ごはんジャパン ~埼玉県深谷市 ネギの甘みで親子丼~[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ごはんジャパン ~埼玉県深谷市 ネギの甘みで親子丼~[字]

焼き鳥職人の猪股善人親方と俳優の佐伯大地が埼玉県深谷市へ。驚くほど甘いネギにビックリ!猪股親方が砂糖を使わずネギの甘みだけで究極の親子丼を作ります!!

◇番組内容
埼玉県深谷市はネギの一大生産地としても有名。中でも北部の新戒地区で育てられる“新戒ねぎ”は、特に甘くて風味が良いと評判のネギ。その新戒地区を、焼き鳥職人の猪股善人親方と俳優の佐伯大地が訪問。驚くほど甘いネギを使って、猪股親方が砂糖を使わずネギの甘みだけで作る究極の親子丼を披露します!!
◇番組内容2
今が旬、一面ネギで埋め尽くされた畑を訪れると、そこには青い部分がキラキラ光っているネギがビッシリ。キラキラの正体は、なんとネギの蜜だという!さらに熱を加えるともっと甘くなるという。そこで猪股親方が、なんと砂糖を使わずネギの甘みだけで作る親子丼を提案!佐伯大地も感動した、“これまでにない甘さ”が魅力の親子丼とは!?
◇出演者
【ナビゲーター】草野満代
【ナレーション】酒井敏也
【グランシェフ】猪股善人(鳥よし オーナーシェフ)
【ゲスト】佐伯大地(俳優)
【解説】福岡伸一(生物学者)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/

ジャンル :
情報/ワイドショー – グルメ・料理
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – 料理バラエティ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 村岡
  2. 佐伯
  3. 猪股
  4. 新戒
  5. 農業
  6. 荒木
  7. 親子丼
  8. 親方
  9. 野菜
  10. チャレンジ
  11. 土壌
  12. 福岡
  13. ハハハ
  14. ホント
  15. 一同
  16. 鶏肉
  17. 今日
  18. 収穫
  19. 串焼
  20. 佐伯君

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



(草野)『ごはんジャパン』。

今回 埼玉県深谷市で
出会ったのは…。

野菜作りの
新たな可能性にチャレンジする

2人の若者。

今 収穫の時期を迎えたのが…。

深谷ねぎの中でも評判の高い
新戒ねぎ。

その魅力は…。

生でかじっても
甘くて 香りもいいんです。

(酒井)そんな深谷ねぎに
注目したのが

中目黒の焼き鳥の匠!

なんと 砂糖を使わず
ねぎの甘みだけで…

とろとろの極上親子丼に!

本物を探す旅へ…。

埼玉県深谷市といったら
ねぎの名産地。

中でも 北部の新戒地区で育てる
新戒ねぎは

甘くて やわらかく
風味の良さに定評があります。

見渡す限りの ねぎ畑!

その新戒地区にやって来たのは…。

焼き鳥職人の猪股親方と
俳優の佐伯大地君です。

ああ~。

今日

うわあ 楽しみ。
はい。

(猪股・佐伯)おはようございます!
(村岡さん)お世話になります。

(猪股)お世話になります
こちらこそ。

2人が訪ねたのは

新しい農業にチャレンジしている
荒木さんと村岡さん。

元は 外資系のサラリーマン
ビジネスに強い荒木さんと

農業大学出身 理論家の村岡さんが
タッグを組んで…。

農業法人 NOKAを立ち上げた
注目の若手農家なんです。

思ってたより 全然 若い感じの…。

(村岡さん)ああ そうですね…。

(佐伯)ああ…!

(村岡さん)あっ そうなんですか。

(一同の笑い声)

親方にとっては
息子のような2人ですが

どんなねぎを
作っているんでしょう?

(佐伯)あっ すごい!

思ってるより深いですね 入ると。
(猪股)深いですね。

(佐伯)あっ 深い 深い。

身長184センチある佐伯君でも
この状態。

もう こんなになっちゃいますね。

なぜ こうなるのかというと…。

一列に並んだ ねぎとねぎの間に
深~い溝が。

抜けないって
どういう事なんでしょう?

佐伯君
全力で引っ張ってみてください!

