土曜スタジオパーク『万物トリセツショー』特集▽ゲスト 満島真之介[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

土曜スタジオパーク『万物トリセツショー』特集▽ゲスト 満島真之介[字]

ゲストは、ショーマンを演じる満島真之介さん。実験や調査から、驚きの真実やお得な活用法を「トリセツ」としてプレゼン。制作裏話を伺います。共演者や知人の証言も!

番組内容
ゲストは、MCのショーマンを演じる満島真之介さん。今回は「食欲」をテーマに大実験や大調査を行い、驚きの真実やお得な活用法がつまった「トリセツ」をプレゼンします。制作裏話やユニークな調査方法などをたっぷり伺います。また、土スタ独自に「満島真之介のトリセツ」を制作。共演者や知人の証言を集め、満島さんの魅力に迫ります。さらに、反響の大きかった大河ドラマ『青天を衝(つ)け』長七郎役についても振り返ります。
出演者
【出演】満島真之介,【司会】近藤春菜,足立梨花,後藤康之

ジャンル :
情報/ワイドショー – 番組紹介・お知らせ
バラエティ – トークバラエティ
ドキュメンタリー/教養 – インタビュー・討論

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 満島
  2. 近藤
  3. 後藤
  4. イカ
  5. 自分
  6. 足立
  7. 本当
  8. 栗原
  9. 長七郎
  10. 番組
  11. 食欲
  12. 出会
  13. トリセツ
  14. ミンチ
  15. 今回
  16. 山田
  17. 状態
  18. ショーマン
  19. 現場
  20. 瞬間

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



NHK
created by Rinker
エンスカイ(ENSKY)
¥702 (2021/10/17 19:14:28時点 Amazon調べ-詳細)

生字幕放送です。一部、字幕で
表現しきれない場合があります。

満島≫皆さん、空飛ぶイカを
見たことがありますか。

実は世の中には

空を飛ぶイカがいるんです。

きょうはそんな知られざる世界へ
皆さんをご紹介します。

それではショータイム!

長七郎≫裏切り者と怨むのなら
甘んじてお前たちの刃で

死んでやろう。

後藤≫ゲストは、大河ドラマ
「青天を衝け」での熱演が

反響を呼んだ
俳優・満島真之介さん。

満島≫「万物トリセツショー」の
開幕です。

きょうは

11日に第2弾を放送する
「万物トリセツショー」を大特集。

満島さんふんするショーマンが
暮らしを豊かにするトリセツを

プレゼン。

徹底調査で
驚きの新事実が明らかに。

その魅力と舞台裏に
たっぷりと迫ります。

そして、「土スタ」でも
満島さんを徹底調査。

トリセツを作成すると
意外な素顔が次々と。

それでは「土曜スタジオパーク」
始まります!

近藤≫こんにちは。

「土曜スタジオパーク」

始まりました。きょうのゲストは
満島真之介さんです。

近藤≫オープニングから
最高ですけど。

扉を開けた瞬間に
長七郎だったので

すごいなと思って。

満島≫僕もやっちゃったと

思いました。

近藤≫シリアスな長七郎と
今回は陽気なショーマンですね。

ショーマンがぴったりですね。

満島≫小さいころからショーを

見るのが好きだったんです。

でもこの仕事をしていても
ショーに出会うことって

なかなかないじゃないですか。
普通の舞台やミュージカルは

あるんだけれど

ショーというのを
見慣れていないんですよ。

今回、NHKと一緒に

ショーマンでいろいろなものの
トリセツを紹介していこうという

ことから始まりました。
衣装もヘアメークも含めて

いろんなことを
みんなで話し合って。

近藤≫やっていて楽しそうだなと
伝わってきます。

満島≫楽しすぎて撮影に
ものすごい時間がかかっています。

この場を借りてスタッフの皆さん
すみません。

足立≫謝罪から始まっていますね。

たくさんのメッセージが
届いています。

東京都の方です。

「青天を衝け」では本当に

すてきな長七郎を演じていただき
ありがとうございました。

長七郎が
いちばん好きだったので…。

満島≫七のほうですよ。

足立≫すみません。

長七郎がいちばん好きだったので

亡くなってしまったときから
心にぽっかり穴が開いているよう

な気持ちです。

長七郎はこれからも私たちの
心の中に生き続けています

ということです。
もう一通です。

神奈川県の方
満島さん、こんにちは。

ファンタスティックや
グッモニスタなど特徴的な

口癖が印象的ですが
最近、新たに生み出した

ことばはありますか?

満島≫最近
インスタグラムでも

よくつけているのがあって
今NHKで

「ハングル講座」もやっていて

皆さんを

ヨロブンというんです。
<韓国語>

皆さんこんにちは。

おはようと
ヨロブンをひっかけて

オハヨロブンと言っています。
近藤≫意外と

おやじギャグみたいな。

満島≫ヨロブンというのは皆さん

っていうことをね。
常に使ってほしいです。

近藤≫ぜひ皆さん
SNSをチェックしてください。

それではここで
「きょうのワンショット」です。

満島さんにきょうの撮れたての
写真をいただきました。

すてきな写真ですね。おしゃれ。
満島≫これは最近

新しいノートと新しいペンを
手に入れました。

今まではボールペンで日記を
普通のノートに

書いていたんですが

毎日、日記を書くことが

当たり前に
なっていたんですけれど

ノートやペンに

少し意識がいったんですね。

大切なものに大切なことばを

記していくというのを
毎日やろうと思って。

しかも僕は左利きなんです。

左で文字を書くので
ボールペンって

左利きの人ってよく分かると

思いますがボールが回らなくて
インクが出なくなるんですよ。

左利きは押さなきゃいけないので
インクが出なくなるので

その時点で書くのをやめたという
ことになるのが多かったので

左利きに合ったペンを探そうと

いうことで
いろんなものを調べて

出会ったペンと

すてきなノートを

使っています。
万年筆と

ボールペンの間みたいな
ちょっと大人になった気分で。

近藤≫日記は長いこと
つけてるんですか?

