あさイチ「吉沢亮さん生出演! みんなで囲みたい ホットプレート料理」[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

あさイチ「吉沢亮さん生出演! みんなで囲みたい ホットプレート料理」[字]

「青天を衝(つ)け」吉沢亮さん生出演!この一年を振り返る▽年末年始みんなで囲むホットプレート絶品レシピ決定版!「すきやき」「あんかけ焼きそば」「パエリア」の極意

詳細情報
番組内容
「青天を衝(つ)け」吉沢亮さん生出演!この一年を振り返る▽吉沢さんが印象に残ったシーンとは▽年末年始みんなで囲みたいホットプレートの絶品レシピ決定版▽和食の名シェフが直伝する「すきやき奉行」になるためのポイント▽中国料理は海鮮と野菜たっぷりの「あんかけ焼きそば」▽おこげもおいしい!トマトとさばのうまみがしっかりしみ込んだ「絶品パエリア」【ゲスト】吉沢亮【キャスター】博多華丸・大吉、鈴木奈穂子
出演者
【ゲスト】吉沢亮,【講師】フランス料理店シェフ…秋元さくら,中国料理店オーナーシェフ…山野辺仁,日本料理店店主…荻野聡士,【キャスター】博多華丸,博多大吉,鈴木奈穂子,【語り】奥田民義

ジャンル :
情報/ワイドショー – 暮らし・住まい
情報/ワイドショー – 健康・医療
ドキュメンタリー/教養 – 社会・時事

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 大吉
  2. 吉沢
  3. 鈴木
  4. 山野辺
  5. ホットプレート
  6. 華丸
  7. 秋元
  8. 荻野
  9. パエリア
  10. シーン
  11. 栄一
  12. お肉
  13. ポイント
  14. 具材
  15. 最後
  16. 仕上
  17. 最初
  18. 青天
  19. スープ
  20. 時間

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



NHK
created by Rinker
En_sky
¥1,386 (2022/01/23 23:29:52時点 Amazon調べ-詳細)

生字幕放送です。一部、字幕で
表現しきれない場合があります。

吉沢≫おはようございます。

12月14日火曜日の
「あさイチ」です。

鈴木≫ありがとうございます。
ということで、きょうのゲストは

大河ドラマ「青天を衝け」の
渋沢栄一役、吉沢亮さんです。

よろしくお願いします。

大吉≫これで美都里さんの
ショックも和らぎます。

鈴木≫びっくりしましたけれども

吉沢さんにすでにメッセージや
似顔絵をいただいています。

きょうこのあと国会中継が
予定されているので

8時55分までの放送なんですが

時間の許すかぎり吉沢さんに
お話をたっぷり伺っていければと

思いますので
よろしくお願いします。

大吉≫大河といえばうちの相方も
出させていただきましたが

撮影以来ですか。
華丸≫コロナ禍ということで

打ち上げもないので
クランクアップの花束もらったら

もう出禁ですよ。
だから、そのとき以来です。

大吉≫吉沢さん、撮影自体も
先月終わられて

今の心境はどうですか?

吉沢≫なんか落ち着かないですね。

ずっと濃厚なスケジュールの中
せりふを覚えてという日々を

続けていたので

ぱたっと一気にやることが
なくなって

何もやっていない時間がすごい

大丈夫なのかな?これみたいな。
ちょっと落ち着かないな

というのがあります。
華丸≫どのぐらいですか1年半?

