BACKSTAGE[解][字]“外出困難者”を救う…『訪問』専門美容師の細やかな心配り…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

BACKSTAGE[解][字]“外出困難者”を救う…『訪問』専門美容師の細やかな心配り

外出するのが難しい人達のため、自宅に出向いて髪を切る『訪問美容師』に密着!さまざまな事情を抱えるお客さんに対し、“最高の仕上がり”を目指すプロの仕事を追います!

番組内容
「ステイホーム」が広がる昨今、ニーズが高まっているのがさまざまな“出張”サービス。 今回は外出するのが難しい人たちのため、自宅に出向いて髪を切る『訪問美容師』に密着! 産後まもないママや遠出が難しい高齢者など、さまざまな事情を抱えるお客さんに対し、 細やかな心配りをしながら“最高の仕上がり”を目指すプロの仕事を追います!
番組内容2
さらに以前放送した、たった一人で店を切り盛りする『24時間』理容院の現在を追跡取材。 コロナ禍の今、病院勤務のお客さんがこの店を選んだ理由とは・・・?
番組内容3
◆カット時間は約10分!?短時間で最高の仕上がりを目指す『訪問美容師』のワザ ◆産後まもないママからの依頼・・・“自宅”カットで見せたきめ細やかな心配り ◆外出困難な高齢者のお宅を訪問・・・「くし」に水をかける深い理由とは? ◆「悔いのないような精一杯のカットを・・・」忘れられない一人のお客さんとの出逢い ◆“深夜”でも“明け方”でも続々来店!?『24時間営業』の理容院
番組内容4
◆謎の覆面レスラーが来店!コロナ禍でも安心の接客方法とは
主な出演者
【MC】武井壮 【ゲスト】武田玲奈 【ナレーター】花澤香菜 ほか
みどころ
番組の主役は「仕事」を愛するすべての人たち! 世の中の最先端のお仕事から、ちょっと変わったニッチなお仕事まで、さまざまな“働く人”たちに密着! 働く人たちにさまざま企画に“挑戦”してもらい、その道のプロならではの「こだわり」や「仕事愛」を描き出す、“お仕事エンターテインメント”!
キーワード
仕事、挑戦、裏側、密着、バクステTV、舞台裏、仕事愛、こだわり、ツイッター、働く、応援、武井壮、花澤香菜、武田玲奈、訪問美容師、美容院、髪人、理容院、24時間、外出困難、カット、シャンプー、鏡、櫛、覆面レスラー、医療従事者、高齢者、介護施設
番組HP
https://hicbc.com/tv/backstage/
おことわり
番組内容や出演者、放送時間などは都合により変更となる場合があります。

ジャンル :
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般
ニュース/報道 – 特集・ドキュメント
福祉 – 音声解説

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 玉本
  2. カット
  3. 大丈夫
  4. 時間
  5. お客さん
  6. 仕事
  7. 高齢者
  8. 茂木
  9. ホント
  10. 美容院
  11. 訪問美容
  12. カ月
  13. 依頼
  14. 技術
  15. 私達
  16. 事情
  17. 自分
  18. 美容師
  19. お願い
  20. クシ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



