情熱大陸【ピアニスト/角野隼斗▽クラシックの枠に留まらない、26歳が探す音楽】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

情熱大陸【ピアニスト/角野隼斗▽クラシックの枠に留まらない、26歳が探す音楽】[字]

『ショパン国際ピアノコンクール』出演のため、現地で練習の合間もジャズライブ、ラジオ収録や動画配信をおこなう音楽のジャンルに縛られない“ニュータイプ”が向かう未来

番組内容
数々のコンクールで受賞歴をもち、2018年に国内最大級のピアノコンクールである『ピティナ・ピアノコンペティション』で特級グランプリを受賞して以来、本格的に角野隼斗は音楽活動を開始した。『Cateen(かてぃん)』名義で、登録者数77万人を超える人気YouTuber。東京大学大学院では工学研究者、ジャズの聖地『ブルーノート東京』でデビューを果たしたアーティスト…どれも26歳の彼の一面である。
番組内容2
今年、世界三大コンクールの一つである『ショパン国際ピアノコンクール』へ向けポーランド、ワルシャワへ飛び立つ角野。練習漬けの日々を送っているかと思いきや、コンサート出演、ジャズライブ、ラジオ収録や動画配信など…様々な音楽活動へと挑戦。 「僕はクラシックの演奏家になりたいわけじゃない。一発でこれはこの人だとわかるようなモノを作る人間になりたい」 音楽のジャンルに縛られないアーティストが向かうのは!?
プロフィール
【ピアニスト/角野隼斗】 1995年、千葉県出身。2018年、東京大学大学院在学中にピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ、及び文部科学大臣賞、スタインウェイ賞を受賞し、本格的に音楽活動を始める。2020年12月に1stフルアルバム「HAYATOSM」をリリースし、オリコンデイリーアルバムランキング8位を獲得。国内だけでなく海外でも広く演奏活動を行う。
プロフィール2
また、“Cateen(かてぃん)”名義で自ら作編曲および演奏した動画をYouTubeにて投稿し、チャンネル登録者数は77万人を超え、なお増え続けている。(※2021年7月時点)
制作
【製作著作】MBS(毎日放送)
公式HP
【番組HP】 http://www.mbs.jp/jounetsu/
関連公式URL
【ツイッター】@jounetsu 番組の感想に#jounetsuをつけてください! http://twitter.com/jounetsu 【フェイスブック】 番組公式ページへの「いいね!」もぜひ! http://www.facebook.com/jounetsutairiku 【インスタグラム】 フォロー宜しくお願いします! https://www.instagram.com/jounetsu_tairiku/
おことわり
番組の内容と放送時間は、変更になる場合があります。

ジャンル :
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般
音楽 – クラシック・オペラ
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. スタッフ
  2. 角野
  3. 自分
  4. ピアニスト
  5. 演奏
  6. クラシック
  7. ショパン
  8. ピアノ
  9. 吉田
  10. 本番
  11. YouTube
  12. アーティスト
  13. エラール
  14. ゴール
  15. ショパンコンクール
  16. 角野隼斗
  17. 自信
  18. 練習
  19. YouTubeチャンネル
  20. アップ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



TBS
created by Rinker
ノーブランド品

<人生は一度しかない>

<与えられ 磨きつつある才能を

ピアニスト・角野隼斗は

思うがままに
突き詰めたいと考えている>

<ネットによるライブ配信も
その一つ>

<何から何まで1人でやる>

<ところが…>

(女性)えっ えっ?
(角野)ハハハハハ

(スタッフ)あっ そうすか
ホントに

<幸い スタジオで
カメラを借りることができた>

そう これは ベートーヴェンです

<10年前に始めた
YouTubeチャンネル>

<月に1回程度のライブ配信に加え

頻繁に クラシック
Jポップ アニメのテーマなど

多彩な楽曲をアップしている>

♬~

<従来の枠には収まらない
アーティスト>

<活躍の場は幅広い>

<ホールで クラシックファンを
うならせるかと思えば…>

<ライブハウス・ブルーノート東京に集まった
ジャズ好きたちを

心地よく酔わせてみせる>

<時には 「ゆず」のバックで
存在感を光らせ…>

♬「『帰ろう』『帰りたくない』
でも通り過ぎてゆく」

<パーソナリティーを務める
ラジオ番組でも

ご覧のとおり…>

って言っちゃ変ですけど…

<ボーダーレスな活動も異色なら
最終学歴は 東大大学院>

<ピアニストにならなければ

音楽の研究者に
なっていたかもしれない>

<例えば…>

自然に転調するには どうすれば
いいかなっていうのを

ちょっと
いろいろ考えていたメモですね

(スタッフ)数学?

