新日本風土記「隅田川イーストサイドストーリー」東京の隅田川より東。そこには、下町の暮らしがあり、人情があり、…

出典:EPGの番組情報

新日本風土記「隅田川イーストサイドストーリー」[字]

東京の隅田川より東。そこには、下町の暮らしがあり、人情があり、野暮ったさがあり。古き良き東京の風俗が息づく街、隅田川イーストサイドを彷徨う1時間。

詳細情報
番組内容
東京の隅田川より東。そこには、下町の暮らしがあり、人情があり、野暮ったさがあり。古き良き東京の風俗が息づく街。隅田川を越え東へ、橋をひとつ越えるたびに、場末の飲み屋街が増え、鉢植えの並ぶ路地が入り組み、「下町情緒」が溢れている。それだけではない。まるで、ロンドンのイーストエンドさながらに、カネはないが、面白いことをやりたい-そんな人間たちが続々と集っているのだ。隅田川イーストサイドを彷徨う1時間。
出演者
【語り】松たか子,中條誠子,井上二郎

ジャンル :
ドキュメンタリー/教養 – カルチャー・伝統文化
ドキュメンタリー/教養 – 歴史・紀行
趣味/教育 – 音楽・美術・工芸

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 取材者
  2. タワシ
  3. 足立区
  4. エチオピア
  5. コロナ
  6. 紗幸
  7. 葛飾区
  8. 昭和
  9. 日本
  10. 民謡
  11. シュロ
  12. 一度
  13. 印刷
  14. 映画
  15. 花火
  16. 今年
  17. 自分
  18. 小菅
  19. 本当
  20. プロレス

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



NHK
created by Rinker
エンスカイ(ENSKY)

風の中に

土の匂いに

もういちど 日本を見つける。

私を見つける。

東京…

川を越えて 東にあるのは5つの区。

横町を一歩入ると そこはワンダーランド。

〽(民謡)

