朝だ!生です旅サラダ 台湾&韓国&シンガポール!中村玉緒の旅▽NY&ブルガリア[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

朝だ!生です旅サラダ 台湾&韓国&シンガポール!中村玉緒の旅▽NY&ブルガリア[字]

大興奮…ニューヨークで新体験!ブルガリア長寿の町でヨーグルト手作り▽中村玉緒&勝俣州和の海外珍道中…台湾・最高級フカヒレ料理&シンガポール屋台巡り!韓国で焼き肉

詳細情報
◇番組内容1
【ゲストの旅~特選集】
中村玉緒さんが大好きな3カ国…韓国、台湾、シンガポールを巡ります。
●ソウルで名物の焼き肉とカニの醤油漬け・カンジャンケジャンを堪能!
●勝俣州和との2人旅~台湾ではパワースポット&最高級フカヒレ料理!シンガポールではローカルフード多国籍グルメを満喫!
◇番組内容2
【広瀬未花の忘れられない世界】
海外の旅を案内している「旅サラダガールズ」が、これまでに訪れた世界の忘れられない風景や文化、人との出会いを振り返ります。
●アメリカ・ニューヨーク~自由の女神を眺めながらボートツアーでびしょ濡れ!?
●ブルガリア~長生きの秘訣…ヨーグルト作りに挑戦!
◇番組内容3
【生中継のコーナー】
ラッシャー板前が兵庫県明石市からリポート!関西有数の漁港・明石浦漁港から“美味しい春の魚”をご紹介!「春告魚」と言われ、まさに今が旬の魚…クロメバル!さらに、この時期しか食べられない高級食材を使った絶品料理も!プレゼントもあります!
◇番組内容4
【東留伽が行く!日本縦断コレうまの旅】
「3代目プレゼントソムリエ」新人アナウンサー・東留伽が、番組レギュラー・三船美佳オススメのグルメをご紹介!
●オシャレかつ豪快なチキンカレー!?
●ジャーキーとドライフルーツのお店!?
●お家でハワイ気分セット!?
プレゼントは…?
◇出演者
【ゲスト】中村玉緒
【レギュラー】神田正輝、向井亜紀、勝俣州和、三船美佳、ラッシャー板前、広瀬未花(旅サラダガールズ)、東留伽(ABCテレビアナウンサー)
◇音楽
【公式テーマソング】
『君を探しに』F-BLOOD(藤井フミヤ&藤井尚之)
◇おしらせ
番組公式Facebook、Instagramやってますっ!
【番組HP】http://www.asahi.co.jp/tsalad/
【Facebook】https://www.facebook.com/tabisalad/
【Instagram】https://www.instagram.com/tabisalad/

ジャンル :
情報/ワイドショー – グルメ・料理
バラエティ – 旅バラエティ
趣味/教育 – 旅・釣り・アウトドア

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 玉緒
  2. お店
  3. お肉
  4. エビ
  5. 本当
  6. 高山
  7. クロメバル
  8. ジャーキー
  9. ヨーグルト
  10. 元気
  11. 大丈夫
  12. イイダコ
  13. 台湾
  14. お願い
  15. マンハッタン
  16. 一緒
  17. 時間
  18. 世界
  19. 大好
  20. 美佳

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



当番組は同時入力のため、誤字脱字が
発生する場合があります。

また、内容により字幕放送を中断させて
いただく場合があります。

焼き肉でございます。
本当にとろけるんでございますよ。

まだ食べるんですか!?
イセエビぐらい、でかいっすよ!

痛い! 痛い痛い、これ何ですの?
どうしたんですか?

世界一の繁華街に来たっていう感じが
しますよね。

乳搾りしてる。
ああ、おいしそ~。

当番組は同時入力のため、誤字脱字が
発生する場合があります。

また、内容により字幕放送を中断させて
いただく場合があります。

おはようございます。

2021年3月6日

土曜日の朝です。

さあ、きょうはですね、

1967年に

日本航空が

世界一周の便を周航した日。

夢がある。

すごいでしょう。
世界一周って、

夢だったんだもんね。
ですよね。

だから、きょうは旅サラダにぴったりな
日ですね。

本当ですね。
スタジオには旅サラダガールズの広瀬未

花ちゃんと東留伽アナウンサー。
おはようございます。

きょうはね、このあと、しゃべる機会が
ないかもしれないけど、

自主的に参加してください。
分かりました。

さあ、ご紹介しましょう。

すてきなお客様です。

中村玉緒さんです。

よろしくお願いします。
おはようございます。

ありがとうございます。

おはようございます。

どうぞよろしくお願いいたします。

お座りください。
ありがとうございます。

あら、おきれいでね、いつも。

ありがとうございます。
やっぱりね、ふだんはね、

洋服なんですけど、やっぱり着物をね。

玉緒の着物もやっております。

宣伝も忘れないで。

さあ、きょうはこういうことで、

1年半ぶり。

時間にはまるかどうかが分からなくなっ
てきましたけど、

おととし、かっちゃんと一緒にね。
京都に行かれましたね。

はい、行きました。
11月ね。

それ以来ですから、ちょっと時間があい
て。

お元気でしたか?
お元気です。

お元気ですって、

自分のことを…。

水谷アヤコさんと

水谷アヤコさんは

今、ショーをやっていらっしゃって、

同い年なんですよ。
五月みどりさんは箱根のほうで

お土産物屋さんをやって、私もプレゼン
トされたりしてね、

みんな、この年の人、

いや、失礼ですけど、着物は着ているけ
ど、

性格は男みたいで。
そうですね。

そうです。
アクティブですよね。

このままほうっておくと、

ずっと長くなってしまうので、

玉緒さんの旅は

後ほどの楽しみということで、きょうは
ですね、

ラッシャーさんが現場に出てます。
中継に。

呼んでみましょう。
呼んでいいですか?

ラッシャーさん!
ハーイ!

