趣味の園芸 やさいの時間 あかね・太陽のベジ・ガーデン「タマネギ」栽培期間は長いもののほとんど手がかからない…

出典:EPGの番組情報

趣味の園芸 やさいの時間 あかね・太陽のベジ・ガーデン「タマネギ」[字]

栽培期間は長いもののほとんど手がかからない初心者向きの野菜。苗の深植えに注意。肥料は有機質がゆっくり分解されて効果が出るので好相性。出演:大沢あかね 杉浦太陽

番組内容
土づくりでは、タマネギは酸性土壌に弱いのでpH6.5~7.0に調整する。【出演】大沢あかね 杉浦太陽 藤田智(恵泉女学園大学教授) 【ナレーション】宮島史年
出演者
【出演】大沢あかね,杉浦太陽,【講師】恵泉女学園大学教授…藤田智,【語り】宮島史年

ジャンル :
趣味/教育 – 園芸・ペット・手芸
情報/ワイドショー – 暮らし・住まい

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. タマネギ
  2. 先生
  3. OK
  4. 大丈夫
  5. 有機質肥料
  6. 結球
  7. 結構
  8. 収穫
  9. 葉鞘
  10. ハクサイ
  11. 野菜
  12. cm
  13. トンネル
  14. マルチ
  15. 出来
  16. 杉浦
  17. cm間隔
  18. mm
  19. シュンギク
  20. ハサミ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



NHK
created by Rinker
エンスカイ(ENSKY)

♬~

♬~

よし!

よろしくお願いしま~す。
お願いします!

これが タマネギの苗ですか?

タマネギの赤ちゃんだね。
赤ちゃん!

あっ 確かに ここが ちょっと

タマネギの赤ちゃんって感じしますね。
ちょっとね ぷっくりなってますけども。

でも ほんとに この見た目は
ワケギっぽいですね 先生。

ワケギとか それから
普通のネギっぽいですね。

これ だから…
ここが どんどん どんどん

大きくなるみたいなことなんですか?
なって…。

いずれ こうなると。
へえ~ すごいね。

まず この緑の部分をですね
葉身といいます。 葉っぱの身。

葉身。 うん。 こっから下のとこ
白いところあるでしょ?

はい。
これは 葉鞘。

(杉浦 大沢)葉鞘。
葉鞘の部分がですね

バッバッバッと これ 葉っぱがですね
こう 春の暖かさと温度で 葉鞘部分が

ドゥドゥ ドゥドゥ ドゥドゥっと
大きくなってくる。

えっ ということは 葉っぱですか? これ。
あっ そう。 そうですよ。

えっ! タマネギって葉っぱなの?
そうですよ。

葉っぱを食べてるの?
何やと思った? 実。

あっ 実! なるほど こう葉っぱが生えて。
タマネギの実!

実が生えてるみたいな。
うん。

先生 じゃあ 実際に。
ええ ちょっと割ってみてですね。

さあ 机で。

いきます。 ほっ!
スパンと切れました!

切りましたよ。
ああ 切れました いいとこです!

えっ これが葉っぱですか?
この白い部分が。
白いとこが そうです。

それでね 一つ質問なんですけど。
はい。

えっ?
茎?

植物はね
茎と葉っぱと根っこがあります。

中に隠れてるんですか?
これを見て分かると思います。

これですか? どれ?
この下の。

これ。
あっ 正解です。

じゃあ あれだ。 お料理する時
いつも この茎 取るじゃん。

これ 茎なんだね。 ここ取る。
芯ね。 芯 芯 芯。

え~ こんなちっちゃいんだ 茎。
面白いですね タマネギ。 うん。

これ… 植えて 収穫とかって
大体どのぐらいなんですか?

5月の終わりから6月にかけて。

来年?
そうです。

結構かかりますね。
結構かかるね。

結構かかるのよ
これを大きくすんの。

そっか。 じゃあ 冬を越すってこと?
そうですね。

そういう野菜を何といいました?

ええ 越冬野菜
冬越し野菜っていいますね。

<タマネギは 栽培期間は長くても
手入れの少ない野菜。

是非 まるまると育てましょう>

苗選びですね。
これが もう 全てが決まるので。

この やっぱり こう…。

葉鞘?
葉鞘が?

葉鞘が ちょっと
ぷっくりしてる方がいいんですか?

これとかですね

まあ これのあたりは。
細すぎる?