墨田区では ふるさとの歌を聴きながら…。

いただきます。

うまい酒に酔いしれ…。

江東区の夜の街では
芸者さんと戯れ…。

(女性)紗幸ちゃん 頑張ってくださ~い。

始まりですね イェーイ。

荒川を越えて さらに東へ。

足立区で遭遇した
エンターテインメントは…。

覆面社長が経営するプロレス道場。

子どもは100円持って
プロレスを見に来るっていうのが

ちょっとワクワクするのかなと思って。

足立区を歌う女性ラッパーも。

♬「『一度きりの人生
どうか謳歌してください』と」

♬「見上げる空
つぎはぎだらけの思い出に」

♬「記憶を注いで時を戻して」

おなじみの寅さんの街では…。

創業360年の看板を背負う
花火師の苦悩がありました。

一番悩んだのが
今 打ち上げるべきなのかな…。

でも 最終的には…

うん 自分自身に…

東へ 東へ。

橋を一つ越える度に
昭和の風情が色濃くなって…。

町工場が増え…。

人情と出会う。

隅田川イーストサイドストーリーの
始まりです。

♬~

最初は 葛飾区から。

訪れたのは柴又。

といえば…。

ご存じ 「男はつらいよ」。

ここは 日本一愛されているフーテン
寅さんの生まれた地。

♬「私生まれも育ちも葛飾柴又です」

街の活気は 寅さんと共にありました。

でも…。

時は過ぎ シリーズ最後の作品が
公開されたのは 今から25年前。

その後の 寅さんの街を訪ねました。

6代続く老舗和菓子屋の…

店は 寅さんと深いご縁がありました。

ですから 撮影が始まると
俳優さんも 監督さんも

皆さん こちらに来て ここで
いろいろ会議して 撮影に行くっていう。

なんでも 主演の渥美 清さんが
店の草だんごを気に入り

撮影中いつでも食べられるように
ここが選ばれたそう。

こちらが あの 俳優さんが控えされる
控えのお部屋ですね。

こちらが監督さんたちが
いらっしゃる部屋。

ですから 我々 逆に…

第1作の撮影時 高校生だった石川さん。

映画は 多感な少年に希望を与えました。

コンプレックスみたいのがあって。
ところが映画が始まったときに

いっぺんじゃないですか
「葛飾柴又です」みたいな。

あれで いっぺんに有名になって
それからは胸張ってね

私は 寅さんのあれですよっていうように
紹介ができるようになったんですけど。

寅さんが 柴又の人たちにくれた誇り。

そもそも この街の賑わいは

およそ400年前に建てられた
柴又帝釈天から始まります。

この帝釈天が 江戸の人たちの信仰を
あつく集めるようになったのは

天明の飢饉っていうのが
江戸市中に訪れるんですが…

災害の救済に当たるお寺として

江戸の人たちからも
信仰を集めてるということです。

参道に並ぶお店は
近隣の農家が作った米を

おだんごや煎餅にして
売り出したのが始まり。

参拝客で賑わい 昭和になって
寅さんで活気づいた葛飾柴又。

しかし 1995年のシリーズ最終話を境に
客足は どんどん減っていきます。

もう 本当に あの なんていうんですか…

去年に比べると
今年は2割減った 3割減ったって。

どうしようって話 して…

変な話なんですけど…

悩んだ石川さんがとった行動は…。

「男はつらいよ」全48作を見直すこと。
そして あるセリフと出会います。

シリーズ第1作目 冒頭。

寅さんが ふるさと柴又の情景を一人語り。

(石川)うわぁ そうなんだみたいな。

こんなとこなんだと。

映画に出てきたね…

おだんご屋さんなら おだんご屋さん
お煎餅屋さんなら お煎餅屋さん

それを はっきりしようと。
ですから逆に 僕たちが…

変えない開発。

昔情緒のあふれる街は 今もう一度
観光客を呼び戻しつつあります。

高校生の男の子とか 「寅さんの映画を見て
感動しました いい男‼」。

いい男… やっぱり
恋でつらいことがあったりとかね

社会で いろいろ
つらいことがあったりとかね すると

寅さんに
勇気づけられるんじゃないのかな。

だから コロナのときに 寅さん見たら
元気になるんじゃないかなと思って。

寅さんは 永遠に。

続いてもう一つ 葛飾区のお話を。

荒川沿いに 要塞のように
そびえ立つ建物があります。

敷地面積は
東京ディズニーランドの半分ほど。

収容人数 およそ3, 000は
日本最大規模です。

かつての大物政治家もここに…。

時代を象徴する数々の事件が
刻まれてきた場所です。

そんな拘置所の周りは
ごく普通の住宅街。

小菅で暮らす人たちの話に
耳を傾けてみました。

東京拘置所の目の前にある喫茶店です。

ここで 50年近く商売を続けてきた
根本さんは

今まで 数々の保釈の場面を見てきました。

(取材者)これは何の… ごめんなさい 何?

だから ホリエモンって
さっきから言ってんじゃん!