こう… こういうふうに
転調だと しやすいとかすると

で ここに対して…

<持てる力を どこまで伸ばせるか>

♬~「情熱大陸」

<常識を軽やかに超えてゆく
26歳が

新しい時代の到来を告げている>

♬~

<東京・六本木に現れた
角野隼斗は

この日
クラシックピアニストの顔をしていた>

<舞台には ショパンと同時代に
作られたというピアノ・エラール>

<ショパンは
大好きなアーティストだ>

<しかも エラールの響きには
独特の柔らかさがある>

<何よりも
音色を気にかける角野には

貴重な体験となる
コンサートだった>

はい

<楽屋に入ると

先ほど 私たちが撮影した映像を
見せてほしいと言いだした>

(スタッフ)今… 今見ます?
ありがとうございます いい?

音 出ます?

これ今
ちょっと ちっちゃいんですけど

<どうやら 自分が弾いたフレーズを
確認したかったらしい>

<即興のメロディーを
繰り返し再生しては

コードとともに
譜面に起こしてゆく>

<本番まで
あと2時間というのに

一旦 何かがひらめくと
止まらなくなってしまう>

♬~

<この時 角野は
作曲の手がかりをつかまえていた>

♬~

そういう いいものが

たまたま出てくる可能性
っていうのは

いろんな時に あったりするから

そのチャンスを逃さないように
しておくっていう 自分の中で

…って感じですかね

≪(司会)角野さん どうぞ
お願いします

<エラールでの演奏は
やはりショパン>

♬~

<別の日は 自宅で
YouTuberの顔をのぞかせた>

♬~

「エヴァ」ですね…

(スタッフ)へぇ~

<絶対音感を持つ角野には
耳コピなど 朝飯前>

<お気に入りの楽曲に

オリジナリティーを発揮して
アレンジを施してゆく>

<アップするのは
自身の演奏動画>

<身繕いを済ませると

カメラをセットして
収録が始まった>

♬~

<何度か撮影を繰り返し
全ての音をミックスしていく>

<編集ソフトの扱いもお手の物だ>

<ピアノ教室を主宰していた
母のそばで

気が付けば鍵盤と遊んでいた>

<小学4年で 日本最大級の
ピアノコンクールに出場すると

高校1年生以下の部で
見事 金賞に輝く>

♬~

<名門進学校・開成中学に入学>

<クラシックから離れた時期も
あった>

<東大大学院で 音声情報処理を
研究するかたわら

再び
真剣にピアノに向かい始める>

<研究者かピアニストか>

<両親が
進路に口出しすることは

なかったそうだ>

<実家には
今でも しばしば足を運ぶ>

ただいま

(スタッフ)失礼します

<母・美智子さんのピアノ教室は

今も 自宅のリビングで
続けられていた>

<そこには グランドピアノが2台>

<ちなみに 妹は

東京藝大大学院で
やはりピアノを専攻している>

2台になったのは最近です
ごく最近 僕が出ていったあと

(スタッフ)ふ~ん…
それまでは1台で

そうですね
(スタッフ)へぇ~

(スタッフ)ピアノが こんな
あるとこなんですね やっぱ

10の1 聴いて
(美智子さん)ん?

10の1

<YouTubeで
クラシックを弾いた時は

母の意見を聞くことも…>

うん
いいでしょ? いいじゃん いい

いい? いい
いいと思う?