いやいや ちょうどいいですね。
ちょうどいい。

え? 絶対 何か こっちの方が
元気なタマネギ できそうですけど。

大体7mmから8mmぐらいのものが
いいと思います。

ああ なるほど。
こんな感じの方が じつはいいんですよ。

なぜかというと この太いやつはですね

十分 大きくなってるので

春になると
花が ブオーンと咲いてしまうという。

とう立ちしやすくなる。
しやすくなります 大きいやつは。

じゃあ 太ければいいってことじゃない。
難しいな じゃあ。

<また 細すぎると 冬の間に
寒さで枯れてしまうことがあります。

葉鞘の太さ 7~8mmがベストです>

これを見分けるための
秘密道具が こちらにございます。

え? 秘密道具?
その名も 鉛筆!

この鉛筆の太さが7mmぐらい。
ちょうどいいってことか。 なるほど。

これと同じタマネギの太さのものを探せば
いいタマネギができると。

なる… あっ だから鉛筆なの。
何やってんだろうと思って。

秘密兵器です。
へえ~。

じゃあ やっていこうか。
それ いいんじゃない?

これ いいんじゃないですか? ほら。
ちょうど 鉛筆。 1。

それも いいな。
これも よさそうですね。

いや~ ちょっと太いんじゃないですか。
太すぎですか?

駄目なんすか? これ。
ちょっと 一応 心配ですよね それはね。

ちょっと厳しい。
駄目なんだ。 俺 絶対 選んじゃうわ。

そうか 結構 苗選び…。
それならばね。

これは大丈夫ですか?
それは大丈夫そうですね はい。

チェックが 先生 厳しいですね。
厳しいんですよ。

OKですね? OKですね。
はい じゃあ 25本。

OKです。
OK! (拍手)

<こちらが 植えつける区画。

75cm四方に 25個も育てられるんですよ>

さあ 今回の肥料は こちら。
おっ。

はい 有機質肥料ですね。
お~っ!

バン バンと!
うん。

もう 有機質肥料は分かりますよ。
これは もう…

おっ! すばらしい。
ねっ。 もう この…。

香りで一発。
もう 何か この匂いも

違和感なく嗅げるようになってきました。
(藤田 杉浦)あははっ!

魚かす。
うん。

<魚かすは イワシなどを
乾燥させて砕いたもの。

チッ素やリン酸分が多い肥料です>

これはね あっ この色と
この ふわふわで分かります。

おお! すごいじゃん。

<米ぬかは
精米の時に出る 米の表皮。

リン酸分が多く
微生物の働きも活発にします>

で これが…。 これ 何か…。
これ 初めてかな?

初めてかも。 見たことないな これ。

あっ 何か でも
すごい… いい香りするな 何か。

御飯にかけて食べ…。
ふりかけみたいな?

植物の油を搾ったやつで

例えば タネとか大豆とかね
それから ナタネとか

そういった 油の出るタネを
グーッと搾って 残ったかすが それです。

そうなんですか?
何か すごい おいしそうな匂いするもん。

(藤田 杉浦)ははははっ!
へえ~。

<油かすも チッ素を多く含む
有機質肥料です。

有機質肥料は
含まれる成分や比率に特徴があるので

複数 組み合わせて使います。

ふだん使っている化成肥料とは
他にも違いがあります>

タマネギに 有機質肥料を使う
理由はあるんですか?

あっ 有機質肥料はですね

カビとか細菌とかが それを
ちょこっと分解っていうかですね

それを細かくしてですね

初めて このイチゴやニラや
タマネギなんかがですね

食べられる 吸うことのできる
チッ素 リン酸 カリに

それで分解されるという。

<動植物由来の有機質肥料は
土の中の微生物によって

時間をかけて 少しずつ分解されることで
初めて野菜に吸収されます>

ですから ちょっと
効きが ゆっくりなんです。

有機質肥料は。
そうです。 じっくり長く効くという感じ。

そっか。 タマネギは 栽培期間が
結構 長いから。 それです それです。

ゆっくり じっくり
効かせていくってことですね。 なるほど。

<では まず酸度調整から>

タマネギは
大体 どれぐらいが目安ですか?

pHが 6.5から7.0が。
高い。

高いです。 普通のやつが6.0~6.5でしょ?
はい。

それよかは 1ランクでも2ランクでも高い。
なるほど。

どのぐらいかな? ブスッ!
よっしゃ!

