NHK地域局発 ショートストーリーズ▽思い繕う かけつぎ職人~岐阜 美濃加茂~[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

NHK地域局発 ショートストーリーズ▽思い繕う かけつぎ職人~岐阜 美濃加茂~[字]

まるで魔法。たばこの火で空いた穴も、ひっかけたキズも虫食いも、お気に入りの服が元どおりに!父から娘に引き継がれた熟練の技が守る、思い出と笑顔を見つめる。

番組内容
中部地方に根を張り生きる人々の短編ドキュメンタリー「ショートストーリーズ」。「かけつぎ」は洋服の傷や穴を独自の技術で修復する方法だ。岐阜県美濃加茂市の工房には、全国から依頼が届く。手がけるのは、この道40年のかけつぎ職人片岡鉄舟さんと、娘の後藤佳子さん。衣服の繊維を日夜研究、0.1ミリのすきまに針を差し込む熟練の技で服をよみがえらせていく。一着の服を通して人々の思いを繕う、職人親子の姿を追った。
出演者
【出演】かけつぎ職人…片岡鉄舟,後藤佳子,【語り】森山春香,大村志歩

ジャンル :
ドキュメンタリー/教養 – カルチャー・伝統文化
趣味/教育 – 園芸・ペット・手芸
情報/ワイドショー – ファッション

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 鉄舟
  2. 生地
  3. 佳子
  4. 工房
  5. スーツ
  6. 研究
  7. テーラー
  8. 技術
  9. 依頼
  10. 自分
  11. 出来
  12. 繊維
  13. 年前
  14. 洋服
  15. お願い
  16. コート
  17. 横糸
  18. 加藤
  19. 仕事
  20. 仕上

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



NHK
created by Rinker
エンスカイ(ENSKY)

チェックしてほしいと思います。
岩渕≫名越章浩解説委員でした。

誰しも持っているお気に入りの服。

そこに穴や傷が出来てしまったら
あなたは どうしますか?

でも この工房に届けば 大丈夫。

洋服に出来た 傷や穴を
独自の技術で修復する かけつぎ。

まるで 魔法のように
人々の大切な一着を

よみがえらせてきました。

その数…

かけつぎを手がけるのは
父と娘の職人親子。

40年間 技を極めてきた父。

父の背中を見て 同じ職人の道を選んだ娘。

ひたむきに洋服の傷と向き合う
職人親子の日々を見つめました。

<その工房は 岐阜県美濃加茂市の
住宅街の一角にありました>

こんにちは~。
はい。 あっ どうも。

よろしくお願いします。
よろしくお願いします。

<出迎えてくれたのは 後藤佳子さん>

父です。
よろしくお願いします。

<父親の片岡鉄舟さん>

<母親の啓子さん>

おはようございます。

<佳子さんの姉 英子さん。

家族4人で 工房を営んでいます>

おはようございます。
はい いらっしゃいませ。

ごめん 開店前に。
はい。

<開店間際
一人の女性が駆け込んできました>

これさ…

<かけつぎとは 服に出来た穴や傷を
修復していく技術>

<針を差し込み 一本一本の繊維を
正確に織り込みます。

生地ごとに違う織り方の特徴を理解して
初めて 服が よみがえります>

<高い技術を頼りに
全国から毎年2, 000点の依頼が届きます>

お気に入りの…?
そうなんです。

<工房に届く服は
どれも思いの詰まったものばかり>

こんにちは。
はい いらっしゃいませ。

<今度は サラリーマン風の男性が
やって来ました>

<スーツには たばこの火で開いた
大きな穴がありました>

<持ち込まれた大切なスーツ。

早速 作業に取りかかります>

<かけつぎに必要な共布がないため

ズボンの裾の折り返しなど
目立たない所から

穴を塞ぐ生地を探します>

<服から取り出す生地は 同じ柄

かつ 傷口を十分に覆えるほどの大きさが
必要です>

<ズボンの裾では 大きさが足りません。

ほかの部分から
丹念に探すことにしました>

<十分な大きさの生地が取れるのは
ジャケットの見返し部分。

加藤さんの了解を得て
この場所から取ることにしました>

<取り出した生地
まずは 横糸を1本ずつ外していきます>

♬~

<傷口に生地をあてがい
柄が正確に合うように

縦糸を織り込んでいきます>

♬~

<洋服の生地は 縦糸と横糸が
織り成して作られています。

この生地の場合
1ミリの中に4本の糸が通っています>

<縦糸と横糸が
どのように重なっているのかを見極め

織り込む糸を
どこに どの順番で入れるかを決めます>

<針には 輪っか状の糸がついています。

その輪の中に 織り込む糸を通して
生地に引っ張り込みます>

<一本一本 正確に織り込む 慎重な作業>

<1センチを織り込むのに
およそ40分かかります>

<1週間後 仕上がったスーツが
加藤さんのもとに届けられました>

開けちゃうよ。
はい。

早よ出来たな。 本当に直ったやろか…。

ジャ~ン。

えっ?
えっ どこ?

