BACKSTAGE[解][字]【“汚部屋”&“遺品整理”親子で働く清掃作業員の挑戦!】…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

BACKSTAGE[解][字]【“汚部屋”&“遺品整理”親子で働く清掃作業員の挑戦!】

清掃作業のプロ集団「ネクストサービス」で働く“親子”作業員に密着!“汚部屋”をたった1日でキレイにすることはできるのか!?さらに、「遺品整理」作業にも密着。

番組内容
ゴミ屋敷の片付けにハウスクリーニング、さらには生前整理や遺品整理まで! 清掃作業のプロ集団「ネクストサービス」で働く“親子”作業員に密着! 長引く自粛期間の影響か、昨今増えているという通称“汚部屋”部屋の住人はグラビアアイドル。しかし部屋は物で溢れ足の踏み場もない・・・ そんな“汚部屋”をたった1日でキレイにすることはできるのか!?
番組内容2
さらに、ある依頼者のお父さんが亡くなった後の「遺品整理」作業にも密着。 依頼者の心に寄り添いながら、お父さんとの思い出の品を見つけていく・・・
番組内容3
◆ゴミ屋敷一歩手前・・・グラビアアイドルの“汚部屋”を清掃のプロが片付け! ◆なかなか物が捨てられない住人のため・・・極力捨てずにスッキリ収納! ◆デッドスペースを消せ!清掃のプロが考えた“大胆な作戦”! ◆「親子清掃員」の連係プレー!息子が見た父親の“意外な一面”とは? ◆思い出の家族写真を探せ・・・「遺品整理」の現場で見つけたお父さんの面影
番組内容4
◆高額現金に高級着物を発見!?依頼者のための心配りとは・・・
主な出演者
【MC】武井壮 【ゲスト】井口綾子 【ナレーター】花澤香菜 ほか
みどころ
番組の主役は「仕事」を愛するすべての人たち! 世の中の最先端のお仕事から、ちょっと変わったニッチなお仕事まで、さまざまな“働く人”たちに密着! 働く人たちにさまざま企画に“挑戦”してもらい、その道のプロならではの「こだわり」や「仕事愛」を描き出す、“お仕事エンターテインメント”!
キーワード
仕事、挑戦、裏側、密着、バクステTV、舞台裏、仕事愛、こだわり、ツイッター、働く、応援、武井壮、花澤香菜、井口綾子、汚部屋、遺品整理、ネクストサービス、清掃、親子、収納術、衣装ケース、クローゼット、デッドスペース、グラビアアイドル、ゴミ屋敷、家族、思い出、写真、現金、大島紬、愛煙家、ピアノ
番組HP
https://hicbc.com/tv/backstage/
おことわり
番組内容や出演者、放送時間などは都合により変更となる場合があります。

ジャンル :
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般
ニュース/報道 – 特集・ドキュメント
福祉 – 音声解説

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 写真
  2. 忠晴
  3. 川島
  4. 親子
  5. 遺品整理
  6. 部屋
  7. 木村
  8. 汚部屋
  9. スタッフ
  10. 作業
  11. 自分
  12. 清掃
  13. 父様
  14. ホント
  15. 仕分
  16. 収納
  17. お父さん
  18. スペース
  19. 依頼
  20. 依頼者

