朝だ!生です旅サラダ 檀れいが山梨で(秘)パワースポット巡り!?▽珠玉のフランス旅[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

朝だ!生です旅サラダ 檀れいが山梨で(秘)パワースポット巡り!?▽珠玉のフランス旅[字]

憧れフランス旅!世界遺産モン・サン・ミッシェルに感動!プロヴァンス地方の美しい村を巡る▽檀れいさん山梨へ…パワースポットの宝庫…昇仙峡に感動!神の手(秘)宝石職人!?

詳細情報
◇内容Ⅰ
【ゲストの旅】
檀れいさんが山梨県でパワースポット巡り!日本遺産に認定された“昇仙峡”で、自然のパワーに感動!音楽を楽しめる美術館を訪ね、世界最大級のダンスオルガンのパワーに感銘を受けます!そして、世界に一つだけの宝石をつくるため、“神の手”と言われる宝石研磨職人のもとへ!
◇内容Ⅱ
【江田友莉亜の忘れられない世界】
海外の旅を案内している「旅サラダガールズ」が、これまでに訪れた世界の忘れられない風景や文化、人との出会いを振り返ります。
今回は憧れのフランス旅。火災に遭う前のノートルダム寺院や、世界遺産“モン・サン・ミッシェル”へ!さらに、プロヴァンス地方で美しい珠玉の村を巡ります。
◇内容Ⅲ
【生中継のコーナー】
ラッシャー板前が和歌山県・白浜町にある海鮮市場へ!年末&お正月へ向け、美味しいものが揃う市場から、とれたて新鮮な魚介をリポート!もちろん豪華プレゼントもあります!
◇内容Ⅳ
【東留伽が行く!日本縦断コレうまの旅】
「3代目プレゼントソムリエ」新人アナウンサー・東留伽が長崎県南島原市で美味しいもの探し!
▽絶品…ご当地ならではの名物そうめん!?
▽地元で大人気のお菓子店でスイーツ三昧!?
▽海の幸…えび三昧!?
プレゼントは…?
◇出演者
【ゲスト】檀れい
【レギュラー】神田正輝、向井亜紀、勝俣州和、三船美佳、ラッシャー板前、江田友莉亜(旅サラダガールズ)、東留伽(ABCテレビアナウンサー)
◇音楽
【公式テーマソング】
『君を探しに』F-BLOOD(藤井フミヤ&藤井尚之)
◇おしらせ
☆番組公式Facebook、Instagramやってますっ!
【番組HP】http://www.asahi.co.jp/tsalad/
【Facebook】https://www.facebook.com/tabisalad/
【Instagram】https://www.instagram.com/tabisalad/

ジャンル :
情報/ワイドショー – グルメ・料理
バラエティ – 旅バラエティ
趣味/教育 – 旅・釣り・アウトドア

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 本当
  2. お店
  3. 世界
  4. ラッシャー
  5. 大丈夫
  6. お願い
  7. モン・サン・ミッシェル
  8. コレ
  9. 楽器
  10. 清水
  11. 赤身
  12. 富士山
  13. お勧め
  14. 気持
  15. 景色
  16. 和歌山
  17. イチゴ
  18. パワー
  19. プレゼント
  20. ルチル

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



当番組は同時入力のため、誤字脱字が
発生する場合があります。

また、内容により字幕放送を中断させて
いただく場合があります。

目線真っすぐに
富士山があるっていうのが

なんか不思議ですね。
きれ~い!!

大好きなルチルが
より大好きになりました。

充実した一日でしたね。
霧がかかってて、かっこいい。

これがノートルダム!?
やっぱすごいなあ。

当番組は同時入力のため、誤字脱字が
発生する場合があります。

また、内容により字幕放送を中断させて
いただく場合があります。

おはようございます。

2020年12月26日。

メリークリスマスでした。

でしたー!

サンタさんは来たんですかね?
ことし最後です。

早いねえ。
あと5日、ことし、残すところ。

1月から言ってるけどね。

ことしは本当、

いろんなことがありましたからね。
でも、

無事にここまで来れたということは皆さ
んのおかげでございます。

本当にありがとうございます。
きょうの旅サラダガールズは江田友莉亜

ちゃんです。
おはようございます、よろしくお願いし

ます。
そして、すてきなお客様が来ていただき

ました。
暮れに最高ですね。

檀れいさんです。
おはようございます。

お願いします。

よろしくお願いします。

どうぞ、お座りください。

うっとり。

僕はドラマやってる方、

よくお話は聞いていたんです。

一緒にされてたでしょう?
はい。

よく話を聞いていました。

神社仏閣めぐりが好きなの?
そうですね。

舞台とかで

全国回るときには各地の神社に一応…。

必ず行く?
はい。

神社の階段、踊りながらおりてきちゃい
そうな。

えっ!?
宝塚ですか?

そんなイメージが。
そうなんですね…。

神社仏閣は行ったかどうか分からないで
すけど、

檀さんの旅は後ほどのお楽しみというこ
とで

まず生中継行きたいと思いますけど、き
ょうはどこに?

どこでしょうか、呼んでみましょう、

ラッシャーさん! 歩美ちゃん?

ハーイ!きょうはですね、

和歌山県は白浜町にお邪魔しております。

白浜町、温暖な気候と

きれいなビーチがあるということで、日
本のハワイと言われております。

アロハでございます。

全国の皆さん、

スタジオの皆さん、

アロハです。

きょうは2020年、最後の生中継。
お待たせしました。

テレビをご覧の皆さん、豪華プレゼント
をゲットしてみたいと思います。まずは

パートナーです。
この方が来てくれました!

おはようございます!
皆さん、ご無沙汰しております。

朝日放送テレビ、ヒロド歩美です。

お久しぶりでございます。
きょうはですね、

とれとれ市場南紀白浜にお邪魔しており
ます。

こちら、こちら、西日本最大の海鮮市場
ですから、

早速行ってみましょう。
西日本最大?

地元の堅田漁協組合で

新鮮な魚介類が毎日集まっているんです
ね。

また地元和歌山だけではなく、日本全国
から仕入れているため、北は北海道から

南は九州までその時期のおいしいお魚が
集まってきているんです。

いいですね!
そしてお魚以外も、

和歌山県の特産品などが並び、

人気のスポットとなっているそうなんで
すよ。

とれとれ市場、広い!大きいですね。
最大級ですから。

そしてラッシャーさん、これですよ、我
々のきょうの相棒。

年末は必ずこれがきます。

どんどん乗せていいと聞いてますから、

もうやっちゃいましょう!

