あさイチ「プレミアムトーク 脚本家・大森美香さん」[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

あさイチ「プレミアムトーク 脚本家・大森美香さん」[字]

▽プレミアムトーク 脚本家・大森美香▽ラブストーリーからヒューマンドラマまで数々の名作!▽「青天を衝(つ)け」主演の吉沢亮さんが語る“大森脚本”の魅力とは!?

詳細情報
番組内容
▽プレミアムトーク 脚本家・大森美香さん▽ラブストーリーからヒューマンドラマまで数々の名作を手掛ける人気脚本家が登場!▽放送中の大河ドラマ「青天を衝(つ)け」執筆秘話!主演の吉沢亮さんが語る“大森脚本”の魅力▽リフレッシュ法は「とにかくおしゃべり」すること!ママ友や家族が明かす素顔とは?▽特選!エンタ 映画▽グリーンスタイル 冬のバードウォッチング【キャスター】博多華丸・大吉、鈴木奈穂子
出演者
【ゲスト】大森美香,【VTR出演】吉沢亮,【音声出演】木村佳乃,【講師】日本野鳥の会レンジャー…嶋村早樹,【キャスター】博多華丸,博多大吉,鈴木奈穂子,【リポーター】森花子,駒村多恵

ジャンル :
情報/ワイドショー – 暮らし・住まい
情報/ワイドショー – 健康・医療
ドキュメンタリー/教養 – 社会・時事
特性情報 – 中断ニュースあり

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 大森
  2. 大吉
  3. 華丸
  4. 鈴木
  5. 駒村
  6. 嶋村
  7. 脚本
  8. 本当
  9. 作品
  10. AD
  11. 最初
  12. シーン
  13. 気持
  14. カモ
  15. 慶喜
  16. 現場
  17. 西郷
  18. VTR
  19. マーラ
  20. 栄一

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



NHK
created by Rinker
¥870 (2022/08/13 00:15:52時点 楽天市場調べ-詳細)

生字幕放送です。一部、字幕で
表現しきれない場合があります。

鈴木≫おはようございます。

大吉≫12月10日金曜日の
「あさイチ」です。

華丸≫泣いてましたね。
なつこが泣いてましたね。

大吉≫いい人でしたでしょ。

華丸≫安子でしたね。

大吉≫燃えろいい女
燃えろなつこね。

ちょっと高度すぎましたよ。

朝8時15分では
ツッコメなかった。

マスターがかっこよかったね。

革ジャンがめちゃくちゃ欲しい
です。

いい気持ちで幸せな気持ちで。

金曜日は「プレミアムトーク」
けさのゲストは

脚本家の大森美香さんです。
大森さんも朝ドラの脚本、2回

手がけていらっしゃいますけど
この作品は?

大森≫見ております。
私は勇ちゃんが好きで。

兄弟ですよね。
とにかく音楽とかラジオとかの

力を感じると
それだけで、うっとくるところが

毎朝あります。

大吉≫大森さんときょうは
いろいろお話をしていきたいと

思いますが、まずはこちらの
映像からです。

(VTR)
鈴木≫大好評だった

朝ドラ「あさが来た」。
きょうのゲストはその作者

脚本家の大森美香さんです。

朝ドラから月9まで
数々の人気作品を書いてきました。

29歳のときに、初めて手がけた
連続ドラマ「カバチタレ!」。

常盤貴子さんと深津絵里さんの
魅力を引き出す脚本でブレーク。

以来、次々とヒット作を
生み出し続けています。

栄一≫すでに徳川のお命は
尽きてございます。

現在、放送中の「青天を衝け」で
大河ドラマの脚本に初挑戦!

華丸さん演じる
西郷さんについても

大森さん、大満足みたいですよ。

大隈≫西郷さん!

西郷≫戦じゃ。

実は
キャスティングが決まる前から

華丸さんをイメージして
脚本を書いていたとか。

なんで
華丸さんだったんでしょうか?

今や、次から次に依頼がくる
人気脚本家の大森さん。

出発点は、ドラマ撮影現場の

AD・アシスタントディレクター
でした。

朝から晩まで現場を走り回り
睡眠時間は1時間の日々。

その中で編み出した特技が…

ドラマの撮影現場で
カメラが回り始めると

俳優の演技を見るふりをしながら
ちょっと、うとうとして…

カットがかかると目を覚まして
現場を走り回っていたんだとか。

そこから、どうやって
人気脚本家に

なっていったんでしょうか?

現在、夫と10歳になる娘との
3人暮らし。

家事と育児と執筆で
大忙しの日々を送っています。

今回、大森さんのご家族にも取材。

人気脚本家のありのままの素顔を
明かしてもらいました!

大吉≫けさのゲストは脚本家の
大森美香さんです。

よろしくお願いします。

大森≫恥ずかしい。

大吉≫ADさんから脚本家という
パターンを

僕は聞いたことがないので

どういうふうな人生を送ったら
そうなれるのか

いちばん聞きたいんですけど
台本上は華丸の西郷さんから

いけと。
<笑い声>

華丸≫何?不本意なって。
お願いしますよ。

そうでしょう。流れは
そっちのほうがスムーズです。

逆に早めに紹介したほうが
いいと思います。

大吉≫VTR中にもありましたが
最初から華丸さんをイメージして。

大森≫イメージしておりました。
できたら華丸さんに

出ていただきたいけれどもと
プロデューサーさんにお伝えし

ながら書いておりました。
大吉≫なぜ?

大森≫私が言ったら周りが
びっくりすることに私が驚いて

華丸さんがいるじゃないですかと
いう気持ちだったんですけど

もともと西郷どんさんがいたじゃ
ないですか。

すぐ前に立派な西郷さんがいて。

今度のドラマで新しい西郷さんを
生み出すには

やっぱり違う視点から描きたい

と思ったときに
策略もできるし

笑っているけれども笑ってない

そういう雰囲気が出せる
朗らかだけど

そうじゃないかもしれない。

裏知的みたいな感じの方が
いいなと思ったときに最初から

思い浮かんでおりました。

華丸≫よく
見抜いていらっしゃいますね。

大吉≫全然だよ。
何もないですよ。

この人、何もないんですよ。
本当に何もないんですよ。

大森≫いえいえ。

華丸≫二面性があるでしょう?

大森≫お芝居は見ていましたので
信頼性はありました。

鈴木≫大森さんのお気に入りの
西郷さんのシーンがあります。

禁門の変という幕末の京都で
起きた、武力衝突の場面です。

(VTR)
京都に攻め入ってきた

長州の兵士たち。
みかどのいる御所を守るため

一橋慶喜が迎え撃ちます。

慶喜≫戦えー!

≫殿!

慶喜≫大事ない!

決定的な場面で
この男が現れます。

≫放て!

慶喜≫ご苦労であった。

西郷≫んにゃあ

一橋様に比べれば
何もしちょいもはん。

もうしばらく

仲ようしちょった方が
よさそうじゃのう。

華丸≫くっ。

大森≫ここが好き
ここが好きです。

仲よくしちょいたほうが
よさそうじゃの、なんてね。

華丸≫先生の書いたとおり
私言いました。

大吉≫相方としては

絶対に

絶好のぼけチャンスだから

ぼけろぼけろって

1本いっとくくらい言えと。
大森≫慶喜さんとの

交友関係を見せたかったので
このワンシーンだけでも

よし!という気持ちに
させられましたね。

鈴木≫華丸さんは、脚本を

読んだときにどういう印象を
受けたんですか?

華丸≫印象というか僕は
必死でやるだけだった本当に

当時、今もそうですけど

コロナ禍で直前までマスクをして
いるから本番のときだけ

どん!ですよ。
慶喜公というより

草なぎ剛が来たという。
どうしても思っちゃう。

大吉≫見慣れてないからね
われわれも。

華丸≫

仲よくしちょったほうが

よかばいという気持ちが

おかげさまで乗ったという。
大森≫衣装は重たかったと。

華丸≫めちゃくちゃ重たかった
です。

諸説あると思うんですけれども
歴史に基づいて衣装さんが

用意してくれたんでしょうけど

こんなに身を守りたかったんだ
西郷さんと思いたくなるくらい。

大吉≫防弾チョッキみたいな。
華丸≫いろんなことを

学ばせていただきました。
大森≫大満足。

華丸≫ありがとうございます。
大吉≫私からも

ありがとうございます
。すみません。

鈴木≫大森さんは福岡出身なので
華大さんのことももちろん?

