BACKSTAGE[解][字]【ノンアル市場を拡大!意外と知らない『マーケティング』】…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

BACKSTAGE[解][字]【ノンアル市場を拡大!意外と知らない『マーケティング』】

ノンアルコールビールテイスト飲料を広めるために奮闘するマーケティング担当に密着!お酒売り場でチェックするのは、我々消費者が思いもよらないポイントだった!

番組内容
「若者のビール離れ」が進むなか、健康志向もあり「ノンアル飲料市場」は拡大中。 狙うは今とばかり、ノンアルコールビールテイスト飲料を広めるために奮闘するマーケティング担当に密着!意外と知らない「マーケティング」のお仕事に迫る。
番組内容2
華やかに聞こえる仕事だが、社内外を繋げ、調整するために会議を1日最大8件こなすハードな日々。 商品を選んでもらう、「最後の一押し」をするため、お酒売り場でチェックするのは、我々消費者が思いもよらないポイントだった! そしてポスターやCMへの妥協しない徹底的なこだわりに、消費者へのヒアリング、人気企業とのコラボなど、市場を拡大させるため試行錯誤する日々を追う!
番組内容3
◆意外と知らない「マーケティング」のお仕事とは!? ◆会議は1日8件!華やかなイメージが一転・・・ ◆試行錯誤の連続!思ったよりヒットしなかったノンアル飲料、その理由は? ◆ポスター&CM制作の裏側。商品を選んでもらう、その極意は!? ◆人気企業とのコラボ。一体何をする?
主な出演者
【MC】武井壮 【ゲスト】高田秋 【ナレーター】花澤香菜 ほか
みどころ
番組の主役は「仕事」を愛するすべての人たち! 世の中の最先端のお仕事から、ちょっと変わったニッチなお仕事まで、さまざまな“働く人”たちに密着! 働く人たちにさまざま企画に“挑戦”してもらい、その道のプロならではの「こだわり」や「仕事愛」を描き出す、“お仕事エンターテインメント”!
キーワード
仕事 挑戦 裏側 密着 バクステTV 舞台裏 仕事愛 こだわり ツイッター 働く 応援 武井壮 花澤香菜 高田秋 マーケティング ノンアルコールビールテイスト飲料 ノンアル ノンアル飲料 CM ポスター
番組HP
https://hicbc.com/tv/backstage/
おことわり
番組内容や出演者、放送時間などは都合により変更となる場合があります。

ジャンル :
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般
ニュース/報道 – 特集・ドキュメント
福祉 – 音声解説

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 斎藤
  2. 商品
  3. マーケティング
  4. オールフリー
  5. お願い
  6. チェック
  7. ノンアルコール飲料
  8. ビール
  9. 仕事
  10. カイ
  11. サイズ
  12. デザイン
  13. 意見
  14. 会議
  15. 景品
  16. 実際
  17. 消費者
  18. 成分
  19. サントリー
  20. ノンアルコールビールテイスト飲料

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



TBS
created by Rinker
エンスカイ(ENSKY)

<私達の生活の
BACKSTAGEには>

<いつも懸命に働く人達が>

<連日 暑さが続きますよね>

<そんなとき
やっぱり 飲みたくなるのが>

<ビール!>

(高田)飲みたいな~
(武井)飲みたい

オープニングから飲みたい

<でも 実は これ>

<今回は そんな
ノンアルコール飲料を売る>

っていうような市場なので

伸ばし放題じゃないっていう

<売り場に置かれた様子を
チェックしたり…>

<消費者の声を聞いたり…>

うんうんうん なるほど

<商品のために 全力投球>

<に迫ります!>

<たくさんの種類が並ぶ>

<そこで
何やら ジーッと見つめ…>

<首をかしげる1人の女性>

<今度は
商品から離れて見ています>

<実は 彼女>

<サントリーで働く
斎藤圭世さんです>

<サントリーの
ノンアルコールビールテイスト飲料といえば>

<「オールフリー」>

<斎藤さんが携わっているのは>

<内臓脂肪を減らす効果が
期待できる成分を配合した>

<「からだを想うオールフリー」>

<その商品の
マーケティング担当として>

<働いています>

<でも
マーケティングというお仕事>

<よく耳にしますが
実は よく分かりませんよね?>

マーケティングって 何する人か
知ってました?

