土曜スタジオパーク『舞いあがれ!』特集in大阪▽ゲスト 福原遥 高橋克典[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

土曜スタジオパーク『舞いあがれ!』特集in大阪▽ゲスト 福原遥 高橋克典[字]

ドラマ舞台の東大阪から公開生放送。福原遥さん登場シーン先出しやメイキング映像あり。長崎・五島列島から、長濱ねるさんが中継。永作博美さん、赤楚衛二さんインタビュー

番組内容
ドラマ舞台の東大阪から公開生放送。福原遥さん登場シーンの先出しやメイキング映像を交え、撮影裏話や今後の展開など見どころを伺います。中継では、もう一つの舞台、長崎・五島列島から、ヒロインが元気づけられた「ばらもん凧(だこ)」が舞いあがる姿を、共演者の長濱ねるさんが現地リポート! 舞台裏を明かすのは、共演者の永作博美さん、赤楚衛二さん。福原遥さんの秘蔵映像を公開!懐かしいお友達「まいんちゃん」
出演者
【出演】福原遥,高橋克典,長濱ねる,【VTR出演】永作博美,赤楚衛二,浅田芭路,高嶋ちさ子,富田望生,【司会】近藤春菜,足立梨花,石井隆広

ジャンル :
情報/ワイドショー – 番組紹介・お知らせ
バラエティ – トークバラエティ
ドキュメンタリー/教養 – インタビュー・討論

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 近藤
  2. 高橋
  3. 福原
  4. 本当
  5. 石井
  6. 足立
  7. 拍手
  8. お父ちゃん
  9. 五島
  10. 長濱
  11. 一緒
  12. 浩太
  13. 今日
  14. 祥子
  15. 自分
  16. 朝ドラ
  17. 五島列島
  18. 頑張
  19. お願い
  20. 東大阪

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



NHK
created by Rinker
エンスカイ(ENSKY)
¥399 (2022/12/09 20:09:08時点 Amazon調べ-詳細)

生字幕放送です。一部、字幕で
表現しきれない場合があります。

<拍手>

近藤≫こんにちは。
「土曜スタジオパーク」

始まりました。

10月から始まった朝ドラ

「舞いあがれ!」の舞台
大阪府東大阪市から

生放送でお送りします。
足立≫東大阪の皆さんも

たくさんいらしています。
皆さん「舞いあがれ!」

楽しんでいますか?
<拍手>

近藤≫盛り上がってますね。

皆さんお会いしたい
早速ゲストの方ご紹介しましょう。

福原遥さん、そして
高橋克典さんです。

<拍手>
♪~<「アイラブユー」>

福原≫よろしくお願いします。

近藤≫ようこそスタジオパークへ。

福原さん、朝ドラの
ヒロインということですけれど

実感としてはどうですか。

福原≫そうですね。いや…
あるのかないのか

分からないくらい
すごいうれしくて、やっぱり。

自分が朝ドラというものに

学生の時に

すごく勇気だったり元気だったり

今日、頑張ろうという思いを
もらっていたので

朝ドラというのが夢で

ずっと

やっていたので
本当にうれしかったですし

皆さんにたくさん届いたら
いいなと思っています。

近藤≫ヒロインにふさわしい
今日は真っ白な衣装で。

高橋さんは朝ドラは
初なんですね。

高橋≫初めてです。
近藤≫意外だったんですけど。

高橋≫いえ、朝のドラマに出る

という方が意外なんじゃないかな。

近藤≫夜の色気のイメージは

ありますけれど。
高橋≫苦節30年

デビュー29年なんですよ。
来年30。

30年かかりました。
近藤≫お父ちゃんが

すごい優しいんですよね。
すてきです。

まさにぴったりでございます。
高橋≫そうですか

ありがとうございます。
石井≫「舞いあがれ!」

見逃したもう一度見たいという方

そして今日の「土スタ」も
NHKプラスでご覧いただけます。

QRコードから
アクセスしてみてください。

近藤≫さらに盛り上がった
トークは生放送のあとに

切り抜き動画で
楽しむことができます。

ぎゅぎゅっと5分くらいに凝縮
して

「土スタ」のホームページ
NHKの公式YouTubeに

アップしますので
そちらもご覧ください。

石井≫朝ドラ「舞いあがれ!」
福原さんも

いよいよ来週から登場です。

舞≫飛ぶって
どんな感じなんやろうな。

石井≫舞台は
ものづくりの町、東大阪。

そして長崎、五島列島。

舞≫パイロットになりたいねん。

福原遥さんが演じる
ヒロイン、舞は

さまざまな人々との
絆を深めながら大空を目指します。

舞≫おはようございます。
≫おはよう。

浩太≫おお、舞
どうや、今から大学か?

高橋克典さんが演じるのは
舞の父、浩太。

ねじ工場(こうば)の2代目社長。

浩太≫いけてる。

娘思いの真面目で優しい父親です。

浩太≫うちなんかまだまだや。

けど、負けへんで。
舞≫そうやんな。

めぐみ≫授業はどない?
舞≫楽しいで。

めぐみ≫しっかり勉強して
飛行機作れるように頑張り。

舞≫うん。

舞の母、めぐみ。
働き者で愛情たっぷり。

演じるのは、永作博美さん。

悠人≫舞か、久しぶりやな。
舞≫お兄ちゃん…。

舞の兄、悠人(はると)は
頭脳明せきな野心家に成長。

演じるのは横山裕さん。

悠人≫指一本で動かすだけで
億稼げる人間になる。

あかんか?

舞の家の隣にあるのが
お好み焼き屋うめづ。

勝≫ブライアント、カッキーン!
≫おお!