大森≫もちろん
よく存じ上げて。

何しよっと?と。

言っちゃってよかったかな。

大吉≫今もやっております。

大森≫帰省したときは親と見てい
ます。

大吉≫ローカルで旅番組やって
ます。

今もやってますよ。

大森≫実家の近くに
来ていただいて。

鈴木≫大森家、ご家族みんなで
親しみを。

華丸≫それで選ばれたんじゃない
かと。

大森≫実はキャスティングをする

ときに鹿児島の方から
探していって

九州に広げてみたいな探し方は
実は私はわりと。

全然、福岡弁と鹿児島弁は違う

から大変だと思うんですけれども
何かスピリットが近いほうが

演じやすいかななんて。

大吉≫ちょっとずつ
北上していったら

福岡に華丸がいたと。

鈴木≫きょうは大森さんへの
メッセージお待ちしております。

質問や応援メッセージ
どしどしお寄せください。

大森さんから視聴者の皆さんに
聞きたいことがあると。

大森≫そうですね。私、人を
見ているのが好きなんですね。

電車に乗ったときとか
お友達とか見ているのが好きな

ので

最近見かけたおかしろい人が
いたら

興味深いおかしろい人がいたら
こんな人がいるよ

という情報があったら
知ることができたらうれしいです。

大吉≫今後の脚本に
生かされるかもと。

大森≫見かけた方は脚本に
書いたりしています。

鈴木≫もしかしたら脚本の参考に
なるようなエピソード。

皆さんからお待ちしています。
大森≫よろしくお願いします。

鈴木≫大森さんは執筆しながら

家事も育児もこなして

本当に大忙しということで
一日の今のスケジュールを

ご覧いただこうと思います。
まず午前3時に起床。

6時まで執筆です。

大吉≫この時間に執筆なされる
んですね、3時間か。

鈴木≫午前中のうちに家事をして

夕方ごろまで執筆をしたり
打ち合わせをしたり。

そのあと今度は夕方から

夜にかけては家事とか
お子さんのお世話とかをして

夜9時から10時まで
読み聞かせの時間もあり

10時に就寝されて
また翌日は午前3時に起床する。

大吉≫これが一年中
続いているということですよね

基本的には。

大森≫大河ドラマ長かったので

1年以上ですかね。
こんな感じでした。

鈴木≫書いていて夜中に寝ると
いう方は多いと思うんです

けれども
午前3時に

起きてそこから始めると。
大森≫私は娘と一緒に

寝ているんですけれど

読み聞かせをして寝かせていると
言いましたけれども

大体、私が先に寝ちゃうんです。
読みながら自分が先に寝て

ごめん、お母さんは…

もうだめ…と寝ることが多くて

でも夜は寝ようと思って
そうしますと

書かなくちゃというので
3時に起きて

だからきょうは書く量が少ないと
思ったら4時の日もあるし

きょうはやばいというときは
2時に起きてという感じで。

大吉≫朝の準備の前に1回執筆を
入れないと間に合わないんですね。

大森≫その時間が静かなので
周りも。

なので集中できる感じが
ありますね。

大吉≫でもハードスケジュール
すぎますよね。

華丸≫よくやりましたよ
試験の前の日に

ちょっと早めに起きてと。

でも絶対普通にちゃんと寝ますよ。
起きられない。

大吉≫無理だよ
このスケジュールはと。

大森≫待ってる人がいるので
頑張らなくちゃと。

鈴木≫すごいですよ。

そんな大森さんの生活

大森さんのことをご家族は

どういうふうに思っているのかも
伺っております。

(VTR)
今回、夫のよしひろさんに

取材をお願いしたところ
娘と一緒のほうが心強いと

2人一緒にお話ししてくれました。
お顔はイラストです。

ただ大森さんの行動で

1つだけ、どうしても

気になることがあるそうで…。

そんなお母さんのために

娘さんがしていることが
あるそうです。

夫≫こっそり冷蔵庫から
コーヒー出すんだよね。

≫そうなんですか?

大森≫ちょっとね

…いいこと言いますね。娘がね。
大吉≫すごく理解されている気が

しますけれども。
大森≫支えていただいて。

鈴木≫うるっと。

大森≫ちょっとうるっと
きましたね。

大吉≫おおむね好評ではあり
ましたけれども

お二人にね。

ただ一方で
大声が聞こえてくるのが

たまに不安を感じると。

大森≫確かに娘が

はっと顔を出して
ごめんなさい、ごめんなさい

怒っていないよっていう感じです。

鈴木≫基本的に声に出しながら
せりふを書いていくんですか。

大森≫出しながらじゃないと
掛け合いが

本当に成立するかとか
どれぐらいボルテージが

上がっていくかとか
計算しづらいところがあるので

必ず読んで。

西郷さんのせりふとかもちゃんと

読んで。

方言はすべては話せないんです

けれど、なんとなくこんな方言と
いうのは一応身につけてから

読むようにしています。
華丸≫一人二役とか三役とか

やるんですね。
大森≫多いときに、結構多いので

7役とか8役とか
1人でやっています。

鈴木≫お手元に台本があって
どんなふうに声に出して

やっているのか。
華丸≫やっていただけるんですか。

大森≫打ちながら
やっているんですけれど

これはですね、シーンとしては
まだ幕臣だったころの

篤太夫と成一郎が

だんだん話しているうちに
口論になったシーンです。

お前実はやっかんでんだんべと

篤太夫が言うと

成一郎は

やっかんでるつもりじゃないから
腹が立つ。

長州征討のときも俺のほうはお前
より

ちっとんべ重宝がられておったも
んな

ばか言うな
そのことでなぜ俺がやっかむ。

なにがお主だい

一橋様は俺を重宝してくだすった
んだい

だんべえだんべえ言って。

大吉≫この辺りから娘さんが

お母さん、

お母さんどうしたのって。

大森≫結構のぞいています。

鈴木≫結構
気持ちが入っていますね。

大森≫気持ちが入らないと

このあと2人がつかみ合いになる
ので。

大吉≫声に出してみて
そのあと修正とか。

大森≫ここは
だんべえだんべえ言ってしまおう

とか
言えるなと思ったらまたパチパチ

書いたり。

そういうことを日々しています。
なのでうるさい。

華丸≫珍しいスタイルですかね。
あまりしないんじゃないですかね。

大森≫私はみんなしているんだと
思っていたので

結構していないかしら。
大吉≫この話をすると

驚かされるんですよね。
大森≫驚かされるので

していないのかもしれないです。
鈴木≫38歳でご結婚されて

脚本も家事や子育てをして
先ほどの生活のように脚本を

書いているわけですけれども
さっきのスケジュールをもう1回

見てもいいですか。
自分として考えても、本当に

こんなスケジュール子育てをし
ながら可能なのかしらって思う

んですけれど
両立のコツというか

どうやって。
大森≫ただ家でずっとできる

仕事なので
基本的には家に必ずいる仕事で

今回は特に打ち合わせも
すべてリモートだったんですよね。

台本の打ち合わせも。
その点では

本当に困ったときには
そばにいられるというのは

この仕事はあるかもしれないです。

鈴木≫毎日やることがある中で

夫のよしひろさんと家事を
分担しているとか

分けてやっているんですか。

大森≫夫はお夕飯を作って
くれたり、娘のお弁当を作って

くれたりするので
洗い物は私なんですけれど

そういう分担はできている
と思います。

宿題も、例えば算数はパパで
国語は私とかそういう分担は

できているのかもしれないですね。

鈴木≫その辺りは自然に?

大森≫そうですね、自然に。

もうちょっとやってくれてもと
思うときも

もちろんありますけれど
それはたぶんお互い様だと思うの

で。

大吉≫やっぱり家族のサポートが

ないとこのスケジュールは
なかなかこなせないと思います

けれど
本当に穏やかそうな。

よしひろさんでしたっけ。

大森≫いえ、全然そんなことない
んですよ、映っているところは。

大吉≫第一声からこの人は
優しいと。

鈴木≫そういう中でも
3人の家族の時間みたいなものは

結構、作ろうと意識的にされて
いたりもするんですか。

大森≫そんなに意識はしていない
んですけれど、わりと3人とも

一緒に食事はするし
すごくよくしゃべる。

夫も娘も私もよくしゃべるので

その辺はコミュニケーションが
すごく取れているのかもしれない

と思います。

大吉≫大森さん自身、週に1回
必ず休むとか

決められているんですか。
大森≫ないですね。

きょうは書けない、みたいな日は

ベッドにゴロンとして

本打ちでこんなことを
言われたとか1人で反省したり

ぶつぶつ言ったりしながら
こんな気持ちでは書けないと

言ったりして、夜になって
急に復活して、みたいな

結局、気持ちが乗っていかないと

ぶわっとは書けないので。
そこには素直になっている。

大吉≫例えば来週の日曜日

必ず休みでみんなでどこかに

行こうねとかそういう計画は
あまり立てない?

