ガイアの夜明け【独占!業務スーパーの舞台裏 値上げとの戦い】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ガイアの夜明け【独占!業務スーパーの舞台裏 値上げとの戦い】[字]

業務スーパーの低価格を影で支えるM&Aチームを初取材。経営難の工場を再生させる独自のやり方が明らかになる。

詳細情報
番組内容
低価格&大容量を武器に、全国979店舗を展開し、時価総額1兆円を超えるなど、右肩上がりで成長してきた業務スーパー。しかし価格勝負の業務スーパーにも値上げの波が押し寄せていた。心臓部とも言える商品開発チームでは、値上げを避けるべく人気PB商品の改良に着手。原価1円をめぐる攻防の舞台裏にカメラが入った。
続き
さらに業務スーパーの低価格を影で支えるM&Aチームを初取材。経営難の工場を再生させる独自のやり方が明らかになる。
出演者
【案内人】松下奈緒

【ナレーター】眞島秀和
音楽
【音楽】
新井誠志
【テーマ曲】
◆オープニング曲
 「光~ray of light~」(松下奈緒)
◆エンディング曲
 「ナカマ」(小田和正)
「ガイア」とは
ギリシャ神話に登場する「大地の女神」を意味し、後にノーベル賞作家のウィリアム・ゴールディングが「地球」を指して“ガイア”と呼んだことから「ガイア=地球」という解釈が定着している。「ガイアの夜明け」という番組タイトルには、地球規模で経済事象を捉えることで21世紀の新たな日本像を模索すること、そして低迷する経済状況からの再生=「夜明け」を目指す現在の日本を描くという意味合いが込められている。
関連情報
◆ホームページ
https://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/
◆公式Twitter
@gaia_no_yoake
https://twitter.com/gaia_no_yoake

ジャンル :
ニュース/報道 – 特集・ドキュメント
ドキュメンタリー/教養 – 社会・時事

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 業務スーパー
  2. 商品
  3. 神戸物産
  4. キャベツ
  5. 工場
  6. 竹下
  7. 買収
  8. 価格
  9. 清水
  10. 船野
  11. 店舗
  12. オープン
  13. マヨネーズ
  14. 改良
  15. 企業
  16. 原料
  17. 胡麻ドレッシング
  18. 高騰
  19. 仕入
  20. 植物油脂

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



ご存じですか?

結構 皆さんの身近にある
業務スーパー。

なんといっても 安い。

これも 1kg入りの冷凍フライドポテト
257円。

そんな 低価格 大容量を武器に

全国で
1, 000店舗を目前にしています。

しかし このご時世 値上げの波が。

ここまでやる!

原価1円を削る戦いに 密着。

更に 急拡大を支える影の軍団。

企業を買収する特命チームに
初めてカメラが入りました。

見たことない!

東京 北区の業務スーパー。

やってきたのは

生後8か月の赤ちゃんを
だっこした 高根さんです。

6人の子どもを育てる
肝っ玉母さん。

お目当ては 当然 これ。

低価格で大容量の商品の数々。

焼きそばは 1kg入って この価格。

焼きとりは 驚きの50本入り。

1本あたりにすると 27円です。

なかでも こちら

1リットル入りの巨大ドレッシング。

子どもたちのおやつも
業務スーパーならでは。

牛乳パック入りのカスタードプリン。

1週間分の食材など
45品をお買い上げ。

しめて 14, 020円です。

あまりの量で
帰りは こんなことに。

自宅に戻ると…。

家族がおなかをすかせて待つなか
早速 調理開始。

焼きそばを豪快にフライパンに投入。

(赤ちゃんの泣き声)

赤ちゃんをあやしながら
手際よく炒めていきます。

そして 白身魚のフライも
1つ40円ほど。

わずか10分で完成。

食卓にのぼったのは
すべて業務スーパーのものです。

(一同)いただきます。

おいしい?

