NHK地域局発 茨城SP「水戸も舞台!“青天を衝(つ)け”見どころ徹底紹介」[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

NHK地域局発 茨城SP「水戸も舞台!“青天を衝(つ)け”見どころ徹底紹介」[字]

大河ドラマ「青天を衝け」の主人公、渋沢栄一は水戸学に影響を受け、幕末の乱世に立ち向かう。水戸とドラマのつながりや見どころを出演者のインタビューを交え紹介する。

番組内容
大河ドラマ「青天を衝(つ)け」の主人公、渋沢栄一は水戸学に影響を受け、幕末の乱世に立ち向かう。15代将軍、徳川慶喜は水戸学を発展させた父で水戸藩主の徳川斉昭による厳しい教育を受けて育った。慶喜の存在なくして栄一は語れない。水戸とドラマのつながりや見どころを斉昭役竹中直人さんや慶喜役草彅剛さんのインタビューを交えてたっぷりと紹介する。
出演者
【出演】竹中直人,津田寛治,草彅剛,中村慶子

ジャンル :
情報/ワイドショー – 番組紹介・お知らせ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 栄一
  2. 斉昭
  3. 慶喜
  4. 水戸
  5. 撮影
  6. 青天
  7. 弘道館
  8. ドラマ
  9. 水戸学
  10. シーン
  11. 茨城
  12. 最後
  13. 将軍
  14. 水戸藩士
  15. 徳川慶喜
  16. 講演
  17. 大河ドラマ
  18. 渋沢栄一
  19. 水戸藩
  20. 追鳥狩

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



NHK
created by Rinker
エンスカイ(ENSKY)
¥512 (2021/06/13 22:02:57時点 Amazon調べ-詳細)

渋沢栄一でございます!

いよいよ始まる 大河ドラマ「青天を衝け」。

主人公は…

そして 最後の将軍 徳川慶喜が
重要な人物として登場します。

言いたいことは それだけか。

否! まだ山ほどございまする!

渋沢栄一は 徳川慶喜に仕え

その後 実業家として
数々の功績を残します。

江戸は東照大権現様の作った
日本一の町だ。

演じるのは 俳優 吉沢 亮さんです。

このドラマ 実は
水戸抜きには語れません!

水戸藩出身の徳川慶喜は

江戸時代の終えんを
決意した人物。

演じるのは 草 剛さんです。

水戸藩ゆかりの人物が
数多く登場。

竹中直人さん演じる慶喜の父
水戸藩主 徳川斉昭。

水戸から初めて出る
征夷大将軍になれるやもしれぬぞ!

水戸藩士 武田耕雲斎や

藤田東湖も登場します。

それだけではありません。

実際に水戸の市内で
撮影も行われました!

牛乳を飲むを一生続けること。

今日の「茨城スペシャル」は

茨城県の皆さん 必見!

水戸も舞台となる 大河ドラマ
「青天を衝け」の見どころを

たっぷりご紹介します!

今日は 水戸にあります
弘道館に来ています。

ここは 江戸時代に出来た
日本最大級の藩校で

水戸藩士たちが
学問や武術に励んだ場所です。

現在は 国の重要文化財に指定され

地元の人に愛され続けています。

今回 「青天を衝け」では
実際に この場所で撮影が行われました!