大森≫立てないですね。
コロナ禍があったということも

あって
どこにも行かせられないから

かかってしまって
番組が止まってしまっては

いけないということもあったので
これからはどこかに連れていって

あげたいなと思っています。
大吉≫そんな大森さんですが

改めてプロフィールを作らせて
いただきました。

非常に簡単なパネルなんです
けれども、大森さんは

まず24歳のときに
民放ドラマのADさんに

なられたと。
もともとテレビ局に?

大森≫私は名古屋テレビに
勤めていて

そのときは総務部だったので
普通に自分の仕事とか簿記とか

そういうのをやっていましたね。

大吉≫テレビ局に入社とはいえ
そっち側の仕事を

やっていたんですね。

大森≫完全に自分の仕事、短大卒

でもあったので事務職で
そんなお仕事をしていました。

ただ作ることが
やりたくてやめてしまいました。

大吉≫名古屋をやめて
お台場のほうに。

大森≫お台場のほうの
契約ADさせていただいて。

番組契約ということでアルバイト
みたいな感じから始めました。

大吉≫アシスタントディレクター
さんは早い話が

雑用がメインですよね。

大森≫特に下の、フォースとか
フィフスとかから始めたので。

大吉≫4番手5番手
ADさんもたくさんいるから。

大森≫最初は現場で足りないこと
を補う感じなので

ケーブルをやったりとかそういう
お仕事をしていましたし。

華丸≫すごい怒られるんですよね。

大森≫怒られるのがお仕事みたい
なところもあって。

大吉≫ADさんを怒ることで
現場を引き締めるみたいなところ

もあって。
大森≫キュー出しを失敗して

顔を飛び蹴りされたこともあり

ましたね。

大吉≫まだそういう法律が
整備されて

なかったんでしょうかね。
<笑い声>

大吉≫今でこそ休めるじゃない

ですか。

大森≫夜中まで

3時ぐらいまで撮影して
5時集合ということはありました

からね。

大吉≫そのときに
身につけたのが立ち寝

そのときにカチンコ
やっていたんですよ。

用意ってやったときに

これを落としたら

みんなが

メークさんとかが支えてくれて。

大吉≫特技というよりも
それしかなかったんですかね。

大森≫しーんとしているから

目を閉じてしまったんですかね。
申し訳ないです。

大吉≫壮絶な24歳からの
スタートですか。

大森≫本当に表に出る人じゃない
んですよ裏方。

鈴木≫右側が大森さん
新人のころの木村佳乃さん

その当時から今に至るまで

仲よくされているんですよね。
大森≫佳乃さんはまだ

このとき、
3番目か4番目のADのころ

だったと思うんですけれども
そんな私のことも

よく覚えてくださっていて

スタジオとかで会ったときに

美香ちゃん、と言って声をかけて
くださって

それからずっと今も親交が続いて
います。

私から声をかけるのは
はばかられるほど

女優さんていう感じだったんです
けれど。

鈴木≫きょうはそんな木村さんに
当時の大森さんの印象を

聞きました。
今、木村さん、連ドラの撮影中で

とてもお忙しい中
大森さんのために時間を作って

いただいて電話で話を聞かせて
くださいました。

木村≫年も近く
同性だったっていうことで

大変、仲よくなって。
ものすごい

気が強くてらっしゃるんで。
優しいんですけど

芯もお強くてらっしゃるので
あの、何回か実は美香ちゃんが

怒ってるとこ
見たことあるんですけど

ものすごい怖かったです。

偉い方だからといって
のまれるんではなく

そういう方にも、ずばっと
言うところを見たことあります。

下の人に優しい。
上の人には厳しいです、たぶん。

大変だったと思いますけど
それに負けない芯の強さが

おありになる、じゃないと
ここまでやってらっしゃらないと

思いますけど。

そういえば今
思い出したんですけど

美香ちゃんって
結構、おっちょこちょいで

ごはんを食べに来たら
お財布全部忘れたみたいなこと

よくありましたね、そういえば。

「ごめん、かばんの中が空だわ」
みたいな、結構そういう

おっちょこちょいなとこあります。
お仕事に関しては、もちろん

しっかりしてらっしゃいますけど
こういうかわいらしい面も

あります。

大森≫本当にあのとき、お金を
出してもらって本当に申し訳ない

です。

大吉≫大森さんのためならという
ことで

木村さんありがとうございます。

鈴木≫木村さんの話にも
ありましたけれど

現場でおかしいなと思ったことが
あったら上司だろうが

言っていたんですか。
大森≫そうですね。

それは本当に脚本家になってから
ですけれど、ここがおかしいと

思ったら

いくら偉いと思われる方でも

それは違うと思うと言って

相手が納得するまで言い続けると
いうようなところが

そうですね、でもAD時代から
ありましたね。

生意気なADだったと思います。

大吉≫多少そういうところがない

立ってカチンコをやったあと
寝ないと思います。

そこって?
カチンコのあとに寝てるって。

大森≫終わったらもう1回、
カンカンと鳴らさなければ

いけないときに
やっていましたよね。

大吉≫そんな大森さんが24歳で
ADになられて、26歳で脚本家

デビュー

29歳のころに「カバチタレ!」

で初連ドラ。
この作品が、華丸さん。

華丸≫めちゃくちゃ驚きましたよ。

漫画の原作を知っていたので

主人公、男の人しか出てこないの
に深津絵里さんと常盤貴子さんで

できるの?って。

しかも本当にめちゃくちゃ

男くさい内容ですもんね原作は。
大森≫そうです。

原作おもしろいんですけれど。
華丸≫すごく覚えています。

それは誰が決めるんですか?
女性にさせるって。

大森≫それはプロデューサーさん
です。私がお話をいただいたとき

にはこれをどうにか常盤さんと
深津さんでやりたいんだと

言われて。

でも私はそのときは深夜ドラマ
とかでしか

デビューしていなかったころ

だったので

どうしたらいいだろうと
まずAPだったので

アイデアを出すばかりですね。

大吉≫APというのは
アシスタントプロデューサーさん。

いろいろ出世するというか
なんというか。

職種が変わっていくんですけれど
なぜADさんから

脚本家さんになれたのかというと

この2年間に何があったかと

いいますと
ここで人生の転機が訪れた。

大森≫そうです、そうです。

ADをやっていたときに
今なんか目じゃないくらい

忙しくて本当に1時間しか
寝ないでっていう生活をして

いたらやっぱり
ちょっと体を壊してですね

これは休まないと治りませんって
言われたんですね、病院で。

有休もなかったんです

アルバイトみたいな状況だったの
で。

そのことを、お台場の

テレビ局の上の方に言ったら

1か月休んでまた

4月からおいでと3月の途中から
休んでいいので

でも、その間に、休んだ間に

何か私はやったということを
持ってきて4月に出てくればいい

ですよと言っていただいて
その間に何をする?と

言われたから
私はADのときに

大石静さんとかすばらしい先生
たちの脚本を一生懸命読みながら

準備をする仕事をしていたんです
ね。

脚本ってやっぱりおもしろいと
思っていたし

そのときスタッフだったので

生でファックスで届いた原稿を
みんなに送ったりする仕事をして

いたから
本当は、読んじゃいけないって

言われているんだけれども
いちばん最初に読めるんです。

読まずに送れよと言われているん
だけれどもちょっと読んじゃって

こうなるんだって思いながら
送っていて

脚本という仕事に

そこでとても興味を覚えて

脚本を書いてみたいですと。
大吉≫休んでいる間に試しに

書いてみますと。
大森≫書いたのがきっかけですね。

大吉≫1か月休まれて書いて。
大森≫書きました。

そのときにやっていた深夜ドラマ

でオムニバス形式の
「美少女H」という作品があって

毎回若手の女優さん違う女優さん
が出て

毎回演出家も脚本家も変わる。

そこの深夜ドラマで
そこで使ってほしいと言って

持っていったんですね。

大吉≫そうしたら採用された?