満島≫朝、書いているんです。

朝日記できょう何が起こるのか
どういう気分なのか。

近藤≫未来日記のようなものです
ね、おもしろい。

満島≫きょうは後藤さんの
眼鏡は何色かな?と書いています。

後藤≫いつも白なんですが。
満島≫画面で見ると

もうちょっと黄色に
見えたりするんですけどね。

後藤≫きょうは満島さんの

知られざる素顔、そして番組MC

を務める特集番組
「万物トリセツショー」の

見どころにもたっぷり迫ります。
どんな番組なんでしょうか。

ドライブインシアターなど
さまざまな場所で上映される

「万物トリセツショー」。

満島≫「万物トリセツショー」に

ようこそ!

満島さん演じるショーマンが
さまざまなジャンルの

オリジナル取扱説明書を
プレゼンします。

注目は、実験や検証を繰り返し
たどりついた数々の新事実。

この夏、放送した
1回目の特番では…。

満島≫「イカのトリセツ」だ。

10本足の不思議な生き物
イカに注目。

番組の取材で
驚きの生態が明らかに。

なんと空を飛ぶイカがいることを
大発見。

10本足を翼のように広げ
ヒレでバランスを取りながら滑空。

飛行距離は、およそ30m。

いったいなぜ飛べるのか
調べてみると…。

桜井≫おなかの中にあった水を
全部、瞬間的に

そのロケットの飛び出る瞬間と
同じように

すごい勢いで出してるので。
出し続けるわけなんですね。

そこで、大検査。

空を飛ぶイカの体は
どうなっているのか。

やって来たのは医療機器の
MRI。

すると、驚きの事実が。

調べを進めると
なんと体脂肪率1%。

この筋肉にうまみの秘密が。

満島≫実はこれ

環状筋という輪っか状の筋肉。

これが重なることで
イカの体はできている。

この筋肉、呼吸をすると…。

≫ほら~!

満島≫わ~!

生まれてから死ぬまで
絶え間なく収縮を続けているんだ。

こうして鍛えた筋肉の中には

実はこんなものが。

これは、うまみ成分。

強靱な筋肉には
こうしたうまみ成分が

たくさん詰まってるんだ。

このうまみの宝石箱を
最大限に生かせる食べ方まで発見。

実際に、同じスルメイカを

ごく普通の細切りと
ミンチにする調理法に分け

イカらしい味わいを作るとされる
うまみ成分を比べてみると…。

イカミンチの圧勝!

細切りの2.5倍近くに
達していました。

近藤≫今回、イカのトリセツを
見ていただきましたけれど

ショーマンがぴったりですね。

満島≫イカに
目がいかないですよね。

近藤≫動きもね。

満島≫撮影のときもそうなんです
が動きもアドリブというか

そのときに感じたままに動いて。
近藤≫コンテンポラリーみたいな。

満島≫イカに目がいかなすぎ

ぐらいちょっと強いものを
やってしまうと

ディレクターさんが
少し抑えめでって。

<笑い声>
でもやっていくというのが

重要だと思っているので。
近藤≫マックスでやって

引き算できますもんね。

満島≫あとは衣装とかヘアメーク
とかネイルとか

いろいろ試しています。

1本目ということもあって

ショーマンというのは、やっぱり
キラキラした服を着て

ステッキを持って。

ただのMCには
したくないんですよね。

VTRにいく、そして戻ってきた
ときにまた夢が広がると

世代を関係なしに子どもたちも
楽しめるかなと思って。

近藤≫満島さんだからこその
MCの姿ですね。

足立≫イカのVTR
気になったんですけれど

本当にミンチにすると
うまみ成分が増すのかと

信じられなくて。
満島≫そうなんです

僕も疑っていたんですよ。

しかも、なかやまきんに君さんが

きんに君さんで合っているのか
分からないけれど

きんに君さんがやってましたよ。
それで食べたんですけれど

びっくりするぐらいおいしいん
です。変わるんですよ。

2.427倍ですから
この2.427倍もなぜ?となる

じゃないですか。
約2.5倍でいいんだけど

そこを研究者たちが
正しいところまで。

なので皆さん
きょうは準備していますから。

近藤≫ありがとうございます。
後藤≫皆さんのお手元に

ありますよ。
近藤≫ではいつもの

細く切ったほうから
いただきます

ね。
後藤≫どうでしょうね。

近藤≫これもおいしいんですよ。

甘みもあるし。

足立≫

いつも食べているイカの味。

後藤≫ミンチは

どうなんでしょう?
近藤≫結構細かくしますね。

いただきます。

満島≫味わってくださいね。

足立さん、その表情は?
待て待て、おかしいぞ。

足立≫うん…甘いのか?