TBS
created by Rinker
ノーブランド品

<私達の生活の
BACKSTAGEには>

<いつも懸命に働く人達が>

<ステイホームが叫ばれる今>

<注目を集めている仕事が…>

こんにちは

<外出するのが困難な人達の
おうちに出向き>

<髪の毛を
カットしてくれる>

(玉本)多分 私達の仕事って

かもしれないですね

<お客さんの負担を減らすため>

<短い時間で
最高の仕上がりを目指す!>

<さらに…>

<1人でお店を切り盛りしている>

<様々な事情を抱えた
お客さんと向き合う>

<理美容師のお仕事に密着!>

<夜10時
明かりのともる理容院が…>

はい いらっしゃいませ どうも

<こんな時間にお客さんです>

<実は ここ>

<店主の茂木さんが
なんと たった一人で>

<24時間対応しているんです>

24時間 1人で?
すげえな

<様々な事情で
日中は出かけることができず>

<困っているお客さん達が>

<続々とやって来ます>

この時間 髪切りたい人
結構いるんだね

<午前4時>

<朝方の この時間帯に
ようやく夜ご飯>

みんな 髪の毛だらけに
なっちゃうんですけど…

<と思ったら…>

<お客さんです!>

ご飯食べる暇もない

<茂木さん 大急ぎでお店へ>

(茂木)はい いらっしゃいませ

<たとえ休憩中でも>

<お客さんが来れば
すぐさま対応します>

<木曜だけは定休日ですが>

<営業日は お客さんが少ない
日中などに>

<仮眠をとっているんです>

<コロナ禍の現在は
来客数を制限し>

<一人ずつ対応しているそうです>

(茂木)ああ お久しぶり

<この日 訪れたのは
病院勤務の女性>

確かに
そう思うよね

<コロナ禍でも
安心して来られるという>

<お客さんが増えているんだとか>

<さらに…>

≪大丈夫ですか?
(茂木)はい 大丈夫です どうぞ

<覆面をした
謎の人物が!>

えっ どういうこと?

こんな格好なんで

練習終わって ちょっと

体のコンディション
というか

<実は この覆面レスラーの男性>

<ヘアカットではなく>

<ヘッドスパだけを受けに来る常連客>

(茂木)姿を
いつも この格好で…

そう で ヘッドスパやるんで

ヘッドスパと肩
マッサージして帰るんで…

(スタッフ)取らないんです?

<日々 それぞれの事情を持つ
お客さんに応えている>

<24時間営業の理容院>

<このように
利用者のニーズに合わせた>

<様々な専門理美容師が>

<今 増えています>

<例えば くせ毛の悩みを解決する>

<専門美容師や…>

<人には相談しにくい>

<薄毛に向き合う専門美容師など>

何か 玲奈ちゃん こう

ちょっと これ
困ってるんですよねとか

これ解決してくれれば
もっと行くのにとか

何か そういうのあります?

もう寝癖とか ひどいんですよ

結構な ウルトラな感じになるの?
はい

ちょっと風吹いてるのかな
ぐらいの

風吹いても かわいいっぽいけどね
いえいえ

<一方 こちらも>

<ちょっと変わった業態の
専門美容師>

<髪を切っている場所が
美容院っぽくありませんよね>

<ここは一体?>

じゃあ ここ座りますね

<実は ここ>

<これは>

<といわれる
サービス>

<その名のとおり
利用者がいる>

<自宅や施設まで
美容師が来てくれて>

<髪の毛を きれいに
カットしてくれるんです>

<依頼者の多くは 高齢者や>

<病気やケガなどで
外出するのが困難な人達>

<そんな訪問専門の美容師として>

<働いているのが…>

<玉本さんは この介護施設に
2カ月に一度 訪問し>

<高齢な方々の髪を切っています>

大丈夫ですか?

フフフ よかった

アハハ… ありがとうございます

<カットしてもらった皆さん
笑顔です!>

<玉本さんが
勤めているのは>

<訪問理美容 「髪人」>

こんなにあるの?

知らなかった?
知らなかったです

僕らからすると ホントに
美容室とか床屋さんとかって

行って切ってもらうっていうのが
当たり前だったけど

それが ホントに

だからこそ成り立つお仕事

<高齢者や病気の方以外にも>

<様々なお客さんからの
依頼があります>

<この日は どんな方が>

<玉本さんを
待っているんでしょうか?>

は~い
こんにちは

訪問理美容 髪人です
お願いします

老人施設だけではなく
うん

こんにちは
よろしくお願いします

<依頼者は
こちらの30代の女性>

こんにちは お願いします

(玉本)アハハハ… アハハハ…

≪どこがいいかな?
どこでも大丈夫ですか?

(玉本)
どこでも大丈夫です

<こちらのお母さん>

<実は
この取材の1カ月ほど前>

<赤ちゃんを出産したばかり>

<かわいい!>

なかなか

<産後の体力に
不安がある中>

<3人の子育てに
てんてこまいのため>

<依頼したそうです>

<早速 準備に取りかかる玉本さん>

<まずは カットするスペースを
つくっていきます>

<床に
シートのようなものを広げました>

<お店の場合は
落ちた髪は>

<掃くだけで
済みますが…>

<ここは お客さんのご自宅>

<髪が散らばらないように
気を使う必要があります>

<道具を置くテーブルにも
シートを敷いて>

<完全にガード>

<そして
訪問美容ならではの心遣いも…>

≪うん 大丈夫です

<玉本さん 机の上に
何を作っているんでしょう?>

(スタッフ)それは何ですか?

