あさイチ「プレミアムトーク 坂口健太郎さん」[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

あさイチ「プレミアムトーク 坂口健太郎さん」[字]

▽俳優・坂口健太郎さん▽「おかえりモネ」で話題の菅波先生が登場▽共演者インタビュー&撮影秘話▽「自己愛が強い」と自ら語る素顔とは…?

詳細情報
番組内容
▽プレミアムトーク・坂口健太郎さん▽「おかえりモネ」で話題の菅波先生が登場▽共演者インタビュー&舞台裏エピソード▽「自己愛が強い」と自ら語る素顔とは…?▽特選エンタ 書籍▽グリーンスタイル 秋を愛(め)でる!実ものミニ盆栽【キャスター】博多華丸・大吉、鈴木菜穂子アナウンサー
出演者
【ゲスト】坂口健太郎,【出演】早稲田大学教授/フリー・ライター…永江朗,【講師】園芸家…大島恵,【キャスター】博多華丸,博多大吉,鈴木奈穂子,【リポーター】駒村多恵

ジャンル :
情報/ワイドショー – 暮らし・住まい
情報/ワイドショー – 健康・医療
ドキュメンタリー/教養 – 社会・時事
特性情報 – 中断ニュースあり

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 坂口
  2. 大吉
  3. 華丸
  4. 菅波
  5. 鈴木
  6. モネ
  7. 菅波先生
  8. 駒村
  9. 大島
  10. 小林
  11. 自分
  12. シーン
  13. 気持
  14. モデル
  15. 紹介
  16. 本当
  17. 永江
  18. 最初
  19. LOVE
  20. 百音

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



NHK
created by Rinker
エンスカイ(ENSKY)

生字幕放送です。一部、字幕で
表現しきれない場合があります。

坂口≫おはようございます。

菅波光太朗役をやらせて
いただきました坂口健太郎です。

鈴木≫菅波先生だ。

華丸≫トーンが菅波先生の
ままじゃないですか。

大吉≫ふだんの坂口さんと
トーンが似ているのかなと。

坂口≫似ているところも
あるかもしれませんね。

大吉≫きょうは
結婚おめでとうみたいな感じで。

鈴木≫それでお招きするかと
思ったんですけれど。

大吉≫いったん保留ですね。

心の祝儀袋を1回しまいました。

鈴木≫気になりますけれど
その辺りのことも伺いつつ

今、こちらご覧ください。

菅波先生人気が
SNSですごくって

ドラマに菅波先生が登場すると

SNS上に、こういうキーワード

飛び交います。

これはご存じの方も
いらっしゃいますかね。

#俺たちの菅波とか#ドヤ波

#デレ波、#ポヤ波。

恐らくこれはモネちゃんと
会う約束を取り付けたあとに

いすでぽーっと
なっていたところですね。

華丸≫#休菅日がありますね。

鈴木≫菅波先生がドラマに
出なかった日は

#休菅日となっています。
大吉≫坂口さんはこの存在は

知っていましたか。

坂口≫知っていました。

前半のころに
ディレクターの方から

教えてもらいました。
こんなに種類があったとはね。

鈴木≫菅波先生が結構

強い口調で言ったときには

#菅波砲というふうに
なっているんだと思います。

大吉≫これだけ視聴者の皆さんに
愛されていると思いますけれど

愛されキャラの菅波先生が
ちょっと不器用なところから

ご覧いただきます。

(VTR)
今週、ようやくプロポーズした

菅波先生。
坂口さんの演技に

引き込まれました。

でも初めのころは…。

菅波≫知識を得るのと
試験に合格するのとでは

アプローチのしかたが
全く違います。

理屈っぽい性格で
とにかく恋に不器用。

ロマンチックなはずの
クリスマスプレゼントは

縄跳び?いやいやいや…。
これには登米の人たちも…。

川久保≫ああ、もう、やめやめ!

東京で
運命的な再会をしたときには…。

百音≫先生…。
菅波≫納得いきませんね。

つれないひと言。これがまた
たまらないと

SNSでも話題になりました。
そして、モネがつらい思いを

打ち明けるシリアスな場面では
複雑な心境を繊細に表現した

この手の演技にも
注目が集まりました。

そんな菅波先生を演じる
坂口さんを間近で見てきた

この方は…。

夏木≫坂口さん
おはようございます。

新田サヤカ役の夏木マリさん。

ご自身のSNSでも
菅波先生!じれったいね、もう…。

と、ドラマの感想を
投稿しているんです。

サヤカ≫接してっと
お互いの体温を感じっちゃ?

