BACKSTAGE[解][字]2歳のイルカをショーデビューさせる!イルカトレーナーに密着…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

BACKSTAGE[解][字]2歳のイルカをショーデビューさせる!イルカトレーナーに密着

水族館の2歳のイルカに演技を教え、ショーデビューさせるトレーナーに約3ヵ月間密着。言葉が通じないイルカに、どうやって一から演技を教えるのか?間違いを正す方法は?

番組内容
水族館の花形といえば、イルカショー!その舞台裏を大公開! 2歳のイルカ・ミント君に演技を教え、ショーデビューさせるトレーナーに約3ヵ月間密着。 言葉が通じないイルカに、どうやって一から演技を教えるのか?遊びたい盛りで集中力が続かないミント君。根気よく向き合い「間違い」を正す方法とは? クライマックスはハイジャンプ!お客さんの前で成功するのか?
番組内容2
◆水族館の花形「イルカショー」その舞台裏を大公開 ◆2歳のイルカをショーデビューさせる!トレーナーに密着! ◆言葉が通じないイルカに演技を教える方法は?間違いを正す方法は? ◆遊び盛りで集中力が続かないイルカ、問題山積みの日々でも前を向くトレーナーの思いとは ◆クライマックスは「ハイジャンプ」。お客さんの前で無事成功するのか?
主な出演者
【MC】武井壮 【ゲスト】貴島明日香 【ナレーター】花澤香菜 ほか
みどころ
番組の主役は「仕事」を愛するすべての人たち! 世の中の最先端のお仕事から、ちょっと変わったニッチなお仕事まで、さまざまな“働く人”たちに密着! 働く人たちにさまざま企画に“挑戦”してもらい、その道のプロならではの「こだわり」や「仕事愛」を描き出す、“お仕事エンターテインメント”!
キーワード
仕事 挑戦 裏側 密着 バクステTV 舞台裏 仕事愛 こだわり ツイッター 働く 応援 武井壮 花澤香菜 貴島明日香 イルカ イルカショー トレーナー 訓練 しながわ水族館 ハイジャンプ
番組HP
https://hicbc.com/tv/backstage/
おことわり
番組内容や出演者、放送時間などは都合により変更となる場合があります。

ジャンル :
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般
ニュース/報道 – 特集・ドキュメント
福祉 – 音声解説

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 渡邉
  2. ミント
  3. イルカ
  4. 演技
  5. ターゲット
  6. トレーナー
  7. ショー
  8. タッチ
  9. メートル
  10. 練習
  11. ハイジャンプ
  12. デビュー
  13. ジャンプ
  14. ショーデビュー
  15. ホイッスル
  16. ボール
  17. 間違
  18. 頑張
  19. 合図
  20. 水族館

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



TBS
created by Rinker
ノーブランド品

<私達の生活の
BACKSTAGEには>

<いつも懸命に働く人達が>

<楽しい夏休み!>

<たくさんの家族連れが
待っているのは…>

(ホイッスルを鳴らす)

<水族館で一番の人気イベント
イルカショー>

<お客さんに挨拶したり…>

<フラフープを回したり>

ホントに
一から…

<そんなイルカに
演技を教えているのが…>

まだ行かないで まだ行かないで
まだ行かない

<イルカトレーナーです>

<今回は 子供のイルカを>

<ショーデビューさせるまでの
日々に密着>

<クライマックスは
垂直にとび出すハイジャンプ>

<ですが…>

<自由すぎるイルカに大苦戦!>

<まだ子供のイルカ
無事 デビューさせられるのか!?>

<ある水族館のプールで…>

<一生懸命 イルカに
ヒレを振らせようとする女性が…>

(ホイッスルを鳴らす)

<彼女は イルカショーのための
演技を教えているトレーナー>

<キャリア13年の
渡邉果南さんです>

<渡邉さんが働くのは
東京 品川区にある>

<しながわ水族館>

<1991年にオープン>

<22メートルの
巨大トンネル水槽と>

<開館当時は
都内唯一だったイルカショーで>

<今も多くのお客さんを
集めています>

<現在 この水族館で
飼育中のイルカは4頭>

<その中の1頭 バニラが
おととし産んだのが…>

<2歳のオス ミントです>

<実は イルカの繁殖は
とても難しく>

<多いため>

<2歳まで元気に育っただけでも
すごいことなんです>

<そんなミントが生まれる瞬間の
貴重な映像が こちら>

あら~ かわいいね

生まれたときからイルカですね

うん
ねっ

<泳ぎながら
おっぱいを飲んでいます>

え~ ミルク飲んでるの?
すご~い

ああやって 母乳飲むんだね
ねえ

「ママ ちょっと速い 速い!」
みたいなことになるのかな?