<久しぶりのカットを
少しでも楽しんでもらうための>

<玉本さん流のおもてなしです>

(玉本)4カ月ぐらい

伸ばしてるとか 何かあります?

それをちょっと
どうにかしたいです

そしたら 毛先1センチぐらい

ととのえるぐらいで
大丈夫ですか?

量も多そうですね
そうです

<リクエストを聞いたら いよいよ>

<霧吹きで 髪をととのえてから
切り始めます>

<そしてカットの最中>

<一般の美容院と
訪問美容で>

<大きく異なることが>

<それが お客さんを映す鏡です>

<訪問先には持ち込めないため>

<この小さな鏡を頼りに>

<カットしなければなりません>

<鏡が小さいと
顔全体が映らないため>

<顔と髪の長さのバランスが
取りにくく>

<高い技術が
求められるそうです>

(玉本)う~ん
つくって

(玉本)あっ そうなんですね
しかも顔まわりですよね 何か

そうです
(玉本)抜けるのって

生え際のところ
(玉本)そうですよね

<産後によくある
髪の悩みも聞きながら>

<カットを進める玉本さん>

あるあるなんだね

このぐらいで
大丈夫ですか?

今 ちょっと全体

髪の毛
触ってもらっていいですか?

(玉本)結んだ感じとか…

(玉本)大丈夫ですか?

(玉本)そうですね
ちょっと枝毛になってたとこも

少し切ったので
ありがとうございます

<カットの時間は わずか10分>

<体力に不安があるお客さんが
多いため>

<いかに早く終わらせることが
できるかが>

<重要になってくるといいます>

(玉本)私達の仕事って

かもしれないですね

(玉本)お疲れさまでした
ありがとうございました

すごい あっという間

<4カ月ぶりのカットに>

<お母さんも大満足です>

すごい 何か
いたわってもらったなと思って

嬉しいです はい

≪終わったのに誰も見てない

終わったって

<ちなみに シャンプーも>

<要望があれば
別料金でやってもらえるそうです>

10分から15分ぐらいで
終わってましたけど

早すぎます
めちゃくちゃ早いね

いい仕事するね

<そして カットのあと>

<訪問美容ならではの
大切な仕事が>

<この>

<玉本さん 切った髪の毛をまとめ>

<何やらカゴに入れていますが…>

<切った髪の毛は
事業ゴミになるため>

<その場で捨てず>

<会社に持ち帰って
廃棄しているんです>

<床もきれいに掃除して
撤収作業は終了>

<…と 突然ですが ここでクイズ>

<今回の出張費込みのカット料金>

<一体 いくらでしょう?>

ええ~
大体さ 表参道とかさ 行くと

カットだけでもさ
5000~6000円取ったりするでしょ

そうですね
玲奈ちゃん どう?

安すぎます?
1万5000円? マジか

まあ でも行って帰ってだとさ

行ってこいでさ

2時間ぐらいはさ
必要なわけじゃん

<正解は…>

すいません お待たせしました

<5000円でした>

<ただし 利用できるのは>

<様々な事情で外出するのが
難しい人に限られます>

やっぱり 困ってる方とかさ

やっぱり 自分が時間なくて
っていうところを

出張 頼んでる人だから
そこを高くしちゃうと

っていうのが
あるのかもしれないね

<この日 玉本さんが訪れたのは>

<これまで5回カットしている
常連のお客さん>

こんにちは こんにちは~

こんにちは
よろしくお願いします

(玉本)大丈夫そうですか?

今 ウロウロしてる…

<中学2年生の颯君 自閉症で>

<1年ほど前から
このサービスを利用しています>

<颯君は音に敏感で>

<慣れない環境だと
体を動かしてしまい>

<うまくカットができません>

<そのため ご両親が
自宅でのカットを依頼しました>

そうか おうちなら安心だもんね
確かに

美容室ね 色々な人がいるし

こういうところにも
役立つ仕事なんだね

<玉本さん 早速 カットの準備に
取りかかりますが…>

(物音)

<わずかな袋の音さえも
ストレスに感じてしまうようです>

<玉本さん 音に注意しつつ
カットを始めます>

(玉本)いい?