こい! あっ でも 高いかも。

6.8です。
で もう2~3か所。

<3か所 測って…>

どうしますか? 先生。 高い…。
じゃあ まあ 7.0に近づけるとしたら。

近づけるとしたら 有機石灰をですね
若干まきたいと思います。

有機石灰を若干まく。 はい。
はい。

<有機石灰は 貝殻などを粉末にした
アルカリ性の資材。

今回は 石灰も有機質を使います。

pH7に近づけておきましょう>

<よ~く耕して

そこへ 土をふかふかにする堆肥と

3種類の有機質肥料を入れ

土と よ~く混ぜ合わせます。

次は 水はけをよくする畝を立てます。

周りの土を盛って

水たまりができないように
表面を平らにならします>

OK。
大丈夫ですかね。

それではですね。
はい。

ここで。
はい。

タマネギ用のマルチ?
(杉浦 藤田)はい。

えっ どんなマルチだろう?
こんなマルチです。

おっ あらあら。
持ってんだ。 ドラえもんみたい。

ふふふふふっ。
ババババババ… マルチに…。

あっ もう 穴 開いてるんだ。
穴が開いてます。

えっ 開けなくていいってことですか?
そう。

ここに タマネギを植えていけばいい。

<タマネギ栽培に最適な15cm間隔に
あらかじめ 穴が開いたマルチ。

葉ものや小カブでも使えますよ。

黒マルチには 畝の保温と保湿
雑草を防ぐ効果があります>

いいんじゃないですか?
うん。 はい。

<これで準備完了。

いよいよ 苗を植えつけます>

どうやって
植えていけばいいですかね?

1本だけ ちょっと もらえますかね。
じゃあ これを。

これを植えましょうね。
ちょっと待って下さい。

まず 指。 この真ん中に 3cmか
2~3cmぐらいの この穴を開けます。

はい。 まあ 第2関節でもいいですね。
第2関節でも こう いきます。

こう いきますね。
はい。

そうしましたら その植えるところに
この根っこごと こう入れます 根を。

お~ 入れちゃう。
根を中に入れるためにですね

こうやるでしょ
根を中に入れるために こういうふうに

回転させながら入れます。
え~ 回転。

回転させながら入れまして その周りを

キュッと。 キュッと。
で 立たせてあげる。 お~っ!

やってみますね。
はい どうぞ。

2~3cmの…。
第2関節ぐらいまで穴を開けて。

で 根っこを下にして 回転させて。

あっ そのまま 根っこは大丈夫です。
そのままいけば大丈夫です。

いけば大丈夫ですか?
このぐらいですね。

周りから 土を こう寄せてやって。
周りから 土を寄せて。

それで ぐっと押します。
ぐっ!

はい 大丈夫です。
ぐっ ぐっ!

先生 深く植えすぎると駄目なんですか?
ああ 駄目ですね やっぱりね。

その分岐部の辺りから
葉っぱが出てくるので

その分岐部を埋めてしまうと
葉っぱが出にくくなるという。 なるほど。

<ここの分岐部を埋めると 育ちが悪くなるんですね>

どうでしょう? 先生。
はい うまいです。 出来ました!

お疲れさまで~す。
よいしょ~ 出来たぞ~。 やった!

引き続き植えましょう。
えっ? 何で?

せっかくなんで
余った苗は ペコロスにして。

あのちっちゃいの?
そう 3~4cmぐらいの。 ミニタマネギ。

え~! えっ ペコロスは…。
そっか 同じタマネギだから。 そう。

えっ あれって 収穫を早くすれば
ちっちゃいのができるんですか?

違います。 あのね 収穫を早くするよりも
間隔を3~4cm間隔に植えるとですね

タマネギが それ以上 太れませんでしょ?
そうなんですか?

じゃあ タマネギの苗で
間隔を狭くして作っていく?

お~ やった やった。
せっかくね もったいないんで。

うんうん。
植えちゃいましょう。 はい!

<ペコロスを育てるのは
畝の周りでOKです。

大きな球にしないので
元肥は要りません。

植えつけ方法は 移植ゴテで溝を作り

3cm間隔に 苗を並べるだけ。
簡単ですね>

こうやって…。

かけると。
え~っ!

先生 これで できるんですか?
できますよ。

かけるところは あの~…
分けつ部の下のところまで こうね。

すごいね。

ペコロス 何に利用します?
私は 結構 ポトフ。

ポトフ。 お~っ。
ポトフ いいね。

うちではですね シチューに入れてます。
あっ いいですね シチュー。

もう この時期
シチューが おいしいですよ。

あと 水やりをすれば。

これぐらいですか?
先生 こんな感じですか?

全然いいです。

すごいんだけど!
めっちゃ植えた。 はははっ!

面白い 何か。

<最後に 水やりです。

2週間ほどで根づいて
葉が しっかりと立ってきますよ>

こんなもんですかね。
出来た 出来た。

よしよし よしよし!
お~ 完成 完成! よし!

