健康カプセル!ゲンキの時間[解][字]【必見!腹痛に潜む危険な病気!痛む場所で分かる!?】 …の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

健康カプセル!ゲンキの時間[解][字]【必見!腹痛に潜む危険な病気!痛む場所で分かる!?】

突然襲ってくる「腹痛」。なかには放置すると命に関わる危険な腹痛もあるのだとか。そこで今回は、腹痛に潜む危険な病気とその特徴などを専門医に教えてもらいます。

詳細情報
番組内容
突然襲ってくる「腹痛」。 多くの場合は、トイレに行ったり時間が経ったりすると自然に治まりますが、なかには放置すると命に関わる危険な腹痛もあるのだとか。 そこで今回は、腹痛に潜む危険な病気とその特徴などを専門医に教えてもらいます。
番組内容2
●10人に1人が罹患!?「過敏性腸症候群」とは ●意外と知らない腹痛の原因 ●「脇腹の痛み」「みぞおちの痛み」・・・  それぞれで考えられる病気とは? ●心筋梗塞で腹痛が起きる場合が? ●検査ではわからない!?「腹壁痛」とは
主な出演者
【メインMC】石丸幹二 【サブMC】坂下千里子 【進行】コカドケンタロウ(ロッチ) 【ゲスト】島崎和歌子 【ドクター】生坂政臣(千葉大学医学部附属病院 総合診療科 科長 医学博士)
みどころ
専門ドクターが監修し、すぐに役立つ健康情報を様々なテーマでご紹介。 身近な健康問題とその改善法を楽しく学べます。
公式ページ
▼番組HP https://hicbc.com/tv/genki/
おことわり
番組内容や出演者、放送時間などは都合により変更となる場合があります。

ジャンル :
情報/ワイドショー – 健康・医療
ドキュメンタリー/教養 – 宇宙・科学・医学
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 腹痛
  2. 病気
  3. 先生
  4. 遠藤
  5. 危険
  6. 場合
  7. 診断
  8. 島崎
  9. 原因
  10. 男性
  11. 腹壁痛
  12. お腹
  13. 結石
  14. 虫垂炎
  15. 病院
  16. 検査
  17. 症状
  18. 場所
  19. 状態
  20. 心臓

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



TBS
created by Rinker
¥1,900 (2022/08/14 09:02:13時点 楽天市場調べ-詳細)

イタッ 痛い!

<誰にでも経験がありますよね>

<多くの腹痛は トイレに行ったり>

<時間がたつと
自然に治まりますが…>

<そう警告するのは 生坂先生>

<原因不明の病を突き止める>

<総合診療科における
日本屈指の名医で>

<消化器以外の多くの腹痛患者を
救ってきました>

<先生が実際に診た
患者さんの中には こんな人も>

<仕事が忙しく
疲れがたまっていたという男性>

<ある日 突然>

<を感じました>

<その翌日 右の腰痛も併発し>

<夜 寝ているうちに
徐々にひどくなってきたため>

<病院へ>

<検査の結果 緊急手術を
行うことになりました>

<何だったのか?>

<腹部大動脈瘤とは
動脈硬化などによって>

<大動脈の一部が膨らんで
コブのような状態になること>

<この男性の場合
大動脈瘤が破裂して>

<右側に広範囲の出血が
みられたそうですが>

<手術により
九死に一生を得たそうです>

<そう こんなふうに腹痛の中には>

<とっても危険な病気が
潜んでいる場合があるんです!>

今回は


徹底リサーチします

<お腹の痛みといっても千差万別>

<腹痛に潜む危険な病気を>

<お腹の場所によって>

<見分ける方法をご紹介!>

<経験者が語る>

<そして 検査では分からない
腹痛も>

<長年 苦しめられてきた
痛みの原因を>

<わずか1分で診断!?>

おはようございます

今朝のテーマは
お腹の痛む場所で分かる

ということなんですけども

腹痛って よくなる人は
もうホントに多いですし

坂下さん どうですか?
ちょうど5日ぐらい前に

私 こないだ 焼きガキ
焼きガキ食べて

ものすごい腹痛になりました
石丸さん ないですか?

僕は どちらかっていうと
お腹出して寝てる時とか

和歌子さん
最近 腹痛ありますか?

何か 夏場で よく
エアコンで ちょっと冷やしすぎて

お腹が痛いなっていうのは
夏場は結構ありますね

ねえ 危険な腹痛
気になると思いますけども

では 早速
先生にお話を伺っていきましょう

本日 解説してくれるのは

千葉大学医学部附属病院
総合診療科の生坂先生です

よろしくお願いします
お願いします

よろしくお願いいたします

皆さん まずは
こちらをご覧ください

お腹の痛む場所と主な病気を
まとめたものです

(島崎)え~ 何
こんなにあるの?

