沼にハマってきいてみた「ビーズリングから巨大戦艦まで! ビーズ沼」[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

沼にハマってきいてみた「ビーズリングから巨大戦艦まで! ビーズ沼」[字]

ビーズアクセサリーで愛莉ちゃんを全身コーディネート。沼ハマファッションショー“沼コレ”を開催!また、ド迫力立体アイロンビーズも登場。全長120cmの巨大戦艦だ!

番組内容
ハマったさんの顔ぶれは、フラワービーズ作りが得意なしづきさん(大学4年)、ビーズステッチの達人さやこさん(中3)、デザインビーズのコレクターなぎささん(専門4年)、アイロンビーズで立体作品を作り出すまさとさん(18歳)。個性豊かなこの4人が力を合わせ、MC愛莉ちゃんの全身をビーズでコーディネート。指輪、ブレスレット、ネックレス、イヤリング、バッグを0から創作した。ゲストの超特急カイさんもビックリ!
出演者
【ゲスト】カイ(超特急),【司会】高橋茂雄,松井愛莉,【語り】小野寺一歩,【声】伊東健人

ジャンル :
趣味/教育 – 中学生・高校生
バラエティ – トークバラエティ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 松井
  2. カイ
  3. ビーズ
  4. ネックレス
  5. アクセサリー
  6. デザインビーズ
  7. 今回
  8. 竹ビーズ
  9. アイロンビーズ
  10. バッグ
  11. ドレス
  12. 愛莉
  13. 作品
  14. 大人
  15. 最初
  16. 時間
  17. 小学生
  18. 大変
  19. 表現
  20. シルバー

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



NHK
created by Rinker
エンスカイ(ENSKY)

今 ビーズ人気が爆発中!

日向坂46のキャプテン
佐々木久美さんや

モデルの
吉木千沙都さんたちが

こぞって
ビーズアクセサリーを SNSで発信!

おしゃれに敏感な
10代の間で話題となり

フラワービーズを含む
「ビーズリング」が

2021年 上半期のトレンドになったんだ~。

SNSには 「かわいい」 「安い」

「簡単に作れる」などの声が あふれている。
うん かわいい。

そこで 今回は
4人のビーズ・ハマったさんが

個性を生かした 手作りビーズ作品で…

お~!

番組の最後に スペシャル企画
沼ハマコレクション「沼コレ」を披露する!

ゲストは 人気アイドルグループ超特急の
カイさんだ。

まず最初のハマったさんは

フラワービーズにこだわる 色の魔術師…

フラワービーズとは
「シードビーズ」と呼ばれる

種のように小さいビーズを
花の形に編んだもの。

韓国で 人気に火がつき
日本でもブームに。

へ~。
う~ん 難しそう。

しづきさんのコレクションは
なんと 200以上! うわ~!

すごい。
全て 手作りだ。

おしゃれだな~。

おもちゃっぽさを出すために
しづきさんが こだわっているのは

色の組み合わせ。

「反対色」といわれる色同士を
組み合わせることで

おもちゃっぽさを出している。
かわいい。

コロナ禍の自粛期間中に
動画サイトで 作り方を調べて

フラワーリングを作り始め 早9か月。

今では…

え~!
早っ!

お値段は たった15円。
安く楽しめるのも 魅力だという。

めちゃめちゃ安い。

しづきさんには
愛莉ちゃんの腕まわりのアクセサリー

ブレスレットと
指輪を作ってもらう。

2人目は ビーズを
複雑に編み込む技法

ビーズステッチの達人…

さやこさんは 全国から作品が集まる
「広島ジュニアハンドメイド大賞」で

1位に輝いたことがある
ビーズアクセサリー界 期待の星だ。

すごいな。

こちらが 受賞作の
ネックレスとイヤリング。

パールと 淡い色味のビーズで

かれんな花束を表現した点が 評価された。

(松井)は~ すごい きれい。
おっしゃれ~。

さやこさんが 得意とするのは

直径2ミリ以下の極小ビーズを
編み込んで作る アクセサリー。

(カイ)うわっ すごい。
すごっ。

え~ 細か~い!

