Love music【「FNS歌謡祭 夏」直前!見どころ解説】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

Love music【「FNS歌謡祭 夏」直前!見どころ解説】[字]

あいみょん・ISSA・伊藤沙莉・Tani Yuuki・Hey! Say! JUMP・松下洸平・ルセラフィムが登場!FNS歌謡祭への意気込みを語る!

出演者
【スタジオ出演】
アイクぬわら(超新塾)、永島優美(フジテレビアナウンサー) 

【VTR出演】
あいみょん、ISSA、伊藤沙莉、高畑充希、Tani Yuuki、Hey! Say! JUMP、松下洸平、LE SSERAFIM 

【サキガケ!TikTok】
愛美、SHARE LOCK HOMES、CHAI
ご案内
番組の詳細は公式ホームページまで 
https://www.fujitv.co.jp/lovemusic/  
【番組公式Twitter】
https://twitter.com/lovemusic_fuji 
【番組公式Instagram】
https://www.instagram.com/lovemusic_fujitv/  
【番組公式TikTok】
@lovemusic_fujitv
番組内容
一夜限りの特別ライブ!▽トークゲストが思い出の曲から今ハマっている曲、自身の曲まで…他では聞けない熱い音楽トークを繰り広げる!▽番組独占!!アーティスト密着企画など新企画も続々!!▽日本を代表するアーティストたちが登場するほか、音楽好きのゲストが独自の音楽談議を繰り広げ、音楽の魅力に深く迫る音楽番組。出演アーティストへの密着ロケや新機軸な新コーナーで、
番組内容2
音楽の魅力を今まで以上に豊富にお伝えする日曜夜の音楽フェス!
スタッフ
【チーフプロデューサー】
三浦淳 

【演出】
佐藤正樹 

【プロデューサー】
松本祐紀 
中村峰子 
宇賀神裕子 
後藤夏美 
岩田惠 

【ディレクター】
唐雅則 
志賀一寿 
中澤俊介 
黒岩栄治 
後藤悠樹 
樋川優美 
吉本裕亮 
渡辺由貴 

【制作】
フジテレビ第二制作部

ジャンル :
音楽 – 国内ロック・ポップス
音楽 – ライブ・コンサート

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 永島
  2. アイク
  3. FNS歌謡祭
  4. ホント
  5. 沙莉
  6. 沖縄
  7. 今回
  8. アーティスト
  9. 一同
  10. 水曜日
  11. 相葉
  12. 披露
  13. Love
  14. music
  15. コラボ
  16. ドキドキ
  17. 一緒
  18. 音楽
  19. 生中継
  20. LE

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



created by Rinker
¥1,483 (2022/08/09 14:14:16時点 Amazon調べ-詳細)

(森高)こんばんは 森高 千里です。
本日の 『Love music』は

『FNS歌謡祭』直前
見どころ 解説と

話題の アーティストの
スペシャルライブです。

早速 こちらから
ご覧ください。

(相葉)『Love music』を
ご覧の皆さん こんばんは。

(相葉)相葉 雅紀です。

ついに 今週 水曜日に 迫りました
『2022 FNS歌謡祭 夏』

出演アーティスト 楽曲数
およそ 50。

豪華コラボ あり。
名曲カバー あり。

ミュージカル あり。 お台場を飛び出した
生中継のライブも あります。

ぜひ ご覧ください。

♬~

♬~

(永島)こんばんは。
フジテレビ アナウンサー 永島 優美です。

(永島)
さて 今夜は 今週 水曜

13日に 生放送されます
『2022 FNS歌謡祭 夏』の

見どころを
たっぷりと お伝えします。

今日 お相手していただくのは…。

(アイク)『Love music』

アイクぬわらです。 よろしく。

(永島)すごい。 生で 聞けた。
(アイク)フゥー!