きょうはですね、

兵庫県は明石市にあります

関西有数の漁港、

明石浦漁港にお邪魔しております。

先ほど見えていたのが

明石海峡大橋ですね。

全国の皆さん、スタジオの皆さん、

おはようございます。
久々、

生中継の現場に帰ってまいりました。
いいですね、

海の香り、

磯の香り、

ああ、おいしいです。

さあ、日も差してきましたよ。

後ろね、

きょう解禁になった

イカナゴの漁から帰ってきました。
お帰りなさい。

見えてますかね。
カメラさん、撮れるかな。

あれがイカナゴです。

こんなちっちゃい小魚ですけど。

きょう解禁ですって、ご苦労さまでした。
さあ、まずは

パートナーを紹介しましょう。
どうぞ。

皆さん、おはようございます。
朝日放送テレビ津田理帆です。

よろしくお願いいたします。
ラッシャーさん、お久しぶりです。

お久しぶりです。
イエーイ!

イエーイ、お願いします。
さあ、きょうはですね、全国に知られる

おいしい魚の水揚げ産地、明石から、春
を告げる魚、春告げ魚(はるつげうお)

をご紹介します。
春告げ魚?

いいですね。

教えてくださるのは、この中継おなじみ

この方です!
来た来た来た。

おはようございます。
イエーイ。

高山さん。
明石浦といったら高山さん。

高山さん、何回目になりました?
5回目。

旅サラダ、5回目。

神田さんにもう一度。

神田さん、お元気ですか?

ハーイ、元気です。

私もいい年を取ってますよ。

高山さん自体が春を告げています。

ありがとうございます。
じゃあ、春告げ魚、行きましょうか、早

速。
こっちの水槽にあるんですね。

まず、ありましたよ。
どうぞ。

せ~の。
鯛でございます。

この時期、

桜鯛。
高山さん、何で桜鯛って言うんですか?

春でしょう。

桜の花が咲きますね。

色もピンク。
きょうはこれじゃないんですって。

こちら!この魚が…。

何ですか? これは。

皆さん分かりますか?
ちょっと待ってよ。

生きがいいから。
クロメバルね。

クロメバル。
メバル?

大丈夫?
私的には

メバルは

赤いイメージがあるんですけど、

クロメバル?
黒はね、今の時期だけ。

これは、一個一個、釣るんです。
赤もいますよね。

赤は、

1年中とれますよ。

それは網で取れるんです。
これは今の時期だけで

一本釣り。
丁寧にとっている。

イカナゴが好きですね。
だからおいしい。

だから脂が乗っておいしい。

今だけです。
おいしいですよ。

今回はクロメバルを使ったお料理を高山
さんがご用意してくださってます。

ありがとうございます。
行きましょう、行きましょう。

では、早速行きましょう。
高山さん、元気いっぱいだわ。

とんでもないわ。
あなたはお若いのに。

ありがとうございます。
さあ、そして、まず、こちら。

お刺身?
刺身です。

メバルのお刺身ってあんまりないですよ
ね。

私らは普通なんだけど、その地域の人に
よってはないですね。

足が早いから、

地元でないと食べれない。
皆さんもあんまり

メバルの刺身って…。
神田さ~ん、食べたことありますか?

ないですね。
煮つけが多いですね。

煮つけとか、焼きですよね。
そして、もう一つ、こちらは何するんで

すか?
これはあぶりです。

お願いします。
どうでしょう。

ちょっといい感じで。

身がきゅっとなりましたね。

あぶりの場合は、

皮は

あぶる、うろこだけ取って、

塩を振ってからあぶります。
塩を振る?

はい。
もうオッケーですね。

まずはじゃあ、お刺身からいただきます。

クロメバルのお刺身です。

お醤油をつけて…。

なかなか見たことないね。
なかなかないですよ。

手がかじかんで…。

まだ寒いからね。

いい歯応えですね。

脂が乗ってます。

餌が今、豊富だから、

脂が乗ってる。
感じ的には、

ヒラメに似てるんですけど、

ヒラメにいい脂を乗せた感じでしょうか。

歯応えもしっかりあって。
さあ、そして?

あぶることによって、脂が余計に、

ぶわっと浮き出てきて

おいしいんです。
歯応えがあって。

高山さん、すごい弾力になります。
あぶりやったら

すごい弾力。
そう、歯応えがね、

また違った味になって、おいしいんです
よ。

甘みが増しますね、

メバル自体の。

あぶり、さすがでございます。

そして、こちらが…

いいですか?

これは何ですか?
アクアパッツァ。

おしゃれ!

またおしゃれなもの作りましたね。

クロメバルのアクアパッツァ。
アクアパッツァ、

何回も聞かんとって!

クロメバルと野菜は?
菜の花と?

これはにし貝といって、

この海でとれます。

野菜も貝も地元のもの。
地元明石のもの。

春を決める

菜の花を入れてます。
いただきます。

まずはクロメバル。
う~ん!

どうですか?
めっちゃおいしいです。

グー!

最高!
ありがとうございます。

クロメバルおいしいですよね。

ニシ貝もね、

一緒にして、

おいしいお出汁が出ます。
高山さん時間がないので。

はい、分かったよ。
まだまだおいしい海の幸があるんですよ

兵庫県明石市にあります

明石浦漁港にお邪魔していまして、

高山さんに、今が旬のおいしい魚たちを
教えていただいているんですが、

クロメバルに続きまして、高山さん、次
の海の幸、何ですか?

ジャジャーン。
これでございますか。

かわいい。
これね、大人です。

何ダコ?
イイダコ。

飯の蛸で

イイダコなんですって?
イイのイイというのは

飯の形をしているんですよ。

ごはん粒みたいな感じで。
ちょっと見せてもらっていいですか?

ここからは見えないです。
卵持ってるんですか。

こうやって透明になるのが、全部…。
これはなんかごはんの飯のようだと。

これが高級なんです。
これが高級なんですか。

じゃあちょっと中を見せてもらいましょ
うか。

お願いいたします。

卵がどういう状態になってるのか。

卵ですね。
すごいね、

豪快に焼いてる!

丸焼きじゃないですか。
丸焼きしました。

ちょっと切りますね。

こんな感じ。

ちょっと見えますか。

失礼して。

これが卵ですって。

よく見ると、粒になってますね。

ここに乗せますね。

ちょっと箸で崩したら、

ぱかっと。
これがイイダコ、飯、

卵だそうです。
でも持ってないやつもあるんですね。

それは、すぼけといって。

ここにあるんですが…。

卵を持っているものと

持ってないやつがいるんですって。

これ、すぼけなんです。
これは持ってないです。

中、いいですか?