一つのアクセサリーを

8時間ぶっ通しで 作ることもあるという。
え~!? すごい集中力。

…と思って 使っています。

さやこさんには
愛莉ちゃんの顔まわりのアクセサリー

イヤリングと
ネックレスを作ってもらう。

3人目は きらびやかで
まるで 宝石のような

デザインビーズのコレクター…

小学生の時から
ビーズを集め始め

その数 なんと…

うわ すごい!
すごいな。

デザインビーズとは
形が独特だったり

ビーズそのものに
模様が描かれていたり

デザイン性が高いのが 特徴。

宝石のような
デザインビーズを眺めるのが

至福の ひとときだという。

このビーズコレクションを
有効活用しようと

なぎささんが 取り組んでいるのが…

は~ すごいな ドレス。
(カイ)すごいな。

自分が通う服飾系専門学校の
卒業制作として 今 作っているドレスに

これらのデザインビーズを
刺しゅうしようと考えているのだ。

(カイ)す~ごい細かい。
すごいな~。

膨大なコレクションの中から
愛莉ちゃんのイメージに合うビーズを選び

スペシャルドレスを作る!

お~!
(カイ)ええ~!?

4人目は アイロンビーズで
立体作品を生み出す

ビーズアーティスト…

こちらが 全長1.2mの超大作
アイロンビーズの戦艦だ!

アイロンビーズで!?

1万個以上の
アイロンビーズが使われており

制作期間は
なんと3年!

3年!?
(松井)3年!

アイロンビーズは
平面の作品が 一般的だが

まさとさんの作品は

全て 立体的なのが特徴。
え!?

小学生の時から 作り始め

今までに作った作品は 300以上!

いや~ すごいな。

こちらは
ライブ会場を再現した

まさとさん制作の動画。

このように 時々 作品を動画にして
SNSにも投稿している。

すごい~。
す~ごい!

アイロンビーズで 立体作品を作る方法は
全て独学。

(松井)独学!?
え~!

やってたよ~ これ。

こちらは…

それぞれのパーツを 平面で作ってから

隙間に はめ込んでいくことで
立体にしている。

かっこいい!
(カイ)すごっ!

今回 松井愛莉さんに 自分からは…

あら~ うれしい。

(笑い声)
そうですね ちょっと日本刀…。

立体のアイロンビーズバッグで

愛莉ちゃんの全身コーデに
アクセントを もたらす!

そこで4人は リモート会議で…

テーマは 「大人っぽく クールな
夜の美術館にいそうなコーデ」に決定!

(松井)大人ですね~。
あら。

(松井)いや 難しそうですね。

一体 どんなビーズコーディネートが

完成するのか!?

ファッションブランドを
プロデュースするほどのおしゃれ番長

超特急 カイさん。

ビーズのアクセサリーとかは
取り入れること ありますか?

え~!?
(松井)え!? ビーズ。

ネックレスとか ブレスレットとか
よく つけるんですよ。

なんですけど 自分で
作ったことだけはなくて

もう売ってる物を買ったりとか。

ビーズを重ねづけで
つけたりとかもしてたので。

え~。

ハハハハ。
そうですね さすがですね。

フラワービーズを作るのが得意な…

今回は 腕まわりのアクセサリーを
担当する。

まずは ビーズ選び。

ビーズショップへ やって来たよ。

常時 2万種類が置かれている
こちらのお店。

うわ~ いっぱい ある。

最新のビーズを使ったアクセサリーが
たくさん展示されている。

かわいい。

イニシャルが印字されたビーズを使えば

名前やメッセージを 簡単に
アクセサリーに入れることができる。

こちらは 一つ一つ違う色や
模様が楽しめる 花柄のビーズ。

へ~。
(カイ)おしゃれ~。

ビーズそのものに
インパクトがあるので

糸に通すだけで おしゃれな
アクセサリーが出来上がる。

何だか ビーズ選びに
苦労しているみたいだけど…。

ふだんは 赤や緑を使い

「おもちゃっぽさ」や「子どもっぽさ」を
表現している しづきさん。

ところが今回は 真逆の
「大人っぽさ」を出さなければならず

色選びに戸惑っていた。

あ~ なるほどね。 イメージが。
(松井)そうですね~。

悩んだ末に選んだのは
キラキラしたシルバーや

光沢がある青や紫 グレー。
(松井)夜っぽい。

ちょっと宝石っぽくも見えますね。
(松井)う~ん。

お~ 夜空ね。

早速 自宅に戻って
ブレスレット作りに取りかかった。

まずは 光沢のある青のビーズで
花びらを作る。

中心には 紫を選んだ。

おしゃれだな。

続けて
グレーと黒を組み合わせた花も作る。

(松井)あ~ いいですね。

大人っぽい。
あ 大人っぽい。

シルバーのビーズで
流れ星も表現。

夜の世界だぬーん。

でも しづきさんは納得いかない様子。
なぜ?