すごい。
深夜の テンションですね。

深夜の
テンションですね。

でも 今日は 朝早いコンビと。
(アイク)そうですよね。

そうですよ。
(アイク)何時起きです? いつも。

私 4時ぐらい。
(アイク)一緒。 一緒。 一緒。

一緒!
(アイク)共通が ありますね。

(永島)さて ことしの夏の
『FNS』はですね

「ドキドキ・ワクワク」が
テーマなんです。

ほう。 いいですね。

生歌唱 生パフォーマンスが
例年よりも

うんと 増えてるんですよ。
今回。

まさに ドキドキしますよね。
楽しみですよ。

さらに お台場を 飛び出しての
生中継も あります。

(アイク)生中継?
どこに あるの?

それは 後で お伝えします。
(アイク)ワクワクするね。

(永島)では 今夜は 近年の
夏の『FNS』 名場面を

振り返りながら ことしの
見どころを ご紹介していきます。

(アイク)いやぁ。 いいぜ。

(永島)何回 聴いても
やっぱり いいですね。

(アイク)癒やされますよね。
(永島)癒やされる。

『if…』が
結構 渋かったですね。

(永島)DA PUMPと 永さんの
コラボ。

(アイク)聴きながら ウイスキー
飲みたくなりますね。

(永島)分かります。
(アイク)分かります?

(永島)分かる。
(アイク)いいですよね。

(永島)2組とも。
DA PUMPの 皆さんも 永さんも

ことしも 出ていただきます。
(アイク)マジで?

(永島)それぞれ 別なんですけど。
(アイク)なるほど。

絶対 見ないと いけないでしょ。

やっぱり
『FNS歌謡祭』といえば…。

(永島)ことしは こんな
ラインアップに なってますよ。

(永島)アイクさん。

(アイク)結構ですよ これは。

(永島)すごいですね。

(アイク)すごい メンバーですよ。

(永島)まず どれが 気になる?

(アイク)やっぱり Toshlさん。

X JAPANですよね。

(永島)楽曲は…。

この 2曲を
やっていただくんですが

まさに 歌唱力の ぶつかり合いの
コラボレーション。

(アイク)これは ホントに
ワクワクしますね。

(永島)ホント 楽しみ。

(アイク)氣志團さんも。

(永島)工藤 静香さんと

今回 コラボと。 氣志團の

綾小路 翔さんなんですが

工藤 静香さんへの リスペクトの

気持ちが ものすごく あるそうで。

(永島)で 今回 コラボすることに。

(アイク)結構 気になりましたね。

(永島)あと 池田エライザさん。

今回は 木村カエラさんと

コラボレーションしてくださいます。

確かに。 そういうことか。

それで コンビになりたかった。
(永島)確かに。

たまたまね。
すごい。 これも また 奇跡。

そして 先ほど DA PUMPと

コラボをした映像を 見ました

永さんなんですが 今回

永さんは 松下 洸平さんと

コラボです。

松下さんは 俳優でも
いらっしゃるんですけど

シンガー・ソングライターとしても
活躍されてるので。

(アイク)最近の 俳優 女優
ホントに マルチですよね。

何でも できますよね。

(松下)13日 水曜日。
『FNS歌謡祭 夏』

ぜひ ご期待ください。

[さらに ことし デビュー 15周年
Hey!Say!JUMPは

なにわ男子と 共演]

(裕翔)いいじゃないっすか。
そんなこと 言わなくたって。

(木)何か ばちばちに…。
(裕翔)重々 承知してますよ。

(薮)2個前ですよ。

(木)こっちの手で
押さえて 歌った。

(薮)俺より ちょっと
遅いぐらいだから。

(木)こう 言ってくるからね。

(有岡)間違いでは ないよね。
(裕翔)ないけど

何か 端から見たら
ドキドキするよね。

(一同)「あれ?」とか 思っちゃう。
ホントは そうなんすね。

(木)頑張らせていただきます。
(一同)面白いよね。 面白いね。

[デビュー 50周年
郷ひろみさんは

名門 茨城県立 大洗高等学校
マーチングバンド部と

世代を超えた 共演です]

そして 冒頭で お伝えしました
生中継ライブなんですが

「どこかな?」って
気になってらっしゃいましたね?