いいんですね?

豪華な商品を。
行ってきます!

時間がありませんので。
まずは…。

何?いろいろありますよ。
やっぱりマグロ欲しいよな。

どうでしょう?

勝俣さん、

さすが!
まず来ました!

でっかい!
1匹もらいましょう!

これ1匹持てないでしょう?
何キロあります?

これで、およそ70キロになりますね。
70キロ!

ここでさばいたりもするんですか。
毎日さばいております。

解体ショーもやるんですって。

まずは和歌山といったらマグロはどうな
んですか。

やっぱりマグロ、こちらのほうは本マグ
ロになっているんですけれども。

串本は有名ですもんね。

ちょっと味見させていただいてよろしい
でしょうか。

まず、和歌山のマグロはどんな感じかと
いう。

赤身ですね。
ありがとうございます。

もう最近ね、

この年になるとね、

意外と赤身がいい感じになるんですよ。

中トロもいいですよね。

きれいな赤身でございます。

色がきれいですね。

いただきます。

うまいですね。

赤身はうまみですよ。

ほどよい脂が乗ってる。

さすがですね。

どうしましょう! どうしましょう!

どれにします?
それじゃ…、

これ赤身ですか?
これは赤身ですね。

じゃあ…。

まずじゃあ、赤身。

中トロ行きましょう。

じゃあ、中トロ行きましょうか。

ラッシャーさん、切りたてにしましょう。
そしたら、こちらのほうを。

これ、いいわ!

赤身、中トロ、大トロ!

三役そろい踏みですよ。

三役そろいました。

幸先いい、ありがとうございました。

どんどん行きましょう。

こちらに来たらこれ!というお魚があり
まして

見てください、いけす。

ちょっとラッシャーさん、もちますね。

落ちないでくださいよ?

おはようございます。
ヒロドアナが言いましたけど、こちら見

せてください。

こちらが南紀白浜とれとれ真鯛。

南紀白浜とれとれ真鯛?

和歌山も鯛が有名なんですね。

こちらね、堅田漁協協同組合が

直営で市場でやっていますのでこちらで
養殖している真鯛になります。

じゃあ、間違いないですね。

これはゲットしましょう。
ちょっと…。

関西ナンバーワン、

年間100万匹。

2尾いいですか。

逃げちゃわない?
これちょっと…。

無理ですね、無理ですね!
リハーサルより元気です。

おとなしいやつ、もらいましょう。
ラッシャーさん、ありました。

あった?
ありがとうございます!

ありがとうございます!
持てます、持てます。

どうしましょう、こういう感じで。

どんどん乗せていきましょう。
見てください。

これまた、お兄さん、お願いします。

これ、もしやあれですか?

養殖の本クエになります。
クエ?

高級魚の?
和歌山、クエも有名。

もちろん有名ですよ。
今が旬ですよね。

今がまさに旬です。

鍋にしたら、でもこれ…

このまんま視聴者の方は…。

お鍋用とかに、

さばいていただけますか?
もちろんこちらでさばかせていただきま

すので。
こっちでやってくれるんですね。

それはいいわ!
ラッシャーさん、いいですか。

あちらにありますので。
とってきますので。

ちょっと行ってきます。
これはいいですね、クエ。

でかいっすね。
ありがとうございました。

じゃあ、ヒロドアナが

とりに行ってますので。

ここにも地元のお魚がいろいろあります
けど…。

それ何ですか?

これは鯛です。

鯛の試食か?

鯛を試食するの? いいですか?

ありがとうございます。

おいしいの間違いないですから大丈夫で
す。

じゃあこっち行きましょう。

あ~んも今なかなか厳しいんですよ。

こちらは貝だ。
おはようございます。

サザエ、いいですね。
サザエ、

神田さん、じゃあサザエ、

大体何個ぐらいで売っているんですか。

大体5個ですね。
じゃあ5個お願いします。

5個で1000円!?
5個で?

5個で1000円ですか?
じゃあ、10個行きましょうか。

でも安いですね。

いいサザエですよ。

じゃあこれで2000円…。
意外と…。

焼いたら…。

スタジオの皆さん、

ありました。

貝の王様。

こちら見てください。
アワビ!

これ、大体1粒お幾らぐらいですか。

こちらで大体4000円ぐらいになりま
す。

じゃあ、10個行きましょう。
えっ、10個?

だめ!だめ!
3個、3個。

3個ぐらい。

というか、3個でも…。

これ、持つのが大変だわ。

ラッシャーさん、ちょっとこれ、

アワビ3つ?

アワビ3つ、サザエ10個。

そして、さっきの…。

きょうは、

和歌山県白浜町

とれとれ市場から

豪華プレゼントをゲット…

びっくりした!
うわ、びっくりした!

ウツボです。
「コレうまの旅」で

ウツボやったの?
おいしかったんですよ。

たたきとか。

美容にいい…。

なので、これをちょっと追加させていた
だきます。

こういう状態だったらいいですね。
これはどうやって食べるのがいいですか。

これは、焼いたほうがいいそうです。
火を通したほうがおいしいということで、

これ、ちょっと追加させていただきます。
ウツボゲットー!

なかなか食べれないですよね。
ちょっとじゃあ一旦預かってもらってい

いですか?
お正月に向けて、イクラ、どうでしょう

かイクラ。
行きましょう、行きましょう。

いっぱい欲しいイクラ。
すぐなくなっちゃう。

じゃあ、2個。

鯛をちゃんと…、よいしょ。

じゃあ、イクラを1個、2個もらいまし
た。

ラッシャーさん、ちょっと見てください。
このお隣にこれあったんですけど、

わさビーズっていう。

イクラのような感じで

プチッとワサビの風味がするって書いて
ます。

入れましょう!
ワサビと、オーケー?

入れちゃいましょう。
大分重くなってきましたね。

そして…。
うわあ、

明太子!

入れましょう。
もう入れちゃいましょう。

なんで小声でやるの?

めんたい行きました。

いい明太子ですよ。
あっちにも何かありますね。

タラバガニもおいしそう。
シャケ?

これシャケはシャケでも?