あっ いけない… これ 出た?
やめてください 言葉が乱暴だから…。

街が騒然となるのは
一年に一度あるかないか。

ふだん 店に来るお客さんといえば…。

そうするとさ もう 泣く人もいれば
いろんな方がいらっしゃる。

そうかな… いろいろあるんですよ
人生50年もやってると。

もう一軒 地元の方を訪ねます。

ここはね 池だったから。

こちらも
拘置所の目と鼻の先に暮らす望月さん。

おじいさんの代から ずっと小菅。

で 鉄の扉が開くと…

女の人は 全部 こういう帽子をかぶって
顔が見えないようにされてる。

そうすると 上からこうやって見てると
開いて こう 出てくるわけ。

そんなの 見た人…
映画じゃなきゃ見ないわよね そんなの。

大正から昭和にかけて
ここには小菅刑務所がありました。

そのおかげからなのか
空襲の大きな被害を免れたそう。

(望月)戦争でしょ。

そこへ落としたらば 犯罪が
分かんなくなっちゃうもんね 殺したら。

だから 墨田区とか あっちの方は
ものすごい爆撃されたでしょ。

小菅は1発しか落ちなかったの。

本当の理由は分かりませんが
街は守られ

望月さんにとって 掛けがえのない故郷に。

小菅っていう名前だけで
嫌だって言ってましたね。

小菅 刑務所でしょ やっぱり もともとが。

でも 私は やっぱりね…

他へ住みたいと思わないですね。
商店も何もないですけどね。

買い物も不便で。

ところで
拘置所に詰めかける報道陣には

望月さんの家が
とてもありがたい存在だそうですね。

女の人は やっぱり長いもんね。

男の人は シャーッてして出ていくけど
女の人は大変だもんね。

トイレだけは我慢できないもんね フフッ。

最後 そういうとこの話…
下の方にいっちゃう。

エピソード豊富な 拘置所のある街です。

その一角に
小さな外国がありました。

♬~(歌声)

アフリカ北東部にある国 エチオピア。
その専門料理店です。

新年が9月に始まる エチオピア独特の暦。

文化が全く違う日本での暮らし。 でも…。

そうそう エチオピアの音楽で
みんな盆踊りやった。

現在 東京に暮らすエチオピアの人は
160人ほど。

そのうちの半分に当たる およそ80人が
ここ 葛飾区で暮らしています。

レストランから程近いアパートの一室に

エチオピア人の生活支援を行う
NPO法人があります。

団体を立ち上げたメンバーの一人
アベベさんは

1996年に留学生として来日。

日本人と結婚して定住しています。

10年ほど前に増えた
エチオピアからの来日。

その訳を教えてくれました。

2005年 総選挙が行われたエチオピア。

圧勝した政権与党に対し
選挙に不正があったと野党が猛反発。

混乱の中 抗議に参加した
およそ100人が亡くなりました。

この日は 週に一度の配給の日。

食材は アベベさんたちが
ボランティアを募って集めました。

受け取りに来るのは 日本で仕事をする
資格を まだ認められない人たちです。

多分 足りないと思う。

異国で不安を抱えて暮らす人たちを
この街は そっとサポートしています。

すぐ つながるので。
(取材者)つながる?

さらにアベベさん
日本人とエチオピア人には

ある共通点があると分析します。

(取材者)そうなんですか?
そういうのなんです。

来日してからずっと
難民申請を続けているエフレムさん。

特定活動という在留資格が認められ
一定の条件で働くことはできます。

(取材者)こんにちは どうも。

日本で出会った
同じエチオピア人女性との間に

子どもも生まれました。

できない。
できない。

(取材者)そうか…。
だから ベタちゃん

パパ エチオピアの言葉できる
英語できる 日本語できる。

日本語 だけど漢字できないでしょ。
漢字 できるところがいっぱいあるよ。

じゃ これ読んで 全部。
じゃあこれ パパの…。

違うよ 全然違う!

「会わせたい人がいる」。

エフレムさんが案内してくれました。

アパートの大家 椎名さんです。

24世帯 60人の
エチオピアの人がお世話になっています。

ありがとう。

この街で暮らして16年。

行きつけは
昭和の風情を残す 呑んべ横丁。

自分の国 帰れないから
死ぬまで この辺にと思ってるんです。

(取材者)帰れない?
帰りたくない。

…というくらいの教育を受けましたので。

♬~

子どもの頃…

近所のおじさんに…

…っていうのは覚えてます。

このへんですかね
スカルプチャーツリーといいます。

分かりますか? 木と合体みたいな。

このへんからですね 振り返って…

♬~

これはですね
スカイツリーシェイクというのを

限定で発売したことがある
そのときの容器であります。

ただいま。
≪おかえりなさい。

女房です。
こんにちは。

うちの親父です。
どうも いらっしゃいませ。

どうも ご苦労さまでございます。

(取材者)これはもう
毎日 見れるわけですね。

(三矢)そうです。

万歳!
万歳!