(松井)あれ~ 何で?
もう すてきなのに。

やっぱり その…

テーマに合わせつつ 自分の個性も出したい。

しづきさんは この課題を

どう クリアするのか?
いや 難しそう。

材料選びから 大変やった?
そうですね。 ほんとに…

なるほど。
いや なんか その…

…ってイメージだったんですけど
ちょっと…

確かに。

(松井)わかりますね。
もう カラフル。 すごい かわいい。

手元も…

(カイ)かわいい。
(松井)ネックレス かわいい。

今回 この…

(松井)なるほどね~。
へ~。

そこも 反対色でいくっていう。

(笑い声)

(カイ)ですね。

続いては ビーズを
複雑に編み込むのが得意な…

顔まわりのアクセサリーを
担当する。

今日は ネックレスを作るよ。

やっぱり…

使うのは 竹ビーズという
細長いビーズ。

もう一つは さやこさんが
大好きな極小ビーズだ。

ちっちぇ~。

ちっちゃい。

ロシアンスパイラルとは
ビーズを ねじりながら

らせん状に編み込んでいく
難しい技術。 え~ すご~い!

え~ すごっ!
おしゃれ~。

この技術で ピアスを
作ったことがある さやこさん。

でも ネックレスは
今回が初挑戦!

(松井)ネックレス
結構 長いから 大変そう。

まずは 三角形を作る。

次に 新たな竹ビーズと 極小ビーズを

三角形の頂点に位置するビーズに
つなぎこんで 編んでいく。

ハハハハ… すごい。

この作業を ひたすら繰り返し行うと…。

行うと…。

きれいな らせんが出来た!

え~ 面白~い!

ところが さやこさん
途中で やめてしまった。

何で?

ネックレスは インパクトがあったほうが
いい気がするんで

太いほうが
インパクトがあるかなって思います。

なるほど。

そこで用意したのは
長さが倍の竹ビーズ。

竹ビーズが 長ければ長いほど

ネックレスの筒は 太くなる。
あ~ そっか そっか。

今 使っている竹ビーズでは
理想の太さにならないという。

色も 透け感のある
グレーに変えたね。

(さやこ)ちょっと…

ロシアンスパイラルは
糸を きつく締めながら編まないと

キレイな形にはならない。

(松井)難しいんだ~。
わっ すごい きれい。 キラキラしてる。

竹ビーズが長くなるほど
糸が ゆるみやすくなるため

太いネックレスこそ 難易度が高いのだ。

30分 作業して
ようやく 2cm出来上がった!

(高橋 カイ)え~!
え~! 大変だ。

ネックレスの長さにするには
あと10時間ほど かかるという。

え~!
10時間!?

その根気…

さあ さやこちゃん…

時間かかるんやね。
はい。

さやこちゃん。
そうですね。 なんか…

え~ すごい。

すご~い。
すごいな。

つけてないけど…。
(松井)確かに。

あんな
かわいいの作れるのに。

はい。
じゃ 今回…

あ~ ありがとうございます。 うれしい。
あ~ いいね。

で VTRでは ネックレス
作ってましたけども 今回は…

はい。
それは どんなふうにしたの?

ゴージャス感ある感じなんかな?
はい。

いや~ すごい作業ですわ。

(笑い声)

続いては
デザインビーズつきの

ドレスを作ろうとしている…

1か月前から取り組んでいる
学校の卒業制作のドレス。

モノトーンで クールな雰囲気だ。

このドレスを
愛莉ちゃんに着てもらうという。

うれしい。

いよいよ ビーズ刺しゅうだぬーん。

こう…

ゴールド シルバー 黒の
3色の竹ビーズを

一つ一つ 手作業で縫いつける。

(松井)うわ 大変だ~。
うわ~。

うわ~ 繊細。
(松井)大変だ~。

斜めのラインが出来てきた~!