小豆島ですかね?
(永島)小豆島。 違う。

違う? 違うか。

沖縄!? おお! いいね。

(永島)ラインアップは もちろん
沖縄に ゆかりのある方々ばかり。

(永島)まずは BEGINさんですね。
やっぱり。

(アイク)キングじゃないっすか
沖縄の。

(永島)桐谷 健太さん。
夏川りみさん。 島袋 寛子さん。

BEGINさんが
バンドをしてくださって

そこで 皆さん
一緒に 歌ってくださる。

(アイク)いいですね。
(永島)そして 名曲の

『島人ぬ宝』を お台場との
掛け合いで 大合唱。

(アイク)いいですよね。

(永島)夏が来たって感じ
しますよね。

(ISSA)自分の地元が
沖縄市っていうとこなんですが

音楽の街というか。

昔から ライブハウスだったり
ディスコだったり。

街に 音楽が流れてないのが
不思議というか。

そんな中で いろんな音楽を
聴きながら

自分も成長して
今があるので。

僕にとっては
すごく 大事なものですね。

[ISSAさんは
満島 真之介さんとの 共演で

世界的に 大ヒットした
喜納 昌吉さんの 名曲を]

(ISSA)いやぁ。 そうですね。

沖縄を代表する アーティストの
大先輩である 喜納さんの歌で

世界的にも有名な
『花』という曲なので

ある意味 背負っていくぐらいの
気持ちで

やりたいなと 思いますし。

「兄さん。 初参加するので
一生懸命 頑張ります」

「楽しみにしてます」って
LINEが 来てたので。

そう 言っときましたし。

僕たち 2人にしか出せない色を

堂々と 披露できたらなと
思います。

(永島)さらに 沖縄にゆかりのある
方々も 続々 登場します。

三浦 大知さん 清塚 信也さんは

朝ドラ主題歌 『燦燦』

そして MONGOL800ですね。

カラオケで 歌うやつですよね。

(アイク)ホントに カラオケ どこでも

みんな 歌ってる曲ですもんね。

タオルで こうやってね。

(永島)そして 宮沢 和史さんと

三浦 大知さんによる 『島唄』です。

(アイク)僕 カラオケで 必ず

『島唄』 歌うんですよ。
(永島)歌われますか?

で 間 間に…。
♬(指笛)

こうやるんですよ。 そうすると
めちゃくちゃ 盛り上がるから。

(永島)それは 盛り上がる。

沖縄の歌って
ちょっと 特別ですよね。

(アイク)そうですよね。
(永島)歌い継がれているのが

沖縄の曲だなと 思います。
(アイク)すてきですね。

さらに もう1カ所
あきる野市にある

東京サマーランドの
日本最大級を誇る

プールサイドから
ダンス DJショー 生中継です。

(アイク)えっ!?

(永島)ラインアップ こちらの
アーティストに なります。

(アイク)何? このメンバー。
(永島)熱いメンバーですね。

(アイク)熱過ぎるだろ。
ソー ホット!

すごいですね。 TRFさんも。
(永島)すごいですね。

(アイク)ORANGE RANGEも そう。

(永島)ORANGE RANGE 私 もう
どんぴしゃ世代なんですよ。

(アイク)世代なんですね?
(永島)中学生のころ

ずっと 聴いてたので。
(アイク)もう 行きたいです 直接。

(永島)今回は お台場 沖縄
東京サマーランドの

3カ所からの 生中継が

ことしの 『FNS歌謡祭 夏』の
すごさでございます。

なかなか ない。 3つでしょ?
(永島)そうですよ。 3つ。

なかなか ないよ これ。

(永島)ぜひとも 夏を
感じていただきたいと 思います。

[番組の後半も
『FNS歌謡祭 夏』の 魅力を

たっぷり お伝えしていきます。
その前に…]

[一夜かぎりの ライブ]

[まずは…]

[配信から
3年以上たった 今もなお

聴かれ続けている この曲]

[総再生回数は
2億を突破]

(橋口)ツアーが
決まってたりするので この夏は…。

(村中)僕…。

(村中)なので ちょっと
チャレンジしたいんですけど。

(橋口)ヤバいね。
アラフォーバンドが 言うやつ。

(村中)
30代 最後の夏。 頑張ります。

[今夜 披露するのは
先日 最終話を迎えた

土屋 太鳳さん
主演ドラマの 挿入歌 『恋だろ』]