そっち?
そっち

結構 中学生ぐらい… に

一旦 クラシックに
興味なくなったもんね

そうね
第一波が そこだったから…

それまで文化祭…
開成の時 中学とか高校は

もう バンド
そうですね

ドラマーだったので

見に行くと 何か 上半身裸で

そうなんですよ それでもう

すごい音量で 狭い教室の中で

(スタッフ)その時 どういう感情
なんですか? お母さん

いや~ びっくりしましたけどね
ちょっと耳が痛い みたいな…

でも 楽しそうでしたね
その時もね

<この夏
角野は 意外な挑戦を控えていた>

おはようございます
(女性)おはようございます

お世話になります

はい おはようございます
おはようございます

<金子勝子さんは

多くのピアニストを育ててきた
名伯楽>

<角野も
6歳から指導を受けている>

♬~

そう ちょっと…

もっと

<レッスンは なんと

今年開かれるショパンコンクールに向けた
準備だった>

<周囲を驚かせたチャレンジも
分からないではないと 金子さん>

<なぜなら 彼のポテンシャルが
爆発する瞬間に

何度も立ち会ってきたから>

何か
弾かせてもらえる機会があって

そこで 弾いてるのを見て
そのオーラがね すばらしかった

ものすごく うれしそうに
弾いてるんですよね

で この人は もう
ピアノのほうをやったら

すごい すばらしく
なるんじゃないかなと思って

で…

そしたら 「やります」って
言うわけですよ ホホホ…

それでもう とにかく…

(スタッフ)それ 練習のし過ぎ?
練習で

ふだん やったことない練習
してたと思いますよ ハハハ…

<ピアニストになろうと決めた
その演奏>

♬~

♬~

<沸き上がる
演奏の喜びが

進路の悩みを
吹き飛ばした>

(スタッフ)おはようございます
おはようございます

<5年に1度の
ショパンコンクールは

去年 延期され 今回が6年ぶり>

<この日は
国際的に活躍するピアニスト

吉田友昭さんの教えを
乞うた>

<折に触れて
アドバイスをもらっている>

(吉田さん)そうね

♬~

…あんまりなかったよね

結構 こう あっ みたいな…

みたいな 何か こう…

えっ? 自信? 何 自信って

自信ないなんて そりゃ…

♬~

そんな ないよ お前に

あ~…

(吉田さん)そうだよ
あんまり 解釈は… 本番はさ

分かってます

そこは…

でも だから…

(吉田さん)そう 俺も そう思った
それは? 記念に?

なんですけど
まぁ ただ その 何か こう…

(吉田さん)はい

でも 俺なんてもう
それしか考えてないよ

そうですよね
(吉田さん)そう

<もちろん 挑むからには全力で…>

<あえて険しいハードルを
設定した理由は

自分を追い込み

演奏技術を更に高めることに
あったのかもしれない>

今の自分の
スキルセットというか

持っているものを考えた時に

クラシックのスキルは
ある程度あって

で そこに 即興演奏ができる
っていうスキルがあって

で ジャズも
ちょっと勉強してて

で あとは YouTubeやってるから

そのYouTubeで鍛えた
発想力みたいのもある

で まぁ だから

オリジナリティーをどんどん磨く
っていう部分なんですけど

自分が持っているものが そうで
で それを どう生かしたら

一番オリジナルになるか
っていうのを

突き詰めるっていう作業

(スタッフ)そうすると どうなった時に
ゴールなんですかね?

ゴール… アーティストとしての
ゴールですか?

(スタッフ)自分が満足できる
「俺 やった」とか

「ここまで やりたいことやれたぜ」
ってなる時…

そうなってしまった時は
怖いですよね 逆に

<ショパンコンクールは
ポーランドで開かれる>

<出発前に
大事なコンサートが控えていた>

<演奏は ショパンばかり9曲>

<このステージで

今の到達点を
確かめるつもりだろうか>

(男性)お願いします

(拍手)

<才気あふれるピアニストには

大胆さと繊細さが同居している>

♬~

♬~

♬~

<13日後 自分にしか弾けない
ショパンをひっ堤げて

角野は飛行機に乗った>

ワルシャワは
思ったより暑いですね

今 30度ぐらい
あるんじゃないですか

日本より涼しいかと
思ってたけど

広々としてて きれいですね

<首都・ワルシャワから
車で4時間>

<角野は 今
一人 湖畔の街にいる>

今 僕が滞在している
練習場所です

向こうのほうには…

それはそれは もう…

♬~

<本番を目前にして
角野隼斗が思うこと>

勝ち負けに こだわらないとかは
あんまり言いたくないんですけど

でも 勝ちだけに
こだわりたくもなくって

まぁ 正直 僕は今まで 何か

コンクールに出る意味とか 自分は
本当に出るべきなのかとか

いろいろ ゴチャゴチャ
考えてたんですけど

そんなことよりも 今は
ただただ いい演奏がしたいです

<音楽への愛に満ちた演奏を

聴く人の心に届けたい…>

<本番は あさってだ>

<常識を変える鰻が ここにある>

<未公開シーンは
YouTubeチャンネルで>

<型破りの技が生み出す
蒲焼きの極意>