MUSIC BLOOD乃木坂46が秋元康に禁断の質問!秋元康お気に入りの曲とは[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

MUSIC BLOOD乃木坂46が秋元康に禁断の質問!秋元康お気に入りの曲とは[字]

秋元康が乃木坂46にピッタリの曲が来た!と感動した思い入れのある楽曲を披露▽アンダーの人気楽曲▽教えて秋元先生!乃木坂が先生に疑問をぶつけます!

出演者
【MC】田中圭、千葉雄大
【特別ゲスト】秋元康
【ゲストアーティスト】乃木坂46
番組内容
「自分の音楽の血となったアーティストは誰ですか?」嫉妬、ライバル、崇拝…毎週1組のアーティストを迎え、自身の中に流れる原体験を紐解き、ブラッド曲をお届けします。

ジャンル :
音楽 – 国内ロック・ポップス
音楽 – ライブ・コンサート
バラエティ – トークバラエティ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 言葉
  2. 秋元
  3. THE
  4. 歌詞
  5. 乃木坂
  6. KEN
  7. お願い
  8. 児玉
  9. ホント
  10. 一番
  11. 自分
  12. 秋元先生
  13. 存在
  14. 質問
  15. アイドル
  16. カラオケ
  17. フォーチュンクッキー
  18. 印象
  19. 今夜
  20. 絶対ダメ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





<自分の音楽の血となった
アーティストは誰ですか?>

本日のゲストはですね
超大物です。

(千葉) はい。

雄大君は どんな印象というか…
持ってますか?

何か でも…。

…みたいな。
(笑い)

でも 分からんではないかな。

ユニコーンみたいな
何か そういう存在かな。

<今夜は…>

♪~ 恋する
フォーチュンクッキー!

♪~ アザトカワイイ

<秋元 康に迫る特別企画>

<乃木坂46が 質問攻め>

(秋元) あんまり…。

♪~ こんなに誰かを恋しくなる

♪~ 自分がいたなんて

改めまして 本日のゲストは
秋元 康先生です。

よろしくお願いします!
(拍手)

そして 乃木坂46の皆さんにも
お越しいただきました。

よろしくお願いします。
(一同) よろしくお願いします。

僕は みんな大好き…。

『会いたいよ』の作詞を
していただいてですね。

レコーディングまで
見ていただきまして

本当に ありがとうございました。
どうもありがとうございました。

秋元先生 圭さんの印象とかって
いかがですか?

すっごい歌がうまいんで
びっくりしました。

でも 本人は
やっぱり俳優なので…。

何か 今日 あれですね。

(笑い)

大人の方も 結構 多いですよね。

どうですか? 乃木坂の皆さまは
変な緊張感 ないですか?

(秋元) めちゃめちゃあります。

少人数とか 1対1とかで
お話しさせていただくのは

あんまりなくて
ものすごく緊張してます。

今日は ホントに
ぜひ 皆さまにもですね

どんどん質問していただいて

秋元先生の いろんな面を

引き出して行きたいなと
思ってますので。

じゃあ 私 恐縮ながら
挑ませていただきます。

答えたくなかったら
大丈夫なんですけど…。

あっ!
(笑い)

ウソ ウソ…。
(秋元) 早かった。

じゃあ ライトで…
海派ですか? 山派ですか?