吉沢≫ほぼ1年半ですね。
大吉≫放送も残り僅か

ということです。
鈴木≫先月のクランクアップの

様子の映像もあります。

(VTR)
この日、1年4か月に及んだ

撮影がようやく終わりました。

吉沢≫まあ本当に、この経験は…

鈴木≫一生言っているということ
で、吉沢さんにとって大きな

転機になった作品。
吉沢≫そうですね。

このスケジュール自体

期間もすごい長かったですし
撮影をやりながら

うれしい思いとか
苦しい思いとか、いろいろ

感情を積み重ねて

どうにか皆さんとともに
乗り切ったという

その経験とか
積み上げてきたものが

やっぱり、ほかの作品とは

ちょっと違うなというのが
あるので

この作品は一生心に
残る作品になるんじゃないかな

という気がしますね。

大吉≫周りもたくさんの
先輩の俳優さんがいて

その中で主役を務めるという
そのものものだったと思います。

吉沢≫本当にすばらしい
役者さんばかりでしたので

学ばせていただいていました。
現場で皆さんのお芝居から。

鈴木≫「青天を衝け」には
いろいろな名シーンがありました。

吉沢さんが印象に残ったシーンを
選んでもらいました。

(VTR)
徳川慶喜の右腕で

栄一の恩人でもある平岡円四郎が
尊王攘夷(じょうい)派に襲われ

亡くなります。

吉沢さんの心に残ったのは
その直後

草なぎ剛さん演じる慶喜と栄一が
円四郎の死について

語り合う場面です。

慶喜≫円四郎は
父が私に遣わせたのだ。

それがなぜ水戸の者に
殺されねばならぬのか

そなたたちに分かるか?

栄一≫いいえ
某には分かりかねます。

慶喜≫私には分かる。

円四郎は
私の身代わりとなったのだ。

尊王攘夷か…。

まこと呪いの言葉に成り果てた。

大吉≫改めて
このシーンがいちばん?

吉沢≫このシーンの草なぎさんの
お芝居がすごく印象的で

確かリハをやっているときに

草なぎさんの目を見ないで

ずっとこの辺を見ながら
お芝居をしていたんです。

声だけを聞いているときに

すごく淡淡とせりふを言って
らして

私の身代わりとなったのだ
と言われて

初めて草なぎさんの
顔を見たときに

すごく、何だろう後悔とか

悲しさを帯びている表情を
されていて

声だけ聞いてると
すごく淡々としているのに

表情からすごく悔しさみたいな
ものが出ていて

すげえ!と思ったのが
すごい印象的で

このシーンを
選ばせていただきました。

鈴木≫どちらかというと
今の吉沢さんのシーンよりは

草なぎさんのシーンですけれども

それだけ「青天を衝け」の中で

慶喜と栄一のシーンは
すごく大切なものですか?

吉沢≫大切ですね。

物語としても大切ですし僕自身も

草なぎさんに対する
小さいころから

ずっと見続けてきた方なので

憧れというか、そういうものも
お芝居に乗っていたのかな

という気はしますね。

大吉≫華丸さんと差し向かいで
お酒を飲むシーンが。

どうでしたか?
吉沢≫最高でした。

最後のシーンの
チェストというじゃないですか。

それはどういう意味ですか。

華丸≫鹿児島弁で
乾杯も含めたような

勢いづけみたいなものです。

いろんな意味で

大吉≫僕は視聴者として

見ながら華丸さんの手が
震えないかと思って見ていました。

華丸≫震えなかった。
鈴木≫また番組の最後に

「青天を衝け」について吉沢さん
に伺っていこうと思います。

大吉≫きょうは
「ハレトケキッチン」です。

きょうのテーマの発表を
お願いします。

吉沢≫失礼します。

鈴木≫ありがとうございます。

かわいかった。

もうすぐやってくるクリスマスに
お正月おうちでわいわい囲みたい

ハレの日のホットプレートレシピ
をご紹介していきます。

大吉≫ホットプレート、思い出の
ホットプレートありますか?

吉沢≫家族で小さいころから

なんかホットケーキを作ったり
とか

そういう思い出はあります。
大吉≫あと、お肉を焼いたりとか。

吉沢≫そうですね。
大吉≫どんな料理が

飛び出すんでしょうか。

鈴木≫最初のホットプレート料理
はこちらです。

(VTR)
≫極上のすき焼きを囲んで

幸せなひとときを。
肉は、割り下にさっとくぐらせ

やわらか~く仕上げるのがコツ。
食材のよさを余すところなく

引き出す、すき焼き奉行の極意

伝授いたすでござる。

大吉≫まずはすき焼きですって。

吉沢≫すき焼き、いいですね。

大吉≫でもホットプレートでは
やらないですよね。

鈴木≫荻野シェフ、早速
教えていただけるのは?