<そんなミント
今年の7月17日に>

<ショーデビューが決定!>

<しながわ水族館で生まれた
イルカがデビューするのは>

<実に18年ぶり>

<まさに>

<ミントが生まれたときから
世話をしている渡邉さんも>

<気合が入ります>

イルカショー どうですか?
大好きです

何か 1回ぐらい調べません?
ちょっと なりたいなみたいな

まあね

サーカスの入団希望とか
調べたりしたことありますよ

やらなかったんですね でも
まあ

<子供のイルカを
ショーデビューさせる>

<デビューまで2カ月半>

<ミントは どのくらい
演技できるんでしょう?>

<ヒレをパタパタ>

<手のひらにタッチ>

<演技は まだまだ>

<ショーのレベルには
達していません>

<さらに…>

<すぐに どこかへ行っちゃいます>

<ミントは まだまだ
遊びたい盛りの>

<やんちゃ坊主なんです>

<でも そもそも トレーナーは>

<どうやって イルカに
演技させているんでしょうか?>

<渡邉さんの手に注目>

<合図を出しています>

<実は イルカは
人間の声が聞こえにくいため>

<手の合図を使って
演技させるんです>

<そして 演技がうまくできると…>

<ホイッスルを鳴らし
餌をあげて 褒めます>

<ホイッスルは音が高いので>

<イルカの耳にも届くそうです>

<こうして 「うまくできれば
褒めてくれて 餌がもらえる」と>

<イルカに覚え込ませるんです>

<こんなトレーニングを繰り返し>

<言葉が通じないイルカに
演技を教える>

<ただし 集中力が続かないため>

<訓練は1日30分だけ>

<あとは 信頼してもらうため…>

(渡邉)できるだけ

っていうことですかね

ようにするというか

<今回
ミントがデビューする舞台は>

<8分ほど>

<4頭全てで行うショーです>

<その最大の見せ場が…>

すげえ!
うん

<この>

<ショーの中でも
一番盛り上がる演技>

<もちろん ミントも
これができなければ>

<ショーに出ることは
できません>

<デビューまで
およそ2カ月の5月8日>

<ミントが 初めて
ハイジャンプの練習をします>

<ハイジャンプとは
5メートルほどの高さにつられた>

<「ターゲット」と呼ばれる
赤いボールをタッチする技>

<でも 最初から
そんなに高くは跳べないので…>

までは
上げれたらなと思うので

<まずは
2メートルのジャンプが目標>

<どうやって
練習するんでしょう?>

(トレーナー)はい
お願いします

<渡邉さんの後ろに>

<ターゲットを持った
別のトレーナーが立ちました>

<そして…>

<後ろの人が一歩前へ>

<少し時間をおいて…>

はい お願いしま~す

<もう一歩前へ>

<さらに時間をおいて…>

はい

<また一歩前へ>

<何をしているんでしょう?>

っていうことから
始めました

<実は ハイジャンプで
タッチするターゲットを>

<ミントが間近で見るのは
今日が初めて>

<ボールを怖がって
触るのを嫌がることもあるので>

<まずは
慣れさせるところから始めます>

<徐々に近づけていきますが>

<ミントは 怖がっていない様子>

今日 初めて
近くで見せたんですけど

って感じですね はい

<ターゲットに慣れたら
次は触れることを教えます>

<渡邉さんは…>

<ミントの口を
指で誘導しています>

<あっ タッチしました!>

(渡邉)上手~! いいじゃん

<これで ボールに口で触れる
という基本動作ができました>

<でも
トレーナーの近くで演技するのは>

<まだまだ初歩>

<離れたところで
同じように演技させるのは>

<かなり難しいそうです>

<ということで 渡邉さん>

<今度は
離れた場所のターゲットに>

<触らせる練習を始めます>

<ミントの口に触るのが
ターゲットに向かうサインです>

<今回も 少しずつ 少しずつ>

<距離をのばしていきます>

<そして…>

<渡邉さんとターゲットの距離>

<およそ5メートル>

いきま~す

(ホイッスルを鳴らす)

よ~し よし

うまくいってますね
だいぶ進んでますね

<離れたターゲットに
タッチできたら>

<いよいよ 上からつるして
タッチさせてみます>

(トレーナー)あっ オッケーです

えい 行ってこい

行ってきて

えっ どこ?
どこ? どこ?