そこへ さまざまな形や模様をした

デザインビーズを
合わせていく。

竹ビーズで描いた枝。

その先端に咲く花を
デザインビーズで 表現したいらしい。

へえ~ すごいな。

早速 縫いつけていく なぎささん。

ところが!?

見る角度によって 色が変わる

花の形のデザインビーズと

ゴールド シルバー 黒
3色の竹ビーズが

マッチしていないんだとか。

調和させるために
隣に 別のデザインビーズを足してみた。

うん。
うんうん うんうん。

組み合わせを変えて 何度も合わせていく。

机の上で 色合わせをしても

実際の生地に縫いつけると
印象が変わってしまう。

あ~ 立体感とかもあるし…?

結局この日 デザインビーズの組み合わせは
一つも決まらなかった。

え~!?

この膨大なコレクションの中から

なぎささんの…

やっぱ ドレス
一番 面積も大きいし…

で ビーズ 一個一個 手縫いで?

そうですね。 ほとんど…

いや ちょっと
すごいなと思いました。

一個一個…

多分 僕とかが作ったら 多分…

時間は どれぐらい かかりましたか?

ごめんなさい すいませんでした。

組み合わせ
やっぱ 難しかったですか?

そうですね。 なんか 一回…

こうやって マネキンに着せた時
また違いそうやんな。

全然 違ってて…。
あ~。

実際に こう
マネキンに着せた時に

あ 全然違う! っていうふうに
やっぱり なった時は

しばらく…

(笑い声)
どうしようって…。 どうしようって…。

違うけど まあ ええか~…。

…みたいな感じなんや。
はい。

ラスト4人目は

アイロンビーズで
立体的な作品を作っている…

いや~…。
(カイ)すっごいな ちょっと。

圧巻やな。
(松井)ほ~んとに。

これは 戦艦?
(まさと)戦艦ですね。

3年かかったんでしょ? これ。
(まさと)3年かかりました。

中学3年生から始めたので…
で 高校の2年か3年で完成したので。

(笑い声)

一日どれぐらい作業してたの?

いや 一日 大体… やる日で
もう徹夜とかで やってましたね。

すごいな。
すごい。

これ 俺が今ノリで あ~ってやったら
もう まさとくん…

駄目ですよ。

これ かっこええわ。

最初は どっから作っていくの?
最初は この…

(まさと)最初 大きさのことは
気にしないようにして

どれだけの大きさにすれば
リアルにできるかなと思って…

なるほど だから 先頭のところ
船の頭のところ作ったら

あれ?
これを かっこよくしていこう思たら

もっと ここ 高くしようとかなって…

そうなんです。
あと ここの このヘリポートが…。

え~!?
(松井)うわ~! (カイ)おお~!

上に 上がんねや。
(松井)すごい! (カイ)上に 上がるんだ。

最初は まさとくんも
平面で やってたんやろ?

いや 最初から立体で。
(松井 カイ)え~!?

(笑い声)

ほんで カイくんところにあんのが…?

パトカーと はしご車。
(まさと)そうです。

え~ かっこいい。
(カイ)めちゃめちゃ かっこいい。

よう できてんな~。
(カイ)これ すごいな~。

もしかして この はしご車の…

(まさと)あ 動きます。

お~。
(カイ)うわ!

うわっ すごい!

えっ そんな出るの!?
えげつなく伸びるじゃないですか。

(まさと)これくらいまで伸びます。
え~!?

だいぶ…

(カイ)できますね。 みんな救えますよね。
救えるなぁ。

で 愛莉ちゃんのやつが…?
クリスマスですかね?

クリスマスか。
(松井)かわいい。

(カイ)かわいい。
かわいいね これ。

(松井)めちゃめちゃ かわいい。
トナカイが いっぱい いますよ。

これは いつ作ったんですか?
それは 小学生の時で。

(松井)小学生?
はい。

(松井)小学生で こんなの…!
へえ~。

(カイ)すごいな ちょっと。
すごい!

(カイ)小学生…。
これ全部 ビーズオンリーですよね?