満島≫いいですよね。

足立≫細切りのやつと
ミンチのやつを間隔を

あけて食べたので
どちらが甘かったか

よく分かってない。
<笑い声>

もう1回やってみますね。

近藤≫でもミンチは最初から
切ってくれているから

とろっと感が増していて、私は
甘みが増えているような気がする。

足立≫ああ、甘い。

満島≫本当?

足立≫これ単体だけで食べたら
ちょっとよく分からない。

近藤≫比べるからこそ。

足立≫ミンチを食べてから

細切りを食べるとこっちが
甘かったとよく分かる。

近藤≫確かに。
戻ったときにミンチのほうが甘い。

満島≫だから海鮮丼にするときは
ミンチにして入れたほうがいい

です。
じゃ進行してください。

後藤≫

改めてですが

番組で解説したイカのトリセツが
あります。

番組のホームページでも
ダウンロードできるんですよ。

安全上のご注意とか
各部、名称とか書いてあります。

家電の取扱説明書みたいな表現で
イカを

説明しているんですね。
もう少し詳しく見てみましょう。

先ほどの
イカミンチのほかにも

極上レシピ集として
イカマヨトースト。

足立≫絶対おいしいじゃん。
後藤≫隠し機能もありますよ。

イカは透明化するとか
自己修復化もするんですよとか

興味深い説明も入っています。

近藤≫本当にいろいろな角度から
見られるんですね。

後藤≫徹底的に調査しています。

前回のトリセツショーで
満島さんが驚かれた新事実があり

ます。

(指を鳴らす音)

満島≫こちら全て

日本で食べられているイカである。
その数、実に35種類以上。

さあ、では、ここで質問だ。

この中で
スーパーで最も多く売られている

イカは何イカか分かるかな?

ということで、やって来たのは
スーパーマーケット。

早速、何イカが
いちばん売られているのか

調べようとしたところ…

原材料には、イカとしか
書かれていないものがたくさん。

これでは、何イカか分からない。

そこで、強力な助っとが…。

若林≫よろしくお願いします。

なんと、この方
DNA分析のプロフェッショナル。

番組では

店内のすべてのイカ商品の
DNA分析プロジェクトを発足。

イカ商品74点のうち
DNAが判明したのは59点。

最も使われていたイカの正体は…。

赤く巨大な、その体。

気性は荒く
人を襲うこともあるといいます。

≫めっちゃ怖いやんこれ。

≫うわ、でか!

しかし、1匹捕まえれば
大量の商品へと加工できる。

そこで90年代
イカの不漁問題の解決策に。

生息地のペルー沖で漁場を開拓。

現地で取れた
アメリカオオアカイカは

さまざまな加工を経て
私たちのもとへ。

一般的なスルメイカと比べると…。

≫ごっつ!
≫うわ~!

≫ちょっと待って!
これは、でかすぎじゃない?

満島≫体長は大きなもので
実に2.5mにも及ぶ。

重さはスルメイカ
100杯分以上にもなるという。

私たちは
こんなイカを食べていたのだ。

≫そうなんだ!

近藤≫全然知らなかった。

足立≫あんな大きなイカ。
私たちふだん食べていたんですね。

知らなかった。
近藤≫お刺身とかでよく見る

サイズを目にしているから

全部あれなんだろうなって

イカの種類も
そんなにないんだろうなと

思っていたらあんなに。

満島≫あんなにありますから
あれだけある中で

いちばん食べられているのが
赤い悪魔ですから。

体の中に今、赤い悪魔が
いますからね。

近藤≫私
赤い悪魔でできてるんだ。

満島≫
気をつけてください。

徐々に衣装が赤くなってくる
可能性があります。

後藤≫次回のトリセツですが
こちらご覧ください。

あさって

11日放送のテーマは「食欲」。

食欲が盛んになる、この季節。

今回は、無理に抑えなくても
ダイエットができて

健康な体でいられる方法を
さまざまな実験や検証で解明。

さらに、おうちでもすぐできる
食欲コントロール術を大調査。

食欲の暴走を防ぐ方法とは?

食欲との新しいつきあい方
ご提案します。

近藤≫気になる。

足立≫めちゃくちゃ
気になりますね。

近藤≫これを見たら食欲
コントロールできるんですか。

満島≫食欲に対して
どう思いますか?

いいふうに思いますか?
悪いふうに思いますか?

近藤≫私の場合
食欲が止まらないんです。

今、食べることが
いちばん好きだし

幸せなんだけれども

その食欲を自分でコントロール
できていないから、いいとは

思っていないですよね。

満島≫食欲が出てくると
また食べたくなってくると。

そうなりますね。
こういう人は必見なんです。

近藤≫うまいやり口。

満島≫ほとんどが食欲に対して
いいイメージで

接している人って
少ないんですよね。

食欲出てくる、また太るなと
また食べてるとか

また甘いものに手がって
なるじゃないですか。

これを抑えなくていいんですよ
ある方法をすると。

近藤≫知りたい!