見てください。
中がすっからかんでございます。

値段が全然違うんですか。

10倍違います。

じゃあ早速、じゃあ。

そのときによって

5~6倍のときもあれば、

10倍のときもあります。

じゃあちょっとこれ。
これ焼いてるから…。

豪快に行かせていただきますね。
注意してくださいね、

やけど…。

でも、おいしそう。

口の中でね、

ごはん粒に

ごはん粒に

タコ自体は、すごい弾力なんですけど、

卵はふわふわ。

コクがすごいわ。

何もしてなくていいですね。

そして続いては、こちらは?

これは煮つけにしました。

その煮つけをですね、

アレンジしたものがおいしいんですよね。
おいしいんですよ。

何するんですか?
これね、

あとでいただいて…。

これ何ですか。
ちょっと待って、はい、これです。

イイダコの墨を、この衣に入れて、

それで?
イイダコもマダコもね、

この肝臓の中に

芯が詰まってるんです。

墨だけ取れない。
コノワタはすごくおいしいので、

これをね、お粉をつけまして、

ポンポンとはたいて…。

煮つけのイイダコを使うのがポイントで
すね。

そしてなおかつ、墨の入った衣?
これを全部使えるでしょう。

揚げます。

なるほど。

真っ黒だと、

どうなるんでしょうか。

でき上がりが…、

こんなんですよ。

何か口に入れるの、

抵抗がありますね。

やっぱり煮つけたタコを使ってるから、

すごい下味がしっかりしてる。

衣自体にも甘みが出るんですかね。

おもしろいでしょう。
煮つけを使うのがポイントですね。

味が付いてるので。
おいしいです。

クロメバル、

イイダコ、明石の海には、

おいしい海の幸が

たくさんありますね、高山さん。
そうなんです!

最後に一言お願いします。
今が旬のものがたくさんあります。

イイダコ、くぎ煮、

イカナゴもございます。
どうか明石に、皆さん。

はい、時間です。
以上、中継でした。

どうも~!
ありがとうございました。

高山さん。
元気ですね。

さあ、中継先からプレゼントしましょう。

プレゼント応募電話番号の発表です。

5名様にプレゼントします。

中継先より明石の春の魚、クロメバル、

イイダコ、桜鯛などをセットにして

さあ、中村玉緒さんの旅です。

台湾、

シンガポールに行っていただきました。
おもしろいというか、

いい映像も残ってますので。
本番になると、玉緒さん、

しゃべらない。
そうなんです。

私は本当にそうなんです。

でも、いろんなところ行っていただきま
したけど、

一番記憶に残っているのはどこですか。
どこですやろ?

私はね、食べ物も何にも嫌いなものがな
いし、

どこや分かりません。

いつでもどこでも。

きょうのことはきょうで忘れるっていう。

そういう、

私がそれが睡眠薬みたいなものでね…。

おいしいもの好きですもんね。
新幹線でも、知らん人ともようしゃべり

ます。
エビ、好きですよね?

エビ好きです。
エビが大好き。

なぜ知ってるんですか?
食べに行ったじゃないですか、一緒に。

もう忘れちゃうんです。
きょうのことはきょうのことで、もう。

きょうのことは、きょうで忘れるけども。

それが一番いい。
お料理がね、できなかったから、

主人は気の毒でしたね。
でも、その分、

いろんところに食べに行って。

主人はね、食べ物が大好きだった。

お酒も飲みましたけどね。

大好きで。

勝さんが運転する車の

隣に着物でちょこんと乗ってるの。

勝さんはガーンと行くから

着物のまんま、こんな。
じゃあ行きますよ、

玉緒さん。

私は主人には絶対に反抗しない。

玉緒さん、生放送なので。
僕と玉緒さんが行った

台湾とシンガポールも出てきます。
ご覧ください。

ここ、ここ。
もう~大丈夫ですか。

まずはお隣の国、韓国から。

首都ソウルは全国民の5分の1、

およそ1000万人が暮らしています。

大体、眼鏡、それから靴、それから…

やっぱり、お化粧品ですね。

ちょっとさっきカメラさんが
監督と打ち合わせしてらっしゃる間に

私、もう買いました。

私、ぴかぴかが好きなの。

もう買っちゃったんでございますよ。

玉緒さんの韓国での楽しみは

美食。

名物料理をいただきます。

うわ~、いや~。

うわうわうわ、カニですね。

あ~ら。カニか~。

行きましょう。カニにしよう。

こちらはカニ料理の専門店、

ワタリガニの醤油漬け、カンジャンケジ
ャンが

人気です。
新鮮なワタリガニを

生きたまま

秘伝の醤油ダレに丸2日間漬け込む

伝統料理です。

カニの濃厚なうまみと

醤油ダレの上品な甘みが

食欲を刺激します。

カニでございますよ、カニ!
ありがとうございます。

一番、韓国でおいしい!

熟成された生のカニの身を

押し出し、

かぶりつきます。

ありがとうございます。

ここのおじ様の手まで
かんだりなんかして。

分かりました。はいはい。
ここへ入れてね。

韓国語、分かってきましたがな。

玉緒さん、

そのとおり。

甲羅の中に

ごはんを入れ、

カニ味噌をからめて

いただきます。

顔で分かるでしょ?

口でおいしいって言えないね。

古くから都として栄えたソウルには、歴
史的建造物が

数多く残ります。
こちらは世界遺産の昌徳宮。

1405年に建てられた朝鮮王朝時代の
宮殿で、東洋のパルテノン神殿とも呼ば

れています。
およそ270年の間、

ここで政治が執り行われました。

うわぁ~、ここなんだ。

あそこに王様が…。

王様が座って、会議みたいな。

うわあ、シャンデリアというか

大きな電気の球というか…。へぇ~。

韓国の伝統に触れ、

再びおなかがすいた

玉緒さん。

今から私のお勧めの焼肉でございます。

ここ、ここ!

以前、玉緒さんが

プライベートで家族と訪れた老舗の焼き
肉店。

週末には行列ができるほど

地元の皆さんに親しまれています。

お肉は韓国産の最高級牛肉です。

うわぁ~! 来た~!
どうも、ありがとうございます。

お肉、焼きますね。
はい!

これは水キムチでございますよ。

おいしいわ。
ほんとに…ちょっと!

