NHK地域局発 きんくる~沖縄金曜クルーズ~▽沖縄初の金! 空手・形 喜友名諒[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

NHK地域局発 きんくる~沖縄金曜クルーズ~▽沖縄初の金! 空手・形 喜友名諒[字]

東京五輪で沖縄県出身初の金メダリストとなった空手・形の喜友名諒選手がスタジオに。“空手発祥の地”の誇りと期待を背負い、ひたすらに自らを高め続けてきた思いに迫る。

番組内容
今回は「沖縄“金メダル”クルーズ」!今夏、沖縄中が沸いた圧巻の演武を見せた喜友名選手が、故郷沖縄に戻り、5年ぶりに「きんくる」のスタジオに。この番組で伝えてきた映像には、若手のころから「世界一」を目標に掲げて空手に打ち込み汗を流す姿が記録されている。ここまでの道のりと当日の演武をを振り返りながら、オリンピックの舞台で何を感じたのか、そして経験を次の世代にどう伝えるのか。熱い思いを語っていただく。
出演者
【司会】津波信一,MEIRI,【アナウンサー】荒木さくら,【出演】東京五輪空手形金メダリスト…喜友名諒

ジャンル :
ニュース/報道 – ローカル・地域
ドキュメンタリー/教養 – 社会・時事
スポーツ – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 本当
  2. 喜友名選手
  3. 金メダル
  4. オリンピック
  5. 解説
  6. 沖縄
  7. 世界
  8. 演武
  9. 自分
  10. 実況
  11. 気持
  12. 空手
  13. 佐久本先生
  14. 決勝
  15. 今回
  16. 選手
  17. 拍手
  18. 舞台
  19. 一緒
  20. 喜友名

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



NHK
created by Rinker
エンスカイ(ENSKY)

こんばんは。 喜友名 諒です。

東京オリンピック 空手 男子 形において
金メダルを獲得することができました。

沖縄県民の皆様
本当に 応援ありがとうございました。

(掛け声)

(拍手)

沖縄出身選手として 初めて
オリンピックの金メダルを獲得した

空手 形の喜友名 諒選手。

(掛け声)

空手発祥の地の誇りを背負っての演武は

世界の人々を魅了しました。

ふるさと 沖縄で 自らを鍛え
世界に挑み続けてきた 喜友名選手。

支えになったのは
共に高め合ってきた仲間たち。

そして およそ15年にわたって
一緒に歩んできた 師匠の存在でした。

これまでの道のりと
オリンピックの舞台で感じたことを

生出演でたっぷり語っていただきます!

こんばんは。
(2人)こんばんは。

「沖縄金曜クルーズ きんくる」です。

今日はですね
とてもうれしい緊急特番でね

「緊急クルーズ」と言っても
いいかもしれませんけれどもね

東京オリンピック 空手 男子 形の
金メダリスト 喜友名 諒選手に

スタジオに来ていただいております。
喜友名選手 おめでとうございます。

(2人)おめでとうございます。
ありがとうございます。

以前 「きんくる」で 金メダルクルーズって
できたらいいねっていうね

話をしたんですけど
本当 実現しましたね。

ありがとうございます。

オリンピックが 閉幕して
10日間ぐらい たってるんですけれども

今の心境は どんな感じですか?
そうですね

やっぱり この金メダルの重みというのも
感じながら

まずは しっかり このオリンピックの
舞台に 自分が立てたことに

いろんな 本当に
たくさんの方々のサポートのおかげで

ここまで来れましたので
感謝の気持ちでいっぱいです。

金メダルを 祝福してくれた皆さんに
触ってもらったのが

すごい印象的だったんですけれども
どんな思いからでしたか?

本当に 一人で取れた
金メダルではないので

まあ それを 本当に みんなで
この金メダルを

みんなの力で取った金メダルを みんなで
分け合いたいなっていう気持ちで

本当に みんなに感じてほしいです。

喜友名選手 触らすのはいいんですけど
かますのは やめてください。

阻止してください。
(笑い声)

沖縄県出身選手として

初めてのオリンピック 金メダルに輝いた
その演武。

喜友名選手 ご本人と一緒に振り返ります。

予選から決勝まで 4回の演武。

全て 所属する劉衛流の形でした。

アーナン!

同じ形は 2回できないルールの中

喜友名選手の代名詞とも言える
このアーナン。

予選で 使ってきましたが
喜友名選手

この意図は 何かあったんですか?