さあ ここから 収穫までに 先生 半年?
はい。

結構かかりますよ 長いつきあいですよ。
そうだね。

まあ 栽培期間は長いけども
その分 雑草が生えにくかったりとか。

あとは 枯れ葉を取るぐらいで。
そうですね。

じゃあ あんまり 手がかからない
感じですね 植えちゃえばね。

このまま もう あとは
冬 越して下さいみたいな。 なるほど。

頑張れよ!
頑張れよ! よ~し。

<さあ 次は
他の野菜の様子を見てみましょう。

まずは…>

タカナ ワサビナ。
そう!

もう 結構 生えてない?

そうなんですよ。
めちゃくちゃ発芽してますよ。

一回 開けようか。
うん。

うお~!
うわ~ すごい! うお~!

あっ 何か。
めちゃめちゃ生えてるやない。

<2週間前にタネをまいた
タカナとワサビナです。

双葉に紫色がさしたのが タカナ。

本葉がギザギザしているのが
ワサビナです>

<双葉が開いたら 3cm間隔になるように間引きます>

もう一個 その小さいやつ
取った方がいいんじゃないですか?

これですか?
はい それでOKです。

はい 出来た。
あ~ きれいになった。

<固くなった土をほぐす 中耕です。

水が浸透しやすくなります>

OK。
はい。 はい。

どうでしょう? 先生。
OKです。 これに
水を ちょっとやって頂いて。

それで あと このトンネル
シートを閉めて頂くと。 分かりました。

先生 じゃあ 水 あげていきます。
はい どうぞ あげて下さい。

この中耕のタイミングで
水やりって あんまり…。

俺も あんまり
やったことないかな。

やっぱ 水 あげなきゃ
いけないものですか?

えっとね
かけるものは どういうやつですか?

トンネル。
トンネル。 そのせいで?

土が 乾燥しすぎている
ということになりますね。

<トンネル栽培は土が乾燥しがち。

根が短いうちは 地中から
水分を吸い上げる力が弱いので

手入れのタイミングで 水をやりましょう>

よし。 これで パチンと留めれば。

先生 前回は ちょこっと
開けてましたよね? 暑すぎちゃう。

今回はですね ちょっと
11月も半ばに入りましたので

洗濯ばさみを下に下ろしてですね。
下の方で。

寒い温度から この植物を守ります。
全閉めで。

はい いって下さい。
じゃあ いっちゃいます。 よいしょ。

開けた…。
OK。

開けたトンネルを閉じると。

水もあげたし。 OK。
OK。

<次は 2週間前に植えた…>

せ~の はい!
お~!

よ~っしゃ!
きれ~い! すごい。

いい感じに。
いいですね。

2本あるところを
1本にしなければいけません。 そうだ。

このうちの 大きなものを残して
その他のものは 1本 ハサミで切り取ると。

ハサミでいくんすか?
ハサミで切った方がいいと思います。

<間引くタイミングは
草丈7~8cmになった頃です。

育ちの悪い方を
株元にハサミを入れて切ります>

下の方までね はい。

あっ もうちょっと切って下さい。 下の方。

これ 伸びてきます?
わき芽も どんどん切って下さい。

これで 間引きが完了。
これでいいですか? 完了しました。

<雨が降ると 自然に土は固くなります。

ほぐして…

風よけのネットを戻します>

じゃあ 次は もう。
よし!

すごいアピールが。
アピールしてるよね シュンギクが。

もう ファッサファサですよ。 シュンギクちゃん。
収穫してくれ言うてる。

摘心したのに めっちゃ伸びてますね。
早いですね。

<シュンギクは 前回 下の葉を残して
中心の枝を折り取りました。

2週間で わき芽が たくさん伸びて
収穫サイズになっています>

手でポキンと折れます?

あっ いけました。
はい 大丈夫ですね はい。

今 とったやつのわき芽が また…。
とったやつのわき芽が これかな?

また伸びんのか それ?
そう。 この子が また

ぶわ~っと大きくなって。
はあ~。

わ~お。 ああ いい香りだ。

長いやつを とればいいんですね?
うん。

とれたね。
とれたよ~。

鍋 食べ放題だよ。
はははっ。

<栄養補給もしておきましょう>

これで あかねちゃん
お願いしていいですか?

分かりました。 待ってて下さい。
おっ 待ってます。

ははははっ。
ははははっ! 「大沢ホーね」。

<ホーは クワよりも軽く

土寄せや雑草取りなどに
使い勝手 抜群。

大沢さん 前回 初めて使って
お気に入りの道具になりました>

じゃあ いきますよ。
きました 得意技。

真ん中も いけます?
真ん中は そのホーを縦にしまして

ぐ~っと引いていきます 後ろに。
こうですね?