(佐伯)この辺のやつ…。

うわあっ…!
抜けない 抜けない!

ホントに…。
あっ これ 抜けないっすね。

(佐伯)うわっ…。

あっ 抜けないわ。
(猪股)抜けないです?

では 親方にバトンタッチ。

うっ…!

ああ 抜けないですね。

なぜ 抜けないのかというと…。

泥上げという作業で
土を掘って 根元に盛り上げると

雨が降り 固まるんです。

なので 収穫するには…。

くわで根元を崩します。

すると…。

すごい。 見てください。

これが新戒ねぎ。
太くて立派ですね。

親方 いかがですか?

ああ いいにおいだ。

一皮むけば 白く輝いてます。

生で かじってみると…。

ホントに甘い!

あっ 甘い。

評判どおりの甘さです!

なぜ
新戒ねぎがおいしくなるのか

農大出身の村岡さんによると…。

植物というか…。

(佐伯)ああ~。

量を作るには 適してない?
(村岡さん)そうです。

村岡さん
畑の話になると熱が入ります。

こうやって

(佐伯)ねえ。 ホントに これ

こうやって 塊が いっぱい
ありますね こう…。

まるで 農大の授業みたいに
なってきましたが…。

佐伯君 ついていけてるかな?

話を聞く事 20分。

なるほどね。

(一同の笑い声)

相棒の荒木さんが
助けてくれました!

僕も なんか…。

村岡さんのおかげで

何げなく見ていた ねぎが
違って見えてきました。

そして 気づいたのが…。

(佐伯)
これ さっきから ちょっと

(村岡さん)あっ 見えました?

(佐伯)はい。 なんか ちょろちょろ
キラキラしてるの見えて…。

ねぎの青い部分を
よ~く見てみると…。

小さな水滴のようなものが
付いています。

(村岡さん)実は それって…。

ねぎから蜜が出るなんて
初めて聞きました。

もし よければ…。

ハハハ…。

ちょっと ねぎの蜜…。

これですよね?
(村岡さん)そうです。

(佐伯)あっ すごい冷たい。

(佐伯)ちょっと なめてみます。

(村岡さん)ハハハ…
甘いですよね。

(村岡さん)ハハハ…。
すごい!

ハチミツぐらいの粘り気というか
…があって。

甘い!
甘いですよね。

すごいおいしい!

ねぎから出る
甘~い蜜の正体とは?

福岡博士に聞きました。

(福岡)「ねぎもですね

寒冷な気候から
凍結を避けるために

光合成によって
糖を体に蓄えるんです」

「新戒ねぎは

それが 葉っぱから 蜜となって
染み出してきているんですね」

さらに もう一つ
甘さの秘密があります。

この固まりやすい畑の土は…。

町のすぐ北を流れる
利根川が氾濫した時にあふれ出た

粘土質の土壌なんです。

(福岡)「ねぎというのは
土壌が不安定な場合は

細胞の壁を硬くして
自立しようとするわけです」

「その時に せっかくためた糖分を

使ってしまうという事になります」

土壌がしっかりしていると
糖分を使わずに済むんですね。

(福岡)「新戒ねぎの場合は

粘土質の硬い土壌で
安定した環境で育つわけですね」

「ですから
ため込んだ糖分をですね

そのために使わずに
甘みをためて

おいしいねぎになると」

冬の寒さと硬い土壌が

甘いねぎを
生み出していたんですね。

そんな新戒ねぎの

おいしい食べ方を
教えてもらいました!

たき火で丸焼きにすると
さらに甘くなるんです!

(一同)いただきま~す!

<作って食べて

なにげないけど それが幸せ>

<毎日おいしく 減塩できたり>

<人生の3分の1は 睡眠だから>

<ぐっすり眠って いい夢見たり>

<子どもも大人も 歩いて走って

体を動かすって 気持ちいい>

<なにげないけど それが幸せ>

<食べる 眠る 運動する の大切な3つで…>

(小池)うわ 本当ごろごろしてる

もうすでに湯気がおいしい~

♬~ 揚げなすさん

<味の素がフリーズドライ味噌汁をつくるとこうなる>

<「具たっぷり味噌汁」>

<次の日の小池さんは…>

《今日もいただきます!》

《でも最近 塩分のことも気になるのよね~》

<そんなあなたに減塩タイプ!>

<「具たっぷり味噌汁」 おいしい減塩>
すごくない?