満島≫今までって

ダイエットとか断食するとか
いろいろあるじゃないですか

食べる量を減らしていく

もちろん、それも
いいんですけれども、それって

きついから
リバウンドするんですよ。

この方法をやればリバウンド
なんて、さらばです。

本当にさらばです。

「さらばリバウンド」という曲を
出したいくらい。

近藤≫聴きたいわ。
後藤≫気になりますよね。

その「万物トリセツショー」
なんですがあさって11日

ぜひご覧ください。

ここからは満島さんの素顔に
迫ってまいりましょう

題して
満島真之介のトリセツショー。

<笑い声>

後藤≫ありがとうございます。

今回は番組で満島さんのことを
徹底的に調べ上げました。

トリセツを作ったんです。
こちら、ご覧ください。

このようになっています。

クエスチョンが

たくさんありますがこれを
一つ一つ、これから解き明かして

いくということに
なるわけなんですが

まず上からいきましょう。

安全上のご注意、オープン!

「コミュニケーションおばけ」

満島≫これほんと危険ですね。

おばけですからね。怖いですよ。

後藤≫大河ドラマ「青天を衝け」
で共演の方からの報告です。

「青天を衝け」で
主演の吉沢亮さん。

満島さんの撮影現場について
伺うと…。

吉沢≫誰とでも仲よくなる人だし

なんか現場でも…

現場の空気明るくいい方向に
持っていってくださるし。

それでいて、すごく…

満島さんが、ずっと…

ずっと1人でやってたりとか。

変な顔、死ぬほど見てるから
いざ何もしてない…

それこそ真田が乗り込んできて
道場破りでみんなが真剣に

殺陣(たて)やってるときとかも

ずっと喜作の頭見て
ちょんまげのここの部分が

すごい前髪が短い人みたいに
そろってたんですよ、喜作の。

すごい勢いで暴れてたから。
その頭見て

「ハゲ作だよね」みたいなことを
いきなり言いだして…

笑っちゃうから。

そんな満島さんに
かねてからの謎が…。

体バッキバキで。

僕は、すごい栄一のために
ジムで結構、体作ったりしてて

結構いい感じに仕上がってきたな
と思ってたんですけど…

超でかくて。

…って聞いたら
「家、家~」みたいな…。

「全然、家でやってる~」
みたいな。

…っていう謎ですね。

満島≫いや、ちょっと…。

<笑い声>

笑っちゃった。

近藤≫自分の話ですよ。

家でどうやって
マッチョになるんですか。

満島≫家で
おもりは使わないんですね

僕は。
体幹トレーニングですよ。

1回、さっきの

イカに戻ってほしいくらい

内側を鍛えていくんですよ。

近藤≫イカも体脂肪は1%ですよ。

満島≫呼吸のときも鍛えている
感じ。

近藤≫生活してるときに常に
鍛えているという意識ですか。

満島≫そうです、そうです。
だから結構大きくなっていくん

ですよね。

近藤≫ジムに通っている
吉沢さんの、倍あるって

どういう呼吸をしているんですか。

満島≫かなり深い呼吸です。

1個だけ僕の体を作る大事なもの
になっているものがあるんですよ。

それを紹介しましょうよ。
後藤≫今から紹介するんですが

マッチョの満島真之介さんの
主成分です。「大豆」です。

どんな状態のものを食べて
いらっしゃるのか満島さんに

見せていただきます。

満島≫これですね。
大豆といえば豆腐と納豆が常に

家にあって
豆乳があったりしますが

僕はほぼ、朝昼晩
これ食べられますから。

足立≫そんなに好きなんだ。

満島≫基本的に豆腐と納豆を
食べています。

これをそのまま食べると
いうよりも、もう全部

混ぜ合わせてるんです
ぐちゃぐちゃに。

近藤≫豆腐も崩して。

満島≫これ木綿なので
なかなか崩すのが大変なんですが。

近藤≫こちらが用意したのが
かためのもので、すみません。

満島≫木綿のときは
いつもボウルに入れて混ぜます。

僕はしょうゆとか何もかけません。

後藤≫調味料を
使わないそうなんですね。

足立≫納豆についてるタレは?

満島≫タレは置いておきます。
納豆に使わないんです。

あれをかけてしまうと
大豆が好きって

言ってはいけないような
気がするんですよ。

豆腐の豆の味というか

納豆もかなり

熟成していいですねっていう

いいにおい出ていますねっていう
空気で、ちゃんと感じて

素材を感じて食べています。

これを絹とかだと
豆腐は飲み物ですから

それは豆乳なんですけれどもね。

後藤≫健康的な食生活に

見えるんですけれどもね。

満島≫それを言われるんですが
ただ単純に好きなんですよ

この味が。
近藤≫マッチョになるために

あえてそうしてるわけではなくて
好きだから?

