健康カプセル!ゲンキの時間[解][字]名医が実践する夏の健康法★なすなかにしが突撃取材!?…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

健康カプセル!ゲンキの時間[解][字]名医が実践する夏の健康法★なすなかにしが突撃取材!?

夏の疲労が溜まってくるこれからの時期は、夏バテに注意が必要です。今回は、名医たちの私生活をのぞき見!「医師が実践する夏バテ予防法」を教えてもらいます。

詳細情報
番組内容
暑い日が続いていますが「身体がだるい」「食欲がない」など、身体の不調を感じていませんか? 夏の疲労が溜まってくるこれからの時期は、夏バテに注意が必要です。 そこで今回は、名医たちの私生活をのぞき見!「医師が実践する夏バテ予防法」を教えてもらいます。
番組内容2
◆そもそも「夏バテ」を起こす理由とは? ◆疲労研究の第一人者!  梶本修身先生が食べる〇〇肉とは!? ●腎臓再生の世界的権威!  横尾隆先生が食べる〇飯とは!? ●睡眠研究のトップランナー!  白濱龍太郎先生が実践する  就寝前エクササイズとは!?
主な出演者
【メインMC】石丸幹二 【サブMC】坂下千里子 【ロケ】なすなかにし(中西茂樹・那須晃行) 【ゲスト】天野ひろゆき(キャイ~ン) 【ドクター】 梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック 医学博士) 横尾隆(東京慈恵会医科学大学病院 腎臓・高血圧内科教授 医学博士) 白濱龍太郎(RESM新横浜 睡眠・呼吸メディカルケアクリニック 医学博士)
みどころ
専門ドクターが監修し、すぐに役立つ健康情報を様々なテーマでご紹介。 身近な健康問題とその改善法を楽しく学べます。
公式ページ
▼番組HP https://hicbc.com/tv/genki/
おことわり
番組内容や出演者、放送時間などは都合により変更となる場合があります。

ジャンル :
情報/ワイドショー – 健康・医療
ドキュメンタリー/教養 – 宇宙・科学・医学
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 夏バテ
  2. 名医
  3. 自律神経
  4. 先生
  5. 身体
  6. 天野
  7. 麦飯
  8. お願い
  9. お願いいた
  10. ビタミンB
  11. 横尾
  12. 睡眠
  13. 私生活
  14. 深部体温
  15. 腎臓
  16. 白濱先生
  17. お弁当
  18. 横尾先生
  19. 夏バテ対策
  20. 夏バテ予防法

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



いや 暑いですね
暑いよね

もう この時期は
もう 夏バテとか

気をつけないといけないね
いや ホントですよ

あっ それ すごいですね 何か
(中西)気にならない?

それは ちょっと

そうよね
はい

<ということで 今朝は>

よろしくお願いいたします
よろしくお願いします

<その私生活をのぞき見し>

<実際に行っている夏バテ予防法を>

<大公開しちゃいます!>

<腎臓再生の世界的権威>

<横尾先生の予防法は?>

<毎日 食べているという
夏を乗りきる力飯とは?>

<疲労研究の第一人者>

<梶本先生は?>

<その生活の中に>

<夏バテ知らずの
秘訣が!>

ものなんですよ

<睡眠研究のトップランナー>

<白濱先生が>

<就寝前にとる
謎の行動>

<それは
寝苦しい夏でも>

<熟睡できる方法だったんです!>

おはようございます

今朝は

ということで 坂下さん

名医の私生活
のぞき見できるそうですよ

ものすごい楽しみですね

いや 名医のね 生活って
気になるじゃないですか

ねえ ですよね
すごい楽しみです

そして 本日のゲストはキャイ~ンの
天野ひろゆきさんです

キャイ~ン!
どうも 天野です お願いします

すぐ来てくれる もう

お願いします

そんな天野さんですが 例年

ハァハァいっちゃうね

私 7月ぐらいは もう
そうめんとか いっぱい食べて

乗りきるぞ!
って頑張るんですけど

それ そうめん
食いすぎじゃないですか?

そうめんにも飽きて
食欲がなくなって

だから 名医の方が
何か食べてたもんね あれ

そう!
それを入れればいいんじゃない?

ねえ だって 皆さん 名医の方は

夏バテしないって
おっしゃってましたから

石丸さん 逆に どうですか?

(天野)身体がね
何か うん

そういうのはありますね 僕はね
なるほど

さて 今回は 名医が実践する
夏バテ予防法ということで

まずは 疲労の名医と腎臓の名医

お二人の夏バテ予防法を
特別に見せてもらいました

こちら ご覧ください

<ベテランゲンキリサーチャー なすなかにしが>

<名医の私生活をのぞき見!>

<本当に行っている夏バテ対策を>

<突撃取材しちゃいます!>

お医者さんに?
はい

さすがですね
行きましょう

じゃあ ちょっと 行きましょうよ

「医者トモ」って言うの?

