あしたも晴れ!人生レシピ「心やすまる!リラックス術」[解][字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

あしたも晴れ!人生レシピ「心やすまる!リラックス術」[解][字]

疲れた体と心に休息を与える時間、もっていますか?今回は、リラックス術のポイントをお伝えします。モデルの桐島かれんさんが植物ライフが公開!心が休まるヨガも紹介。

番組内容
心がもやもや、やる気がしない・・・そんな時どうしていますか?今回はリラックス術のポイントをご紹介します!モデルの桐島かれんさんは、コロナ禍で始めた観葉植物との暮らしに、いやしを感じるように。世話をしている植物の数は150種類にも!嗅覚をダイレクトに刺激するアロマ、青木さやかさんが、悩みの改善を期待して、その使い方や楽しみ方を学びます。ゆっくりした動きと呼吸を大切にするマインドフルネスヨガも紹介!
出演者
【ゲスト】青木さやか,【講師】建長寺派林香寺住職、精神科医…川野泰周,【司会】賀来千香子,小澤康喬,【語り】堀内賢雄

ジャンル :
情報/ワイドショー – 暮らし・住まい
情報/ワイドショー – 健康・医療
情報/ワイドショー – グルメ・料理

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 植物
  2. 自分
  3. リラックス
  4. 青木
  5. リラックス法
  6. 桐島
  7. 気持
  8. 精油
  9. 状態
  10. 本当
  11. 心地
  12. 意識
  13. 今回
  14. 時間
  15. アロマ
  16. 場所
  17. 生活
  18. 方法
  19. イメージ
  20. ヨガ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



NHK
created by Rinker
エンスカイ(ENSKY)
¥399 (2022/12/08 20:08:53時点 Amazon調べ-詳細)

日常生活の中で
何となく スッキリしない

ストレスが たまっている
なんてこと ありませんか?

そこで今回は手軽に行うことができる
リラックス術をお伝えします。

モデルの桐島かれんさんは
コロナをきっかけに

家で観葉植物を育て始めました。

毎日 植物と過ごしているうちに
心が整ってきたように感じています。

そして青木さやかさんは
アロマを使ったリラックス術を体験。

気分を切り替えたい
すっと眠りたいなど

お悩みに合わせたアロマの選び方など
お伝えします。

頭の中をスッキリさせる

マインドフルネスを意識したヨガも
ご紹介。

自分なりのリラックス法を
見つけてみませんか?

♬~

「あしたも晴れ!人生レシピ」
今回のテーマは リラックス術です。

賀来さんのリラックス法といえば
いかがですか?

私 本当に手早くなんですけど
今 健康器に まず ぶら下がりですね

体を整えてからの呼吸です。
小澤さんは おありですか?

どうすれば
リラックスできるのかってのが

いまひとつ よく分からないところが
ありまして。

なので ちょっと今回 知りたいなと
思っております。

知りたいですね。
はい。

ではゲストをご紹介しましょう。
青木さやかさんです。

よろしくお願いします。
よろしくお願いします。

青木さんは いかがですか?

リラックスした生活
送ってらっしゃいますか?