それが熱の伝導。お先に。

一方、坂口さんの意外な一面に
驚いたそうで。

魅力的なのもそのはず。

元はファッション誌のモデル。
表紙を飾るほどの人気ぶり。

そんなイケてる要素満載の
坂口さんが恋愛不器用な

菅波先生をどのように演じたのか

その秘密をきょうは
たっぷりと語っていただきます。

大吉≫けさのゲストは
坂口健太郎さんです。

鈴木≫夏木マリさんの
コメントがありましたけれど。

坂口≫自分で言っちゃうのも
あれなんですけれど

何度も撮影をテイクを

重ねるときにマリさんが
ごめんなさいねと

全然大丈夫ですよというので
実は意外とすごいんですよ

みたいな現場中に言ったりしてい
ました。

大吉≫バキバキなんですね。

坂口≫バキバキでは
ないんですけれど

体作りをしていたときがあって
その名残があって。

でも、どちらかというと
きゃしゃなイメージがあったので

あまり見せないように
していたんですけれど。

鈴木≫筋肉質なのは見せないで
細身な演技を

心がけていたんですね。

坂口≫やっていましたね。

あまり

肌の露出もなるべく
抑えてみようとか

衣装部さんと
ちょっとお話をさせてもらって

やっていました。

華丸≫果物を投げたら取れない
とかそういうイメージですよね。

坂口≫あれは取らないのが
難しいんですよ。

先に通過してくるものを

つかむというのはすごく難しくて。

大吉≫後ほど伺いますけれど

バレーボールを
やってらっしゃって

なかなかの選手だったと
伺っています。

反射的にあれを
取らないというのはね。

坂口≫あれは難しかったですね。

華丸≫コートより後ろだと
思ったら

いいんじゃないですか。

拾いにいくような感じでね。

大吉≫それだと演技プランが
変わってくるんじゃないですか。

鈴木≫そんな坂口さんに
きょう事前のメールがすでに

2834通届いています。

すごい数なんです。

ほんの一部ですが

多かった質問を貼ってみました。

例えばこちらです。

いつからモネちゃんを
好きと思ったのか

ずっと気になっていますとか

ふだんの坂口さんも菅波先生
みたいな性格なんですかとか。

物語の中盤まで菅波先生は
ちっとも、かっこよく

ありませんでしたが

坂口さんは、どんな工夫をして

坂口健太郎の
かっこいいオーラを消していたん

ですかということです。
こんな質問がたくさんきています。

きょうは皆さんが寄せられた
質問をもとに

時間のかぎり坂口さんに
伺っていこうと思います。

まずはこの質問に

お答えをいただこうと思います。
こちらです。

SNSで

「俺たちの菅波」「菅波沼」の

というのがあって

感想を聞きたいです
ということです。

ここまでフィーバーする
というのは、どうですか。

坂口≫最初は初めて
「俺たちの菅波」という

ワードが出たときに
監督と1回検索をしたときに

その方の感想がきょうも
菅波がまじで

菅波しているみたいなことが
あったんですけれど

すごいのが生まれたなと思って
ここまで大きくなるとは

思っていなかったんですけれど
時々、番組が終わったあとに

調べたときにその回に
僕が菅波先生が

出ていなかったときに
一方そのころ菅波は、みたいな

感じで
視聴者の方が

菅波は、こんなことしていた
んだろうということを

想像で書いてくれていたりして
すごくおもしろいなと

思いましたね。
大吉≫想像以上に菅波先生が

独り歩きしていたんですね。
坂口≫いろんな菅波がいました。

大吉≫そういうものを見ると
ご自身の演技プランが

変わったりしませんか。
坂口≫でも結構…

先に撮っていたことも
ありましたので

逆に、あのときのあのシーンは
このように見てもらったら

おもしろそうだなと
切り替えにもなりました。

菅波に対して皆さんの

想像してくれていることが
すごくおもしろくて

楽しかったです。
今でも検索しています。

鈴木≫きのうご自身の
ツイッターで

#俺たちの菅波と
やってくださっていましたね。

坂口≫すごく迷って
恥ずかしい気持ちも

あるじゃないですか。
自分でけしかけるというのがね。

ハッシュタグをつけるかどうか
すごく1時間ぐらい

迷っていました。

でも盛り上がってくれたらいいな
と思ってつけました。

鈴木≫公認なんですね。
俺たちの、というのは

どういうことなのかというふうに
話題になって

私たちの周りでは

なっていたんですけれど。
坂口≫どうして

俺たちのなんでしょうね。

華丸≫独占したいというかいつ
までも

僕たちの菅波で

いてほしいというか

くっついたら、うれしいけど

くっついてくれるなみたいな
ところがありますよね。

鈴木≫モネの菅波にはね。

華丸≫周りが

きゃぴきゃぴしてなくて2人は
年齢的に大人じゃないですか。

モネのリアクションが
薄くないですか。

<笑い声>
ホルンのときね。

なかなかのタイミングで
サプライズですよ。

大吉≫あれは、なかなかの
手荷物だったと思うよ

持ってくるのはね。
華丸≫ボイラーのね

石井さん演じる。

鈴木≫胸の中はね。

大吉≫恋愛が不器用なところとか

ね。
それが、俺たちの

ということなんですかね。

ちょっと見覚えのあるところが
あると言って

われわれの代表として

俺たちの先生みたいなところが
あるんじゃないでしょうかね。

鈴木≫こんな質問がきています。
実際の坂口さんも

菅波先生みたいな人なんじゃない
かと思っていますということです。

さっき重なるところがあると
おっしゃっていましたね。

坂口≫そうですね…
どうだろうな。

菅波はお芝居をしているときとか
台本を読んでいるときに

なんて言うんだろう…
せりふというか彼が話すことばを

なんて言うんだろうな

ちゃんと頭の中で解釈をつけて
話すことが多いなと

思っているんです。

硬いせりふだったりとか

それこそ前半の部分だと

彼はなんでこのような
せりふを吐くんだろうとか

モネに対して何でこんなことを
言うんだろうと

ずっと考えていたときに
なんだろうな

彼の言い回しだったり

もちろんせりふを吐くのは
僕ではあったりするんですけれど

ことばを言ったもう一層
先のところに

きっとこういう思いがあるんじゃ
ないかと頭の中で考えていたら

どんどんどんどん菅波光太朗と
いう役のことが好きになってきて

彼のためにこういうふうに
言ってあげたいなとか

共感ですね

彼に対して共感もするし
モネに対してすることによっても

菅波だったらこうだろうなと
すんなりいく瞬間も

多かったですね。

大吉≫似ている似ていないか
どうか分からないけど

共感はしていたということですね。

鈴木≫強引かもしれませんが

坂口さん菅波がリンクしていた
というシーンがあります。

こちらをご覧ください。

(VTR)
気象予報士の試験に合格したモネ。

そのあと、喜びを
1人かみしめる、この場面で。

力みすぎて、机の上を
ひっくり返してしまいます。

実は、このシーン
リハーサルでは、トレーを

はじき落とすだけだったのですが
照明まで落ちてしまったのは

本番のアクシデントなんです。

坂口さんの素の慌てぶりも
ちょっと感じられるシーンです。

華丸≫いい感じに照明が
当たっていますね。

坂口≫カットがかかったときに
照明部さんが

わあ!となっていました。

全然分からなかったんですけれど

照明を落としてしまいました

と思ったんですけれど
落ちたときに

どうしても暗くなってしまうから

そこを光量を
上げたいんですけれど

そこに仕込めなかったんですね。
うまい具合に落としたと

落ちたところが

照明にあたって

わりと奇跡が起きたみたいな感じ
でした。

大吉≫改めて見たらドラマとは

思えないほどの
慌てぶりでしたよね。

坂口≫難しかったです。
どうやったら自然に転べるか

というか、そういったことも
菅波は、ちょこちょこ何だろうな

すってんころりんというか
あったりしますので

それは難しかったですね。
鈴木≫今のシーンでいうと

もともと、これは台本だと
ガッツポーズをしたときに

肘を打つはずだったんですけれど
坂口さんのアイデアで

菅波らしい動きとして
トレーを片づけるときに

力がこもってトレーをはじくよう
な動きということになりました。

「おかえりモネ」の
一木ディレクターの話です。

このときに転んで

照明も落ちてしまって菅波らしい

かっこ気持ち悪さが絶妙でした
ということです。

一木ディレクターが
かっこ気持ち悪いというふうに

先生のことを言っていました。
坂口≫言われましたね。

序盤、いろいろ撮っていって

菅波の内面というか

モネに対して波が出てきたときに
カットがかかって

スタジオから出るときに
きょうも絶妙に

かっこ気持ち悪かったですと
一木監督が言ってくれました。

すごくそれがキュートに
見えていたらいいなと

思っていたんですけれど
それは演出の、ただただ

かわいらしいだけではなくて
かっこいいだけでもなく

気持ち悪いと言ってしまうと
あれですけれど

それだけではなくて
いろんな見え方ができたらいいね

という話をしていました。

鈴木≫しぐさだったり思いが
空回りしてやってしまう

ちょっと女性としては
ないわみたいなところも

あるんですけれど、そういった
ところがかっこ気持ち悪い

でも愛すべき感じがありますよね。

坂口≫菅波の役というのは
台本で見ると

こういうふうにやってみようか
というふうになったときに

おもしろいことが出てしまう
役だったんですね

転んでみたりとか
気持ちが高ぶったときに

どんどんまくしたてたり
するところとか

でも、おもしろいよねと
やりすぎてしまうと

きっとなんて言うんだろうな

しつこいというか。

だから

本気でやっている様って

ちょっとくすっと笑えたり
するじゃないですか。

そっちの方向でやってみようか
ということは

序盤に話はしていました。
鈴木≫やりすぎないということ

ですね。

菅波先生はそういった意味では

一筋縄ではいかない人物だと

思うんですけれど、その辺り
お相手役のモネ役の清原果耶さん

はどう思っているのか
伺ってきました。

(VTR)
清原≫坂口さん

おはようございます。清原です。
朝からお疲れさまです。

2人の結婚が
保留になったことについて伺うと。

菅波先生を演じる
坂口さんの魅力について

このように感じたそうです。

華丸≫え?もう結婚しました?
妻の言い方ですよね?

大吉≫それは、この先のお楽しみ。

鈴木≫清原さん、菅波って
言うんですね。

坂口≫そうなんですよ。

果耶ちゃんはお芝居の段取りとか
リハーサルをするときに

僕だけ菅波なんですよ。

鈴木≫ほかの役名は
さん付けなんですね。

坂口≫最初からそうなんですよ。
一度話したことがあって

彼女も、私って

なんで菅波なんだろう?と
おっしゃっていたんですけれど

僕だけ菅波なんですよね。
おもしろいというか。

それもどこか
「俺たちの菅波」に通じるものが

あるような気がするんですけど。

菅波だけ、菅波先生じゃなく

菅波さんでもなく菅波だそうです。

鈴木≫何だろう、2人の絆を
感じましたけど

今回、最初共感されたと
おっしゃっていましたが

最初、台本を読んだときから
共感されたんですか?

坂口≫最初は

なんでこんなひどいことを
言うのかな?

こんなきついことを言うのかな
と思っていました。

序盤、彼の中に何を

抱えているのか
全く分からなかったので

きっと何か過去にあったりするん
だろうなと思っていたし

人間誰でも
何でもあるじゃないですか。

心の中に痛みを伴ったりとか。

その痛みの、何だろう…
耐性は人それぞれだろうし

何か過去にあったんだろうなって
ぼんやり思っていたんですけれど

それを知る前にも

お芝居はしていたので。

大吉≫そういう設定は
知らされぬまま台本を

渡されるんですか?
坂口≫そうでしたね。

でも、なんとなくあるよ
というのは

言われていたんですけれど
こういう過去があったんだという

のは台本をもらってから
知ることが多かったので

おもしろかったですけどね。

自分でも結末まで分からないから
こそ、こんなふうにやってみよう

とできるとかありますから。

鈴木≫伺っている話だと事前に
菅波の…菅波先生の

キャラクターを綿密に組み立てて
演技に臨まれたと聞いています。

今回、坂口さんが考えた

モネちゃんへの
感情のバロメーターを

私たちグラフにしてみました。

これも坂口さん
スタッフとの打ち合わせで

すごく時間をかけて
じっくり一緒に考えてくださった

ということなので
これでモネちゃんへの感情の

高まりを見ていきましょう。

出会いのところは0%ですね。

華丸≫30%。
何が起きたんだろう?

鈴木≫LIKEからLOVEに
変わっていることに

気付きましたか。

華丸≫3割超えるとLOVE。
世界基準なの?