荻野≫すき焼きです。

すき焼き奉行になれる3か条を
お教えします。

鈴木≫1つ目は、こちら。

荻野≫230度に熱した

ホットプレートの上に

牛脂を引いて焼き付けています。

関東風のすき焼きで足りないもの
は香ばしさだと思うので

ねぎの香ばしさを出していきます。

鈴木≫そしてすき焼き奉行の心得
2つ目がこちら。

大吉≫お肉も焼くんだ。

荻野≫周りが少し白っぽくなる
まで焼き付けます。

こうすることで肉のうまみや
香りが

割り下に溶け込んで
より複雑な味になります。

大吉≫片面だけでいいんですね。

鈴木≫片面だけがポイントだけど
やっぱり焼き付けるのが大事だと。

荻野≫そうですね。

大吉≫吉沢さん、すき焼きは
焼き付けますか。

吉沢≫全然、鍋にそのまま
ぶっ込んでみたいな感じに

なっちゃう。
大吉≫あとは、すき焼きのたれを

かけてとね。
吉沢≫この時点で

香りがすごいですね。
鈴木≫ねぎが焼き上がって

好みの具材を並べたら
割り下を入れていきます。

具材をこんなふうに並べて。

荻野≫具材はお好みでいいんです
けれども、きのこ類は入れると

うまみがぐっと増しますので
ぜひ入れてください。

ひたひたになるまで
割り下を入れて、ふたをします。

このとき火力は
250度にしてください。

鈴木≫ふたをして3分半ですね。

上下を返して230度で1分煮る
ということで

その割り下は市販のものでも

いいんですけれども

荻野さんの割り下は上品で

すっきりとした味わいが
特徴なので

作り方を、ご紹介します。
みりんとお酒を鍋に入れて

強火にかけます。
沸騰したら中火に落として

2分半ほど煮て
アルコールを飛ばしてください。

火を止めたあとにしょうゆを

加えます。
結構シンプルですね。

華丸≫作れるんですね。

鈴木≫その割り下で具を煮たもの
が、こちらです。

吉沢≫うわ、うまそう。

荻野≫3分半蒸し煮して
裏返しにして、1分炊きました。

そうすると野菜のシャキっとした
歯応えが残って、いろんな食材の

味が楽しめるかと思います。

これは麩ですね。

ぎゅっと絞ってしまうと

味がしみすぎてしまうので
自然と水けを取ったものを

最後に入れていきます。
そして菊菜ですね。

鈴木≫春菊、野菜も

時間差というか、ずらして
入れるのが食感の?

荻野≫ホットプレートの
タイミングを見ながら

火を入れていけるので
食材のいいところを

どんどん出せるかと思います。

大吉≫スペースを空けていますよ。

鈴木≫すき焼き奉行の心得
3つ目です。

すき焼きなのに
しゃぶしゃぶなんですね。

荻野≫先ほど片面焼き付けた
お肉を割り下で

しゃぶしゃぶしていきます。

こうすることで、やわらかく
仕上げることができます。

華丸≫そっちのほうが
取り合いにならなくていいですね。

荻野≫仲よく
すき焼きを楽しめますね。

鈴木≫本当にちょっとで
いいんですね、しゃぶしゃぶと。

少し赤みが残っているぐらい。

荻野≫ピンク色になるぐらいです
かね。

鈴木≫肉を割り下で
しゃぶしゃぶしたら完成です。

≫やわらか~いお肉に
シャキシャキの野菜。

甘辛いたれの中にも

素材の味が存分に感じられる
極上すき焼き。

間違いのない、おいしさです。

大吉≫では生卵と一緒に
われわれ、いただきましょう。

いただきます。
吉沢≫うまそう。

大吉≫お肉から、いいのかな。
いかせていただいて。

吉沢≫いただきます。

大吉≫どうです?