これちょっと映してください。

このお肉の、もうほんとに
とろけるんでございますよ。

またこの切り方がね、

何とも言えない、もうおいしくてね。

家族がね、大ファンになったんです。

うわ~、いいですか、もう?

タレをつけて、野菜をちょっとのせて
召し上がってみてください。

もうしゃべれない。

しゃべりたくないぐらい、おいしい。

ありがとうございます。

続いてはお店の大人気メニュー、

骨つきカルビ!

この骨つきカルビはやわらかい雄の肉。

よくタレがしみ込んでいます。

手でいったほうがいいらしい。

1人でこういうお肉を食べたの
初めてだけど、食べられるもんですよ。

もう、1人前半いただきました。

ああ、おいしい。

玉緒さん、

ソウルを大満喫しました。

続いては台湾。

アジア屈指の美食都市へ。

文化と経済の中心地、台北。

玉緒さんに

心強い相棒の登場です。

ここからは私、勝俣が

エスコートしました。

台湾ならではのね、朝ごはん。
調べてますから。

玉緒さんを案内したのは、

朝4時から開いている人気店です。

さあ、台湾の朝ごはんでございま~す。

これ、何でしょう?

おかゆではないんだ。

豆乳だ!

そうです、豆乳です。

豆乳ね、まず飲んでもいいんですけど

この揚げパンをちぎって、
つけて食べるのが台湾流なんですって。

フランスパンみたい。

いやあ~。
男らしいですね。

そうやって、どんどん入れちゃえば

いいんですね。

どうぞ、食べてください。
いただきま~す。

いかがですか。

おいしいけどね、別にこれがなくても、
これだけでもおいしい。

台湾の卵焼きは

クレープのような食感なんです。

そして、こちらは台湾のおにぎりです。

モチ米。

私、モチ米のほうが好きで。
じゃあ、よかったですね。

中は、豚そぼろ、揚げパン、
あと干し大根ですね。

肉味噌ですね。

で、豆乳飲めばうまいわ。

うっまい、これ。

おいしい朝食で

元気が出ました。
さあ、

台湾を攻めましょう!

パワースポットに行きたいという

玉緒さんにお勧めしたのが、

台湾最古の寺院、

龍山寺(ロンシャンスー)です。

龍だらけですよ。
ほんとだ。

ほら、龍だらけ。
龍が空に向かってほえてますね、何か。

ほえてますね~。

1738年に創建された

この寺院。

本尊は観音菩薩ですが、

仏教以外にも儒教など

さまざまな宗教の

神仏が100以上

祭られているんです。

まさにパワースポット!

願いを込めて、

お参りしました。

さあ今、お願い事しましたね?

はい。

自分の名前とお願い事を
口に出して言って

これを投げてください。

これが、表裏になったらかなうんです。

表と表、裏と裏だとかなわないんです。

じゃあやってみます?

多分、だめだと思います。
いや、大丈夫です。

名前とお願い事を口に出して
投げてください。

玉緒さん、

台湾で楽しみにしていたことが

まだまだあるんです。

玉緒さんがフカヒレ食べたいって
言ってたんで最高の店を見つけました。

ほんとに?
はい!

ご覧ください。「頂上」ですよ。
何か高そうじゃない?

どうぞ行きましょう!

僕が見つけたこのお店。

名前のとおり、

フカヒレ料理の頂点を

目指しているお店です。

うわあ~、来た!
失礼いたします。

あららららら…、すごい量ですね。

ぜいたくですね。

ありがとうございます。

ちょっと待ってください。

簡単に取ってますけど
すごい量ですね。

なかなかぜいたくでね。

いやだって、これを普通、
4人で分けるとか。

そういうことでございます。
どうぞ!

濃厚でございますね。

とても結構でございますよ、これは。

う~ん、ほんとに濃厚ですね。
そうでしょ!

フカヒレのぶるんっという感じが。

おいしいですね。
十分ですね、これだけで。

こちらでは、

アワビチャーハンもいただきました。

アワビの出汁がきいていて

とてもおいしかったです。

1日歩き続けたあとは、

台湾名物、

足裏マッサージに向かいました。

足の裏にはさまざまなツボがあり、

押されて痛いところは体の悪い部分だそ
うです。

あ~、いい気持ち。

いいですね、こういうのがあると。

い~い気持ち。

気持ちいいわ、その辺。

痛い! あっ、痛い痛い! 痛い!

何で笑いながらやるんですか。

めっちゃ痛いんだもん。

頭、おんなじだ!

珍道中は、まだまだ続きます。

続いては、常夏の国、シンガポールです。

東京23区と、

ほぼ同じ大きさの

都市国家。

世界的な金融の街として発展し、

海外からの移住者も多く、多くの民族が
暮らしています。

活気と多様性にあふれたコミュニティー
が広がっています。

早速スパイスの香りが漂う

リトルインディアで

カレーを食べに行くことにしました。

やっぱ、街の香りが違いますね、何か。

カレーも食べたいけど
手で食べるのあるじゃない?

ピザみたいな。
ナンですか、ナン。

あれ食べたいね~。
ナンあったら頼みましょうね。

やってきたのは、

ミシュランガイドにも掲載された

インド料理の名店です。

こちらには、名物のカレーがあるんです。

あー!来ま…、ウォー!?

これ何ですか!?

お魚!?

魚の頭ですよ。
お肉じゃないの?

その名のとおり、

魚の頭が

丸々入っているんです。

14種類の

スパイスで白身魚を煮込んだ

シンガポールオリジナルのカレー。

このお店が元祖と言われているんです。

じゃあ、いただきま~す!

おいしそう。いただきま~す!

おいしい。

どうですか、カレーの味は。

違います?
全然違う!

おいしっ。

サフランライスいただいたんで。
いただきま~す!

サフランライス、すごいおいしいですよ
玉緒さん。

よくこの辛いの大丈夫ですね。

ねぇ!

大丈夫なんすか、辛いの。
全然大丈夫。

わっ、すっごい、ピリピリしますね。
相当辛いですよ。大丈夫ですか。

大丈夫。

亡き主人も…
よう辛いの食べさせられましたから。

勝さんが辛いの好きなんですか。

ルーがおいしい。
食べていくうちに、

どんどんおいしくなりますね。

これはちょっと、たいしたもんですよ。

ところで、これで終わりじゃないんです
きょうは。

えっ、まだどこか行くんですか。
ちょっと私ね…

行きたいお店があるんですね。

お願いします!