時鮭と言われるものです。

出たときしらず、高級じゃないですか。
これ行きましょうか。

こちら行きましょうか。
切り身になっているのがいいわ。

これで片身入ってますので。

もう一つざるを…。
こちら行きましょうか。

ありがとうございます。
お願いします。

じゃあ、ときしらずゲット!

これ、すごいおいしそう。
スタッフの皆さん、ちょっとそこ、あけ

てください。
これ行きますか?

カニじゃなくて、こっち行きます。

カニじゃなくて、これ!

エビ!

伊勢海老!
和歌山でイセエビ。

伊勢海老、和歌山有名ですよ。
ちょっとこれ大体

お幾らぐらいするんですか。

こちらで1匹8000円ぐらい。
8000円ぐらい?

ちょっと今、手袋してます。

ラッシャーさん、せっかくから

大きいの行きましょう。

神田さんが許してくれるので大きいの行
きましょう。

お願いします、ちょっと手伝って…。
ありがとうございました。

じゃあ、これ。
お元気。

どうでしょう。

味見さしていただいてよろしいでしょう
か。

じゃあ、これ1個。

味見…。

おいしそうですね。

身が、いい色をしていますね。

いただきます。

やっぱりおいしそうと思いますね。

おいしいですよね?

この身の締まりが

最高ですね!
いいエビの甘みもあります。

じゃあ、これ、どうでしょう。

もう1匹行きましょうよ。

ヒロド、どんどん行こうよ!

ヒロドアナのリクエストで…。

2尾行きましょう。

ラッシャーさん、それ違います。
これ違うか。

それ、セミエビです。

じゃあちょっと伊勢海老…。

はい、じゃあ…。

ラッシャーさん、伊勢海老もそろったと
ころでですね、

これで締めくくりたいんですけれども、

ちょっと和歌山ということで

私、もう一つだけいいですか?

ちょっと台を持ってきてください。
和歌山といえば皆さん、

みかんですよ。

以前、「コレうまの旅」で

お邪魔したときにいただいた

まるごとみかんのジュース。

これもつけちゃいましょう。
いやいやどうでしょうか。

ヒロドアナ、やりますね。
やらせてください!

じゃあこれ、

総額幾らですか、総額。
7万4000円。

じゃあ、これを何名の方にプレゼントす
るの。

神田さん、神田さん。
30名?

いや今のかっちゃんが言ったの。
5名だそうです。

5名でよろしいでしょうか。

予算もあるから10人。
5名の方にプレゼント。

大丈夫? ヒロドアナ。

じゃあとりあえず締めようか。

ということで年内発送可能ですので、

すてきな年末をお過ごしください。
以上、中継でした。

5名の方です、5名。
結局、何、

これ5名なの?
いいお年玉ですよ。

なんか心配なの、ヒロドがアナウンサー
になってきちゃったのが。

さあ、留伽ちゃん。
プレゼントしましょう。

おはようございます。ABCテレビアナ
ウンサーの東留伽です。

プレゼント応募電話番号の発表です。
中継先より豪華海鮮セットとみかんセッ

ト、7万4000円相当を5名様にお届
けします。

ただいまから月曜日の9時まで
受け付けをいたします。

おかけ間違いのないよう
お電話ください。

当選された方には、
直接ご連絡させていただきます。

また、番組ホームページでも
発表させていただきます

年内の発送可能になります、

ぜひご応募ください。
よろしくお願いします。

これは豪華。
本当に豪華です。

景気よく、吹っ飛ばしましょう。

本当ですよ。
ありがとうございました。

さあ、お待たせいたしました。
檀れいさんの旅です。

今回は山梨?
どうして?

やっぱり、ことしはいろいろあったじゃ
ないですか。

山梨は私、行きたい1つの場所だったん
ですけれども。

パワースポットということで

パワーをいっぱいいただきたいなと思っ
て。

パワーいただけましたか?

いただきました。
そうですか。

見てみましょう。

武田、武田神社です。
は~、すごいいいお天気で

気持ちいい。
いいですね、やっぱり。

山梨には来たい来たいと
思ってたんですけれども、

なかなかね、行く機会がなくて。

お仕事では何回か来たこと
あるんですけれども。

こうやってじっくり、神社を
回ったりというのはなかったので、

ちょっと、きょうは楽しみですね。

こちらの神社は、戦国時代の名将
武田信玄が祭られており、

信玄公の勝運の強さから、

勝負事へのご利益があると
言われています。

鳥居をくぐる前から、

両手を広げて迎えてくださるような
そういう大きさがあって、

懐が大きいというか、

地に根をおろしている
ずっしり感というか、

大きさがすごくあって。
すてきな神社ですね、ここ。

山梨県甲府市。

富士山や南アルプスなどの山々に

360度囲まれた自然豊かな町です。

「昇仙峡入口」ってありますね。

すごくここ、美しい場所だって
聞いてきたんですけど、

どんなところなんでしょう。
ちょっと楽しみです。

ここ昇仙峡は、

日本一の渓谷美とたたえられ、

パワースポットの宝庫と
言われています。

渓谷に沿って約2キロの道を歩き、

清流と石がつくり出す景色を
楽しみます。

ここですね、よいしょ。

ああ、すごい。

うわ~! すご~い!!

ああ…、すご~い。

うわ~…。
大きいですね~。

昇仙峡のシンボル的スポットとなる
この場所には、

長い時間をかけてつくられた

切り立った岩が大きく2つ
そびえ立っています。

何だろう、やはり自然のすばらしさを
すごく感じますね。

だからこそ、なんかパワースポット
なんだろうなっていうのも思います。

もう見上げてると、くらくらしちゃう。
すごすぎて。

さらに歩くと…

こんにちは。

ああ、これですね、石門。

こう見るとすごい。
すごい迫力。

巨大な溶岩石からできた
天然の石門です。

よく見ると、

支え合っているように見えた
岩の先端が、

僅かに離れているんです。

本当に不思議ですね、
ここがくっついてないっていうのは。

ここら辺でバキッとか
ならないんですかね。

すごいな~。

もうこの迫力だけで、
全てがパワースポットですよね。

迫力ありますね~。

ああ~、ここですね~。
すごい…。

仙娥(せんが)滝です。

凛とした冷たさを感じるというか。

さっきまでと、ぐっとちょっと
気温が下がったような、

そんな気がしますね。

すご~い!!