舞≫うん!
貴司≫うまそうに食べるな。

1人息子の貴司は、舞の幼なじみ。
演じるのは赤楚衛二さん。

浩太≫こつこつ頑張ってたら
でっかい夢かてかなう。

めぐみ≫目キラキラさして
言うてた。

悠人≫飛行機な
何年かかんねんやろ。

舞≫もっと高く、もっと長く
空飛びたい。

<拍手>

近藤≫いよいよですね、来週

福原さんの登場ですけれど
朝ドラの撮影はいかがですか?

福原≫楽しいですよね。

本当に楽しいですし

なんか本当にスタッフの皆さんも
温かくて

キャストの皆さんも優しくて

なんか毎日
青春という感じで。

近藤≫皆さん仲よくて
家族という感じなんですか?

高橋≫そうですね。
LINEのグループを

作ったりして
おいしいものを教えあったり。

近藤≫大阪のおいしいものを。

高橋≫いろいろね
芝居はどうだったかとか

本当の家族みたいに。
福原≫お父ちゃんと呼んでいます。

近藤≫プライベートの時も。

今日も2人が会った時

お父ちゃんが
こんなびしっとした格好してるの

初めて見るって言ってましたね。

高橋≫僕も娘がね
こんなにおしゃれしているのを

見ないから
ちょっと恥ずかしいようなね。

近藤≫人の結婚式に
出ているみたいな。

福原≫確かに。
足立≫高橋さんから見て

座長である福原さんはどうですか。

高橋≫このとおり
やわらかいんですよ。

ぐいっといくタイプではない。

けれども、ふわっといてみんなに
気持ちいい思いを。

そういうオーラを持っていますね。

話しかけるとすっと
ちゃんと丁寧に話してくれて

だから逆に今
話しかけられないかなというのを

周りが気をつけないと。
足立≫全部応えてくれちゃうから。

高橋≫そうそう。
近藤≫集中したいんだろうなとか。

高橋≫そうそう。

見事できるんですよ、すごい。

福原≫とうちゃんもすごいんです。

高橋≫

とうちゃんは
家の中でいちばんだめですよ。

総務です。
いろいろやっています。

福原≫いちばん
盛り上げてくださって

現場が笑いが起きて。
近藤≫大黒柱で

今ちらっと出ていましたが
お好み焼き屋さんのシーンが

リアルですよね。
くわばたさんと山口さんが

本当にお店を
やっているんじゃないかと。

高橋≫本当にくわばたさんに
お会いすると

その辺のお好み焼き屋に
入ったような感じがします。

近藤≫ほっとする場所じゃ
ないですか。

福原≫いちばん
笑ってると思いますし

アドリブがすごいいっぱいやって
いただいて

それに笑いをこらえるのが必死で
みんなでけらけら笑って

楽しい撮影です。

足立≫お好み焼きといえば

大阪というイメージがありますが

東大阪でも撮影していたんですね
いかがですか。

福原≫機械の音だったりとか

本当にここから世の中に
いろんなものが

送り出されているんだな
というのを本当に感じて

人情が本当にあふれていて

すごい温かい人たちが
たくさんいる場所でした。

近藤≫小学校も
東大阪にあった小学校で。

石井≫今朝
福原さんは訪れていた

ということですよね。
福原≫行きました。

石井≫どうでしたか?

福原≫みんなで、たこ揚げを。
足立≫この写真は今日ですか。

福原≫今日です。

石井≫後ろで、たこを揚げて

いらっしゃるのかな?
福原≫もう撮影が終わって

みんな帰ったのかな。
足立≫たこを揚げていますね。

福原≫そうなんですよ。
すごく天気がよくて。

舞ちゃんがここで
スミちゃんを探したりとか

そういう場所だったんですけれど
ここだったんだと

私も初めて行ったので。
石井≫地元の

近畿大学の学生さんが
「舞いあがれ!」と東大阪を

盛り上げるために発案された
企画だったということで

子どももたくさんいて
盛り上がったと。

福原≫盛り上がっていました。

みんなで

わあっと言って
たこを揚げて。

近藤≫確かにお正月以外で
なかなかチャンスがないから

いいイベントですね。
石井≫

ここで会場にいらした人から
質問やメッセージを

お二人にいただきたいと思います。
では、よろしいですか?

あちらの方です。

お名前とおところをお願いします。

≫ヒロインの舞ちゃんと同じ

東大阪市出身の、まいと言います。

近藤≫お名前も一緒?
≫はい。

毎日、朝ドラを楽しみに
拝見させてもらっています。

2人に質問なんですけれど

東大阪のものづくりの町の
印象だったり

好きな関西弁などありましたら
教えてください。

高橋≫東大阪はね
工場の方々と触れ合って

お話させて

いただいてるんですけど
ものすごくみんな

エネルギーがありますね。
そして夢がある。

このねじで、この製品で
いつかというのが

本当に力があるんですよね。
近藤≫夢が。

高橋≫それがすごく印象的に
残っていますね。

近藤≫好きな大阪弁は?
高橋≫そもそも大阪弁が

似合わないと言われて。
近藤≫そうですか?

高橋≫ものすごく今も
うなずかれていますけれども。

近藤≫見ていても
上手じゃないですか?

<拍手>
高橋≫本当ですか?