満島≫それをやっちゃうと

反動が出るんです。
ハンバーガー食べたい

ステーキ食べたいとか

ポテトチップス10袋を一口で
いけちゃうという感じに

なってしまうので
好きじゃないもので

やろうとするときついんです。
鶏ささ身ばっかり食べてる人

いるじゃないですか
干し芋ばっかり

食べている人もいるんですが
そういう人たちって心が

豊かじゃなくなってくるんです。
心がマッチョ。

足立≫言っていません。

近藤≫好きだったらいいけれど
無理してやってるのは違うと。

満島≫そうなんです。
大豆とか豆腐や納豆を

毎日食べているし
健康だし、飽きないし毎日

いろんな種類の納豆で試したり
豆腐で試したり。

近藤≫吉沢さんも好きなもので

たんぱく質をとれたら、また
変わってくるかもしれませんね。

後藤≫朝かなりルーティンも
あるそうで、満島さん。

満島≫さっきの写真でも
出てきましたが日記

ここにペンとかも
持ってきています。

まず朝起きて

ヨガも始まるんですが
ヨガの前に、まず、さ湯

温かいお湯を
コップ大体2、3杯。

近藤≫結構飲みますね。
満島≫2、3杯飲んでから

活動をします。
数日前に公園に行って

よくやってるんですが
はだしで芝生で

ヨガをやって、走って
近くのベンチで

朝、日記を書いて撮影に向かう。
そういうものもやっていて

あと観葉植物も育てているので
水をかけながら

きょうの気分を
観葉植物と会話したりして。

返答がないので。

近藤≫そうですよね。
それが逆にいいんですか。

満島≫それも自分でやります。
おはよう、おはようって。

ちょっとイケメンなんですよ
観葉植物のほうが。

女の子もいますけれども。

50、60鉢あります。

家自体が公園みたいに
なっています。

近藤≫公園に行かなくてもいい。

満島≫常にそんな中で
自分の状態を朝しっかり確認して

ちゃんと地に足をつけた状態

それできょうをスタートさせる。

ちゃんと
リセットしてリフレッシュさせて

スタジオに来たとき

100%いけるよという状態
外に出るときは、というのが

勝手にルーティンに
なってきましたね。

近藤≫自分の心を整えていると
いうことなんですね。

後藤≫一方で吉沢さんから大事な
ときこそふざけるという

証言がありました。
そうなんですか?

満島≫結構ふざけましたね。

結構、長七郎をやっていると

気分も落ちていったりして

すごく考えすぎて、どんどん
痩せていってしまうんです。

気持ちだけ考えていると。

でも芝居は1人でやっているもの
ではなくてみんなで

やっているものだし
出演者だけじゃなく

スタッフもいて
みんなのカメラワーク

みんなの思いが詰まって
1つのシーンができると

思っているので
僕だけの暗い感情って

正直、邪魔なんですよね。
みんなと共有してやらないと

いけないので。
吉沢君とか高良さんとか

周りにいる人たちと
ちゃんと朝から

コミュニケーションを取って
集中すると体って

硬くなってくるんですよ。

1つのことを考えすぎると
全くほかの反応が

見られなくなってくるんですよ。

1点のものしか見られなくなって。

後藤≫それを見るために
やっているんですか?

満島≫1回ふわっとした状態で
入っていくと、リハーサルも

やっているし、みんな仲間も

関係性ができてるので

本当に新鮮なものが
出ると思ってるんです。

後藤≫そのための
ふざけでもあるんですね。

ふざけっぷりについて
聞いてきました。

現場で満島さんに

よくいじられたという
高良健吾さん。

その心境を聞いてみると…。

高良≫現場で、ちょっと
はやりすぎちゃったやつが

あるんですけど
真田いるじゃないですか。

真田のここの…

毛量お化けみたいな感じに
なっているんですけど

それを真之介が…

みんな、それにはまっちゃって。

でも、ここに
子犬が乗ってるよって…

真之介が…

真之介に対して。

「何でも大丈夫っすよ」
っていう状態にいたほうが

たぶん真之介も生き生きするし

こっちも
たぶん生き生きすると思う。

ちゃんとこっちが…

近藤≫すごい、いろんな方を
いじり倒していたんですね。

満島≫高良さん
ふざけていましたよね。

近藤≫役だから。

ヒゲダンスの
ひげじゃないからね。

満島≫やってくれるんじゃ
ないかと思ってました。

お豆腐を刺しちゃうみたいなね。
<笑い声>

後藤≫いろんな人に
いじるという話が

ありましたけれど「青天を衝け」

もう出演を満島さん自身は
終えられているんですよね。

長七郎役に「土スタ」にたくさん
お便りをいただいています。

足立≫東京都の方です。

ひこばえの木の下で栄一と長七郎
が再会する場面は夢のように

美しく大好きなシーンです。

せめて夢の中で会えてよかった。

生きていれば、新しい世のために
できることはきっとある

ということばが心に響きました。

長七郎を演じるうえで
ご自身と重なる部分は

ありましたか?

