健康カプセル!ゲンキの時間[解][字]【必見!冷え症対策の極意とは?】…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

健康カプセル!ゲンキの時間[解][字]【必見!冷え症対策の極意とは?】

いよいよ冬本番。「冷え症対策」は、やり方次第で効果に大きな差が出てしまうのだとか。今回は、冷え症外来医師に学ぶ対策のポイントをご紹介!冷えに潜む危険な大病とは?

詳細情報
番組内容
今年もいよいよ冬本番。 今や「冷え症対策」は冬の常識となっていますが、やり方次第で効果に大きな差が出てしまうのだとか。 そこで今回は、冷え症外来医師に学ぶ対策のポイントをご紹介!冷えに潜む危険な病気についても教えてもらいます。
番組内容2
●やり方次第で大きな差が出る冷え症対策 ●意外な冷えの正体「メンタル冷え」とは? ●冷えに潜む危険な大病「閉塞性動脈硬化症」とは?
主な出演者
【メインMC】石丸幹二 【サブMC】坂下千里子 【進行】金子貴俊 【ゲスト】藤井サチ 【ドクター】林忍(横浜血管クリニック 院長 医学博士)
みどころ
専門ドクターが監修し、すぐに役立つ健康情報を様々なテーマでご紹介。 身近な健康問題とその改善法を楽しく学べます。
公式ページ
▼番組HP https://hicbc.com/tv/genki/
おことわり
番組内容や出演者、放送時間などは都合により変更となる場合があります。

ジャンル :
情報/ワイドショー – 健康・医療
ドキュメンタリー/教養 – 宇宙・科学・医学
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 温度
  2. 先生
  3. ポイント
  4. 血流
  5. メンタル冷
  6. 血管
  7. 林先生
  8. 実際
  9. 症状
  10. 場合
  11. 体温
  12. 対策
  13. お湯
  14. 改善
  15. 危険
  16. 靴下
  17. 効果
  18. 手足
  19. 足先
  20. 蒲地

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



TBS
created by Rinker
En_sky
¥2,772 (2022/01/27 23:09:05時点 Amazon調べ-詳細)

<今年も いよいよ>

<今や
冬の常識となっているのが>

<そこで! やり方しだいで
大きな差が出る?>

<をご紹介>

<冷え症に効果がある
飲み物の温度は>

<熱々? それとも ぬるめ?>

<冷えた足先だけ
もんでいませんか?>

<ポイントは
太ももからの血流改善にあった!>

<さらに!>

<冷えていないのに
冷たいと感じる>

<メンタル冷えとは 一体!?>

<そして 足の片方だけが
特に冷えるという方 要注意!>

<冷えに潜む
危険な大病にも迫ります>

おはようございます

さあ 今朝のテーマは
冷え症です

僕もね 指先が たまに
冷たくなることがあるんですけど

坂下さん ありますか?

私 つま先です 足の方です

藤井さん どうですか?
もう 私は 足先から始まり

ふくらはぎ 太もも 腰回りが

常に冷たいんですよ

それが当たり前っていう感覚で

ちなみに
どんな対策されてます?

ホントに体質を改善したくて

ホットヨガに
8年ぐらい通いました

そしたら だいぶ…
自分の中で改善された気がします

おお~
でも

えっ…
何? このキャラ どうしたの?

漫然とやってませんか?
そこにはですね

大事なポイントがあるんですよね?
藤井さん

そうなんですよ 私

<藤井が訪ねたのは>

<全国でも珍しい
冷え症外来を設けている>

<こちらの病院>

<院長の林先生に
話を伺います>

実は 私も

大体 いつ頃から…

なるほど

<そこで 体温を計測>

(林)36.2度ですね

<続いて 手の温度>

(林)両方…
27.1

えっ 嘘!
(林)ホントです

<さらに 足の温度は…>

24.5?
(林)24.5度

え~ ホントですか?