<最初に
私生活をのぞかせてもらうのは…>

≪はい
(中西)失礼します

あっ

すいません 先生
よろしくお願いします どうも

はじめましてでございます
何や それ

よろしくお願いいたします

<ということで
夏バテ対策を伺う>

<1人目の名医は>

<疲労研究の第一人者
梶本先生>

<先生 夏は やはり>

<疲れた患者さんが
多くなるんでしょうか?>

<夏バテは
身体の どこに疲労がたまって>

<起きるんでしょうか?>

これによって

<自律神経とは>

<内臓や代謝
体温など>

<私達が
意識せずとも>

<身体の機能を
24時間>

<コントロール
してくれている神経>

<特に 夏は 外では
体温が上がりすぎないように>

<汗を出したり
呼吸をはやくするなど>

<自律神経はフル稼働>

<一方 室内では…>

ただ今 戻りました~
≪お疲れさまです

うわ ちょっと クーラー
効きすぎじゃないですか? これ

<大きな寒暖差に>

<自律神経は大慌て>

<体温調節することが多い夏は>

<次第に疲れがたまり 夏バテに>

<そう 実は
自律神経にたまった疲れが>

<夏バテの原因の一つなんです>

(中西)思うよな
(梶本)そう

皆さん 身体が疲れたと
感じるんだけども

実は 疲れているのは
脳の中 自律神経

そこが疲れると
できるだけ休ませようとする

それが
疲労感という形で現れてくる

でも 実は疲れてるのは
身体ではなくて 脳の自律神経と

そうなんや
そうですか

これ 知らなかったね
知らなかった

<さらに
先生によると>

<高齢になるほど>

<自律神経の力も
衰え>

<夏バテ
しやすいそうです>

<では なぜ
今年60歳の梶本先生は>

<夏バテしないのか?>

<今回 特別に
ご自宅の様子を>

<先生自ら
撮影してくれました>

あっ ご自宅 冷蔵庫

まずは… 何だ? これは

何か取り出されましたね

(梶本)そうですね

ないです
ないです ないです

<耳慣れない栄養素>

<そもそも
体温調節などで>

<自律神経が働くと>

<酸素を消費し
活性酸素が作られます>

<これが
先生の言う サビ>

<老化や生活習慣病などの
要因になると>

<考えられています>

<この活性酸素が
蓄積することで>

<自律神経の機能が低下>

<身体の疲れに
つながってしまうんです>

<鶏むね肉に含まれる
イミダゾールジペプチドは>

<その活性酸素に
作用し>

<自律神経の
機能回復に>

<役立つんだそう>

<先生によると
イミダゾールジペプチドをとるには>

<サラダチキンだと
70~100グラム程度 食べれば十分で>

<朝 食べるのが
効果的だそうです>

<皆さん
試してみてください!>

先生 他に 夏バテ予防って
何かあったりしますか?

あるんですよ
ある!

はい ちょっと
ついてきてもらっていいですか?

こちらへ どうぞ

あるんです

こちらです

<ここで
スタジオの皆さんにクイズ>

<梶本先生が 外出の際>

<夏バテを予防するために
持って出かけるものとは>

<何でしょうか?>

そうですね

あそこに入れてるんでしょ?

あ~ なるほど
(天野)あっ!

私は…

ブドウ糖みたいな

なるほど
あ~ あるかもな

俺はね

<正解は?>

<疲労の専門医>

あら

サングラス!
うん

そうなんですよ 実はね

はあ
ええ

ですから

<目に紫外線が入ると
角膜に炎症が起こり>

<自律神経が緊張状態に>

<これが続くと>

<疲労が蓄積してしまう可能性が
あるんです>

<外出時に UVカットの
サングラスをかけることで>

<自律神経の疲れを
軽減できるそうです>

<ベテランゲンキリサーチャー なすなかにしが>

<名医の私生活をのぞき見!>

<続いては…>

ホントですか?
大丈夫です

行きましょう 行きましょう
お願いしますよ ホントに

<夏バテの予防法を教えてくれる
2人目の名医は?>

どうも
いらっしゃいました

どうぞ よろしくお願いいたします

はじめましてです
いいのよ そういうの

(中西)先生 よろしくお願いします
よろしくお願いいたします

<2人目の名医は
腎臓 高血圧内科の>

<横尾先生>

<現在 取り組んでいる>

<iPS細胞を使った
腎臓再生の研究は>

<およそ34万人いる透析患者を
救うともいわれており>

<日本における
腎臓研究の第一人者なんです>

<そんな>

ちょっと
冷蔵庫に冷やしておりますが

いつも このお弁当で?
(横尾)そうですね

お弁当を作ってもらってですね

いわゆる 愛妻弁当ですね

近いもの? 近いもの?
(横尾)そのとおりでございますね

<一体 何が夏バテに
効くんでしょうか?>

麦飯?