吉沢≫うん、おいしい。

荻野≫ありがとうございます。

吉沢≫すごく
お肉やわらかいですね。

大吉≫うまい。おいしいですね。

お肉やわらかい
さすがにやっぱり。

軽くしゃぶしゃぶしただけです
もんね。

荻野≫そうですね。
最初に香ばしさを

引き出しているので

しゃぶしゃぶと中には

味は複雑みは出ているかなと思い
ます。

鈴木≫野菜の食感はどうですか。
大吉≫シャキシャキどうしても

ふだん食べている、すき焼きって
お肉もだんだんかたくなる。

後半、肉じゃが食っているのか
というぐらい

お肉のかたさのときが
あるんですけど

やわらかいですね。
華丸≫ただモーニングなのでまだ

体が追いついていないです。
大吉≫それは言いっこなしです。

それは朝からヘビはーはヘビー
ですよ。

朝から生卵で肉を食っているん
だから。

鈴木≫吉沢さん朝からすき焼きを
食べたことは?

吉沢≫初めてかもしれないです
でもさらっといけました。

鈴木≫ちなみに荻野さん
締めは、おすすめありますか。

荻野≫冷凍うどんです。
流水で解凍して最後の仕上げの

割り下のところに入れると
ほどよくコシが残るので

最後の締めとしては
いいのではないでしょうか。

大吉≫荻野さん
ごちそうさまでした。

続いては山野辺シェフです。
山野辺≫みんなが大好きなあの味

をホットプレートで作ります。

(VTR)
≫山野辺シェフが満を持して

お届けするのは
うまみたっぷりの

あんかけ焼きそばです。
おいしさの秘密は

油と、しょうゆで
こんがりと焼いた麺。

ホットプレートなら
中華鍋を使わずとも

パリっとプロの味に。
えびや、ほたてと

たっぷりの野菜が
香ばしい麺とからめば…。

もう、最後まで
箸が止まりません。

大吉≫あんかけ焼きそば
どうですか。

吉沢≫好きです。
大吉≫でも家で作るとね。

吉沢≫作ったことないですね。
外で食べるイメージが。

鈴木≫では山野辺さん

吉沢さんをうならせる
あんかけ焼きそば

最初のポイントはこちらです。

山野辺≫蒸し麺に
おしょうゆですね。

おしょうゆと油

そして混ぜると。

そうすることによって

しょうゆの香ばしさが
麺について

油でほぐされるんです。

大吉≫油のおすすめは何ですか。

山野辺≫何の油でもいいですよ
サラダ油でも。

鈴木≫ホットプレートの温度は
250度でスタートします。

油とか引かずに
いっていいんですね。

山野辺≫しっかり麺に
からんでいるので。

華丸≫蒸し麺って
難しそうですよね。

ゆで麺だったら、あれですけど。

山野辺≫通常のスーパーにもある
ものですね、蒸し麺は。

鈴木≫最初の麺って
固まっている場合があるので

その場合はレンジで30秒から
1分ほどかけてほぐす

ということです。
ホットプレートに麺を広げまして

片面を焼いていく
ということですね。

やっぱりホットプレートのよさと
いうのは麺のときに?