泣きそうです。
福原≫私も泣いちゃう。

高橋≫ちょっとずつ
よくなってますから。

好きな大阪弁
ちょっと考えておきます

すみません。
いっぱいあります。

近藤≫福原さん、どうですか?
福原≫私も初めてお会いした時に

やっぱりねじ工場の方で
ねじを触っているから

手が油だったりとか

本当に今までの

職人さんの手という
それがかっこよくて

生きざまもすごく

かっこいいなという印象で。
好きな関西弁は

知らんけど。
<笑い声>

<拍手>

近藤≫知らんけどね。

足立≫知らんけどと言っておけば
なんとかなると。

近藤≫ちょっと無責任な言葉でも
ありますけれども。

舞さんも言いますか?
≫言います。

石井≫まいさん
ありがとうございました。

朝ドラ「舞いあがれ!」
これまでの物語を振り返ります。

1994年、東大阪。
舞は小学3年生。

町工場を営む両親と
勉強が得意な兄との4人暮らし。

めぐみ≫走ったら、あかんよ。
すぐ熱出んねから。

原因不明の熱を出し
たびたび学校を休む舞。

浩太≫大丈夫か?

舞を連れて、しばらく五島に
行ってめぇへんか?

環境を変えるため

めぐみの実家がある

長崎、五島列島で暮らすことに。

舞≫ただいま。
祥子≫お帰り!

舞≫おばあちゃん
校外学習があんねんて。

祥子≫へえ~。

めぐみ≫舞、磯は初めてやろ?
大丈夫?

舞≫やめといた方が、ええかな?
祥子≫舞は、どがんしたかとね。

めぐみ≫今、やめとくって。
祥子≫めぐみには、聞いてなか。

舞に聞いちょっと。

舞≫行きたい。
祥子≫よし。

校外学習に参加した
舞でしたが…。

舞≫わっ!

めぐみ≫ちょ…ちょっと止めて!
祥子≫どがんしたとね。

めぐみ≫舞に何かあったとかも!
舞!

舞≫お母ちゃん…。

めぐみ≫こんな、ぬれて。

そんな様子を見ていた祥子は…。

祥子≫めぐみ

帰ってくれんね。

舞は、預かるけん。
めぐみ≫私だけ、帰れってこと?

祥子≫舞は、ここん来てから

ず~っとめぐみの顔色ば
うかがっとる。

めぐみ≫そがんこと…。

めぐみは、1人帰ることに。

舞≫私と一緒にいてたら

お母ちゃん、しんどそうやから。

こうして、祥子との2人暮らしが
始まりました。

舞≫私な、何やっても
うまいことでけへんねん。

祥子≫できんなら
できることば探せばよかとぞ。

舞≫これで、ええ?
祥子≫およ。よかよか。

五島の自然に抱かれ
少しずつ変わっていく舞。

山中≫おはようございます。

島の人々とも仲よくなり

成長していきます。

そして舞は五島に古くから伝わる
ばらもん凧(だこ)に出会います。

一太≫舞、先に飛ばしてみんね。

舞≫うん。やってみる。
信吾≫よ~い、ドン!

「ばらもん」とは

「元気もの」という意味だと
いわれます。

子どもが元気に育つようにとの
願いを込めて

ばらもん凧をあげるのです。

舞≫凧、私があげた!

祥子≫舞は、もう大丈夫たい。

ばらもん凧ごたぁ
どがん向かい風にも負けんと

たくましく生きるとぞ。

<拍手>

近藤≫子ども時代の舞ちゃん

かわいいですね、どうですか
小さい舞ちゃんを見ていて。

福原≫現場も見学させて
いただいたりしたんですけれど

その時も泣きそうになって

放送を見ても号泣で。

本当に、何ですかね

舞ちゃんとお母さん
お母さんとおばあちゃん

みんなの愛がすごくあふれていて

本当に温かくなるような気持ちで
見ていました。

近藤≫お父さんとしては
舞ちゃんの成長を見て

いかがですか?

高橋≫心配していたけれど
でも、よかったですね。

年ですかね、見ていると
泣いちゃうんですよ。

毎日泣いちゃうんですよ。

近藤≫目がキラキラうるうるして。
高橋≫考えただけで泣いちゃう。

近藤≫

舞ちゃんが五島から

戻ってきた時にお父ちゃんの

ぎゅっとした時の

お父ちゃんのハグの力強さに
それが出ていましたね。

高橋≫あの舞も離れないんですよ。
でお兄ちゃんは

ほったらかしだったんです。
近藤≫お母ちゃんが頭を

ぽんぽんとしてましたけど。
高橋≫それがこれからのことにも

関係してくるんです。
舞が病気がちだったからね。

家族がちょっと…。

でも本当に

小っちゃい舞ちゃんを見てて
そのいろんな癖を

引っ張ってきているから

本当に彼女と芝居しても

あの舞と芝居している気が
するん

です。
近藤≫あの舞ちゃんが成長して

福原さん演じる
舞ちゃんになっている。

高橋≫完全にそう。
見事にやっていますから

楽しみにしていてください。

石井≫ドラマで印象的なのは
五島列島の伝統工芸品

ばらもん凧ですが

ドラマで実際に使われているもの

をお借りしてきました。
福原さんは子ども時代の

舞ちゃんがばらもん凧を

揚げるシーンの撮影に
立ち会われたということですね。

どうでしたか?
福原≫本当に

こんなにも力強くて

元気をすごくもらえるんだ
というぐらい、飛んだら

上の部分がビーっと音が鳴るん
ですよ。それもかっこよくて

たくましかったです。

たくましく生きるとぞっていう
言葉が。

こういう感じでいきたいと
思いました。

かっこよさがありました。
石井≫その五島列島と今日は

中継がつながっています。
長濱ねるさん!