(村中)地味というかね。
あんまり アレンジしてない…。

(橋口)いい曲が 選ばれて。
うまく いかなそうな 恋でも

恋をする勇気を
届けられるような

そんな歌に なってれば いいなと
思います。

[ネクストアップ。 『FNS歌謡祭』
夏の名場面を プレーバック]

(相葉・永島)『FNS歌謡祭 夏』

(相葉)あいみょん。 ドラマ主題歌
『初恋が泣いている』を 披露。

(永島)さらに…。

(相葉)7月13日 水曜
夜 6時30分。

[『FNS歌謡祭』
夏の名場面を プレーバック]

(アイク)ブラボー!
ブラボー!

(永島)どの曲も
よかったですけど。

『ドライフラワー』 『魔法の絨毯』は
SNSを きっかけに

たくさんの若者たち 中心に
聴いた曲ですよね。

もちろん ことしも
最新の ヒット曲も

いち早く お届けします。

ラインアップ こちらです。

(アイク)オフィシャルさんね。

(永島)Official髭男dismさん。

(アイク)今 すごい 大人気の
『SPY×FAMILY』ですね。

(永島)大人気アニメですね。
(アイク)さすがですよ。

(永島)オープニング主題歌と なっている
『ミックスナッツ』という曲です。

そして NiziUの皆さんが 何と

『CLAP CLAP』という 新曲を

テレビ 初披露してくださいます。

(アイク)ナイス! いいですね。

(永島)そして あいみょんさん。

何と フジテレビ 球体特設ステージから

披露してくださいます。
あいみょんさん 特別。

さすが。
それ なかなか ないですよ。

(あいみょん)『FNS歌謡祭』
すごく 特別なステージを

用意していただきました。
まだ ステージ 見てないので 今。

(あいみょん)楽しみに
ドキドキ 待っております。

ぜひ 皆さんも
楽しんでいただけたらなと

思っています。
よろしく お願いします。

[この曲は ドラマ主題歌としても
話題になりました]

ホント ありがたいなと
思ってますね。

一つの作品同士が
ぶつかるわけじゃないですか。

私の楽曲と ドラマっていう
作品が ぶつかり合うんですけど。

それが 目の当たりに できると
いいますか。 いち視聴者として。

なので すごく
うれしかったですね。

(あいみょん)ごめんなさい。
ぶつかっちゃった。

(あいみょん)すごい。

お邪魔します。
(一同)お願いします。

(あいみょん)お願いします。
すごいですね。

思ってたより 丸いですね。

(あいみょん)
あの真ん中が 東京タワーですね。

めちゃめちゃ すてきな時。

13日 水曜日 『FNS歌謡祭 夏』
ぜひ ご期待ください。

そして 女優としても
活躍される方々の

貴重な 歌唱ステージも
あります。

まずは 伊藤 沙莉さんです。

あれ? オズワルドの
伊藤さんの妹でしょ?