続いては スカイツリーのお膝元 墨田区で
ちょっと1杯。

街の酒場には 戦後の高度成長を
支えた人たちの味があります。

はい どうぞ。

(取材者)これは何ですか?
(奧野木)これは酎ハイですね。

いただきます。

こちら 居酒屋の定番 酎ハイが
生まれたといわれるお店。

出来上がったのが
こういう黄色い液体なんですけど。

質の悪い焼酎を ちょっとでも
飲みやすくするために生まれた酎ハイ。

一説には アメリカ進駐軍がウイスキーを
炭酸で割っていたのを見て生まれたとも。

その当時は 戦後から
高度成長にかかっていくときで…

汗水垂らして働いて
一日の楽しみっていうと

終わったあとに1杯飲むっていうのが
それが一番楽しみだったので。

自営業です。

7時 8時ぐらいまで
ガッチャンコ ガッチャンコって

聞こえてたんだ この辺 中 歩くと。

(取材者)ああ 聞こえないですか 今。

そうだね うん。

なっちゃいました ハハハ。

はい いらっしゃい どうぞ。

働く者の味方 酎ハイで下ごしらえして…。

はしご酒 2軒目はこちら。

こんにちは。

民謡が歌える居酒屋です。

〽(民謡)

自慢の喉を披露し合っている
常連客の皆さん。

ある共通点がありました。

(取材者)生まれはどちらなんですか?

山形の 生まれが…

そのわりにはね…

〽(民謡)

皆さん 昭和を支えた
東北出身の金の卵たち。

若かりし頃 仕事帰りに立ち寄ったのが

ふるさとの民謡が歌える
この居酒屋でした。

(取材者)仲間ですもんね みんな。

〽(民謡)

川の多い江東区。

ゆったり川遊びしているのは
オーストラリア出身の…

実は彼女 この街では
紗幸として知られる深川芸者です。

日本初の外国人芸者である紗幸さん。

この道を選んだのは
意外な理由からでした。

…過程を番組化しようっていう。

実際に修業に入ると…

結局 いろいろ迷ったんですけど
番組は保留にして

芸者になっていく過程に集中しました。

交換留学で
15歳のときに来日した紗幸さん。

日本の大学を卒業後
イギリスで社会人類学の博士号を取得。

ジャーナリストとして活動を始めた頃に
取材テーマとして選んだのが…。

日本の花柳界でした。

着物を着るにしても 例えば…

どの着物を どの季節に着たらいいか
分からないとか

また 芸事に関しても きりがないです。

一生 勉強しても 勉強しきれないです。

2007年 浅草の花柳界でデビュー。

5年後 お世話になっていたお母さんが
病気で廃業したのをきっかけに

深川の花柳界に身を寄せます。

その一方 世界中を旅しながら
芸者文化を発信してきました。

今 紗幸さんは この街で置屋を経営。

ネットで募った
若い女性たちを育てています。

今 小料理屋さんとか
飲み屋さんとかなってますけど

全部 置屋さんで…

デンデンデンって弾きながらね すると…

やりましたよ。 そうすると…

だから そういう音が聞こえる街でしたね。

江戸時代 商人の街として発展した
深川や門前仲町。

街を彩る芸者衆は この辺りが
江戸城の東南の方角にあることから

辰巳芸者と呼ばれました。

男性的で やっぱり
芸が一番なんだっていうことですよね。

その心意気みたいなことが
よくいわれますよね。

粋と張りの辰巳芸者。

高齢化と後継者不足で
姿を消しつつありましたが

その心意気を受け継ぐ姐さんのもとで
紗幸さんは花柳界の復活を決意。

今年 深川芸者連盟を立ち上げました。

お客さんが
減っていくんじゃないかなと思います。

そこで紗幸さん 思いついたのが…。

フフフ… 似合うねぇ。

ここからが まだ
スタートなんだと思うと…。

カウンターバーや 行きつけのお店でも
気軽に芸者を呼べる

カジュアルな芸者遊びです。

始まりですね イェーイ。

ありがとうございます。
また今度来ます。

今日 ちょっとうちの新しい子連れて
辰巳新道で皆様に紹介してます。

はじめまして。
今度よろしくお願いいたします。

1+1は?
2ですね。

寒いな。
すみません ありがとうございます。

ありがとうございます。

あなたも 舞妓ちゃんと一杯!