リラックスした生活を送りたいなって
強く願ってます。

だから できてないんだと思います。

今回ね 自ら取材にも出て頂きましたね。

あのね すごく よかったんですよ。
それ 言っちゃ だめか。

よかったんです でも。

また後ほど詳しく
伺ってまいりたいと思います。

さあ まず ご紹介しますのは
コロナ禍で あることを始め

それが 思わぬリラックスにつながった
という桐島かれんさんです。

こんにちは。
(取材者)すいません。 こんにちは。

本日は よろしくお願い致します。
どうぞ お入りください。

モデルで女優の桐島かれんさん。

ファッションや生活雑貨を扱う
ブランドの

クリエーティブディレクターとしても
活躍しています。

どうぞ お入りください。

桐島さんのリラックス法 それは…。

ちょっと ジャングルのように
なってしまって…。

そう 植物を暮らしに取り入れること。

育てている植物は
なんと およそ150種類。

鉢に使っているのは
お気に入りのカゴや器です。

インテリアともマッチし
すてきな雰囲気ですね。

窓際の空間は カーテンレールを使って
植物をつるし

さながら緑のカーテンのよう。

2年前から始めた この暮らし
心にも影響があったといいます。

たぶん無意識なんだけれど すごく
リラックスしている状態が続くので…

個性豊かな お気に入りの植物を
紹介してもらいました。

これも面白いですよ。

木立性のベゴニアで 水玉模様なんですね。

これ 私は草間彌生チックかなって
いつも思ってるんですけれど。

あと この後ろにあるのも ベゴニアで
ちょっと キラキラ光ってて 葉っぱがね

ベルベットのようだったり 毛なのか…
突起物が こうあって すごく面白いです。

すっかり その魅力に はまっている
桐島さんです。

もう どんどん増えすぎちゃって
家族が ちょっと嫌がってます。

本当に ジャングルみたいに
なっちゃったんで。

この暮らしを始めたのは
新型コロナの影響でした。

海外に行く仕事が減り
家の中で過ごすようになった桐島さん。

それまで植物は インテリアとして
飾っておく程度だったということですが

この機会に触れる機会が増えたのです。

一つ エバーフレッシュという結構
大きな木を育てていて

その木が 元気がなくなって
葉っぱが パラパラ落ち始めたんですよ。

何でだろうと思ったら よく見ると白い
フカフカしたものが いっぱい付いている。

で 調べてみたら それがカイガラムシで。

でも どうにか救いたいなって。

そこで桐島さんは
観葉植物の管理方法を習得。

虫を丁寧に取るなど 木が元気を
取り戻すよう試行錯誤をしていると

その木から新たな芽が出てきたのです。

ええ すごく うれしいです。

だって素人の私が見たら
もう枯れている木が

…から小さな芽がピュピュと出てきた時は
あっ よみがえったんだっていう。

それが私の力によってできるということも
うれしかったですね。

そこで さまざまな植物を買い足して
始まったのが このグリーンライフ。

今では植物の様子を見ながら
必要な作業を行うのが

毎朝のルーティンになっています。

空中の湿気が大好きな

このレックスベゴニア・タイガーという
品種なんですけれど。

植物の名前と特徴を覚え
それに合わせた管理をしています。

水のやりすぎは根腐れなど病気のもと。

土の中の水分量を測定する機器を使って
しっかり確認します。

こういうふうに石で
上をカバーしてある場合は

土の状態が見えないので 私は この水分を
測る こういった機械を差して…。

ノーマルなので 必要がないというので。

日が当たりにくい場所に置いた植物には
ライトで光を補充します。

さらに…。

今 虫が よく付くのが これで…。

葉に虫が付いていないかどうかも
確認します。

あっ いたいた いたいた。

葉の裏に付いた
1ミリにも満たない小さな虫。

ティッシュで取り除いていきます。