長濱≫

およ、長濱ねるです。

私は五島列島、福江島のシンボル
鬼岳(おにだけ)に来ています。

「舞いあがれ!」では

山中さくらを演じさせて
いただいています。

よろしくお願いします。

今、地元の

バラモン凧揚げ振興会の皆さんに
今日は集まっていただいて

おります。

そしてですね、こちらになんと

ドラマで使った大きさと同じ

2mのすごく大きいばらもん凧を
持ってきていただきました。

近藤≫並ぶと
めちゃくちゃ大きいですね。

長濱≫バラモン凧揚げ振興会の

田端さんに来ていただきました。
田端さんは実際に

「舞いあがれ!」で登場する

ばらもん凧を

作ってくださった方です。
田端さん、この大きなたこは

風が少ないと揚げにくいですかね。

田端≫2mになりますと

大体6m~7mの風が
必要となります。

1m程度なら

3m、4mで揚がるんですけれど

風が今日、なかなか
吹きませんので

2mは揚げることは
ちょっと難しいですね。

長濱≫今日の五島列島
すごく天気がよすぎて

風が全然吹いていなくて
今回2mを断念させていただく

ことになりました。
実際に2m程ではない

ばらもん凧を揚げて

いただきたいと思います。

ご覧ください。

ではお願いします。
高橋≫めちゃくちゃ難しい

らしいんですよ
ばらもん凧を揚げるのはね。

足立≫すごい!

近藤≫揚がった!
高橋≫頑張れ、頑張れ。

難しいんですよ。

長濱≫ドラマで

すごく大きなたこが揚がったのは

本当に奇跡的だった

ということなんです。

田端さん五島列島の方にとって
ばらもん凧は

どういった存在なんですか。

田端≫ばらもん凧はですね

五島のなんと言ったらいいかな。

五島で一応宝物というか

昔から子どもが初節句に

お父さんがですね

ばらもんを作ってあげたりして

無事、成長とか

立身出世、家内安全

そういったのを祈願したものです。
五島でですね

ばらもん凧は、昔からずっと
つながってきたものですから

最近はたこを作る人がいません
のでだんだん減ってきています。

4、5年前にですね

五島バラモン凧揚げ振興会という

ものを結成いたしました。

後継者の育成に
みんな努力しているところで

ございます。

長濱≫ドラマにあったように
ばらもん凧は子どもが

元気に育つようにということで
五島で古くから

愛されてきたたこなんですが作る

方が減ってきているということで。
あれ、ばらもん凧の

音が聞こえてきました。
近藤≫長濱ねるさんの後ろで

飛んでいますよ。
<拍手>

長濱≫よかった。
このばらもん凧が

「舞いあがれ!」を通して
全国の方に届くことを

うれしく思っております。
近藤≫ねるさんは五島列島に

住んでいたことがあるんですよね。
長濱≫そうなんです。

幼少期を五島列島で過ごしまして

そのあともやっぱり五島が

大好きなので何度も
帰ったりしながら

五島に支えられてきました。

今回、朝ドラの舞台になって

全国の方に五島の
温かい人々と雄大な自然を

お届けできることを
誇りに思っております。

近藤≫福原さんも
ぜひ声をかけてください。

福原≫お久しぶりです
ねるちゃん。

今度、一緒に五島に行きたいです
また。

長濱≫ぜひぜひ、またゆっくり。
遥ちゃんが

ロケ日じゃない日にも
ばらもん凧を揚げる日に

一緒に来てくださったのが
印象的で。

福原≫3人でごはん食べました。

長濱≫

子ども時代の舞

ちゃん、芭路(はろ)ちゃんと
福原遥さんと

3人でごはんを食べて
たこを見守ったのが

楽しかったです。
福原≫うれしい。

近藤≫すごい穏やかな3人ですね。
いい時間でした。

ありがとうございました。
長濱≫以上、五島列島から

長濱ねるがお届けしました。
近藤≫ありがとうございました。

石井≫続いて幼少期の舞を演じる
浅田芭路(はろ)ちゃんから

メッセージが届いています。

あの、五島で…

私、その時に…

食べられました。

それで何枚か写真を撮って…

ぱあってやったら
全部ひらひらひらみたいに

出てくるような
何かすごい、作ってくれました。

プレゼントにくれました。

その時はもう本当に
泣いてしまいましたね。

舞≫今日は楽しかったな。
浩太≫よかったな。

舞≫お父ちゃん、ありがとう。
浩太≫うん。

浅田≫ちょっと空気が下がると…

甘いものを
いっぱいくれたりとかしてました。

意外と甘いものが好きなんだな
って思いました。

<拍手>

近藤≫すごい。

お父ちゃんが空気を

盛り上げてくれるって
分かってるんですね。

空気下がってるな

お父ちゃんの出番だって。
高橋≫別に分からなくても

いいんだけれどね。

近藤≫伝わってましたね
メロメロじゃないですか。

高橋≫仲よしでした。
女の子を持つと

こういう感じなんだなって。
どんどん気持ちが入っていって

でもその時も来てたんですよ

福原さんが。

だから何度も言いますけど

いろいろな

子ども時代の癖を吸収してあの子

と一緒に
芝居しているみたいなあの時いた

じゃん、みたいな。
近藤≫気持ち的にはね。

過ごしてきたじゃんと思うぐらい
一緒なんですね。

高橋≫そうなんです。
近藤≫福原さんは芭路ちゃんへの

プレゼント手作りで
すてきでしたね。

福原≫アルバムみたいな感じで

でも芭路ちゃんも
五島で取った貝殻とかを

一緒に撮った写真で

特別な額縁を作ってくれて。
近藤≫上手。

福原≫私も泣いちゃって
大阪のうちのリビングに

いつも飾って毎朝見てから
現場に行っています。

近藤≫姉妹というかね。
福原≫舞ちゃんを本当に

すごく魅力的に

芭路ちゃんが演じていて

見習おうと思っていろいろ
学ばせていただきました。

近藤≫高橋さんも
おっしゃってますけれども

癖とかどういうところを
取り入れてるんですか。

福原≫話すスピードとか。

近藤≫確かに

おっとりというか
ゆっくりしゃべるタイプのね

舞ちゃんですけど
そこを生かしながら。

福原≫そうしたり。
本当にかわいくて

皆さんもすごい見ているので
かわいいかわいいと思いながら

毎回見させてもらっていました。

どこか、まねできるところは
と思ってやっていました。

近藤≫お名前が芭路ちゃんだから

自分でVに出る時に
ハロー!って言うんですね。

自分のギャグみたいに。
足立≫ギャグじゃないですよ。

近藤≫そういうところも
かわいらしいな。

石井≫「舞いあがれ!」これから
どうなっていくんでしょうか。

東大阪に帰ってきた舞。

浩太≫お帰り。
ご苦労さんやったな。

お父ちゃんもな
ほんまは飛行機作りたかってん。

模型飛行機や。
今度作り方教えたるわ。

舞≫え、ほんま?

