BACKSTAGE[解][字]“全品半額”激安アウトレット店!「関東進出」の舞台裏に密着…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

BACKSTAGE[解][字]“全品半額”激安アウトレット店!「関東進出」の舞台裏に密着

「新品が半額の店」222(トリプルツー)関東進出の舞台裏に密着!「すべて新品が半額」が実現するワケとは!?大混乱のオープン前日、女性店長がとった驚きの行動とは?

番組内容
関西で大人気!「新品が半額の店」222(トリプルツー)関東進出の舞台裏に密着! 日用雑貨から食料品まで「すべて新品が半額」が実現するワケとは!? 「念願の関東進出」キーマンは、接客が超フレンドリー!滋賀県で店長を務める女性。 オープン前日なのに、レイアウトも決まらず店内は大混乱。
番組内容2
不測の事態に、滋賀県から女性店長が到着!彼女がとった驚きの行動とは? オープン初日の売上げ目標は30万円!果たして達成でできるのか?
番組内容3
◆関西で大人気!「全品半額」の激安アウトレット店!念願の「関東進出」舞台裏 ◆商品はすべて新品で半額!その安さの秘密とは!? ◆絶対に負けられない「関東進出」、キーマンは滋賀県の女性店長 ◆大混乱のオープン前日、女性店長がとった驚きの行動とは? ◆初日の売り上げ目標「30万円」達成なるか?
主な出演者
【MC】武井壮 【ゲスト】貴島明日香 【ナレーター】花澤香菜 ほか
みどころ
番組の主役は「仕事」を愛するすべての人たち! 世の中の最先端のお仕事から、ちょっと変わったニッチなお仕事まで、さまざまな“働く人”たちに密着! 働く人たちにさまざま企画に“挑戦”してもらい、その道のプロならではの「こだわり」や「仕事愛」を描き出す、“お仕事エンターテインメント”!
キーワード
仕事 挑戦 裏側 密着 バクステTV 舞台裏 仕事愛 こだわり ツイッター 働く 応援 武井壮 花澤香菜 貴島明日香 激安 222 専門店 行列 関西で大人気  関東進出
番組HP
https://hicbc.com/tv/backstage/
おことわり
番組内容や出演者、放送時間などは都合により変更となる場合があります。

ジャンル :
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般
ニュース/報道 – 特集・ドキュメント
福祉 – 音声解説

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 本多
  2. 商品
  3. 半額
  4. 目玉商品
  5. 新店舗
  6. スタッフ
  7. 万円
  8. 絶対
  9. 訳アリ
  10. オープン
  11. お店
  12. レイアウト
  13. 関東進出
  14. 値段
  15. 店長
  16. 販売
  17. お米
  18. レジ
  19. 関西
  20. 関東

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



TBS
created by Rinker
ノーブランド品

<私達の生活の
BACKSTAGEには>

<いつも懸命に働く人達が>

何買ったんですか?

(女性)あと こっちの方が
いっぱい買ってるかもしれん…

(スタッフ)
ついつい買っちゃった系ですか?

<皆さん カゴいっぱいに
商品を詰めています>

<それもそのはず>

<マスク ひと箱50枚
380円のものが>

<なんと半額の190円>

<こちらのオムツ
元々は1320円ですが>

<半額の660円>

えっ! めちゃくちゃ安くない?
めちゃくちゃ安いですね

<このお店の売りは>

<しかも 扱う商品は
全て新品なんです>

<今 関西で人気の激安ショップ
222>

<そこで働く
敏腕女性店長の仕事に密着>

<全品半額を実現するための
秘密に迫ります>

<さらに…>

30万台
出せたらなと思っております

<関東進出の足掛かりとなる
新店舗オープン>

<社運をかけた挑戦の行方とは!?>

急いでね 急いでね

≪いらっしゃいませ

<コッテコテの関西弁に>

<キラキラネイル!>

<こちらの女性 今 話題のお店の
店長さんなんです>

ええように言うてくれたって
さすがや

<このお店は
食品から電化製品まで>

<ありとあらゆる商品が全て半額>

<しかも 中古ではなく
全部新品です>

何で?
えっ めちゃくちゃ安くない?