一鉢一鉢 丁寧に チェックしていく
桐島さん。

大変な作業に見えますが

これが とても心に いい作用を
もたらしてくれるんだそう。

ここで エンジンが かかるという感じが
しますね。 本当に黙々と…

何か 嫌なことがあったりとか
疲れてても 元気になるというか。

驚かされるのは 植物の力だといいます。

カットした葉や茎を水につけておけば
みるみる 根を生やす植物に

強い生命力を感じています。

無限なんですよね。

植物って 生と死のサイクル
あるかもしれないんですが…

植物の特徴を生かし
飾り方も工夫しています。

つる性の植物が 上に茎や葉を
伸ばしていけるようにするのです。

どのようにするかというと 電気コードを
はわせる時などに使うフック

ここに つるを挟んで
壁に くっつけるのです。

シールで貼って
簡単に剥がせるものなんですけれど。

つる性の植物の習性としては
本当は上に伸びていきたい。

自分の手で大きくなっているという
育っているという充実感と

あと期待感ですね 期待感。

期待もね だから
ワクワクするじゃないですか。

こんなちっちゃな葉っぱが いずれ
どんなに大きくなっていくんだろうって。

だから毎朝 新しい葉が1個
育ってると

やっぱり何か こう 期待に
応えてくれた感じがして。

そんな桐島さんの心地よい時間。

こちらは庭で育てているハーブです。

この日 摘み取ったのは アップルミントや
レモンバーム ペパーミントなど6種類。

水で洗ったハーブをポットに入れ
お湯を注ぎ入れれば…。

きれいな色のハーブティーが出来上がり。

5分ぐらい蒸らせば 飲みごろだそう。

あ~ すごく胃に優しい感じ。

やっぱり新鮮なハーブなので
爽やかですし スッキリしますよ。

緑を眺めながら
ハーブの香りにも癒やされる。

植物に囲まれた桐島さんの暮らし。

それは自分自身が みずみずしく
また安定していられるために

欠かせないものとなっています。

私たち人間の社会って 秩序だっている
ような感じがしていたんだけれど

この2年半 それは そうでもない。
実は もろいんじゃないかということが

皆さんも感じられたかもしれないんですが
私も感じたんですね。

そんな時に自然とか植物というのは
パンデミックが来ようが何だろうが

お構いなしに すくすくと成長したり
枯れてしまったりの

自分たちのサイクルの中に生きている。

私も 何か平安というか…

…という感じが得られて
何か 楽しいんですよね。

いや すごい すてきな暮らしですよね。

でも あれだけ 150種類あると
相当だと思うんですよ 時間は。

そう思います。

だけど ウキウキして それが
リラックスだと おっしゃってますものね。

やっぱり愛情をかけると
それだけ応えてくれて

また おしゃれな方だから インテリアと
グリーンが すごく合って 絵になって

すてきだなと思いました。

さあ では ここで
専門家に加わって頂きます。

僧侶で 精神科医でもいらっしゃいます
川野泰周さんです。

よろしくお願いします。
よろしくお願い致します。

桐島さんのお話の中で
植物の世話をしていると

めい想のような状態になっている

というふうに
おっしゃっていましたけれども

この点 川野さんは
どのように お聞きになりましたか?

もう ただただ 目の前の植物を大切にして
そのケアをすることに

全ての意識を注いでいるって
これ 今で言えば完全に

マインドフルネス そのものなんですよね。

しかも そのことに注意を向けることで

桐島さんも日頃 とっても
お忙しい方だと思いますから

いろんな情報で
頭が疲れているかもしれない。

そういうところから脳の疲れを
取ってあげることにも

つながっているので。

実は植物のことをケアしてあげてるように
見えて 自分自身をケアしている。

そういう行動に
つながってるんじゃないですかね。

今の時代 現代人には リラックス法が
必要だと思われますか?