山野辺≫広げると
しっかり焼けるので麺のところが。

しっかり焼きすぎかな
というぐらい焼いていきます。

鈴木≫それを一度取り出して。
山野辺≫一度取り出します。

鈴木≫鉄板が空きますよね

そこで魚介類を
焼いていくんですね。

きょうは時間がちょっとないので
焼いたものがあるんです。

これは、どんな感じで焼くのが
ポイントですか。

山野辺≫これは
思いを込めて焼いてください。

大吉≫大前提としてね。

山野辺≫ホットプレートが

いろいろやってくれますから
焼き色をしっかりつけると。

大吉≫えびは片面40、50秒

とかそういうのを言ってほしいん
ですよ。

山野辺≫焼きすぎないということ
です。

ホットプレートは団らんなので
あまり気にしなくていいと

思います。

吉沢さんもばっと入れると
さっきおっしゃっていたので

ばっと入れましょう。
鈴木≫空いた鉄板で

豚と野菜を炒めていきます。
山野辺≫豚バラ肉から炒めて

その脂を利用しながら
炒めていきます。

鈴木≫あんの材料を
合わせていきましょう。

山野辺≫スープに。
鈴木≫鶏ガラスープ。

山野辺≫鶏ガラスープに
しょうゆ、砂糖

これがお塩、それから、こしょう。

そして、しょうがの搾り汁に

ねぎは調味料。

そして水溶きかたくり粉
これを入れます。

全部たれを合わせておきますね。

鈴木≫あんを作っていくと。
そのポイントが、こちらです。

山野辺≫もんじゃ焼きみたいに
周りに広げてあげると

鉄板を広げたところに
このたれを入れていくと。

華丸≫盛り上がるな、これ。

山野辺≫入れたら軽く混ぜて

そうしたら水溶きかたくり粉が
入っているので

周りが少しとろみが
ついてくるのが分かりますか?

大吉≫本当だ。

山野辺≫そうしたら周りから
中に入れていきながら。

華丸≫攻めていくと。

山野辺≫とろみがついてくると。

鈴木≫とろみがついた
あんと具を混ぜたものが

こちらです。
山野辺≫早い。

大吉≫最終的に、こうなる。

山野辺≫そしてここに麺かな。

鈴木≫焼いた、えびとほたてを。

華丸≫え!初めて?

山野辺≫初めてじゃないです。

大吉≫段取りもありますから。

山野辺≫ホットプレートですから。
鈴木≫なかなかないですよね。

華丸≫そうか、ふだんはね。
大吉≫お野菜の上に載せる。

山野辺≫見た目がいいじゃない
ですか。

華丸≫焦げちゃうから
とかじゃなく。

鈴木≫ふたをするのがいいですね。

大吉≫温めたあとですね。

鈴木≫きょうは時間がないので
省略します。

山野辺≫焼いた焼きそばを
ここに入れる。

そして、ごま油ですね。

伝説のごま油。

大吉≫伝説のごま油?

華丸≫普通のごま油でしょう?

大吉≫そう言われると
聞きたくなります。

何が伝説ですか?

山野辺≫「伝説の少女」みたいな
感じです。

大吉≫観月ありささん?

≫パリっと香ばしい麺に
とろ~り滑らかな、あん。

これぞ、ごちそうの名に
ふさわしい

あんかけ焼きそばです。

家族の好きな具材で
お宅ならではの

焼きそばパーティーも
おすすめですよ。

大吉≫途中、料理工程を

省略しましたけれども

ホームページなどで
ご確認ください。

いただきます。

吉沢≫あ、おいしい!

山野辺≫味は大丈夫なんです。

華丸≫うまい!
吉沢≫おいしいですね。

華丸≫パリパリ。香ばしいいいの。

ホットプレートでね。

山野辺≫パリパリ焼くと
味をしっかり吸ってくれるので。

大吉≫いわゆる
3個1袋みたいな麺でしょう?