めちゃくちゃ安いですね 半額?

<関西圏を中心に
現在7店舗を展開>

<超激安価格で注目を集めている
222>

何? 222って何?
初めて見た

<本多さんは
滋賀県の2つの店舗を取りしきる>

<店長兼
エリアマネージャーでありながら>

<今回 川崎にオープンする
新店舗も任されているんです>

<そんな敏腕店長 本多さんが働く
222は>

<関西では 激安店として超有名>

<その勢いにのって>

<昨年
新宿で関東1号店を出店>

<しかし
話題にはなったものの>

<まだまだ関東での知名度は
高まっていないといいます>

<だからこそ
この川崎の関東2号店は>

<社運をかけた
一大プロジェクト>

<これを機に
関東進出を狙っているのです!>

これ 来そうだね

<この日 本多さんが向かったのは>

<普段働いている彦根店に隣接する
巨大倉庫>

<テニスコート10面ほどの
広さです>

<無数に並ぶ 段ボールの中には>

<10万点以上もの商品が
あるといいます>

<30坪とは>

<同じく 本多さんが店長を務める
堅田店と比較すると>

<たったこれだけ>

<だからこそ より魅力的な商品を
厳選しなくてはならないんです>

<今回 新店舗での
売り上げ目標金額は>

<いくらなんでしょう?>

30万台
出せたらなと思っております

出します

あの安い値段でね
それを出さなきゃいけないのって

結構大変ね
確かに

<新店舗で
初日売り上げ30万円を目指す>

<それにしても なぜ半額という
破格の値段で>

<新品の商品を
販売できるんでしょう?>

<そう 222の全商品が
何かしらの事情を抱えた>

<訳アリ商品>

これとかも

えっ これも
訳アリになっちゃうの?

(本多)めちゃめちゃ新品です
全然新品です

<でも 中には外箱だけでなく>

<商品自体が破損していることも>

<こんなときは
どうするんですか?>

どうしても

11個は販売するんで
今から これ店頭出したら

すぐなくなります
今日中になくなります これ

<さらに こちらのアイス
一見 普段見かけるものと>

<何も変わりませんよね?>

<と ここでクイズ>

<この冷凍庫に入った
アイスクリーム>

<一体
どんな訳アリなんでしょう?>

それはさ~ 明日香ちゃん
もう無理よ

ガリガリ君にスプーンないから

別に型落ちとかじゃないですしね

普通に売ってるやつですもんね

型落ち?

モデルチェンジしたあと
マイナーチェンジするじゃん

パッケージが前のやつ
前のやつ

あり得そう
それ めちゃくちゃありそう

<正解は…>

<実は これら>

<これこそ 訳アリの理由>

<季節限定アイスなどは>

<限定期間を過ぎると
出荷が終了するため>

<どうしても
在庫として残ってしまうんです>

今 そういうの
結構 問題になってますもんね

ロスっていうのが
そういうの大事かもしれない

<このように 正規で
売れなくなった在庫品を>

<一括で
安く仕入れることで>

<半額を
実現しているそうです>

<本多さんは
そんな 訳アリ商品の中から>

<新店舗で集客が見込めそうな
目玉商品を選んでいきます>

<限られたスペースで
30万円を売り上げるには>

<どんな商品がいいのか?>

<まず 目を付けたのが…>

これも うちの

このお米自体が

<これは コロナ禍で>

<飲食店に卸していたお米が
余っていたため>

<一括で買い取ったもの>

<元々は
5キロ単位の商品ではなかったので>

<こうして
オリジナルパッケージに詰めたんです>

<相場の半額ほど
1199円で販売することに>

めっちゃ安いよね
めっちゃ安い

全然買うよ

あと もう
こっちじゃないですかね

(本多)これも目玉です

<外箱が破損した
訳アリ商品のようですが>

<中身は?>

(本多)安いですよ
安いですよ

おひと家族様 1個とかの
限定数にして

<こうして 商品を選ぶ中で>

<最も大変な作業が
あるといいます>

<それが…>

<この>

<実は この箱の中に
何が入っているか>

<本多さんにも
分からないのだとか>

<主な仕入れ先である
ネット通販会社の場合>

<その日ごとの返品商品が>

<1つの箱にまとめた状態で
送られてくるので>

<中身が全く分からない状態>

<10万点以上もある商品の中から>

<売れそうなお宝を
発掘しなければなりません>

<1万円ほどする>

<もちろん 中身は…>

<こんな お宝商品が出てくる
一方で…>

(本多)これもですよ
(スタッフ)えっ?