大森≫案外おもしろいじゃないか

と採用していただいて

それはまず最初の脚本家デビュー
になりましたね、26歳のときに。

大吉≫脚本を1本持っていって
そこからADさんに戻るわけでは

なく。
大森≫またADに

戻るつもりだったんです。

脚本を書けるという武器があると
アルバイトで

ADをやっていると
なかなか監督になれないんです。

社員の方がなっていくので。

でも脚本も書けるかもよとして
おけば、もしかしたらいつか

監督になれるかもと思って
またADに戻ろうと

思っていたときに

私の脚本を読んだほかの班の
プロデューサーの方が

君はもっと脚本を勉強して

そのほうが

本当に早く監督になれる可能性が
あるから脚本を

ちゃんと勉強するために

僕のもとで
アシスタントプロデューサーに

なって
台本の打ち合わせとかに出ながら

台本の勉強していきなさいと
言われて

それでADから、APになったと
いう感じですね。

鈴木≫監督にも、そのままなれた
かもしれないというか

そっちの道もあったのかなと。

大森≫なりたかったから何本か

私、撮っています、監督業もさせ
ていただいて。

ずっと、演出家はかっこいいと
いう思いがあったので。

演出も興味があって…
興味があってっていうか

すごいやりたいと思って
最初にデビューした脚本では

演出もさせていただきました。

大吉≫このときに思い切って
1か月休んで脚本を書いたことが

人生の転機になって、それを

見つけてもらえて
君はそっち側じゃないよ

こっち側のほうが伸びるよと

やってくれたおかげで、

29歳で初連ドラ。
そこからもうヒット作が

どどどどどっと。

鈴木≫今の大森さんになった

わけですけれども視聴者の方から

たくさん来ていますメッセージ。
やっぱり何より

「青天を衝け」についての
メッセージが多いです。

愛知県50代の方。
「青天を衝け」こんなにはまった

ドラマは初めてです。

隅から隅まで大好き。
「青天を衝け」は名シーンだらけ

でしたね。
歴史苦手だったんですけれど

今までの大河ドラマよりも身近で
興味深い内容ですといった

「青天を衝け」についての
メールがたくさん来ております。

この「青天を衝け」
大森さんが脚本に3年の歳月を

かけた大河ドラマということで
今月、最終回

まもなくですけれども。

大森≫終わってしまってさみしい
ことですね。

鈴木≫どんな心境ですか。

大森≫残っている3話が、もっと

書きたいという気持ちを
凝縮してぎゅっとした

ドラマなので本当に皆さんに見て
いただきたい。

その3つ私も出来上がったのを
見ていないんですけれども

その3つを見たら
ああ…ってなってもらえるんじゃ

ないかなと思うので
本当に皆さんに無事にお届け

できますようにという気持ちです。
華丸≫最初から

ちょっとふだんの大河とは
量が違うじゃないですか。

普通は50話ですかね。

大森≫始めたときから

50話はないかもしれないと

働き方改革でそれよりは
短いかもと言われていたので

ただもう少しあると思っていた
んです。

血洗島編を書き終わるぐらいで
やっぱりいろいろあったからって

オリンピックも、コロナも。

すごく減ったというので

ショックと
思っていたんですけれど

この状況で

撮れるということ自体
放送ができること自体

ありがたいことだなと思って
気持ちを入れ替えて書いてい

ましたね。

華丸≫それがぎゅっとなったのが
残り3話。

鈴木≫最終回に向かって楽しみ
ですが主演の吉沢亮さんからも

メッセージをいただいています。

(VTR)
先月、無事に

すべての撮影を終えた
大河ドラマ「青天を衝け」。

吉沢≫大森さん、お疲れさまです。

吉沢さん演じる
主人公・渋沢栄一は

とにかく、しゃべる、しゃべる。
せりふが多いんです。

栄一≫城にいるものは
確かにみな励んではいます。

しかし、目の前のことを
こなすのに精いっぱいで

東照大権現様のように
この先、5年10年100年先の

日本がどうなるかを考えて
励んでる者が一人もいない。

このままでは新政府は
あっという間に破綻します。

中でも、脚本を読んだときから

ぐっと引き込まれたシーンが
あったそうです。

そのシーンがこちら。

栄一とかつての主君・徳川慶喜
2人の別れの場面です。

慶喜≫渋沢

この先は日本のために尽くせ。
栄一≫では、士分となった際に

平岡様からいただいた
「篤太夫」の名をお返しし

元の名に戻したいと存じます。

慶喜≫元の名とは何だ?

渋沢≫渋沢栄一と申します!

慶喜≫フッ…
そんな名であったかなぁ。

渋沢≫今まで

ありがとうございました。

慶喜≫渋沢栄一。
栄一≫ははっ。

慶喜≫大義であった。
息災を祈る。

渋沢≫ははっ!

大森≫また吉沢さんがね

いい顔をするんですよね。

もうね。

全然、書いていたときを超える
ものを

見せていただいたなと思いますね。

鈴木≫やっぱり
栄一と慶喜のシーンは

どのシーンもすごく
印象的でしたよね。

どういう思いで脚本を書かれたん
ですか。

大森≫私は現場にも

ずっと行っていなかったですし

まず吉沢さんと草なぎさんという
ペアがどういうふうな化学反応を

起こすかということが全く分から
ない。

大吉≫普通は現場で何回か
立ち会えるようなものですよね。

大森≫顔合わせ、本読みが、
あってから始まるんですが今回は。

大吉≫コロナ禍で
なかったんですね。

大森≫お二人が一緒になる
シーンも冒頭以外ずっと

なかった中で
どういうお芝居をされるのか

分からない中で書いていて。

どんどん、ここが
1つの集約だと思いますけど

2人のお芝居を見ていて
どんどん深まっていくのを見て

現場の力というかね

生で起こる化学反応というのは

すごいなと思いながら
2人の相性が

よかったんでしょうね。

鈴木≫そういうのを見てから

そのあと脚本が少し

変わったりとか
影響されるんですか?

大森≫実際にお二人が第1話の
冒頭で出会ったシーンと

これは私が脚本に

書いてい

なかったんですが

立ちション…立ってる用を
足しているシーンは

台本上にいなかったんです。

そういうシーンがございました。

2人が一緒に映ると

こういう声とこういう声なんだ
というのが見えてきたら

この2人の相性はいいなと思って

実際、14話ぐらいから

一緒のシーンを見ると
これはもっと見たいなと

思っていましたね。
大吉≫大森さんが関知していない

ところでも現場でそういう
シーンが入るんですね。

大森≫現場のことは何も関知して
いないんです。

皆さんの力なんです。

鈴木≫脚本が想像を超えたと
おっしゃっていましたが

そういうシーンが
ほかにもあるそうです。

それが、栄一を武士に
引き立ててくれた恩人

平岡円四郎が暗殺される場面です。

(VTR)

円四郎≫おい、傘借りてきてくれ。

川村≫平岡様!

円四郎≫うそだろ…

冗談じゃねえぞ…

おりゃあまだ死ねるか…

まだ…

見てえもんが山ほど…

死にたくねぇぞ…。

殿…あなたは…

あなたは、まだこれから…。

…やす。

大森≫死にたくなかっただろうな
って思いましたね、見ていて。

大吉≫でも脚本を書かれて…。

でも大森さんが書いた以上の

ものが出てきたと。

大森≫あんなに雨が降っていると
思わなかったし

雨ももともと降っている設定では
あったんですが

あんなにたくさん降って

慶喜さんに会うところまでずっと

びしょびしょだったでしょう。
あんなにねって思いましたよね。

でも、やっぱり
慶喜さんと平岡さんの相性も

やっぱりすごくよくて
毎回見ていて楽しみにしていた

ところがあったので

本当に死んじゃうんだって。

大吉≫書いたのは
私なんですけどってね。

<笑い声>

大森≫史実としてここで
亡くなって

それを川村さんが守ろうと

したけれども
守れなかったという

映像になるとこんなに悲しいんだ
という気持ちになりました。

華丸≫指の動きとかも?