それがこんなになるんですか?
お店の味というか

家庭ではあんまり
できなさそうですけど。

ホットプレートで
できるのすごいですね。

山野辺≫伝説の焼きそばです。

吉沢≫パリパリしているところと

まだもちもちしているところの
食感のバランスが

すごくおもしろいなと。
おいしい。

華丸≫おいしい。
裏で作った人、おいしいです。

山野辺≫すぐ言う。

大吉≫山野辺さんの今の工程でね。
ホームページで

レシピは後ほどね。
鈴木≫載っています。

華丸≫お酢をかけたりね。

山野辺≫豆板醤とかね。

大吉≫衝撃の味ですね

ホットプレートで
こんなにおいしくできるんですね。

さすが山野辺さんです。
鈴木≫吉沢さんに、たくさん

メッセージがきています。
宮城県40代の方からです。

朝から吉沢亮さん。テレビの

前から動けない。
家事が進みません。

吉沢さん大好きな中学生の息子が
見たいみたいと言いながら

学校に行きました。
吉沢≫うれしい。息子さん。

鈴木≫宮城県40代の方からです。
けさ夢の中で

吉沢亮さんに会っておりました。
朝からすてきな気分でしたら

なんと「あさイチ」にご出演。
きょうは私にとってハッピーな

一日になりそうです。
吉沢≫ありがとうございます。

鈴木≫ファンです。
朝から見られてうれしいですと

いうメッセージも
いただいています。

大吉≫続きましてはフレンチの
秋元さくらシェフです。

秋元≫おいしい、楽しい
ホットプレート料理を

ご紹介します。

(VTR)
≫年末年始のごちそうに

さばのパエリアは
いかがでしょう?

魚介とトマトのうまみが
たっぷりしみこんだ

米のおこげも絶品!
仕上げに

ぎゅっとレモンを搾って。
さばが大好きだという吉沢さん。

どうぞ召し上がれ。
大吉≫これは試食から

スタートです。
先にいただきましょう。

吉沢≫いただきます。

華丸≫さばがお好きなんですね。

吉沢≫うん、おいしい!

鈴木≫音がしていますね。

大吉≫すみませんね
無言の時間が続いて。

華丸≫組み合わせとしてはね
スペインと、さばが。

秋元≫
さばのうまみをぎゅっと

引き出した通常はだしで炊くのが
パエリアなんですけど。

大吉≫お米一粒一粒が
すごくおいしくて

ホットプレートでできるの?と
いう感じですね。

専門の鉄のでっかい鍋がないと

パエリアってできないイメージが
あるんですけど。

秋元≫きょうは
ホットプレートの面を

利用して
ばっちり

仕上げていきたいと思います。

鈴木≫さくらさんに作り方を
教えていただきますが

ポイントです。
ホットプレートの温度は

250度でスタートします。

秋元≫さばは、一口大

食べやすい大きさに
切っていただいて、塩を振って

10分ほど置いたものを
使用しています。

ホットプレートの面に

皮目のほうを

置いていただき皮目からじっくり

と脂を引き出していただくのと

皮目を香ばしく焼き付けるような
形で、皮面を下にして

焼き始めていただきます。

隣でたまねぎとにんにくを炒めて
軽くしんなりしてきたところで

先にトマト缶とケチャップを
入れていきます。

華丸≫いっぺんにやれて
いいですね。

秋元≫トマトをいかに
凝縮させるかが

すごく重要なポイントに
なってきますので

ここでしっかりトマトの水分を
蒸発させていけるといいと

思っていますので広げます。

広く広く、しっかりと。
大吉≫2分ほど。

秋元≫空いたスペースに

パプリカを炒めていきます。

お野菜は何でもお好きなものを
と思っていますけれども

パエリアなのでスペインを
代表する食材であるパプリカを

炒めていきます。

鈴木≫トマトソース、2分ほど
煮詰めたものがこちらです。

秋元≫凝縮してトマトのうまみが
ぐっと強くなってきている

ところです。
大吉≫こんなふうになるんだ。

秋元≫皮目も非常に香ばしく
焼けてきたさばを

半分は最後飾りとして

載せますので

身のほうに火が入っていない状態
ではありますが

ここで引き上げてしまいます。

香ばしく皮目に
焼き色つきまして

おいしそうに仕上がっています。
残ったさばを

軽くほぐしていただき
ここも火が入っていなくても

全く問題ないです。
ここで合わせてしまいます。

ここで、さばのうまみが
ぐっとトマトのベースに

入っていきますので
混ぜ合わせます。

華丸≫スペインで

さばって取れるんですか。

食べるんですか?