やはり現代は情報過多
マルチタスクの時代ですからね。

日夜 いろんなニュースが
世界中で起こっていて

そのような情報も常に入ってくる。

情報過多になることによって自然に
いろんなことを同時進行で

脳で処理しなければいけない
マルチタスクの時代ですから

やはり このような時にこそ
自分自身と向き合う

どうやって リラックスするのかが
テーマになりますよね。

頑張って休まなきゃ。
頑張ってリラックス法を探したい。

そんなふうに
いつも思っているんですよね。

何が自分自身のリラックスになるのかが
分からないということは

決して現代人にとって
珍しい現象ではなくて

自分の心や体の声を
聞くというんでしょうか。

何を求めているのかを知ることが
難しくなってますよね。

そこで そうしたものをいろいろ手探りで
見つけていくという取り組み自体が

自らを慈しむことに
つながっていくんじゃないでしょうかね。

中にはですね もう忙しくて
リラックスどころではないという方も

いらっしゃるのではないかと
思うんですけども。

忙しい生活を活用して マインドフルネス時間を
作ってあげるというのも

また画期的な取り組みだと
私 思ってまして。

隙間時間に めい想するんですね。

例えば急いでホームに駆け込んでいって
一個 乗りたかった電車を逃してしまった。

そしたら次の電車が来るまでの
5~6分の間を ベンチに座って

聞こえてくる音とか 肌に触れる風に
意識を向けたりするだけでも

これ ホームで ベンチに座るめい想を
してることになりますよね。

あるいは歯を磨いている時に
歯磨きの感触だけに意識を向けたら

歯磨きめい想です。

次のリラックス法に参りたいと思います。

続いてのリラックス法は アロマです。

今回 青木さんに
アロマ体験をして頂きました。

そうなんです。

では その香りが体に どんな影響を
もたらすのかというのが こちらです。

神経科学が ご専門の湘南医療大学教授
塩田清二さんに伺いました。

それによって ストレスホルモンと
呼ばれるコルチゾール量が

増えたり減ったりするなどの影響を
生じさせて…

そんなアロマを暮らしに取り入れたいなと
思いまして

その方法を教えてもらってきました。

よろしくお願いします。
よろしくお願い致します。

教えてくれるのは アロマを使った
リラックス術に詳しい

栗山貴美子さんです。

青木さんには お悩みがあるそう。
それを栗山さんに伝えました。

2つあるんですけれども 何か
心配事があると それに とらわれて

ずっと こう考えてしまって
何か気分が上がらない。

もう一個は こう… 寝つきが悪いというか
心身が緊張してるからなのか

ス~ッと眠りに入っていきづらいので。

あ~ 香りを嗅ぐことによって
気持ちを上げたりとか

あとは気持ちを静めたりとかあるので
お悩みに沿って

合った精油を使われると
いいと思いますよ。

ここで栗山さんが取り出したのが
60種類ほどの精油です。

でも これだけの数があると どうやって
選べばいいか分からないですよね。

そうですよね。
迷われちゃうと思うんです。

まずは お花なのか果実なのか
根っこからなのか

どの部位から抽出したオイルかで
まず分けられるといいと思います。

その抽出したところによって 人間の体の
どこに働きかけるかというのが

変わってくると言われていますので。

精油は植物のさまざまな部分から
抽出されています。

ローズやジャスミンといった花の精油には
気持ちを静める効果が期待されています。

オレンジなど かんきつ系の果実の精油は
気分を明るくしたい時などに。

ペパーミントなど葉の精油は
清涼感のある香りを放つため

呼吸をしやすくすると言われています。

ヒノキなどの樹木から採った精油は

気持ちのバランスをとってくれると
言われています。

まず栗山さんが 青木さんの話を聞いて
提案したのは2つの精油。

心配事を抱えた時に気分を
切り替えられるようにという

お悩みには…。

樹木から採ったフランキンセンス
そして かんきつ類のベルガモット。

まずは フランキンセンスの香りを
試してみました。

いいですか?
はい。

いかがですか?

すごくいい香りです。
何ていうか スッキリしますね。

そうなんですよね。

甘いんですけど すごくパキッとした
感じの 目が覚めるような香りですね。

心と体が しっくり来ない時に
ニュートラルにしてくれる香りが

このフランキンセンスになります。

続いては ベルガモットの香りです。

うん うん。

あの… かんきつの香りですね
まず最初に来るのは。

そうですね。 はい。

でも奥に… 何て言うんですかね。
さっぱりしてる。

何かね オレンジとレモンの ちょうど
中間にあるような感じの香りですよね。

そうですね。 心配事で ちょっと気持ちが
沈んでしまってる時に上げてくれる。

青木さん
どちらが気に入ったのでしょうか?

ベルガモットにします。
ベルガモットで。

はい。 こちらのほうが本当に晴れた
明るい太陽の感じがするんですね。

そんな感じで選んじゃっても
いいんですか?

いいんです。

それが一番大切なんですよね。
なるほど。

続いて 緊張をとって よく
眠れるようにしたいというお悩みに

栗山さんが提案したのは…。

ダイダイの花から抽出したネロリ。

そして樹木のサンダルウッド。
日本名 ビャクダンです。

まずは ネロリ。

やだ~。 テンションが
落ち着いてしまいました。

そうですか。

お花なんですよ。
お花の香りなんですけれども

秋めいているというんですかね。

暗めというわけでもないですけれども
落ち着いてるという。

そして サンダルウッドです。

これも いいですね。
お寺のお香の感じ。

ですね。 ちょっと
拝みたくなっちゃう感じですね。

青木さん
ずいぶん迷っているようですが…。

今回だったら お花系の香りなので
一緒に女性らしさを高めたいとか。

反対に サンダルウッド 木の香りでしたら
もう本当に静かな気持ちになりたいとか

一人になりたいとか そういった時には
木の香りがいいので。

確かにね 花のほうが
パッと華やかな感じがね しますよね。

うん じゃあ これにします。

青木さんが選んだのは
ダイダイの花のネロリです。

では アロマを生活に
どのように生かしていけばいいのか

教えて頂きます。

まずは簡単な方法。

それを嗅いで頂いて
枕元に置いて お休み頂くとか。

なるほど。 これで いいわけですね。
それで十分です。

続いては さまざまな用途に使える
アロマスプレーを作ります。

用意するのは…

精油は熱や光の影響を
受けやすいためです。

まず 無水エタノールに
精油を20滴 入れます。

スプーンなどで混ぜ合わせ
スプレーボトルに入れます。

どうですか?