大森≫あれはもう

演出の村橋さんの

演出ですけれど

最後に、やすって名前をね

あれだけ手だけ映されてもと

思いましたけど。
華丸≫お茶の間じゃないからね。

ここは。
大吉≫大きく

関わっているんだからね。

大森≫「あさが来た」という
ドラマを書いてから

幕末が大好きになりましたね。

華丸≫それでディーンさんと
つながっていくんですね。

鈴木≫たくさんメッセージも

きております、京都府40代の方。

華丸さんをキャスティングした

ときのお話の雰囲気や笑顔とても
かわいらしかったです。

生字幕放送です。一部、字幕で
表現しきれない場合があります。

ではお伝えします。

イラン核合意の立て直しに向けて
アメリカとイランは先週に続いて

9日から間接的な協議を
行っています。

アメリカ側はバイデン大統領が
外交交渉が不調に終わった場合に

備えて
準備を進めるよう指示したことを

明らかにし
事態打開に向けた糸口は

見いだせていません。
イランは核合意から離脱した

アメリカが制裁を
再開させたことへの

対抗措置として
高濃縮ウランの製造を進めるなど

核開発を強化してきましたが
両国は核合意の立て直しを目指し

先週、5か月ぶりに間接的な
協議を再開しました。

協議はいったん中断したあと9日、
オーストリアの首都ウィーンで

EU・ヨーロッパ連合の

仲介のもと再び始まりました。

イラン交渉団トップの
バゲリ外務次官は協議のあと

制裁の解除が核開発交渉の進展の
最初の一歩だと述べ

アメリカに対し、速やかに制裁を

解除するよう求めました。
一方、ホワイトハウスの

サキ報道官は
制裁解除への唯一の道は核合意の

順守だと述べ
イランが核開発を制限すべきだと

いう立場を改めて示しました。
そのうえで。

両国の仲介役のEUの
モラ事務次長は

立場の違いは依然としてある。
難しい状況だと述べ、協議が難航

しているとの認識を示していて
事態打開に向けた糸口は

見いだせていません。
アメリカ国防総省は

イラクに駐留するアメリカ軍が
戦闘任務を終えたと

明らかにしました。
今後はイラク軍の訓練や支援に

あたるとしていますが
現地ではテロなどが

たびたび起きていて
イラクの軍などが自立した形で

治安を維持していけるかが
課題になっています。

アメリカ国防総省の
カービー報道官は9日、

記者団の取材に対し
過激派組織IS・

イスラミックステートへの
対応のためイラクに駐留している

アメリカ軍の部隊が戦闘任務を
終えたと明らかにしました。

今後はイラク軍の訓練や
支援などにあたるということで

駐留するおよそ2500人の
部隊の規模に大きな変化は

ないとしています。
アメリカ軍は2003年に

始まったイラク戦争のあと
2011年に一度はすべての

部隊がイラクから撤退しましたが

現地でISが台頭したことで
7年前から再び駐留しています。

バイデン政権は最大の競合国と

位置づける中国への対応に
より注力する態勢を整えるため

ことし8月、アフガニスタンから
アメリカ軍を撤退させるなど

中東や周辺地域への関与について
見直しを進めています。

ただ、イラクでは依然として

ISによるテロや襲撃が
たびたび起きているほか

先月には
イスラム教シーア派の民兵組織の

関与が指摘される

カディミ首相を狙った
暗殺未遂事件も起きていて

イラクの軍や警察が自立した形で
治安を維持していけるかが

課題になっています。

では気象情報です。
きょうの天気です。

九州から東北の南部にかけては

晴れ間もありますが
雲の広がりやすい天気です。

紀伊半島ではにわか雨や
雷雨となる所があるでしょう。

山陰もにわか雨の所が
ありそうです。

予想最高気温。きのうと同じか
きのうより少し低くなるでしょう。

九州から東海は15度から
18度ですが日ざしが弱いと

ややひんやりしそうです。
関東は13度くらい、

東北の南部は10度くらいで
冬らしい寒さでしょう。

では先ほど入ったニュースです。
企業の間で取り引きされる

モノの価格を示す
企業物価指数の先月の速報値は

2015年の平均を
100とした水準で

108.7と
日本がバブル景気に入る

1985年12月以来、
35年11か月ぶりの高さと

なりました。

大吉≫引き続き「あさイチ」です。

けさのゲストは脚本家の
大森美香さんです。

鈴木≫8時台に

大森さんが皆さんに聞きたかった
最近見かけた

おかしろい人についても
たくさんきています。

宮城県50代の方です。
金曜日夜の新幹線ホームにて

50代の男女

くっついて並んでいる。

ちらりと目をやったら
女性が男性の胸に顔を埋めて

シクシク泣き
男性は彼女の背を

ポンポン続けている

若いカップルが公衆の面前で

イチャイチャするのは
時折見かけますが

熟年のそれは濃厚さが増して
周りの空気の粘度を上げることを

実感しました。
週末の新幹線ホームは

ドラマが散りばめられていますと
いうことです。

大森≫想像しますね。
大吉≫ねっとりしていた

んでしょうね。
ねっとりじっとり

いいじゃないですか。
鈴木≫大阪府50代の方です。

地下鉄で立派なかにを膝の上に

新聞紙を敷いて、無心で食べて
いるおば様を見ました。

40年ほど前だった今でも
意味不明です。

大吉≫そのころは、OKだったの

ね。
鈴木≫地下鉄でかにを。

大吉≫お早めにお召し上がり
くださいを真に受けたのかな?

鈴木≫「青天を衝け」への

メッセージも届いています。
熊本県50代の方です。

お尋ねしたいのは
徳川家康公のオープニング。

脚本では、どのように
書かれていたんでしょうか

ということで

見ている方もとても印象に残った
んじゃないかという

家康公みずからがガイドしていく。

大吉≫ナビゲーターを?

鈴木≫あのアイデアは
大森さんですか。

大森≫アイデアは私です。

でも採用してくださった方の
心が広いというか。

最初に幕末って難しいと
よく言われるんですよね。

みんなすぐ寝返ったり。

大吉≫
正直知識がないとそこまで楽しめ

るかなと。
大森≫皆さんに楽しんで

見ていただくにはどうすればいい
かを考えたときに

例えばナレーションなり
何なりで

分かりやすくしていくやり方に
しようということは

最初からNHKさんと
お話ししていたんですけれど

それをやるときに視聴者の方と
ドラマを結び付けるような

人がいないかしらと思ったんです。
ストーリーテラーは

それを考えたときに
もしかしたら

家康さんがこんばんは徳川家康
ですといって

実は今こんな時代ですと話して
くれたら

すっと
家康さんは有名人なので

届くんじゃないかな

幕府を終わらせた話を
幕府を始めた方が始めたら

お話をしてくれたらということで
思いついたので最初の台本では

スーツを着ている徳川家康と
書いていたんです。

どんなふうになるか

分からなかったから

演出の黒崎さんも頭を悩ませ

ながら作られて北大路さんの

家康さんがすばらしかったので。

北大路さんが
出てくれると言ったとき

着物でいきましょうみたい
な感じで。

鈴木≫記念すべき第1回の
冒頭の映像をご覧ください。

(VTR)
家康≫こんばんは、徳川家康です。

今でいう江戸幕府を作りました。
260年も続いた

ここからここまでずっとです。

島原の乱のあとは戦いもなく
新しい文化も育ち

悪くない時代だったと私は思う。

よく、明治維新で徳川は倒され
近代日本が生まれた

なんて言われますが
実はそう単純なものじゃない。

古くなった時代を閉じ
今につながる日本を開いた

この人物こそ!

わが徳川の家臣であったと
ご存じだったかな?