でも登米までは
LIKEなんですね。

鈴木≫そこが
ポイントになってきます。

恋愛感情の変化を

東京に行くまでの登米編の
映像で振り返ってみます。

(VTR)
菅波≫駄目ですよ、真に受けちゃ。

あなたのおかげで助かりました
っていう、あの言葉は麻薬です。

坂口さんによると出会った当初の
恋愛感情は0%。

一目ぼれじゃなかった
ってことですね。

その後、偶然
2人が乗り合わせたときが

ありました。

≫すいません…あの、すいません。

こんなに接近してちょっと

モネを意識し始めたかな?
と思うのですけど…

坂口さんの見立てではここも
0%なんです。

菅波≫気象予報士試験
受けるんですか?

百音≫気象予報士の仕事に
興味があって…。

気持ちが動き始めたのは
モネに気象の勉強を

教えるようになったとき
なんだそうです。

百音≫あっ、私

超大型台風が来た日に
生まれたんです。

30%に上昇しました。モネに
誕生日プレゼントを贈ったとき。

菅波≫誕生日プレゼントです。

9月生まれでしょ。

1995年の台風の日に
生まれたなら。

得意の理系スキルで
モネの誕生日を的中。

坂口さんは、ここが
菅波先生が

モネに意識を持ち始めたときだと
考えたそうです。

千代子≫あの2人…。
里乃≫でも、まさがぁ。

みよ子≫あんでねえの
あんでねえの。

意外にあっかもよぉ!?

やがて、菅波先生はモネから
つらい経験を打ち明けられます。

百音≫私が自分の夢を追って
離れてしまっている間に

また…
大切な人が、何か…

つらい目に遭ったらって。

妹に言われたんです。

「お姉ちゃん
津波見てないもんね」って。

菅波先生は
手を差し伸べることができません。

でも、このとき、それまで
LIKEだったモネへの気持ちが

LOVEに変わった

ということですが、坂口さん

いったいどういうことですか?

坂口≫やっぱり最初は

この表をディレクターの方と
作らせてもらったときに

どこか、ソウル的なもので
ひかれ合ったんだろうなと

思ったんですね。
愛情もそうなんですけれど

彼女と一緒に過ごすことによって

それまで菅波の持っていた
他人との壁であったり

そういうところを彼女が
少しずつ溶かしてくれて

きっと菅波はモネによって逆に
救われているところが

あるだろうし
ここのシーンで

手を差し伸べられなかった

まだ手を差し伸べる資格が
僕にはないのかなと感じたときに

彼女が初めて弱さを見せてくれて
その痛みを知って

そこでちょっと意識が

変わったんだろうなっていうのは
きっかけにはしましたね。

鈴木≫今までソウル的な部分

というのはLIKE
人として好きだった。

坂口≫そうですね。
ソウル的なものは、ずっと

続いていると思うんですけれど
二重線じゃないですけれど

そこにちょっとずつ

彼の、好きだな、いとしいな

という気持ちが
生まれたんだろうなと思います。

大吉≫LIKEから
LOVEになったとはいえ

パーセンテージとしては
低いですよね?30%。

どうなんでしょうね?何%で…
僕らも、一視聴者として

見ていたから
いつの間にかつきあっている?

どうなってる?この2人って。
華丸≫きゃぴきゃぴしないからね。

大吉≫勝手に離島の若者って
イメージしながら

ロケ先で見かけた
あの人たちはって

もっと進んでいないのかな?って。
坂口≫そうですね。

だから、たぶん
この30%の

LOVEに変わった瞬間も

本人は
気付いていないんだろうなと

自覚ができていないというか。

華丸≫いつもそばにいた状態から
モネが東京へ行くからですね。

坂口≫手を差し伸べられなかった
ときに何かが生まれて

ちょっとずつ上がっていく

きっと頭で考えてしまう
男の子だから

自分の心の動揺というか
そういう感情の変化にも

まだ気付いていないけれど

きっと30%、そのときが
きっかけだったのかなと思います。

鈴木≫打ち合わせのときには

LIKEとLOVEの違いに
ついて熱く語ってくださった

と聞いていますけれど。

坂口≫なんて
言っていたんだろう?

鈴木≫今のような
お話だったと思いますが

ご自身がLIKEからLOVEに
変わるというのは

どんな感じなんですか。
華丸≫坂口として。

坂口≫でも…なんだろう。

LOVEのほうはきっと
自己犠牲ができるというか

相手のために…

LIKEのときに
好きだ好きだと言うときは

自分の主観だと思うんですけれど

自己犠牲できるのが
LOVEなのかなと。

なんか恥ずかしいな。
<笑い声>

鈴木≫すみません、そんなことを
語らせて。

ちょっと菅波先生と

そういうところも

重なってくるかなという感じも
したんですけれど

菅波先生の話に戻って
微妙な気持ちの変化を表すために

坂口さんが、みずからシーンの
追加を提案した箇所があるという

ことです。

(VTR)
こちらのシーン

菅波先生の紙袋に注目。

菅波≫中、入りましょう。

雨、降ってきました。

坂口≫覚えています?

初めは自分のリュックを傘にして

モネに掲げる演出を
提案していたんだけど

坂口さんが紙袋にしま

しょうとアレンジして

いつも論文を入れて大事そうに
抱えていた紙袋だから

っていうのを
一木ディレクターから

聞いています。
坂口≫そうだったかも

しれないですね。

リュックだったのか別のもので
雨をガードしていたときに

距離感がちょっと

近かったんですね

モネとの。
もうちょっと

くっついていたんです。

たぶん

自分の中だけなのかも

しれないですけど
ちょっと近すぎて

まだそこまで菅波は
近づけないかもしれない。

本当にささいなあれなんですけど

そのときに
じゃあ、紙袋を使ってみようかと。

自分がすごく大事にしている
もので彼女を守る姿というか

なんかそれはいいかもしれない
ですねという話にはなりました。

鈴木≫大事なものを
使うんだけれども、でもやっぱり

距離感は保っていなきゃいけない
という。すごく細かいですね。

坂口≫そういう瞬間は
ありましたね。

鈴木≫そして再びグラフに
戻りますけれども

今度はLIKEからLOVEに
恋を意識し始めたころ

モネは気象予報士の夢を追って
東京に行くことになります。

そのあとは順調に
ぐぐっと上がっていくんですよね。

この気持ちの変化、東京編の
映像で確認しましょう。

(VTR)
モネと大都会の東京で

運命的な再会をしたのに…。

百音≫先生…。
菅波≫納得いきませんね。

東京は
人口1300万人ですよ?

そう簡単に会えるはずがない。

相変わらずの菅波節。

でも坂口さんによると

うれしかったみたいで35%。

その後、東京で
仕事をするようになった2人。

坂口さんが

40%に感情を引き上げたのが
こちらのシーン。

菅波≫じゃあ、一緒に帰りますか。
百音≫え!?

菅波≫あっ、いや…。

百音≫あっ、待っててください!
ここ、ここ…いてください

荷物取って…。
菅波≫小学生か。

さりげなく誘ったつもりが
モネがどぎまぎしているのを見て

また5%上がったみたいです。

そして、坂口さんが

一気に60%に上げたのが
このシーン。

菅波先生はモネに
自分が抱える挫折を打ち明けます。

菅波≫ホルンの演奏家で
有名な楽団の団員でした。

彼がプロの演奏家に
復帰することはありませんでした。

彼の胸を開いてみたら
病気が進行していて。

菅波先生は
みずからの医療判断で

ホルン奏者の宮田の人生を
狂わせてしまったと思い詰めます。

そっと手を当てるモネ。

坂口さんによると、このときが

はっきりとモネへの恋心を
自覚した瞬間なんだそうです。

芽生えた恋心は、ぐんぐん上昇。

モネの父親にも

こんな男気を見せました。

菅波≫永浦さんにもし何かあれば
僕にできることはするつもりです。

かっこよく決めたんですが
そこは、やっぱり菅波先生。

菅波≫そういえば、永浦さんって
百音さんっていうんですね。

百音≫はい?
菅波≫モネさんかと思ってました。

本名、知りませんでした。

菅波≫行きますか?

初めてデートに誘ったときは
80%。

菅波≫サメを見に行きませんか?
≫サメ?

両思いになって勢いづく菅波先生。

「あさイチ」でも
ざわついたのが、こちらのせりふ。

菅波≫見せつけますか?

意外な部分を見せてきた
菅波先生。

華丸さん、言っていたコメント

朝ドラ受けで、覚えています?

