健康カプセル!ゲンキの時間[解][字]【貧血あなたは大丈夫?危険な病が潜んでいるかも!?】…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

健康カプセル!ゲンキの時間[解][字]【貧血あなたは大丈夫?危険な病が潜んでいるかも!?】

「貧血」は軽く考えてしまいがちですが、高齢者の貧血には持病を悪化させるものや、命に関わる危険な病気が潜んでいるケースも!?そんな貧血について専門医が詳しく伝授!

詳細情報
番組内容
血液の病気で代表的なのが「貧血」。 日本人女性の5人に1人、男性は10人に1人いるというデータもあるそうです。 たかが貧血…と軽く考えてしまいがちですが、高齢者の貧血には持病を悪化させるものや、命に関わる危険な病気が潜んでいるケースも多いのだとか。 そんな貧血について専門医に詳しく教えてもらいます。
番組内容2
●そもそも貧血とは? ●立ちくらみ=貧血ではない!? ●あなたは大丈夫!?貧血セルフチェック ●貧血が悪影響を与える病 ●認知症と貧血の関係 ●高齢者の貧血の原因には、命に関わるものも!?
主な出演者
【メインMC】石丸幹二 【サブMC】坂下千里子 【進行】コカドケンタロウ(ロッチ) 【ゲスト】松本明子
みどころ
専門ドクターが監修し、すぐに役立つ健康情報を様々なテーマでご紹介。 身近な健康問題とその改善法を楽しく学べます。
公式ページ
▼番組HP https://hicbc.com/tv/genki/
おことわり
番組内容や出演者、放送時間などは都合により変更となる場合があります。

ジャンル :
情報/ワイドショー – 健康・医療
ドキュメンタリー/教養 – 宇宙・科学・医学
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 貧血
  2. 宮腰
  3. 高齢者
  4. ヘモグロビン
  5. 宮腰先生
  6. 原因
  7. 赤血球
  8. コカド
  9. 悪化
  10. 血液
  11. 先生
  12. 山田
  13. 松本
  14. 病気
  15. 身体
  16. 認知症
  17. 吉田
  18. 狭心症
  19. 酸素
  20. 症状

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



TBS
created by Rinker
エンスカイ(ENSKY)

<突然ですが クイズです>

<およそ4リットル>

<こちら 私達の身体の中にある>

<あるものの量を示しています>

<皆さん 何だと思いますか?>

4リッターも
入ってんだ

<そんな血液の病気で
代表的なのが…>

<日本人の女性の5人に1人>

<男性は
10人に1人いるというデータも>

<でも 皆さんの中には
貧血ってよく聞くし>

<たかが貧血と
気にしていない方も多いのでは?>

<その考えに
警鐘を鳴らすのは>

<高齢者の
貧血治療のエキスパート>

<宮腰先生>

特に高齢者の貧血は

持病を悪化させたり

命に関わる
危険な病気が

潜んでいるケースが
多いんです

そこで 今回は

たかが貧血と
侮ることなかれ

実は とても怖い
高齢者の貧血を

徹底リサーチします

<経験者が語る
基礎疾患を悪化させる貧血の怖さ>

<今朝は…>

<…に迫ります>

おはようございます

今朝のテーマは…

僕 実はね これまで

あんまり… ひと事なんです
とっても ひと事なんですけど

坂下さん どうですか?
私…

でも やっぱり

5人に1人だし まあまあ
多いんじゃないかなと思って

ちょっと

検診の時に
「貧血気味ですから」っていう

「鉄分よくとってくださいね」
っていうのは

言われたことあるんですけど

ちょっと 皆さん

えっ 甘いですか?

まず

貧血といえば…

えっ 何?

その辺りですね
早速 先生に伺っていきましょう

東京都健康長寿医療センター
血液内科の宮腰先生です

よろしくお願いします
どうぞよろしくお願いいたします

<いわゆる立ちくらみは>

<一時的な
脳の血流不足が原因の場合が多く>

<低血圧や自律神経の乱れが原因と
考えられています>

<貧血は
血中ヘモグロビンの量が>

<男性で13g/dL未満>

<女性は12g/dL未満になった
血液の状態のこと>

<血液検査の結果が
分からなくても>

<自分でチェックすることもできます>

<皆さん いかがですか?>

2と3
明子さんは?

石丸さんは
いかがですか?

