ガイアの夜明け【家の不要品がお宝に!驚きの“買い取り”現場】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ガイアの夜明け【家の不要品がお宝に!驚きの“買い取り”現場】[字]

紙袋からなんと仏像まで…“なんでも買い取る”出張サービスが急成長!その秘密▼あの「三越伊勢丹」も参入!最高査定額1000万円超!?不要品が続々お金に…驚きの現場

詳細情報
番組内容
コロナ禍で在宅時間が増えたことなどをきっかけに、自宅の片付けをする人が急増。それに合わせるように増えているのが“買い取り”業者だ。「リユース」市場は2兆円を突破し、2025年には3兆5000億円規模にまで拡大すると言われている。そんな中、家庭に眠るお宝を発掘しようと、新規参入する企業が続々登場している。
続き
紙袋1枚からマニアックな家電まで一発回答で買い取るベンチャー。さらに老舗の百貨店もこのビジネスに乗り出してきた。あなたの家を宝の山に変える、新時代の“買い取りビジネス”。その最前線に密着する。
出演者
【案内人】松下奈緒

【ナレーター】眞島秀和
音楽
【音楽】
新井誠志
【テーマ曲】
◆オープニング曲
 「光~ray of light~」(松下奈緒)
◆エンディング曲
 「ナカマ」(小田和正)
「ガイア」とは
ギリシャ神話に登場する「大地の女神」を意味し、後にノーベル賞作家のウィリアム・ゴールディングが「地球」を指して“ガイア”と呼んだことから「ガイア=地球」という解釈が定着している。「ガイアの夜明け」という番組タイトルには、地球規模で経済事象を捉えることで21世紀の新たな日本像を模索すること、そして低迷する経済状況からの再生=「夜明け」を目指す現在の日本を描くという意味合いが込められている。
関連情報
◆ホームページ
https://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/
◆公式Twitter
@gaia_no_yoake
https://twitter.com/gaia_no_yoake

ジャンル :
ニュース/報道 – 特集・ドキュメント
ドキュメンタリー/教養 – 社会・時事

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. クル
  2. 大塚
  3. 山田
  4. お願い
  5. サービス
  6. 万円
  7. 査定
  8. 川野
  9. 早速
  10. 島津
  11. オーナー
  12. スマホ
  13. 伊勢丹
  14. 開業
  15. 業者
  16. 出張買
  17. 百貨店
  18. ティースプーン
  19. 商品
  20. お客さん

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



街なかでよく見かける
買い取りの看板。

最近 特に増えていると
感じませんか?

市場規模は いまや
3兆円に上ります。

そんななか
なんでも買い取るがモットー。

異色の業者が急成長しています。

なかには こんなものまで。

一方 百貨店が
初の買い取り事業に参入!

売りに来る人の多くが お得意様。

いらっしゃいませ。

高級品やブランドものが
山のように持ち込まれます。

果たして…。

すご~い! イェーイ!

ある買い取り業者が
マンションにやってきました。

背中には 「買いクル」の文字。

出張買い取りの業者です。

この買いクル。

普通の業者とは
一味も二味も違います。

どうも お世話になります
出張買い取り 買いクルの島津です。

依頼主は この部屋で友人2人と

ルームシェアを始めるという女性。

荷物が多すぎるため

処分したいものが
あるというのです。

用意していたのは この2つ。

まずは 昔使っていたスマホ。

あ~ 結構ひどい ひび割れ…。

そして…。

1万円以上した お茶メーカー。

ほぼ使っていません。

すると業者が
自分のスマホを取り出しました。

グーグルさんが優秀なので
この写真を。

商品を撮影し…。

誰でも利用できる
画像検索機能を使うと

中古品が どれくらいの値段で

取り引きされているかが
出てくるのです。

結果 お茶メーカーの査定額は
3, 000円に。

当社の場合って

すると女性が
スーツケースを持ち出してきました。

中に入っていたのは…。

さすがに紙袋は 無理ですよね?