華丸≫らしくないからね。

坂口≫あのシーンは

難しかったです。台本を見て
見せつけますか?というの

すごくないと
思っていたんですけど

どんどん彼女に恋心を
抱いてからの菅波って勝手に

いっちゃっているじゃないですか。
その様がすごくかわいいなと

思っていたんですけど
結構すごいのがきたなと

思っていましたね。
鈴木≫東京編にいってからは

一気にその気持ちが

加速していったから
その辺は自分自身の演技も

かなり勢いづかせて

いったんですか。

坂口≫それこそ傘を持つシーン

序盤で菅波が
モネがカキを持っているときに

全くそれにも気付かない
菅波がいて。

鈴木≫荷物を持ってあげなかった
っていうときですね。

坂口≫雨が降ってきて持ちますと
あそこら辺は

なかったんです。台本に。
カットが続く間は

お芝居していたときに
モネが傘を差してくれて

持ちますと
一緒にはけていくというか

そのとき監督に
あのときは箱を

持ってあげなかったのに
やっと持てるようになったんだね

みたいなことは言われて
本当に、ことばだけじゃない

ちょっとずつの変化みたいな
ものは

ちょっとずつ作りながら
やっていましたね。

鈴木≫結構、そういうのは
アドリブでやってみるんですね。

坂口≫アドリブのときもあります。

でも、ほぼほぼ決まっていること
ではあるんですけれども。

大吉≫こういう思いはモネちゃん
と話したりはするんですか。

今は何%というと。

大吉≫コインランドリーで会った

時点で100だろうと
思っちゃうんですけど

まさか30だとは…
あのときは35?

坂口≫果耶ちゃんと一緒に
お芝居するときに

こんなことを
こんなプランがあるんだよ

じゃないですけど、このお芝居を

こういうことをやってみようか
っていうのはほぼ話さないですね。

すごくそのまま
すんなりいくというか

もちろんちょっと緊張感のある
シーンとかこのときに

そのせりふを引き出すためには
こういうふうにやってみるね

という
会話をするんですけど

じゃあ最初に入って
こう動いてみようかと

とても、すんなりいくというか
それは不思議でしたね。

鈴木≫そして今週ようやく
菅波先生がモネに

プロポーズをしました。
プロポーズに関しても皆さんに

たくさんメールを
いただいています。

坂口さんが力を入れたという
プロポーズのシーンを

改めてご覧いただきます。

(VTR)
菅波≫僕は、あなたといると

自分が、いい方に
変わっていけると思える。

多分、これからも。

違う。

百音≫ん?

菅波≫理屈では、そうだ。
でも、理屈じゃない。

何なんだろう、僕らの今の生活。

今までの生活。どう思う?
あなたは今、どう思ってる?

顔を見れば、うれしいし
声を聞けば、ホッとする。

離れる時は、もう少しこの時間が
続けばいいのにと思う。

これだ。

この…感情が全てだ。

結婚したいと思ってる。

鈴木≫ジェットコースターの
ように1人で感情を。

坂口≫1人で…

そうですね。
大吉≫トーンだけでいうと

松岡修造さんみたいな
感じですよね、熱さというか。

坂口≫このシーンは
モネも、ほぼしゃべらず

僕がずっとしゃべっているので

どうやって考えていたんだろう?

でも、これだこの感情が

すべてだというときに

きっと菅波は一気に
気付くんだろうなと

しゃべってるときは全然
分かっていなくて

いいんだろうなと思っていて

でも、わりとすんなり
段取りをしてテストをして

じゃあ撮りましょうと
撮ったんですけど

カットがかかったあとに

監督がスタジオのほうに来て

いやあ、おもしろかった!