さまようなら 東がいい。

カッコつけず 理不尽にも腐らず

何度でも立ち上がる街は

西より早く朝が来る。

高校生のとき
ギャルばっかりの高校にいたんですよ。

地元のギャルが集結するような。

自分の中で…

本当の父親への思いみたいなものが
モヤモヤと幼少期からずっとあったので

別にそれは 憎しみとか恨みとか
そういうのは全然なくて。

♬「父よ血の繋がりは消えないが」

♬「胸を張ってあなたの娘だって」

♬「声を上げ今もなおここに立ってる」

クラブに行くにも…

夜も明るいような街に憧れて

自分から追っかけて
追っかけてってしないと

見たり聞いたり触れたり
できなかったので…。

実際 戻ってきて この街って
子育てしやすいなって思いますし

夜は暗くていいと思いますし。

でも 別にそれは悪いこととかでもないし
決して恥ずかしくもないし…

♬~

一つの手紙のような。 うん。

(喧騒)

住宅街の一角に それはあります。

女子プロレス団体の道場です。

この日は 週に一度の道場マッチ。

団体を立ち上げたのが…。

覆面社長こと…

「小さな巨人」と呼ばれた
伝説のレスラーです。

デビューは平成元年。

148センチという小柄ながら スピードと
キレのある技で対戦相手を圧倒。

必殺技は…

会場は沸きに沸きました。

昭和でプロレスに憧れ続けて

平成でプロレス界に いろいろ経験して

そして令和になって逆に今は…

2歳のとき 児童養護施設に預けられた
ボリショイさん。

先生が外出しているときに こっそり

プロレス中継を見るのが
大の楽しみでした。

だんだん大人になって
いろんなことが分かってくると…

デビュー当時 最盛期だった
女子プロレスも 今は昔。

多くの団体が活動を停止する中

ボリショイさんは行き場をなくした
レスラーたちと旗揚げします。

生き残るために選んだのが 道場を
常設した事務所を東京に持つことでした。

週に1度の道場マッチで
安定収入を得ようと考えたのです。

騒音や家賃の問題で 東京郊外に
道場を建てることが当たり前の中で

あえて 足立区の住宅街に作ったリング。

そのチャレンジが功を奏します。

そうですね 皆さん 温かいというか…

自分たちもできるお礼というか
っていうのは…

子どもは100円持って
プロレスを見に来るっていうのが

ワクワクするのかなと思って。

プロレスに入ってきても 常に
人がいるところで育ってきてるので

みんなで応援してくれる。

みんなでお酒飲んで わっはっはって
楽しんでくれたら。

なんか そういうの大好きです。

やっぱりホームですかね。

経営も少しずつ軌道に乗り始め
選手も増えました。

その中の一人
リングネーム 大空ちえ選手です。

北海道から単身出てきた26歳。
入門して半年。

先月 デビュー戦を終えたばかりです。

当時は…

(取材者)声優を目指してたんだ。
はい ハハハ。

(取材者)そうなんだ。

北海道の実家には
ちょっと帰りづらい ちえさん。

でも 彼女もここで
居場所を見つけました。

はい すいません 牛すじネギポン酢です。

上京して2年。
ずっとお世話になっているバイト先です。

(声まねで)
「ほっほ~い オラ 野原しんのすけだぞ」。

(女性)しんちゃんに こんにちはって。

今回も この子が
デビューするっていったら もう…

(取材者)ちえちゃん サイン求められた?
サインした?

サイン? サイン…。

ボリショイさん
今日は足立区の福祉施設を訪問です。

(ボリショイ)こんにちは。 元気? 元気だった?