満島≫これはもちろん
重なる部分も

重ならない部分も

あるんですが
いちばん重なるところは

吉沢君、高良さんが演じる
栄一と喜作

この関係性の中で

僕はこの三角関係が
重要だと思っていて

彼らにとって僕が

どういるかということが

彼らのいちばんすてきなものを
持っている状態を出せるのかな

と思ったときに
やっぱりオープンであるべきだと

思ったし

みんなの背中を見せられるような
状態じゃなきゃいけないな

と思ったので

ふざけるとか明るくするというの
は、その1つでもあるんですね。

剣術のシーンとか

最初やっぱりいちばん強くて
憧れの人が

裏では、しゅんとしていたら
憧れられないんですよ。

なので常に

元気で体も大きく
ことばも大きくやっているだけで

最初のころの前半の形が
成り立っていくなと

思っていたので

僕はそこを大切にしていたし
そこを感じてくれた

プロデューサーとか
脚本家の大森先生しかり

皆さんが感じてくれていたので
長七郎をやってくれないか

というオファーがきたんじゃない
かと勝手に思っています。

そうすると、あの2人の繊細さ
美しさがもっと際立つし

3人がより際立ってくるんじゃ
ないかなと思っていたので

そこはすごく大切にしていたし

そのときに真田が来たので
こいつだ!と思って

こいつでみんなを盛り上げようと。

そして真田も、初日に道場破りの
シーンがあって

緊張するじゃないですか。

なので、彼の頭の上に

犬が載っているということで

本人も落ち着くだろうし。

近藤≫輪の中に
ぱっと入れますよね、居場所がね。

満島≫そうやってやっていければ

長七郎がいい形でみんなに背中を
見せられる存在になるんじゃない

かなと思ってやっていました。

ここでしか話せないけど。

終わったから言いますけど
ありますね。

後藤≫では
トリセツに戻りましょう。

続いては生息地です。
「地上300m」。

満島さんが愛してやまないという
先輩俳優のこの方の証言です。

山田≫しんのー!元気か?
山田孝之です。元気だろうな。

「仲いいの?」っと言われて
「愛してる」って言って

「えっ…」って言われました。

その気持ちを常に忘れず…

…みたいな感じなんですよ。
そこは、なんか僕も…

…っていう部分はあるんですけど
なんかね…

300mぐらいのところに浮いて
別に下を見てる

ってわけじゃなくて
300mぐらいのところで…

ありがとう!
みんなありがとう、きょうも!

俺もありがとう!みたいな感じ。

全然。

なんか普通に僕はラフに
飯、行きましょうよとかって

やりたいんですけど
もちろん、すごい繊細なので

悩んだりすることは
あるんでしょうけど

そういう姿を見せないというか。

俺で解決できるようなことなんか
ないかもしれないけど…

…っていう気持ちはありますね。

近藤≫先輩からね

愛と感謝の方だという
お話でしたけれど

ご自身は繊細で

あまり頼ったりとかは
されないんですか?

満島≫あんまり
頼るというよりも

自分の中でまず解決が
できるかもしれないな

ということを
考えちゃっていたんですね。

今までは特にそうだったんです。

でも30代に入ってから
山田さんもそうだし

高良君とか吉沢君もそうだけど

現場の中でいる人たちと

たくさん
コミュニケーションをしたり

人の悩みを聞いたり

僕もさらっとことばが出るように
なってきたというか

あまり抑えなくなってきた
というのはすごくよかったですね。

それが何かというと
朝のルーティンに

つながるというのは

自分が1回、地上に戻る
地に足をつける。

だから、山田さんがいい説明を
してくれたなと思います。

足立≫本当に300m上に
浮いているんですか?

満島≫全部が一体となって

セットやきょうのスタッフの
皆さんもそうだし

今、ナウで見てくれている方々も

同じ時間を生きているし
つながっているんですよね。

このつながりをちゃんと
感じるから

感謝が生まれてくるんです。

うわべだけで感謝してる人も
いるかもしれませんが

それは、ことばだけなので
ありがとうは簡単に言えるので

本当に思っているかということが
重要なんで

現場の中でも
ワンシーン、ワンシーンそうだし

いる人みんなの目を見て
あいさつをして

みんなが笑顔になれるように
日々を過ごしていくと

自分は最初、頑張って自分を
突き上げていたんです

頑張れ明るくしろって。

そんな20代だったんですけど

でも30代になった瞬間に
環境が変わったからと

言われるんですけど

すんって
ぱっと上がった瞬間が

あったんです。
そういったときに

山田さんに出会い
今回の「青天を衝け」にも

出会って
そういう瞬間を感じてくれる

仲間たちに出会えたことが
本当にうれしい。

近藤≫同じ次元というか
上がった瞬間に

同じところの人に出会えた?
満島≫彼らが同じところにいると

思わないんですよ。

地上から見ているかもしれない

けど、いいんだよそれで真之介

浮いておきな
無理して地上に降りようとするな

無理して合わせなくてもいい
君は君のそれがいいんだよ

っていうのも
山田さんと現場をやっている

ときもずっと感じていて
だから僕も山田さんのことを

愛しているんですよ。
近藤≫相思相愛ですね。

満島≫奥さんには
嫉妬させているかもしれません。

後藤≫満島さんと相思相愛だと
いう、この方からもこんな

エピソードを伺いました。

満島さんと大の仲よしで
「テレビでハングル講座」でも

共演中の栗原はるみさん。

忘れられない思い出があるそうで。

栗原≫実は
そうなんだろうけどね…

私が、夫が亡くなって

非常に落ち込んでいた日
だったんですよね。

そのとき
ちょっとあったことがあって。

それで、しんちゃんに
「知ってる?」って。

年代が若いからね。
「いや、知ってます」って。

お父様が
とてもお好きだったそうで

「知ってますよ」って言って。
そして「そう?」って言って

「聴かない?」って言ったら
「聴きましょう聴きましょう!」

って言って音楽をちょっと
ここでかけて、そしたら彼が…

たぶん私を元気づけようと
してくれたんだよね、すごく。

それで私もそんなこと
やらないのに、ふだん全然。

すごく自分でも思いがけない
感覚だったんですけどね。

そんなことしないじゃないですか
こんないい年してて。

そのとき、改めてちょっと…。

全く笑えなくて。

だからそれが、わ!って
噴き出たような感覚でしたけどね。

それはね、非常に感じますよね。

栗原さんから、満島さんに
おすすめのドリンクのレシピが。

ミルクティーには
蜂蜜が入っております。

しゃっきりさせたいので
しょうが汁もちょっと入れますね。

これから秋になって
寒いとき温まったり

ちょっとこう甘くしておいて
疲れを取れたり

そういう感じでしょうかね。

これを作ってですね、同じ時間に
ハングル語を勉強しながら

同じ時間に飲みましょう。

頑張るよ!