ある種、舞台を見ているような

菅波劇場じゃないですけど

そういうことを
おっしゃってくれて

1人で暴走機関車のように
ばーっと言っているのは

エネルギーがいりましたね。

でもなんか
彼の中で決まっているんだけど

言うことばは
決まっているんだけど

どうしたらいいのか

それを話していく間に自分でも

訳が分からなくなっちゃって

みたいなときは僕もちょっと
訳が分からなくなっちゃった

ときもあったんですけどわりと
やっていて楽しかったですね。

鈴木≫このシーンに
すごくたくさんメッセージを

いただいています。
愛知県の方からです。

プロポーズじれったいと思いつつ

途中、松岡修造さんか

というぐらいの熱量で

突っ込みました

何言ってるのよ
でも菅波先生らしい

プロポーズですごくよかったです。

ちょっと笑えたけれど

気持ちのこもったプロポーズ
すてきでしたといただきました。

大吉≫ただグラフを見ると

プロポーズの段階でもまだ98。
華丸≫2残しです。

坂口≫僕こういうとき
100にしたくないんですよ。

100にしてしまった瞬間に
お皿が満杯になってしまう

気がして

ちょっとだけまだ乗れるんだと

乗れるんだぞとずっと

思っていたりというか
完成はもちろん

目指さなきゃいけないんですが
完成したもの

完成してしまったものよりは
目指しているほうがすてきだなと。

大吉≫1回100にいって

120
そういうのは、なしなんですね。

鈴木≫最終回までに
まだ時間もあって2人の気持ちが

どうなるのかなというちょっと

そういう気になるところも
あったり。

愛知県の50代の方です。

2人はどうなってしまうのか

モネと結婚してほしいのに

亮君が涙をのんで諦めたのだから
どうか絶対に結婚して

というメッセージも
たくさんいただいています。

ちょっとこのあとどうなるのか。
坂口≫楽しみだと思います。

華丸≫モネは何%あるんですか?
リアクション薄いから。

大吉≫そういう粉の夜をモネ

大吉≫そういう子なのモネは。

鈴木≫

飛び込んでいった合い鍵の
あのときぐらいですよね。

華丸≫川沿いでね。
鈴木≫菅波先生の魅力って

改めてどういうところだと
思いますか坂口さん。

坂口≫でも菅波の魅力が
出てきたというのは

モネに会ってからなんですね。
菅波自身ももしかしたら

あるのかもしれないんですけど
彼女と出会って

いろんなものに彼女と
共感するようになって

それが例えば楽しいことだったり

悔しいことだったり、痛み

いろんなことを
共感するようになって

すごく今回の中で菅波の
変化ってすごく大きい

僕の役の中でいちばん大きいなと
思っていたんですけど

ちゃんとその変化を

少しずつ丁寧に見せれたから
菅波の魅力につながっていったん

だろうなと思いますね。
でもいろんなことを

とても大事にする
男の子になったなと思います。

ことばの一つ一つだったり選び方
話し方だったり、それは彼が

モネに会って
森林組合の人たちと会って

少しずつ変化をしていったから
こそそういう青年に

なれたのかなと思います。
鈴木≫本当に地道に感情の変化を

計算しながら意識しているんだ
ろうなと思いました。

大吉≫ここまで繊細な
お仕事なんだなと思いました。

鈴木≫毎日15分の
朝ドラだからこそ

私たちも感じられるから。

生字幕放送です。一部、字幕で
表現しきれない場合があります。

9時になりました。
ニュースをお伝えします。

国連総会に合わせてニューヨーク
を訪問中の茂木外務大臣は

ロシアのラブロフ外相と会談し

北方領土問題を含む

平和条約交渉が停滞する中、

今後も日ロ関係全体の発展に
向けてさまざまな機会を通じて

議論を継続していくことを
確認しました。

茂木外務大臣とロシアの

ラブロフ外相は

対面ではおよそ1年7か月ぶりに

30分程度、会談し

停滞している北方領土問題を含む
平和条約交渉や

共同経済活動を巡って
議論が行われました。

両外相は日ロ関係全体の
発展に向けて

今後もさまざまな機会を通じて
議論を継続していくことを確認し、

新型コロナウイルスの感染状況を
見極めながら

首脳会談や外相会談を
調整していくことになりました。

一方、先にプーチン大統領が

北方領土で日本をはじめ

外国の企業からの関税を免除する

区域を導入すると発表したことを
巡っても意見が交わされ

茂木大臣は日ロ双方の法的立場を
害さない形で行う共同経済活動の

趣旨と相いれないなどとする
日本の立場を伝えました。

また茂木大臣は

中東カタールのムハンマド外相と
会談し

カタールがアフガニスタンで

再び権力を握った
イスラム主義勢力タリバンと

関係を築いていることを踏まえ
今後の対応などを巡って

意見を交わしました。
茂木大臣が現地に残る日本人や

日本大使館のアフガニスタン人

スタッフらの速やかな出国に
向けて協力を求めたのに対し、

ムハンマド外相は
最大限協力したいと応じました。

家庭で消費するモノやサービスの
値動きを見る

先月8月の消費者物価指数は

天候による変動が大きい
生鮮食品を除いた指数が

去年の同じ月と比べて
横ばいでした。

消費者物価指数は前の月まで

12か月連続で前年を
下回ってきましたが

ガソリンや灯油など燃料価格が
値上がりしていることなどから

下落に歯止めがかかりました。
EU・ヨーロッパ連合は

域内で販売される

スマートフォンなどの
充電器の端子について

廃棄物を減らすため
USBタイプCと呼ばれる規格に

統一することを盛り込んだ法案を
発表しました。

それによりますと
充電器の端子の規格を

USBタイプCに統一することで

電子機器のメーカーに

かかわりなく
同じ充電器が使えるようになると

しています。
EUは年間およそ1000トンの

廃棄物の削減につながるとして
います。

法案が成立すれば
業界が対応できるよう2年間の

移行期間が設けられます。
ただ、アメリカのアップルは

異なる規格を
採用していることから商品戦略の

変更を迫られる可能性があり
技術革新を抑制しヨーロッパや

世界中の消費者に害を及ぼすと
反発しています。

では全国の天気、雲の様子です。

北海道の雨雲は
東へ抜けつつあります。

きょうの天気です。
日中は広い範囲で晴れるでしょう。

東北や北陸では、ところどころで
雨が降りそうです。

関東も夜になると
にわか雨の所があるでしょう。

沖縄は晴れますが、一時的に
雷雨になるところがありそうです。

大吉≫きょうの「あさイチ」は
「俺たちの菅波」祭り開催中です。

引き続きやりましょう。

鈴木≫この放送中だけでも

1200通以上のメッセージが
届いています。

事前のものと合わせると
4000通、すごい数です。

ありがとうございます。
ご紹介してます

山形県40代の方です。
菅波先生は実に医師らしいです。

私は看護師で多くの医師を見て

きました。夫も医師です。
ですからよく分かります。

突拍子もないところも
実に医師らしい。

納得の医師でしたよ
ということです。

静岡県30代の方からです。
小学4年生の息子が菅波

キュンキュンするねと
毎日見ています。

小学生でも分かる恋愛もようで
教育になりますということです。

坂口≫うれしいですね。

鈴木≫さらに皆さん

本当に細かいところを見ています。

サメ展デート前に携帯電話を出す

ときにポケットの裏地が出ていた
ところ、たまたまですかという

メールがたくさんきていました。
そのシーンを

ご覧いただきましょう。

(VTR)

明日美≫はい、オーケー!
未知≫ありがとうございます。

菅波≫じゃあ、行きますか。

菅波≫あっ、ごめんなさい、僕だ。

鈴木≫ここですね。

華丸さん気が付いていましたか?

華丸≫気が付いていませんでした。

鈴木≫さすがの華丸さんも

気が付いていませんでした。
計算ですか?

坂口≫わざとやっていました。

段取り
リハーサルをやったときに

たまたま出たんですよ。

これってすごい菅波っぽいよね
という話になって。

意外と気付いていないときに
やったときに

出たのはよかったんですけれど
意識するとすごく難しくて

ポッケの内側が出てしまうのが
菅波っぽいなと思って

やっていました。
大吉≫わざとだったんだ。

鈴木≫ほかにもありましたか?

そういうシーンが。
とにかくたくさんメッセージが

きています。

坂口≫もう1回ぐらい
あったと思います。ありましたね。

鈴木≫ここまで菅波先生を

演じる坂口さんのこだわりを
お伝えしました。

ここから坂口さんが

どのようにして俳優の道を

歩むようになったのかを
ご紹介していこうと思います。

大吉≫パネルがあります。
2010年

もともとモデルさんとして。

坂口≫「MEN’S
NON-NO」のモデルを

やらせてもらっていました。
大吉≫そもそもモデルになろうと

思ったきっかけは何ですか。

坂口≫きっかけというのも単純で
モデルってかっこいいな

みたいな感じだけだったんです。
ですからそのときは

洋服が好きだったんですけれど
まだまだ高校を卒業したぐらいで

こんなブランドが好きで
というのは本当にまずなくて

かっこよさそうだなということで
やっていました。

それが19歳ぐらいのとき
だったと思います。

大吉≫8時台に言いましたけれど
バレーボールをやっていて

高校を卒業して
何をやっていたんですか。

坂口≫大学に行っていました。
大学1年生のときはバレー部に

ちょっと入ったんですけれど
キャンパスが違くて遠くて

やめてしまいました。

大吉≫練習に通うのが
大変だったんですね。

坂口≫それぐらいのときに…

18歳の7月ぐらいに応募して

大学1年生のとき

そこからは、しばらくモデルを
やらせてもらっていました。

華丸≫2010年の雑誌なんです
けれど、情報によると

当時、専属モデルさんが
表紙を飾ったのは

20年ぶりなんだそうです。

この雑誌の専属のモデルさんが

それまでは
人気の俳優さんがやっていて

20年ぶりに実は坂口さんが
表紙を飾ったということなんです。

坂口≫すごいですね。
鈴木≫このときの心境は

どうでしたか。
華丸≫20年ぶりだよ

というのはどうでしたか。
坂口≫20年ぶりというのは

知らなかったんですけれど
1つの雑誌のモデルを

やらせてもらっていた中で
表紙というのは特別なものだな

と思っていたし
どうせ、というのも

なんですけれど

「MEN’S NON-NO」
モデルをやらせてもらっている

間にモデルとして
表紙を飾りたいなという気持ちは

ありました。
すごくうれしかったです。

大吉≫阿部寛さんとか
風間トオルさんとかも

そうなんですよね。

モデルさんの時代の
写真ですけれど、ちょっと前

モデルさんに応募したときの

オーディションの写真も
お借りできました。

鈴木≫18歳のときですか?
坂口≫18歳です。

華丸≫面影があるな。

大吉≫でも、モデルさんに

なりたいんですよね?という
写真ですか?

もうちょっと洋服とかさ…

坂口≫制限というか

体のラインが見えるようにという
短パンをはいて

というのがあったんです。
大吉≫タンクトップと短パンが

条件だったんですね?
すみません、条件を知らずに。

手ぶらすぎるだろうと思って。

もっとおしゃれな洋服を着てと
思ったんですけれど。

坂口≫立っただけの写真を
撮らなくてはいけなかったんです。

バレー部のときに着ていた
練習着でした。

大吉≫スポーツメーカーの
ブランドですね。

NHKですのでこれ以上は
言えませんけれどね。

<笑い声>
鈴木≫やっぱり

筋肉が分かりますね。
坂口≫かっちりしていました。

華丸≫身長はどれくらいですか?
坂口≫183ぐらいですね。

大吉≫これは
たまたまなんですけれど

背が高いですよというのが
分かりますね。

坂口≫本当に
たまたまなんですけれどね。

大吉≫モデルさんになって
どうでしたか。

坂口≫楽しかったです。
でもすごく、一瞬の

スチール写真とかって
一瞬の表現というか

お芝居となると動いたり

動きの中での表現なんですけれど

瞬間的に自分が
主役じゃないというか

服のよさを出すというのは
すごく難しかったですね。

でもお芝居をいちばん最初に
やらせていただいたときに

モデルをやっていたからか

なんか、しゃべっていなくても

いいね、みたいなことを
言ってもらえたことがあって

それはもしかしたら

6年ぐらいモデルで

1枚で表現しなくてはいけないと
いうことを

やらせてもらっていたからなのか
なということ思いました。

大吉≫ニュース中に
言っていましたけれど

ゲームの声のお仕事も
されていたんですね。

とある謎解きのね
ヒット作なんですよね。

あれも演技の勉強をしないで?

坂口≫まだまだ本当に
始めたぐらいのときだったと

思います。

大吉≫素質が

おありなんでしょうね。

鈴木≫俳優として活動を
始めたわけですが

なんといっても

一躍有名になったのが
2016年の朝ドラ

「とと姉ちゃん」だと思います。
植物学者を目指す

帝大生を演じました。

星野≫星野です。星野武蔵。
僕は、まだ研究者として

何の成果も上げられていない。

十分という表現は
当てはまりません。

これは…。

ゲラニウムです!

ゲラニウム・カロリニアヌム
なんです!

鈴木≫「とと姉ちゃん」
懐かしいですね。

このときもやっぱり
癖のある役でしたね。

坂口≫そうですね。
星野武蔵は癖がありましたね。

いちばん最初のカットが

僕の植物を調べている
お尻から始まるんですよね。

お尻から始まったことは
今まで一度もなかったので

なかなかないんですよね。

でも、彼もすごく
とってもキュートな子で

お芝居をしていて楽しかったし

楽しかったですね。

僕はきっと演じさせてもらう役に
恵まれているというか

本当に今回の菅波も
そうですけれど

ああいうお医者さんを
作ってくれて、果耶ちゃんと

モネとお芝居をさせてもらえて
うれしいですね。

ちょっとやっぱり変でしたね?

華丸≫身長が高いから
昆虫博士に見えないというか

演じるのは
難しかったんじゃないですか?