はじめまして。
はじめまして はじめまして。

毎年 ここで
イベントを行っていましたが

今年は新型コロナのため中止。

新しくできた
パンフレットを持ってきました。

名前書いとく? みんな一緒だからね。

3 4 5 6 7 8 9。

もうすぐ終わるよ。

(女性)いきま~す はい チーズ。

さまざまな顔を見せる隅田川の東側。

もう一つ 大事な顔があります。

東京23区にある工場
およそ2万2, 000。

そのうち 実に⅓が
隅田川より東に集中。

私たちの暮らしを支えています。

しかし コロナ禍。

多くの工場が経営難に。

隅田川イーストサイドの
物づくりを訪ねます。

(取材者)ここは一体
どういうスペースなんですか?

伝統工芸品から日常品まで
多彩な物づくりが葛飾区の特徴。

葛飾区は都心にいた人たちが
家を焼かれたりなんかして

職人さんやなんかも 戦後こっちに
移ってきた人って意外と多いんです。

詳しく説明してくれる
このお二人も 実は職人さんです。

(取材者)
こういう中で お二人が作ってるものは
どこにあるんですか?

こちらにあります。
タワシです。

それは シュロで作ったタワシ。

パームを材料とした普通のタワシより
毛が滑らかで 長もちするのが特徴。

プロの料理人も愛用する
高級なタワシです。

父親から家業を継いだ佐柄さん兄弟。
タワシを作って56年になるのですが…。

今まで なんとかやってきたけど。

(取材者)じゃあ お二方は
これ残していこうとかって思いは…。

どう… 難しいですね これは。

あの仕事はね
何が一番よくないかっていうと…

皆さん カラフルな
いい職人さんの品物があって…

マイナス思考のお二人。

とりあえず 仕事場にお邪魔します。

タワシ作りは なんといっても力仕事。

2本の針金の間に
シュロを均等に敷き詰めます。

ねじりの工程は
密度が高く 良質なタワシを作る要。

針金が切れないように繊細な力加減。

体全体を使って締め上げます。

ねじった棒状のタワシの毛を
きれいに刈り込み 曲げると完成。

1日 180個ほど作ります。

(真一)すごい手してるでしょ?
(誠二)これでやってるときは
ならなかったの。

これをやるようになったら
こんなんなっちゃった。

(取材者)シュロはねじりにくい?
にくい。

本当に ねじった人じゃないと分からない。

それでも シュロのタワシに
こだわり続けてきたのは

単価が3倍以上になるから。

量より質で勝負です。

しかし今 コロナの影響で 売り上げは
例年の半分にまで落ち込んでいます。

とにかく きついし汚いし危険ですけど
他のタワシ屋さんから比べたら

うち随分 頑張ってきたし。
だから景気がよかろうが悪かろうが

全然 私はね 56年間変わらず
ずっとやってきた。

でも今回の このコロナは
今までにないくらいに不況ですわ。

町工場を苦しめるコロナ不況。

それでも 佐柄さん兄弟。
新しいことに挑戦を始めました。

シュロの手作りタワシを残していこうと
呼びかけがあり

地元 葛飾区の版画家と
コラボレーションが実現したのです。

あと亀の子っていうタワシがあったので
ねこのこたわしにしました。

暗いイメージのタワシに
ちょっとかわいらしいアクセント。

試しに販売したところ
50個が飛ぶように売れました。

足立区にも コロナ不況に負けない
町工場がありました。

家族で印刷業を営む…

お父さんの後を継いで社長に就任したのは
今年の4月。

コロナの真っただ中でした。

離婚をきっかけに。

今後の子どもたちを育てていくのに

本気で働かなきゃいけないっていうか
そういったときに

父から「継がないか?」って
声かけていただいて。

そうですよね 斜陽産業じゃないですか
印刷って もともと。

工場のモットーは
「何にでも印刷できます」。

PAD印刷という技術を使うと 曲面や
凹凸のあるものにもプリントができます。

イベントのグッズや 記念品など
小口の受注が主でしたが

コロナ禍で売り上げは
一時期 ゼロにまで…。

そうです コロナで ほんとに…

この先 一体どうしたらいいんだって