舞の飛行機への憧れは
ますます強くなります。

浩太≫ほら、来たで。
舞≫あ!

わあ!

それから10年、舞は大学生に。

偶然出会った
人力飛行機サークルに入ります。

舞≫できた。

飛行機を自分の手で作る喜びに
胸が高鳴ります。

みんなで目指すのは…。

鶴田≫人力飛行機にも飛行距離の
世界記録があんねん。

新記録目指して
琵琶湖飛ばへんか?

苅谷≫女性パイロットの世界記録。

鶴田≫そや!
≫気持ちを持っていけ!

舞≫はい!

舞は、新たな夢に向かって

進み始めます。

舞≫飛んだ!

高橋≫これ彼女、本当にやったん
ですよ。それどおりに。

<拍手>
近藤≫気になることが

いっぱいありましたけど
舞ちゃん

人力飛行機のサークルに
入るんですね。

いよいよ飛行機と関わっていく。
サークルの仲間がすごい

キャラがね

いいキャラぞろいで

個性あふれた。
足立≫1人失敗して。

いますよねそういう人。
ちらっと見たらトレーニング

されているシーンもあって。
福原≫してました。

足立≫そのための準備も
したんですか?

福原≫インの前から少しずつ
このロードバイク

先生に教えてもらいながら
坂道をこうやってこいだりとか。

高橋≫本当にやったんですよ。
どんどん締まっていって

痩せていくから
撮影がハードで

痩せていているのかと
ちょっとお母ちゃんと

心配していたんですよ。
実はやっていて

本当にダイエットして
目標体重が出てくるんですけれど

本当にやっていて。
近藤≫すごいですね、役作り

大変ですね。
福原≫そうですね。

そんなにやっぱり
人力飛行機を飛ばすって大変で

パイロットの体重とか

どれくらいの体力とか
それで飛ぶが飛ばないか

というのが

決まる。
高橋≫どこまで言っていいんです

かね。
近藤≫ネタばれ。

高橋≫めちゃくちゃ
しゃべりたいことがあるんですよ。

今回、撮影もすごいんですよ。
流れの中のエピソードも

ええっ!というような
本当に?というようなことが

たくさんある。
さっきのばらもん凧も

そうなんですよ。

風速5mないと飛ばないと
言われていて

でもドローンで撮ってるから
ドローンは

風速5m以上だと

飛ばしてはいけないんですよ。
本当に1回だけ

テストも全部飛ばなくて
奇跡的な1回。

本番の瞬間だけ。
近藤≫すごい

それが美しく飛べて。
高橋≫これからもありますから。

近藤≫奇跡の連続なんですね。
それは生放送で

言いたくなっちゃいますよね。
高橋≫怖い怖い。

プロデューサーの顔が
浮かんでますよ。

近藤≫ひやひやしてるかも
しれませんね。

飛行機の
夢、舞ちゃんが追うように

なって
お父さんとしてはどうですか。

高橋≫たまらないですね。
でもお父さんは

自分の夢を押しつけないで
好きだったら一緒にやろうと。

福原≫お父ちゃん大好きで。

高橋≫お父ちゃんの知らない顔が

これから出てくるんですよね
やっぱり。

それもね
とってもいとおしい感じが

ああ、そうかという感じが
しますね。

近藤≫大人になってね。

石井≫

舞の母、めぐみを演じる
この方に話を伺いました。

永作さんが演じるのは
まっすぐで愛にあふれた

母、めぐみ。

めぐみ≫お父ちゃん
張り切っててな。

うちのねじを
飛行機に乗せるんやって。

永作≫ある意味、純粋であって
ちょっと無鉄砲なところもあって。

本当にいるな、こういうお母さん
あ、お母さんこうだったとか…

だから、すごい難しいです。

永作さんが感じた
福原さんのおちゃめな一面とは?