お願いしますって言うと
何かね、嫌な予感するんですけど…。

玉緒さんに連れられてやってきたのは

中心街から少し外れたカトン地区です。

着いたんですか。

あぁ、また服なんですね。
違います!

服じゃないですか!
違います!

うわっ、きれいですね。

かわいいでしょう~。

玉緒さんが好きそうな

かわいい洋服や

雑貨の数々。

中国とマレーの文化が

融合した品々を扱う専門店です。

ええー!?

靴でしょう? これ。

…靴ですね。

何でできてると思う?
ビーズですよ。

すごいきれい!

玉緒さんのお目当ては、

ビーズで刺しゅうされた

このサンダルです。

一粒一粒、

色の違うビーズを使って

絵のように仕上げる

繊細な作業なんです。

特別に、

見学させていただきました。

こんにちは。
グリーン、グリーン。

あららららら…。

このちっちゃいビーズ。

こちらのビビさんは

ビーズ刺しゅうのベテラン職人です。

全て手作業のため

大量生産ができないそうです。

これ、何日でできたの?

ええっ!?

このビーズの小ささ見てたら
分かりますね。

気が遠くなりますね。

あの赤いのあるじゃないですか。

スタイルも、これが好き。

アイ・ライク。

スタイルも。ここのスタイルも。

これも全部。オール。

これちょっと大きいんです。

これで、22センチ用ですね。
玉緒さんの。

きれいですよ。合ってますよ。

きれい、きれい。
いいじゃないですか、このお花の。

もう少しでさ、もう73。バースデー。

あぁ、そうでしょうね…

どう?

去年も何かそんなこと言われましたね。
どう?

じゃあこれの22センチのサイズを。
私からプレゼントするんで。

あー!ありがとうございます!
よろしくお願いします。

僕がプレゼントしたサンダル、玉緒さん、

大事にしてくれてますか?

はい!

靴が大好きです。

夕食は人気の屋台村に出かけました。

うわあ!何かすごい人ですね。

これ、全部食べ物?

はい!

お祭りですね。

およそ80軒の屋台がずらりと並び、

さまざまなローカルフードを味わうこと
ができます。

シンガポールでは

外食が一般的なんです。

夜遅くまで、にぎわってるんですよ。

エビがまた、でかい!

見てください、ほら。

日本語で書いてありますよ。
これ、いい!いい!

大エビの塩焼きでいいんすか。

じゃあこれ、頼みます?
はい、お願いしま~す。

大エビの塩焼き、お願いします。

どれもおいしそうで目移りしちゃいまし
た。

ああ! 来ました!

どうもありがとうございます。

うわっ、でっかい!

玉緒さんが注文した

大エビの塩焼き。

ガーリック風味に仕上げてありました。

最高っすか、エビ好きとしては。

さあそして、こっちが牛ですね。

こっちが豚です。

じゃあ僕、牛。このソースつけて。

いただきま~す。

うわっ、うっまい!

ちょっとピーナッツ入ってる。

すごいエビ好きですね。

玉緒さん、今まで最高、
エビ、どのぐらい食べた記録あります?

スタジオにいらっしゃる神田さん。

連れていっていただいたんです。

何屋さんなんですか。
天ぷら屋さん。

それでびっくりなさいました。

天ぷら屋さんでエビを20匹?

エビだけしか食べない!
えー!

それ以降、誘われないでしょう?
1回だけでした。

エビが大好きなんです。

あそこがなくなっちゃったんですよ。

一緒に行かれた天ぷら屋さんが。

本当にエビが大好き。

20匹食べたんですか。
20匹ぐらい、

すぐ。
すぐですか。

すぐ食べる。

そこにあるもの、

全部食べた。
エビがなくなっちゃったんですか。

食べ尽くしちゃったんですね。
エビを食べましょうと。

置いておいたわけです。
そしたら、その社長さん、

ふっと見たら、

尾っぽがないんです。

その尾っぽだけ全部食べた社長さんがい
らっしゃいました。

おいしいもの召し上がると、

パパさんの思い出がいっぱい出てきます
ね。

すばらしいことだね。
辛いものが好きとか。

骨つきカルビが好きとか。

またやっぱり強烈だったからね。

だから玉緒さんずっとついて回ってると
きに、

勝さんが行くところに黙ってついて。

カーって運転されながらも行って。

だけど、それは思い出に残ってるから。
そうですね、

それで主人の前ではこんなにしゃべらな
いです。

「はい」しか言わない。

つつましやかに。
今はようしゃべりますけど。

東留伽が行く「日本縦断コレうまの旅」。
押してますから、

急いでください。
すいません。

今週もスペシャル編です。
今回は三船美佳さん、お勧めの「コレう

ま」グルメめぐってきました。
「コレうまの旅」、行ってきます。

美佳さんお勧めの
コレうまグルメをめぐる旅。

どんなものと出会えるのか
事前に行ったアンケートを

チェックします!
美佳さんといえば

いつも着てる私服や小物も
本当におしゃれで

同じ場所で同じものを食べたら
すてきな女性に

なれるんじゃないかと思います。
早速…。

お店だけでなくお料理も絶品とのこと!

早速、お店へ。

見つけちゃったかもです。

バードコーヒー。

アンティークな雰囲気で
すっごいすてき~。

セレクト家具を取り扱うお店が
経営するカフェ。

取材許可をいただき、店内へ。

こんにちは~。

いらっしゃいませ、こんにちは。

ありがとうございます。
よろしくお願いいたします。

すてきなお店ですね。
ありがとうございます。

オーナーが厳選した家具が並び

身も心もリラックスできる
空間が広がるカフェ。

早速、美佳さんお勧めのメニューを
オーダー。

お待たせしました。

ケンタロウのチキンカレーです。
すっごい!

おしゃれかつ豪快なチキンカレー!

美佳さん、お勧めポイントを
10秒でお願いします!

どろっとしたカレーのソースの中に

お野菜がいろんなもののうまみが

ぎゅうと凝縮していて

その上に、すごい新鮮なお野菜が

さくっと載ってて、とにかく、

もうスタッフさんもお店もすてき!