<とにかく
開けてみないと分からない>

<宝探しのような作業>

<でも 半額といっても>

<お店によって
商品の値段 違いますよね>

<何を基準に
しているんでしょう?>

<これは 222独自のシステム>

<バーコードをかざすだけで
ネット価格の平均値を算出>

<その半額の値段を
つけているんです>

<本多さんは
ただ 半額にするだけでなく>

<さらに値引きすることもある
といいます>

(本多)これだったら 正直

<1枚足りないという
印象も含めて>

<本来の半額よりも
さらに安く値づけ>

(本多)っていうのでも

横に こう 一緒に

「これ 今 1個だけ抜いたんやけど」

「どれぐらい下げる?」
っていうので聞きます

<大切なのは 売り手が
「いくらで売りたいか」ではなく>

<お客さんが 「いくらだったら
買いたいと思うか」なのだと>

<本多さんは言います>

<2つの店で店長を務めながら>

<新店舗の立ち上げを担う
本多さん>

<大事な仕事を任されることが
多いものの>

<どれだけ忙しくても
滋賀にいる間は絶対に>

<定時で帰宅するといいます>

えっ

(スタッフ)こんにちは
こんにちは

帰ってきてたん?
今 さっき

ああ そう
で 今 着替えようとしてたわ

<実は 本多さん
中学1年生の息子 瑠唯君を>

<女手一つで育てる
シングルマザー>

ものすごい

あ~ とぼけた 何があんの?