植物博士。
坂口≫そうですね、でも

せりふは難しかったです。

植物のせりふとか。
華丸≫専門用語がね。

坂口≫今回も勉強会のシーンとか

僕が自分で何をしゃべっているか
分からなかったんですよ。

これがこうなったら水ができて
雨なんですよとか

1回、気象の先生に

勉強、学んでというか

だからこうなるんだということを
1回、聞いてから

自分で理解をして、しゃべる
ということをやっていました。

鈴木≫「とと姉ちゃん」とか
今回のモネちゃんとか

朝ドラが1つ

きっかけになっていますか。
大吉≫「おかえりモネ」も

坂口さんにとっては
ステップアップというか

上にいかれるような
作品になったと思うんですけれど

これからこの仕事に対して

大切にしていこうというか

こんな心構えでやっていくという
のはありますか。

坂口≫これはちょっと
最初言われて

気が付かなかったんですけれど

自分の評価、自分自身の評価を
自分でしなさいということを

わりと小さいころから父親に

言われていたんですけれど
言われ始めのときは

おやじが何か言っているな
というぐらいだったんですけれど

こういう仕事をして

ちょっとずつ表に
出るようになって

今、自分でいちばんそれを
大事にしているなと思っています。

意外といつも
ポジティブシンキングというか

何かで食らうことも
あまりないんですよ。

それはきっと、どこか

自分をちゃんと

それはもちろん自分のことを

怒らなくてはいけないし

でも自分にいちばん優しくあれと
思っていて、それは

大事にしているかもしれませんね。

大吉≫自分で自分の評価を
していきたいということですね。

いろんな声がダイレクトに
役者さんとかは

届く時代ですからね。
僕らもそうですけどね

それも無視するということは
もちろんだめだと

思うんですけれど
向き合い方というのはね

今後ますます
大事になっていきますね。

大吉≫次のコーナーも
おつきあいいただきます。

本が大好きな坂口さんに
ぴったりのこのコーナーです。

小林≫「特選!エンタ」の
コーナーです。

きょうは秋をテーマにした
書籍をご紹介してまいります。

いろんなタイプの本が登場します。
選んでくださったのは

出版業界に詳しい永江朗さんです。
坂口さんはふだん本を読むとき

テーマ、ジャンルは
どんなものを選んでいますか。

坂口≫もともとは
すごく歴史小説が

好きだったんですけれど

最近はそれこそ
おすすめ本を

読むのが好きです。
おすすめされたものは

その方のおすすめポイントが
あるじゃないですか。

それを考えながら読むと
普通に買って読むときも

もう一層、楽しく読めるなと
思っています。

小林≫まずは秋をテーマに
ずばり

読書の秋ということで
本をご紹介している書籍です。

「わたしのなつかしい一冊」。

池澤夏樹さん、江國香織さん
養老孟司さんなど

著名な作家、評論家、学者ら50

自身の人生に影響を与えた

とっておきの1冊を
紹介する本です。

どんなところがポイントですか。

永江≫毎週土曜日全国紙の朝刊に
連載されているコーナーなんです。

書評欄の中の一部なんですけれど

いろんな方が懐かしい
とっておきの1冊を

紹介しています。
おすすめポイントの中に

条件があります。
今でも紙の本として

販売されている本なんです。

昔、読んだんだけど、でも

今でも現役で読まれている本
ということが

とっておきの本として
紹介されています。

読むと
われわれも懐かしいなこの本、と

いうこともありますね。
例えば、落合恵子さんが

紹介しているのが
絵本の「はなのすきなうし」

という本です。

すごく優しい牛の話で優しすぎて

闘牛をクビになってしまうという
そういう牛の絵本です。

そうかと思うと
辛酸なめ子さんは「方丈記」。

なんで「方丈記」かというと
コロナ禍に

ぴったりじゃないかということで

戦乱のいろんな

京都を舞台にした

今ぴったりではないか
ということで

ワーケーションの
先取りではないかという

ことを言っていました。

小林≫意外なことが楽しめます。

ちなみに坂口さんを思い出に
残っている本はありますか。

坂口≫僕は

「かもめ」という書いた

チェーホフが書いた「かもめ」と
いう

小説があるんですけれど

初舞台に出せてもらったときに
「かもめ」の舞台で

出せてもらいました。

このときに何度も
何度も読み返して

役の気持ちを考えるということが

なかったんです。
それは今でもすごく

心に残っているし
これからも残り続ける作品だと

思います。
小林≫役者さんの場合は

読んで演じるという
接し方ですので

われわれとは本の読み方が
変わってくるかもしれませんね。

ちなみに皆さんも思い出の本が
ありますか。

大吉≫「かもめ」。
<笑い声>

小林≫ほら。

華丸≫私、本当いいですか

僕は「火車」です。

なんでかといいますと

大吉さんが

まじで若いときに本当に
お金にルーズだから

これを読みなさいと
渡してくれたよね。

永江≫カードローンの話ですね。
まだ読み切れていません。

華丸≫20代でこういうことを
見抜くなと思いました。

小林≫宮部さんの本で話題に
なりましたね。

大吉さんも勧められたんですね。
大吉≫

われわれは

そういう気があるよということは

上の方に皮肉られて

読みなさいと言われました。

華丸≫思い出だということですね。

小林≫若い世代に
本を勧める書籍です。

「10代のための読書地図」
書店員さん、書評家

編集者の方が
若い世代の方に向けて本を

楽しんでほしいと企画した本です。
これもまたユニークな本ですよね。

永江≫10代というと
10歳から19歳ですから

相当幅はあるんですけれど
例えば

朝の読書とか読書感想文の
攻略方法みたいなお話があれば

本屋さんに、あまり行ったことが
ないという人のために

本屋さんの使い方とか
本の選び方とか

いろんなことをいろんな人が
アドバイスをしています。

これから本の世界に入りたいな
というお子さんでもいいですし

大人が読んでも
こうやって本は楽しめるんだ

ということが
いろんな方向から

本のことが分かります。
小林≫ジャンル分けが

非常にユニークです。
目次のところなんですけれど

友達ですとか運動部、文化部
歴史とかいろいろありまして

ユニークなのは名探偵
それから、特別な才能はないけど。

学校や仕事などがあって
ダメだけどかっこいい

という10代の心の機微に
引っ掛かりそうな。

大吉≫社会の欄は永江さんが
お書きになっているんですね。

永江≫不肖私が。
華丸≫赤字でもいいぐらいなのに

控えめですね先生。

小林≫「なつかしい一冊」にも
永江さんのがあります。

大吉≫言ってくださいよ。
われわれの話なんか

なかったんですから。

小林≫骨太な本を

勧めていらっしゃいます。ぜひ
読んでいただきたいと思います。

続いては、こちらです。

小林≫全国、ミュージアムグッズ
売っていますよね。

オリジナルグッズを
まとめたものです。

永江≫一昔前までは美術館の
グッズといえば

絵はがきぐらいしか
なかったんですが

今は、いろんなものが
出ているんですよ。

本を書いた大澤さんは
北海道大学の大学院で

ミュージアムグッズを
ベースにした博物館経営論を

勉強した方なんですが
研究が高じて今はコレクターだと

いうことです。
小林≫まず福岡市美術館です。

福かぶり猫ってご存じですか。

博多人形の一種で
猫は袋を見つけると

かぶりますよね。

袋をかぶる猫
幸福の福をかぶる猫

それで

ふくおか(福岡)ぶると

3つの
意味がかかっているそうです。

華丸≫これから
かぶるようにします。

小林≫こちらの猫は

パリで活躍した藤田嗣治が
描いた猫。

向かって左手は江戸時代の
仙がいが描いたものです。

福岡市美術館は華丸さんの
出身校がすぐそばですね。

華丸≫公園の横です。
小林≫お菓子もあります。

群馬県立歴史博物館の

発掘&修復可能な
ハニワクッキーです。

群馬県は古墳で知られていて
多くの副葬品も出土しています。

それを模したクッキーです。

土に見立てた砂糖の中に
埴輪などのクッキーが入っていて

発掘できると
欠けているものがあって

それはチョコレートを使って
自分で修復できるというものです。

大吉≫楽しそう。

小林≫こちらは岩手県奥州市
牛の博物館の一筆箋です。

A5ランクの和牛の

霜降りを便箋にしました。

大吉≫皆さん手を変え、品を変え
菅波先生はサメの縫いぐるみを

買っていましたが
坂口さん自体は?

坂口≫僕も結構好きですね。
小さいころ恐竜と海が好きで

自分で図鑑を作ろうとしました。

図鑑に書いてあるものを

ノートに一字一句、まねして
書くだけなんですが

やっていました。
華丸≫好きな恐竜は何ですか?

坂口≫アンキロサウルスですかね。
華丸≫聞いておいてすみません。

大吉≫出して!

アンキロサウルスの写真を
出して!