(渡邉)ハハッ 頑張れ!

<なかなか触ろうとしません>

<水中の様子を見てみると…>

迷ってる

う~ん
あ~ 迷ってる

警戒心 強いんだ
うん

そこは やっぱ

<さっきまでタッチしていたのに>

<なぜ 急に
触らなくなったんでしょう?>

(渡邉)
そんなに怖がってなかったので

大丈夫かなと思ったんですけど

下から

<実は ターゲットの>

<赤いボールを下ろしていたとき>

<ミントは その真下にいました>

<水の中を見てみると>

<かなり警戒していることが>

<分かります>

<そこで 今度は>

<ミントが見ていないうちに
ターゲットを下ろして>

<練習を始めると…>

はい 行ってこい

頑張れ~!
頑張れ!

(貴島・武井)お~!
(渡邉)よっしゃ!

<ちゃんと うまくできました!>

<練習を繰り返し
ボールを怖がることなく>

<タッチできるようになった
ミント>

<あと もう少し!>

<…と思ったら
ここで 別の問題が>

<渡邉さん 待つように
合図を出していますが…>

<それを無視して ターゲットに
向かってしまいました>

<渡邉さんの合図を
待てなくなってしまった ミント>

<水面を叩いて
呼び戻そうとしても…>

<ミントは
全く言うことを聞きません>

(渡邉)まあ 何か

(渡邉)ショーデビューで
最低ラインとしては

ずっと ショーの間
トレーナーに追従して

参加することなので

<そう サインを待つのが>

<ショーでは 最も大事なこと>

<ショーは 4頭で行うため>

<1頭だけ違うタイミングで動くと>

<決まった構成の流れが
狂ってしまい>

<失敗してしまいます>

<だからこそ きちんと間違いだと>

<教えなくてはなりません>

<でも 相手は
言葉が分からないイルカ>

<間違いを正すのは
かなり大変なんです>

<…と ここでクイズ!>

<イルカに間違いを教えるため>

<渡邉さんは
何をしていると思いますか?>

泣く? ぴえん?

ぴえんすんの?
ぴえん

あっ 背中に隠す 手を

もうあげないよって
するってこと?