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



TBS
created by Rinker
ノーブランド品

<私達の生活の
BACKSTAGEには>

<いつも懸命に働く人達が>

<ゴミ屋敷 一歩手前>

<通称 汚部屋>

<おうち時間が増えた今>

<そんな汚部屋を清掃する依頼が
増えているといいます>

<そこで…>

<今回は
清掃現場の最前線で働く>

これ?
(忠晴)うん

<も この親子の手にかかれば…>

<ものは捨てずに残したまま>

<見違えるほど
きれいに大変身!>

え~! すごい ちゃんと…

<さらに…>

えっと…
遺品整理になりますね はい

<亡くなられたお父様の家を
まるまる遺品整理>

(忠晴)あっ すげえ

すごいっすね ほら

<依頼者の心までケアする
プロの清掃に迫ります!>

<この日 訪れたのは…>

(川島)はい
(忠晴)失礼しま~す ネクストサービスです

失礼しま~す
(川島)はい

(集)すいません
おはようございま~す

(川島)おはようございます

<こちら
川島さんのお部屋>

<北海道から上京し>

<1人暮らしを
していますが…>

おっ? お~

なぜこうなった?
なかなか パワフルだね

<ワンルームは
いわゆる汚部屋に>

<玄関からの通路に
足の踏み場はなく>

<入るのも一苦労>

<クローゼットは
衣類があふれ>

<扉が閉まりません>

<机の上は 化粧品や>

<飲み残しのゴミでいっぱい>

<狭い部屋に釣り合わない
大量のもの>

<そのため…>

<この汚部屋の清掃を行うのが…>

<ネクストサービス
木村忠晴さん>

<集さん親子>

<木村さん達が働く会社は>

<汚部屋だけでなく
ゴミ屋敷から遺品整理まで>

<清掃に関わることなら
何でもこなす>

<プロフェッショナル集団です>

<過去に番組で取材したときにも>

<こちらの汚部屋が…>

<こんなにきれいに!>

井口家 こんなになってない?
なってないです

さすがに ここまでは
ここまではね

どんなに疲れてても
その日に 散らかしちゃったものは

その日のうちに
片づけようっていう

いや ホント
それが一番だと思うよ 俺も

毎日やるが

<この部屋の主 川島愛里沙さん>

<実は 彼女のお仕事は
グラビアアイドル>

<以前 SNSに
汚れた部屋を掃除する様子を>

<投稿しましたが…>

<わずか4カ月で このありさま>

<そこで 今回
番組が木村さん親子に>

<清掃をお願いしたんです>

<それにしても 容姿に気を使う
見られるお仕事なのに>

<なぜ お部屋は
汚してしまうんでしょう?>

(川島)昔っから

<では 作業開始!>

<2人のこだわりは>

<依頼者の思いに
耳を傾けながら清掃を行うこと>

(川島)そうですね
(忠晴)はい

<物が入りきらない汚部屋を>

<1日できれいに>

<最初に取りかかったのが…>

まず こちらを一番初めに
きれいにさせてもらっちゃって

<動線を確保するため>

<玄関に近いものから
片づけていきます>

うん

<木村さんが渡した荷物を>

<息子の集さんが外へ逃がす>

<いらないものは
捨てたいところですが…>

はい 分かりました

これ 何だろう?

あっ でも

<できることなら
何も捨てたくない>

<ものの量は減らさずに>

<片づけることが
できるんでしょうか?>

<これだけ散らかっていると>

<ちょっと おかしなものも
出てくるようで…>

何?

(川島)あっ

(川島)もう やだ
もう やだ キャベツ 忘れてた

<キャベツが1週間前から
玄関に放置され>

<腐ってしまっています>

<狭い部屋なので 片づけも一苦労>

<でも 木村さん親子は…>

(忠晴)じゃあ 集

<身動きの取りづらい部屋で
円滑に作業を進めるため>

<親子でバケツリレー さらに…>

(集)これ?
うん その上 出してさ

突っ張り棒
真っすぐにしてあげてくれる?

<息の合った連携プレーで>

<玄関が
みるみる片づいていきます>

<クローゼットは
下着なども入っているので>

<女性スタッフが担当します>

お~
あっ なるほど

完全に

あっ はい 分かりました

<川島さんに
いらないものを仕分けてもらい>

<部屋の外へ運び出す作戦です>

<でも ここでも…>

あっ いります
はい

何ですか? これ

カラオケセットですよね?
はい

(スタッフ)何用ですか? それ

そのマイクが

<思うように作業が進みません>

<すると スタッフの手が
止まってしまいました>

<どうしたんでしょう?>

(忠晴)ですから
そこを片づけるのにあたって

お洋服を出してるんですけど…

<この状況
どう切り抜けるんでしょうか?>

<すると 集さん
どこかへ向かいます>

<親子が乗ってきた
トラックの中に…>

<別の現場で回収した
クリアケース>

<これをプレゼントするそう>

(忠晴)ちょっと 夏物のお洋服を
収納していこうかな

っていう段階です

<ベッドの下のスペースも
有効に使えるように>

<衣装ケースの外枠を外して>

<引き出し部分のみを使用>

<これからの時期
着ることのない冬物の衣類を>

<収納できるようにしました>

<そして…>

(川島)はい
縦収納にしたら 多分

(川島)あ~ すごい 分かりやすい
≪うん ねっ

お洗濯したら 皆さん 多分
上から詰めていっちゃうので

下のものを着なかったりとか
(川島)あ~ やっちゃいますね

うん あと
下のもの引っ張り出したときに

ぐちゃぐちゃに
なっていっちゃうんですよね

そうすると やっぱり
モサッてなってしまうので

すると ほっといちゃうもんね
ほっといちゃう

急いでたりとかしたら

<さらに 狭い部屋に>

<大量のものを収納しつつ
使いやすくするため>

<木村さんが大胆な提案>

(スタッフ)ドアを外す?
はい

で テレビを
ここに置く予定で

そうすると
ここのスペースが使えますんで

ベッドをこっちに押しちゃいます

<つまり
テレビをクローゼットの中に置き>

<その分 デッドスペースを
なくす作戦です>

まあ テレビ あそこに置くことで
省スペースにはなるのか

そうすると
そこのキッチンとの間もスペースが

こう 今まで取られてたところが
広くなりますんで

<早速 親子で力を合わせ
ドアを外していきます>

で どこに置いとく?