<笑い声>
生放送なので、すいません。

小林≫アンモナイトがあります。

大吉≫でも、おもしろいですね。
1冊にまとめて。

小林≫作った人の思いや
裏話なども集められています。

永江≫文学館や動物園、水族館の
グッズも紹介されています。

館によってはサイトがあって
地方からでも買うことができます。

小林≫続いては行楽の秋です。

なかなか今、海外旅行に
行けませんが

「世界 夢の映画旅行」という

ことで映画の舞台やロケ地に
なった場所の写真集です。

まずは
「2001年宇宙の旅」の

ロケ地になった

ハワイマウイ島のハレアカラ。

世界最大規模の休火山ですね。

壮大な人類の進化を描いた

SF大作でした。

われわれはなぜ
今ここにいるのだろう

壮大なスケールを描くのに
この場所が活用されました。

続いてはアメリカ・ロサンゼルス
のグリフィス天文台です。

「ラ・ラ・ランド」。

夢を追う男女が…

ミュージカル仕立ての
映画でしたね。

天文台の公園で2人が踊ったり

天文台の中をデートするシーンが
ありました。

華丸さん、ご覧になりましたよね。

華丸≫ご覧になっていないです。

ラランドはたまに仕事をする。

大吉≫お笑いコンビのね。
<笑い声>

小林≫ここは「ターミネーター」

舞台でもあります。
いちばん最初に

シュワルツェネッガーが
やって来る。

大吉≫裸でね。

小林≫そうです。
ここに現れて、裸で

ロサンゼルスの夜景を見て

自分のターゲットを捜す

ジェームス・ディーンがここで
決闘している映画もありました。

では写真を見ながら
何の映画の舞台になったのか

坂口さんから。
これはサービス問題ですね。

坂口≫「ハリー・ポッター」

ですか?

僕きのう「ハリー・ポッター」を
見ていたんですよ。

大吉≫たまたま?坂口≫たまたま
です。

本当にきのう

おとといと、きのうで
全部見たんですよ。

大吉≫なんで?

華丸≫「ハリー・ポッター」

一気見ってすごいね。
坂口≫「ハリー・ポッター」の

Tシャツを着ている
スタッフさんがいて

見たくなって。

華丸≫「賢者の石」から見て。

小林≫まさに、その映画の
ホグワーツ魔法魔術学校の

食卓のモデルになった
オックスフォード大学の

グレート・ホールです。
華丸≫クラス分けするときにね。

小林≫続いては華丸さん。

華丸≫きのう見た映画来い!

小林≫90年代を代表する映画
この街を舞台に

ラブストーリーが…。
華丸≫角度が悪いんだよ。

<笑い声>

鈴木≫分かる!分かる!

「ノッティングヒルの恋人」。

小林≫正解です。

華丸≫行ったんですか?
鈴木≫イギリス行ったとき

ここに行きました。

大吉≫きのう見たを超えてきた。

鈴木≫すてきなところ。

華丸≫聖地として行ったんですね。

小林≫ロンドン西部にある
住宅街ノッティングヒルで

ジュリア・ロバーツが演じる

人気女優とヒュー・グラントの
書店員の恋を描いた物語です。

華丸≫全部見たい。

鈴木≫日本の舞台もあります。
手に取ってみてください。

そして、食欲の秋。

「スイート・スイート・クラシッ
ク」をご紹介します。

西洋のお菓子と音楽家との
知られざる関係を描いています。

例えば
テレマンとバウムクーヘン

という項目があります。

18世紀のハンブルクの
音楽監督をした方で

当時、うたげのときに流れていた
食卓音楽を作った人です。

その音楽が流れるときに
楽しまれたであろうと思うのが

バウムクーヘン。
当時の文化状況と音楽家

お菓子の関係を教えてくれます。
永江≫後ろのほうに

作り方が載っているんです。

書いている方はお菓子の研究家で
お菓子教室も開いている

博士なんですけど

写っている写真も著者の方が
作ったお菓子なんです。

家庭でも作れるように
アレンジされています。

小林≫バウムクーヘンを
選んだのは

永江さんなんですが。
永江≫バウムクーヘンが

大好きなもので。
でも著者の方も

これで博士論文を
お書きになったそうです。

小林≫ドーム状の
バウムクーヘンの作り方を

紹介しているそうです。

華丸≫切り株感はないですね。

小林≫家庭で作りやすいように。

大吉≫レシピも
載っているんですね。

小林≫いかがでしたか?坂口さん。

坂口≫1冊にいろんな情報が
入っているから

新しいジャンルの知識が
すごく増えそうで楽しい本ですね。

小林≫映画に行くのもいいし

本を読むのもいい。

美術館に行ってもいい
広がりのある書籍でした。

永江さんありがとうございました。
鈴木≫坂口さんも

いったんここまでで後ほど
番組後半にご登場いただきます。

大吉≫続いては。
華丸≫「グリーンスタイル」だよ。

駒村≫きょうのテーマは
秋を感じる実ものミニ盆栽。

秋に色づくかわいい実を楽しむ
ミニ盆栽をご紹介します。

おはようございます。
きょう、教えてくださるのは

園芸家の大島恵さんです。

大島≫よろしくお願いします。

駒村≫大島さんには5月に
もみじのミニ盆栽を

教えていただきました。

華丸さん、育てるとおっしゃって
いましたね?いかがですか?

華丸≫枯らしました。
すみません、日に当てすぎました。

駒村≫ことし暑かったですからね。

華丸≫意外と難しかったです。
僕が悪かったです。

大吉≫おいおい、そしたら
私のように最初から

手を出すんじゃないよ。

華丸≫それで勉強になったんだよ。

大吉≫盆栽って
頑丈なイメージがあるけれど

難しいよね。

僕も以前、枯らしたことがある。

大島≫ことしは気候が特に
不安定でしたね。

ちなみに大吉先生のは私が無事に
育てています。

大吉≫お世話になっています。
駒村≫預けっぱなしなんですよ。

大吉≫本当に
預かってくれているとは

思わなかった。
ありがとうございます。

駒村≫だけど秋は大丈夫。
秋の盆栽を教えていただきます。

華丸≫ワンチャンください。

駒村≫秋におすすめ。

大島≫実りの秋とも言いますが

夏を超えて、だんだんと
涼しくなってくると

赤くなったり
葉っぱも少し色づいて変わります。

駒村≫一つ一つご紹介しましょう。

いちばん左の手前のものから
今、映っていますね。

大島≫紅シタンになります。

実がいっぱい付いていますが

春には花が咲いて

この時期から
かなり赤くなっています。

常緑なので1年間通して葉っぱも
楽しめます。

こちらがマユミです。

赤くなっているものと
白っぽいものがあります。

色が白と赤があります。

これからもっともっと熟すと

実がパカっと割れて

中から赤い種が顔を出してくれて
非常にかわいいです。

駒村≫中央のものは?

大島≫深山(みやま)カイドウ
です。

いっぱい実が付いていますが

もっともっとたくさんの花が
春先に色づいていきます。

色の変化も楽しめます。

駒村≫後列のいちばん右側ですね。

大島≫ムラサキシキブです。

粒々の実がいっぱい紫色が
非常に華やかな木になっています。

駒村≫そこできょうのおすすめが。
大島≫姫リンゴになります。

≫りんご?

大島≫非常にかわいい
ミニミニサイズのりんごで

これからどんどん

赤くなってきますし初心者の
方でも育てやすい木なので

こちらがおすすめです。
駒村≫食べられるわけでは

ないですか。
大島≫食べられるんですが

かなり熟しても酸っぱいので
観賞用として楽しんで

いただきたいと思います。
大吉≫盆栽で

りんごができるんですね。

駒村≫きょうは姫リンゴの

ミニ盆栽を作っていただきます。
いろいろと

持ってきていただいています。
大吉≫もう赤くなっているのも

ありますね。
駒村≫1苗

大体1000円前後です。

華丸さんから
選んでいただきましょうか。

木を1つと器1つということで。

大島≫大きさも
いろいろありますね。

華丸≫これかな?

大島≫合わせた器を。

駒村≫お戻りいただいて

では大吉さん、お願いします。

大吉≫やっぱり実はたくさん
なったほうがいいでしょう。

華丸≫欲張りやなあ。

大吉≫分かってんよ

季節になったら、大ちゃんりんご
ちょうだいって言うからね。

駒村≫早速作っていくんですけど
最初にすることは?