え~ 全然…!

(拍手)
すご~い!

すごいな!

<2.5センチほど開いていた
たばこの焦げ跡。

それが 全く分からないまでに
仕上がっていました>

本当 すごい。

ここ 気にしとったんや
いつも こうやって…。

<加藤さんが長年働いてきた
自分へのご褒美として買ったスーツ。

きれいな状態で着るのは 4年ぶりです>

<切り取った見返し部分には
別の生地がつけられ

見栄えがするよう施されています>

すごいね!

やった やった。
おじいちゃん よかったねって。

<佳子さんは
3人兄姉の末っ子として育ちました>

<幼い頃から
父の働く姿を見てきましたが

かけつぎに興味を持ったのは
高校生の時でした>

それを一旦…
そのころ 高校生同士なので…

それで…

借りてたやつが?
そうそうそう。

<かけつぎの仕事を
兄姉が継がないと聞いた佳子さん。

二十歳の時 自分が継ぐと決意しました>

<この工房は もともと洋服の仕立てをする
テーラーでした>

<鉄舟さんの父親が始めたものでした>

<高校を卒業した鉄舟さん
店を継ぐと決意します>

せっかく…

<しかし
テーラーを継いで7年たったころ

鉄舟さんは 大きな危機を迎えます>

<安い既製服が台頭し 客足は激減。

やがて 生活は苦しくなり
テーラーを諦めざるをえなくなりました>

<鉄舟さん 当時37歳。

妻と幼い子供3人を養うため
新たに始めたのが かけつぎでした。

テーラーとは 全く勝手の違う仕事。

一から必死で勉強しました>

<40年前 自ら書いた研究ノート。

服によって
生地の素材や織り方が異なるため

一つずつ繊維を分析し 図面にした
組織図です。

どのように織り込めば
きれいに仕上げられるのか。

寝る間も惜しんで研究しました>

<鉄舟さんが長年積み上げてきた
膨大な生地の研究は

佳子さんの道しるべになりました>

やっぱり すごく…

<父の研究を頭にたたき込んだ佳子さん。

自らも新しい生地の研究を始めました。

繊維が細かく かけつぎが難しかった
Tシャツやトレーナーなど

鉄舟さんが できなかったものを
次々とクリアしていったのです>

<更に 工房の技術を
多くの人に知ってもらおうと

5年前 ホームページを立ち上げました。

かつては
業者からの発注が中心でしたが

個人のお客さんと
直接つながるようになりました。

その結果
全国から依頼が届くようになったのです>

<更に 直接聞くことはなかった
お客さんの喜びの声も…。

佳子さんにとっても
鉄舟さんにとっても

励みになりました>

今 言ったことは ふだん言わない?

<佳子さんに
工房を任せられるようになってから

鉄舟さんは
自分の時間を持てるようになりました。

毎週末 車で30分かけて
山あいの町 八百津町に向かいます>

<鉄舟さんが購入した古民家です>

<かけつぎを始めたころ 寝る間も惜しんで
研究をしてきた鉄舟さん。

忙しい時には 1週間 工房に
籠もり切りになることもありました>

♬~

<この場所で 昔はできなかった
好きなクラシックを聴いたり

野菜作りをしたりして 過ごします>

<仕事以外の時間を
楽しめるようになったものの

鉄舟さんには 心残りがありました>

<3年前 鉄舟さんは 佳子さんのために

初めてスーツを作りました>

(英語)

<ニューヨークで開かれた
日本文化を紹介するイベント。

大使館の関係者など 200人が集まる中

佳子さんは かけつぎ職人の代表として
技を披露>

<晴れの舞台のために
鉄舟さんは テーラーの技を生かして

スーツを作ったのです>

(英語)

(拍手)

きっと…

<この日は
横浜からコートの依頼が届きました>

<依頼主の山口敏子さん。

30年前 就職してお金をため

自分を奮い立たせるために買ったコート>

<仕事に行く時も 友達と会う時も
どこに行くにも一緒でした。

穴が開いてしまったものの
修理できる店が見つからず

わらにもすがる思いで
この工房に依頼しました>

<直径5ミリほどの 小さな穴。

ただ 繊維に複雑な加工が
施されているため

直すのは 容易ではありません>

<鉄舟さんの熟練の技。

そして 佳子さんが重ねてきた研究。

かけつぎ職人の父と娘が
積み上げてきた技術を使い

丸一日かけて直していきます>

<10日後 出来上がったコートが
山口さんのもとに届けられました>

ここ… これ 押してある…

ああ すごい すごい。

よかったね。
うれしい うれしい。

<人々を笑顔にする魔法のかけつぎ>

<鉄舟さんと佳子さん
親子で営む小さなかけつぎ工房>

<今日も思いの詰まった服を繕います>