気持ちいい、ここ…。

見どころは、これだけではないんです。

さらに上を目指します。

ロープウエーの乗り場に来ました。

さあ、上に上がってきますよ。

こんにちは~。

大人1枚お願いします。

1300円です。
おつり、どうぞ。

はい。

乗り場、あちらです。
行ってきます。

ロープウエーで山頂へ。

どんどん上に上がっていってますよ~。

山を見上げているのも
きれいなんですけれども、

見おろしてるのもまた、いいですね。

5分ほどで山頂に到着です。

わっ、あっ! すごい! すごーい…!

富士山?

いやあ、きれい…。

こんなに富士山がきれいに見えて、
ああ、幸せ。

見上げるのではなくて

私の目線、真っすぐに
富士山があるというのが

なんか不思議ですね。

いつもはね、下から
眺めているんですけどね。

歌どおりですよね?

多分ここら辺に出てますよね、
歌詞が、きっと。

それは日本一の山ですよ。
すばらしい。

富士山からもパワーをいただきました。

甲府市から車で1時間、河口湖へ。

ここに、どうしても見たいものが
あるんです。

もう、ちょっとわくわくしてきました。

音楽と森の美術館。ああ~、すてき。

楽しみです。

ようこそ、お越しいただきまして、
ありがとうございます。

ご案内いたします。

フランスのアルザス地方を
イメージして。

水が流れていて、
すごい雰囲気があっていいですね。

では、こちら、ご案内いたします。
お願いします。

館内は、まるでテーマパーク!

パスポートの要らないヨーロッパと
言われているそうです。

建物の中には、世界各国の

古く貴重なオルゴールが
展示されています。

そして、こちらのホールには…

世界的に貴重な
自動で演奏する楽器ですね。

自動演奏楽器という楽器に
なっておりまして。

ここにある一見家具のような作品。

実はこれ、中にさまざまな
楽器が入った自動演奏楽器なんです。

100年以上前に、貴族たちが
オーケストラの演奏を再現しようと

作られたもの。
そのうちの一つを

見せていただきます。

こちらの、フォノリスト ヴィオリナ
という楽器になるんですが、

下がピアノになっています。

上のほうをあけていただきますと…。

バイオリンが!

3つのバイオリンが。

1弦ずつ実は演奏するので、

この3つのバイオリンで

1挺のバイオリンを演奏してると
思っていただければ。

音色が楽しみです。

♪~

♪~

♪~

1907年にドイツで誕生した
自動演奏楽器。

バイオリンの自動化は難易度が高く、

構想から完成までには
250年もの月日がかかったそうです。

♪~

かわいい~!

そしてもう一つ、
どうしても見たかった楽器があります。

こちらが…
うわ~、何?

ダンスオルガンという楽器になります。
すごいですね~。

そう、私のお目当ては、
この世界最大級のダンスオルガン。

中には、およそ800本のパイプが
組み込まれています。

さらに、ホールを取り囲むように
配置されたお人形たちが、

それぞれ打楽器を演奏。

ホール全体が、巨大な楽器に
なっているというわけです。

♪~

♪~

♪~

♪~

作った方の思いまで

音となって私たちの耳に入ってくる。

だから心が震えるような音楽に
なるのかなって思いますね。

本当に充実した一日でしたね。

やっぱりこういう音楽が好きというのは

宝塚にいらっしゃったから?

それも大きいかもしれませんね。

こういう大きい音楽、

あの部屋自体、

すごい大きい音がするでしょう。

音に包まれてる感じで、

本当に踊りたくなっちゃうぐらい。
そうですよね。

ただ、聞くって感じじゃないですよね。

感じるっていう感じですよね。

本当はあの下の椅子に座って聞くんです
かね?

そうですね。
相当大きい音でしょう、これ。

360度ぐるっと音に包まれている感じ
になるので。

よく考えられていますねえ。
かっちゃん言ってたけど富士山って

男なんだね。
きれいな女性のとき、絶対出てきますよ

ね。
女性が行くと出るんだけど、男が行くと

出ないんだよね。

雲で隠れてますから、いつも。
きれいな人が好き。

私行っても出ないもん、だってー。

こんなきれいに出るのないですから。

すばらしい。

本当パワーが…。

見てるだけでありがたいという感じで。

だから、さっき檀さんが富士山に手を合
わせたけど、

パワーというのは勝手に自分がもらうも
のだね。

そこにあるんじゃなくて。
行って、

拝見したもので自分が吸収する?

感じる心をちゃんと持っていった人が受
けるんですよね。

そうでしょうね。
そうだね。

いいこと言うね。
ことし、ラストなんで、ははは!

さあ檀さん続いては?
次は、以前取材で伺った

宝石職人さんに会いに行きました。

女の人はやっぱりこれなんでしょうね。
見てみましょう。

きょうもいい天気ですね。

あっ、ここです。

八ヶ岳パイ工房。

かわいらしいいですね、建物が。

こんにちは~。

いらっしゃいませ。
うわあ、パイがいっぱい。

どれもおいしそうで、
迷っちゃいますけど。

ここはいつも季節によって
いろんなフルーツを使って

パイを作ってらっしゃるんですか。
そうですね、季節によって、

できるだけ八ヶ岳のフルーツを
使ったパイを作っております。

こちらは八ヶ岳のふもとにある
パイ専門店。

山梨のフルーツが味わえると、

遠方から来るお客さんも多い
人気店です。

悩む。
本当に悩んでる、どうしよう。

お勧めは何ですか?

お勧めはイチゴのミルフィーユとか、

こちらのイチゴのジャム、

あと洋梨のパイがお勧めになってます。

じゃあ、イチゴの
ミルフィーユにします。

せっかくなので。

このお店の一番の特徴は、
サクサクのパイ生地。

八ヶ岳の気温と湿度は低いため、

繊細なパイ生地を焼くのに
適しているそうです。

くり抜いたパイ生地に
カスタードクリームをたっぷり入れ、

その上にキャラメリーゼした
サクサク生地をのせます。

たっぷりの生クリームに、
八ヶ岳産のイチゴをのせたら完成です。

お待たせしました。
ありがとうございます。

うわあ、なんか雪が降ってるみたい。

かわいい。
イチゴに雪が降ってる。

いただきます。

パイ生地おいしいですね。

本当にサックサク。

このカスタードクリームの甘さと
イチゴの酸味がちょうどよくて、

口の中で、本当にいろんな食感と
いろんな味が

一気に押し寄せてくるっていうか。

これはね、女子は大好きですね。

山梨の旬のおいしいスイーツに
大満足です。

いよいよ、念願の
宝石職人に会いにいきます。

このあたりですよね。

あっ、あった、シミズ貴石。

久しぶりですね、ここにお伺いするのも。

こんにちは~。

あ~、清水さん、お久しぶりです。

ご無沙汰。

久しぶりに、ここにお邪魔して。
清水さん、これ覚えてますか。

覚えてまーす。

清水さんに作っていただいた、
さくらインカットです。

この石、タンザナイトですよね。
そうです、タンザナイト。

タンザナイトの中心に桜の。

これ初めて見たときに、もう、
さくらイン、びっくりしまして、

即、タンザナイトでお願いしますって
作っていただいたものなんです。

きょうは、また新たに

清水さんにジュエリーを
作っていただきたいなと思って

やってきました。
よろしくお願いします!