全くない?

ない ない?

そうなの?
はい

身体の中が悪くて黒い
じゃないです

違うの?

ちょっと じゃあ 先生
今の結果で どうですか?

必要があると
思いますね

はい そこで
本当に怖い高齢者の貧血

実際に患者さんの話を伺いました
ご覧ください

<こちらの方は 4年前から>

<宮腰先生の治療を受けている
山田さん>

<貧血が ある基礎疾患を
悪化させていたといいます>

<若い頃から
ヘモグロビンの数値が基準より低く>

<貧血気味だった山田さん>

<ただ
気になる自覚症状もないので>

<そのまま放置していたそう>

<数値が下がり…>

すごい

<少し歩いただけで 胸が痛くなり>

<息切れの症状が出るようになった
山田さん>

<実は これ>

<していたんです>

<その>

と診断されています

<そもそも 狭心症とは…>

<心臓の機能が低下し>

<胸の痛みや
息切れなどを引き起こします>

<山田さんは 中でも
心臓の>

<のが特徴なんですが…>

<重要なのが 赤血球の主成分…>

<これが少ないと
貧血と診断されますが…>

<ここで
石丸さんにクイズ!>

<このヘモグロビン
主な成分は何でしょう?>

う~ん…

3!

<正解は…>

さすが!

<ヘモグロビンの「ヘム」は 鉄>

<「グロビン」は たんぱく質のこと>

<つまり 鉄分が不足すると>

<ヘモグロビンがうまく作られず
貧血になってしまうんです>

<鉄分が不足すると
爪が割れやすくなったり>

<薄くなり スプーン状に
なることもあるそうです>

<ここで コカドのヘモグロビンの値を
見てもらうことに!>

ありません? よかったです
(宮腰)よかったです

<コカドは
問題ありませんでした>

<ここで 松本さんにクイズです>

<貧血の人の血液は
何色でしょうか?>

<コカドの血液の色をヒントに
お答えください>

貧血じゃなかったんだから

貧血の人は

<正解は…>

で これが コカドさんの…

こちらの方が採血した
僕の血の色…

(宮腰)色ですね
で こちらが

ヘモグロビンが4の人の…

大体6分の1から5分の1ぐらいの…

薄いですね
(宮腰)薄く感じますよね

全部こっちだな
今まで見てきた血は

<正解は 「薄い赤」>

<血液の赤い色を生み出している
赤血球の数が少ないと>

<こんなふうに薄く見えるんです>

<山田さんの狭心症の症状が
強く出ていた頃は>

<ちょうど この色ぐらい
だったことになります>

<この>

<軽く あっかんべーをして>

<全体が白く見える方は>

<貧血の可能性があるそうです>

<ここで 3人も 先生に
チェックしてもらうことに!>

舌 出さなくていいんですけど

では ちょっと
診ていただきましょうか

千里子さんから あっかんべーを

目だけ見たいんで…

やってもいいですよ 別に

あっかんべー

先生 いかがですか?

おお!
ない?

(宮腰)はい
はぁ~ 嬉しい

<石丸さん 松本さんも
貧血の症状は見られませんでした>

<そして 先ほどの>

<コカドと
貧血の人の血液ですが>

これは?

それが赤血球

<これは コカドの血液を
顕微鏡で見たもの>

<数が多い
丸い形のものが赤血球です>

<では>

(宮腰)こんな感じです

さっきは

少ないですね

<これが>

<赤血球の数や形に注目すると…>

<コカドのものに比べ 数が少なく>

<形もいびつなものが多いのが
分かります>

<真ん中が白くなっているのは>

<赤血球の中の
ヘモグロビンの量が少なく>

<平べったくなった状態
なんだそう>

<そもそも ヘモグロビンは>

<酸素を身体の隅々まで運ぶ>

<配達員のような役割を
担っています>

<この配達員の数が
減った状態が貧血>

<こうなると
身体に十分な酸素を運ぶために>

<心臓は フル稼働>

<基礎疾患がない
若いうちは>

<大した自覚症状は
出ないんですが…>

<山田さんのように
狭心症を持った方は>

<その症状が悪化してしまうことが
あるんです>

<また 先ほどの
チェックにあったように>

<酸素の供給が不足すると
顔色が悪くなったり>

<疲れやすくなったりするそう>

<皆さん 日頃から
注意してください>

例えば 認知症が悪化する
ということがあります

<このあと 認知症と貧血の
驚きの関係をご紹介>

その原因が 実は

<20年以上 宮腰先生のもとで
貧血の治療を受けているという>

<田中さんは>

<86歳という年齢もあり>

<認知機能が
落ちてきていたそう>

<そんなある日
診察のため病院を訪れると…>

誰? この人

先生 宮腰先生よ 病院

(宮腰)すいません ちょっと
手 見せてもらっていいですか?