当主たるもの 常に乾いておらねばならぬ。

湿る ぬれるは万病のもと。

常にカラカラ カサカサに
乾いておらねばならぬ。

はい。 では テスト。

撮影が行われれたのは 去年11月。

はい 本番 よ~い…。

「青天を衝け」は
高精細な4Kで撮影を行い

BS4Kでも放送されます。

はい カット オッケー。

この日は 幼き徳川慶喜 七郎麻呂が
剣術を学ぶシーン。

奮起させねばならん。

竹中直人さん演じる 父 斉昭から

藩主としての 心構えを
説かれるシーンなどが撮影されました。

健康によいと 斉昭が
毎日食べるように命じた食事も

再現されました。

それが こちら。

更に 農民への感謝を忘れないために

最初の一箸のごはんを
笠の上にお供えしたという

農人形も再現しました。

よいか 七郎麻呂。

長命の秘訣は 毎日黒豆を100粒ずつ食べ
牛乳を飲むを一生続けること。

この日に至るまで
撮影チームと県や市の担当者は

2年ほど前から 準備を続けてきました。

重要文化財の中での
撮影ということで

細心の注意が払われました。

庭も 重要文化財の一部のため

傷つけないように板を敷き 機材を搬入。

美術セットを置く際も
廊下や壁に養生をして保護します。

撮影に協力してくださった
地元の方の一人です。

斉昭が建てた弘道館で
ロケが行われたことで

「大河ドラマ」への期待が
高まったといいます。

国を思い
気性の激しい藩主として描かれる

徳川斉昭役の竹中直人さんに
お話を伺いました。

斉昭の言葉 一つ一つが
本当に胸にしみるというか

そういう言葉を 自分が 今
「大河ドラマ」で 再び 斉昭として

この日本を思う言葉を

ものすごいテンションで
うわ~っと言うわけですけど

そういうことができる
「大河ドラマ」でしかないと思いますね。

やはり 斉昭公が建てた
っていう場所でもあるし

ちょっと怖いです 今。

今日も 一日 ず~っと
チェックされてたような

何か じ~っと誰かに見られてるような
気配は感じてたんです。

だから 一発で 決めなきゃいけない
っていうね

そういう緊張感が ずっとあった…。

何か すごい
本能的に感じるエネルギーが

わ~っと舞い降りてきてる
空気なんですよ。

また来たいなと思いましたね。

茨城の皆さん
どんなことにも負けないで

はじき返して 生きていきましょう!

是非 「青天を衝け」
楽しみに待っていてください。

今回の弘道館ロケでは

斉昭を支えた
側近の水戸藩士の活躍も撮影されました。

太平の世は終わった。 そなたは…。

殿!

殿 一大事でございます。
何じゃ!

公儀より使いが参りまして
即刻江戸へと上れとのこと。

何じゃと?

殿!

斉昭が信頼を置く側近
水戸藩士の武田耕雲斎を演じるのは

俳優の津田寛治さんです。

竹中さんとは
30年来の仲だという津田さん。

リハーサルでは こんなやり取りも!

殿!
うるさい!

(笑い声)
殿 一大事でございます。 何じゃ!

即刻江戸へと上れとのこと。

何じゃと?
お主 その口にしとるものは何じゃ。

これは マスクと申しまして…。
(笑い声)

はい カット!

撮影が終わった津田さんにも
お話を伺いました。

水戸駅に たどりついた瞬間 町自体が
異様な空気を放ってる所だなと…。

もう やっぱ 水戸藩なんですよね。

2020年なんですけど
そこの空気感って もう 水戸藩で

津田さん そこが弘道館ですよ
ってなった瞬間

やっぱり ここから こう ぶわ~っと

水戸の町全体に ここから
パワーが出てるんだっていう…。

だから 今日は ちょっと
普通の撮影と違ってました 気持ちが。

どんどん どんどん 現場に着く度に
自分の中に沸々と

耕雲斎さんの思いが
入ってくるのが感じられましたね。

喜んでらっしゃるんだな
という気がしましたね。

武田耕雲斎さんは
水戸藩士の中の水戸藩士という方で

もう 本当に鑑だと思うんですね。

気高く誇り高い人だったと思うし

やっぱり 演じるにあたって
襟が正される思いはありましたね。

斉昭を支える 水戸藩士たちの活躍にも
注目です!

水戸藩から出た 最後の将軍
徳川慶喜を演じる 草 剛さん。

今回 特別に
インタビューさせていただきました!