秋元≫フランスでも
さばは食べます。

もう少し小ぶりですけど
フランスでもイタリアでも

さばは食べられる食材ですね。

でも基本的には、いわしが
多いですね。ヨーロッパでは。

空いたスペースにオイルを
少し足していただきまして

いかとあさり。
きょうは、いかとあさりを

使用していますが

えびでも何でも。

いかに軽く塩を

していただき表面を炒めるように

混ぜ合わせてください。

大吉≫同時進行で同じ

ホットプレートでできるのって

楽しいですね、見ていて。
鈴木≫きょうはさば、いか

あさりのパエリアですが
ほかにこんな組み合わせも

おすすめです。

そして魚介が炒め終わったら

続いてスープを
作っていきましょう。

秋元≫お湯を加えて
魚介のうまみを

引き出していきます。
これであさりの口が開くんですが

あさりや、いかからだしがぐっと
また出てきますので

かりゅうだしなどを使用せずに
作れるパエリアです。

ここの時点で、スープの中に

パプリカパウダーを
入れていきます。

一般的ですとサフランという

香辛料が使われたりするんですが

ご家庭でお子様が
召し上がられるのであれば

あえてサフランを使わずに
パプリカパウダーだけでも

十分に本格的な味わいに
仕上がっていきます。

お塩もこのあとごはんにうまみを
加えていきますので

軽く振ってください。
鈴木≫あさりの口が開くまで

3分ほど煮たものがこちらです。
秋元≫あさりの口が開いています。

鈴木≫きょう「あさイチ」に

ホットプレート

何台あるんだろう?と。

差し替えてありますので。
メッセージもいただいています。

大吉≫想像の倍あると思います。

鈴木≫差し替えて緻密にやって

おります。
秋元≫いったん具材を

取り出します。
これ一手間なんですけど

お米に均等に水分を
加えていくために

具材があると少し均一に火が
入っていかないので

1回引き出すのと
魚介類はこれ以上、火を入れると

ぱさぱさにしたくないという
両方の意味を持っておりますので

1回、引き上げていただきます。
スープはこのままです。

鈴木≫ここでポイントです。

秋元≫少し足りない水分を

足しまして、そのままの洗って
いない米を加えていきます。

米は洗うと表面に傷がつきまして

粘りとかそういったものに
つながってしまう可能性が

ありますので
できるだけ触らない。

触っていない、そのままのお米を
入れてください。

乾いたお米は最初に
うまみのスープをぎゅっと

乾いた状態で吸っていきますので
ここで乾いたお米を入れるのが

ポイントです。
鈴木≫これはやっぱり

ホットプレートだと
パエリアは作りやすいですか?