(永島)そうです そうです。
(アイク)声 めちゃくちゃ 低い。

(永島)ハスキーボイスが 魅力の。
(アイク)ハスキーボイスですよね。

何と 楽曲は 尾崎 豊さんの 名曲
『15の夜』

オー マイ ゴッド。 ハスキーボイスで それを
歌ったらね また いいですよね。

そして 高畑 充希さんも
出てくださるんです。

ミュージカル
『ミス・サイゴン』より

カンパニーの メンバーとして
劇中歌を 披露してくださいます。

これ レアですよね。

そんな お二人からも
コメントが 届いています。

(高畑)何より 私は ホントに…。

音楽だけで 物語を
紡いでいくって いうのが

すごく 私にとって 初体験で。
楽しんで。

つらい話ですけど 楽しんで
やれたらいいなと 思ってます。

(沙莉)「いいんですか?」って
感じでしたね。

(沙莉)すっごく うれしいのと
ともに。

そうですね。
歌うことは すごく 好きなので。

歌を 歌わせていただける
機会が あったら

基本的には やりたいなって
気持ちが あります。

(沙莉)♬「そして 仲間達は 今夜
家出の計画を たてる」

(沙莉)♬「とにかく もう
学校や家には 帰りたくない」

(沙莉)それで
選ばせていただきました。

(2人)「ウォー!」
♬「盗んだ」

(沙莉)ライブバージョンみたいな。
(スタッフ)イメージは あるんですが。

(沙莉)すごく 幅広い
ファンの層だと 思うんですけど。

皆さん…。

なんなら 伊藤さん 独自の
「ウォー!」をみたいな。

望んでいただけるのであれば
開放的に

「ウォー!」を
やりたいなって 思ってます。

(沙莉・高畑)13日 水曜日
『FNS歌謡祭 夏』

ぜひ ご期待ください。

(永島)そして ことし 大注目の
アーティスト 2組 あります。

LE SSERAFIM。
韓国人と 日本人で 構成された

女性アイドルグループの 皆さん。
(アイク)ミックスしてるね。

(永島)LE SSERAFIMの 皆さんが
『FEARLESS』という曲を

歌っていただきます。

そして Tani Yuukiさん。
私 大好きな曲なんですけど。

(アイク)これ めちゃ 有名。
(永島)そう。 『W/X/Y』

歌詞 見たら ばりばり
英語 入ってるんですけど

めちゃめちゃ 発音 いいですよね。
(永島)ねえ。 よかったですね。

ホントに 海外の曲
聴いてるみたいな感じで。

そんな ことし 大注目の 2組。

LE SSERAFIMと
Tani Yuukiさんから

意気込みコメントが
届いています。 ご覧ください。

(Tani)
13日 水曜日 『FNS歌謡祭 夏』

出演させていただきます。
ホントに…。

僕も 楽しみにしております。

ぜひぜひ ご覧ください。
よろしく お願いします。

(一同)せーの。
こんにちは。 LE SSERAFIMです。

『FNS歌謡祭 夏』
7月13日 水曜日。

夜 6時30分からです。
お楽しみに。

まだまだ 見どころは
たくさん あるんですが

今 伝えられるのは
取りあえず ここまでです。

ああー!
もうちょっと 教えてほしいな。

でも 盛りだくさんですよね。
今回ね。

ホントに
ドキドキ ワクワクするからね。

すごい 楽しみですよ。
(永島)ありがとうございます。

ぜひ 今週 水曜 13日は
テレビの前で

『FNS歌謡祭』を
体感していただければと思います。

(永島)アイクさんも
見てくださいますか?

(アイク)当たり前やないかい。

[ネクストアップ。
『Love music』 スタジオライブ]

[一夜かぎりのライブ]

[続いては 今 SNSで

最も バズっている歌声として
知られる こちらの女性シンガー]

(asmi)asmiです。
よろしく お願いします。

音楽…。 出合ったのは
小学校ぐらいのときから。

4つ上の姉が 歌を歌うのが
すごく 好きで

私も 自然と 好きに
なっていくように なりました。

[披露するのは 今 TikTokで
爆発的な人気の 『PAKU』]

[多くの 芸能人
インフルエンサーたちも

この曲に合わせて ダンス]

(asmi)いっぱい 見ます。

よく 見る YouTuberの方とか
私 めちゃ 好きなんで

踊ってくれたりしたら
うれしくて…。

その辺の山も
登ったこと ないんですけど

山に登りたくて。
目標です。 富士山 登頂。

[ネクスト ライブ アーティスト。 7月の
オープニング曲を 飾っていただく…]

[指原 莉乃さん
プロデュースで 話題の

11人組 アイドルグループ]

(一同)いい! やりたい!
流しそうめん。 夏っぽい。

(衣織)このレースが パフォーマンス中に
ふわふわと 動くのが

とっても キュートなので ぜひ
注目して 見ていただきたいです。

(舞香)そこも 毎回
見どころかなと 思います。

(一同)『Love music』

[アーティストから届いた ショートムービーを
まとめて 紹介]

♬~

♬~

何秒?

♬~

♬~