リクルート用の…。

その他にも
使わなくなったバッグや…。

壊れかけのコントローラーなど…。

合計9点で 買い取り総額は…。

1万円です。

1万円で
ありがとうございます。

その場で現金払い。

もともと2つの予定だった
買い取り品が

結果 こんなにも増えました。

実は 買いクル
これまでにない戦略で

今 注目を集めています。

隠れた秘密が
まだまだありそうです。

最近よく見る
買い取りのお店。

こうしたお店は
リユース業界に

分類されるそうです。

その 市場規模を見てみると…。

まさに 右肩上がり。

特に ここ最近
コロナ禍で在宅時間が増え

家の片づけをする人が
急増したことも

大きな要因だそうです。

2025年には 3兆5, 000億円に

達すると見られています。

そんな買い取りの店には
いくつかの種類があります。

まずは こちら
総合リサイクルショップ。

セカンドストリートや トレジャーファクトリーなど

特定のものだけでなく

いろんなジャンルの商品を
取り扱う店です。

そして
高級ブランド品に特化した

ブランド品リサイクルショップ。

大黒屋やコメ兵などが有名ですね。

さらに 着物だけ 工具だけなど

特定のジャンルに特化している

セレクト型リサイクルショップも
増えてきています。

そんななか
冒頭に登場した買いクル。

他にはない戦略で
この激戦市場に挑みます。

買いクルの島津さん。

買い取りを終えて戻ってきました。

戻りました こちらよろしく。

ここは 横浜市内にある事務所。

中は買い取った品の
倉庫にもなっていました。

昔のゲームや…。

懐かしのプラモデルもあります。

なかでも お宝がこれ。

こういうやつですね。

えっ カセットテープですか?

商品の売り方にも特徴が…。

スタッフの仕事を見てみると…。

スマホで撮影したのは
最近買い取ったばかりのペアグラス。

続いて パソコンの前へ。

金額を入力します。

画像もアップしました。

そのサイトは… ヤフオク?

さらに メルカリ。

そう 買いクルは誰でも利用できる

フリーマーケットのサイトで販売。

出張専門で
実店舗を持たないのが

最大の特徴です。

紙袋だって売れるんです。

ここに去年から買いクルのサービスを

始めた人がいます。

訪ねてみると
そこは おしゃれな居酒屋でした。

買いクルを始めたのは この人。

店のオーナー 川野さんです。

買いクルはフランチャイズ展開。

兼業で始める人も多いといいます。

川野さん
時間に余裕がある昼間に

買い取りに向かいます。

買いクルは無店舗なので

自分の都合に合わせて
仕事ができます。

走ること20分。

依頼してきたのが このお宅。

こんにちは。
こんにちは
買い取りに…。

大丈夫ですか?
はい いいですよ。
失礼します。

広い一軒家。

どんなものが
出てくるのでしょうか?

こちらもですかね?
そうですね。

スマホで撮ったら…。

出ました グーグル検索。

素早く査定を行っていきます。

お次は…。

川野さん 写真を撮り グーグル検索。

と思いきや…。

LINEで どこかに送信しました。

査定が難しい品は

本部を通して 専門のスタッフに
判断を委ねるのです。

他にも掛け軸や
鍾乳石の置き物など

計8点を買い取り。

えっと ちなみに全部で

はい… 7, 600円ですね。
わかりました。

はい すみません
ありがとうございます。

(スタッフ)どうですか?
現金もらって。

ありがとうございました。
失礼します。

自宅のガレージが 川野さんの仕事場。

必要なのはスマホだけです。

サイトへのアップも…。

こんな感じで出品。

これで すべて完了です。

オーナーたちが
出品した画面を見ていたのが

本部の島津さん。

フランチャイズの責任者なのです。

すると島津さん
あるページに目を留めました。

川野さんがあげた 不動明王です。

お疲れさまです
今 聞こえますか?