えっ 今日は 私 でも
まだあったかい方です

(林)そうですか でも

…のが普通なんですね
ですから

といえます

やばいですね

<先生の病院では>

<おでこと手足の甲の温度差が>

<3度未満なら正常>

<3度以上は 軽度の冷え症>

<5度以上は 中等度の冷え症>

<10度以上は 重度の冷え症と
診断しています>

やはりですね これは

<そこで 超音波やABI検査で>

<手足の太い血管の血流を
検査すると>

<問題は見つかりませんでした>

<では>

いわゆる 血行が悪いということが
言えると思います

先生 もう

ことは可能です

<実際に改善した方が こちら>

<安藤さん 37歳>

<社会人になってから>

<手足の先に 冷えを
感じるようになったそうです>

デスクワークの中で

冷えから だんだん 冷たくて

そこから 足がつったりだとか

指がつったりということが
結構 起きるので

<夜 足が冷たくて眠れず>

<仕事にも
支障をきたすようになったため>

<林先生のところへ>

体温は 36.3度

手は 32.2度

足は 30.6度で

と考えられました

<そこで
処方された漢方を飲みながら>

<現在 治療を続けて およそ1年半>

<手足の温度は
正常範囲内まで上昇しました>

<では>

<その前に…>

<番組では>

<主な回答が こちらの4つ>

<皆さん 効果は
あまり感じていないそうですが>

<実は これ 林先生も
おすすめしている方法なんです>

<そこで やり方しだいで
大きな差が出る>

<冷え症外来医師に学ぶ!
対策のポイントをご紹介>

<まずは 温かいものを飲む>

温度?
はい

<そこで 実際に冷えを感じている
3人の女性に協力してもらい>

<検証しました>

<少しぬるめの50度のお湯と>

<フウフウ冷ましながら飲める
70度のお湯を飲んでもらい>

<どちらが体温を維持できるか>

<サーモグラフィで計測>

<1時間後が こちら>

<70度に比べて 50度の方が
若干ですが>

<温度の低いことを示す
青い部分が少なく>

<体温をキープできていました>

<体感を聞いてみると…>

やっぱり 最初

<では>

<これに関係しているのが
自律神経>

<自律神経とは>

<緊張しているときに優位になる
交感神経と>

<リラックスしているときに
優位になる>

<副交感神経の2つからなります>

<そして 血管の収縮や拡張は>

<この2つの自律神経によって
コントロールされています>

<70度のお湯は
交感神経を刺激するため>

<血管が収縮し>

<血流が
悪くなってしまうのに対し>

<50度のお湯は
副交感神経を刺激して>

<血管が拡張
血流がよくなり>

<体温が維持できたと
考えられます>

<アンケートで多かった
対策のポイント>

<2つ目は 入浴>

<これも ポイントは温度>

<温かい飲み物と同様>

<高温のお風呂は
交感神経を刺激し>

<血管が収縮してしまう可能性が
あります>

私が推奨してるのは

38度から40度ぐらいの

まあ 一般的には
ちょっと ぬるめといわれる温度で

30分

で 夏も しっかり入りなさい

とにかく

<さらに 安藤さんは>

<お風呂上がりに
先生から指導された>

<あることを行っていました>

<それが アンケートでも答えた人がいる
マッサージ>

<冷えた足先だけ
もんでいませんか?>

<そこにも
効果に差が出るポイントが!>

<やり方しだいで大きな差が出る>

<冷え症外来医師が教える>

<血流改善法>

<ポイントは
冷えている足先だけではなく>

<太い血管から
血流をよくすること>

<まず>

<次に 足首からひざにかけて>

<同じようにします>

<下半身に
たまりやすい血液を>

<上半身に戻すことで>

<末端の血流も改善し>

<効果が期待できるんだそう>

<そして
皆さんが行っている対策>

<最後は 靴下をはいて眠る>

寝るときに 靴下をはいて寝るのは
どうなんですか?

冷えてですね
眠れないような場合は

靴下をはくことは
積極的にしていいと思います

<良質な睡眠も
体質改善にとっては重要です>

<なかなか寝つけないという方は
試してみては?>

<ただし 靴下にも
注意すべきポイントが!>

<靴下は>

<を選びましょう>

<また 電気毛布を使う場合は>

<一番低い設定温度にし…>

<湯たんぽは
事前に布団を温めておき>

<眠るときは外すのが
おすすめです>

<対策は やり方しだい>

<ポイントに注意して
体質を改善していきましょう>

私 結構 熱い…

70度のお湯の方が
好きだったりとか

43度のお風呂が
好きだったりとか

熱めで キュッて入るのが
もう 最高に好きなんですけど

色々 間違いがありましたね
(金子)意外でしたね

そうすると
お風呂上がりの冷えが

おっ 効果が出た?
え~

気になることは
早速 先生に伺いましょうか

はい ということでですね
冷え症外来を開設している

血管外科医の林先生です
よろしくお願いします

お願いいたします~!
(坂下・藤井)お願いします

先生

そうですね
あの VTRで紹介したような

対策や生活習慣をですね

見直していただいて…

先生は他にも 患者さんに
運動も すすめてるんですよね?

はい 冷え症の方にはですね

可能であれば
ウォーキングよりも

より心拍数の上がるですね

ジョギングの方がいいと
いわれています

へえ~

続いては
意外な冷え症の正体に迫ります

こちらをご覧ください

こちらに来る患者さんって
私みたいに

実際に 温度が低いんですか?

はい あの…

実際には 正常
つまり 2~3度低い方も

いっぱい いらっしゃるんですね
え~!

