NHK地域局発 知るしん「笑顔がつないだ鉄路 開業100年 上田電鉄別所線」[字] …の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

NHK地域局発 知るしん「笑顔がつないだ鉄路 開業100年 上田電鉄別所線」[字]

祝・開業100周年!その歴史を支えたのは、この路線を愛する地元の人々だ。列車が走るのどかな田園風景や、鉄道ファン必見の貴重な資料も交え、別所線の魅力を再発見!

番組内容
6月17日に開業100周年を迎えたローカル鉄道・別所線。おととしの台風19号でシンボル「赤い鉄橋」が崩落。新型コロナの影響で、利用客が大幅減少。相次ぐピンチを救ったのは、沿線の人々だった!募金や署名を集めた地元の学生、鉄橋の復旧を撮り続けた写真家、沿線を盛り上げようと奮闘する酒蔵の杜氏。そしてあのユーミンも!別所線を支えた人々の、“熱い想い”に迫る。ナレーションは、東御市出身の俳優・丸山智己さん
出演者
【語り】丸山智己

ジャンル :
趣味/教育 – 旅・釣り・アウトドア
ドキュメンタリー/教養 – 歴史・紀行
バラエティ – 旅バラエティ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 別所線
  2. 鉄橋
  3. 若林
  4. 岡田
  5. 金井
  6. 鉄道
  7. 崩落
  8. 沿線
  9. 開業
  10. 学生
  11. 丸窓電車
  12. 撮影
  13. 魅力
  14. お酒
  15. レトロ
  16. 家族
  17. 植田
  18. 大正時代
  19. 地元
  20. 風景

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



NHK
created by Rinker
エンスカイ(ENSKY)
¥562 (2021/09/27 20:10:00時点 Amazon調べ-詳細)

<今回の「知るしん」
主役は こちらのローカル鉄道>

<今月 おんとし100歳を迎えるそうです。
おめでとうございます!>

<別所線が産声を上げたのは 大正時代。

レトロな車両に 着物姿のお客さん。

千曲川の鉄橋も
このころから あったんですね~>

<でも この100年には
いろんな苦労があったとか。

廃線の話が出たり…

豪雨で 鉄橋が崩落したり…

今は 新型コロナウイルスの影響で

お客さんが
大幅に減ってしまってるんだそうです>

<そんな つらい時に助けてくれたのが
地元の人たちでした>

ありがとうございま~す。

<別所線の魅力を
動画で 全国に発信し続ける人>

ゆっくりで いいですからね。
はい!

<地元の農家と 取って置きの日本酒を造り
沿線地域に活気を生み出そうとする人>

<多くの人たちの 熱~い思いが
この鉄道を 長年 支えてきたんです>

<ピンチを救った人の中には
あの大物シンガーも!>

<今日も 信州を走り続ける別所線。

さあ 一緒に この鉄道を愛する人々を
訪ねに出かけましょう>

本線よし! ホームよし! 進路異常なし!

いや~ 懐かしい風景ですね~。

この番組のナレーションを担当するのは 私
俳優の丸山智己です。

私は 上田市のお隣
東御市が ふるさとなので

子供の頃 家族で よく
別所線を利用させてもらいました。

<昨年1月にも
この「知るしん」の撮影で

久しぶりに別所線に乗って
旅をしたんですよ>

いよいよ 出発しましたね。 ハハハッ。

<別所線は
このレトロな雰囲気も魅力です。

こちらの駅舎は
70年前に建てられたもの>

あ~ すごい。

おはようございます。

<駅長さんも この姿!
昔に戻ったような気分になりました>

<別所線が開業したのは
大正時代の1921年。

別所温泉を訪れる
湯治客のために
造られました>

<そのシンボルとなったのが こちら。

扉の横の まあるい窓。

昭和初期に導入された この木造車両が

「丸窓電車」の愛称で
親しまれてきたんです>

<丸窓電車は その後60年近く活躍。

私も 昔 乗りましたが

デザインが
レトロで おしゃれなんですよね~>

<別所線は 今月17日に
開業100年を迎えます。

丸窓電車は引退しましたが

今も 通勤や通学 観光客に
利用され続けているんです>

<別所線の歴史を
よ~く知る人がいます。

勤続40年になる ベテラン鉄道マン
金井浩志さんです>

<金井さんは
高校を卒業後 上田電鉄に就職。

憧れの丸窓電車の運転手になりました。

古い車両で 故障しやすかったため

とても気を遣いながら
運転していたんですって>

う~ん まあ…

(アナウンス)ドアが閉まります。 ご注意下さい。

<鉄道と共に
人生を歩んできた 金井さん。

しかし
開業100年が間近に迫った おととし

別所線の存続を揺るがす
大きな出来事が起きました>

<大正時代に建設された 赤い鉄橋。

金井さんは その崩落する音を
最寄りの上田駅で聞いていたのです>

<その後 復旧の見通しは立たず

私が訪れた時も 列車で
鉄橋を渡ることは できませんでした>

いや~ ちょっと…

あ~…。

何か やっぱ ちょっと…

<これまで何度も
廃線が検討されてきた別所線。

金井さんは 橋の崩落で 自分の鉄道人生も
終わるのではないかと考えました>

<しかし 国などの支援で
復旧工事が行われ

鉄橋は 無事 復活したのです>

…といっても
まあ 過言ではないと思います。

<赤い鉄橋の区間で
運転が再開される日>

(警笛)

(拍手)

<列車が橋を渡ったのは
実に 1年5か月ぶりです>

<この日 金井さんが目にしたのは
沿線で喜ぶ 多くの人々の姿でした>

これがまた もう…

<別所線の大学前駅です。

近くに大学があるだけあって
学生が多いですね>

<その学生たちも
別所線の危機を支えました。

「長野大学鉄道研究同好会 N鉄」の
メンバーです。

おっ
別所線と赤い鉄橋のジオラマですか!