<実は颯君 以前
カット中に音が気になって>

<急に立ち上がってしまい>

<危ない経験をしたことが>

<そのため カット中は
ご両親が見守ります>

はさみ使ってるから
危ないですよね

色々あれだね

気をつけなきゃいけないこと
あるから大変だけど

お父さん お母さん 心配そう
うん すごく心配そうに見てる

<ここから
大きな音が鳴るバリカンです>

(玉本)いい? 頭

そうそうそう そうそう
ハハハ ありがとう

うるさい音出るよ

自分で…
自分でよけてくれてるよ

<玉本さんが優しく声をかけると>

<髪をかき上げてくれました>

<でも 普通に切っているように
見えますが>

<訪問美容ならではの大変さも>

<それが こうして
体勢を変えながら>

<カットをしなければ
ならないこと>

<美容院の椅子なら>

<カットしやすい高さに
調整できますが…>

<訪問先では>

<高さを調整できない椅子が
ほとんどのため>

<玉本さんが体勢を変えながら>

<カットしなければならないんです>

<無理な体勢を続けるため>

<腰痛になってしまうことも
しばしば>

<それでも…>

(玉本)続けられるなっていう
感じですね

ありがとう

<10分後
無事 カットが終わりました>

早っ
ホント早いね

はい オッケーです

≪ハハハ 上手

≪さっぱりした?

(玉本)すごい 好きなんですね

カメラ向けられると
ピースするんですよ

(玉本)ああ そうなんですね
すごい嬉しい

感じなので

ご機嫌になったんだね

本当に
それぞれのライフスタイルとか

体の状況とか
そういうのに合わせて

カスタマイズされた技術だから

ホントに すばらしい技術ですね

<昨今の外出自粛の影響もあり>

<ますますニーズが高まっている
訪問理美容>

<最も多いのが
やはり高齢者の方なのですが…>

<実は玉本さん
その中で どうしても>

<忘れられないお客さんが
いるそうです>

っておっしゃってて

頑張ってくれてシャンプーできて
さっぱりして

何日後に
亡くなったとかって聞くと

あのときパーマしてよかったな
っていうのは すごく思いますね

やっぱり 80 90 100歳の方も
カットさせていただくので

私達の… 自分のカットが

もしかしたら最後に
なるかもしれないっていう方達を

カットさせていただいてるので

<小学生のときから>

<将来 美容師になることを
夢みていた玉本さん>

<そして あるとき>

<テレビで見た訪問美容の仕事に
憧れを抱き>

<高校卒業後
専門学校で>

<高齢者からの依頼が多い>

<訪問美容師の道を目指します>

じゃあ安心だね ホントにね
そうですね

<専門学校卒業後>

<六本木の美容院で
カットの技術を磨き>

<4年前>

<念願だった
訪問専門の美容師となったのです>

(玉本)その人がきれいになって

悔いが残って またチャレンジって
いうふうにならないように

すごく思いますね

<この日も 月に1回のペースで
髪をカットしている>

<高齢者のお宅へ>

(玉本)すいません

何か すごいきれいに
していただいて すいません

<去年から
玉本さんがカットを担当>

<体を自由に動かすのが
難しいため>

<このサービスを
利用しているそうです>

よいしょ

<早速 カットを始めていきます>

こいつ便利ね
これ すごい便利ですね

<すると…>

<なぜか髪の毛ではなく
クシに水をかけている玉本さん>

<一体 なぜなんでしょう?>

<体を動かすのが難しい
高齢者のカットを始める玉本さん>

<すると…>

<髪の毛ではなく
なぜかクシに水をかけています>

<なぜなんでしょう?>

っていうことも
いわれてたりとかするので

<髪に直接
霧吹きをしてしまうと>

<びっくりして
体に負担がかかるため>

<必ずクシに水をかけるように
しているんです>

<さらに…>

<何かをする前は必ず声をかけ>

<びっくりさせないように
しています>

はい おしまいです
さっぱりしましたね

ええ
よかったです

<玉本さんは
きれいにカットすることは もちろん>

<美容院に行くという
特別な時間を届けているんです>

いい需要と供給が
成り立ってていいね

そうですね
いや ホントに必要な方達って

たくさんいるんだなと思って

髪を切るだけ
おしゃれのためだけじゃない

何か 心の豊かさも
手に入るような現場でしたね