いただきま~す。
う~ん!

チキンも身がやわらかくて

後からすごいスパイスも来るので

大人の方も多分大好きですね。

そして、気になるこちら。

万願寺唐辛子も一緒にいただきます!

う~ん!

甘みと、爽やかさがすっごく合ってて
おいしい。

朝一だけど、食べちゃうな。

カレーやお店手作りのドーナツが
テークアウト可能!

ぜひ、おうちで
おしゃれ気分を味わってください!

さあ、続いてのお店は…?

友人とパーティーのときに
お勧めなんだそうです。

なんとも珍しい
ジャーキーとドライフルーツのお店。

というわけで
神戸にあるお店へ向かいます!

ん? あっあっ、ありました。

こちらがニックジャーキーさんですね。

北野異人館からほど近い
ジャーキー専門店です。

ジャーキー専門店ですか?
そうです。

お店に併設された工場で
一から作るジャーキー。

精肉店を営むオーナーが
お肉のおいしさを知ってほしいと

お店をオープン。

なるほど。

おいしいお肉を追求した結果が
ジャーキーだった。

そうです。

お店をオープンするきっかけとなった

あるお肉を使った
ジャーキーをいただきます!

但馬玄の説明は後でするとして
美佳さん、まずは魅力を一言!

これは、

何と

お塩しか使ってないんです。

だからもう本当にお肉のうまみが

ぎゅうっと詰まっているので、

ずっとかみかみしてたいです。

いただきます。
う~ん…。

出てくるのは
本当素材のお肉のうまみなんですけど

それが、どこまでも
ぶわあって出てきます。

但馬玄は、お産を終えた但馬牛の母牛。

一般的に流通する若い牛に比べて

体内でお肉が熟成されるので

ジャーキーにしたときに
ほかのお肉にはない深みが出るそうです。

そして…

ジャーキーと合わせて食べるのが
お勧めだというドライフルーツ。

オレンジと一緒にいただきます!

うん、すごいパリパリってする。

おー!

深いうまみに
ちょっと爽やかな味がプラスされるので

めっちゃおいしいですね。

ちょっとずつ
いろんな食べ方を試したくなりますね。

ジャーキーとドライフルーツは
お取り寄せ可能!

詳しくは、通販サイトをご確認ください。

まだまだ行きますよ!

続いては?

さあ、美佳さん
こちらはどんなお店なのか

ご紹介お願いします!

これは本場ハワイのいろんな

ハワイアンメニューが食べられる

お取り寄せできるお店です。

おうちにいながらハワイ旅行気分を満喫
できます。

アロハ。
美佳さんお勧めのハワイアンカフェは

沖縄にあり
ハワイアンフードを

おうちで作れるセットを
全国発送しているんです。

おー! かわいい!

ガーリックシュリンプ、パンケーキの粉

アサイーソースなど

ハワイアンメニュー5品が
作れちゃうセット。

沖縄にいるオーナーに
お話をお伺いしました!

マラサダドーナツ
私、初めてお聞きしたんですが

どういうものなんでしょうか。

じゃあ、もうたとえどんな形になっても

これがマラサダですって言って
大丈夫ということですね。

それで大丈夫です。

材料が全てミックスされた状態で
届くので、揚げるだけ!

す~ごい粘り気。

せっかくなので
きれいなドーナツ型にしたいのですが…

なんとか完成!

揚げたてをいただきます!

う~ん!ふふふ。

外側カリッカリで
めちゃめちゃおいしいです。

冷めてももっちもちの生地は

小麦粉や発酵の工程で

企業秘密のアレンジを
加えているそうです。

そしてもう一つのお勧めメニュー
ガーリックシュリンプ!

おおっ!
うん、おいし~い!

しっかり奥まで
このガーリックの香りと

味付けがされてて
めちゃめちゃおいしいです。

美佳さん、おしゃれなお店たち

教えてくださって
本当にありがとうございました。

ハワイアンフードセットは
お取り寄せ可能!

注文は電話か、インスタグラムの
ダイレクトメッセージから

受け付けています!

というわけで、今回見つけた
5つのコレうま商品の中から

プレゼントに選んだのは…

ジャーキーとドライフルーツ、
そしてハワイアンフードセットです!

スタジオにも、ジャーキー、

そしてガーリックシュリンプをお持ちし
ました。

エビが入ってます。
大好きなエビ、よかったです。

おいしい!
よかった。

おいしいわ。

よかったです。

ドライフルーツうまいね。
おいしいですか。

合わせて食べるとね、

さらにいろんな味が

楽しめます。
本当だ!

ジャーキーと一緒に食べるとおいしいね。

ワインにも、バーボンとか

ウイスキーにもすごい合いますし、もち
ろん

お子様も。

お皿とフォークだけ残してくれたら。

すごい、このエビ。

ハワイですか、ハワイ。
ハワイ。

ニンニクの味がしっかりついていますよ
ね。

エビが大好き。

冷凍でお店の味がそのまま届くので、

冷凍庫に忍ばせておいたら、即ハワイ。

そのまま焼くだけで本当に簡単でした。

ドーナツも揚げるだけで。
あとバードコーヒーさんもぜひ、

大阪の方は行ってください。
これはうまい。

これ、おうちで食べられたら最高だ。

ジャーキーも実は但馬玄以外にもポーク
や、

イノシシのお肉を使ったものもあります。

イノシシもパンチがあってすごくおいし
かったです。

これはお酒欲しくなるわ。

ビールが進みます。

これ、ウイスキーに浮かせちゃうな。
おしゃれ。

きょうは玉緒さんがとまりません。

エビデー。

もう全部食べました。

ありがとうございます。

おいしいね。

おいしい。

それでは、プレゼント応募電話番号を
発表します。

ジャーキー、ドライフルーツ
ハワイアンフードセットをセットにして

5名様にプレゼントいたします。

ただいまから月曜日の9時まで
受け付けをいたします。

おかけ間違いのないよう
お電話ください。

当選された方には
直接、ご連絡させていただきます。

また番組ホームページでも
発表させていただきます。

なお商品は、それぞれのお店からの
発送となります。

香りがいいよね。

お塩とお肉だけだから。

本当おいしい。

本当に全部食べたの?