永作≫食堂で何がおいしいかって
話をしてて、きつねうどんが

すごいおいしいですよねって
言ってておいしいって思って

食べてたら…

これ絶対
舞に教えてあげようと思って…

そしたら舞が写真送ってきて…

ハートいっぱい出たで
って言って…

そうじゃないねん。

…っていう話をしてっていう

そういう2人の共通の喜びが
あります。

めぐみ≫お母さんがな
しばらく舞から離れた方がええて。

そうかもて、思てしもた。
浩太≫めぐみが悪いんやない。

強い絆で結ばれた2人ですが
舞台裏では…。

永作≫1回、現場で
浩太さんていうか高橋克典さんが

数少ない
自分のボキャブラリーである…

それが異常に残ってて。

なんか突っ込んだのか

自虐したのかみたいな

ことだったと思うんですけど

ごめんなさい
浩太さんに聞いてください。

忘れちゃったけど。

高橋≫覚えてない。
<拍手>

近藤≫だいぶお父ちゃんが

関西弁で現場を沸かせたと
言ってましたけど。

高橋≫すごいことですよね。

近藤≫数少ないボキャブラリーと
おっしゃっていて。

高橋≫本当にアドリブとか
やりたいと思うですけれども

やろうと思う瞬間に

俺、分からないんだ
しゃべれへんねん、て。

いろいろ頑張って。
でも全然覚えてないです。

近藤≫あの時

なんておっしゃったか覚えてない。
高橋≫全然覚えてないです。

エピソードを出すんだったら
自分で覚えていなさい。

近藤≫人任せにして。
お父ちゃんも覚えてない。

福原さんはその現場に一緒に?
福原≫いたと思うんですけれども

私も覚えてない。
足立≫誰も覚えていない。

高橋≫お父ちゃんってそんなもん。
近藤≫そんな存在なんですね。

福原≫でもいつもアドリブ

最後の方にリハーサルとか
入れてくださって

それにみんなスタッフさんも
大笑いみたいな感じで。

高橋≫でも誰も何も覚えていない。
近藤≫切ないな。

高橋≫そんなもんです。

足立≫舞ちゃんにとって
めぐみさんって

どんなお母さんなんですか。

福原≫舞にとっては
憧れの人といいますか

やっぱり小さいころ、

五島列島に行って
お母ちゃんの部屋とか見て

いろんな賞状とかもらっていて
お母ちゃんって

こんなにすごい人なんだっていう

生きざまが、

私にとっては
ずっと憧れで

こういう女性になりたいというか
そういう感覚でやっていますし

なんかすごく
愛情をたくさんもらうので

その愛情を、何ですかね

ちゃんと自分も応えたいという
ような気持ちでやってます。

近藤≫高橋さんは

夫婦役ということで

永作さんとの共演というのは
いかがですか。

高橋≫若いころに何度か

共演させて
いただいたことがあって

だいぶたってからの
再会だったんですけど

お互いに家庭を持って
子育てを経てきているから

そこで経験してきたことは

すごく共有できるんですよね。

だから本当にすんなり

夫婦のようになれましたね。

近藤≫子どものことを考える

というところでも
共通していますものね。

高橋≫そうですね。

あと、目が細いという話になって

うちにこの舞は
生まれるだろうか?って。

足立≫パッチリしてますもんね
おめめがね。

近藤≫隔世遺伝かな?

高橋≫永作さんとね、2人で

顔を見合わせながら

俺たちには生まれないよねで

絢永君も

そっくりなんですよ。

芭路ちゃんもちょっと
笑った時似てるんですよ。

大人になったら
1人でちょっと美人に

なっちゃって。
福原≫いやいやいやいや、逆です。

高橋≫何度も言いますけど
芭路ちゃんのいろんなことを

吸収して。
近藤≫3回目、よっぽどですね。

高橋≫本当に応援したくなるん
です。

彼女は本当にそういう意味で
頑張ってる。

ぜひ皆さんに応援していただき
たいなと。

石井≫
そんな舞の幼なじみである

この方からメッセージです。

ヒロイン・舞の幼なじみで
いつもそばで見守る梅津貴司。

成長した貴司を演じる
赤楚衛二さんに

福原さんの印象を伺うと。

赤楚≫もう本当、インした時に
すごい幼なじみの感覚

といいますか。

それは多分、福原さんが
持ってるその空気感で…

イケんの?みたいな言ったら
イケる!イケる、みたいな。

余裕やで、みたいな。

そういうような、あおり合い
みたいなのもしてたりして。

大阪弁できてんの?みたいな

まあまあやなあ、みたいな

言ったら

なんでも聞いて!みたいな。
私、大阪長いからって

結構、関西弁なんですよ。
完璧に関西人になってました。

貴司にとって、舞の存在とは?

赤楚≫やっぱ、お互い
支えられてるっていうところで…

差し伸べたりとか、逆もしかり
っていうところで

すごくいい関係性ですね。

すばらしい関係だと思います。

<拍手>

近藤≫幼なじみの空気感が

すっと出たから

いじったりいじられたり

あおったり

あおり合ったりとか出るんですか。
福原≫ぺちゃくちゃ

久留美と幼なじみ3人で
会った瞬間

めちゃめちゃ仲よくなって
本当に幼なじみで

おじいちゃんおばあちゃんになる
まで一緒にいようみたいな

それぐらい仲よくなって。
関西弁をみんなで最初の方から

練習し合って
ちょっと違う関西弁を

わざと教えて、紛らわせたり
するゲームがあって

そういうのやっていました。
近藤≫ちなみにどういうことを

教えたんですか赤楚さんには。

福原≫言葉というか
イントネーションで

なんでやねんを
全然違うアクセントにして

みたりとか。
足立≫

全然違うな。
近藤≫NGが出ちゃうから。

福原≫ほどほどに。
近藤≫舞にとって

幼なじみの貴司君の存在は
どういうものですか。

福原≫舞ちゃんは
いちばん安心できる場所なんじゃ

ないかなって
貴司君との時間が。

そう思っていて
なんかお互い出す空気感とか

柔らかさとか、多分、考え方が

すごく似ていて

多分、何も話さなくても

お互いが同じことを感じているん
だろうなというような

感覚がしますね。

近藤≫なんか、ここから先に
あるんすか?

どうなんですか?