夕食は

これには お父さんも…。

その業務スーパー 22年前

兵庫県 三木市に
1号店がオープンしました。

大容量の業務用の食材を 一般客に
卸値で販売する店として

始まったのです。

ところが大誤算。

業者専用だと思われて
売れませんでした。

そこで 看板に 急きょ
このフレーズを付け足したのです。

すると 庶民の心をつかみ
今では 一般のお客さんが9割に。

売り上げは右肩上がりで
3, 620億円になりました。

業務スーパーの特徴は
とにかく 安くてユニークな商品です。

例えば こちらの冷凍フライドポテトや
ホールトマトなど

海外の商品は 商社などを通し
仕入れるのですが

業務スーパーでは 海外のメーカーと
直接取り引きをすることで

安く販売することができるんです。

更に 人気商品のひとつ

牛乳パックに入った ようかんや

豆腐の容器に入った
スイーツなどの商品は

自社工場で作られています。

いわば 業務スーパーは
小売業でありながら

海外メーカーと直接取り引きする
商社の機能と

独自商品を開発できる
食品メーカーの機能が合わさり

他にない商品をそろえ

大きく 他社と
差別化できているのが

最大の強みなんです。

快進撃を続ける業務スーパー。

そこを襲った 原材料の高騰。

更に 急激な円安による
輸入コストの上昇という逆風のなか

どう
立ち向かっていくのでしょうか。

こちらは 神戸市にある
業務スーパーの直営店。

売り場を見て回るのは

小麦が原料のパスタは
1年前から50円以上の値上げ。

更に イタリアから直輸入している
ホールトマトの缶詰も

140円値上げしました。

でも竹下さん
自社ブランドの商品だけは

なんとしても
値上げを阻止したいと

考えていました。

いくらでもとは
言わないですけれども

ある程度は企業努力で
コストを抑えることはできますので。

ここに 業務スーパーを展開する
神戸物産の本社があります。

カメラが入ったのは
商品開発をしている テストキッチン。

新作デザートの味見です。

竹下さんは以前 商社で
食品の原料を調達していました。

その手腕に目をつけた
神戸物産が

8年前 ヘッドハンティングしたのです。

っていうところを目指して
やっています。

この日 竹下さんのもとを
訪ねてきた人物がいます。

神戸物産に食用油を卸している
製油メーカーの山出さん。

実は 油の原料が高騰するなか

価格の交渉にやってきたのです。

そうですね。

えっ これ

提示された価格は

業務スーパー側は 年間2, 000万円も
コストがかさむ計算です。

ありがとうございました。

この日は いったん見積もりを
持ち帰ってもらいました。

三重県 松阪市。

辻製油の本社です。

交渉にあたった山出さんが

厳しい実情を教えてくれました。

トラックが運んできたのは

ロシアのウクライナ侵攻や 円安の影響で
高騰しているのです。

その菜種に熱を加え
油を搾り出して作られるのが…。

食用油として
マヨネーズなどの加工品にも

幅広く使われています。

2年前まで 菜種は
1t およそ500ドルでしたが

今年 1, 200ドルを突破。

油の価格高騰を受け
神戸物産では

緊急の対策会議が開かれました。

そう 油の使用量の削減計画です。

プライベートブランドの商品を見直し

油の量を減らして
作り直すことにしたのです。

なかでも目をつけたのが
油を大量に使う

1リットルサイズのドレッシング。

今の…。

担当するのは 入社10年目の…。

最初に手をつけるのが これ。

人気の

実は 船野さん
ある原料に目をつけていました。

そこで
通常より油を2割減らして

マヨネーズを作ってみます。

食べてみた船野さん この表情。

コクが ない。

致命的です。

その頃 大手食品メーカーの味の素。

神戸物産と取り引きしている
大阪の営業拠点では

ある取り組みが始まっていました。

業務スーパーの商品に
独自に開発した調味料を加え

味の変化を検証していたのです。

神戸物産の会議室。

味の素から
正式に売り込みがありました。

それが…。

よろしくお願いします。

それが これ。

スイーツなどにも
使われている調味料です。

帆立の うま味成分から
作ったもので

油を減らしたドレッシングの
コクを補うといいます。

どうしても…。

船野さん 早速 味の素が
提案してきた調味料を使い

マヨネーズの改良に取り組みます。

油は これまでと同じく
2割カットしました。

さて どうでしょう?