こちらこそ。

この方は、黄綬褒章を受章した

神の手を持つと言われる
宝石研磨職人。

宝石業界を興奮の渦に巻き込んだ

「さくらインカット」の
生みの親として有名な方です。

また、一つの原石から全て手作業で
180面をとる「桔梗カット」は、

世界で唯一、清水さんにしかできない
至難の業です。

指先の感覚だけで、

1ミリの狂いもなく正確に宝石を削り、
整えていきます。

特別に見学させていただきます。

特別用意している石があります。
ありがとうございます。

これは、みんな作ると
きれいになりますから。

きれ~い。
まずは、原石を選びます。

昔からルチルが好きなんですよね。

これ、水晶ですよね。

そこに、この金の線が
ふわーっと入ってるのが好きで。

その針がね、
カットにするときれいになる。

ぱっと見たときに、
このシトリンもね、いいですね。

これもきれいですよ。
別にそれでも大丈夫ですから。

うわあ、どうしよう。

でもルチル好きとしては、
これが一番きれいになりますか?

一番いいと思いますよ。
じゃあ、これにします!

神の手に預けて。
早速、擦りましょう。

早速、匠の技で削っていただきます。

じゃあ今からやりますので。
はい。

何も道具って使ってないでしょう。

あとは全部、指先の勘だけですね。

あんなに大きい石が、
こんなに小さくなっちゃう。

どんどん形が変っていく。

貴重ですよね、大きな石から…。

大体、20%から25%残るだけです。

あとの80%は削っちゃう。

うわあ、もったいない…。

粗削りをした後は、サイズを整え
仕上げの削りへ。、

3つの工程を
全て手作業で行います。

神業に思わず見入ってしまいます。

若いころは嫌でね、この仕事が。

いつかやめてやろうなんて
ずっと思ってたんですけどね。

でも、導かれるように、なんだろう。

やっぱ、この道だったんですよね。

まあね、長く続けてるとね、
やっぱりいいこともあって。

三、四年前に黄綬褒章を
いただいたんですよ。

そのときに檀さんから
お祝いのメッセージを

いただいたんです。

サプライズで。
そう、すごいサプライズで。

本当に知り合いなのなんて、
みんな言ってました。

こういう細かな手作業なので、

普通だったら静かに、
私たちも息をひそめて見守るというか、

手作業を見てるっていう感じだろうと
思いきや。

いやいや、そんな必要はない。

初めてお会いしたときから
いっぱいお話してくださって。

これが、仕上げ擦りまでして、
細かいカットもついています。

ついてるでしょう?

うわあ、ついてますね。

これが、清水さんお勧めの
プリンセスカットなんですね。

そうです、そうです。

じゃあ、これを磨くんですけど、
檀さんに体験してもらいます。

失敗したらどうするの?
大丈夫、大丈夫、全然大丈夫。

最後の大仕事を
任されてしまいました。

イヤーッ!

自分の手は擦らないように。

これは、力を均等に
やったほうがいいですよね。

普通におさえていれば
大丈夫ですね。

ちょっとこっちのほうが
力が入っちゃっている。

難しい。
ちょっとした力の入れぐあいと、

指先の、何だろう、この傾け方?

宝石が小さいので、
力加減がとても難しいんです。

ああ! ちょっと待って!

大丈夫、大丈夫、離しても大丈夫。

何で、おしゃべりしながら
清水さんができるのか不思議なぐらい。

きれいに光らすのは、
素人さんは、ちょっと難しいと思う。

ギブアップ。

じゃあ僕がやりましょうか。
お願いします!

難しすぎました…。
あとは清水さんに任せます!

はい、檀さん、完成しました。

指を出してください。
はい。

きれーい!! すごーい!!

いい!
ああー! すごーい!

ルチル、きれい…。

大好きなルチルが
より大好きになりました。

でも、さっきのあの石が、
あっという間に磨かれて、

美しい輝きを放ってますね。

じゃあ、これね、
リングにしてお届けします。

はい、楽しみに待ってます。
きれいになると思いますよ。

ありがとうございます、きれい…。
もう、これだけも十分きれいなのに。

世界に一つだけの宝石。
私の夢がかないました。

これ、ルチルってやっぱり

きれいね。
きれいですよ。

やっぱり宇宙の宇宙船が走っているみた
いね。

光が走ってる感じが。
流れ星みたい。

流れ星…。
ルチルってパワーが強いんで、パワーが

強い人じゃないと負けちゃうんですよ。

だから強いんですよ、それを選んだって
ことは。

見てください。
ジャーン。

してるんですか?
できたんです!

きれい!
結構大きいんだ。

大きいですね。
すごい、すばらしい。

きれ~い、本当、神ですね。

チルチルミチルって…。

ありがとうございます!
青い鳥ですよね。

でもきょうのお衣装にも合ってて、きれ
いですね。

合わせて衣装を選ばれたんですか。
そうですね。

これに合うように。
すばらしい。

でも神の手なのにすごく優しくて気さく
な。

しゃべりながら…。
しゃべりながらね。

でもいつも本当にしゃべりながらなので、
大丈夫かなって思うんですけど。

しゃべりながら、自分でやってみると…。

全く全然だめです。
難しいんだ。

やっぱり怖い?
怖いです。

小さく削った石が

飛んでいきそうになりますし、全然光っ
てないですし。

自分の思いも入ってていいですね。

やっぱり石から選ぶというのは、

ぜいたくです。
大正解だね。

いい旅でしたね。

ルチルビシャビシャビシャっていうの

好きだな、僕。
よくそれ選んだなって思ったの。

ひかれるものがあったんじゃないですか。

今度これから誰かに贈るときは、ぜひル
チルで。

ない…。

ないというのはやめましょうよ!