<さらに 収納が少ないので
ラックを追加>

<お客さんの
使いやすさを考えたレイアウトで>

<収納完了です>

これで 一とおり
お片づけ終わりましたんで

ありがとうございました 色々と
(川島)ありがとうございました

はい すいません
すごい ホントに

<足の踏み場もなかった
汚部屋が…>

えっ どうなったの?

<うわ~!
こんなに変わりました!>

通路ができてる

<服があふれていた収納も
すっきり>

<ベッドを
移動させたことで>

<キッチンに
料理できるスペースも>

<生まれました>

何か

(スタッフ)自分ちではない?
はい 何か

(スタッフ)まだね
はい まだ 落ち着いてないです

<川島さん 大満足のようですね>

<続いては 千葉県の一戸建て>

えっと…
遺品整理になりますね はい

<木村さん親子が
これから始めるのは>

<遺品整理>

<昨年の11月に他界された>

<この家の主の娘さんから>

<依頼されました>

お父さんが住んでたおうちのもの

<住む人がいなくなった>

<2階建て4LDKの一軒家>

<ここから 荷物を全て運び出し>

<空っぽにしてほしい
という依頼です>

<お父様が亡くなられてから>

<手をつけていないという家>

<娘さんは
どんな思いで>

<遺品整理をお願い
したんでしょうか?>

<一人っ子の娘さんは
すでに独立していて>

<お母様も
8カ月ほど前から介護施設に入居>

<そのため
この家の どこに何があるのか>

<把握できていないそうです>

<遺品整理は 当事者では>

<気持ちの整理がつきにくい
作業を代行する>

<センシティブな仕事>

<しかも
ただ片づけるだけではない>

<重要なことがあるといいます>

<そう 形見の品を探すこと>

<今回は
この家にある全ての写真を>

<残してほしいという依頼です>

<1階のリビングから取りかかります>

<まずは 写真を探しながら>

<いるものと いらないものを
仕分けしていきます>

(忠晴)これは何…

(娘)そうですね はい

(娘)説明書も もういらないです

<一見 無造作に
仕分けているように見えますが>

<そこには 写真を見つけるための>

<こだわりがありました>

(忠晴)ないですかね

<本をバタバタ振りながら
仕分けています>

<これは…?>

写真か何か入ってる

<こうすれば>

<そして…>

写真ですね

<早速 形見として残したい写真が
出てきました!>

<どうやら
お父様の写真のようです>

うわ~ こういうのとか思い出す…

切なくなります
思い出しちゃうね

<写真の他にも>

(忠晴)すごいね ライター
すごっ

すごい数

<タバコが好きだった お父様>

<ライターが
至るところで見つかりました>

≪めっちゃくちゃ早いでしょ

<息子の集さんが キッチンで>

<貴重な写真を発見しました>

<娘さんの運動会の写真>

<お父様は 必死に
応援してくれたそうです>

あ~
ちっちゃいときの写真

(忠晴)そうですね

何か 色々見ちゃって

あのね 自分でやると
やっぱり

出てきた品物 品物を…

見ちゃうんですよね
見るんです そうなんです

どうしても
出てきたお荷物 見ちゃうんで

写真とかあったら
もうね 見て泣いて

もう それだけで
1カ月はかかりますよね

いや ホントそうだね

終わる気しないよね
しない!

<次々と写真を見つけ出していく>

<木村さん親子>

<さらに 思いがけないものが
たくさん見つかるのも>

<遺品整理ならでは>

あ~ やばい!

≪うわっ すごっ!
≪すごっ!

≪すごい
現金いっぱい出ましたよ

ちょっと数えてもらって…

は~い すいません
ありがとうございます

ああ すご~い

<20万円ほどの現金が
出てきました>

<お金や貴金属など>

<貴重品が出てくることは
よくあるそうですが…>

え~っと…

自分が見た中では

<突然ですが ここでクイズ!>

<遺品整理をしているとき>

<現金が見つかることが
多い場所は>

<一体 どこでしょう?>

えっ?
どこだ?

