MUSIC BLOOD[字]Def Techが大ヒット曲MyWayと解散の真相を語る…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

MUSIC BLOOD[字]Def Techが大ヒット曲MyWayと解散の真相を語る

「自分の音楽の血となったアーティストは誰ですか?」嫉妬、ライバル、崇拝…毎週1組のアーティストを迎え、自身の中に流れる原体験を紐解き、ブラッド曲をお届けします。

出演者
【MC】田中圭、千葉雄大
【ゲストアーティスト】Def Tech

ジャンル :
音楽 – 国内ロック・ポップス
音楽 – ライブ・コンサート
バラエティ – トークバラエティ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. Shen
  2. Def
  3. Micro
  4. Tech
  5. and
  6. on
  7. 自分
  8. THE
  9. KEN
  10. お願い
  11. ホント
  12. 今夜
  13. 当時
  14. My
  15. Way
  16. ハハハ
  17. 沖縄
  18. 気持
  19. 雄大君
  20. OK

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



created by Rinker
日テレサービス
¥1,200 (2022/08/14 14:12:32時点 Amazon調べ-詳細)

<自分の音楽の血となった
アーティストは誰ですか?>

今夜のゲストはですね…。

…の2人組だそうです。

2005年の曲 すごくない?

この8位にさ 2005年の曲が
入るわけですよ。

聴いてたでしょ?
(千葉) 聴いてました。

俺も

めっちゃ最初の
英語のラップのとことか

全然歌えないのに
すごい歌ってた記憶ある。

(Micro) 僕たちにとって…。

♪~ Def Tech sound
Shen and Micro 'round

♪~ singing on and on and on

<代表曲…>

<TikTokでは…>

<…動画が大バズり>

<現代の子供たちにも
愛される曲に>

Shenと…。

<…があった>

改めまして 今夜のゲストは
Def Techさんです。

よろしくお願いします!
よろしくお願いします!

ありがとうございます!

当時は20代の
前半ぐらいだったってこと…?

25… 24ですね デビューが。

若っ フフフ…。

楽しそう。

そしてですね
田中MEMOによりますと…。

なぜ沖縄に?

なるほど。

沖縄から来られてて
今日は沖縄に帰られるんですか?

(Shen) 明日までいますので
ちょっと…。

そうなんですよ すごい。
ステキ!

(笑い)
ベッドがないとか… OK OK。

めっちゃ内部事情まで。
ハハハ…。

そしてですね
VTRにもありましたが

『My Way』が十数年たった今
リバイバルヒットしたわけで

TikTokでも先ほど
ホントに小っちゃい子が

コマネチ コマネチ
してくれてましたけれども

どういう気持ちになるんですか?

飽きるかなとか
自分がこれを何度も…。

きっと自分が…。

それは すごく僕らにとって
大きな変化です。

ステキ。
いい話。

フッ…。

はいはい はいはい 出た 出た

ムチャぶりのやつ。
ハハっ。

『My Way』の?

ぜひ。

じゃ 回します。
それではミュージック スタート!

♪~

(笑い)

ちょっと…。
ハハハ!

<この21年…>

♪~ Def Tech sound
Shen and Micro 'round

♪~ singing on and on and on

♪~ Catch the wave 感じて

<翌年にリリースしたアルバムも
ミリオンを達成>

<絶頂期を迎えた>

<原因は 今では
考えられないほどの不仲>

<つかみ合いのけんかも
あったと報じられた>

<一体…>

実際
当時はどうだったんでしょうか?

ハハハ…。

Shenと…。

お互い目を伏せてたり。

レコーディングも僕が 1時 5時
Shenが 6時 10時とか

ホントに会わないように
サードアルバムなんかは…。

ですね。

最初は
すっごい仲良かったんです。

もう めっちゃくちゃ仲良くて。

だから…。

五反田で待ち合わせすると
ドアの目の前で

ピシュっと 会って…。

<下積み時代には…>

<売れるために もがいて来た>

<しかし 2人を引き裂いたのは

皮肉にも…>

あっという間の
このミリオンヒットっていう

駆け上がり方があったので。

…なっちゃうよね 人って。

それによって…。

僕のイメージに凝り固まって
こうじゃなきゃ 成功

こうじゃなきゃ 正しくない
っていうような そういう…。

20代前半から 押し付けて
来ちゃったなっていう。

ファーストアルバムが
ヒットしたことによって

もちろん 次もヒットさせなきゃ
だったりとか…。

もう すごかったですね
それはそれは…。

『My Way』のファーストアルバムで
終わったら…。

やっぱあるんだね。

でも何か こうね
歌とかも どうだったんですか?

好きなものだけど

そういう状況下の中でやる
っていうことに対して 何か…。

…みたいなことは
なかったですか?

歌には来ちゃってて
2人のハーモニーが。

けんかしてても…。

それが余計 乖離してっちゃう
というか 自分と。

…が やっぱキツかったっすよね。

♪~

<Shenは…>

<険悪なままで…>

<しかし3年がたった ある日>

<この…>

<…と歩み始める>

いや~…。

もう俺は どこにでも…。

…みたいな感じで駆け付けて。

小っちゃい その赤ちゃんを
Shenが抱かしてくれて

うぅ…っていってる時に…。

「だけど…」。

…って言われて。

で Shenの顔 パッて見たら
2人とも じわって来ちゃってて。

「じゃあ…」。

…なんて言って。

まぁ 今でも…。
ねっ 感動するね。

♪~

Shenさんは数年ぶりに
電話をMicroさんへかける時

どんな思いで
電話をかけたんですか?