スプレーなので より自分だけ…

自分の体じゅうが この香りに包まれる
というような感覚が ありますかね。

これ 最高じゃないですか。

お出かけ先で 自分に
スプレーしたりとか

あとは お部屋全体に
スプレーしたりですとか。

ルームスプレーにもなる。
そうです そうです。

マスクの外側に2~3回
スプレーするのも おすすめだそう。

全然 違う。
やっぱり香りがある生活って いいですね。

呼吸をするたびに
好きな香りが バーッて

体じゅうに入ってくるような感覚が
あるんですよね。

最後は体と心をリラックスさせる方法
アロマバスです。

用意するのは…

まずは大さじ1杯の塩に
精油を1~2滴たらし

軽く混ぜ合わせて
バスソルトを作ります。

あ~ いい香り。

やっぱり手が あったまると
体が ポカポカしてきますし

香りが立ち上ってきますから すごく
リラックスできる いい時間ですね。

好きな香りを見つけて
好きな香りを使って頂くというのが

また その時の心の開放感とか癒やしに
つながるんじゃないかなと思います。

効能うんぬんよりかは やっぱり
まず好きな香りを選んで頂く。

ご自分とも向き合う時間にもなるかと
思います。

香り 大事 大事。

今 青木さんのね お顔に
表れてたんですけど

実は私も香り大好きで サンダルウッド
シダーとシチリアレモンみたいな香水で

ちょっと上げる時と サンダルウッドの
マイルドなもののお香で鎮静させる時と。

何か 香りは私にとっても やっぱり
大きいなと思ったんですけど

実際いらして いかがでしたか?

もう本当に楽しい時間だったんですけど

私 ネロリの香りを
選んで頂いたんですけれども

ちょっとネロリに また かんきつ系を
足そうと思って お店に行って

もう オリジナルアロマに
挑戦してますから。

あら もう何か 先輩のお顔。
分かりました?

分かりました 分かりました。
ちょっと ドヤ顔 入ってました。

大好きになりました。
リラックスできますね。

見つかったわけですね リラックス法。
そう。

仕事の時も このハンカチには
香りが付いていますし

マスクにも そうですよね。
外歩く時も香り。

枕元は この香りという感じで
楽しんでます。

香りの持つ力は
やっぱり大きいと思われますか?

かく言う私も患者さん向けに アロマを
診察室で必ず いろいろ選んで たいて

そして それを体験頂きながら
診察をしているんですけれども。

私自身も お寺で生活をしてきて

今でも檀家様の法要や
ご葬儀に立ち会う時にですね

こうして今も
今日 持ってきたんですけれども。

こういう これ 伽羅というお香が
入っているんですが

とても良い香りがする。
これをいつも持っています。

こちらは伽羅と呼ばれる上質な香木を
細かく割ったものです。

時々 私自身 鼻に近づけて嗅いで
深呼吸をすることによって

診療であったり お寺の仕事であったりと
切り替えながら

私自身 生活をしていますので

そういう切り替えの効果を頂いてる気が
致しますね。

賀来さんと青木さん
実際に香りを嗅いでみました。

ちょっと スパイシーな感じ
というんですかね。

高そうな木の香りがします。
すっごく いい。

その香りだけに集中して嗅ぐことによって
楽しむことによって

それ自体が 嗅ぐという
マインドフルネスめい想になってるんですよね。

そうですね。
何か言わなきゃって思ってるから

おかしなことになるんですね。
失礼しました。

何か 悩みがある時でも香りを嗅ぐと
一瞬フッと別のところに行けるというか

忘れるという瞬間がありますけど

そういうふうに使うということで
合ってるんですかね? そうなんですね。

心理学的には ディストラクション効果
なんていうふうに言うんですけれども

悩んでいる対象に意識が ずっと向いて
頭の中でグルグル思考が止まらない時に

フッと そこに何らかの刺激が それも
心地よい刺激が加わることによって

いったん そのグルグル思考の連鎖から
解き放たれるということがあって。

すごいですね 香りの効果というのは。
ねえ 本当に。

一方で ちょっと香り
あまり強いと苦手だなという方も

いらっしゃるかと思いますけれども
そういった方に何か リラックスの方法

いかがでしょうか?