こたつ?

全然違いそうだ それは

トイレの上の バコーンって
開けるとこあるじゃん

あそこ開けた ここ

もう それ 自分でも忘れません?
そんなとこ

はい 分かりました
はい きた

おっ 確かにな

おっ!
おっ きたか?

(スタッフ)どんなとこに多いですか?
え~っと…

それが多いですかね 一番やっぱり

<そして
1階で 一番大がかりな作業>

<娘さんが お父様に
買ってもらったピアノも>

<無事 搬出しました>

すんごい広く感じますよね

<お父様が亡くなられてから>

<時間が止まっていたリビング>

<思い出を拾い集めて>

<引っ越してきたばかりのような
まっさらな状態に>

<これで 1階は
全て きれいになりました>

<そして 手つかずの2階へ>

<思い出の家族写真は
まだまだあるはず>

<タンスが並ぶ
こちらの部屋から探します>

ありそうだね
いっぱいありそうだね

(忠晴)
ここは全部 着物が入ってます

<もう着ることがなく
不要とのことなので>

<リサイクルへまわすために
回収します>

<すると…>

あっ 紬が出てきた?

紬?

(忠晴)これは言った方がいいな

<奄美大島の名産品で>

<高価な織物として知られる>

<大島紬が出てきました>

これが…

うわ~
大島なんで…

ほら これはちょっと…

(娘)そうなんですか?
分かりました じゃあ

置いときますね
はい 分かりました

<こういった高価な品物は>

<きちんと
依頼者に渡すようにしています>

<こちらには 釣りの道具>

<お父様の趣味だったそうです>

お父様の趣味の これ 釣り竿です

(娘)
あっ そうなんですか? へえ~

お父さん
自分で作ってたんですよ

これが浮き… 浮きかな?

はい

<遺品整理をしていると>

<こうして 故人の人柄が>

<かいま見えることが
多いそうです>

<依頼者の気持ちに
寄り添いながら働く>

<木村さん親子>

<なぜ 同じ職場で
働くようになったんでしょう?>

だから 何だかんだ続けてますね

<一緒に働いてみると>

<父親の意外な一面を
発見したそうで…>

はい
やっぱ そういう面で

全然 人見知りっす
マジで人見知り

<色んな場面で>

<お父さんに助けてもらうことが
多いという息子さん>

<でも 親子一緒に働くって>

<正直
やりにくいことは ないですか?>

(忠晴)ですから ホントに

(スタッフ)言いたいこと言える?
はい 親子だと助かってます

いいお父さんだな
う~ん

「全くないですね!」
スパーンって言い切ったよ

「全くないですね!」
いや かっこいいですよね

どうですか?
お父さん お母さんと

仕事をするって想像つきます?

いや~…
ハハハハ…

結構 今の仕事も 全然
お父さんと全然違うんですけど

それでも 私が出た番組とか
インスタライブとかの感想を

スクロール5枚ぐらいの長さで

ダーッて送ってくるんですよ
マジで?

業種 違くて
こんなに言ってくるのに

同じ仕事になったら
どうなんだろう

って思っちゃいますよね
あっ そう

<そして
2階での作業を続けること 30分>

写真が…

あっ すげえ

すごいっすね ほら

≪ああ だいぶ古い写真…
(忠晴)ねえ

みんな… すごいですね

<空き地の前で並んで写る>

<若かりし日のご両親>

<一体 何の写真でしょうか?>

(娘)写真 やっぱり出てきました?

(娘)そうですね はい

<若い頃の両親>

<この家を建てる際に行った
地鎮祭の写真です>

うわ~ これは
いい形見が見つかったね

うわ~ 自分が小さいときか

≪これも ご自身ですか?
(娘)そうですね

私のちっちゃい…
そうですね 幼稚園のときの はい

<さらに こんな写真も…>

えっ これ違う?
あっ そう

これ全部かも

これは取っとかないとね
うん

<娘さんにとって
かけがえのない遺品>

<無事に見つかりました>

<そのあとも
木村さん親子は作業を続け>

<全ての部屋の片づけが終了>

<形見の写真を
きちんと仕分けて>

<遺品整理を終えました>

思って はい

僕も ほら あの~

もう 70半ばぐらいで

もう 病気もしてる父親が
1人暮らししてるんで

今から頼むのがいいのか

それか もうホント 生前整理

生きてるうちに 父親と話して

「これは いらないよな」とか
「じゃあ 先 処分しとこうな」とか

コミュニケーションとっておかないとなって
ちょっと思いました