大吉≫すごいですね。
こんな始まりですもんね。

大森≫チャンネル間違えたかなと
思った方も

いらっしゃったと。
鈴木≫その後も話題できょうは

出てきたとか
きょうは途中から家康が登場した

とか。

華丸≫後半はタブレットを
持っていて。

大森≫それは私も
びっくりしました。

脚本にはなかったので
なんか持っているって。

大吉≫大きな見どころの1つで
楽しみですね。

鈴木≫こんなメッセージ
千葉県40代の方です。

「青天を衝け」では千代さんと
やすさんが印象的でした。

女性を魅力的に描くうえで
意識されていること

せりふなどテクニックはあった
んですか。

大森≫

特に時代劇は男性が表に立って

女性が目立ちにくくて
特に幕末辺りですと

大奥とかを舞台にしないかぎり

女性が表に立ちにくいから

でも

時代観でうそをつきたくない
ということがあって

頑張って工夫して
書いたつもりだったんで

そうおっしゃっていただくと
うれしいです。

やっぱり男の人ばっかり
なっちゃうなと思いながら

書いていたので
そう見ていただけると

うれしいです。
鈴木≫

千代さんが亡くなる前の回とかは
女性がたくさん出て

女性が主人公という回もありま
した。

そこもすてきでした。
意識されたりとか。

大森≫将軍が

うちに来るというのは当初から
やりたいと思っていて

そこで千代さんが
活躍して差配してというのは

思っていたんですけれども

橋本さんの演じる千代さんを見て
いる人に

あの千代さんだったら
こうしてくれるなとか

仲間が出てきて和気あいあいと
する姿が見たいなということが

あって
膨らんでいったし

私だけじゃなくて
ほかのスタッフの皆さんも

ここまで栄一を支えて
おめかけさんを作ってもずっと

支えてやっていた
千代さんに

盛り上がってもらいたい
それはスタッフ全員の総意だった

ということも
ありますね。

大吉≫今回、コロナ禍でなかなか
コミュニケーションも取れない中

お互いがリモートとリモートで
それで、ここまでの作品が

やればできるといったら変です

けれども、作れるもんだと。

大森≫やっぱり

現場を信じなくちゃねと。

最初疑心暗鬼だったんですよ
これ本当にやってくれるのかしら

と。

大吉≫書いたものの送ったものの
と、でもそれ以上だと。

大森≫ありがたいと思って
今も見ています。

大吉≫もちろん脚本ありきの作品
だと思いますけど。

鈴木≫大森さんの
創作の源にもなっているかなと

いうことで
ここからは、仲のいいという

お子さんが
幼稚園のころに知り合って

今もずっと仲よくしている
ママ友にも、大森さんについて

伺っています。

(VTR)
お話を聞いたママ友は

こちらの5人。
坂口さんだけは恥ずかしい

とのことでイラストです。
まずは、大森さんの

こんなおちゃめエピソードから。

大吉≫何をなさっていたんですか。

大森≫たぶん先生の話を聞いて
そうか、と思うんです。

本当に最初思っていて
あれ、ということはこうだったか

なと違う空想が膨らんで。

大吉≫違うこと考えだしたら…
相づちは止まらないですね。

大森≫自分の空想に納得して
うん、うんと。

だから自分としては
全部聞いているつもりだったけど

聞かれてみると
ああ、私、なんだろうね?って

すみません。

大吉≫でも皆さんに頼られてる
感じがありましたし。

大森≫私が頼ってる
皆、ご近所に住んでいるので頼り

にしている。
大吉≫執筆中はスマホとか

見ないんですか。
大森≫執筆中は見ないですね。

やっぱりぴろんと音がすると
気になるので

ただ娘が外にいるときは何か
あったらいけないと

思うので
近くに置いてますけれども

学校から連絡というのもあります
ので置いておきますけど

それ以外
娘が家にいるときは伏せて

見ないようにしていますね。
見ると楽しいことがいろいろ

書いてあって。
大吉≫気が散るというかね。

鈴木≫皆でメールをやり取りして
いるという話も

1つだけよく言っておくと
芸能人の方と一緒に撮った

写真は送っても大丈夫な
公式のものですからね。

大森≫公式のものはお化粧をして
もらっているから

うれしくて
ふだん全然メークしていないん

ですよ私
家にいるときとか

近所に行くときとか
公式の写真だと

私も化粧をしてもらえているから
うれしくて

きょうもちょっともしかしたら
撮って

見せちゃうかもしれない。

大吉≫非公式も公式も

どっちも

対応してます、何でも言って
ください。

今週のエンタのコーナーは
森アナウンサーです。

森≫きょうはミステリー作品を

2作品ご紹介したいと思います。
大森さんはどんなジャンルの

映画がお好きですか?
大森≫私はコメディーが

結構好きですかっとする

コメディーが結構好きです。

すかっとするものです。
ホラーはドキドキします。

森≫きょうは大森さんにも、
喜んでいただけるかも、しれ

ません。
まずご紹介するのが

「パーフェクト・ケア」

高齢者から資産を搾り取る
悪徳法定後見人の姿を描いた

クライムサスペンスコメディー。
大吉≫コメディー?

華丸≫サスペンス?

森≫クライムサスペンス

コメディーです。

主人公のマーラは
法定後見人です。

法定後見人というのは物語の舞台
になっているアメリカでは

州によって多少違いがあるんです
が判断力の衰えた高齢者たちなど

の資産や生活を管理するために
裁判官が任命した後見人

または保護者のことなんですね。
いったい

どのような物語なんでしょうか。

(VTR)

裁判所からの信頼も厚く、多くの
顧客を抱える法定後見人のマーラ。

しかし、実際は
医師や介護施設と結託して

高齢者たちから資産をだまし取る
という悪徳後見人です。

あるときマーラは仲間の医師から
資産家の老女、ジェニファーを

紹介されます。

次のターゲットに
ジェニファーを選んだマーラ。

早速、身辺調査を行います。

仲間の医師が書いた
うその診断書によって

ジェニファーの法定後見人に

なったマーラ。

マーラは後見人という立場を
利用し、協力者が運営する施設に

ジェニファーを
軟禁してしまいます。

ジェニファーの財産も
自由にできるマーラ。

家にあるものを品定めし

勝手にオークションに
かけてしまうのです。

ここまでは、資産の乗っ取りを
順調に進めていた

マーラだったのですが…。

身寄りのない孤独な老人だと
思われたジェニファーは

ロシアンマフィアのボスの
母親だったのです。

マーラの悪だくみを知った
ロシアンマフィア。

母親を取り戻そうと動きだします。

果たして
マーラに待ち受ける運命とは。

大森≫おもしろそう。

大吉≫今のところコメディー要素
はゼロですけれどもね。

不愉快でしたね。
アメリカ版のオレオレ詐欺みたい

な人たちが。
勝手にやんなさいよみたいな話

ですね。

森≫主人公がとにかく
悪徳後見人ですので

主人公に全くですね
共感が持てない。

ですが、いつの間にか
ぐいぐいぐいぐい引き込まれて

いくんですよ。

サスペンスって
落としどころが難しいなと思うん

です、がどうですか。

大森≫おもしろそう。

どう逆転していくのか

ここから逆転していくことになる

のかなと思ったらわくわくします
よね。

巻き返しが。

森≫本当に引き込まれて
悪と悪の頂上決戦みたいな

そこの戦いが見ものなんですが

主演の
ロザムンド・パイクは

大ヒット映画
「ゴーン・ガール」に出演して

ご存じの方も多いと思いますが

この作品で第78回
ゴールデン・グローブ賞

主演女優賞を受賞しています。
とにかく映画の中では賢くて強い

鉄の女というイメージ

ほれぼれするほど
かっこいいんですが

とにかく残忍で野心家でこうかつ。

ロシアンマフィアのボスを演じた

ピーター・ディンクレイジとの

報復の連鎖はすごいんです。

悪と悪
そのぶつかり合いが

楽しみで。

鈴木≫でも最後に笑う人がいると
いうことですよね。

森≫脚本と監督を務めた
J・ブレイクソンは

映画のトーンは
愉快だ、彼らがひどいことをして

いる間でさえ
みんな楽しんでくれると思う

でもそのあとで
自分がすごく楽しんでしまった

ことに
少しぞっとするんじゃないかな

と語っていました。
大森≫おもしろそう。

森≫私は見たあとに今のうちから
老後の生活をしっかり考えなけ

ればいけないなと。
大吉≫笑えていないじゃないです

か。
本当にコメディーなんでしょうね。

森≫そうです。クライム
サスペンスコメディーです。

大吉≫本当でしょうね。

森さんを信じますよ。

森≫実際アメリカでも後見人の
立場を

利用した犯罪などが
後を絶たないということです。

ダークな新感覚サスペンス
ぜひご覧ください。

コメディーも入っています。

続いては
「ダヴィンチは誰に微笑む」

13万円で購入した絵が
510億円になったという

実話を描いた
ドキュメンタリーなんですね。

こちらにある絵画

レオナルド・ダ・ヴィンチ最後の
傑作とされる絵画で

「世界の救世主」を意味する
「サルバトール・ムンディ」

男性版「モナ・リザ」とも呼ばれ
ている作品で

1500年ごろに描かれたと
されているんですが

長年、行方不明に
なっていたんですね。

この絵画が2017年に
史上最高額、510億円で

落札されます。
この出来事をもとに、アート界の

闇を暴いた
ドキュメンタリー番組です。

どんな内容なのか番組の序盤です。
大吉≫番組?

森≫物語の序盤です。

(VTR)
2017年

レオナルド・ダ・ヴィンチの
最後の絵画とされる作品が

史上最高額の510億円で
落札されます。

本当にダ・ヴィンチによって
描かれた絵画なのか?

購入したのは
いったい誰なのか?

今なお、謎に包まれています。

その謎のすべての始まりは
ニューヨークの美術商が

13万円で購入した
1枚の絵画でした。

その美術商は、ロンドンの
ナショナル・ギャラリーに接触。

その絵は専門家の鑑定を経て
ダ・ヴィンチの作品として

展示されます。

その一方で、この絵画は
ダ・ヴィンチ本人の作品ではなく

弟子による作品ではないか
という研究者も現れます。

専門家の意見が定まらない中

ナショナル・ギャラリーでの展示
というお墨付きを得た、この作品。

そこから、投資目的の大財閥や
手数料をだまし取ろうとする

仲介人たちが

この絵に群がり始めます。

ダ・ヴィンチが描いた作品なのか
真相は分からないまま

絵の価値は、どんどん

つり上げられていきます。

そして、ついに510億円の
出資者とおぼしき人物が

浮かび上がってきます。

しかし、それは新たな謎の
始まりにすぎなかったのです。

華丸≫ええ!