15代将軍で 最後の将軍って
どのように幕府を終わらせたのかとか

何か こう そうなんですよね 何か

ちょっと こう こういう人だ
一筋縄でいかないようなね

人物というか そこに 何か こう
奥ゆかしさだったりとか

つかみどころがなかったりとか…。

なかなかね 面白いとこでもあるなとも
思うんですけど

でも 何か 優しい人なのかなって
ちょっと 今 思ってます 何か やってて。

すごい とても大きな存在だと思いますね。

シーンでも 少し描かれてるんですけど
厳しさだったり 愛情だったりとか

竹中さんのお芝居でも
すごく感じますし…。

たくさん 斉昭の子供がいる中でも

何か こう 特に
かわいがってくれたんじゃないかなと。

斉昭の やっぱ 愛情がなかったら慶喜も

もしかしたら 将軍に
なってなかったんじゃないかなと…。

斉昭あってこその やっぱ 慶喜っていう
一つのセットっていうか…。

茨城・水戸から慶喜は
スタートしたんだなっていうところが

やっぱりね 茨城の方はね
見ていて 親近感が湧くと思うし

何か 誇らしいと思うし そっか 水戸から
まさか将軍が! っていう

将軍が生まれたのか? っていう
是非 茨城の皆さんに

慶喜を好きになってもらいたいし

楽しんで 慶喜ひいきで
見ていただけたらなと思ってます。

「青天を衝け」と水戸との関わり
更に見ていきましょう!

ここ弘道館で発展したのが
水戸学という学問です。

実は この水戸学が

主人公 渋沢栄一に
大きな影響を与えたんです。

栄一と水戸学の関係が
分かるシーンが こちら。

水戸様はすばらしい!

私も これからは水戸の教えを学び

自分なりに
日の本のことを考えたいんです。

若き栄一が学んでいたのが 水戸の教え。

水戸学です。

水戸学は 天皇を尊び

外国を追い払おうという
尊王攘夷の精神に基づく学問です。

江戸時代末期 日本近海に姿を現した
外国船が描かれた絵です。

当時 こうした船を
脅威と感じた人々もいました。

その様子が ドラマでも描かれています。

見たこともねえ船だ!

<そのころ 限られた国としか
つきあいのなかった日本に

多くの外国船が 国交を求めて
訪れるようになっていました>

ドラマの監修もされた 永井 博さんは

水戸学と尊王攘夷の広がりについて
このように解説します。

水戸学から 尊王攘夷に傾倒してゆく栄一。

ドラマでは
どう描かれていくんでしょうか?

更に ドラマで描かれる あるシーン。

こちらの資料が 基になっているんです。

追鳥狩は 狩りの形をとった軍事演習で

もう一つの目的は
外国の侵略が迫っているのを

人々の心に植え付けることでした。

水戸藩主の徳川斉昭は 追鳥狩を通じて
尊王攘夷を強く訴えたのです。

去年10月 斉昭役の
竹中直人さんが参加して

追鳥狩の撮影が行われました。

よ~い…。

栃木県の那須塩原で行われた撮影には

茨城からも およそ40人の
エキストラが参加。

スケールの大きな撮影となりました。

当時 人々の大きな注目を集めたという
追鳥狩。

ドラマの第1話に登場します。

(太鼓の音)

放て!

(砲声)

放て! 放て!
(砲声)

もちろん 竹中さん演じる
水戸藩主 徳川斉昭の活躍からも

目が離せませんよ!

ここで ドラマが更に楽しめる

水戸市内の「青天を衝け」スポットを
ご紹介します!

ロケが行われた弘道館の すぐ近くにある
水戸城の正門 大手門。

明治時代に解体されたとされていますが
去年 復元されました。

見上げてみると この大きさ!

大手門の470メートルほど先には

今年 ほぼ完成した 二の丸角櫓の姿も。

こちらは 常磐神社にある義烈館。

斉昭が 追鳥狩で打ち鳴らしたという
大陣太鼓です!