本当に 満点での優勝っていうのを
目指して

どの順番で 使っていけば この得点にも
つながるかっていうところを

ずっと指導していただいてる
佐久本先生や 清水先生と

ずっと自分の形を見ていただいてるので

この順番を自分の調子も見ながら
一緒に決めていただきました。

そして この映像は 準決勝ですが
続いて 3人で争う準決勝。

トップに立たなければ

決勝進出と 金メダルの可能性がなくなる
という大事な場面で

このアーナンダイを選択しました。

喜友名選手 オリンピック開幕前から
金メダル最有力候補といわれてきました。

そんな中での この大舞台。

その力を出し切る秘密とか
秘けつってあるんですか?

この… 稽古から
やはり 自信が来るので

本当に世界最高の環境で
稽古することができてるので

仲間たちと一緒にやってることを
そのまま出せば大丈夫っていう

まあ 自信 安心感から やっぱ
この いい緊張感っていうか

その中で 戦えたと思います。

いつものことを繰り返していく
っていうことで。

この映像 演武の直後
NHKのインタビューに

答えている時なんですけど
見えます?

湯気が…。
湯気がもくもくっと。

いろんな方に言われてたんですけど
初めて見ました。

すごいですね。
…で 決勝ですね。

さあ そして 決勝なんですけれども
準決勝が お昼に終わって

この決勝まで 8時間以上
間隔があったんですけれども

調整っていうの
難しかったんじゃないですか?

まあ この 本当に間の時間を
どう過ごすかっていうのも

事前に 佐久本先生と 相談してたので
しっかり疲れを取るように

準決勝が終わったあとは
すぐシャワー入って 休んで

もう一回 睡眠取って また起きて
シャワー浴びて すっきりして

ウォーミングアップを
始めるっていう…。

すごい うまい切り替えができたという
先生との作戦どおりというか…。

本当に。 それで 疲れも取れて
挑むことできました。

この今 相手の選手が
演武をしている時に

自分の時間を すごい
保っているようだったんですけれども

この時の思いっていうのは
いかがでしたか?

まあ この時 本当に 最後まで
佐久本先生から言われてる

チェックポイントっていうのを
確認しながら

直前までも そこを丁寧に
指導していただいたので

まあ そのイメージをして
挑むっていう気持ちです。

(実況)そして 畳に上がります。

オーハンダイ!

ここからは 金メダルを決めた
オーハンダイの演武。

ノーカットでご覧ください。

(解説)見ている人に
しっかりと形名も

分かっていただきたい 聞いてもらいたい
そんな思いから

彼は はっきり言うっていうところも
意識していました。

(実況)拳の突きが多い演武です。

(解説)出だしの猫だまし
フェイントをかけながら突く

こういったところは 特徴的ですよね。

(実況)このあと…。

(掛け声)

(解説)下肢と上肢 一致していて
非常によかったです。

ジグザグもいいですね。

バランスを取って回る。

(拍手)

(解説)こんなにも力強くてもですね
床にはじき返されないということは

決めるやいなや もう 関節の力を
抜いてるんですね。

そこの抜き差しが 卓越しています。

(掛け声)

(解説)方向を変える時に
次の更なる敵に圧をかける。

こういったところ
得意技としています。

(掛け声と拍手)

(実況)ブレがありません。

(解説)裏打ちの手首の使い方も
非常によかったですね。

抜き手に入ります。

そして 膝を柔らかく。

(解説)
相手の膝を打ち砕きました。

次 4回の蹴りが続きます。

猫足で非常にバランスを取るのが
難しいところです。

(実況)これが 猫足。

(解説)きちんと立ち方を見せ
そして 流れるような動き。

途切れることなく 止まることなく
スムーズに しなやかに…。

(掛け声)
(解説)決めれました。

(実況)決まりました。

(解説)最後も下がりますが
しっかり前に圧をかけれていました。

(解説)まだ終わっていません。

残心を取るところです。

指先まで 丁寧に
意識されてますね。

(解説)下肢と上肢の一致。

(拍手)

(実況)最後まで
鋭い眼光 変わりません。

力強さ 迫力
喜友名 諒の演技でした。

青の勝ち!
(拍手と歓声)

まあ 礼節をね
しっかりする武道ですけど

やっぱり この 正座で
おじぎをしている姿

本当に みんなの心に残りましたけども

この時の心境を教えてもらえますか?

そうですね…
どの試合も 勝っても負けても

佐久本先生と 最初と最後のお礼を
しっかりするっていうのがあって

この時も 全て
今までやって来たこととかが

もう心の中から 感謝の気持ちが
あふれ出てる感情でした。

お母さんのお写真と共にね
金メダルを頂いてたのが

すごく印象的だったんですけど
この時は どんな思いでしたか?