必ず それは

<今は 毎日仲良しの親子ですが…>

なかなか あんまり…

<かつては
パートやアルバイトの掛け持ちで>

<なかなか 瑠唯君との時間が
作れませんでした>

<本当は 安定した正社員に
なりたかったそうですが…>

っていうか

う~ん
…は あったと思いますね

っていうこともありましたし

<そんな中 222は
本多さんの働きぶりを評価して>

<正社員として採用しました>

<222の荒木社長も>

<本多さんのことを
こう 評しています>

まず ひと言で言うと
やっぱり こう

(荒木)非常に こう

(荒木)お客様とも
よく お話をしたりとか

そういったところで
非常に

<自分を認めてくれた
会社のためにも>

<関東進出は 絶対に成功させたい>

お客さん増えるぜ

絶対
絶対 行くよ

<いよいよ>

<その店内をのぞいてみると…>

<商品は
何となく陳列されてはいますが>

<まだ
開店準備が整っていない様子>

<レイアウト作業を進めていた>

<新店舗の店長は…>

ちょっと この

まだ 本多さんが
いらっしゃってないから…

そういうことか
はい

<店のイメージが固まらず>

<まだ はっきりとレイアウトが
決められないようです>

<連日 作業しているスタッフも…>

<この様子で
30万円を売り上げられるのか?>

<すると そこへ…>

おはようございま~す
おはようございます

<本多さん 滋賀県から到着です>

<早速 商品のレイアウトを確認>

<すると…>

<なぜか店舗を飛び出し
バックヤードへ>

<目玉商品のお米を>

<台車ごと運びだしました>

<一体
どうするんでしょう?>

せ~の

っていう感じですね

<売り上げアップのため
本多さんが考えたのは…>

<台車ごと陳列してしまうこと>

<きれいにディスプレーして
高級感を出すのではなく>

<あえて大量の在庫を
そのまま積んで>

<安さを演出する作戦です>

(西川)
まあ 要はドン・キホーテです

高級なTシャツとかも

スッカスカに並べてて
何か 1枚 2万とか

3万とかでって
あるじゃないですか

じゃなくてユニクロさんとか
GUみたいに うりゃ! ってやって

安くで 売るよっていう

量で やっぱり
勝負をしたいな…

圧縮陳列…

<さらに 集客効果を狙って>

<大量の目玉商品を>

<最も目立つ
入り口に配置することに>

<オープン前日ですが>

<レイアウトを
どんどん変えていく本多さん>

<間に合うんでしょうか?>

今日は

<そのあとも 本多さんを中心に>

<急ピッチで開店準備を進めます>

≪分かりました

<時刻は すでに夜の11時>

<まだ翌日に
若干の調整は必要なものの>

<店内には 本多さんが選んだ
半額商品がずらり>

<ようやく勝負できる
レイアウトになりました>

<入り口には 絶対売り切ると
豪語していた>

<目玉商品のティッシュです>

<もう一つの目玉商品
お米も大量に山積みし>

<スタンバイ完了!>

<さらに税込み23円の飲料や
マスクなど>

<激安商品を入り口に陳列>

<一人でも多くの人を
店に引き込みます>

<そして 集客の強力な武器として>

<採算度外視の超値引き品も>

<それが この>

<メーカー希望小売価格が
3万円以上なのに>

<なんと 2222円>

持ってるんですよ あの美顔器

<さあ 目標の売り上げ30万円>

<達成できるんでしょうか?>

<午前10時 新店舗がオープン>

あっ 全然
お店いい感じになってるじゃん

<この日は あいにくの雨に>

<ところが…>

≪いらっしゃいませ

<オープンと同時に>

<続々と
お客さんが流れ込んできました>

これ買うもん 絶対買うもん

すげえ すげえ すげえ
すごい並んでる

<1分もたたないうちに
大行列です>

<皆さんのお目当ては…>

(スタッフ)リファ狙い?
はい

<そう 破格の安さで販売した>

(スタッフ)あっ お孫さんに?

絶対 喜びますよ

私は もう こんなね
しおれてるから…

<50個 用意していた美顔ローラーが>

<あっという間に売れていきます>

<実は
事前にSNSで目玉商品を告知>

<その作戦が成功したようです>

<一方
本多さんが厳選した目玉商品>

<お米は どうでしょう?>

モリモリ展開が

<狙いは的中>

<お客さんが
どんどん手に取っていきます>

いや これ 買うよ

買いますよね~
うん

≪お米は 2個で

≪ハハハ… 重たい… 重たい…

ああ~ 持てない

<そのあとも
ペースは衰えることなく…>

すごい売れる
あっ あっという間だ

全部 売れちゃうんじゃない?

<初日だけで 用意した数の
半分以上が売れました!>

<そうして順調に
売り上げを伸ばす中>

<レジでトラブル発生!?>

<お店の規模も小さいため>

<レジは1台で足りると
考えていましたが>

<想像以上の混雑で>

諦めちゃう人いるもんね
確かに 確かに

<このピンチにも 本多さんは>

こっちで とりあえず
ちょっきし持ってる人やったら…

分かりました

<店にあった予備のレジを
すぐさま設置>

<すると
レジ待ちの行列も少しずつ減り>

<混雑が緩和されました>

<そして オープンから4時間>

<もう一つの目玉商品 ティッシュが>

<すると本多さん 最後のひと押し>

<本多さん 関西のお店でならした
フレンドリーな接客で>

<商品をすすめます>

「これ安いと思うよ」

<山積みだった
目玉商品の箱ティッシュ>

<初日分の76個を
見事に売り切りました>

<そのあとも 閉店間際まで
客足は途絶えず>

<オープン初日が終了>

<果たして
目標金額の30万円に届いたのか?>

目標30万に対して 結果…

7月1日 川崎港町支店
初日オープンの税込み売り上げ結果

目標30万に対して 結果…

100万5575円

ええ! ええ~
マジで!? マジっすか!?

すごっ!
100万 売ったの?

<念願の関東進出に向けて
見事なスタート>

<本多さん お疲れさまでした>

(本多)私的には やっぱり
やったことのないことに

挑戦していくっていうので
ホントに日々

それに ついていくのも
いっぱいいっぱいなんですけど

でも それ以上に多分
楽しいがあるのかな

っていうふうには思いますね

あの
すごい しんどいんですけど

楽しいです やっぱり

でも これから来るんじゃない?

客層にも ホント合ってましたよね

一人暮らしとかにも
最適じゃないですか?