光明が差したようです。

お疲れさまです。
お疲れさまです。

そこへ やってきたのは…。

それでは…。

よろしくお願いいたします。

試食してもらうのは

あの調味料を入れたものです。

反応は?

指摘されたのは
マヨネーズの粘り気でした。

粘りが足りないと
マヨネーズを入れたドレッシングが

野菜に うまく
絡まなくなってしまうのです。

そうですね。

沼田社長 実は

これは ミツバチの巣を
そのまま使った珍しい蜂蜜です。

味は 合格。

ですが…。

778円という売価を見て
却下しました。

沼田社長は 創業家の2代目。

大手製薬会社勤務を経て
10年前に社長に就任しました。

以来 神戸物産が扱う
すべての商品の

値段を決めています。

チェックしていたのは
仕入れ値が上がった

冷凍の牛肉。

そこに竹下さんら
商品開発部の姿がありました。

訪れたのは 加工食品や
調味料などを集めた

大規模な食品展示会です。

原材料が高騰するなか

商品に生かせるものがないか
見て回ります。

竹下さん ある企業のブースに
目を留めました。

気になったのは
植物油脂を加工した商品です。

その植物油脂を使ったのが
大豆由来のハンバーグ。

肉を使った風味が出せるそうです。

値段ですか?

ざっくりでいいですか?
少々 お待ちください。

価格を確認すると…。

竹下さん
何か ひらめいたようです。

数日後。

仕入れた植物油脂を使って

ある商品の改良に
動き出しました。

急きょ 取り組むことにしたのは

8個入り 429円の冷凍ハンバーグ。

肉や 小麦などの価格も
高騰しているため

手に入れた植物油脂を使って

コストダウンを図れないかと
考えたのです。

おいしさは そのままに

原価を3%下げることが目標。

できると 竹下さんが味見します。

大丈夫ですか?

何度も試作を繰り返します。

改良を始めてから

従来のものに加え

原料を変えた さまざまな
ハンバーグを用意しました。

そして あの植物油脂を使った
ハンバーグです。

さぁ どうでしょう?