(田中)嫌
(女性)大丈夫 診察だから

すみません

それを

とかって言って…

ということも
ありますので

<輸血を終えると
認知機能は元に戻ったそう>

っていうことだと思います

それで
認知症も悪化していく…

で ちゃんと

(宮腰)まあ 認知症が
治るわけではないんですけども

悪化してた分が元に戻る…
戻るっていうことがあります

へえ~

<高齢になり
脳の機能が低下した上に>

<貧血で
酸素の供給が減ると>

<認知機能の低下を
招くことがあるそう>

<狭心症や認知症の症状悪化を
引き起こす 貧血>

<怖いのは
それだけではありません>

その原因が 実は

はあ~ あっ…

すごい 何か

今 すごく怖い
気持ち的に何か ちょっと…

ダメですね いけませんね
ねえ

はい 私 もう

そうですか そうですね

アッコさん いきましょうか
(松本)え~!

筋肉もありますよね

B 肝臓?
B 肝臓

はい じゃあ 石丸さん
僕は

A 骨
(松本)骨?

何となく
そんなイメージがあります

何となく? さあ 正解が
もう分かってるという千里子さん

ホントは

ありがとうございます
もういいです いいです

B 肝臓?
はい

飲んでて…

なるほど

えっ…

先生 悪くないんですよ 何にも

骨髄バンクとかいうのもね
骨髄ね はいはい はいはい

そこの部屋の中に

<気づかず放置しておくと
白血病になる恐れがある>

<怖い病気だったんです>

<これは 高齢者の貧血の
原因を示した円グラフ>

<このように
高齢者の貧血には>

<様々な病気が
隠れており>

<たかが貧血と>

<あるといいます>

<このあとは
高齢者には絶対知ってほしい>

<貧血の意外な原因に迫ります!>

<貧血の疑いがあり
近所のクリニックから>

<宮腰先生を紹介されたという
吉田さん 70歳>

<宮腰先生が
血液検査の結果から>

(宮腰)うん?
手 どうされました?

何か 最近 年のせいか

手の関節が痛むんですよ

<手の関節が痛いという
吉田さんの ひと言から>

<ある病気が原因にあるのではと
考えたそう>

膠原病かもしれませんね

詳しく調べてみましょう

<高齢者の貧血の原因>

<膠原病>

<吉田さんは 膠原病の中でも
最も患者数が多い>

<関節リウマチでした>

<では
膠原病と貧血には>

<どのような関係が
あるんでしょうか?>

という物質が
身体の中にいっぱい出てきます

その物質の一つが
腎臓のエリスロポエチン

赤血球を作るために必要な
ホルモンなんですけど

そこの働きを悪くしたりとか

<リウマチなど
関節に長く炎症が続くと>

<サイトカインという物質が発生>

<これが
赤血球に悪影響を与えます>

<まずは>

<さらに>

<吉田さんの貧血は>

へえ~
(松本)へえ~

<には 命に関わるものも>

悪性腫瘍 がんも そうなんですね

それが一番多いんですね
(宮腰)はい

高齢者は もちろん がん…

2人に1人 がん 経験すると
いわれてますけれども

<他にも
大腸や胃など>

<体内で出血を
起こしている場合や>

<腎臓に
疾患を抱えた方も>

<貧血に
なりやすいそうです>

<重い病気のサインの可能性も
あるので>

怖いですね
ちょっと 最初

バカバカですね

ねえ

そうですね
先生

かなと思います

要注意ですね
注意ですね

宮腰先生 本日は
どうもありがとうございました

ありがとうございました
(松本)ありがとうございました

<次回は 侮れない「シコリ」>

<実は それ>

<名医が>

さあ それでは 皆さん
元気で素敵な毎日を!

また来週 お会いしましょう

<今日の「がっちりマンデー!!」は…>