これでも
一部なんですって

(島崎)え~!
こんなにも

痛さで 場所が
違うんですね

ただ これらは代表的な病気で

まだ たくさんあります
へえ~ もっとあるんだ

先生 そもそもね

片頭痛も?
はい

従って

ええ~

<そんな 診断が難しい腹痛を>

<お腹の場所別に
見ていきましょう>

そうですね まあ

あっ そうですか

<そこで>

<まずは脇腹の痛み>

<49歳の時に
その痛みを経験したのが>

<畑中さん>

<症状を伺い
先生に診断してもらうことに>

ちょっと すごい

(畑中)だんだん 今度
お腹の背中側の方ですかね

右側の方が ちょっと
すごい痛くなってきて

ああ

たってますかね?

う~ん

(生坂)10分ぐらいですね
ですから かなり早いですよね

症状を聞かれて

これは どういう病気が
可能性としては…

え~とですね 始まってから
激痛に到達するのに

10分というふうに
おっしゃいましたので

かなり早いということですね

もう一つは

…という感じになると

<そう 畑中さんの脇腹の激痛は>

<尿管結石でした>

<尿管結石とは 尿の通り道に>

<結石ができて 尿路を塞ぎ>

<腎臓内の圧力が上がることで>

<痛みが出る病気>

<尿管は お腹の左右にあるため>

<どちらかの脇腹に
痛みがあらわれるんです>

<これが結石>

<尿は 夜間に
酸性になるため>

<結晶化して 結石が
できやすくなります>

<そのため>

<のが特徴です>

ということは
ございますか?