秋元≫これぐらいの面積を使える
フライパンは、意外とご家庭では

ないんですけれども

ホットプレートなら
まっすぐ均等に

米を広げられるので水分を

ぐっと均等に吸っていきますから
非常においしいパエリアが

とても適した料理だと思います。
大吉≫ふたをしないで

時々かき混ぜながら。

秋元≫たまにかき混ぜてあげて
ください。

米がひっついてしまうので。
大吉≫ホットプレート

何度ぐらいですか?
秋元≫250度を

ずっとキープします。
このホットプレートの

いちばん高い温度です。
10分炊くと水分が減って

いい具合におこげなども
できてきます。

大吉≫こんななります?
10分後に。

秋元≫さっき引き出した具材を
戻しまして再度5分ほど

炊いていきます。

やはり米は

15分ほど火を入れて
いかないと芯が

かたくなってしまいますので
ただ今回はパエリアなので

程よく芯を残した水加減を
何度も研究しまして

ぴったり出しましたので。
大吉≫ありがとうございます。

秋元≫ぜひとも
試していただければと思います。

先ほど1回取り出したスープを
ちょっと

含んだ具材を戻します。
またここで、ふたをせずに

5分ほど炊いていきます。

このときに先ほど引き出した

皮目をパリっと焼き上げたさばを

半面まだ火が入っていない状態
ですから

ここの5分でさばにも
火を入れていきます。

そうするとふっくらと

かたくなりすぎずに仕上がります

のでこれで5分炊きます。

5分たちましたら、ふたをして

電源を切り3分蒸します。

やはりごはんは最後蒸してあげる
と、ふっくらしてきますので。

3分蒸したものです。

彩りにきょうはパエリアですので

レモンやパセリなんかを
このように飾っていただきまして

完成です。
大吉≫お見事でございます。

先ほどわれわれも
いただきましたけど

いかがでしたか?吉沢さん
ホットプレート料理。

吉沢≫うまかったですね。
なかなか家庭で作れる

クオリティーと思えないぐらい
どれもおいしくて

いいなと思いました。

大吉≫相当、工程は

ぎゅっとしてありますけどね。
差し替え、差し替えでやりました

けど。
時間はかかってもみんなで

わいわいやれるのがホット
プレートがいいですね。

秋元≫食卓にどんと載せられるの
がいちばんの魅力だなと思います。

テーブルの上で華やかにつついて
いただけるのがいいと思います。

大吉≫本当においしかったです。
ごちそうさまでした。

鈴木≫そしていよいよ
「青天を衝け」

最終回まであと2話ということに
なりました。

次回は実業界を引退したあとの
栄一が描かれます。

大吉≫見どころだらけですけど
ラスト2回。

吉沢≫実業界は引退に
なるんですけれども

そこから民間外交だったり
栄一のその熱量というのは

一切衰えず最終話まで全速力で
駆け上がっていきますので

ぜひ最後まで、楽しんで
いただけるとうれしいです。

鈴木≫吉沢さんは10代から
91歳まで演じて。

吉沢≫やらせていただきました。

鈴木≫どうなんですか

できるものなんですか?

吉沢≫体重も最初から比べたら
増やしたりとか。

大吉≫ですよね。
ちょっと太りましたものね。

これも役柄に合わせて?

吉沢≫そうですね。

ちょっとずつちょっとずつ
増やしてという。

大吉≫痩せるより
難しそうですけどね。

吉沢≫やっぱり太るのほうが大変
ですね。

大吉≫変なところ太っても
しょうがないですものね

おなかとか。
鈴木≫たくさん手元に

メッセージがきております。
「青天を衝け」毎週欠かさず

見ています。

私の実家は栄一のふるさと
深谷市の隣の町です。

方言がほぼ同じでことばを
聞いていると懐かしくて

うなずきながら見ています。
吉沢さんをはじめ方言に違和感は

なく俳優さんってすごいなと思い

ますという兵庫県の方からです。

埼玉のことばみたいな
その辺りの習得はどうでしたか?

難しかったですか?
吉沢≫最初は難しかったですね。

同じ、なんとかするべにしても

上がるときと下がるときと
場合によって

全然変わったりするから
その辺のニュアンスは

すごく苦労しましたけど
やっていくうちに

という感じですね。
鈴木≫栄一の流ちょうなせりふ

回し
見事でした。

千葉県の方からいただきました。

滑舌トレーニングとか
したんですか?

吉沢≫滑舌トレーニングとかは
特にしていないですけど

栄一は本当に
おしゃべりな役なので

とにかくせりふ量が多くて
それがいちばん大変だったかも

しれないですね
せりふを覚えるのが。

鈴木≫どうやって覚えるんですか。
吉沢≫やっぱり

大河ドラマや朝ドラって
リハーサルがあるので

ありがたいことに。

それで必死に皆さんとお芝居
しながら覚えているという感じ

でしたね。

鈴木≫そのほかにも、とにかく

「青天を衝け」
お疲れさまでしたとか。

3歳の息子が

しぶしゃわと、名前を言えるよう
になりました。最後まで欠かさず

家族で見たいと思います。
大吉≫お子さんの成長ともね

つながっていますね。
鈴木≫第1回から

わくわく見ていました。
歴史が好きになりましたと。

吉沢≫うれしい。

鈴木≫吉沢さんとともに

江戸と明治を駆け抜けましたと
いうことです。

あと2回です。