埼玉県の深谷市で

新たな農業に
チャレンジしているのが

農業法人 NOKAを立ち上げた

荒木さんと村岡さんの若手コンビ。

収穫を終えた畑で

最高においしい

新戒ねぎの食べ方を
教えてくれました。

(佐伯)火 上がってますね。
(村岡さん)上がってます。

(村岡さん)いい感じですね。
(佐伯)いい感じですね。

収穫したばかりのねぎを…。

(猪股)どうですか?
(荒木さん)いいですね。

泥付きのまま
たき火の上に並べます。

(佐伯)贅沢ですね。

これは。

都会では
なかなか できない体験です。

(村岡さん)中に入れてもらって…。

真っ黒になるまで焦がすと…。

(佐伯)あっ 見てください。
やわらかくなって…。

おいしそうな においします。

親方は 豪快にガブリ!

うん。 甘いですよ。

甘い?
うん。

じゃあ 僕も頂きます。

うん!

(猪股)おいしいですよね?

(佐伯)
こんなに甘いんだ ねぎって。

これは…。

実は この焼きねぎが

村岡さんが 農家を継ごうと思った
きっかけなんです。

ねぎ農家の次男として生まれた

村岡さん。

農業に目覚めたのは
中学生の時でした。

そしたら

…ってぐらいの感じで思って。

農業大学に進んで
しっかり学んでから

実家の農業を継いだんです。

その一方で 作業の合間に
独自に研究も行っています。

ので
こういうふうにやってますね。

野菜のおいしさを
科学的に追究したいという

村岡さん。

熱心に読んでいる本の中には…。

植物科学の専門誌も!

英語で
しかも 専門用語だらけ!

(村岡さん)そうすると まあ…。

おいしい野菜を作るため
いろいろ試してみる事が

楽しくてたまらないという
村岡さん。

ただ ねぎ農家が抱える問題も
ありました。

いくら こだわって作っても
ねぎの値段が安かったんです。

そんな時に出会ったのが
相棒の荒木さんでした。

外資系の企業でビジネスを学び

農業に転じたという
異色の存在です。

経営のセンスを持った荒木さんと
農業の理論を学んだ村岡さん。

そんな2人が出会って 意気投合!

2人が目指す農業とは?

ですかね 一番は。

あと なんで
おいしさに違いがあるのかを

しっかり説明できるように。

野菜を作るだけでなく

スーパーなどの仕入れ担当者と
直接やりとりをしたり…。

自分で店頭販売まで行ったり…。

インターネットを活用して

野菜を売り込みながら
農業の楽しさも発信しています。

そんな2人の姿を
そばで見てきた ご家族は…。

恐らく…。

…という事で。

ハハハハ…。

新しい農業にチャレンジして
2年…。

2人の努力が認められる日が
やって来ました。

野菜ソムリエの品評会で

2人の新戒ねぎが
金賞を獲得したんです。

そんな2人を見守ってきた
村岡さんのお母さんは…。

楽しい事ばっかり
ないですけども…。

2人が目指すのは なんといっても
楽しい農業なんですね!

若い2人が思いを込めて育てた
新戒ねぎで

焼き鳥の匠 猪股親方が
腕を振るいます。

お借りしたのは
地元の串焼き店。

仕事を終えたばかりの皆さんが
駆け付けてくれました。

まず 最初のひと品は…。

(猪股)失礼致します。
おおっ! すごい!

(百合子さん)うわあ!
(猪股)はい どうぞ。

(佐伯)うわっ おいしそう!

(猪股)
今日頂いた ねぎでございます。

(佐伯)おっ! ねぎが別で。
(荒木さん)別々で焼くんですか?

伊達鶏のかしわと ねぎ串。

鶏肉とねぎを別々に焼くのが
猪股流です。

(猪股)焦げちゃうんですよね。

…って形で
やってもらってますけども。

おいしそう。

ねぎと鶏肉 交互にどうぞ!