大丈夫ですよ。

早速 川野さんとつなぎます。

説明をもっと細かく書いた方が

売れやすいというアドバイス。

あぁ なるほど。

続いて…。

このように 気になったことを
きめ細かく伝え

アフターフォローするのも
島津さんの仕事です。

買いクルのオーナーは
加盟金198万円を支払い

本部から開業支援を受けます。

開業後は月7万円の
ロイヤルティーを支払い

経営のサポートを受けるのです。

売り上げですね。

川野さんが見せてくれたのは
ここ1年の売り上げ表。

開業当初は 20万円に
届かない月もありましたが…。

順調に業績を伸ばし

直近では130万円を超えています。

4年前にサービスを始めた 買いクル。

全国で展開し
今では開業予定も含めると

拠点は 70以上に拡大しています。

一方 まったく別の買い取り店を

ひいきにしている人がいます。

こんにちは。
よろしくお願いいたします。

東京 新宿区に暮らす
瑞穂まきさん。

クローゼットの中は 服やバッグでいっぱい。

新しいものを買うたびに

こまめに 売りに
出しているといいます。

この日 売りたい不用品を手に

瑞穂さんがやってきたのは新宿。

ここは買い取り店が軒を連ねる

激戦区です。

そんな瑞穂さんが
向かった先はここ…。

伊勢丹でした。

なぜ百貨店に?

東京 新宿の
伊勢丹にやってきました。

こちらではですね
百貨店初の

買い取りサービスを
始めたということなんですが

その窓口は
こちらになるんでしょうか?

なんかすごい…。

お待ちしておりました。
よろしくお願いします 松下です。

よろしくお願いします
大塚と申します。

ちょっと なんですかね?
フロントみたいな…。
そうですね。

きれいな感じに
なってますけども。

これは なにか
由来があるんですか?

そうですね 自分たちからですね
主体となって

環境的に
いいことをしようという

greenの文字を使ったのと

あと企業名ですね。

伊勢丹と三越の頭文字を
とりまして

i’m greenというふうに
しています。

実際に 例えばどういうものが?

ぜひ ご案内させていただきます。
では お願いいたします。

え~ なんかすごい
こんな風になってるんですね。

こういう もう一室
ここに じゃあ対面で…。

取り扱うのは
バッグや服などのブランド品や

貴金属が中心。

家具や家電などは対象外です。

なかには こんなものも…。

そうですね だいたい
お客様の数としましては

10客で 多いときは
15客から20客くらい…。

結構 多いですね。

これは すごい額だったな
っていうのとかあるんですか?

すごいですね。

それが
今までの最高額ですか?

そうですね 店舗での最高額は
そうなりますね。

先ほどの瑞穂さんが
やってきました。

瑞穂様 こんにちは
いらっしゃいませ。

お待ちしておりました
ありがとうございます。

よろしくお願いします。
よろしくお願いします。

接客するのは 松下さんを
案内してくれた大塚さんです。

持ち込んだのは
ブランドの服や靴など計6点。

早速 大塚さんが品定めします。

どのくらい前のものなのか?
傷み具合は? など

細かく チェック。

ブランドの目利きは 慣れたものです。

接客は 百貨店クオリティー。

丁寧に説明します。

で 総額は…。

はい 結構です
ありがとうございます。

6点で 11万円。

続いて やってきたのは

両手いっぱいに
伊勢丹の紙袋を抱えた お客さん。

お名前 お伺いしても
よろしいですか?

お待ちしておりました
ありがとうございます。

大の伊勢丹ファンという親子です。

利用者の 実に95%が

三越伊勢丹の顧客だといいます。

まずは 見るからに ツヤのあるコート。

続いては 年代物のバッグ。

あっという間に テーブルはこの状態。

まだ あります。

更に 貴金属も…。

ほとんど 伊勢丹で
買ったものだといいます。

大塚さん 早速 査定に入ります。

最後に 専門スタッフが
本物かどうかをチェックし 査定。

それを参考にして
金額をはじき出します。

果たして…。

お~!
すご~い!

(2人)イェーイ!

やった。

4 5 6 7 8 9…。

40ですね。

家に眠っていた不用品が

40万円の現金に換わりました。

わ~い!