何か
よく耳にはするじゃないですか

で 自分も
よく マーケティングとか使うけど

実際のところ
そこまで分かってなくて…

まあまあ
ざっくり言うと そうでしょうね

ざっくり そんな感じ

<今 日本では
若者のビール離れなどで>

<年々>

<その反面>

<そして 最近では
新型コロナの影響で>

<自宅飲みの機会が
増えたことに加え>

<健康への意識も上昇>

<さらに 飲食店で
お酒を出せなくなったため>

<外でノンアルコール飲料を飲む人も
増えたといいます>

そっか お酒 提供できなくても
ノンアルはいいんだ

いいんですよ
よく飲んでます だから

<今 ノンアルコール飲料を飲む人が
増えていますが…>

っていうような市場なので

<そう 日本では>

そういう意味では もう
伸ばし放題じゃないっていう

<これを伸ばしていくのが
斎藤さんの使命なんです>

<まずは>

<やって来たのは ドン・キホーテ>

<斎藤さん お酒売り場に直行です>

<一見 普通に並んでいる商品>

<でも 斎藤さんは>

<私達が全く意識しないところを
見ていたんです>

<マーケティングにおいて>

店頭で見たときに
やっぱり この…

お店って
どうしても プライスポップ…

っていうのが
お店に来ると そうだなって

改めて やっぱり 思ったときに

下が隠れても 内臓脂肪を減らす
っていう機能とか

そういうものが分かるように
っていうのは配慮しているので

そこは ちゃんと やっぱ
目立つようになってるなとか

っていうのを 改めて思ったりとか

<実際に お店に並べられると
商品の見え方が変わるといいます>

<その細かい違いを
チェックしているんです>

<そして こちらも
よく見かける>

<これも
私達とは見るところが違いました>

オールフリーの こっちの方も

どちらかっていうと これは

っていうのを
出してるんですけど

もしかしたら 少し

(斎藤)まあ この辺は チームで

議論とかしてもいいのかなとは
思います

<周りに比べインパクトが弱いと
感じた斎藤さん>

ちょっと
さっぱりしすぎな感じなのかな

あ~ そう言われてみれば

やっぱり
店頭で こう たくさん

と思うので…

「選ばせる」ってことだもんね
お客様に

<斎藤さん 今度は>

<オールフリーの売り場から
ちょっと離れたところへ>

(斎藤)
何か これとかは やっぱり

とか すごいあるので

何か こういう
氷がギチギチのやつって

と思って

参考になるというか

<ノンアルコール飲料以外でも>

<ヒントになりそうな商品を
チェックします>

<さらに 向かった売り場が…>

<んっ?>

男性が飲む場合も やっぱり

の方だったりとかするので

やっぱり

っていうことは…

おしゃれ着用洗剤とかも

昔は 何か
こんなポップなデザインじゃなかったけど

飲み物は すぐ飲んじゃって
缶 捨てちゃいますけど

洗剤は やっぱり 家に
置いとくものだったりするので

何か
デザインとかに 結構 こだわり…

置いといてもいいデザインとかに
してるんだなとかっていうのは…

<様々な商品を見て
パッケージのデザインなどの>

<アイデアを蓄えているそうです>

ああいうのって 全部
そういう工夫から生まれてんだね

<実は
斎藤さんが ここに来たのは>

<ある重要なものを
チェックするため>

<それが…>

(斎藤)なるほど

<商品を買うと付いてくる
景品です>

<この日は こちらの>

<景品は
オリジナルタオルのようですが…>

<マーケティングの斎藤さんは>

<どんなところを
チェックするんでしょう?>

何か でも 思ったより あれですね

<斎藤さんが気になったのが>

<この景品
タオルが4種類ありますが>

<箱の上の帯の色で>

<どのタオルが入っているか
見分けがつくようになっています>

<でも…>

そこまで そんな 差が…

もうちょっと やっても
よかったかなっていうのは…

チームに持ち帰ろうかなと
思いました

<こんな 現場での気づきは
すぐに 次の企画に生かします>

<こちらは 今年の秋に行う>

<「休肝日をオールフリーを飲んで
楽しもう」>

<というキャンペーン用の
景品の小皿>

<ここで
先ほどの箱の見え方を参考に…>

そんな感じは 確かにするかも

<斎藤さん>

<箱と小皿のわずかな色の違いが
気になった様子>

やっぱね

はい
うん これの方向で

<こうして
商品の魅力を伝えるため>

<細部まで徹底的にこだわるのが>

<マーケティングの仕事なんです>

<一口にオールフリーといっても>

<様々な種類が!>

<常に
新しい商品を考えるためにも>

<現場で感じたヒントは重要です>

<ちなみに 過去に作った
ノンアルコールビールテイスト飲料は?>

…とかっていうのを 結構

限定で出したりとかも
してたんですけど…

<でも 中には>

<も あるそうで…>

<ということで ここで クイズ!>

<当時は 画期的なアイデアとして
話題になったものの>

えっ?
「何? これ」ってこと?

紙パックの

はい!

あ~

<正解は…>

透明なノンアルっていうので

それは オフィスでの会議とかに

気兼ねなく飲んでいただく
っていうようなチャレンジ

オールフリー オールタイム
っていうものも発売したりとか

あんまり
うまくいかなかったですね

っていう方が やっぱり
まあ 多かったですし

<という画期的な発想でしたが>

<やはり>

<は高かったようです>

<続いては>

<マーケティングとは 商品を開発し>

<そのブランドイメージを決め>

<販売戦略を立てるまで>

<商品に関わること全てを>

<統括するお仕事>

<そのため 関係部署と>

<様々な
やり取りをしなくてはならず>

<1日8件もの会議を>

<行うこともあるんです>

「あの部署は」みたいなのが
全部 私を通していくので

何か…

周りから見たときの
マーケティングのちょっと華やかな…

っていうギャップは
確かにありましたね

俺 マジで… マジで 俺も

3本 番組撮って 2本 ラジオやって

3本 会議で みたいな
やば~い!

ホントに 色んなこと
決めなきゃいけないの

大会を いつどこで…
で 会場をどうするか

どんな装飾にするか
選手の強化は

どういう予算使って
どういうふうにするか

あと PRをどうしていこうかとか
マーケティング?