俺は もう何か

「もうあげません」みたいな
そんなことする子には

もうあげません

<正解は…>

<ミントが
言うことを聞かないと…>

(渡邉)
まだまだ まだまだ 押さないで

<少し後ろに下がりました>

(渡邉)種目が
ちょっとダメだったときとかは

「ダメだよ」って さっき
ちょっと下がって 表現する形で

直して 理解してもらうんですけど

<そう
この 後ろに下がるという動作が>

<間違いを気づかせる方法>

<いつもは
待ってくれているトレーナーが>

<どこかに行ってしまう>

<知能の高いイルカは>

<これで 「自分は
間違ったことをしている」と>

<理解するんだそうです>

そうですね じゃあ もう

みたいな

<でも ミントは
なかなか言うことを聞きません>

<渡邉さんとの
根比べです>

動物は飼ってる?
ああ 私 猫を2匹

シンガプーラっていう猫の種類で

男の子なんですけど

性格は? やんちゃ?
やんちゃなのと おっとりな

基本的に
しつけができなくて

自分の好きなように
思ったまま…

自由?
自由に… でも

そこが また いいんですけど

<渡邉さんは
トレーニング以外にも>

<様々な仕事をしています>

<この日 伺うと
何やら重装備>

<一体 何をするんでしょうか?>

<すると…>

<突然 プールの水が
大きく波打ち始めました>

<そして…>

<水位が
どんどん下がっていきます>

<およそ1時間半後>

<プールの水が
全部 抜けてしまいました!>

<その量>

<実は この日は
年に3回の イルカの>

<高さ3.5メートル>

<面積およそ150平米の
巨大プールを>

<スタッフの手作業で
掃除するんです!>

<ひたすら ブラシでこする!>

ので 掃除できれいにしてます

<この作業を1時間半>

きついっすね 腕も

<他にも>

<など 仕事は盛りだくさん>

<そして イルカの>

<も行います>

<こちらは体温測定>

(渡邉)直腸で

(スタッフ)人間と同じ…
そうです フフフフ

<実は イルカは
外敵に襲われないように>

<体調が悪くても
隠す習性があります>

<だから トレーナーが
体調を細かくチェックし>

<不調に気づくことが
重要なんです>

<こうした仕事と並行して>

<ショーのトレーニングを
進めていきます>

<前回は 合図を待たずに>

<動きだしてしまっていた
ミント>

<渡邉さんは 待つことを>

<教えられたんでしょうか?>

<待たずに行っちゃいました>

<まだ 苦戦しているようです>

なかなか ミント 覚えないね

<そう ミントは遊びたい盛り>

<そこで 渡邉さんは>

<あえて ハイジャンプではない>

<別の演技の練習を始めました>

<同じトレーニングを
ずっと続けると>

<幼いミントは
飽きてしまいます>

<そこで
様々な練習を挟むことで>

<集中させようと考えたんです>

うん なるほどな
へえ~

<このように
イルカの性格に合わせて>

<トレーニングを進めることが
重要だといいます>

それ やっぱ 人間も一緒だね

<そして 再びハイジャンプへ!>

(渡邉)はい~

はい 頑張れ

(渡邉)オッケー

<渡邉さんの指示を待って
ジャンプできました!>

イエス イエス!

<しっかり集中しているミント>

<実は 貴島さんも
集中力を高めるため>

<毎朝している
ことが…>

へえ~
しかも

実演してもらっていいですか?

エレベーターの中
番組前だと思って

どれぐらいの何をするか ちょっと

実演してもらってもいいですか?
はい

あー! あー! あー!

すごい! そんなに?

やっぱ 朝 眠いんですよ 正直

でも やっぱ 声をね…

え~ 聞きたくなかった!

<デビューまで残り1カ月>

(渡邉)出しま~す ほい

<渡邉さんの指示を待って>

<2メートルまで
なんとか跳べるようになりました>

<でも ここからが大変>

<ジャンプを調整しながら
他のイルカと合わせて>

<ショーの通し練習を
繰り返します>

<日々 ミントの訓練に
力を注ぐ渡邉さん>

<イルカのトレーナーになることは>

ず~っと 何か

っていう夢が
あって

<大好きなイルカと働く夢を
かなえた渡邉さん>

<でも あるきっかけで>

<それまでとは違う思いも
芽生えたといいます>

<それが 働いて間もない頃に
目の当たりにした>

<イルカの死>

というか
こう 衝撃というか

こう グッとくるものがあって

って思ったときは
ありましたね

でも

っていう方に こう
気持ち的には

切り替えたから

頑張ってやろうって
思えたのかなって

<「イルカが好き」という思いから
始めた>

<トレーナーの仕事>

<でも 元気に育てるには
愛情だけでなく>

<時には冷静に
細かいことに目を配ることも>

<重要だと気づいたんです>

<そして デビュー当日>

<実は ミントのジャンプが
かなり成長したということで>

<ターゲットの高さを>

<2メートルから
3メートル70センチの高さに>

<上げることにしました>

高えよ 倍ぐらいになってるよ
ねえ 倍ぐらいになってる

<果たして 本番でハイジャンプを>

<成功させられるんでしょうか?>

<いよいよ ショーの開幕です>

<まずは ミントの
先輩達がジャンプ!>

<そして…>

皆さ~ん こんにちは~!

<先輩達と
息の合った演技ができました>

<さらに…>

<自己紹介も うまくいきました!>

<先輩イルカ達が
次々と演技を披露する中>

<ミントは しっかりと>

<渡邉さんの指示を待つことが
できています>

偉いな 待つのもすごいんですね

<そして いよいよ
ミントの>

<うまくいくんでしょうか?>

<ショーデビューの
ミントの>

<果たして…>

元気いっぱいに…

決まった~!

<大成功です!>

<でも まだ
スタートラインに立ったばかり>

<これからも 渡邉さんとミントは>

<パートナーとして
一緒に成長していきます>

小さいことからやっていくのが

すごい大切なんだなって
めっちゃ思いました

無理させてないなっていう

で 集中できたときに
よしよしって褒めてあげて

あっ これやると楽しくなるんだ
って思わせてあげる