俺に振られると、とっても困るよね。

プレゼントにいいですね。
いいですね。

ただあそこに行ってわざを見るだけでも

すごくやっぱりいいことだと思うね。
さあここで、檀さんから

すてきなお知らせがあります。

ドラマスペシャル
「当確師(とうかくし)」。

知られざる選挙戦の裏を描いた
見応えある作品です。

私は、日本一有名な市長と戦う
新人候補・黒松幸子を演じています。

その選挙戦で、
私とともに戦ってくれるのは、

香川照之さん演じる

伝説の選挙コンサルタント。

あす夜9時から放送です。
ぜひ、ご覧ください!

おもしろそう。

きょうはね、

おなかすいたでしょう。

さあ東留伽が行く「日本縦断コレうまの
旅」。

大丈夫です。
今週も長崎に行ってまいりました。

2020年に出会えたたくさんの方々に
感謝の気持ちを込めて、

ことし最後の「コレうま」グルメ、見つ
けてきました。

それでは「コレうまの旅」行ってきます

島原半島南部、
キリシタン関連の世界遺産の町

として知られる南島原市での
おいしいもの探し。

早速、聞き込み!
ですが…

ちょっと…。

市役所の方が気づいて
出てきてくださいました。

この聞き込みチャンス、
逃すわけにはいきません!

かわり?
えっ…、いい人!

こちらのきれいなお姉さんから
有力情報が!

おいしいもの探しを
してるんですけども。

名物なんですか?

そうですね、今、お勧めを
してるところです。

お仕事中に、
ありがとうございました。

南島原市の名産、そうめんのお店。

のぞきに行ってみると…

おはようございます。

すいません、わざわざ。
「旅サラダ」ってご存じですか?

はい。
こちらのお店、

取材させていただけないかなと。
中、入ります?

いいんですか?
はい、どうぞ。

お店がオープンする
1時間後ならオーケーとのこと。

それまで聞き込みです!

窓からのぞいてらっしゃる。

おはようございまーす。
「旅サラダ」という番組で。

えっ? 掘ってある?
うん。

自家菜園でサツマイモを作っている
お父さん。

サツマイモ、置いてあります。

一応、やりましょか?

してみます。
ありがとうございます。

というわけで、
サツマイモとともにお店へ戻ります。

サツマイモ、いただいたんです。

まずは名物のそうめんから
いただきます。

ぶっかけ海かけ昆布そうめんです。
うわ~、おいしそう。

丁寧に熟成させることで、
しっかりとしたコシと

小麦のいい香りを楽しむことができる
南島原の手延べそうめん。

よりおいしく味わうなら
冷たいものがお勧めとのこと。

ワカメとメカブを合わせて
とろろ状にした

「山かけ」ならぬ「海かけ」で
いただきます!

おいし~い。

麺がつるっつるなんですよ。

なので、コシがすごいです。

結構しっかりかんでも、
なかなか切れないくらい。

ああ、これ年中食べられる。

おいしい~!

そして、お父さんにもらった
サツマイモは、

甘みが引き立つ醤油煮で
いただきます!

甘っ!

スイーツみたい!
めっちゃ甘いです。

まだまだ聞き込みです!

おいしい食べ物とかお店とか
ご存じないでしょうか。

カステラ屋、あるよ。

何というお店でしょうか。
松本。

松本さんのカステラ屋さん。

長崎でカステラは外せません!
早速お店へ向かっていると…

これ何ですか?

玄関先で手作業されていた
明るいお父さん。

お父さん、ふだんはお仕事は
どんなお仕事をされてるんですか。

お菓子の製造販売。

植木、手入れしてたお父さんは、

松本というとこのカステラが
おいしいよって

教えてくださったんですけど。
うちが松本です。

ご本人登場です!

表にあるお店で
取材をさせていただけることに。

親子3代でされているこちらのお店。

お父さんがお店を作り、今は
息子さんの昌睦さんがオーナーです。

これが今一番、あっちこっちから
買いにきていただいてる

おまんじゅうなんですけど、
食べてみてください。

カステラの前に、
お店の新看板メニューをいただきます。

ふわふわっ!

生地がしっとりしてて、
中のあんこの甘さが上品で、

本当においしいです。

そして、お待ちかねのカステラ。

蜂蜜と地元産の卵を
たっぷりと使用していて、

日本最大のお菓子の展示会、
全国菓子大博覧会で

さまざまな賞を10回も獲得した逸品!

本当にしっとりしてます。

味はシンプルなんですけども、

この食感が本当しっとりしてて、

飛び込みたくなるフワフワさ。

ここで、失礼ながら皆さんに
コレうまグルメを聞き込み。

組合長さんとお知り合いとのことで、
お電話していただけることに。

結果は、取材オーケー!

ありがとうございます!

というわけで、漁協へ向かいます。

あっ、こちら。
クルマエビ養殖場って書いてます。

先ほどお電話させていただきました
東といいます。すいません。

栄養豊富な有明海に面した養殖場で、
水質管理を徹底的に行い

手塩にかけて育てるクルマエビ。

身が引き締まっているのが特徴で、

生で食べるのがお勧めとのことで、
いただきます!

きれいな…。

ありがたくいただきます。

ちょっと、すごいです。

ブリンブリンしてます!

そして、甘かですよね。
そう! 甘い!

いや…、怖っ!

生でもおいしいんですが、

火を通すと
さらに甘みが増すとのこと。

炭火で焼いていただけることに。

うーん、コレうま!
おいしいー!

ねっ、お父さん、おいしいですね!
甘いんです、本当に。

この甘さが。
さっき身がぎゅってしてたのが、

焼いててもね、みずみずしいまま
かみ応えがあるんですよ。

今回見つけた
5つのコレうま商品の中から、

プレゼントに選んだのは…
クルマエビです!

スタジオにもクルマエビのお刺身、

そして、素焼きをお持ちしました。

お召し上がりください。

いただきます。
コレうま!

ご機嫌。

神田さんにいただきました。
うまいねえ!

甘みが本当に。

弾力が違うな。
いかがですか?

甘みがすごいですね、

おいしいです。
甘い!

プリップリ!