途方に暮れてる中で…

入った注文は テイクアウト用の
ワインボトルのプリント。

期間限定でお酒の小売りを許された
飲食店からの 急なオーダーでした。

期間が決まってるんであれば。

そこに間に合わせるために
なんとかやろうって。

その笑顔を見たときに…

…っていうのを確信しました。

印刷が入ることによって。

それって人を喜ばせるもの
人を笑顔にできるもの。

印刷って すばらしいなと。

(取材者)印刷のすごさに。
はい すごいな 安心堂と思って。

コロナがあって あれだけ
やっぱり仕事がなくって

本気で考えたからこそ
見つけられたことだと思います。

逆境に立たされるほど
燃えるタイプなんで。

コロナだから見つけられた 仕事の価値。

今 丸山さんは オリジナル商品の販売に
乗り出しています。

(取材者)これを何というんですか?

日頃 クローズアップされないような
駅のグラスだったので…

足立区って結構イメージ悪いのに

みんな足立区 好きなんじゃんと思って。

使ってる人たちの。

そういったものを ちゃんと
形にするっていうのが喜ばれるんだな。

(取材者)全国つなげるんですか?
全国つなげる。

生きてるうちにできるか分かんないけど。

毎年夏 ここで 日本一の観客数 140万人が
訪れる大イベントが行われます。

しかし今年は
新型コロナのため やむなく中止。

物足りない夏です。

花火大会で 打ち上げを取りしきるのが…

江戸時代から続く 宗家鍵屋の花火師です。

歴史がありますね。

分家が玉屋になりますね。

(取材者)すごい歴史ですね。
ねえ… 私が ねえって言って。

日本一古い鍵屋。
その15代目を継ぐ天野さん。

日本中で軒並み中止となる花火大会を
このまま見過ごすわけにはいかない。

ある計画を立てました。

こんにちは。

訪れたのは いつも花火の製作を
お願いしている花火工場。

かつてない…

(取材者)このお仕事 始めてから。
そうですね。

7月8月が来ていないという。
そんな錯覚をするくらい。

夏場になれば
打ち上げ前の花火がずらりと並ぶ敷地内。

この日は 100発ほどの花火を
乾燥させていました。

実は天野さん
中止になった花火大会の代わりに

小さなサプライズ花火を
打ち上げようと考えています。

鍵屋も江戸時代に…

多くの方々が
お亡くなりになったというところで…

…という歴史があるので

考えた中で やっぱり15代目としてね
昔のように花火によって

いろんな意味でのお清めと
あと天に願いを込めるということで

花火を打ち上げていきたいと思って
決めましたね。

サプライズ花火の日。

いつもは2時間の壮大な花火大会も
今日は僅か5分のみ。

人が集まることを避け 告知はなし。
お忍びでの打ち上げです。

それでも どこで聞きつけたのか
近隣住民が集まってきました。

天野さん 打ち上げには迷いもあったそう。

まずあの 一番悩んだのが
今 打ち上げるべきなのかな…。

自分の思いだけになってしまうのか
もしくは 皆さんの思いも一緒にね

ってことが願えばいいな
かなえばいいなと思ってましたけれども。

でも 最終的には…

その他のことは一切考えなくて。

本当に純粋にね
それだけのことを考えて打ち上げると。

うん 自分自身に…

悔いないように… ハハハ 悔いなし。

♬~

涙出ちゃった うれしくて。
今日俺 誕生日なの。

(取材者)おめでとうございます。
もうね 勇気づけられました。

夏が過ぎて…。

ごめんね ありがとう。

印刷工場を営む丸山さん。

今日は 沿線グラスの納品です。
なんと400個も。

(取材者)きれいですね。
きれいですよね。

同じ足立区の居酒屋オーナーさんと
意気投合。

だいたいサワーって
北千住ぐらいがお酒の量なんです。

これを例えば 「おれ 小菅割りにして」とか
もっといったら 竹ノ塚割りにしてと。

竹ノ塚割りいくと
ベロンベロンになりますよとか

なんか そんな会話できても
面白いかなと思って。

全国をつなぐ沿線グラスも
夢じゃありません。

出発は 隅田川イーストサイドから…。

本家ノーベル賞の
パロディーとして…