一目見た、その瞬間から、
胸の高鳴りが止まらない…。

常に最先端を行く街、

いつの時代も変わらない風景を守る街…。

そんな旅先だからこそ出会えた
「私の忘れられない世界」。

海外の旅です。

旅サラダガールズの

広瀬未花ちゃんが

忘れられないところ?
おはようございます。

旅サラダガールズの「忘れられない世界
」。

今週は、最先端の街、ニューヨークと

伝統文化が息づくブルガリアの旅です。

皆さん、どうぞご覧ください。

「私の忘れられない世界」。

まずは、最先端の街が生み出す
世界一の夜景。

アメリカの東海岸、
人口800万を超える大都市、

ニューヨーク。
一番のにぎわいを見せるのが

ここ、マンハッタンです。

まさに、世界一の繁華街に来た!
っていう感じがしますよねぇ~。

その中心、ニューヨークの顔とも言える
タイムズスクエアへ。

もう見渡す限り、
大きな液晶画面に囲まれて…。

すごいなぁ~、タイムズスクエア!

ニューヨークに来たんだ!っていう
感じがしますねぇ~。

タイムズスクエアがあるのは、

たくさんの劇場が立ち並ぶ
ブロードウェイ。

通りを散策していると…

あれっ!? 何か、ちょっと
このバス、普通のバスじゃない!

外側に窓があって、

皆さん、横向きに座ってますけど、
何のバスなんだろう…?

せっかくなので
私も乗ってみることに!

えっ…? すご~い!

天井がガラス張りになってて、

外が見えるようになってますけど…。

バスは、あっという間に満席に!

一体、何が待っているのか…?

いよいよ、出発です!

2人のツアーガイドが
歌って踊って盛り上げながら、

次々と観光名所を紹介してくれます。

道行く人たちもノリがよく、
さすがはエンターテインメントの街!

…と思っていたら…?

おお~、すごい! 踊ってる!

実は、この人はパフォーマー。
さらに…

あっ、すごい、すごい、すごい!

バレーの女の子が踊ってる~!

あら、すてき~。

これらも全てツアーの演出。

街を舞台にして、さまざまなショーが
繰り広げられていきます。

ニューヨークならではの
新感覚バスツアー。

最高に楽しかったです!

ランチはマンハッタンの南にある
話題のグルメスポットです。

うわぁ~!

すごいおしゃれ~!

え~っ、たくさんお店がある!

ニューヨークで評判の飲食店が、
およそ20店舗。

トレンドグルメが一度に味わえる
フードコートです。

ああ~! えっ、かわいい!

何だろう? 国旗が立ってる!

ブラッフィンは、
ブリオッシュの生地で

マフィンと
いろんな具材を包み込んだもの。

私は、ブルーチーズとチキンの
ブラッフィンをチョイス!

イートインスペースで、
早速、いただきます。

う~ん! 外はブリオッシュの
カリカリ感が残ってて、

中のほうは、マフィンのように
ちょっとしっとりしてるんですよね。

へぇ~、不思議な食感~!

チーズとチキンとピリ辛のソース
全部が融合して、おいしい!

ここは毎日でも通いたいスポットです!

大きな2つの川に挟まれている
マンハッタン。

西側を流れるハドソン川に
人気のアトラクションがあります。

すご~い! 楽しみ~。ワニだ~!

ボートには、ビースト、野獣の文字が!

名前からして、
ただのクルージングではなさそうです…。

動き出しました!

すご~い! 気持ちいい~!

ウォ~~ッ!

一番の売りは、
時速70キロを超えるスピード!

あっ、自由の女神が見えてきた~!

自由の女神だぁ~!

…と、そのとき!?

ウォ~~、キャ~~ッ!

こんなぬれるの!? ねぇ!?

遊覧船なら30分かかるところを、
僅か10分で自由の女神のそばに到達!

迫力がありますね!

この後、さらなるお楽しみが…

ウワァ~ッ! またぬれたぁ~!

もう…スリル満点過ぎて、
ちょっと目が開けられないよ~!

マンハッタンから
橋を渡ってブルックリンへ。

多くのクリエーターたちが暮らすこの地
区は、

流行の発信地として
世界から注目を集めています。

またマンハッタンとは全然違う
街並みですねぇ。

おしゃれで、若い人たちもたくさんいて、

まさに、ここがホットな場所なんだ
というのが伝わってきますねぇ。

ブルックリンで
一番人気があるというお店へ。

ハロー。
かわいい~。すご~い!

食料品に雑貨、
ファッションアイテムまでそろう

セレクトショップです。

これとか何…?

ジンジャーシロップって書いてある。

あっ、
ブルックリンって書いてあるけど…。

これは何…? ブルックリンクイーン?

ハチミツだぁ!
これって、ブルックリンのものですか。

全てブルックリン発という商品は、

海外のバイヤーが
直接買い付けに来るほど

ハイセンスなものばかり。

まさに、世界のトレンドが
ここから生まれています。

お勧めのものとかって、
あったりします?

ニューヨーカーの間で話題だという
ビーツのケチャップ。

パッケージもおしゃれで、
お土産にもぴったりです。

夕食は、マンハッタンの摩天楼を望む
立地抜群のレストランへ。

うわぁ~、おいしそう!

ほんのり甘い香りがしますねぇ。

まずは、
ロブスターのフリットが添えられた

濃厚なクリームスープ。

う~ん!

カリッと香ばしいロブスターと、
この濃厚なクリームのソース。

全て融合していて、
すごく上品なスープですねぇ。

メインは、希少部位、
フィレミニョンの厚切りステーキです。

うわぁ~、おいしそうですね!

う~~ん! お肉のうまみが
ジュワ~ッと口いっぱいに広がって。

で、このソースもスパイシーで、
すっごいおいしいですねぇ。

日が沈んだ直後は
ニューヨークが一番輝く時間。

マンハッタンの夜景は、
世界一とも言われています。

マンハッタンって、

こんなに、明かりがともると、
きれいな夜景になるんですねぇ!

最先端の街が生み出す美しい夜景。

これが「私の忘れられない世界」。

「私の忘れられない世界」。

続いては、長寿を支える
ブルガリア伝統の味!