森≫どうですか、謎が謎を呼ぶ
この作品。

現在に至るまで絵の所有者も
その所在も

はっきりとはしていないんです。

大吉≫映画ですけれども映像は?
本当の映像?

オークションのところとかは
その当時のということでしょう?

森≫そうです、ドキュメンタリー
です。

海外にまつわる疑問をひもといて
いくとともに

知られざるアート界のからくりや

闇の金銭取引の実態などを
とにかく生々しく描いていて

美術商ですとか学芸員
弁護士、政府高官などの証言から

真実に迫っていこうという
ドキュメンタリーなんですけれど

ドキュメンタリー作品というのは
大森さん。

大森≫ドキュメンタリーは好き
です。

結構どろどろするんですか?この
あと。

森≫どろどろしていましたね。
いろいろな意見が出てくるので

あれ、さっき聞いた話と違うぞと
いうことが

次から次に謎を深めていくと
いうか。

華丸≫結局あの絵ははどこかに
届けなきゃない

届なきゃいけないじゃないですか。

大吉≫どうした。

口からトランプでも出す?急に。
森≫それはぜひご覧ください。

大吉≫守秘義務とかもあるでしょ。
どこまで映しているか分からない

し、そもそもこれが本物なのか
2005年に

13万円
買えたなと思いますよね

頑張っていたら
ルイジアナに、コネクションが

あれば買えていた。
森≫510億円。

大吉≫いやいや最初のね
ルイジアナに

知り合いがいないから
闇というか、あるんでしょうね

こういう業界で。
大森≫リアルな

ミステリーですよね。
森≫今世紀最大の謎解きにも

つながっていきそうですよね。
夢があって楽しいお話ですけれど。

きょうは2作品ご紹介しました
けど、大森さんいかがでしたか?

大森≫どちらもおもしろそう。

最初のほうは

あのあとどうやって逆転したり

このあと戦っていくんだろうと

いうのがすごい見たいですね。
私は絵も大好きなので

ドキュメンタリーも見てみたい。
どっちも興味ありました。

皆さんは、いかがですか。

大吉≫僕は絵のほうかな。
鈴木さんは?

鈴木≫私は最初の気になります。
大森さんはミステリーの作品

これまでに書いたことはある
んですか。

大森≫1回だけ書いたこと
あるんですけれども

わりと少ないかと思います。

鈴木≫コメディーとか恋愛とか
とはまた…。

大森≫笑わせたらというのとはま
た違う

と思うんですけれどもミステリー
はそこのスキルがあると思う

んですけれどもそれができたら
ぜひミステリーもやってみたい

です。
鈴木≫大森さんはまた番組の後半

にご出演いただきます。
大吉≫華丸さん続きましては。

華丸≫「グリーンスタイル」だよ。

(VTR)
駒村≫冬の訪れを感じるこの季節

実は、バードウォッチングの
ベストシーズンなんです。

私も野鳥観察してきました。
落葉した木では

小鳥の姿が見つけやすくなり
水辺では

冬の渡り鳥にも出会えます。
冬こそ!

野鳥観察を楽しみましょう。

駒村≫きょうの
「グリーンスタイル」は

ベストシーズン到来という

バードウォッチングを
お届けしようと思います。

日本野鳥の会の嶋村早樹さんに

教えていただきます。

きょうも全身、鳥でかわいい。
水鳥コーデです。

大吉≫ベストシーズン。

嶋村≫冬は渡り鳥のカモが
たくさんやって来て

野鳥が見つけやすい季節なので

これからバードウォッチングを
始めたいという人にもぴったりの

季節なんです。

大吉≫始めるなら今から。
駒村≫そうなんです。

というわけで私

バードウォッチングに
行ってきました。しかも

最適なところなんですね。

嶋村さんがふだんいらっしゃる
東京港野鳥公園という

場所なんですけれども。
大吉≫ここにいらっしゃる?

嶋村≫ふだんここにいます。

華丸≫野鳥公園というからには
いっぱいいるんでしょう?

嶋村≫年間で120種類ぐらい
見られるんですけれども、

干潟とか水辺の環境があって

あとは里山のような環境も
あるのでいろいろなタイプの

野鳥が見られます。
駒村≫大きく、水辺エリア

里山エリアと分かれているので
まずは里山エリアに

行ってまいりました。
このエリアでは

里山の野鳥が見られるような
工夫をしているんですよね。

嶋村≫田んぼや雑木林草むら
などあります。

駒村≫さあ、これどうやって

鳥を探せばいいですか?
嶋村≫まずは鳴き声を

頼りに探すのが
おすすめなんですけど

今もかなり。
駒村≫あっちもこっちも…。

嶋村≫ここは、ちょっと
にぎやかすぎますが。

なので冬とかだと、ああいう
枯れ枝とかに留まるのを探すのも。

冬のバードウォッチングの
見やすいポイントですかね。

駒村≫なるほど。
駒村≫確かに枯れ枝に注目すると

すぐに鳥を見つけることが
できました。

駒村≫あ!見えた!
見えましたー!

嶋村≫見えました?
駒村≫いますねー!

嶋村≫いますよね。
ちょっと長細いシルエット。

駒村≫4つも、いたんだ。

駒村≫見つけにくいんです

けれども鳴いていたのは
ヒヨドリだったんですね。

嶋村≫ヒヨドリはヒーヨヒーヨと

にぎやかな鳥で、ぼさぼさ頭に
赤いほっぺが特徴です。身近な鳥

なので住宅街などでも見られます。

駒村≫枯れ枝、見やすくて
いいですね。

嶋村≫いいですよね。
駒村≫鳥によって、見つけやすい

場所も違うんだそうです。
どんな場所で

どんな鳥に出会えるんですか?

嶋村≫鳥によって好きな場所が
あってヒヨドリや

シジュウカラなどは木の上にいる

のが好きなので鳴き声が聞こえ
たら木の上を探してみてください。

一方、低い場所が好きな
鳥もいて

ウグイスやアオジなどはやぶなど
低いところにいます。

駒村≫ヨシのやぶの中で
アオジを見つけました。

嶋村≫アオジはすずめくらいの
大きさで

緑っぽい背中に

黄色っぽいおなかが特徴です。
やぶや草原にやって来て地面の

植物の種などを食べています。
嶋村≫いいところに

ハクセキレイがいましたね。
駒村≫ハクセキレイ?

駒村≫開けた芝生の上には
ハクセキレイ。

餌を探していました。

さらに、とっておきの場所も
教えてもらいました。

嶋村≫この木なんですけど。

駒村≫なんか
いっぱい実ってますね。

嶋村≫実が房状になってて
この木の実が大好きな鳥がいて

ヤマハゼっていう木なんですけど

ハゼの木とかの
仲間の木の実なんですけど

ここが小鳥スポットなんです。
待ってれば来ると思います。

駒村≫ということで
しばし待つことに。

するとほんの1、2分待つと
現れました!

駒村≫来た来た来た!
いたいたいた!

駒村≫どこにいるか分かりますか

華丸≫いたいた。

駒村≫矢印が出ています。

これ、メジロなんですね。

メジロが木の実を食べていました。

嶋村≫目の周りが白いから

メジロという名前で
木の実のほかにも甘いものが

好きなので

庭先の柿とか花の蜜を食べに
やって来ます。

駒村≫食べてる食べてる!
あ、速い!

嶋村≫大丈夫、まだいます。
駒村≫速い!

駒村≫さらに。

嶋村≫コゲラ!見えますか?
駒村≫見えました!