<実際に そんな体験をしたのが>

<蒲地さん 62歳>

<特に>

下半身で その中でも 主に

っていう感じで

ずっと もう

<更年期で
上半身のほてりがある反面>

<下半身の冷えが強く>

<夏でも レッグウォーマーや
カイロが手放せませんでした>

<そして>

これは もう

と思って

<そこで
林先生の病院で検査をすると…>

さらに
体温は36.2度に対して

手は33.0度

足は33.5度と

末端の温度も
正常範囲内でした

そんなはずないみたいなね…

そんなはずないみたいなね

<なんと>

<でも
足が冷たいと感じていた蒲地さん>

<冷え症外来の患者のうち
4割も占めるという>

<蒲地さん>

<しかし>

<検査をすると
末端の温度は正常範囲>

<でも 足が冷たいと感じるのは>

<一体 なぜ?>

そういう方達は 普段

ほう…

これを「メンタル冷え」と
私は呼んでます

「メンタル冷え」?
はい

<実は 先生の冷え症外来を
受診する患者の>

<およそ4割も占めるそうです>

<蒲地さんの場合は>

<更年期障害の症状が
ストレスになり>

<自律神経が乱れ>

<冷えを感じていたと
考えられます>

それは

まず

<処方された>

<や漢方を飲みながら>

<マッサージや
運動を行っているそう>

<初診から3カ月たった 今では…>

そうなんだね

メンタル冷えっていうのが
あるんだね

(金子)初めて聞きましたよね
初めて聞いた

でも 知れてよかったです
こういう情報が

そうだね 確かにね

これ 男性でも メンタル冷えに
なることはあるんですか?

はい あります

<冷え症は
女性に多いイメージですが>

<先生の病院では>

<メンタル冷えは
男性に多いそうです>

こちらの メンタル冷えの治療は
どうやって行われるんですか?

はい 基本的な体質改善は

本当の冷え症の方と
大体 同じです

実は 意外と…

へえ~!

(林)そういうことです
まさに…

原因が分かると
ホッとしますもんね

ちなみに 私みたいな

まあ 簡単なところでいうと

家族とか 友人なんか
第三者にですね

手足の先を触ってもらって

その人が 「冷たい」って言うか
どうかですね

これだけでも
もし冷たくなければ

メンタル冷えの
可能性があると思います

今も 冷たい気がする
それは

ハハハ… ごめん ごめん

(金子)そういうことじゃない?
いや 触ってもいいけど…

<単なる冷えと
放っておくと危険!>

<実は 大病が潜んでいる場合も>

<冷えから
危険な病気が発覚したいう>

<北川さん 66歳>

<2年前に 突然>

<を感じました>

<足が冷たくて
寝つけない日もありましたが>

<そのときは>

<さらに
10分ほど歩くと>

<ただし 立ち止まって少し休むと>

<すぐに痛みがなくなるので>

<深く気にとめませんでした>

<その症状は 3カ月続き>

<筋肉や関節の病気かと思い
整形外科へ>

<しかし 原因は不明なまま…>

<その後も 症状は悪化>

<だんだん
歩ける距離が短くなり>

<座り込むほどの痛みが
現れたため>

<林先生のもとへ>

<検査の結果>

<左足の先に強い冷えを感じ>

<太ももにも痛みが出てきた
北川さん>

<その後も 症状が悪化し>

<座り込むほどの痛みが
現れたため>

<林先生のもとへ>

<すると…>

ABI検査で

<そして 判明した病名は…>

<そもそも 動脈硬化とは>

<これが 足で起こるのが>

<閉塞性動脈硬化症です>

<症状が悪化すると
血管が詰まって>

<足への血流が滞り>

<最悪の場合>

<壊死を起こすことも>

<さらに
足の動脈硬化があるということは>

<脳や心臓の血流も
滞っている可能性があり>

<心筋梗塞や脳梗塞の
危険もあるんです>

<実際>

<起きていた
というデータも>

<北川さんの場合>

<左足につながる
動脈が詰まっていたため>

<血液が
足先まで行き届かず>

<冷えの症状として
現れていたんです>

<治療法は…>

<閉塞した動脈内に>

<ステントという網状の筒を置き>

<血管の内側から押し広げて>

<血流を再開させる治療法です>

<これによって
北川さんの血流は>

<無事
よみがえりました>

<麻酔が切れて
感覚が戻ったころには>

<もう 足の冷えは感じなくなり>

<翌日 退院するときには>

<冷えに潜んでいる危険な大病>

気づかない人達
いっぱい いるかもしれませんね

何となく変なんだけどって
ほっちゃってる人

やっぱり 冷えは
放っておいちゃダメなんですね

ダメなんだね
でも さっきの壊死しそうな

あの 足の画を見たら ちょっと
早く なんとかしてくれって…

怖かったですね
ねえ 怖かった

え~ 先生 でも 足の

また 悪玉コレステロールや
血圧が高い人

あと 糖尿病の方とか
タバコを吸う人は

リスクが高くなると
いわれています

へえ~

特徴として

<さらに>

先生 冷え症について 他に
何か アドバイスございますか?

ですから 悩んでいる方は ぜひ

積極的な運動や生活リズムを
整えることで

体質改善に
励んでいただければと思います

分かりました 林先生
どうもありがとうございました

(一同)ありがとうございました

<次回の「ゲンキの時間」は>

<身体のリセット法>

<年の瀬で 1年の不調が
たまってはいませんか?>

<そこで 5人の専門医が>

<様々な不調の
リセット法を伝授します>

それでは 皆さん

元気で素敵な毎日を!
また来週 お会いしましょう