もう 母親も
強く願っていたことでしたので

母親に 一番最初に
もう 伝えたいなっていう気持ちと

金メダルも掛けてあげたい
っていう気持ちで… ありました。

いや~ 今見ても
何か すごい感動的でね

まだ うるうるしそうですけど
本当 有言実行で…。

改めて 喜友名選手 もう 濃密な決勝の
一日を過ごしたと思うんですけども

いま一度 心境を教えてもらえますか?

まあ でも 決勝の舞台も
本当に 落ち着いて挑むことができて

まあ その 決勝挑む時も

今回 初めて 佐久本先生も

コーチボックスの方に
ついていただいて

その安心感もありますし もう ずっと
横で気合い入れていただいて

いつもの稽古のように。

自分の形を演武してる時も
本当に仲間が見えて

もう 本当に みんなで戦ってるんだな
っていう気持ちで

もう 本当に 思いを込めて 演武してて。

今回 解説も ずっと指導してくださってる
清水先生だったんですけども

形 打ちながらも 解説も少し聞こえて…。
すごい。

立ち方も いいですねとか そういう…。

よし 今 決まってるなとか…。
え~ すごい。

落ち着いて… で 横 向いたら
先生ともアイコンタクトというか

そういうの取れるので 「よし
今の調子で行け!」っていうような…。

もう 目でアドバイスというか。 はい。
取れて 落ち着いて 気持ちを込めて

集中して 本当に…。

緊張感も いい緊張感の中
本当に 挑むことできました。

自信と平常心っていう すごいですよね。

そのお話あった
佐久本さんなんですけど

これまで付きっきりなのは
これまでに なかったということで

改めて 2人で この
オリンピックの舞台に立った その思い

どう振り返りますか?

まあ 佐久本先生のオリンピックに
懸ける思いも そうですし

やっぱり 自分が 本当に憧れた
この劉衛流の形も

もう ずっと 受け継いでこられた形を
自分の まあ 今の技術ですけど

このオリンピックの舞台を通して
演武することができて

本当に感謝してる…
何て言うか 感激っていうんですかね

そういう思いと
本当に みんなの思いを…

思いを込めて 形を…。

やりきったという。
しました。

安心感が ものすごいあって やっぱり。

先生がいることで。
はい。 落ち着いて挑めました。

あの 喜友名選手が 今言った
憧れた劉衛流の形っていうやつですけど

やっぱり オリンピックでは
同じ形は2度できないという

ルールがあるんですけども
その中で先生も含め

先生方も たくさん含めて
この順番を選んだってことですよね。

はい そうです。

いかに… 自分の どの形が調子いいか
っていうのを判断していただきながら

満点を取るために こういう順番でいこう
というふうに決めてくださいました。

その先生方含めて 作戦もバッチリだった
っていうことですよね。

その成果の金メダルということですね。

今回 オリンピックで
空手が行われたことで

この精神も 世界に広がっていると
感じられるシーンあったんです。

ご覧ください。
ほう。

こちら アメリカの選手が
ものを落として拾ってもらう場面。

よく聞いてみてください。

日本語だ。
ねえ サンキューじゃない。

日本語で ちゃんと…。
にふぇーでーびるって言ったら もっと…。

それは びっくりです。

そして こちら 女子で金メダルを取った
スペインの選手が

日本のコーチに正座で挨拶する姿も
話題になりました。

いいですね 何か。

受け継がれているんですね。
そして こちら。

喜友名選手と決勝で対戦した スペインの
キンテロ選手自らのSNSに

こんな写真を載せたことが
話題になりました。

仲よさそうですね。
仲よさそう。

本当に ずっと戦ってきた
同じものを目指してきた選手なので。

好敵手ですよね。 いいライバルで
お互い 切磋琢磨してっていうことで。

でも試合終わって 全て出し切ったあとの
この すがすがしさみたいのが すごい。

ピースしてるんですけど。
ねえ。 これ いいと思います。

平和の祭典ですから ピース…。

あの 喜友名選手自身 空手の 世界への
広がりっていうのを 実感されました?