ツーショットじゃないですか。
嶋村≫メジロとツーショット。

嶋村≫コゲラはスズメほどの
大きさの日本でいちばん小さい

キツツキの仲間です。

ふだんはこうやって木の幹を

つついて中の虫を探したりとか。

大吉≫つついている。

嶋村≫探してますね。

あとは木の幹を上り下りして
キツツキっぽい姿を見せてくれる

こともあります。
駒村≫じっくり見ると

かわいいですね。
大吉≫しばらく待っていると

来るものなんですね。

駒村≫そうなんです。公園では
双眼鏡の貸し出しも

無料でしてもらえるので
じっくり観察することができて

楽しかったです。

華丸≫僕もまあまあのメジロだと

思うけど。
<笑い声>

駒村≫同じですね。

そのメジロとコゲラが

大好物だった木の実は
ヤマハゼというもので

ほかにも木の実に注目するといい
んですよね。

嶋村≫木の実は冬の間鳥にとって

とても大事な食料なので

例えば柿の木の実とか

赤い実、黒い実を見ていると
鳥がやって来たりしています。

木の下に
鳥の、食べこぼしの木の実が

たくさん落ちていたり
ふんがちょこちょこ

落ちていると
この木に来るんだなというのが

分かるので探すヒントになります。
駒村≫上ばかりじゃなくて

下にもヒントがあるんですね。
続いては水辺のエリアに

行きました。

大きな淡水池を望むところに

観察広場があります。
ここにはバードウォッチング専用

の施設があります。
嶋村≫池のほとりには

鳥たちがびっくりしないように
そっと観察できる

観察壁が設置されています。
見られる鳥のパネルもあります。

見比べながら。

駒村≫あ、いますね。
たくさんいますね。

1か所に。
ものすごく、たくさんいますね。

実は、カモって今しか
見られない冬鳥なんですよね。

嶋村≫カモはカルガモ以外は
基本的に渡り鳥です。

秋にシベリアなどの北のほうから

やって来ます。

この公園だと大体10月ごろから
3月ぐらいが見頃です。

大吉≫シベリアから来ているんだ。

嶋村≫群れで過ごすので水辺は
一気ににぎやかになります。

駒村≫同じカモでも、こうやって
双眼鏡で見比べてみたら

模様が全然違いますね。
嶋村≫そうですね。

駒村≫種類が違うカモだっていう
ことですね。

嶋村≫はい。

嶋村≫コガモは、赤い頭に

目の周りが緑に縁取られていて

歌舞伎の隈取とか
プロレスのマスクみたいな顔を

しています。

華丸≫親になったら
あれはなくなるの?

嶋村≫次はハシビロガモです。

くちばしをよく見るとヘラとか
スコップやシャベルのような形を

しています。
大吉≫種類が違うんですね。

嶋村≫こちらはホシハジロ。

赤茶色の頭で、目も赤くて
胸が黒いのが特徴です。

駒村≫そして池の周りには
カモたちの天敵もいるんです。

一斉に飛び立ちました。

嶋村≫カモを飛び立たせたのは
猛きん類。

こちらはまだ若いオオタカです。

カラスくらいの大きさしか

ないんですけれどカモを

食べるのでこうしてカモを
ねらって水辺にやって来ます。

華丸≫あの足腰。

駒村≫さらに別の池に移動すると

飛ぶ宝石ともいわれる
カワセミを見ることができました。

駒村≫何だ?あの…
なんか水色っぽくないですか?

嶋村≫そうです
背中、水色なんですよ。

駒村≫背中が水色なんですね。
すごい!

水色のところを見せてくれてる。

嶋村≫カワセミは水中の魚を
ねらうので

水辺を見渡しやすい木の枝の先

とかくいの上に留まっています。
華丸≫ねらっていましたね。

駒村≫カモもいろんな模様がある
ことにびっくりされていますね。

大吉≫種類が違うのね。

コガモというから大きくなったら

ハシビロガモのようになるのかな
と思っていたんですけど

種類が違うんですね。

嶋村≫コガモは

大人でも小さいコガモです。

駒村≫上の写真が雄で
下が雌です。

羽の色がきれいなのは雄なんです。
大吉≫雄のほうがきれいなんだ。

嶋村≫雄は雌にアピールを
しないといけないので

派手に着飾るんですが

メスはアピールしないので

地味な姿です。

雄はアピールする季節以外は
雌と同じような姿になります。

春とか夏の間は地味な姿で
アピールする冬の間だけ派手な。

華丸≫そんなことが可能なんだ。

駒村≫今じゃないとこの姿は
見られないんです。

翻って言うと、雄にとっていえば
この時期は本当に勝負の季節とも

いえるんですね。
華丸≫ドレスコードですね。

大吉≫着飾って。

嶋村≫向かい合っているのは
マガモの雌と雄です。

首を上下にしているのは
求愛行動の1つです。

雄が誘うように首を上下して
雌が同意してくれると

このように交尾が始まります。

交尾が終わると雄は雌の周りを

すいーっと泳ぐのが
一連の流れです。

大吉≫ウイニングラン的なね。

<笑い声>

駒村≫もう1回見てみましょう。

まず首から始まります。

首のリズムを合わせるのが
最初にあって。

嶋村≫雌はちょっと沈められつつ
ですけど。

こうやって冬の間に

パートナーを見つけて

つがいになると一緒に北に

かえって子育てをします。
華丸≫そしてロシアのあっちの

ほうに行くんですか?

大吉≫意外でしたね。
それすら知らなかった。

カモって隣ぐらいからやって来て
いると思った。

福岡にいるカモは佐賀ぐらい
から来ていると勝手に思っていた。

華丸≫佐賀と福岡は
渡ってないもん。

陸続きだもん。
駒村≫本当にいろんな鳥を見る

ことができました。
私は3時間ぐらいいたんですが

それで
こんなに23種類くらい

見ることができました。
華丸≫駒村さんが撮ったんですか。

駒村≫野鳥の会の方が撮ったもの
ですね。

目撃できたものがこれらなんです。
見られてよかったというものも

ありますか?
嶋村≫カンムリカイツブリとかは

冬の鳥でちょっとファンキーな
ヘアスタイルが特徴です。

カンムリカイツブリという鳥です。
駒村≫嶋村さんの好きなのは

どれですか?

嶋村≫真ん中のいちばん上の
オオガンいう黒くて丸っこい姿を

している鳥です。
丸っこくて鈍臭い感じの動きが

かわいらしいです。
駒村≫私は3時間23種類ですが

一日でどのぐらい
見られるんですか?

嶋村≫駒村さんが来た日は
47種類、一日で見られました。

今だからこんなに数が多くて
春夏だともっと少ないです。

華丸≫毎日見るんでしょ?

毎日見ていても
なんか飽きないというか。

嶋村≫飽きないですね。
かわいいです。

駒村≫毎月、野鳥公園で観察会も

行われていて
全国的にもいろいろあるんですね。

嶋村≫全国にもいろんな
野鳥公園があります。

野鳥公園でイベントとか

来週の日曜日も観察をしたり

双眼鏡のイベントとかもあるので

ぜひ遊びに来てください。
大吉≫じっくり見たら

おもしろいですね。

なんでこんな

足をしているんだろう

こんな目の色なんだろう?って
興味深くなりますね。

駒村≫嶋村早樹さん
ありがとうございました。

鈴木≫きょうの
「プレミアムトーク」は

脚本家の大森美香さんに

お越しいただきました。
ありがとうございました。

大森さんへのメッセージも
たくさん届いています。

似顔絵も。

大森≫本当たくさん
書いていただいて

おかしろい方もたくさん。

どれも、おもしろいんですよ。

大森≫うれしい。

鈴木≫「青天を衝け」主演の
吉沢亮さんなんですが

「あさイチ」で来週の火曜日に
生出演していただきます。

お楽しみになさってください。
質問もきています。

大森≫やっぱり主人公が

いつもこう…

主人公の性格を表す

びっくりぽんは

いつも、あさちゃんがびっくり

して、おお!っと思って
進んでいくというイメージが

あったので、そんなことばで

栄一さんとかも
むめむめするもの

なんかこの中にあるんだっていう
ような

ぐるぐるするとかね。
それは空想して。

鈴木≫おかしれえというのは方言
とかじゃないんですか?

大森≫江戸弁であるは
あるんですがそんなににお行儀の

いいことばではないんですね。
おもしろいほうに進んでいくと

いう、栄一さんのスピリットに
合っていることばだなと思って

円四郎さんと合わせたときに
使ってみました。

大森≫結構
なんとか文庫とか

文字ばかりのようなもののほうが。

10歳ぐらいになって。

鈴木≫児童書のようなものですね。

大森≫今は「ナルニア国物語」
とか読んだりしています。

大吉≫もはや桃太郎、金太郎では

寝ないですよね。10歳になれば
ね。

大森≫娘が眠るまで
読んでいる感じです。

華丸≫やっぱり、せりふ回し
みたいなものは?

大森≫登場人物、全部変えて読む
というね。

鈴木≫すごい。
大森さんならではの。

大森≫自分もそれを
楽しんでいるところがあるので。

恥ずかしい。

大森≫同じタイプですね。

大吉≫一緒にしないでください。

<笑い声>

全然違います。

鈴木≫そしておかしろい話です。

大森≫すてきな光景ですね。

鈴木≫ちょっといいですね。

大森≫すごい。いろんな出会いが
ありますね。