かめばかむほど甘みが増してくるんです
が、

有明海、潮の満ち引きがかなり激しく、
流れも強いため、

この引き締まった身になるんです。
有明海を見ながら食べるエビというのも

また最高でした。
本当においしかったです。

さすが、

優しいカステラ屋さん教えてくださって。

皆さん、あったかいね。
好きになりました。

醤油もいらないよね。
素焼きで十分おいしいですから。

おいしいです、プリプリ。
生でかむと、

なんかポリッポリッと言うぐらい、

なんか弾力がありますね。
聞こえてきますよね。

何で怖いなの?

おいし過ぎて、海の幸、うまって思いま
した。

それでは応募電話番号発表します。
活クルマエビ25尾を

10名様にプレゼントいたします。

ただいまから月曜日の9時まで
受け付けをいたします。

おかけ間違いのないよう
お電話ください。

当選された方には、
直接ご連絡させていただきます。

また、番組ホームページでも
発表させていただきます。

ほぼ生きた状態で届くので

お正月ぴったりなので、ぜひ、

ご応募お願いします。

一目見たその瞬間から
胸の高鳴りが止まらない…

想像を超える自然、文化、歴史。

世界中の誰もが心を奪われる
感動と興奮の世界の絶景

私の「忘れられない世界」。

海外の旅です。

さあ、オールジャパン日本代表の

江田友莉亜がお届けします。

はい、おはようございます。江田友莉亜
です。

旅サラダガールズの「忘れられない世界
」、

今週はフランスの旅をお届けします。
私が旅をしたのは

2018年で、

大規模火災が、

ノートルダム大聖堂で

起こる前の貴重な映像も残っているので。

まだ直ってないの。

まだ修復されている途中です。

ぜひご覧ください、どうぞ。

私の「忘れられない世界」
まずは、花の都パリで見た憧れの大聖堂。

世界中の人が訪れるおしゃれな街、パリ。

まずは、パリジェンヌたちに
人気を集めているというお店へ。

ボンジュール。

こんなにカラフルな帽子!

日本ではなかなかないなあ。

オーダーメードの帽子なんて
持ってない!

6種類の型、30種類の色

60色のリボンの中から
好きな組み合わせを選び

自分のサイズに合った帽子を
作ることができるんです。

頭のサイズなんて
なかなか測られないから…。

まずは形を決めます。

おお、これは馬車とかに乗ってそう。

どれもすてき過ぎて目移りしましたが

何とかお気に入りの組み合わせを選んで
待つこと、およそ1時間。

できた。格好いい。

似合う?

ちょっとシックな色にしてみました。
いかがですか?

パリで人気のおしゃれなレストランへ。

ミシュランガイドで
星を獲得しているこのお店。

旬の食材を生産者から直接
仕入れているそうでます。

こんなに近くで作ってるのを
見られるのも、臨場感があって

これまた食欲をそそりますね。

うわ~、きれい!

前菜はアスパラガス。

添えられているのは

海水に漬け込み、塩味が効いた卵黄です。

これを潰して
アスパラガスにつけていただきます。

いただきます。

アスパラ、こんなに甘い?

塩気のある卵黄が

甘みを引き立ててくれてる感じがする。

メインは、ホロホロ鳥。

むね肉ともも肉を違う味付けで
いただきます。

むね肉は、少し酸味のあるソースで
さっぱりとした味付け。

もも肉は、高級キノコ
モリーユ茸と共に。

白ワインや生クリームを使った

ソースを絡めた
濃厚な味付けです。

モリーユ茸を初めていただく私は
興味津々。

おいしい。

おいしいしか出てこない。

本当にキノコのエキスが
すごいソースに出てて

コクがあっておいしい。

最高に幸せです。

街の中心を流れるセーヌ川からの
名所めぐりへ。

えっ、これがルーヴル美術館?

大きい! 広い!

この端からあっちまでですもんね。

中世のころから
ヨーロッパ有数の都として栄えたパリ。

セーヌ川両岸の美しい景色は
世界遺産に登録されています。

生のエッフェル塔だ!

結構繊細な造りなんだな、これでも。

パリのシンボルに続いては…

ああ~! これがノートルダム。

まさか実物を見れるなんて
思ってなかった!

2019年に大規模な火災に
遭ってしまいましたが

その前の美しい姿を
見ることができました。

もう私、ちっちゃいころから
「ノートルダムの鐘」の映画が大好きで

やっぱり本物は違いますね。

子どものころ、ディズニー映画を見て
憧れていたノートルダム大聖堂。

歴史あるこの建物は

およそ200年の歳月をかけ
1345年に完成しました。

この優美な姿が
私の「忘れられない世界」。

近づくと、やっぱり迫力が増しますね。

あれ、私も知ってるやつだ。

映画に出てくるんですけど。

やっぱりすごいなあ。

ここでね、鐘が鳴ってくれたら
いいんですけど。

うわ~、鳴った! すごい。

憧れのノートルダム大聖堂

優美な姿を早く取り戻せるよう
願っています。

私の「忘れられない世界」。

続いては、南仏プロヴァンスで
出会った美しい自然。

まずは歴史ある街、アヴィニョンへ。

うわ~! 街なかに城壁が!

すごく大きい!

中世に造られた城壁が
今も街を囲んでいます。

14世紀には
ここにローマ教皇の住まいも置かれ

カトリックの中心として栄えました。

何だ、この橋。

あそこで切れてる!

何これ。

世界遺産に登録されている
サン・ベネゼ橋。

通称アヴィニョン橋。

13世紀、十字軍の攻撃で
橋の4分の3が壊されたそうです。

景色もよくて気持ちいい~!

橋の最後、こうなってるんだ。

うわ~!

何度造り直しても
川の氾濫で崩れたため

17世紀からは
この姿のまま残されています。

城壁に囲まれた中世の街へと
足を踏み入れます。

ここもまた巨大な迷路みたいですね。

見て、あんなに高いの。

迷路のような道を抜けると…

やっぱり街の中心はにぎわってますねえ。

メリーゴーラウンドもある。

街の真ん中にメリーゴーラウンド?

何か音楽が鳴ってる!

何あれ。楽器? かわいい!

なんか遊園地とかで流れてそうな音楽。

紙? 紙で音が出るの?

私、初めて見た、これ。

おー! すごい!

アヴィニョン橋?
さっき行った。

さっき行ったの。

聞きたい!

こうやってやるのがすごいですね。

カチャって。

それで弾けるようになる。

この曲、聞いたことある!
日本でもね…。

回ればいい?