大島≫まずは木の香りがある

木の顔になる見せたいところ
正面を決めていきます。

ここが、かっこいいな
と思うところを正面に。

駒村≫くるくる回していただいて。

大島≫今、実がたくさん
なっていますのでどうしても実を

見せたくなっちゃうんですが
実と

いうよりは
このあと実は落ちちゃいますから

木の形を見て決めてください。

駒村≫じゃあ
覚えておいてください。

大島≫決まったところで
土を入れていきましょう。

選んでいただいた鉢に

ネットは仕込んで

あるんですけれど

まずは桐生砂、鉢底土ですね。

きょうは小粒を用意しています。
スコップで入れていただくんです

がネットが隠れるぐらい。
あまり入れすぎないように

入れます。

入れていただいたら今度は大きい
植え込み用の土になります。

これは赤玉土8に対して
桐生砂が2混ぜてあります。

鉢底土が隠れるぐらい

薄めにまず入れます。

駒村≫では、いよいよ。

大島≫苗をポットから抜いて

いきます。

木の根元を持って
そっとの抜き上げます。

きょうは、あらかじめ
土はある程度落としているので

軽くチョンチョンと
やっていただければいいんですね。

お箸で。
購入していただいた

ポット苗だったら
ちょっと伸びすぎた根が

絡んでいますから
優しくほぐして鉢に入る

サイズまで落としていただければ
と思います。

きょうは、その辺で
OKだと思います。

駒村≫鉢に入るぐらいで
大丈夫なんですね。

大島≫入れていきます。
入れたら、このときにちょっと

傾き
向きも考えていきます。

駒村≫華丸さんが
ちょっと出ていますね。

大島≫それじゃ、もうちょっと
下のほう

ほぐしてもらっていいですか。
駒村≫出ないということがね。

大島≫根っこがしっかり鉢の中に
収まるのが大事ですね。

あとはちょっと出ちゃっても
根が隠れていれば大丈夫です。

根はしっかり木が中に入るように
片手で押さえます。

このとき傾きが
まっすぐでもいいし

ちょっと斜めにしても
おもしろいかと思います。

大吉≫なるほど、そこは自由に。
大島≫そうしましたら

片手でしっかり
動かないように押さえます。

先ほどの植え込み
土を鉢の中にしっかり

入れていきます。
周りにね入れるんですが

このとき大事なのは根と根の間に

しっかり土が入り込んでいる。
木がぐらつかないようにするのが

ポイントになります。

ある程度入ったら
先ほどのお箸を

ツンツンと差し込みながら
隙間にしっかり入れていきます。

大吉≫結構きっちり

入れちゃうんですね。
駒村≫どのぐらいまで入れますか。

大島≫分量としては鉢の縁から
1cm下がりぐらいですが

もうちょっとあっても大丈夫です。
木を軽く動かしても

くらっといかなければ
この辺でOKです。

駒村≫作業していただいてる間に
このあと植え込みが終わったら

管理なんですが

どんなふうに育てると
上手に育ちますか?

大島≫基本的には屋外の風通しの
いいところで育てていただいて

お水は土の表面が乾いたら
底穴から出るまで

たっぷりと流れ出るまで
あげてください。

駒村≫日当たりのいいところの
ほうがいいですね。

大島≫真夏を除いて日当たりは
しっかりやったほうがいいですね。

駒村≫水やりはどうでしょう。

大島≫あげるときはたっぷりと
穴から出るまで。目安は

1日2日に1回ぐらいと
思ってください。

ぐらつかなければ最後に
お水をあげていきます。

では、じょうろで土の上から

たっぷりお水をかけます。

底穴から出てくるまで
しっかりあげるんですが。

駒村≫出てきました。

華丸≫出てきました。

大島≫これで完成は
完成なんですがここでもう一手間

お化粧していきます。

華丸≫これは楽しみ。

大島≫こけを張っていきます。
ホソバオキナゴケといいます。

小さいサイズにしていただいても
いいので鉢の上に載せてください。

このとき注意したいのが
土が隠れてしまう

全部隠れてしまうないように

こけで覆わないようにして
ください。

お水の乾きを土の色で
判断しますので

隠さないようにします。

駒村≫こけで
だいぶ変わりますからね。

できましたか?

できましたらお水がちょっと
ぽたぽたすると思うので

その辺り布巾があったら

ちょっと下を

恐れ入りますが吹いていただいて

真ん中に飾り用の台を
置いています。

華丸さんと大吉さんの間に

置いていますので、そこに飾って
いただこうと思います。

大吉≫布巾は外していいですか。
駒村≫布巾は外してください。

大吉さんができました。

華丸≫いや、雑だな。

大吉≫何が。

華丸≫雑よ

何か芝の置き方がさ。

大吉≫正面のこっちだから
3つしかなかったから。

華丸≫塊をボンボンって
置いてるから。

駒村≫先生からご覧なって
どうですか?大吉さん。

大島≫ワイルドな感じの。
大吉≫まさか先生までことばに…。

華丸≫もうちょっと
自然な感じじゃないと。

大島≫ちゃんと正面
向いています?

華丸≫僕はこれです。

大島≫華丸さん
あの、わびさび感が出ています。

大吉≫ことばに
詰まってらっしゃる。

こんなのもあったから

いろいろやるのかなと
思ったんですけど。

駒村≫小物も用意しているので
飾っていただけますか。

大吉≫そのつもりだったんです。

駒村≫なるほど。
こけの横に

飾るという手法ですね。

大吉≫こけの上でもいいんですか。

駒村≫台の上に

という気持ちではいたんですけど

いいんですよ。ご自由にどうぞ。

大吉≫勝手にイメージと
ちょっと違いました。

列車でも走らせてやろうかな
ぐらいに思って作っていました。

すみません。
駒村≫どうですか。

大島≫そうですね秋の…。
大吉≫もう取り戻せないですか

われわれ。

駒村≫たぬきと鳥居が

一緒になっていますよ華丸さん。

華丸≫参拝しに来たんです。

駒村≫実が終わっても

まだ楽しむことができるんですよ。

大島≫赤い実を
楽しんでいただいたあとは

寒さを避けていただきながら

冬を越すとまた春には
白いお花が咲いてくれます。

駒村≫きょうは大島さん
ありがとうございました。

来週月曜日はごはんコーナーです。

締めはラーメン豆乳みそバター
コーン鍋を

ご紹介する予定です。
鈴木≫きょうの

「プレミアムトーク」

ゲストは坂口健太郎さんに
お越しいただきました。

この番組の間だけで
1850件のメッセージ

いただきました。
ありがとうございます。

まずはイラストもたくさんで
ちょっとかわいいですね。

かわいいですね。

ほかにも、たくさんイラストを
いただきました。

何か聞くところによると
似顔絵を描きづらいと言われると。

坂口≫言われます
似顔絵が描きづらいねと。

でも、すごい上手。

大吉≫みんな力作で。

鈴木≫モネちゃんとの
ツーショットもありますね。

そしてオープニングで
「俺たちの菅波」の解釈とか

菅波砲の解釈を話したんですが
そうじゃないというのが

たくさんきています。

華丸さん、違うよ
くっつかなくてもいい

「俺たちの菅波」というふうに。

華丸≫独占したいんじゃないと
いうことですね。

鈴木≫100%菅波を
応援しているんです

というコメントもきました。
何が正解か

いろんな解釈があると思います。

坂口≫どうしたの?
ありましたね。

鈴木≫皆さん、いろんな解釈で
楽しんでいただけたらと思います。

大吉≫言えることは
華丸さんが間違っていた

ということですね。

鈴木≫メッセージです。

坂口≫日常生活で?

何ですかね。

大吉≫今、菅波っぽかったな
みたいな。

鈴木≫今のしぐさも
菅波っぽいですよね。

坂口≫僕の癖もきっと菅波先生に
反映されるところもあるし

菅波先生でやってるときのほうが

僕に逆に乗り移るというか
投影されちゃっているところも

あるかもしれないですね。

菅波先生のことばか…

たくさんあります。

ちょっとありすぎちゃって…

うん、でも菅波先生のことば
じゃないんですけど

内田君が

何もなかった人なんて
いないでしょうって。

莉子さんが

緊張してしまったときに

あれは本当にそうだなと
すごく思ってたんですね

一緒にお芝居をしていて。
何もなかった人はいないし

それは今すごく大切にしなきゃ
いけないことばだなというのは

お芝居をしながら思いましたね。

鈴木≫ドラマの中で印象に残る
せりふもたくさんありますよね

菅波先生以外のせりふでもね。

モネちゃんだからというか
もしかしたらサメだったから

そういう考察もあるし

すごくたくさんあるし

細かいところでいうと
神奈川県の方からです。

服装について青いチェックの
シャツを着ているときに

熱伝導やら相合い傘やら手当やら

ここぞというシーンがくると
話題になっていました。

衣装は何か
意識されていたんですか。

坂口≫これは衣装さんがきっと
考えてくれたと思うんですけど

考察をしてくださったものを見て
このとき勝負服じゃないですけど

このチェックのシャツを
着ていると改めて発見しました。

鈴木≫衣装からも菅波先生
らしさが出ていますね。

大吉≫みんなで
盛り上げていますね。