なあ ホント完全なマーケティングよ
マーケティングじゃないですか

マーケティングの
今 トップにいるのよ

<仕事は会議の連続>

<でも この日は>

<実際の消費者と
向き合うようです>

お願いします 本日担当します
斎藤です よろしくお願いします

<実は 斎藤さん
定期的に消費者の方から>

<生の意見を
聞くようにしています>

<答えていただくのは>

<ノンアルコール飲料を飲む
習慣のある男女>

そうですね はい

そうです はい
(斎藤)うんうんうん

<なぜか 商品の味とは>

<関係ないことばかり
聞いていますが>

<これが重要だといいます>

<そう 大事なのはライフスタイル>

<日頃 どんな場面で飲んでいるか
聞くことで>

<消費者の求める>

<ノンアル飲料のあり方を
探っているんです>

<ちなみに 味について
意見を聞いてみると…>

私自身の味覚でいえば

<人によって 全く感想が違います>

<感じ方は人それぞれなので>

<色んな人から聞くことが大事>

<そこで…>

お願いしま~す

こんにちは カイ・ティーレです

<番組でお願いした協力者で>

<出身は>

<ドイツは ビール消費量に占める>

<低・ノンアルコールビールテイスト飲料の割合が>

<世界最高の11.8パーセント>

<これは 日本の倍以上で>

<知る人ぞ知る
ノンアル大国でもあるんです!>

ドイツ人は もう ビールの
すごい細かい味とか

<そんなカイさんに
話を聞いたあと>

<実際に飲んでもらい>

<味について本音を聞きます!>

えっと…

僕は もう ビールがメインで
あとは ちょっとジンとか

白 赤ワインとかも
飲んだりするんですけど

ビールが結構メインですね

<ビールは大好きだという
カイさんに対して>

<斎藤さんから…>

ありがたいなと思うんですけど

<いよいよ
ドイツ出身のカイさんに>

<その感想は…?>

うん えっとね 味が薄いですね
あ~ そうですよね

味が薄くて 何か

(斎藤)あ~ なるほど

…ではないですね

<なかなか厳しい意見が
出ましたが…>

って言っていただけたのは

みたいなところは…

っていうのは
少し 兆しとしては

ありがたいなと思いました

<続いては>

<斎藤さんは 商品のCM制作や>

<店舗に置くポスター作りなど>

<広告に関わる仕事も行います>

<この日は
ある新発売の商品の>

<ポスターの打ち合わせ>

<「からだを想うオールフリー」の
ロング缶です>

<通常 ロング缶といえば>

<缶を大きくして
中身を増やすだけですが>

<斎藤さんの担当する
この商品の場合>

<かなりの苦労が>

(斎藤)機能性表示なので

<内臓脂肪を減らす成分は>

<350mlで 1日の適量となるように
作られています>

<なので 単純に量を増やすと>

<成分がオーバーしてしまう>

<体には問題ないものの>

<1日の適量を
守りたいということで>

<中身の成分バランスを
調整したんです>

<さらに>

そうなの? 別ラインじゃないの?

<そう
オールフリーを製造する場合>

<既存のビール製造のラインを
一度 止めなければならず>