足立≫ちょっとお父ちゃんの顔を
見て。

高橋≫しゃべりすぎたらあかんで。

近藤≫お父ちゃんの顔を見たら
察するところがありますけど。

高橋≫何もありません。

石井≫これからますます楽しみな

「舞いあがれ!」です。
このあともお楽しみください

ぜひ見てください。

ここで再び会場にいらした方から
お二人に

質問、メッセージを
いただきたいと思います。

おところお名前をお願いします。

≫東大阪市のにしだと申します。

酒屋なものでして
ちょっと仕事中に

抜け出してきて前掛けをして
絶賛、サボっているのが

ばれているところですけれども

非常に楽しく拝見しております。

石井≫お二人に聞きたいこと
ありますか。

≫毎朝ひと泣きしてから
店をオープンして

いるんですけれど
食事のシーンがたくさんあって

非常におもしろく

見させていただいていて

お好み焼き屋さんの話もあったと

思いますが

お二人はお好み焼き屋さんとかで
お好み焼きと、うどんと

白いごはんは

ありですかないですか。

近藤≫ありなし、どっち。

福原≫私はまだ一緒に
食べたことがなくて

お好み焼きとごはんですよね?
なくて。

食べてみたいです。

近藤≫いける気がする?

福原≫想像は
あまりできないですけど

でも、みんなおいしいよと
すごく言われているので

じゃあ食べたいってなってます。

近藤≫どうですか?高橋さんは。
高橋≫なしですね。

昨日も食べに行ったんですけど

食べ過ぎて飲み過ぎて

すごくしんどかったんです。

また若干、残っていますけど。

お好み焼きだけでおいしすぎて。
お好み焼きで

いろいろ出てくるじゃないですか
あれなんですか。

近藤≫確かにあれだけで
何枚もいきたいですよね。

高橋≫銀紙を持って

いろいろ出てくるでしょう?
あれを食べるだけで夢中ですよ。

ごはんの暇がない。
近藤≫楽しまれたんだなという

ことがすごく伝わりましたね、今。
≫ありがとうございました。

石井≫ありがとうございました。
<拍手>

石井≫ここからは
福原さん、高橋さんの素顔に

迫っていきます。
「遥・克典の素顔に

舞いあがれ!」

「舞いあがれ!」の舞は

飛行機に憧れていますが

福原さん、高橋さんは

子どものころ

何に憧れていたのか。

まず高橋さんが憧れていたのが
こちらです。

高橋≫一度はあるじゃないですか

当時は時代ですし、パイロット

ちょうど僕は新興住宅街に
住んでいたんですけれど

狭い空を見上げると
ちょうど幼稚園に行く時

覚えているんですよ。
その時間に見上げると

飛行機が飛ぶんです。
いいなと思って

見上げていたのがあります。
覚えてます。

近藤≫役でもないですか。
高橋≫ないですね。

近藤≫絶対合いますよね。
かっこいい。

イラストだけでかっこいいんです。

高橋≫ありがとうございます。

これだけで十分気持ち
満たされました。

近藤≫それは、乗りたい。

石井≫声を聞きたいですよね。
高橋≫今回ちょっとせりふ

出てくるんですよ。

すごいのが。

僕はそれで諦めてよかったなって

すごいです。
福原≫英語とかが多くて。

石井≫楽しみですね。
続いて福原さんが子どものころ

憧れていたのがこちら

ヘアメークだと。
福原≫そうなんです。

ちょうどこの仕事を
させていただいて

「クッキンアイドル アイ!
マイ!まいん!」

という番組があって

そこに出ていたんですけれど

そこでメークさんに

ちゃんと
初めてと言っていいのかな

メークをしていただいて
そのときめきが

今でも忘れられないくらい
目の前にメーク道具が

パッと並んで
こんなに変わるんだ

こんなにときめくんだって
憧れましたね。

近藤≫何歳くらいですか。

福原≫小学4年生くらい。

石井≫きっかけとなった番組
福原さんは10歳から

出演していました。
その映像をご覧ください。

まいん≫はーい!おいしい料理で
みんなハッピハッピハッピー!

今日はこの春キャベツと
パンケーキが出会う、すてきな

お料理を、レッツクッキーング。
みんなも作ってアラモード!

足立≫ずるい程、かわいいな。

近藤≫だってもう

出来上がってますよね。
この時、

どうだったんですか、やっていて
楽しいなって思いながら?