この画がいいですよね。 両手に。

子供みたいですよね。
(一同の笑い声)

どちらから いきますか?

(佐伯)おっ!

やっぱり ねぎですね!

お父さんたちは…

すっかり夢中です!

(佐伯)ハハハ。 おいしそう。

でしょ!

串焼きの匠 猪股さんが
焼いたんですから。

うん!

(佐伯)まず。

ねぎでもわかるのが 焼きの技。

ちょっと

焦げる前に火から下ろして
余熱で中まで火を通してから

もう一度 焼いて
焼き目を付けるという

二度焼きで…。

外はシャキシャキ 中はしっとりの
食感に仕上げました。

そう 今回は
ねぎが主役ですからね 親方!

ねぎを味わったら
次は 伊達鶏のかしわをどうぞ。

おいしい。

ここで 豆知識を一つ。

ねぎをおいしく食べるには…

焼き鳥の脂を塗るといいんです。

お母さんも 納得のご様子!

串焼きを堪能したところで
続いては…。

本日のメインディッシュ!

ねぎの甘みで仕上げた
極上の親子丼です!

<みんながいるから 鍋る?>

<ちょっと贅沢したいから 鍋る?>

<時短で おいしく 鍋る?>

<野菜をとりたいから
笑顔が見たいから 鍋る?>

<鍋って いろいろできる。 元気になる>

<心の底から あったまる>

<それぞれの おうちの
手作りの味で 今日も鍋ろう!>

<あなたに おいしい 鍋がある>

♬~

♬~

冬こそ 水分補給。

(杉咲)よっ。 失礼しま~す。

ちょっと あっ ちょちょ…。
ねぇ 兄ちゃん! 兄ちゃん開けて!

(小栗)新社会人ねぇ。

腹は?
減ってる!

ふ~ん…。 彼女にも作ってんの?

じゃま!
いひひ!

いただきます!

あっ 母さんの味。

そう?
残った野菜 全部入れた感も一緒。

<おだしのチカラ 「ほんだし」>

東京 中目黒の
焼き鳥の名店 「鳥よし」の

猪股親方が作る 究極の親子丼。

甘さが自慢の新戒ねぎを

皮付きのまま
丸ごと炭火で焼けば…。

そう
あの たき火の焼きねぎと同様に

さらに甘さが増すので…。

だしに砂糖を入れなくても
甘みは十分!

ねぎの甘みで仕上げた
究極の親子丼!

いよいよ お披露目です!

(佐伯)親子丼が来ました!

親方のお店でも大人気の親子丼!

皆さん
じっくりと味わってください。

うん!

(猪股)ありがとうございます。

(佐伯)おいしいですか?

最高の褒め言葉ですね!

皆さん 箸が止まりません!

親子丼のおいしさの秘密。

福岡博士に聞いてみました。

(福岡)「鶏肉とねぎは そもそも
非常に相性がいいんですね」

「ねぎには アリインという成分が
ありまして

これは あの…
酵素の作用によって

アリシンという ツーンとした
辛み成分に変わってきます」

「これがですね

うまみ おいしさを
増強させる効果があるんです」

では 焼き鳥の脂をつけると
ねぎがおいしくなるのは

なぜなんでしょう?

(福岡)「脂というのはですね
人間の口の中に入ると

唾液の成分 リパーゼという
酵素によって

脂肪酸とグリセリンというものに
分解されます」

「その脂肪酸にはですね

食べ物が本来持っている
甘みとか うまみを

増強させる効果があるんですね」

ねぎと鶏肉は

お互いに引き立て合う
おいしい関係なんですね。

未来の農業にチャレンジする
お二人 いかがでしたか?

これだけ熱心に向き合って

こうしたらいいかな?
ああしたらいいかな? って

考えてくださってる事を
すごく嬉しく思いました。

ありがとうございました。

ありがとうございます。
(猪股)こちらこそ ありがとう。

頑張って 糖度の高いやつを
作ってください。

糖度だけじゃなくて。

(猪股)今日は ホントに
ありがとうございました。

(2人)ありがとうございました。

次回は 最高級
福井県の越前がに漁に密着。

素材を生かす
和食の焼き技も必見!

いい香り!