かなり リアルじゃないですか>

<3年生の植田晃弘さんです。

鉄橋が崩落したことを聞き

「すぐに何かしなければ」と
思ったそうです>

そういった あの 何でしょうね…

(一同)よろしくお願いしま~す!

<橋の崩落から6日後 仲間と一緒に
支援活動を始めた植田さん。

寄付金 およそ42万円と
231通の応援メッセージを集めました>

(学生)ありがとうございます。

<更に 別所線車内の
中吊り広告を制作>

<そこに
集めたメッセージを載せたのです。

デザインを担当したのも
長野大学の学生たち。

どれも プロ顔負けの出来栄えですよね>

<集めた寄付金は 上田電鉄に
広告掲載料として支払いました>

<でも お金だけではなく 別所線ファンを
増やすことにも つながったみたいです>

<メッセージを寄せた人の中には
あの大物アーティストも!>

<書いたのは

「ユーミン」こと 松任谷由実さんです。

かつて 別所線に乗ったことがあり

もう一度 赤い鉄橋が見たいと思っていた
松任谷さん>

<おととし
プライベートで 別所温泉駅を訪れた時

支援活動をしていた植田さんと
偶然 出会い

自ら 名乗り出たそうです>

(植田)その時に…

<開業100周年を迎える別所線を
写真に残そうとしている人もいます。

写真家の岡田光司さんです>

<風景写真のスペシャリストとして
世界各地で撮影をしてきた岡田さん>

<でも 一番のお気に入りは
上田の風景なんだそうです>

よし。

<鉄道が走る のどかな里山に魅せられて
撮影を続けています>

で あとは…

(岡田)ただいま~。

<この土地に
あまりに ほれ込んだ岡田さん。

23年前 家族と共に
千葉県から移住してしまいました>

そう。
う~ん 天気も良かったしね。

<今では 妻の康子さんも
別所線のとりこです>

<岡田さん一家にとって 赤い鉄橋は

家族の思い出が詰まった
掛けがえのない場所でした>

やっぱり あの~
こう何て言うんでしょう…

ただ こう
乗り物だけじゃなくて やっぱり…

やはり…

<岡田さんが 橋の崩落直後から始めたのは
赤い鉄橋の撮影でした>

まず…

で こんな状態で。

<その後も 時間を見つけては橋に通い

再建されていく様子を
インターネットで公開し続けたのです>

それから…

<かつての姿を取り戻した 赤い鉄橋。

岡田さんは
今も その場所に通い続けています>

あ~…

いや~…

♬~

♬~

上田駅に来ました!

♬~

♬~

♬~

<100周年を きっかけに 沿線を
更に もり立てようとする人もいます>

<明治時代から続く酒蔵の5代目です>

<実は私 若林さんと

去年1月の番組撮影の時に
お会いしているんです。

お久しぶりです!>

ありがとうございます。
はい。

これも 新酒です。
へ~。

うん。

あ~ これまた…

<その時頂いたお酒が こちら。

その名も
「がんばろう! 上田電鉄別所線」。

売り上げの一部を寄付しようと
若林さんが つくりました>

…っていう気持ちもあって。

ここを ず~っと。

<若林さんは今
新たな日本酒造りに取り組んでいます>

<酒米を有機栽培で育て
お酒を造ろうというのです>

(男性)よいしょ! よいしょ!
結構 重いもんなんで…。

この 2枚重ねになってて…。

<綿で出来た
シートに入っているのが 「種もみ」>

(男性)お米の種が 仕込んであるんですよ。

<これを 布団のように敷き詰めると
雑草が生えにくくなり

除草剤や農薬を使用する必要が
なくなるんですって>

<いや これは重労働ですね。
若林さん頑張って!>

<稲は 綿のシートを突き抜けて
ぐんぐん成長していきます。

稲穂の実る秋が 楽しみだなぁ>

ゆっくり。
あのね 転がすようにね。 はい。

<これまで 農業の経験が
ほとんどなかった若林さん。

地元の農家さんたちも
サポートをしてくれてるんです>

転がしてあげる感じで…。
はい。

そうそう そうそうそう!

<若林さんは 全国でも評判となるような
お酒を造ろうと 努力を続けています>

<日本酒を きっかけに

別所線と沿線の魅力を
多くの人に知ってもらうためです>

<いや~ ユニークな農法ですね。

若林さんの新酒 飲んでみたいなあ。

若林さんの夢 応援してますよ!>

100年もの間
多くの人に愛されてきたのは

やはり 別所線に それだけ魅力が
あるということなんでしょうね。

<沿線の風景は美しいし
車内は温かい雰囲気があるし

幸せな気持ちになれる
鉄道なんですよね。

別所線が
これからも走り続けられるよう

私も皆さんに負けず
応援していきますよ! 頑張れ!>

♬~