福原≫楽しかったです。

それこそ

小っちゃい時の舞ちゃんと

似ていて
人見知りだったりするので

スタッフの皆さんが
本当に優しくて

みんなで仲よくするために
ゲームしようっていう感じで

ゲームをしてくださったり
すごい楽しくて

今日もこの現場のスタッフさんに

「まいん」の時のスタッフさんが
いらっしゃって

うれしいなって。

近藤≫すごいな。
石井≫当時

番組のヘアメークを担当されて
いた狩野絵梨奈さんから

メッセージをいただいております。
近藤≫憧れの。

福原≫泣いちゃう、うれしい。

石井≫当時いろんなことを
話されていたんですか。

福原≫そうですね。

いちばん最初に仲よくさせて
いただいて

今でも
お母さんとも仲がよくて

連絡取ってたりとか
本当にすごい

すてきな方で憧れていました。

近藤≫まいんちゃんという
お仕事が

福原さんにとってのお仕事の
原点、大事な時間だったんですね。

福原≫本当にそうでした。

全部教えてもらった作品でした。

近藤≫スタッフさんもうれしい

ですよね。
朝ドラのヒロインになって

また出てくれるというのはね。
福原≫ありがとうございます。

石井≫お手紙をお渡ししますね。
続いてはお二人に

舞い上がっているという
友人の方々からのメッセージです。

福原さんに舞い上がっていると
いうこの方です。

富田さんと福原さんは
5年前に

映画で共演して以来の大親友。

富田≫もともと
私、まいんちゃん大好きで。

自分にとっては
憧れじゃないですけど。

緊張したのと同時に、なんか
なぜか分からないけど…

…って印象もあって。

ホテルの部屋がほとんど
隣のことが多かったんですね。

なんで毎朝、寝坊してないか
確認し合おうって言って

10分前に必ずどっちかが
トントンするっていう

約束をしていて。

で、私が来るの分かってたんで

鍵を開けといてくれて。

開いてるよー!って朝言われて
はい、おはようって開けたら

10分前に…

<拍手>

近藤≫納豆がそんなに

食べたかったんですか。

福原≫大好きで
毎朝食べているぐらい

すごい好きで。
納豆をかき混ぜておはようって。

近藤≫毎朝食べてたら

この時間までに食べておこうかな

っていうのってなかったんですか。

福原≫本当ですよね。
しっかりしてって。

でも

望生たんって呼んでるんですけど
毎日、私がぎりぎりまで

納豆混ぜてたりとか

キャリーバッグにものが
入らなくて

閉まらないって言って
望生たんに乗ってもらって

必死になって一緒に閉めたり。

早くしてよって。
近藤≫富田さんの方が

年下なんですね。でも頼れる存在。

精神的には。
足立≫週に3回会われた時もある

っておっしゃっていましたけど。

福原≫ドライブがお互い好きなの
でドライブして

いろいろな話をして
今大阪であまり会えないので

電話して
相談に乗ってもらったり

お互いの近況を報告のようなもの
をして本当に支えられています。

近藤≫年下だけど
ドライブはどっちが

運転するんですか。
福原≫お互い運転するんです。

近藤≫そこは交代で。
石井≫次は高橋さんに

舞い上がっているという
この方からです。

バイオリニストとして

活躍する高嶋ちさ子さん。
高橋さんとは

家族ぐるみのおつきあい。

高嶋≫初めてお会いした時は
子どもの習い事が一緒で

その時にお会いして。

…から、伝えとけとか
いろんなことすごい言われてて。

これ言っちゃっていいのか
分かんないんだけど

往生際が悪いっていうか
なんて言うんだろうな…

例えば、私の知ってる人の中で…

だから自分が送ったLINEが
これ違ったみたいな

送信取り消しが
めちゃくちゃ多いの。多分ね…

あれ、なんの意味があって?

だから完璧主義なのか。

これ一度いつか聞いてみようかな
って思ってたことなんですけどね。

そんな高橋さんへ
高嶋さんから、あるお願いが。

デビュー25周年コンサートで。

…って言われたんだけど…

…って言って
無理やりお願いしたら

いや、これがねえ…

♪~

やっぱり真面目だから…

またネチネチぬちゃぬちゃ
なんかこう本当にやるって

言やいいじゃんみたいな。

感じのやり取りを

結構やった思い出があって。

克典さん、チェロの練習
適度に頑張ってください。

またごはん食べ行きましょう。

<拍手>

近藤≫言ってもいいのかなって

言いながら結構なことを
おっしゃっていましたね。

往生際が悪いって、
そうなんですか。

高橋≫いつも

いじめられています。
近藤≫送信取り消しが

めちゃくちゃ多いって。
高橋≫言いたい言葉

いろいろあるわけですよ。
でも逆襲を考えるとね

やめておこうかなって。
近藤≫意を決して送るけど

怒られちゃうかもって。

高橋≫既読がついていないって

消すんですよ。
チェロだって

やれっていうから

一生懸命練習して

朝ドラの撮影があるじゃないです
か、長期の時に、持ってきて

大阪のスタジオで練習して
精いっぱいやっていたら

全然おもしろくないって。

テレビなんだからさって
やれって言ったじゃんって。

近藤≫頑張ったのに。
おもしろくないってだめ出しを

されちゃって。

足立≫昔一度、チェロを
されていたりとか。

高橋≫クラシックの番組の司会を
していた時にちょっとだけだった

んですが、覚えてないんですよ。
発表会は「かえるの歌」でした。

今回はクラシックの曲で。

近藤≫いちからまた
練習されたということですよね。

高橋≫しかも大阪城ホールで
1万人のお客様。

足立≫適度にって
言われてましたね。

高橋≫好きになっちゃって
すごく練習したんですよ。

だからもう
うまくなっちゃおうかなって。

近藤≫また出てって言われたら?

高橋≫ことによりますね。

いっつもむちゃ振りなんで

今朝も恐ろしいLINEがきて
見て見ぬふりをしています。

近藤≫既読無視してるんですね。

高橋≫既読にしちゃったんですよ
うっかり。どうしようって。

近藤≫お二人ともいいお友達が
いらっしゃって。

逆襲がね。

でも高嶋さんと

ご家族で仲がいいんですね。

高橋≫子どもどうしも学年が

近かったり同じ学校なので

彼女も、僕の学校の4つ下の
後輩なんですよ。

初めはそういうところから

入ったんですけど、もう全然
近藤≫いつの間にか先輩後輩が。

高橋≫なんだと思ってるんだと。
怒られっぱなしです。

でも、大したもんですね。
本当に。

近藤≫残り時間も
あと僅かになりました。

「舞いあがれ!」について

メッセージを高橋さんから
お願いします。

高橋≫来週から舞が

大阪に戻ってきて

子舞がこの1週間で終わり、

最後に芭路ちゃんが出てきます。
今とってもどきどきしていると

思うんですね。
これからはさらに

憧れと夢をかなえる方に
ポジティブな話になっていきます。

応援してあげてください。
お願いします。

<拍手>

福原≫本当に今、この世の中大変
なこともあったりして

前に踏み出す勇気みたいなものが
自分もそうなんですが

なかなか出せなかったりする中で

この作品を見て
舞ちゃんもどんどん成長して

自分の夢に向かって
頑張っていくので

その姿を見て、少しでも皆さんに
勇気を届けられたら

うれしいと思います。

ぜひ見てください。
<拍手>

高橋≫いい言葉とかいいシーンが
たくさん出てきます。

ぜひ見てください。

石井≫今回の「土スタ」は

NHKオンデマンドでも
ご覧いただけます。

福原さん、いかがでしたか。