(横尾)いいんですね

<ポイントは麦飯!>

<夏バテに効果的な
ある栄養素が豊富だといいます>

これがですね

へえ~ ビタミンB

(横尾)つまり

だから

<体内の糖をエネルギーに変える
働きを持つ ビタミンB

<これが不足すると 力が出ない>

<身体がだるいなどの症状が
現れます>

<夏に元気が出ない時>

<ビタミンB

不足しているかもしれません>

<また ビタミンB
は水溶性なので>

<汗や尿とともに排出されます>

<そのため 水分を多くとり>

<大量の汗をかく夏は>

<他の季節よりも ビタミンB
が>

<減りやすいんです>

<つまり 夏は 定期的に
ビタミンB
を補給しないと>

<不足して
夏バテになってしまう恐れが>

<他にも 玄米 豚肉 ウナギにも>

<豊富に含まれています>

<夏の暑い日に
ウナギを食べるというのは>

<理にかなった夏バテ予防法>

<ただウナギは
毎日 食べるわけにはいきません>

<麦飯は白米に混ぜて>

<毎日食べるのが
ポイントだそうです>

<さらに このお弁当には>

(横尾)そうですね この中に
玉ねぎが入っておりまして

(横尾)これは

こういうような形で

<ので 一緒にとるのが
おすすめです>

<実は 先生の専門 腎臓を助ける
働きもあるといいます>

<詳しくはスタジオで!>

どこ? どこ?

(天野)ねえ
ねえ やってみよう

(天野)あのドレッシングもね
おいしそうだった

本日 解説してくれるのは
腎臓再生の世界的権威

東京慈恵会医科大学附属病院の
横尾先生でございます

よろしくお願いします
よろしくお願いいたします

よろしくお願いします
お願いいたします

やはり

先生のお弁当に入っていた
麦飯ですけどもね

したがって

ということで

腎臓を助けてくれるんですね

はい ちょうどですね

尿路結石は 主にシュウ酸カルシウムで
できてるんですけれど

このシュウ酸を…

要するに それが
核になるわけなんですけど

それを身体にためない
というために

麦飯の中には カルシウムが
たくさん入ってるんですね

それがシュウ酸とくっついて
捨ててくれるので…

核ができにくくなりますので

尿路結石が起きにくくなる
ということで

こういった面でも
麦飯は非常に有効であると

麦飯 すごいね
すごいですよね

絶対に食べた方がいいですよ

<夏バテ
だけでなく>

<腎臓の働きも
助ける 麦飯>

<皆さん
おすすめです>

ちなみにですね

はい この研究に関してはですね…

ちょっと これは待ってる人
多いと思うんですよ

多いですよね もう 透析とかに
なってる方なんてのはね

負担がすごいから

さあ 横尾先生
どうもありがとうございました

はい ありがとうございました
失礼いたしました

<睡眠研究の名医が
毎晩実践している>

<寝苦しい夏に熟睡するための
ルーティンとは?>

<夏バテ対策を伺う
3人目の名医が こちら>

<軽やかな足取りで
颯爽と階段を下りてきたのは…>

先生 よろしく

<睡眠研究のトップランナー
白濱先生>

<夏は やはり
睡眠に悩む患者さんは>

<多くなるんでしょうか?>

かなと思いますね

<睡眠は
体内の老廃物を排出したり>

<自律神経を回復させる>

<夏バテ対策には大切な時間>

<白濱先生は あえて車を
立体駐車場の上の方に置いたり>

<目的地まで遠回りしたり>

<毎日夕方に15分程度>

<身体を動かすようにしている
そうですが>

<実は これが
良質な睡眠をとることに>

<つながっているんだとか>

<午後6時頃にピークを迎え>

<徐々に下がっていく時に>

<眠気が訪れます>

<白濱先生によると
この上下の幅が大きいと>

<良質な睡眠につながるそうです>

<しかし…>

なので 例えば

っていうですね
意味合いもあるんですよね

<深部体温の
上下の幅を大きくするため>

<夕方6時頃
軽い負荷をかけて>

<深部体温を
上げるのがおすすめ>

<他にも 深部体温を
コントロールするために>

<先生が行っているのが…>

<ベッドにあおむけに寝て…>

<しだしました>

<手をあげて
グー パーを繰り返せば>

<手先の血行がよくなって
身体の熱を逃がし>

<深部体温を下げるのに
役立ちます>

<これも
1分程度 行ってください>

<最後は
空中自転車こぎ>

<これも
1分程度 行うだけで>

<深部体温を下げるのに
役立つそう>

<このあと>

<睡眠の専門医が
素朴な疑問にお答えします!>

<睡眠の専門医が
出演者の素朴な疑問にお答え>

<まずは 石丸さん>

石丸さん え~?

ね… 寝溜め

(天野)いっぱい休みの日
ず~っと寝ちゃう?

寝ちゃうと
(天野)それが効果あるかどうか…

どうかな~? と思って
気になりますよね

こちら 白濱先生の返答が
こちらでございます

ああ~
ああ~

とされていますので…

ああ じゃあ 意味がある
…とのことでございます

いっぺんに使ったりね
そうね

<続いては 天野さん>

寝具を冷えるものにかえて
寝つきは よくなったんですよ

こうやって あの

<先生によると>

<そこで>

<さらに>

<次回は>

<命を落とすこともある 熱中症>

<さらに>

それでは 皆さん
元気で素敵な毎日を!

また来週 お会いしましょう!

<きょうの「がっちりマンデー!!」は…>