ありがとうございます。
よかったです。

買い取った品は

なんぼやなどの買い取り専門店を
全国で展開する

バリュエンスジャパンへと送られます。

そこで…。

担当者に聞くと…。

結構 多くのお客様は…。

また よろしくお願いします。
ありがとうございます いつも。

実は この買い取りサービス。

百貨店の本業にも相乗効果が…。

不用品を売ったお客さんを
追いかけてみると…。

すぐには帰らず
立ち寄ったのは 靴売り場。

迷うことなく
1万5, 000円のサンダルを購入。

買い取りを利用した客の
およそ8割が

当日 伊勢丹で新しい商品を
購入していくといいます。

かしこまりました
ありがとうございます。

百貨店が挑む 初の買い取りサービス。

これを
一から立ち上げた人物こそ

大塚さん本人です。

これまで 主に

きっかけは

すぐに 新規事業として
社内に提案。

ところが 役員会議の判断は
保留でした。

逆風のなか
後押ししてくれたのが

竹内副社長でした。

トライアルを経て
去年秋 サービスをスタートさせると

わずか半年で黒字化。

コロナで苦境の百貨店にあって

成長事業の一つとして
期待されています。

現在 日本橋三越でも展開中です。

ここは 三越伊勢丹のオフィス。

この日 大塚さんが
買い取りサービスのスタッフを集めました。

ある課題が…。

自宅へ訪問する 出張買い取りも
行っているのですが

その比率は
わずか3%にすぎません。

大塚さんは ある秘策を
実行に移そうとしていました。

ありがとうございます。

この日 待ち合わせていたのは

外商部の高橋さん。

持ちますよ。
あっ お願いします。

外商とは 購入額が大きい顧客を

個別に担当する部署。

大塚さんは
この外商スタッフとお宅へ同行し

出張買い取りをしようと
考えたのです。

こんにちは。
こんにちは いらっしゃい。

今日は
よろしくお願いいたします。

どうぞ お入りください。

都心に住む 超お得意様です。

うわぁ!

そこに待っていたのは
お宝の山でした!

百貨店初の買い取りを始めた
三越伊勢丹。

事業を立ち上げた大塚さんは

出張買い取りを強化しようと
考えていました。

外商部の高橋さんに同行します。

購入額の大きい顧客を担当する
外商スタッフと組み

出張買い取りに
出かけることにしたのです。

こんにちは。
こんにちは いらっしゃい。

今日は
よろしくお願いいたします。

訪ねたのは
長年 つきあいがある

超お得意様の自宅。

まずは 外商の高橋さんが…。

あら うれしい
お世話かけます。

頼まれていた商品を手渡します。

そして…。

アイムグリーンのマネジャーしてます
大塚と申します。

本日 どうぞ
よろしくお願いします。

よろしくお願いします。
お世話になります。

早速 出てきました。

更に 貴金属も…。

合計で 30点ほどが並びました。

お宝を前に
大塚さん 気合いが入ります。

一つ一つ
細かく査定していきます。

これは 蛍光性チェックですね。

やはり 高値が付いたのは
貴金属でした。

ものすごく きれいに
お使いいただいていて…。

石膏像は…。

なかなか お値段としては
難しくて…。

なかなか 買い手がつかないという
理由でした。

総額は…。

え~!?

お客さんも びっくり。

ありがとうございます。

大塚さんも この表情。

これからも
百貨店の強みを生かして

事業を広げていきます。

メチャメチャうれしいですよ。
もう 本当に。

一方 なんでも買い取るを
売りにする

異色の業者 買いクル。

その 買いクルの事務所に

フランチャイズの責任者
島津さんの姿が…。

実は 今年に入って
加盟希望のオーナーが急増。

コロナの影響を受けた

飲食業や建設業の関係者が
多いといいます。

この日 外へ出かけた島津さん。

開業したいという
要望が入ったら

その地域の現地調査を行います。

気になるのが
競合店の数や繁盛ぶり。

やっぱり
強力なライバルがいる地域は

厳しいんでしょうねぇ…。

更に こんなものも チェック。

400円 メチャクチャ安いです。

こうした情報をレポートにまとめ

加盟を希望する人に提示。

お互い 納得したうえで
進めるのです。

そんななか 新たに
開業を決めた人がいました。

全国でも最年少のオーナーです。

早速 本部の社員について

研修がスタートしました。

しかし 思わぬ展開が…。

<彼女の名前はキヤノンマーケティングジャパンのCanonさん>

<得意分野はイメージング技術?
…だけじゃない>

(指を鳴らす音)パチンッ!
<あれもできる>

<これもできる。 えっ そんなことまで?>

<技術とハートでソリューションを生み出す>

(Canonさん)あっ!
<心強~い ICT PARTNERなんです>

<あなたの近くにも
Canonさんが きっといますよ>

なんでも買い取るを売りに

今 注目の 買いクル。

7月中旬 三重県 津市で

開業を目指す
オーナーに出会いました。

オープンを1か月後に控えた
山田淳士さん。

勝算はあるのでしょうか?