はい それから

<そう 尿管結石は>

<繰り返しやすい尿管結石ですが>

<予防には
流れ出た石が役立つといいます>

実は その

<結石は
医療機関に持参すると>

<成分を
分析してくれるそうです>

<例えば 結石の成分に>

<尿酸が多かった場合は>

<ビールやレバーなどに含まれる>

<プリン体を控えるよう
指導されます>

<一度>

<してもらっては?>

<続いては みぞおちの痛み>

<ある日の朝食後>

<みぞおちをギューッと
押されるような>

<痛みが出たという中森さん>

<数時間たっても 違和感は消えず>

<身体を反らした際>

<全身の血の気が引くような
感じがして 倒れたため>

<すぐさま>

<このみぞおちの痛みは
何が原因だったのか?>

<主治医の石黒先生に
お話を伺いました>

ちょうど

<これが 実際の中森さんの胆石>

<大きさは
1.2センチほどもありました>

<胆石は 胆汁に含まれる成分が
結晶化して固まったもの>

<これが
胆のうの収縮によって動き>

<胆管に詰まると
痛みが出るんです>

<のが特徴>

(島崎)
やっぱり食事なんですね

<そして もう一つ>

<みぞおちが痛む場合>

<さらに危険な病気が!>

<以前から
めまいと けん怠感があり>

<疲れのせいだと
思っていたという 遠藤さん>

今から
10年ぐらい前

なると
思うんですけど…

(遠藤)ちょっと

(遠藤)何か ちょっと違うのかな
っていうふうなのが

その時 思った感触ですね

<だんだん
我慢できない痛みになったため>

<その日のうちに病院へ>

<この>

<えっ!?>

<腹痛に潜む危険な病気を>

<お腹の痛む場所別に
見ていきます!>

<49歳の時 みぞおちに>

<今まで経験したことのない痛みが
あったという遠藤さん>

<この>

<えっ!?
みぞおちの痛みなのに心筋梗塞!?>

えっとですね
心臓というのは

この辺りにあるので

というふうに…

関連痛
はい

<そう 遠藤さんの痛みは
関連痛によるもの>

<心臓に異変が現れた場合>

<脊髄を通って
脳へと刺激が伝わります>

<しかし この時>

<脳が 別の神経からの刺激と
勘違いをすることがあるんです>

<遠藤さんの場合は>

<脳が みぞおちの痛みと
勘違いしたと考えられます>

自分の中でも
その痛みっていうのが ちょっと…

んじゃないかな
っていうふうに思いますね

<遠藤さんが患った心筋梗塞とは>

<心臓に血液を送っている
冠動脈に>

<血栓が詰まって血流が途絶え>

<心筋が
壊死してしまう状態のこと>

<遠藤さんは
心臓の冠動脈3本のうち>

<1本が完全に
塞がっていたため>

<即日入院>

<手術を行い
一命を取り留めました>

頭のてっぺんから
つま先までとは言わないけども…

そうなんですね
はい

<続いては>

<25歳の時
おへそ周りの痛みから>

<ある病気が見つかったという
男性>

<ある日 寝ている時に>

<突然 おへそ周りが
締めつけられる腹痛に襲われて>

<目が覚めました>

<さらに おう吐の症状も>

<一体 この腹痛は
何の病気だったんでしょうか?>

<危険な腹痛の原因>

<それは虫垂炎>

<一般的には盲腸として
知られている虫垂炎>

<虫垂炎とは 虫垂に
細菌が感染して>

<炎症を起こした状態のこと>

<虫垂炎は 最初に>

<おへそ周りに
痛みが生じるそうですが>

<実は これも関連痛の一つ>

<虫垂炎の発見が遅れると>

<内臓の表面を覆う腹膜が
炎症を起こす 腹膜炎になり>

<命に関わることも
あるそうです>

そうなんですね
ちょっと こう

(島崎)知らなかった

何か もう V見てるだけで
お腹痛いね

いやいや 分かります ねっ

先生 質問いいですか?
私 結構 緊張するタイプなんですけど

嘘でしょ?
自分で笑っちゃいけませんよね

ストレスで
交感神経が緊張すると

副交感神経の動きが
抑えられて

腸の動きが乱れて
お腹が痛くなると

まあ こういう仕組みに
なってるんです

へえ~
自律神経か

先生 僕も

もう少し詳しいお話を聞かないと

分からないんですけども

<過敏性腸症候群とは>

<お腹の痛みに
下痢や便秘を伴う症状が>

<慢性的に続く病気のこと>

<およそ10人に1人ともいわれる
よくある病気です>

過敏性腸症候群は
飲み薬もありますので

かかりつけ医の先生に

一度ご相談していただくと
いいと思います

それは安心ですね
(島崎)安心だね ねえ 飲めばねえ

<続いては 長年
腹痛に悩んでいた58歳の男性>

<検査をしても異常なし>

<その意外な原因とは?>

<数年にわたって 原因不明の
腹痛に悩んでいたという>

<58歳の男性>

<左下腹部をナイフで
刺されたような鋭い痛みが>

<1~2カ月に1回
繰り返し起きていました>

<病院を受診し
エコーや内視鏡検査をしましたが>

<原因は不明>

<さらに 別の病院で
CTや血液検査をしても>

<異常は見られず>

<精神的な腹痛と診断され>

<不安になって
生坂先生のもとを訪れたそうです>

実は…

へえ~
はい

<そう
この男性の腹痛の原因は腹壁痛>

<原因不明の腹痛の
およそ15パーセントから30パーセントが>

<実は
この腹壁痛というデータもあり>

<診断が
とても難しい病気なんだそうです>

<ところが 先生は…>

実は

ああ そうなんですか
はい

え~!
えっ?

<医師にとっても
診断が難しいという腹壁痛>

<通常の検査では
分からないそうなんです>

実は

ああ そうなんですか
はい

えっ 触診?

(生坂)そうです

はあ

<わずか1分で分かる
腹壁痛の診断法>

<それが>

<そこで スタッフで
模擬診断をしてもらいました>

じゃあ よろしいですか? 準備は
はい

はい じゃあ 横になってください

(生坂)その状態で
頭を持ち上げてください

(生坂)はい 楽にしてください

これは

<逆に>

<治療は
麻酔薬の注射を行います>

<興奮している神経を
鎮めて>

<緊張している筋肉を
緩めることで>

<痛みが治まるそうです>

<腹壁痛は
過敏性腸症候群と診断されやすく>

<勘違いしている人も
多いそうなので>

<気になる方は病院へ>

(島崎)なるほどね
ねえ ちょっと初めて聞きません?

この腹壁痛っていう…
初めて聞きました

先生

加えてですね この

ですから 皆さん方が
聞いたことないとおっしゃるのは

当然のことです
そっか~

先生 腹痛について
他に注意点などありましたら

教えていただけますでしょうか?

激痛であれば もう 皆さん

当然 医療機関を
受診されると思うんですけども

ただ そういう場合でもですね

例えば

分かりました 先生
どうも ありがとうございました

(坂下・島崎)
ありがとうございました

<次回は この夏 気をつけたい
危険な虫刺され>

<蚊に刺されやすいのは
どんな人?>

<そして>

さあ それでは 皆さん
元気で素敵な毎日を!

また来週 お会いしましょう

<今日の
「がっちりマンデー!!」は…>