<ホーを手前に引くだけで 左右に土寄せできて 株を傷つけません>

使いやすい このホー。
はい。

これはね もし 自分が
畑やるなら 絶対に買います。

こんなもんですか?
あっ そんなもんです。 最高です。

大沢ホーね。

先生 シュンギクは 次回も収穫できますか?
もちろん もちろん! とれます とれます。

ほんと いい野菜だね これ。
ねえ ほんとに。

どんどん伸びるわ。
まだ とれるのあります? 先生。

後ろ。 ははははっ。
後ろ? あっ!

後ろ。 巨大な。
これです。 ハクサイちゃん。

おお~!
おい~! うわ~ すばらしい!

これ 大成功じゃないですか?
めっちゃ成功やん これ。

ちょっと触っていいかな?
ええ 触って下さい。

うわ ずっしり。

ちょっと 3つとも
触らして下さいね。

うん。

うんうん。 おっ!

うん。

さあ どれ とってもいいと思います。

<触って 堅く締まっているので収穫>

ぐっと押して下さい。
押します。

<包丁を深く差し込んで…>

堅いですよ~。
堅い。

うわ~ 立派だ。
よく切りました切りました いきました。

よいしょ! ほっ!

よいしょ! いった!
いった いった!

はあ~ よいしょ。

重いですよ。
1… 2キロ近いやつじゃないですか?

いきますよ。
はい。 せ~の!

うわ~! やった!
イエーイ!

ちょっと待って。 新生児より重いよ。
あははははっ!

すごい。 立派!
懐かしい感覚。

何キロかな?

2キロあるかどうか。
おっ!

あれ?
おっ 3キロいったよ。

お~! すご~い。
あかねちゃん やっぱ新生児だわ。

やった~!
すごい すごい。

3キロ すごいね。
すごいね。

<そして 中は?>

よいしょ。
いきました いきました 大丈夫です。

もう 包丁の長さが足りてない。

大胆に。
よよよっ!

よいしょ いった~!
(藤田 杉浦)お~!

お見事!
きれい。 美しい!

いや いいね。 これは おいしいよ。
最高ですよ。

すごい ちゃんと
これ 詰まってる方がいいんですよね?

ぴしっと詰まってるから
最高おいしいです これは。

色も きれいなグラデーションですよ。
結球のしかたが完璧。

結球 完璧ですね。
完璧です。

昔のハクサイは結球しなかったんですよ。

ハクサイの仲間は。
あっ そうなんだ。

それが 中国で結球するのが見つかって
日本に導入されて

日本人が こういうふうに
きれいな結球を作ったんですけれども

結球することによって
この葉っぱの中が真っ白くなりますよね。

そうすると
外側の葉っぱの 緑の濃いよりも

甘くて そして 食感がいいと。

サラダなんかにね 使うとね
おいしいですよね。 おいしいですね。

ですから 結球したものを

現在 食べるようになった
というような感じですね。

おいしさを求めた結果 こうなったんだね。
そうです おいしさですね まずね。

いや~ でも よかった。
ほんとに ハクサイって できるんですね。

できちゃったね。
(笑い声)

こんな ちっちゃかったのに。
できちゃったんだね すごいね。

ほんと
売り物しか見たことないからさ。

いや 売り物しか見たことなくても
作ったのは お二人ですからね。

やった~。 いやいやいや。
すごい。

<ハクサイは 寒さにあたると
葉が厚くなり 甘みが増します。

あとの2つは またのお楽しみ。

さあ 本日ラストは トンネルで保温して
冬の収穫を目指している…>

よっと。
えっ! できてる!

うわ~ いた!
いたいた いたいた。

えっ すごくないですか?

トマト できてるやん。
めちゃくちゃ いっぱいできてるよ。

でも うれしいな。
実なるんだ こうやって 下で。

いや 勝手に生えてきたからね これね。
ねっ。

太陽さんね そっちの方の
わき芽の先端っていうか

主枝の先端は
もう摘んでいいんじゃないですか?

それより長くなっちゃいますから。
摘心します?

はい 摘心して下さい。
分かりました。

<実に栄養を集中させるために
先端を切って 成長を止め

肥料を足しておきます>

できるもんだね。
よいしょ~。

以上ですかね。
お~ お疲れさまでした。

お疲れさんでした。
ちょっと充実感がありましたよね。

今日はね ハクサイがね。
何よりね。

あんなに きれいにね。

こんなね しっかりと巻いて。
すごいよね 結球。

<今日の内容は
「趣味の園芸 やさいの時間」

テキスト10・11月号に
掲載されています。

タマネギの栽培を
詳しく紹介しています。

参考になさって下さい>

お楽しみに。

♬~