全ての感覚を このリラックス
リフレッシュに使うことができますので

例えば耳をすまして
潮騒の音を聴いてみるとか

木々が そよ風に揺らぐ
サラサラという音を聴いたり

小鳥のさえずりを聴いたり。

あるいは触覚を使ってみたら
どうでしょうかね。

触れることによって
癒やされるということがあります。

大好きなペット なでることによる
切り替えもできますし。

味と香りに しっかり集中して食べると
味わって食べることも

一つ めい想 切り替えになりますね。

自分が何かに取り組んだことで整える。

楽な状態にしてあげたり 安心感を得る
ということは自分の状態に対して

自分で その力を持っている。
効力を持っている。

言いかえれば自己肯定感に
つながっていくということで

ますます毎日が元気に

外から入ってくる さまざまな
ストレスの負荷にも揺らぐことなく

穏やかに平常心で暮らしていくことが
できるんだと思いますね。

では次に参りましょう。

今 医療や介護の現場で
取り入れられている

リラックス法があります。
その名もマインドフルネス・ヨガセラピー。

どんなヨガなんでしょうか。
取材しました。

こちらは マインドフルネスを意識した
ヨガの講座。

講師を務める石井及子さん。
このヨガの特徴を伺いました。

今回 石井さんに ストレッチ効果もある
というポーズを3つ教えて頂きます。

まず一つ目…

あぐらをかいて 楽に座ってください。

床に座るのが難しい場合
イスに浅く腰掛けて行ってください。

まず腰を抜いて
優しく自分を抱き締めます。

この時点で軽く息を ふ~っと はき…

吸いきる!

この繰り返しです。

意識するのは肩甲骨。

ふだん 縮こまりがちな胸を大きく
開くことで肩甲骨も大きく動かせます。

大切なのは呼吸の仕方。

最後 ふ~っと はききりましょう。
はききって 丸まりきって。

続いては あおむけになって行います。

曲げた足を
ゆっくりと左右に倒すポーズです。

この時 肩が痛ければ
体から少し離したり

おなかの上で手を組んだりしても
構いません。

この状態から鼻から軽く吸って…

この繰り返しです。

動かす時は ひざが離れないように注意。

左右に ゆっくりと倒しながら

おなかにかかる力が どう
変化していくのかを感じ取りましょう。

これを心地よいだけ繰り返して頂き…

万歳してる方は ひじを曲げながら
そっと手を体の横に戻して

はぁ~と ひと休みです。

最後は腕を使って
弓を引くようなポーズ。

上半身のねじりと手のひらの感覚に
意識を向けて行います。

ここでは首を痛めないよう枕を使います。

どちら向きでも構いません。
横向きになります。

下 見た時に
腰が真下に来てることを確認したら…

この状態から弓を引くように…

この時 鼻から吸いましょうか。

さらには手のひらを通り越して
もっと遠くまで

この繰り返しを
スローモーションで行います。

手のひらで ご自身の腕の温かさ
そして皮膚の滑らかさを感じながら

または着ている衣服の素材を 手のひらで
味わいながら丁寧に さすっていきます。

この動作を心地よいところまで行ったら
ひじを曲げ

両ひざを胸のほうに引き寄せ
小さく丸まり はぁ~と ひと休み。

落ち着いたら反対側も同様に
ゆっくりと行ってください。

何でしょう。 見てるだけで
ちょっと リラックスしましたけれどもね。

本当ね。 あと 何かこう
自分をいたわるようなね。

そうですね。

川野さんは このご紹介したヨガの監修も
されているということですけれども。

このストレス社会で
自らの不安を解消したり

心を整えたりしようとする時に 心を直接
整えるって すごく難しいんですよね。

そこで体の状態を心地よく導いてあげる。

動きがある分 心が ざわついていても

取り組みやすいという利点も
あるんですね。

では最後に川野さんにも リラックス法を
教えて頂きます。 お願いします。

はい。 今日 体験頂くのは

カームイメージめい想という
めい想法です。

過去に訪れたことがある
とても心地よかった場所を

心の中で イメージすることで 自分自身の
状態を整えてあげる めい想法ですから

是非この場で体験してみてください。

まず少し背筋を伸ばして おかけ頂いて

手は手のひらを上に向けて
ひざや ももの上に置いて頂くと

自然に胸が開いて
呼吸がしやすいと思います。

イメージを使いますから
目は優しく閉じて頂いて

ここから先は 私のガイドを聴きながら
イメージをしてみてください。

ご自身が かつて訪れたことのある

とても すてきな場所 心地よかった
記憶とともに残っている場所を

イメージしてみてください。

海辺の風景とか 山や川の近くとか
心地よいお部屋の中でも結構です。

どんなものが見えているか
一つ一つ思い出してみてください。

次に その場所では どんな音が
聞こえていたでしょうか?