もう一回? 分かんない、分かんない。

やった、ありがとう。

「手回しオルガン」に私も挑戦。

聞き覚えのあるこの曲が、
アヴィニョン橋の歌だったとは。

思わぬ発見でした。

アヴィニョンの街を離れて向かったのは

「フランスの最も美しい村」の
一つに選ばれている

ムスティエ・サント・マリー。

岩山と一体化するように広がる
絶景の村です。

すごい!

村のすぐそこに岩がある。

でも、きれいな村。

景色がめちゃめちゃきれい。

すてきですね。
こんな景色に囲まれて。

山々に囲まれた村には

のんびりとした空気が流れています。

そんな周りの自然を楽しむため
近くにある湖へ。

うわ~! きれい! 何、この色!

気持ちいい、これ。

山から流れ出た水の成分が
独特の青さを作り出しています。

人気のアクティビティ、カヌーに挑戦。

私、カヌーは初体験です。

よし、行きます!

おもっ!

こげてる? これ。

でも、進んだ進んだ!

これ重いわ。

カヌーの選手とか、大変だ。

うわ、すごい。

こうやって見ていると
岩にぶつかっていきそうな

勢いなんだけど。

ヨーロッパで最も美しいと言われる
ヴェルドン渓谷。

雄大な景色の中に入っていきます。

わあ~、近づいてきた。

すご~い!

この岩肌なんて

なんか地球の歴史を感じるわ。

すごい。

絶景! 気持ちいい!

音がすると思ったら滝!

ここら辺に来たら
一気に風も冷たく感じる。

あそこ?

本当だ。
クライミングしてる人がいる。

大自然を誰もが
思い思いに楽しんでいます。

明るいな、みんな。

自然豊かで美しいプロヴァンス
これが私の「忘れられない世界」。

私の「忘れられない世界」

続いては、海に浮かぶ美しき祈りの島。

フランス西海岸にある世界遺産
モン・サン・ミッシェルを目指します。

馬車がある!

ボンジュール。

これをお馬が…。

入り口まで馬車で行くこともできます。

せっかくなので
レトロな気分を味わうことに。

のんびりと馬車に揺られておよそ10分。

あれ?
モン・サン・ミッシェルじゃない?

見えてきた!

ちょっと霧がかかってて格好いい。

わあ~、すご~い。

遠くに見えるモン・サン・ミッシェルは
とても幻想的。

童話の世界に入っていくような気分です。

世界遺産モン・サン・ミッシェルは
海に浮かぶ小島。

708年、頂上の修道院の建築が
始められ、

11世紀から行われた
改築・増築によって

現在の姿になりました。

橋を渡り、いよいよ島に上陸です。

本当にお城みたい。
大きい!

島の中にはレストランやホテル
土産物のお店などが並んでいます。

そんな喧騒を抜けて、坂を上り

島の頂上にある修道院へ向かいます。

ガイドさんに中を案内してもらいます。

修道院の中に
こんなところがあるんですね。

そして、回廊の先には特別なお部屋が。

やっぱり王様とかも来るぐらい

モン・サン・ミッシェルって
すごい場所だったんですね。

ここは今もカトリックの巡礼地。

ゆっくりと静かな時間が
流れ続けていました。

世界遺産モン・サン・ミッシェルを
空から眺めようと空港へ。

ボンジュール。

よろしく。友莉亜です。

こんなの乗ったことない!

えっ。違う、こっち?

ええ! これなんて、むき出しじゃん!

むき出しのまま行くの? すごい!

遮るものは何もありません。

風を感じながら景色を堪能できます!

よいしょっ。

あっちに見えるのが
モン・サン・ミッシェルか。

モン・サン・ミッシェルまでは
10分ほどのフライト。

さあ、出発です。

風がすごい! でも、気持ちいい!

モン・サン・ミッシェル
近くなってきた!

眼下に広がるのは
想像をはるかに超える絶景。

まさに鳥になったような気分です。

時間によってさまざまな姿を見せる
モン・サン・ミッシェル。

これが私の「忘れられない世界」。

これ友莉亜ちゃん、

いい画ですよね。

さっき言ってたけど、ノートルダム寺院、

火事になっちゃってね。

そうなんです。

2019年の4月ごろに火事になってし
まって

今も修復中なんですけれども。

その前の貴重な姿を見ることができて、

本当に早く、また復旧してほしいなと思
って。

そうですよね。
直ったらもう一回行かなきゃいけないね。

そうですね。
空からどうだった?

本当にぜいたく過ぎて、

モン・サン・ミッシェルが幻想的過ぎだ
ったので、

映像を見て、あっ、本当に行ってたんだ
って思い出す。

夢の中にいるみたいだったんだ。

どうですか、檀さん、

こういう画を見て。

やっぱり自然の美しさとか、

やっぱり人間がつくった美しさとか、

心がね、癒やされますよね。
日本もいいと思うんだけど、

日本ってどっちかというと木造文化じゃ
ない?

ああいう石の文化も違うよね。

色が明るいんだよね。
何ていうのかな。

馬車に乗っていくというのが、

この映像、いいですよね。
お馬の足音も聞きながら。

いいよね、心地よくて。
はい。

あと、帽子?
オーダーメードの。

あれ、どうしたの。

かぶってないの?

それでは、気になる

年末年始の天気をどうぞ!

全国のきょうのお天気です。

以上、お天気でした。

年末年始は雪だよね。
そうですね、

強い寒波が流れ込みそうです。

でも、初詣でを先に

先詣でっていって、

なんかやってるみたいですね。

年内に行っても縁起がいいみたいね。

檀さん、きょうは本当にこんなお忙しい
中、ありがとうございました。

山梨の旅は楽しかったですし、スタジオ
では皆さんに癒やされて

旅サラダが私のパワースポットかもしれ
ません。

うれしいですね。
またよかったら遊びに来てください。

はい、ありがとうございます。
それから友莉亜ちゃんと

アナウンサー、ほら。
あなただよ?

留伽ちゃんです。

集中してくださいよ、

生放送ですよ。
すいません。

このあとユーチューブだよね。
はい。

東留伽さんと

友莉亜ちゃんはユーチューブで裏話をし
ます。

ぜひチェックしてください。
旅サラダは

来年の1月9日からだね、

たしかね。

それまでしばらくの間、

お休みをしていただきますけれども。

皆さん、ことしは出かけられなかったけ
れども、