ビーズオンリーです。
いや すごい。

これ まさとくん 今日 NHKまで
どうやって運んできたん?

(笑い声)
(松井)え~!? ほんとに?

ヒヤヒヤしたやろ?
(松井)大変。

そうですね
ちょっと ヒヤヒヤしました。

これ 家の外 出したん 初めてやろ?

いや 展示会やったことがあるので。

まさとさんは 地元で
アイロンビーズ作品の展示会を

定期的に開催している。

子どもから大人にまで 大好評なんだ!

そん時は 何で運んだんですか?
その時も…

(笑い声)

まさとスタイルなんやな それが。
はい。

戦艦や車 馬車など

乗り物を中心に
作品を作ってきた まさとさん。

今回 初めて
バッグに挑戦する。

色は 黒にしたみたいだぬーん。

バッグの側面となる部分に

アイロンを かけると…。

アイロンビーズが 湾曲してしまった。

あら!
(カイ)あれ?

へ~。
あ そうなんだ。

バッグの側面は
平らにしたい まさとさん。

どうするのかと思いきや…。

分厚い本を かぶせて…

あっ その上に座っちゃった!

(カイ)着座で。
なるほど。 重さで。

全体重をかけて
平らにするという力技!

10分後 取り出してみると…。

真っ平らだぬーん!

お~ まっすぐなった。
お~ すごい!

ここに デザインの中心となる

エンブレムも
つけるという。

お~。
(カイ)おしゃれ。

表現したいんですけど…

初挑戦のバッグ…

あ~ でも なんか
かわいいエンブレム。

高級感が 一気に出ますね。
いいね。

ハマったさん4人が 協力して挑む…

お~!
(カイ)お~ 楽しみ!

いよいよ…

それでは 登場して頂きましょう。
お願いします!

♬~

お~!
(カイ)お~!

♬~

お~!

♬~

(拍手)
お~!

(カイ)すごい!

すごい!
うれし~! かわいい。

すごい キラキラしてます。
(カイ)めちゃめちゃ かわいい。

すごいね。
愛莉ちゃん 着てみて いかがでしたか?

いや~ もう なんか…

…ついてるんです。

3日とか。
もう こう恐ろしい。

(松井)ありがとうございます。
ありがとうございます。

しづきちゃん どうですか?

いや すごい…

(しづき)もう ほんとに…

もう大成功。
結構 色味 抑えてくれたんですね。

(しづき)あ そうなんです。
(松井)でも ちょいちょいね

ビビットな色も入ってて。
(しづき)あ 入ってます。

こんなに いっぱい。

(カイ)かわいい。
そうなんですよ。

すごい かわいい。

なぎさちゃん どうですか? ドレスは。

全体で もう…

(なぎさ)ちょっと…

かわいいよね。
(松井)かわいいです。

使ってる なんか 花とかね
いろんなの使ってるんですけど

ほんとに なんか
すっごく きれいに まとまっていて

いや さすがだなって思いました。 はい。

すばらしい。
(松井)すばらしい。

さあ さやこちゃん どうですか?
全体と合わせてみて。

…すごい。
しかも イヤリングも

かわいいわ めっちゃ。
(松井)うん すごい かわいい。

(さやこ)よかったです。
ほんまに なんか…

うん。
(カイ)うん。

さあ そして まさとくんのバッグ。
(松井)バッグ!

かわいい!
(カイ)めちゃめちゃ かわいい。

(松井)しかもね
大人っぽくしてくれたのかな?

そうですね。
(松井)ね そうですよね。

ほんま ブランドのバッグみたいやもん。
うん。

こう…

うん。 ほんとに そんな感じですね。
こんぐらいの ちっちゃいバッグ。

そうやって持つ感じやんな。

めちゃめちゃ かっこいいですね。
かっこいいね。

美術館でも ほんと…

(松井)目立ちますね。
(カイ)すごい おしゃれで。

いや~ 皆さん
ほんとに お時間かけて頂きまして

どうも ありがとうございました。

(松井)
ありがとうございました。 うれし~。

もう一回…。
後部座席で 抱えて帰ろうか。

今日も
「沼ハマ」を見てくれて ありがとう!

公式SNSのチェックも よろしくね!
それじゃあ またね~!