている。

改めて 依頼品を見てみよう。

トム・ウェッセルマンのプラスチック製ヌードである。

しなやかな体の曲線

ピンクに塗られた唇と乳首が
なんとも官能的だが

ポップで かわいらしくもある>

本人の評価額です
おいくらでしょう?

期待値も込めて 50万円で。
50万円。

30万円の代わりですけども。
はい。

まいりましょう オープン ザ プライス。

え~ 本物であってほしい。

おっ!
100万円!

大台に乗りました すごい
おめでとうございます。

本物だ。
よかった。

制作されたのが1966年でして
タイトルが 『リトルヌード』といいます。

当時75体制作されたうちの
1点なんですね。

これ 今
額に止まっちゃってるから

見えないんですけど
サインとエディションナンバーが

そこには入ってます。
バキュームプレスっていう技法で

作られたものでして
素材を型に当てて

真空作用で押し付けて かたどる
技法のこと いうんですけど

大量生産で作られたプラスチックを
用いた作品というのも

ウェッセルマンらしい。
とても明るくて開放的ですし

クローズアップの具合っていうのは
やっぱり絶妙なんですよね。

たったこんな20cm四方の中に
胸から口にぎゅっと凝縮させて

より官能性っていうのを強調する
センスっていうのは さすがですね。

残念なのが 経年変化。

髪の毛の色も もっとビビッドで
黄色が映えていましたし

唇 あるいは
乳首の色っていうのも

もっとこう鮮やかな
ピンク色だったんですよね。

とはいえ この作品っていうのは
たぶんね

日本国内には
ほとんどないと思うんですよね。

今後 もっと高くなっていく
可能性が高いと思うんで

ぜひ大切にしてあげてください。
びっくりです。

オマージュで何か作ったら どう?

杉ちゃんの作品が
見たくなってきた。

大事にしてあげてください。
はい ありがとうございます。

どうもありがとうございました。
ありがとうございます。

< お宝鑑定希望の方

お宝を売りたい方は

お宝の写真とエピソードを添えて

ご覧のあて先まで

どしどしご応募ください。

お待ちしています。

詳しくは番組ホームページを
ご覧ください>