やっぱり 今の方の この…。

キンテロさん?
動画もそうですけど

やっぱ 日本の心っていうところも
海外の選手も しっかり受け継いで

そういうところが出てますし
この横断幕に…。

あっ これですか。 佐久本先生の字で。

あっ 佐久本先生の字なんですか。
そうです。

「和の心ここにあり」っていう。

こういう和の心っていうのを
海外の選手も大切にして

伝わっていってるんだなと。
この沖縄の伝統 世界で愛されて

オリンピックを通して
この沖縄の空手っていうのを…。

一緒に
心も広がっていってるっていう。

沖縄の方にも伝わったと思いますし

世界にも 更に いい広がりをすることが
できたんじゃないかなと思います。

聞いてて うれしくなりますね。
そうですね。

そんな沖縄の伝統がこもった
この空手が

オリンピックで
競技として やられることで

沖縄を代表する選手としても
活躍されましたけど

この世界の頂点に挑み続けた喜友名選手
これまでの道のりを まとめました。

<8年前 当時22歳の喜友名選手です。

日本のトップ選手に上り詰めた
このころから

意識は 常に世界を向いていました>

やはり 自分が…

<こちらは7年前 「きんくる」に
初めて出演した時の映像です>

<喜友名選手が力を入れているのが
アーナンという形>

<受けと攻めを同時に行う
沖縄伝統の形です>

<指導するのは 過去に7回世界を制した
佐久本嗣男さんです>

入った 当てた瞬間には
もう たたいてる。

これがね やっぱり
武の鉄則だと思う。

(手をたたく音)

(掛け声)

<世界の頂点を目指す道を歩み始めた
喜友名選手。

その支えとなったのが 同じ流派の…>

(3人)スーパーリンペイ!

<団体 形では上村拓也選手

金城 新選手と共に

世界を舞台に戦い続け

互いに高め合ってきました>

<そして オリンピックの
正式競技に決まってからは

師匠の佐久本さんと共に

空手発祥の地 沖縄の誇りを背負って
稽古に取り組みました>

<沖縄らしさを学ぶことにも
貪欲でした。

おととしから取り組んできたのは…>

<しなやかな体の使い方や
表現力を学ぼうというものでした>

<去年3月
オリンピックの延期が決まった時も

その思いが揺らぐことは
ありませんでした>

(掛け声)

(実況)日本の 喜友名 諒。

<そして たどりついた
オリンピックの舞台>

<自らが抱き続けた夢。

ふるさと 沖縄の人たちの希望>

<その全てを 最高の形で実現しました>

<そして 師匠と共に
空手発祥の地が沖縄であることを

改めて世界に知らしめたのです>

(拍手)

<閉会式翌日。 沖縄に 初めて
金メダルを持ち帰った喜友名選手>

<何よりも うれしかったのが
仲間からの祝福でした>

泣きました。 めっちゃ感動しちゃった。

いや 本当 地元 沖縄に この金メダルを
持ち帰ることができたことって

すごいことをね やっていただきましたし
本当に長い間ね 求めてきたことが

本当に実現しましたね。
あと 家族が迎える場面とか見て

息子さん 冴空君 最高ですね。
何もかもが…。

また採用されたら 是非ね
親子二代 金メダリストって

何か すごい夢があるなと
思いましたけど。

いや すごい感動しました。
ありがとうございます。

ありがとうございます。
はあ~。

あの インタビューとかでも
会見でも そうなんですけど

子供たちとか
やっぱ 次の世代へのメッセージが

すごく込められていたんですけど

その思いは 実際に どうやって
伝えていきたいですか?

自分も この空手を通して
ここまで歩んできたので

この今回のオリンピックを通しても

たくさんの子供たちにも
見てもらえたと思いますし

それが 少しでも
その子供たちの夢や希望につながる

きっかけになってくれたら
うれしいなと感じてまして。

これからも この… 今回 得た経験を

しっかり 次の世代の子供たちにも
伝えられるように

自分自身が もっと 人として
成長しなければならないので

その心も鍛えて それを しっかり
先生 先輩方から受け継いできたものを

次世代 後輩 子供たちにも
伝えていけるように

精進していきたいと思います。

そして 今回の東京オリンピックでは
喜友名選手をはじめ

沖縄県出身のメダリストが
3人 誕生しました。

喜友名選手に続いて
野球で金メダリストになったのが

平良海馬投手です。 「きんくる」宛てに
メッセージが届いています。

(実況)さあ 相手が飛びかかってきた~!

そして こちらは
レスリングの屋比久翔平選手。

銅メダルを獲得し
喜友名選手より一足早く

沖縄県出身として 初めて
個人種目のメダリストになりました。

(場内アナウンス)
「銅メダリストは 日本 屋比久翔平!」。

いや~ ありがたいですね。
メッセージ頂いてね。

また感動再びですけど。
喜友名選手 最後に

オリンピックチャンピオンとして
皆さんにメッセージを… 短めですが。

あの… 今回は 本当に たくさんの方に

応援していただいて

おかげさまで
金メダルを獲得することができました。

ありがとうございます。

本当に沖縄県民の皆様にも
金メダルを見せた時に

こうやって喜ぶ顔を見せていただいて

本当に うれしく思います。

はい 今日は ありがとうございました。

ごめんなさい。
時間が… もうちょっと聞きたかったけど。

ありがとうございました 喜友名選手。
本当に おめでとうございました。

ありがとうございました。
活躍 願ってます。

金メダル!
(拍手)