お~。
やはり海ですかね。

≪え~!≫

(弓木) じゃあ…。

自分も? 山派だったの?
(弓木) はい。

変えなくて。

<今夜は 乃木坂46が
選んだ4曲から

作詞術 アイドル論を
ひもといて行く>

<まずは…>

<…の歌詞についての質問>

♪~ 言葉なんか
消えてしまえばいい

♪~

衝撃を受けたんですよ。

なので 何で こういう例え方を
しようと思ったのかな

…っていうのが
気になりますね。

どういうテーマで書こうかなと
思った時に

まだ「インフルエンサー」
っていう言葉が

そんなに 一般的じゃなかった時
だったんですけど。

そこで 一番 影響を
受けてることを

表現する 一番
分かりやすいのって

太陽と地球の関係って

影響 受けるに決まってる
わけじゃないですか。

だから そこに
たどり着いた

…わけですよね きっと。

いやいや… もちろん
それは思ってますけど。

作詞ノートみたいなとこで
ストックしてるっていうよりは

その時に。
そうなんですよ。

よく企画メモとか

作詞の素材ノートみたいなの
つけるんですか

…って言われるんですけど。

「この言葉 いいな」とかって
書き留めたりすると

それを
分解しちゃってるみたいで。

それよりも 何となく
無意識のうちに…。

…ってよく言うんですけど。

リュックサックの中に
どんどん どんどん

知らないうちに入れてて
さぁ 詞を書こうとした時に

それが 最近の言葉じゃなくても

『恋するフォーチュンクッキー』
のように

ず~っと昔の
「フォーチュンクッキー」って言葉を

思い出す言葉もありますし。

ご自身で書かれた歌詞を

カラオケで歌うことが
あるのかな?っていう。

お~ なるほど。
(和田) 聞いてみたいなって。

詞を書いただけであって
別にね 僕は

メロディーを作ってるわけでも
歌が うまいわけでもないので。

あ~ ないんだ。

だから やっぱり…。

≪え~!≫

え~!

そういうことでは
ないんですけどね。

カラオケに行きたいです。

何をしてる時が
一番 楽しいですか?

聞きたい。

取りあえず…。

あ~!

それが だいたい朝の5時とか。

さぁ それから
どうしようと思って

映画を見るとか
ドラマを見るとか

その時が
一番 楽しいような気がする。

どういう時に どういう場面で
歌詞が思い浮かびますかね?

そうなんだ。
めっちゃ うなずいてますね。

ミュージックビデオって

リップシンクっていうのが
あるわけですよね。

そこでは 絶対に
歌詞がないとダメなので

リップシンクは
何時からだっていうのを

スタッフに聞いて…。

14時までには
考えなきゃいけないっていう

それで考えますかね。
結構 ギリギリ。

追い込まれると
パッて出て来る感じですよね。

14時から18時とか20時まで
撮ったんだけど

僕が やっぱり
これ 違うなと思って…。

そういうのもあるんだ。

反省しながら
申し訳ないなと思いながら。

(笑い)
そう そう そう。

<続いて 命の儚さと
たくましさについて歌った

『命は美しい』についての質問>

♪~

『命は美しい』って
タイトル的にも

すごくダイレクトなもの
なので

アイドルが歌うには
すごくハードルが高いな

…って感じて。

なぜ 「命」っていうものを
テーマに

曲を作られたのかな
っていうのが

すごく気になります。
秋元先生 お願いします。

あんまり…。

あんまり…。

だから もちろん そういう時も
例えば 新聞を読んでたり

あるいは ニュースを
見たりしてて もっと…。

…とかっていうことを
思った時に

それを シンガー・ソングライター の方がね

メッセージとして歌うことも
大切だけども。

だから 変な言い方をすると…。

楽しく…。

…のと同じで。

『命は美しい』っていうのも
何か よく考えると

乃木坂で
楽しくて歌ってたけど…。

確かにそうだよなって
何かハッとしたな

…とかっていうふうに
なってくれたら

いいなと思うんですよね。

<秋元 康は 時代時代で

メッセージ性の強い歌詞を
アイドルに書いて来た>

♪~

♪~

何か こういう
アイドルから歌って

楽しくカラオケでも
歌ってたんだけど ふと…。

…と思った人が
ちょっと調べてみようかなとか。

…というのがありますよね。

<続いては…>

<…についての質問>

♪~

…なのかなっていう
印象があるんですけど。

秋元先生は 初めて聴いた時

どういう感想だったのかな
っていうのが気になります。

デモで 杉山勝彦さんの曲を
聴いた時に…。

乃木坂46っていうグループは

はじめ フレンチポップスで
行こうと思ってたんですね。

だから 『ぐるぐるカーテン』とか
『おいでシャンプー』とか

ちょっと そういうテイストで
来てたんですけども。

何か…。

…と思った時に

この曲を聴いた時に…。

…と思ったので
すぐレコード会社に連絡して。

もう この曲で売らないと
絶対ダメだ

…っていうふうに
言ったんですけど。

その時点で。
その時点ではですよね。

彼女たちが 何回も何回も歌って

いろんなメンバーが
歌って行くうちに…。

…だと思うんですよね。
はぁ~。

まさに 秋元さんが

おっしゃってた通りの
感じでしたね。

みんなで育てて行ったって。

(秋元) この曲で 『紅白』に初めて
出させていただいたんですけど

それも 発売した年とかではなく
何年か たってからだったので

今の言葉が
すごく しっくり来ました。

<『君の名は希望』を
象徴するのが…>

<…という歌詞>

この歌詞は
どのようにして

書かれたんですか?