(太鼓の音)

放て!

胴回りは なんと470センチ。

彫られた文字は 斉昭の自筆です。

手前にあるのは 斉昭が作らせた大砲。

自ら書いた 太極の文字が
彫られています。

こちらは…

境内の横にあるのが…。

斉昭が考案した戦車 安神車。

日本最古の戦車といわれています。

薄い鉄板で守られた車内に人が入り

小窓から銃が撃てるように
なっていました。

斉昭や慶喜ゆかりの地を歩いて

水戸で 「青天を衝け」の世界を
感じてみませんか?

「青天を衝け」のロケも行われた
弘道館ですが

実は 渋沢栄一も
晩年 弘道館を訪れていたそうなんです。

こちらの部屋で
栄一は 大勢の人たちを前に

講演をしたのではないか
ということなんですが…。

なぜ 栄一は 水戸を訪れたのでしょうか?

栄一が 弘道館で行った講演で
語った言葉が残されています。

ドラマでは 一橋慶喜 後の徳川慶喜と
栄一が出会うシーンが

印象的に描かれます。

あなた様が その大事なお役目を
果たされたいとお思いならば

どうか
この渋沢をお取り立てくださいませ!

慶喜に仕えたことで

栄一の運命は
大きく変わりました。

栄一は 財政改革で手腕を発揮し
慶喜の信頼を得ます。

パリ万国博覧会の
随員に選ばれた栄一は

慶喜の弟で
後に水戸藩主となる 徳川昭武と共に

フランスに赴きます。

ドラマでは 徳川昭武との関係も
描かれることになっています。

楽しみですね。

昭武と共に欧州に滞在した栄一は

株式会社や 銀行の仕組みを学び

明治時代 日本初の銀行や製造業
鉄道 ホテルなど

500もの株式会社を設立。

近代日本経済の父と呼ばれました。

栄一の活躍は 水戸藩ゆかりの2人

徳川慶喜と昭武との出会いがなければ
なかったかもしれません。

お互い こう… なくてはならない
存在になっていくのかなと。

最後の最後まで
栄一が 将軍やめてからも

そばにいてくれたりするので

何か 非常に やっぱ
特別な存在になっていくのかなと

2人で いいシーンを
築き上げていけたらなと思ってます。

そして 栄一は
生涯 慶喜への恩義を忘れませんでした。

弘道館で 講演した際には

慶喜が過ごした部屋を
見て回ったのではないかといいます。

慶喜は 至善堂という この部屋で
幼少期に学び

大政奉還後の明治元年に
およそ4か月の謹慎をしていました。

栄一は 水戸への深い思いを
生涯 抱き続けました。

水戸市内には もう一つ
栄一の足跡があります。

弘道館の講演の翌日

栄一は 現在の水戸商業高校でも
講演を行っていたのです。

こちらになります。

当時の記録が残されていました。

こちらの方に…

栄一は その生涯の経験から
商業を学ぶ生徒たちに対し

人格を磨くことが
最も大切だと説いたといいます。

栄一が講演を行った
当時の講堂の壁には

若い頃学んだ 水戸学の理念が書かれた
「弘道館記」の拓本。

そして 歴代藩主と思われる肖像画が

誇らしく飾られていました。

渋沢栄一の生涯に
水戸がどのように関わってゆくのか。

注目して
大河ドラマ「青天を衝け」をご覧ください。

最後に出演者の方々から

茨城県の皆さんに
メッセージを頂きました。

皆さんの力を
僕も こう エネルギーに変えて

慶喜をね 最後まで演じたいと思います。

茨城の皆さんの応援が少ないと
慶喜の力がなくなってしまいますので

よろしくお願いします。

茨城の皆さん…。
「青天を衝け」。

(2人)是非 楽しみにしていて
くださいね~!