近藤≫すごい

なんか栗原さんと
すごくいい関係だなと

今VTRを見て
思ったんですけれど。

満島≫ちょうど旦那さんが
他界されて

それを知らなくて

雑誌で連載をやっていたので
対談をしてくれませんかと

お手紙と編集者の方に
連絡してもらって

自分で栗原さんに手紙を書いて
本も読んでいたし、レシピも

僕も料理をするのが好きなので
見ていたりして、この人と

いろんな話をしたいなと
思ったときにちょうど

亡くなられて
数日後だったんですよ。

それでどうなるかなと
思ったんですが

引き受けてくださって
そのときに初めて

お会いしたときに

こんなに話が盛り上がるのか
っていうくらいに

年齢も性別も超えて
かちっと、はまったんですよね。

そのときに栗原さんも

あれ?この子は、これからも
つきあうかもしれないとか

僕も栗原さんと

つきあっていきたいと思って

今このNHKの
「ハングル講座」でも

栗原さんが韓国で

本もドキュメンタリーも
いろいろやってきた中で

あいさつができるように

なりたいとか
自分のことを説明をできるように

なりたいっていう話だったので

僕も今回「ハングル講座」が

2年目に入ったので、栗原さんと
できないかと相談して

ハングルキッチンという形で今
ハングル語を一緒に勉強しながら

ちょっと僕が先輩のような気分で
やったりしてるんですが

その撮影のあとに

いろいろ話をしていたときに
佐野元春さんの話になって

僕も結構カラオケに行くと
佐野元春さんの歌も歌うので

聴きましょうと。

ものまねしながら
歌っていたんです。

そしたら栗原さんも
乗ってきてくれて

何か神聖なものに包まれた空気に
なって笑っているんだけど何かが

浄化されている
みたいな感覚があって

そのときに栗原さんの涙を見て

ああ、僕の生き方は間違って
いないかもしれないというのを

すごく感じた
瞬間だったんですよね。

山田さんしかり、栗原さん
この2人は本当に僕の

繊細な面だったりとか

いろんなことに

気が付けてしまうものだったりを
本当に心から感じてくれて

いいんだよ、そのままで

君のその姿が
栄養を与えているんだから大丈夫

というふうに言ってくれた
お兄さん的な存在と

母親的な存在のお二人なので
今回は本当にうれしいです。

近藤≫人生でそういった方に
出会えるのはすごく大切ですよね。

満島≫大切にしていきたいと
思います。

後藤≫トリセツ最後の項目です。

故障かな?と思ったら

「秘蔵ビデオ鑑賞」。

たくさんある保存版の中から

最も感銘を受けたという
おすすめビデオをご覧ください。

今はもう
この世にいない人々のことばを

現代によみがえらせる番組
「あの人に会いたい」。

詩人・長田(おさだ)弘さんの
ことばが

満島さんの心に深く響きました。

≫東日本大震災の年に
詩集「奇跡」を出版します。

ふるさとを襲った大震災。

その直後、病に倒れた長田さんは
日常を改めて見つめました。

近藤≫秘蔵ビデオといわれるから

どんなビデオかと思ったら。

満島≫山田さんも
コメントしていたからちょっと

この時間じゃだめなものね。

近藤≫この番組が
お好きでいらっしゃるんですね。

満島≫この番組に

何年も前に出会ったときに
いちばん

人生で悩みが多かったというか

何か壁から抜け出せない
時期だった20代の中盤だった

と思うんですが
そのときに、ふと

朝イチでテレビをつけて5時台に

やってるんですけれども。

後藤≫土曜日の5時ですね。
満島≫早朝やっているので

眠い目をこすりながら

見ていたときに
長田さんの放送があって

この最後のことば
生きていることって

当たり前だと思っていたけれど

僕は自分の悩みに
酔っていただけなんだなと

思ったんですよ。

自分が悩んでいることに
酔っちゃってる男なんだと。

それじゃなくて目の前にある

自分が使っている机でもいい

住んでいる家でもいい
いつも関わっている

スタッフの方々でもいいし
何でもいいんですけれども

そこに感謝もしてないし
なんでこんなに自分のことだけで

人生を、つらいだ、きついだ
なんだと言っているんだろう

と思ったときに
長田さんのことばで

目が覚めたんですよ、僕。

後藤≫平凡なものが一番
本当は奇跡じゃないかと。

満島≫ここ数年間
僕らもそうですけれども

あのとき当たり前だった日常が

少しずつ戻ってきたとはいえ

なにか不思議な話
引っ掛かりがある人たちも

いると思うし

家族がうまくいかなくなったとか
恋人と別れてしまったとか

いろんなことがこの数年の中で
あると思うんです。

もう一度皆さん見直してみようよ

目の前にあるものを
ちゃんと感じよう

ちゃんと愛してみようよ
食べてるものにもありがとうと

これを食べさせてくれて
ありがとうという気持ちで

食べると
体も絶対、元気になるから

というのを

このことばが常に僕の中に
やってくるんです。

何が起きても。

なので僕はこの番組で

もう亡くなられて
今は会えないこの方々

「あの人に会いたい」ってまた
題名がすてきなんですが

会えるんですよ。
この10分しかない

番組なんですが

10分の中で会えるので

僕は今録画が200いくつ
たまってるんですが。

そしてDVDも持っていますね。

近藤≫とっていてもDVDで?