ブルガリア第2の都市、プロブディフ。

街の周辺には、歴史や伝統を体感できる
人気のスポットが点在しています。

南へ、およそ30キロ。

緑の中にひっそりとたたずむ

バチコヴォ修道院も、その一つ。

えぇ~、広そうですねぇ、中…。

うわぁ、きれい!

この修道院が建てられたのは1083年。

現在も11名の修道僧が暮らしています。

うわぁ~、壁一面に描かれてる!

すっごい、きらびやか…。

ドーバルデン。

カズバム セ ミカ。

奥に、さらに貴重なものがあるそうです。

6世紀ごろに描かれた
幼いキリストと母マリア。

後に、衣服の部分に金と銀の装飾が
施されました。

奇跡を起こすと信じられてきた
この像に祈りをささげるため、

ブルガリア中から巡礼者が集まります。

ブルガリアの方たちが、ここへ来て

お祈りをささげている姿を見ると、

信仰の深さを感じますよね。

バチコヴォ修道院から、さらに南へ。

訪れたのは、ギリシャとの国境付近、

山間に位置するスモーリャン地方です。

実はここ、元気なお年寄りが
たくさん暮らしていることで

世界的に有名な地域。

一番のご長寿の方に会いに行きます。

ドーバルデン!

おじいちゃ~ん!

おじいちゃん、
おしゃれな格好してますね~。かわいい。

あっ! これ、おじいちゃんが
毎日、食べてるヨーグルト?

20世紀初頭、ロシアの微生物学者が、

「この地域の長寿の要因は
ヨーグルトにある」という説を

唱えたことから、一躍、注目を集めた
スモーリャン地方。

人々の健康を支えてきたと言われる
伝統的なヨーグルト作りを体験します。

ああ~、おばあちゃんが
乳搾りしてる~。うわぁ~。

まずは、牛の乳搾りから。

うわぁ~! アハハハ、動いちゃった。
うわっ、痛い! アハハハ。

ご夫妻の精いっぱいの手助けにより、
何とか乳搾りをします。

あっ、出た、出た、出た!

一頭の牛から
これだけ搾ることができました。

この牛乳を使って
ヨーグルト作りを教えてもらいます。

牛乳を1回、こすんだ?

ほんとだぁ~。こうやって塊を取る…。

重た~い! ここ? うわぁ~。

よいしょ…。

おいしいヨーグルトができるかどうかは
牛乳の鮮度と濃度で決まるそうです。

後は、鍋ごと布で包んで保温。

じっくり4時間ほど待ちます。

うわぁ~、長かった…。

ああ~、おいしそう!

あっ、結構、固まってる!
もう、ほんとに…。

うん! おいしい!
フレッシュ!

うん。すごいフレッシュだし、

ちょっと酸味が、ほんとに
ほどよくて、おいしい!

でき上がったヨーグルトの一部で
バターを作ることに。

えっ…、ウワァ~ッ! アハハハ!
見るからに豪快だねぇ~!

お湯を加え、
専用の器具で攪拌します。

30分後…

うわぁ~、固まってる!

バターになってる~!

へぇ~、こうやって作ることが
できるんですねぇ~。

ヨーグルトから作ったバター。

クリームのような
やわらかな食感が特徴です。

こんなバター、食べたことない!

このバターを使った郷土料理も
教えてもらいました。

ジャガイモやチーズなどを削り、

小麦粉で作った生地で包みます。

フライパンで両面を焼き上げたら
でき上がり。

うわぁ~! 焦げ目が…。

景色のいいところで、
早速、いただきます。

パタトゥニクは、
スモーリャン地方の名物料理。

う~ん、おいしい!

ジャガイモのちょっとシャキシャキも
まだ食感が残ってて、

外の皮がパイ生地で、

このヨーグルトは酸味があるから、

ほんとにアクセントになって、
合いますね、すごく。

やっぱり、ブルガリアの人にとって、
ヨーグルトって

欠かせないものなんですね。

皆さんの元気を作る
ブルガリア伝統の味。

これが「私の忘れられない世界」。

しかしさ、

何の料理に対しても

ヨーグルト。

本当にヨーグルトを使ったお料理がたく
さんありました。

何かね、僕、見たことあるんだけど、

お肉もヨーグルトにつけるよね。

お肉も、確かにつけてたりしますね。

パンにも入れたりだとか。

これ、毎日作ってるの?

こうやって。
毎日、

本当に頻繁に作ってるっておっしゃって

1日3食ぐらい食べていると聞きました。

長寿で元気なおじいちゃん、おばあちゃ
んがね。

102歳ってすごいね。
元気ですもんね。

元気でした。
手作りなんだ。

手作りなんだそうです。
毎朝、ヨーグルト食べるようにしないと。

ヨーグルともハチミツは食べてますけど。
ぜひじゃあ一緒に。

トーストに、チーズトーストにハチミツ。

ハチミツ。

おしゃれ。
しゃべってもいいですか?

あのバスツアーで回ってくるの、全部仕
込みでしょう?

そうなんですよ。
それを知らなくて乗ったので、

やっぱりさすが、

エンターテインメントの街だなと思った
ら、

最初は分からなかった?
そうなんです、全部演者の方で。

これ、日本でもできるよね。
日本でも、

勝俣さんおっしゃってましたけど、

浅草とかでも、いいかもしれないですね。

海外の人、喜びますよね。
楽しかったです。

すごく。
やっぱり人を楽しませて、笑顔にすると

いうのがいっぱいあるね。

はい、留伽ちゃん、

全国のお天気をお願いします。

来週の前半にかけて

太平洋側は

すっきりしない天気が続きそうです。

きょうは大丈夫です。

でも、乾燥しているから、

雨も降らないとね。

こういう時期だけど、

乾燥し過ぎてる、今。
桜も

花びら。
寒暖差があると、

きれいに咲きますので。

玉緒さん、またよかったら、

旅が行けるようになったらね。
また行きたいですね。

行きたいです。

かっちゃん、つけますから。
おんぶして行きます。

このあと、

ユーチューブあるんだけど、

時間がちょっと分からない。

少し遅くなるかな?
そうなんです、

ちょっといつもより遅くなるかもしれま
せんが、

ユーチューブ、ぜひご覧ください。
きょうは大阪は?

曇り?
雨はないみたいですね。

でもきょうは本当に怖かったのは、

時間が入り切るかなと思いましたけど。