はい。

ありがとうございます。

社長決裁が下りて 一安心。

でも まだ大きな宿題が
残されていましたよね。

銀の胡麻ドレッシングの改良を担当する
船野さん。

やってきたのは 滋賀県にある
ドレッシング工場です。

いやぁ もう

ここまでに
1か月半かかりました。

ようやく 工場のラインを使った
生産テストにこぎつけたのです。

よろしくお願いします。

試行錯誤を続けて作り上げた
胡麻ドレッシング。

社長に指摘された
粘りを確認します。

迎えた8月 いよいよ
社長プレゼンの日がやってきました。

改良した 胡麻ドレッシングの原価を

竹下さんが 再度確認します。

(スタッフ)かなり大きいですね。

じゃあ 行こうか。
はい お願いします。

竹下さん 船野さん

この日に かけてきました。

果たして
社長の承認は もらえるのか。

新しい銀の胡麻ドレッシング。

油を全体で3割減らすことに
成功しました。

その分 カロリーも抑えられています。

船野さん 粘りをアピールするため
用意したのが

千切りキャベツ。

そして…。

お疲れさまです。

キャベツとの絡み具合は…。

うん。

努力が実りました。

これで 値上げを回避できます。

それをやっぱり…。

新たな銀の胡麻ドレッシング

もうすぐ店頭に並ぶそうです。

一方 商品開発と並んで

神戸物産には もう一つの武器が。

それが 特命を受けた
企業調査チーム。

今回 「ガイア」のカメラが
初めて取材します。

彼らは 企業を買収合併する

M&Aの極秘情報を扱っています。

そうですね…。

その特命チームが
新たな買収へと動き出しました。

千葉県 千葉市にやってきました。

こちらの業務スーパーでは

商品を安く提供できる秘密が
隠されているということなので

早速 探りに行きたいと思います。

安さの秘密 いきなりありました。

実は ボックス陳列っていうふうに
呼んでまして

商品を段ボールのまま
陳列をしてます。

あぁ。
なので 上の商品が

売れていっても 下の段ボールに
在庫が入ってますので

そこから
すぐ補充ができるので…。

なるほど。

そうですね。 何かに
移し替えてっていうことが

必要ないですもんね
このままで…。

そうですね。

次の秘密は 冷凍食品売り場。

さぁ どこでしょう?

あぁ!
他のスーパーに比べて…。

深い たしかに。

そうですね 結構
商品が入ってきた…。

あぁ すごい。

これだけ 冷凍食品
たくさん扱ってますので…。

っていうのも工夫になってます。
なるほど。

まだまだあります。
わかりますか?

実は こちらの店舗なんですけど
もともと…。

あっ… そうなんですね。
はい。

今 業務スーパー 全国に
約1, 000店舗あるんですけども

例えば 食品スーパー以外でも

紳士服のお店だったっていう
ケースもありますし

メガネ屋さんだったっていうケースも
ありますし…。

たしかに さまざまな店を
改装しているから

店舗ごとに形も違うんですね。

その業務スーパーには

安さを生み出す
もう一つの武器があります。

それが 特命を受けた
企業の調査チーム。

買収合併の極秘情報を
扱っています。

チェックしていたのは

事業譲渡を希望する
各地の工場のリスト。

そこには 欲しかった
関東の調味料製造工場もあります。

この特命チーム

これまでに 10社以上を
買収合併で傘下に収めてきました。

店舗数が急拡大するなか

製造ラインの確保は 緊急の課題です。

そういった意味では…。

宮城県の南部 角田市。

ここに 神戸物産が
買収した会社があります。

社長の後藤浩一さん。

この工場で
長年 作っていたのが…。

なかでも大ヒットしたのが

台湾スイーツの 豆乳花。

全国から注文が殺到しました。

最盛期 従業員は100人。

年間 24億円を
売り上げていましたが…。

2010年
神戸物産のグループに加わります。

すると 工場は一変。

かつて スイーツを作っていた釜で
煮込んでいたのは

カレーです。

神戸物産は
デザート作りに使っていた設備を

そのまま活用して
作ることができるレトルトカレーを

独自に開発。

業務スーパーの人気商品を
量産する工場へと

再生させたのです。

ホントに…。

業務スーパーの店舗拡大とともに
カレーの生産量も年々増加。

一度は潰れた宮城製粉が

今や 年間60億円を売り上げる
工場へと

復活を遂げていたのです。

神戸物産は こうした経営難に
陥った食品工場を買収し

プライベートブランド商品を生産する
工場へと再生。

今や
グループ工場は全国に25ヵ所あり

業務スーパーの躍進を
支えているのです。

工場の買収に
新たな動きがありました。

特命チームを率いる 浅見さん。

あの宮城製粉を再生させた人です。

今回 条件付きの撮影ならと
同行させてもらうことに。

車の後を追うと…。

北陸方面へと向かっています。

経営難の工場に足を運び

どんな商品を作れるのかを
直接 視察するというのです。

買収の行方は!?