これは やっぱり
当時ですね

いじめっていう
問題が

社会問題に
なって来た時に

一番 若い時に
悩むことって…。

…と思う
じゃないですか。

その時に きっと
みんなからは

僕の存在なんか
意味がなくて

透明人間と
思われてるんだろうな

…っていうところを
書きたい

…っていうのが まず
あったんですよ。

それが
どうやったら

ハッと 自分の存在に
気付くんだろう

…と思った時に

ボールが コロコロっと
転がって来て…。

…っていう人が
いたら

自分の存在に気付いてくれてる
わけじゃないですか。

そこに人が
いるわけだから。

その人って
誰なんだろう。

それは初恋の人なのかな
優しい人なのかな。

そういう人がいてくれたら
いいな

…っていう希望なんだ
と思ったので。

何か物語ですね。

♪~

♪~

♪~

♪~

♪~

♪~

♪~

♪~

<その…>

<…という存在>

♪~

<その人気は すさまじく
アンダーだけで…>

<今夜 披露するのは…>

♪~

私 一生
「死んだ夢の棺桶」とか

そんなワード 出て来ないと
思うんですけど。

満員電車が悪いわけでも
何でもなくて それは比喩で

同じレールに乗せられて
みんな こういうふうに

同じ方向に運ばれてしまうことに
あらがわないのかな

…っていうようなのがあって。

夢の棺桶で 夢が
死んじゃうわけではなくて

そこの中でも…。

よく日常を見ると…。

…っていうことを
伝えたいんですよね。

すごいな 何か もう
うなっちゃうよね。

あと ホントに
聞きなじみのない言葉だけど

何となく
その情景が思い浮かぶというか。

さぁ そして 番組恒例
雄大君の曲ふりがあるのですが

秋元先生
どのように ふってほしいとか…。

これは やっぱり…。

えっ!
(笑い)

そういう思いを込めて

多分 言って
くださるんじゃないかなと。

俳優生命を懸けて 言います。

じゃあ 雄大君 お願いします!

それでは 聴いてください
乃木坂46で 『日常』。

いや 日常っぽくてよかったよね。
よかった よかった…。

(笑い)
え~! ヤバい。

<センターを務めるのは
次世代を担う…>

今のアンダーメンバーの
強さというものを

気持ちを込めて 全員で 本気で
挑みたいなって思います。

♪~

♪~

♪~

♪~

♪~

♪~

♪~

♪~

<新しい才能を発掘>

♪~ 当然どこでも No reason

♪~ フロア熱帯だろ4Season

<…プロデュース>

<大型オーディションで
脱落したメンバーで

新たにボーイズグループが
デビューを目指す>

<今から面談し
参加するのか しないのか

意思を確認する>

ドキドキですよね。
でもさ…。

(児玉) おはようございます
よろしくお願いします。

<…としても活動>

(KEN THE 390) そうなんだ。

(児玉) ありがとうございます。

(児玉) ホントに もう…。

(KEN THE 390)
ホント? それは嬉しい。

(KEN THE 390)
ホント? あっ そうなんだ。

<しかし 児玉には…>

えっ 何!
何だろう。

えっ 何で? 何で?

(吉高)人生 山あり 谷あり…

♬~
「トリス」あり!

(泡の音)シュワー

<人間っていいナ。>
はぁー

<新しい「トリス」>

(小栗)あ!
(宮沢)<ビールが美味しい夏こそ!>

あー! めちゃくちゃうまいビール飲みてー!

<冷やしジョッキに>
冷やしプレモル

<高級ビール! いっちゃいましょう!>

<「ザ・プレミアム・モルツ」>
あー

<smash.で番組連動コンテンツを
続々配信>

<THE NEXT UP
デビュープロジェクト 完全版はsmash.で>

<グループ入りを快諾した児玉>

<しかし…>

(KEN THE 390)
あ~ 分かるよ 分かるよ。

<児玉自身は そのことに
長年 悩んでいた>

<ケンちゃんの反応は?>

(KEN THE 390)
宝だと思うよ 絶対。

(KEN THE 390) すごく…。

(児玉) ありがとうございます。

<残るは あと2人>

あ~ よかった! 児玉龍亮君
加入決定ということで!

よかったですね。
よかったですね。

だって 吃音症があって
っていってもさ

それが ケンちゃんには
分かんなかったわけでしょ?

そう思わせないだけの

パフォーマンスを
してるわけじゃない。

もう武器やんね。
うん。

えっ 何?

いや マジで…。
グループ名は ダメです。

俺らだったら…。

…とかにしちゃうよな もう。
(笑い)

絶対ダメ。
絶対ダメ。

<次週 タイに活動拠点を移す…>

(小栗)あ!
(宮沢)<ビールが美味しい夏こそ!>