実は 山田さん

今年 6年間勤めていた
紳士服店を退職しました。

胸から失礼いたします。

独立して 7月から

出張のオーダースーツ販売を
始めたばかりです。

なぜ 買いクルを始めようと
思ったのでしょうか。

山田さんの姿がありました。

おはようございます。

待っていたのは
買いクルの本部スタッフ。

この日から3日間
現場研修を行うのです。

よろしくお願いします。

これは 開業する前に必ず行う
大事な体験の場。

まずは 豪華なテレビボード。

早速 一人で査定に挑戦します。

スマホを使った画像検索も
難なくこなします。

こちらがですね
お控えになっておりますので…。

接客経験が豊富な山田さん。

お客さんとの会話は
慣れたものです。

しかし 次のお宅では…。

買い取り品のほとんどが
大きな家具。

せ~の…。

もうちょい持ち上げましょう。

こうした場合は
事前に アルバイトを雇うなど

今後は 人繰りも
考えなければなりません。

もちろん 甘くはありません。

買いクル 開業当日。

山田さんは ご近所を回って
チラシ配りです。

こういう
オープンしました的な感じで…。

店舗がない分 チラシは大事。

その後 自宅に戻った山田さん。

無事 ホームページが立ち上がりました。

これで オープンです。

しかし 4時間が経過。

問い合わせすら入りません。

そのときでした!

やっと 依頼が入りました。

ありがとうございます。

山田さん
開業に合わせて買った軽トラックで

初めてのお客さんのもとに
向かいます。

走ること 20分。

着いたのは こちらのお宅。

お世話になっております。

依頼主は ネット検索で
買いクルを見つけたといいます。

こちらですね
ありがとうございます。

依頼品は このルームランナー。

実は このあと
衝撃の査定結果が…。

♬~<先進国の中でも
人口に対する医師の数が少ないこの国>

<増え続ける高度な医療へのニーズに

どうすれば応えられるか>

<キヤノンの医療AI技術は

検査画像のノイズを低減し

短時間で高精度の診断をサポートする>

<患者はもちろん
働く医師の負担をへらしていく>

<ひろげよう まだない視界を>

(インタビュアー)もったいな~インタビュー!
コップさんと ティースプーンさんは

もったいないと思うこと ありますか?
(コップ)洗剤の泡切れですね。

(ティースプーン)そう! 泡切れが悪いと
お水 たくさん使うでしょ~!?

あっ 今 ティースプーンに
泡切れ 関係ないだろと思ったでしょ。

いえ 思ってないです。
でも 花王さんは

泡切れを すごく
研究されているので…。

サ~ッと すすげますよね~!

(コップ・ティースプーン)ホホホ…。

あっ 今 ティースプーンに
洗剤いらねえだろと思ったでしょ。
いや 思ってないですって~。

<もったいないを ほっとけない。 花王>

お電話ありがとうございます。
買いクル 津店の

山田がお受けいたします。

三重県 津市で
買いクルを開業した 山田淳士さん。

記念すべき 初仕事です。

ありがとうございます。

依頼品は ルームランナー。

早速 査定を行っていきます。

どうでしょうか…。

残念ながら 値が付かず

引き取りだけで
初日は終わってしまいました。

しかし 翌日。

お電話ありがとうございます
買いクル 津店の山田と申します。

次々と予約の電話が…。

お電話ありがとうございます
買いクル 津店の山田と申します。

合計3件 入っていますね 今日で。

うれしいですね。

進化する買い取りサービス。

しれつな戦いは
これからも続いていきます。