<彼女の名前はキヤノンマーケティングジャパンのCanonさん>

<得意分野はイメージング技術?
…だけじゃない>

(指を鳴らす音)パチンッ!
<あれもできる>

<これもできる。 えっ そんなことまで?>

<技術とハートでソリューションを生み出す>

(Canonさん)あっ!
<心強~い ICT PARTNERなんです>

<あなたの近くにも
Canonさんが きっといますよ>

拡大を続ける 業務スーパー。

年内1, 000店舗を
視野に入れるなか

カギを握るのが

自社工場で作る
低価格で大容量の

それを 支えているのが
企業の買収を行っている

率いるのは 数々の工場を
再生させてきた

本社を出た 浅見さんの乗る車を
追うこと 2時間。

突然 路肩に止まりました。

はい すみません ちょっと

視察に こぎつけるのは

2か月に1回
あるかないかだといいます。

浅見さんも
慎重になっていました。

そして 待つこと3時間。

視察を終えた浅見さんが
戻ってきました。

(スタッフ)どうでした?
今日 見ていて。

おそらく…。

交渉は これからです。

博多駅から
車で10分ほどの場所に

新たな業務スーパーが

オープンを 翌日に控えていました。

この店が 業務スーパー
12店舗目の経営となります。

実は

ほとんど フランチャイズで
運営しています。

加盟の主な条件は

個人ではなく 法人であること。

最大の魅力は
仕入れの1%というロイヤリティです。

いちばんは。

業務スーパーでは オーナーが

生鮮食品のテナントや
仕入れ先を選び

商品の価格まで
独自に決めることができます。

だから 店ごとに
格安商品が違うのです。

この黒毛和牛 1.3kgで
およそ5, 000円。

なかでも 清水さんが
目玉として考えているのが

青果コーナーです。

ド派手に…。

もう そこ置いてます キャベツは。

オープン初日は このとき
1玉150円していた キャベツです。

明日は。

採算が取れるかどうかの
ギリギリのライン。

そこには 業務スーパーならでは

オーナーの裁量が…。

実は 清水さん

業務スーパーに力を入れるのには
複雑な事情がありました。

清水さんは 関西を中心に

業務用の酒の卸売業を
展開しています。

酒の販売部門の従業員は 70人。

しかし 売り上げは
年々落ち込んでいました。

そこに コロナが直撃し

コロナ禍で

清水さんは 従業員を守るため

業務スーパーに未来を託したのです。

7月28日 いよいよ
オープンの日を迎えました。

おはようございます。
(一同)おはようございます!

この中には 大阪で
酒を売っていた人もいます。

目玉商品のキャベツも山積みに。

それが…。

はい 19円!

えっ? 19円!?

とんでもないことが
始まりました!

♬~<先進国の中でも
人口に対する医師の数が少ないこの国>

<増え続ける高度な医療へのニーズに

どうすれば応えられるか>

<キヤノンの医療AI技術は

検査画像のノイズを低減し

短時間で高精度の診断をサポートする>

<患者はもちろん
働く医師の負担をへらしていく>

<ひろげよう まだない視界を>

(インタビュアー)もったいな~インタビュー!
風呂桶さんと 椅子さん

もったいないと思うこと あります?
(風呂桶)シャンプーとかの つめかえにかかる

時間ロス。
あれ プライオリティーの高いイシューかと。

(椅子)私もアグリーです。
えっ?

年間でマージすると
相当なリソースの無駄かと。

エビデンス いります?
何か わざと難しく言ってません?

でも 花王のラクラクecoパックは

簡単 かつ スマートなソリューションだと思います。

SGDsですよね。
いや SDGsです。 あっ そこ間違うんだ~。

<もったいないを ほっとけない。 花王>

博多の業務スーパーが この日
オープンを迎えました。

1玉77円。

目玉商品のキャベツも山積みに。

店の前には すでに
行列ができています。

こちら もう商品が
カゴから あふれんばかりです。

そして 午後3時。

なんと 目玉のキャベツが
激安タイムに入りました。

いいキャベツですよ はい 19円!

あまりの安さに 皆さん
キャベツを手に取っていきます。

これを見た少年も 思わず。

そんな キャベツのたたき売りに
オーナーの清水さんは…。

全然

絶対

ますます 庶民の生活が
苦しくなるなか

安さを守り続ける 業務スーパー。

清水さんは 今年中に

もう1店舗 オープンさせる予定です。

酒屋は やっぱり 家業だから
諦めたくない。

だけど 時代… 時代によって
このコロナ この数年

やっぱり変わったので。

本当 危機だったし

それで助けられた 新たな道が
業務スーパー。

だから とことんやりたいんだよね
必死なんだよね。