<一筋縄ではいかないのだそう>

<そうして 工場 成分 販売店まで>

<全ての問題をクリアして
生まれた ロング缶>

<どんなポスターで
売り出すんでしょう?>

<ポスター案は
大きく分けると3パターン>

<それぞれサイズを表す
キャッチフレーズが違っています>

<500mlという容量を>

<しっかり明記したもの>

<こちらは
それを「満足サイズ」と表現>

<ストレートに
「大きいサイズ」と表したものも>

「満足」 ちょっと違うね

どれぐらい? って
なっちゃうのかな

<果たして 斎藤さん>

(斎藤)呼び方に関しては

おっきい文字で500ミリ缶出たよ
っていう必要は

何か あんまりないかも

「満足」も

<やはりサイズを表す言葉を
どれにするか迷っているようです>

<短いひと言ですが>

<斎藤さん 迷ったときには>

<ある原点に立ち返るといいます>

<そう 大事にしているのは>

<ブランドイメージの
一つ 「ゆるさ」>

っていうところを…

ひと言で言うと「免罪符」なんです

<そして
斎藤さんが選んだのは?>

「大きいサイズ出た!!」ぐらい
シンプルに言っても

そんな
伝わらない感じもないし

なと思ったので

<この日は コンセプトに近い>

<「大きいサイズ」というコピーを
第一候補に>

<改めて社内で検討することに>

<でも たくさんの意見を
一つに絞るって 大変ですよね?>

<自分の直感を信じて
仕事をする斎藤さんですが>

<実は サントリーには>

<中途採用で入社したそう>

<転職の理由を知るため
向かったのが…>

こんにちは
(スタッフ)よろしくお願いします

お願いします

<斎藤さんのご自宅>

おしゃれな
ねえ

<中で待っていたのは…>

(スタッフ)よろしくお願いします
お願いします

<ご家族です>

<実は この>

何か すごく

みたいなことを

すごく現実をもって
考えたときに

何か

<それまで 仕事ばかりだった人生>

<家族との時間も大切にしようと
転職を決意したんです>

<ちなみに
旦那さんとは>

<でも 今は…>

ああ 同じ会社なんだね
同じ会社だ

<斎藤さんに触発されて>

いや ホントに

俺 やだ
え~!

子ライオンぐらいになります はい
弱くなるんですか?

<続いては>

<この日
斎藤さんが向かった場所は…>

こちら

<コロナ禍の
自粛期間で>

<利用客が
急増している 出前館>

<実は ノンアル市場を
拡大するための>

<ある秘策を
これから行うといいますが…>

<一体
どういうことなんでしょう?>

<少しでも ノンアルコール飲料に
触れてほしい!>

<そのために 今日も
マーケティングの斎藤さんは>

<考え続けています>

(斎藤)色んな人の力を
借りているので

先ほどのデザイン化しかり
なので 形になって

なって ホッとしたな
っていう気持ち

何かね やってみたいなと思った

今 ちょっと それをやってるから
フェンシングで

そうですよね フェンシングだ
そう だから勉強になるし

もう負けたくない

オールフリーよりフェンシングを
売ってやろうと思った

頑張ります
競合でした 競合他社です