新しい命 手に…
初めてパパになったし

この…。

しかも
Microにも Microの家族にも…。

そういう気持ちで。

やっぱり つながるべきですね。

そのShenさんの お子さんの
子守歌を

2人で じゃあ 作んなさいよ
なんて言われて

で 次の日 スタジオ入ってみて…。

へぇ~!

しっくり来ましたね これ
僕がやっぱ…。

自分 薄まるだけで 個性というか。

でも そこに
僕が歌ってるものに Shenが…。

やっぱり 声重ねた瞬間に

「Def Techでいい」じゃなくて…。

…と思いましたね。

ホントに来たね。
うん。

何か こう
全部がリセットされて

そっから また2人で1歩目を

歩みだせるっていうのがさ

運命っていうかさ

けんかしてても 結果 それが…。

…んだなっていうのが
改めて すごく伝わる

お2人のエピソードでした。

<Def Techの…>

<この曲で
喜びも苦しみも味わい

共に歩んで来た>

(Shenの声) 振り向いて…。

♪~

♪~

♪~

♪~

♪~

♪~

♪~

♪~

♪~

♪~

Shen and Micro
♪~ 『MUSIC BLOOD』 2022.

This is the
♪~ real first take.

♪~ Peace.

ということでですね

お2人の大好きな夏うたを
チョイスしていただきました。

<ここからは…>

<まずは…>

<…したナンバー>

♪~

<爽やかなサビが印象的だが

Microがうなったのは
当時では珍しい…>

♪~

飛び抜けてましたね。

<続いては…>

♪~

…だと思ってて。

だって 今…。

普通に。

ダンスする必要となっちゃう曲。

ちなみに雄大君の好きな夏うたは
何でしょうか?

っていう曲が…。

…っていうのが 結構
一番思い浮かんで

それがちょっと
印象的ですかね。

ちなみに雄大君は
これをバリで…。

ちょっと待って!

当時を思い出して
ちょっとやってみてください。

じゃあ
ミュージック お願いします!

♪~

♪~ (笑い)

♪~ ねぇ ヤベェ…。

(拍手)
すごい! 素晴らしい。

♪~

<今夜 初披露する新曲も

夏を感じさせる
Def Techならではの一曲>

お2人が こういう曲フリに
してほしいなっていう

リクエストがあれば
お受けいたします。

もう ぜひとも…。

(笑い)

バリを思い出していただいた
フフフ…。

それじゃあ 雄大君
曲フリ お願いします!

それでは聴いてください
Def Techさんで

『2 Good 2 Be True』です
どうぞ!

(笑い)

(拍手)

こちらこそ
ありがとうございます。

俺も 振っちゃう!
(笑い)

キレが違う。

♪~

♪~ Ah yeah.

2022 Def Tech.
♪~ Hey!

♪~

♪~

♪~

♪~

♪~

♪~

♪~

♪~

<続いては 新しい才能を発掘>

<今夜…>

<新ボーイズグループ
候補者7人が

初めて顔を合わせる>

さぁ ケンちゃんは…。

そうですよね。

こんにちは。
(KEN THE 390) お疲れっす。

<参加メンバーの…>

<保留しているメンバーは…>

<まず…>

(安江) そうですね やっぱり…。

(KEN THE 390) ありがとう。

なるほどね…。

…ってことだね 今。

<問題は 保留中の3人>

<果たして…>

(テコエ) 僕には…。

<自分に…>

<これを見ていた田中 圭は…>

っていう気持ちが
あるんだったら 別に…。

<果たして…>

全然…。

でも…。

…のかなっていうのも
間違いないなって思ってしまって。

って言ったほうが…。

(KEN THE 390) ありがとう。

一緒に頑張りましょう。
頑張ります…。

「しかし」!

(小栗)あ!
(宮沢)<ビールが美味しい夏こそ!>

あー! めちゃくちゃうまいビール飲みてー!

<冷やしジョッキに>
冷やしプレモル

<高級ビール! いっちゃいましょう!>

<「ザ・プレミアム・モルツ」>
あー

(しずちゃん)カツカレー?
(山里)しっかり食べて夏バテ対策!

しっかり食べて家でゴロゴロ

外は暑いんだよ しずちゃん!
しゃーない!

<さあ
夏の内臓脂肪に!
サントリー「からだを想うオールフリー」>

(2人)
うまっ!

(3人)あぃ!
ノンアルチューハイあるある!

(寺島)どっこい このノンアルレモンサワー
(光石・田口)うぃ

まさに!
(3人)レモンサワー!

<絶好調!!
サントリー「のんある晩酌レモンサワー」>
(3人)あるある~

(店主)いらっしゃい
(香川)じゃあ 上ロース 卵つけて

(堺)と 「パーフェクトサントリービール」
2つ

はい PSB 2丁!!
からの~ 乾杯したい ですよね

う! う! うまい!うまい! うまい!!

<PSB 「パーフェクト
サントリービール」>
圧巻 どぇす!

<smash.で番組連動コンテンツを
続々配信>

<THE NEXT UP
デビュープロジェクト …>

<参加を保留にしていた…>

すごくありがたい お話なので…。

やっぱり ちょっと僕は…。

<夢を諦め…>

(ヴァサイェガ) ちょっと ホントに…。

今も まだ。

(KEN THE 390) やっぱり…。

…って すごく思ってる。

≪先に?≫

<果たして ヴァサ君の…>

いや~…。

チクショ~ 来週はまた
次の収録の時まで見れない。

もう俺たちにだけ全部見して。

(笑い)

<次週…>

すげぇ!

<MCも参戦>