満島≫NHKにありまして
これをたまに見たり。

ちょっと自分が故障かな?と
何か引っ掛かるときに

最近はランダムで選んで。

近藤≫きょうはこの方
じゃなくてランダムに?

満島≫そのことばが
全然、自分とは関係ない

職業だったり
時代だったりするん

ですが
今、欲しいことばが

すっと入ってくるんですよ。

本当におすすめしたいし
今、生きているっていうことに

本当にありがたみを持って
みんな過ごしてほしいなと思うし

僕がこの場所で体現したいし

MCでやっていることもそうだし
大河でもそう思っていたし

ずっとそれを思いながらやってい
ます。

♪~(「アイアイ」)
♪「アイアイ アイアイ」

♪「おさるさんだよ」

ななみ≫歌の妖精ななみです。
オハヨロブン。グッモニスタ!

満島さんも昔
歌のお兄さんの枠を

ねらっていたというのは
本当なの?

満島≫うたのおにいさんになる
って決めていました。

オーディションも受けようと
ずっと探していたんですが

なかなかない時代だったんですよ。

近藤≫受けていたら
絶対なっていたと思うけれど。

ななみ≫今ねらってるものって
何かある?

満島≫ななみちゃんの
そのポジションさ。

ななみ≫ここは簡単よ!
ここじゃないでしょう?

ねらっているのは。

大河の主役とか今のVTRの

「あの人に会いたい」のMCを
やりたいんじゃないの?

じゃあ言っておいて。
満島≫ありがとうななみちゃん

「あの人に会いたい」の
ナレーションをしたいです!

視聴者関係なく
NHKの上層部に、すいません

本当に。

近藤≫今アナウンサーの方が
されてるんですね。

そこのポジションを。
ななみ≫言ったもん勝ちだからさ。

自己PRも終わったところで
来週始まる新ドラマ。

まるNフラッシュ!

ギョギョ!
VTR、ギョ覧ください。

ギョギョギョ!

≫心に傷を負った女性が
さまざまな出会いの中で

希望を取り戻していく姿を描く
ドラマ10「群青領域」。

主人公は人気バンド
Indigo AREAの

キーボード、ジュニ。

ボーカルの陽樹とは
ファン公認の恋人。

ジュニ≫陽樹の歌は
私が弾きたい音なんです。

しかし…。

陽樹≫俺はバンドを抜けます。

陽樹の突然の脱退。

新たな恋人の発覚。

失意のどん底へ。

ジュニ≫海に行くにはどうしたら。

すべてを投げ出し
たどりついたのは海辺の町。

そこで偶然出会った青年、蓮。

蓮≫この人に風呂貸してもいい?

その出会いが
彼女の新しい世界の扉を開く。

≫レッツギョ―!

「きょうの料理」特別企画
「ふたりの料理ショー」。

あの、さかなクンと
柳原尚之さんが

旬のさば料理をご紹介。

さかなクンのおすすめは

ごまさばに
みそだれをからめた一品。

さかなクン≫ギョま油で
ギョまさばちゃんを揚げる

というのが香ばしく
とってもおいしくて

わが家の定番料理なんですけど。
これに、みそをかけると

おいしいんじゃないかって
かけてみたら、これがもう抜群!

柳原さんは、すだちあんを
組み合わせて上品なお味。

柳原≫香りがふわっと。

さかなクン≫確かに爽やかな
いい香りが…。おお、爽やかだ!

さばの骨は船場汁に。

ななみ≫おいしそうだね!

満島さん、お料理が好きって

聞いたんだけど得意料理は何?
満島≫得意料理はグラタンです。

ななみ≫こだわりの作り方とか
ある?

満島≫グラタンですか。

オーブンから
離れちゃいけませんよね。

ずっと眺めていますね
おいしくなれと

呪文を唱えています。
愛を込めていますね。

ななみ≫グラタンを作るのに
特別な料理道具とかある?

近藤≫豆乳を入れるとかね。

満島≫入れています。

大豆をからめてきましたね。
豆乳を使っています。

ななみ≫納豆豆腐グラタンって
おいしそうだね。

満島≫栗原さんに作ってもらおう。

自分じゃないんだ

っていう感じでね。
ななみ≫寒くなってくるから

温かい料理がいいよね。
ぜひななみにも作ってください。

満島≫ななみもグラタンの中に
入る?色がね。

グラタンに合いそう。

ななみ≫正式にお断りします。

いろいろ聞けて楽しかった。
ありがとうまたね。

近藤≫満島さんあさって11日
放送の「万物トリセツショー」

皆さんにひと言、お願いします。
満島≫皆さんにとって

食というのは
生きているうちは

必ず目の前にあります。
食欲について

ぜひご覧いただきたい。

人生が豊かになる番組に
なっています。

ショーですから気軽な気持ちで
楽しんでください。

後藤≫次回もお楽しみに。