イメージの中で そっと歩いて頂いて

足の裏で感じる
その場所の地面や床の感触を

楽しんで頂いても結構です。

最後に心の中で目を閉じたまま 目で見て
耳で聞いて 鼻で嗅いで 手足で触れて

五感をフル活用して 全身で その風景を
楽しむように味わってください。

今 心は どのような状態に
あるでしょうか。

どんな気持ちになっているでしょうか。

はい。 それでは最後に目を閉じたまま
大きく一度 深呼吸をして

全てのイメージも気持ちも
手放すようにしてみましょう。

どうぞ鼻からでも口からでも結構ですから
大きく息を吸ってください。

吸い込んだら ゆっくりと はき出します。
ふ~っと はき出します。

はい。 少しずつ目を開けて
楽になさってください。

お疲れさまでした。

声が良かったですね すごく。

ありがとうございます。
ガイドが。

私は15年ぐらい前に お仕事で
行かせて頂いた スウェーデンのですね

アイスホテルという
真冬だったんですけど。

雪の上で星 もう満天の星空を見ていた。
その風景を思い出していました。

どんな気持ちになられましたか?

とっても冷たくて 空気が澄んでいて
で 何だろうな… あの…。

すがすがしいような感じもありますし。
星が こう落ちてきて… 何だろうな。

いい時間でした。

たぶん りんとした気持ちになられた
という体験だと思うんですよね。

今 青木さんが 言葉にできないように
お見受けしたんですが

それこそが まさに
気付きの体験であって

言葉を失う時に私たちは

いろんなものから
解放されるんだと思います。

確かに今 目をつむってる時に

目を開けたあと 何を言おうって
考えてませんでした。

それは本当のカームイメージに
なってます。

伽羅の時とは違いましたね。
伽羅の香りを…。

そうなんです。 伽羅の時は もう
何 言おうって思ってましたからね。

賀来さんは?
はい。

夏に行った 来年公開の映画のロケで
然別湖のほうに宿泊しましてね。

それで朝4時に
すばらしい朝焼けだったんです。

それで雲が もうオレンジ色とか
空の水色なんですね。

…が湖面に映ってね
ウグイスが鳴いたんです。

で 何の他に音もなくて
あまりに美しい朝焼けで

今 それをちょっと思い出させて頂いて
何か すごい心 落ち着きました。

そのいい記憶を持って
賀来さんが お話しになってるからか

ものすごく いい気持ちになりますね
今のお話を聞いてると。

昔 体験した心地よい記憶が必ず

私たちの脳の海馬という場所に
残ってるわけですよね。

それを活用しない手はないということで
編み出されたのが

この方法なんだと思います。

リラックスさせるということは
自分自身に思いやり 慈しみを向ける。

自分に コンパッション
慈悲を向けるですね。

これが まさに仏教で言う
自利になっていくわけなんですね。

リラックス法を取り入れて頂くと

その自利 自分に対するコンパッションが
周りの方に波及していって

自分も周りも一緒に幸せになれる方法に
つながっていくんじゃないでしょうかね。

リラックス法を探ってまいりました。

青木さん 改めて どんなことを
感じられましたでしょうか?

いろんな方法を今日 見てきましたけど

どれもこれも やってみたいなと
思いましたよね。

だから自分に合うものを探して

香りは もちろん そうなんですが

ヨガも やってみたいですし
今のカームも とても興味ありますしね。

やっぱり この感覚とか体に
自分の時間を

委ねるという機会が必要だなというのは
今回 感じました。

何か やっぱり自分に立ち戻る時間って
大事なんですね。

一日の間に ちょっとずつでも
やらせて頂くと

ちょっと気分が浄化して
違うんじゃないかと思わせて頂きました。

皆さん
今日は どうもありがとうございました。

ありがとうございました。